2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

QOMLの学生・研修医集まれpart10.1

1 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 21:59:40 ID:???
患者さんのQOLは医療関係者のQOLがあってこそなしうる、と考える
学生・研修医のためのスレです。
患者のQOLばかり重視して自分の健康を壊すようなところで働いても意味はありません。
理不尽な医療行政、無知なマスコミ、自衛しかしない医師会・・・。
どういう進路にいけばいいか、そして何をすればいいのか情報交換しましょう。

独りよがりではない,幅広い意見交換と議論のできるスレになることを期待します.

前スレ:QOMLの学生・研修医集まれpart9
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1089715043/l50

QOML派一般向けサイト(QOMLに役立つ情報多々あり)
http://med-qoml.ddo.jp/wiki/wiki.cgi?page=FrontPage

2 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 22:01:05 ID:???
<過去スレ>
QOMLの学生集まれ
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1039371881/
QOMLの学生集まれpart2
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1056805771/
QOMLの学生集まれpart3
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1060088049/
QOMLの学生集まれpart4
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1061727827/
QOMLの学生集まれpart5
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1063852470/
QOMLの学生集まれpart6
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1066182474/
QOMLの学生・研修医集まれpart7
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1069135990/
QOMLの学生・研修医集まれpart9
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1089715043/l50
QOMLの学生・研修医集まれpart10
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1108993530/l50

3 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:01:49 ID:???
は?QOML自体が独り善がりでつがなにか???

4 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 22:05:50 ID:???
>>3
ある意味ではそうでしょう.ですが独りよがりでQOLを唱えても実現などしません.
だからこそ「独りよがりにならない意見交換・議論」が必要なのですよ.
QOML自体の実現のためにはね.

5 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:09:39 ID:???
なんでpart10あるのに立てたの?

ところで、QOMLを求めるのは勝手ですが、
医者の多くは洗脳された医畜であり、
奴隷労働を喜んで行う変態カルト集団なので、
QOML派は医者の世界では生きていけませんよ。

6 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:12:36 ID:???
そうそう。スレ重複。おまいのスレたて行為こそ自己満足を追及し
人の意見を聞かず他を受け入れない頑なな自分のことしか考えない
DQOML医師を想定させる。

7 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:19:21 ID:???
なんで新スレたてたん? もう少し、様子見ようよ。
あいつは、ほっとけばどっか逝っただろうし、あいつ別の病院に移るみたいなこと書いてなかったけ。
そしたら、もうこないんじゃないかな。

8 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 22:20:46 ID:???
重複,ですね.2chの定義上それは認めざるを得ません.
もしpart10と比較し当スレの方が明らかに不毛であるようならば,
削除となるのも仕方ないでしょう.

>>5
それを変えていくのもQOML派の役目の一つでしょう.
新研修制度により,わざわざ医畜とならなくても臨床医は生きていけることが
知られつつあります.またリスクマネジメントの上でもQOMLは認めざるをえなく
なっております.
QOMLのベースとなるこれらの話題は,ループとなりかねないので割愛.>>1のリンク先を
ご覧下さい(必要があれば簡潔に再掲しますが...)

9 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:22:35 ID:???
そうだそうだ。1は許容力が無い。それじゃあ、説得できないよ。
自分に都合のいいバカばかり集めてもダメだよ。
敵はもっと抜けぬけと、しかしするっと上から圧力をかける上司、
病院、厚生労働省、国民とマスゴミが相手なんだよ?

QOL医師一人を説得できないでその他大勢を説き伏せられるの?
ばっかじゃねー

10 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:26:23 ID:???
不毛不毛。ここには俺は厚生労働省情報は書かないしリンクも乗っけない。
有力情報は全て向うに集める。なんだお、10.1って??別スレ誘導じゃなく、
別HP誘導じゃないの?

人集まらないんだろ。バッカーで一人でやってろバカが。

11 ::2005/03/22(火) 22:26:23 ID:???
私はQOML派が世の中を変えられるとは思わないけどね。
勤務医は奴隷・家畜、それは世の中の摂理だよ。
勤務医の間に反QOML派の基地害が多いのにどうやって世の中を変えるんだ?
敵はそもそもマスコミ・政治家など強大だ。

さっさとドロッポすることが最善ですよ>>8

12 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 22:27:57 ID:???
うーん,たしかにそうかもしれませんね.
向こうの読解力・理解力・許容性のなさに
私も陰性転移を起こしていたのかもしれませんね.大変申し訳ないです.

ただ「説き伏せる」ことが必要かどうかは私は否定的です.
「QOMLを進める方が患者に(病院に・上司に)利益がある」ことが証明できればいいと
考えているからです.
つまり「説得」というよりもより小規模な病院単位でのQOMLを実現することは
それほど難しくないのではないでしょうかね.
パイを大きくすることよりも,act locallyでもよいのでは?という感想を持つ
今日この頃です.


13 ::2005/03/22(火) 22:29:57 ID:???
>>12
いや、何を言おうとも無理だって。
日本の財政が終わってるし、医療制度そのものが終わってるから。
医療関係者はそのツケとして奴隷やらされているだけ。

診療報酬が改悪されていくたび、病院経営は苦しくなり、
医師のQOLは下がるのは自明の理。

14 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:32:53 ID:???
無理無理。貴様には無理。貴様のやり方では無理。
病院単位にしたければ、病院に文句いえ。上司に無言の抵抗をしろ。

あそこは厚生労働省レベル、全国レベルで患者のQOL、ひいては医師のQOLを
行政に文句言うレベルで考えている。キミたちひよっことはレベルが違うのだ。
適うことは無く、しぼむスレをエゴイズムで立てられても、コメントしようが無い。w

15 ::2005/03/22(火) 22:36:31 ID:???
QOLなどという 夢 みてないで
さっさとどうドロッポするか考えたら?

俺はこの国には未来はないと信じているし、
奴隷やって喜んでいるようなクソマゾ勤務医どもの顔なんてみたくもないしね。

16 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:38:48 ID:???
日本でQOLを獲得できるのは開業医のみ
勤務医死亡ですから!残念!!!!!!!!!!

17 ::2005/03/22(火) 22:45:19 ID:???
>>16
そうなんだよね〜
それも既得権もってる開業医なんだよね〜

それで医者は楽して儲かってるとDQN民からバッシング受けて、
勤務医は家畜のような暮らしをするんだよね〜

18 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 23:01:19 ID:???
soso that's right

19 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 23:35:27 ID:???
QOML派なんて少数派のカスだろ?
研修医になったらいじめられて涙流すんだろ?
かっこ悪いな。

20 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 23:43:53 ID:???
>>16
>日本でQOLを獲得できるのは開業医のみ
そこに根本的な問題があると思われますね.
(この点については「開業」という名の通り,かつては「開業するまでは丁稚奉公」と
見なされていたふしがあります.しかし現状では総合病院なしに日本の医療が成り立たない
わけです.)


21 : ◆dfzDYUxEjs :2005/03/22(火) 23:45:47 ID:???
>>19
DQNとQOMLは異なると考えます.これは言葉の定義の問題です.


22 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:04:23 ID:???
だから、DQOMLって言われんだろ。
気づけ馬鹿。同類だよあふぉ

23 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:06:02 ID:???
>>22
奴隷派のみなさん必死だね。

24 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:12:36 ID:???
QOML欲しいとか言ってるふぬけどもは
研修医の時点でしごかれてあぼんだろ

25 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:17:28 ID:???
Of course,this sread may be a KUSO sread,
I think it's THAT'S THAT

26 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:17:43 ID:???
> ◆dfzDYUxEjs
さっさとドロッポしませんか?
http://www.geocities.jp/black_cross_saved/index.html


27 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:20:13 ID:???
ここはDQOMLな話題を扱うスレです

DQN以外カキコ禁止 悪禁

28 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:21:57 ID:???
まともに医者やってる奴が D Q N
過重労働の家畜さんだね、人間じゃないね

29 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:24:44 ID:???
そそ もう人間じゃない クソ以下 豚以下

気づかない馬鹿は自殺でもしてればいいだけでw

30 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:28:18 ID:???
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N
まともに医者やってる奴が D Q N

31 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:31:58 ID:???
つうことは、大半がDQNで一部が人間ってことでFAしとく。w

32 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:33:53 ID:???
医者や医学部生ってDQNばかりだよ

33 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:45:00 ID:???
DQNつうか世間知らず。家庭を顧みない不幸な人びと。

34 :名無しさん@おだいじに:2005/03/23(水) 00:45:44 ID:???
>>33
ほんとに奴らは奴隷みたいな人生おくって馬鹿だよな。
世間は楽して遊ぶことばかり考えてるのにな。

35 :名無しさん@おだいじに:2005/03/24(木) 13:09:21 ID:???
そうそう。上司には人のため苦しめみたいな馬鹿がいっぱい。
貴様らは人生を楽しむことなく、人の人生も台無しにしている認識がない
のか?なめるなボケが、といいたいね。

アホ臭くてやってられない。アホ上司ともしばらくお別れ、嬉しい限り
だ。土曜日に入れたオーダーは自分でやれ。勤務時間外ですから。残念!
過労ですし、訴えますから。残念!

36 :名無しさん@おだいじに:2005/03/28(月) 00:22:00 ID:???
>>34
楽して遊ぶ,というところまで突っ走っている人びとは少ないでしょうけど.
でも「働く」=「自らの持つ知的・肉体的資源により対価を得る」という意味を
きちんと理解している人は,他業種より圧倒的に少ないですね.

奉仕と労働は違います.隷属と雇用が違うように.

37 :名無しさん@おだいじに:2005/03/30(水) 22:37:43 ID:???
君らDQOML医師には、奉仕 労働 隷属 雇用 は皆同じ

一生奴隷ってろ


38 :名無しさん@おだいじに:皇紀2665/04/01(金) 23:00:20 ID:???
>37 あーあついに脳味噌破綻してるし

39 :名無しさん@おだいじに:2005/04/06(水) 00:01:31 ID:???
こっちまで来て煽ってるんだ。かわいそうなやつだなあ

40 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 00:34:27 ID:???
PDFはコピペできるし。あの人、自分に都合の悪いことはほとんど
耳を傾けないから、ほんとになんか疲れる。他山の石としよう。

41 :名無しさん@おだいじに:2005/04/13(水) 07:04:10 ID:???
あれは理屈じゃなくて印象だけでモノローグつくってるだけだから
普段口に出したいことをネットで吐き出してストレス解消してるん
でしょう

42 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 00:11:23 ID:???
コピペできてもソフトがないと読めないし。
HTML化しないと普通は読めないだろバカw

脳みそ? 酒でたっぷり使ってるけど何か?それで君らより高級、
いや高給でホンマすまんと思うけど何か?w 奴隷って脱出する
ことすら考えないで、従う従順な子羊たちだから群れないと何も
できないし、怯えてるんだよね、いつも。w

獅子は羊を狩るにも全力を尽くすわけで。ま、見向きもされない
クズも死ぬほど居ることは事実。ナアナアの甘え社会が腐った構図
しか生み出していない。w

43 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 00:17:06 ID:???
いや、使ってるじゃなく漬かってるだった。

ああ、浸かってるとも言うかなあ。ここってスレ伸びないね。

俺はあのスレを消費し、闇に葬り去ってQOLのスレ立てたいンだよ。
DQN=DQO M L だと思ってるんでね。w
そうじゃなくとも、現実社会で電子カルテできないバカはけ落とされて
行く社会になってきたしね、ホンマワクワクするわ。^^

44 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 00:38:04 ID:???
次世代のQOL派は、クリニカルパスを目指すと思われるね。
一括登録、一括指示、ルーチンの検査と加療でEBMに基づいた加療を
保険適応の上で安く効率的に上げる、という方向性がありうる。
その方が断然仕事が速く、有効な加療が出来る。おそらく自前の
独自の加療は旧世代のアホ労働化していくと思うね。結局やってること
はルーチンなんだし、いずれコンピュータ化したガイドラインも出来うる。

クリニカルパス  の検索結果 約 25,200 件
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%80%80&hl=ja&rls=GGLD%2CGGLD%3A2005-03%2CGGLD%3Aen

45 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 00:57:12 ID:???
>>41
だよね
たぶんリアルではものすごく嫌われてるような希ガス

46 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 00:58:30 ID:???
>>41
だよね
人の意見を聞かない上に支離滅裂だし。ほんとにオナニーって感じ
たぶんリアルではものすごく嫌われてるような希ガス

47 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 01:05:52 ID:???
うん 独断専行 勤務医なのに下なのにすごく偉そう、と大評判^^

上を雑魚だと思っているのがすごく良く伝わってて、左遷され?
仕事の少ない僻地へ来ますた!^^
仕事が下手に出来ると荷重労働の都市部へ配置されちゃうし、給料も
凄く少ない。事実仕事の割りに合わないQOL低下に結びつく。
自分で何でも管理、施行できる開業が一番だからね。上に押し付けられた
方針に従うだけの、能無し勤務医だけにはなりたくないし、一国一城の
主がしたい放題で保険から金もらうってのは楽しいじゃないか。w
自傷変人、いや自称貴人だから普通に扱われるとすごくむかつくし、
平凡であることに耐えられないからね。君たち雑魚と一緒にされること
が苦痛でたまらないw

48 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/04/14(木) 01:09:45 ID:???
>>44
お,ようやくクリニカルパスにたどり着いていただけましたね.
クリニカルパスについては,part6か7あたりで私が言及していますので
時間があればそちらもご覧下さい.でも読まないでしょうから趣旨を再掲.

医療の標準化がもたらすものは,基本的には医療の均質化です.
これはQOMLにとって2つの意味があります.
一つは,「どこでやっても同じ医療」であることです.
これは煽り氏が指摘しているとおり,効率化につながります.

さらにもう一つを指摘します.「誰がやっても同じ医療ができる」ということです.
すなわち主治医制の緩やかな解体と“主治チーム制”への移行に大きく踏み出せるのです.
病棟勤務医(hospitalist)はその点でも需要が増えると予測します.

49 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 02:34:13 ID:???
需要が増えるのはいいんだけど、この前の国家試験の結果を見る限り、
医師数が増えるのはまだまだ先だと思うね。国家試験のガイドライン
変わっても、受験者数は変わらないし、大学入学者も増えても微々たるもの。

個人的には開業が減って勤務医が増えるのは歓迎するよ。ライバル減るし、
患者送ってもちゃんと返してくれるなら&早くどうやって加療したかなど
返事が来るならね。また、電子化、クリパスを入れずに旧態依然の病院は
統合廃止され、再編されることで当分凌ぐと思うな。
環境が変わる前にクリパスや電子化に慣れておくこともQOLの一環だと
感じるわ。クリパス評価してるくせに、電子化には熱心でないのは気に喰わん
な。w 勤務医でクリパスがんがんやってくだろうし、大学でどんどん開発
発信され、中堅中核病院ではルーチンでやるだけになることは明らか。
開業医から見てもどんなパターンで治療されたかすぐわかるしな。

君とは極々一部は目指すものは同じなのかもな。勤務医と開業医、
利害が一致するものだけは。w

50 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 06:23:21 ID:???
(´・ω・`)ショボーンしてから1時間以内に(`・ω・´)シャキーンされなければ神

51 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 06:24:46 ID:???
他人を信用しないのか
そんな奴が仕事ができるとはとてもおもえん

52 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 06:25:52 ID:???


   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)          ……
  |    /
  と__)__) 旦



53 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 06:26:45 ID:???

      /⌒'\
      ( ,i::::::::::::i  ./⌒\
       〉ノ:::::::::::|  | ○゜ i ) )
      /;/:::::::::::」/.〉   /   
  ___.i;;.i::::::::::::i/ ..: .',  /
./ ヾ  .|;;i:::::::::::/..   ..;;〉.」  
.__ .\|;.i:::::::::/ /  ...;;/
  _ノ\i_) i:::::::/   ...;;/ //   
 ̄    .|; i:::::/ /  ..;;/ 
  __.|;_i::/   ...;;/
  ___/  .....;;/ 
     .|;; i  ...;;イ
     ノ;; ,.‐ ;;-.;i
   /;;; /' ''   ;;;X 
   |;;  ;i;;.. 〜  ;;|
   X〜 ;i;;; ;;,. ;;;/
    ヽ;;__\_;;/


54 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 06:27:39 ID:???
これら2つのスレが隔離スレと化しとるやないか

55 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 06:49:48 ID:???
それはそれでおもしろい

マニアなスレと化し、一般人からかけ離れたオタクスレと化すことが
俺の目的。w


56 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 23:02:47 ID:???
>>55
こんな奴のためにスレがおわっちまうとは・・・
本スレの1さんごめんよ・・・

57 :名無しさん@おだいじに:2005/04/15(金) 07:11:06 ID:???
yeah thats right its true

REAL WORLD is much better than that of internet..........

58 :名無しさん@おだいじに:2005/04/16(土) 00:38:27 ID:???
>>54
隔離スレというか個人の人糞垂れ流し場ってとこだな。
つうか開業医のボンボンってこんな空気の読めない奴ばっかりなのか。

59 :名無しさん@おだいじに:2005/04/16(土) 05:07:54 ID:???
だろうね。つか、そんなパソコンに執着する香具師はまれだろうし、
だいたいボンボンに2chネラは少ない。俺のような人糞撒き散らしは
そうそうはいない。でFA ここは全然伸びないのもなんかおもろいわw
所詮雑魚バッカw

60 :名無しさん@おだいじに:2005/04/19(火) 21:14:44 ID:???
>>58
開業医のボンボンにかぎらず、医者は世間知らず多いよな。
法律だけじゃなくて社会全般もそうだし、ネットのお約束もわかってなかったりするからね。でたちの悪いことに
それが非常識だってことすらわかってない。ほんと終わってるよ。





61 :名無しさん@おだいじに:2005/04/19(火) 21:41:38 ID:???
マニアだしな。DQN患者ばかり診ているし、視野は狭くなる一方。
自分の考えも患者に言わずに治療なんてお手の物。DQNジジババにも
家族にも理解不能な話は最初からしないし。w

社会全般のお約束は知らなくても、どうやれば患者の前で面子保てるか、
保身できるかはよく知っているものばかり。はっきりいってそれ以外の
社会性はゼロ。w ソレハイエテルヨ。

ネットの社会のお約束なんて、以心伝心ができないマニア集団にできる
わけがなかろう。彼らは別格の奴隷集団なのだから、、、w

62 :名無しさん@おだいじに:2005/04/19(火) 21:42:21 ID:???
ごめん、我等、だったよ。訂正する。まだ勤務医、公僕だしね。w
一応。w

63 :名無しさん@おだいじに:2005/04/25(月) 20:21:23 ID:???
ターミナルケアのため、緩和病棟、緩和ケア病院を増やすべき。
ターミナル患者がいると看護婦も困り、医者も遅くに呼び出され、患者も死ぬと
わからないまま苦しんで死んでいく。

紹介するシステムも制度も習慣もないため、仕事に忙殺され緩和治療に
経験の少ない医師、末期の経験が少ない看護、初めての遺族たちで皆が
戸惑いながら死を見送ることとなる。

好きな音楽で気を紛らす、日記で苦しみや残したい思いを書き綴る、
経過や思い出の写真、詩集を貼る冊子を作るなど、気を紛らし死と向き合い
穏やかな死を迎えることも可能なはずだ。

クラシックやモーツァルトなど、音楽もかからない病院は多いが、
ナースステーションにラジカセで個人個人の好きな音楽を流し看護師も労い、
絵画やお茶、喫茶を家人と楽しめる空間を持てる病院は少なく、そういう発想
もない。

患者の心のケアにおいて医学的にも効果ありともされる音楽を必須とし、
医師や看護師の安らぎを保つことも病院として義務化することが必要です。
もちろん正確な情報、ガイドラインなどをいち早く徹底するライン作り、
情報システムを強化するべきでもあります。ご検討よろしくお願いいたします。


64 :名無しさん@おだいじに:2005/05/05(木) 17:36:10 ID:6o5oUDCZ
QOMLについて最近知り、驚くとともに、自分の将来について悩み始めました。
旧帝大の医学科の2回生女です。
QOMLのいい病院に就職するには、何が必要なんでしょうか?
学力?研究?部活歴?ボランティア歴???
今まで無知に何も考えずに医学部にいたので、全くわからないのです。。
もし何かアドバイスあれば教えていただきたいです。
臨床医に進むかも決めかねています。
周りに相談できる人もおらず、いきなり書き込みして申し訳ありません。






65 :名無しさん@おだいじに:2005/05/05(木) 17:40:40 ID:???
>>64
たとえば、小児科産婦人科へ逝ってみたとして、自分が幸せになれるか
どうか考えてみよう。

66 :名無しさん@おだいじに:2005/05/05(木) 20:10:53 ID:???
阪大医学部の入試問題漏洩事件を覚えてますか。
確か、入試問題を刑務所から持ち出したと思います。
その問題を購入して、受験した人がいました。
数名が無事卒業して、国家試験も合格しました。
その後に事件が発覚して、卒業取り消しになったはずです。
彼らは現在どうしているか消息分かる人いますか。


67 :名無しさん@おだいじに:2005/05/05(木) 20:26:51 ID:???
>>64
>QOMLのいい病院に就職するには、何が必要なんでしょうか?

まずは「QOMLのいい病院」を探し出すこと,ではないでしょうか.
ここが最大の難関だと思われます.
自分の進路を妨げない程度に内容が充実していて,かつ過労についてマジメに取り組んでいる病院というのは
少々選ぶのに骨が折れます.将来の進路との兼ね合いもポイントですよ.


なお「若いうちはQOMLなんか求めなくていい,年数を重ねればそのうち楽になる」ということをおっしゃる
上級医の先生方もいますが,その言葉がどの程度真実味を持っているのかは
その上級医の先生の過労ぶりを見てもらえばわかるでしょう.



68 :名無しさん@おだいじに:2005/05/05(木) 23:24:00 ID:dAfLuJjm
64です。ありがとうございます。
QOMLのいい病院を探すことが重要なんですね。
そのための情報を集めることの難しさを改めて感じます。
人脈を広くして情報収集していかなきゃいけないんですね。。


69 :名無しさん@おだいじに:2005/05/06(金) 02:34:38 ID:???
880 名前:Miss名無しさん[] 投稿日:2005/03/29(火) 21:08:15 ID:yhwrXE2f
某大学病院の勤務医が、自宅のパソコンがWinnyのウイルスに感染して個人情報や患者の情報がネットにさらされてしまって今日ニュースになってたけど、その医者、給料までネットでさらされてた。それによると、年収2000万以上もあるらしい。
その医師は現在院生なので、大学病院からもらえる給料は300万程度なんだけど、医師免バイト代が1700万円!内訳は、
○○○病院3,890,000
○○医科歯科大学3,061,866
○○柱台病院2,310,000
○○記念病院2,288,810
○○川病院2,040,000
○○会(○○小林クリニック)1,802,000
○○○赤十字病院1,748,000
○記念病院1,140,000
IMG1,039,800
MRT627,300
TME299,000
○○(○ックコンタクト)146,250
○○ィカ120,000
○○地区医師会100,000
○○おかビル眼科91,000
○○エヌメディカル72,000
○○検診センター60,000

合計20,836,026
やっぱ、医者やるなら都会だな・・・

70 :名無しさん@おだいじに:2005/05/06(金) 21:35:30 ID:???
>>69
それはたぶんガセではないかと

>その医師は現在院生なので、大学病院からもらえる給料は300万程度
の時点でかなり怪しいし(院生に300万も払うなんて)
それにこれだけ働いて余暇が気になるところ。
こんだけバイト三昧の生活をすれば、非医者でもそこそこの年収にはなるだろう?

71 :名無しさん@おだいじに:2005/05/06(金) 22:24:42 ID:???
眼科の女医は午後5時半で颯爽と裏口から帰っていった花の金曜日。

内科の俺は午後7時からムンテラで、8時過ぎまでかかって、
帰ろうと思えば医局に上司。帰れない、、、

今までネットで時間つぶしてしまう俺に将来はない、、、常に
オンコール状態、、、まぢかよ重症持ちでも休ませてくれよ、、、
緊急指示は書くな、すぐ病棟に来い云々とのたまう上司がいることは、
その病院にいってみないとわからないよ。女医ならマイナーへ逝け。
メジャー内科医はQOL悪杉。

72 :名無しさん@おだいじに:2005/05/07(土) 08:36:03 ID:???
>>71
そういうことです.
ではなぜQOLが低くなるのでしょう?

患者さん一人当たりの仕事量は基本的に変わりません.
仕事をはしょるわけにもいきません(ムンテラをしなければQOLどころではありません).
勤務医の数自体が不足しているのは事実ですし,それゆえに仕事の総量が
負担になることも多いです.
ですが仮に受持患者が一人であっても,夜中になにかあれば大抵の病院では
主治医は夜中にコールされるでしょう.

どこをどう改善すれば,法治国家として相応のQOMLが得られるのでしょう?

73 :名無しさん@おだいじに:2005/05/07(土) 10:19:03 ID:???
開業、そして伝説へ、、、だよ。

もしくは、勤務当直医でも看取ることが当たり前な風潮を若手から出すべき。
JR事故のように、他で医療ミスして人を死なせるよりは、法的拘束力の低い
違法性の高い勤務状況を病院理事を通さず社会一般、お役所自治体厚生労働省
首相官邸に進言しておき、自分はこんな苦しい勤務状況だったことを何度も
訴えておけば、証拠として残る。デジタルだから取り出しも早い。

自衛のための休養を積極的に取る心がけは、自らの健康管理と患者の健康
管理には必要。過剰な労働に対しては、時間外請求を正当な手段で行うことが
望ましい。
事実、大学の外に出て初めて時間外労働勤務を毎日紙に書くだけで請求できる
事を知った。簡単な勤務時間と、内容でオッケー。これなら、多少頭にきても
見返りがあり、仕事としてやっているならまだ許せる。
こういう時間外勤務に対する報酬をしっかりしてくれる病院を探す、しっかり
調べ聞いておくことも重要かもね。定額でびっちりきめられ、それ以上出さない
なら、最初は高給に見えても自分は実は損をしている、ということもありうる
し、事実今まではそんなことは隠され続け搾取され続けてきたのだから。
そしてこれから十数年は医師が増え補完されるまでは苦悩と迷走の日々が続く
ことは容易に予想される。

74 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 11:54:00 ID:???
このスレッドは大耳モナーが嫌々管理中です。
やる気はありませんが、なんら問題はありません。
                        タリー
タリー      タリー
   (\_/)          タリー
   (  ´Д)    タリー              タリー
   /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
  (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__)

75 :名無しさん@おだいじに:2005/05/25(水) 22:23:37 ID:???
まさか文字レスだけなのに1000行かないとは・・・
コピペばかりのレス,やめません?(URL張るだけにするとか)

>>「part 10」の803様
>もっと系統立てて行動を起こしたらどうですか
その意見には賛成しますね.
現段階では「この政策では日本の医療レベルが落ちる」ことを明言しているところは
医者はおろか消費者側においてもごく一部です.
あえて目をつぶっているというか,「みんなで沈めば怖くない」日本人的感性が丸出しなのか.

ただ,これは私見ですが,2chで愚痴をたれている医師陣の真意はまたちょっと違うように思うのです.
もちろん医療費の予算の問題もあるでしょうが,レスを読んでいると,彼らとしては
過労をしてもその分だけ感謝や好意で患者が応えてくれたかつての日本医療を望んでいるように思うのですよ.
サービス業としてではなく,あくまでボランティア的であったかつての日本医療を.

その「信頼関係(と医療者側が信じていたもの)」が患者側から崩されてしまった(ように見える),ということが
彼らに少なからぬ影響を与えているものと推察しています.

76 :名無しさん@おだいじに:2005/05/26(木) 11:17:16 ID:???
なぜ歯科医が儲からないか?諸悪の根源は歯科医師過剰だからだ。
http://www.e-dentist.co.jp/

http://www.e-doctor.ne.jp/
収入の差は歴然としている。歯科医師過剰がいわれているのに
私立大学の削減はここ10数年0で国立もわずかだ。
ここで医学部定員↑になれば歯学部の二の舞はあきらかだよ。
必要ない中小の金儲けだけ考えている病院を
つぶすことしかない。そうすれば医師不足解決は即決だよ。


77 :名無しさん@おだいじに:2005/05/26(木) 14:03:04 ID:???
part10>>795
>現実に目を向けずに専門用語を使えば専門化気取りと思っているのかな?
それはあなただと、何度も完璧に論証されてるではないか。

>それをきちんと機能するためにあなたたちはどのように考えているの?と最初から
>問いかけているのに何一つ結局答えないのね。

だから、外部性があるから調整メカニズムがマトモに働かない、
だから外部性を内部化する必要がある、と何度も何度も何度も
具体的特定的に書いてるのに、なぜこういうレスをするのか奇怪。
あなたは本当に医学部卒業できたんですか?



78 :名無しさん@おだいじに:2005/05/26(木) 14:04:44 ID:???
>外資は買っていないのにこれを買っているのも日本やアジアの為替介入資金のみ。
>危険度で言うと、日本国債>>米債>越えられない壁>EU債なのは周知の事実。
>あまり無知を晒さないほうがいいよ。

ですから、これまた無知というか読解力の無さをさらけ出しているのも100%あなたなんですが・・・。
国債の発行も償還も国内での所得移転の問題である、といってるのに、
外資が買わないとか、何の意味もないことを言ってどうしたいのですか?
何の反論にもなりませんよ。「破産することがないから外資も買わない」ことが
理解できないということをさらけ出してるだけ。要は、償還時にインフレになって
目減りするから、ほかに魅力的な投資先のある外資は買わない。
日本国がそのインフレ分、得してしまうから。それだけ。
あなた危険度って自分で書いてて、全く理解してないことがわかりますね。

>ついでに聞くけど一昨日のNYクローズ時点での5年物JBAのスプレッドはいくつ?
bloomberg使えるんで、いつでも見られるけど、なんかそれに意味あるの?

>財源の話にしても頭が痛すぎ。もっとまともな案は無いのね?

これも、あなたの思慮の浅さを示すだけ。無論、族議員に頼るのは良くないが、
財源はあるが、その分配過程で狂いが生じているという本質的指摘を無視し、
本質から外れて「族議員」という単語に反応してるだけになってますよ。

要するに、あなたはスプレッドとか単語を暗記して理解した気になってるだけってことが証明された。
>現実に目を向けずに専門用語を使えば専門化気取りと思っているのかな?
これ、100%、ご自分のことなんですね。おもしろいです



79 :名無しさん@おだいじに:2005/05/26(木) 14:17:04 ID:???
part10>>801
>業界全体の話に持っていきたいみたいだけど、全くナンセンスな議論だ。
いや・・・そういうレベルでナンセンスとか言われても困るんだが。
最終的には業界より、労働者個人の単価の話に持っていきたいわけよ。

>世界的な機関の評価では、日本全体の医療のパフォーマンスはかなり高いんだ
>けど、その辺は考慮しないわけ?
それは単価が低いってこと。単価が低いところが規制緩和すると、悲惨だよ。

>だから、銀行業界と一緒にされても困る。
だから、一緒だって。競争が激化すれば、労働者の単価はさらに下がる。

>さぁね?随分と詳しい前提条件がないと、分かるわけがないと思う。
前提条件を言わずに潰れると切り出したのはあなたなんだが・・。

>これの反証としては、お金もかかるがレベルの高い医療を提供する機関と、お
>金もかからないけど質もそれなりの機関に2極化した場合。駄目病院にとって
>は、価格が高騰しているわけではないけど生き残る。簡単な算数ね...単純で
>羨ましいよ。
「お金もかからないけど質もそれなりの機関」なら「極化」じゃないじゃん・・・
前提で破綻してます。ついでにいうと、自由化され競争が激化すれば、
お金のかかる医療側も、そこの労働者の個人単価は下がる可能性が高い。
上がった業界というのは見たことが無い。

>いつも需要が大きいという特徴を持つ業界がここ。国レベルで需要が満たされ
>た例はないだろう。
有効需要と需要を混同してる。時給100円でも良いというなら別だが・・・。

80 :名無しさん@おだいじに:2005/05/29(日) 16:09:41 ID:???
あーしんど。
自治体運営病院だが、土日関係なくベルなる。
時間外労働も給与低いし、人間的扱いをされていない。

時には拒否る勇気も必要だ。自衛自衛。カルテにやること書いておいて、
看護士に電話指示。決まりの処方も出しておく、先見性と予想できる力。
一種の預言者であれるのが神。

81 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/05/29(日) 23:10:10 ID:???
>>79
横槍&遅レスで失礼します.
結局はQOML(あるいはQODL)については「時間」と「賃金」のどっちを優先するかという
問題になるのではないかと考えます.
現政権は何が何でも医療費を減らそうとしているようですし,そういった選択が認められてもいいとは思いますよ.


>>80
電話指示は自己防衛上必ずしも推奨できません.
原則論からの最適解は「丁寧なチャーティングをし,予想される事態を記載しておき
当直医に指示を出してもらう」です.
勤務医不足の現状ではある程度は仕方ありませんが.

なお私達は神ではないし,神を目指すべきでもありません.

82 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/05/29(日) 23:19:09 ID:???
土曜日の朝日新聞で,「医師の学習」ということで南淵先生の心臓外科研修プログラムが
採り上げられていたのですが,なんだかなあ,という記事でした.

大学病院では「術野の血液を吸い取る仕事」をしていたがそのプログラムでは「助手」としてオペに入れた,というのですが・・・・
「術野の〜」ていうのをまさに「助手」というのではないでしょうか.
あまりに恣意的です.素人相手だからといってちょっとひどい書きようですよね.

また採り上げられていた36歳の医師はその後北海道の国立病院のスタッフになったということです.
そこで記事は終わりなのですが,では彼はその後どうなるのでしょう.
医師不足の地域では,スタッフの少なさからそのような研修に長期間出向くのは難しいです.
ましてそういった研修は基本的には都市部でしか行われていません.

「医師の生涯学習」と「僻地医療の充実」は,相反する問題となりかねないのです.
そういう根本的な問題を見ずに表面的な記事だけを書いても,まさに毒にも薬にもなりはしません.


83 :名無しさん@おだいじに:2005/05/29(日) 23:46:03 ID:???
え?俺実家に帰ってて、ナースからベルで当直医が救急対応で忙しいから
主治医呼んでくれ、で夜な夜な2時間タクシーで2万円払って、状態落ち着いてる
のを確認し、くだらないワンパターン指示だしただけ。普通当直はヤバ目の
人は見ても処方とか指示とか細かいことはしないしできない。

それぐらい最低限のタクシー代を払うことを求められているのが勤務医の
現実。開業したらそんなことありえない。開業するまで将来への布石で
しかないからね。いくら安定してても、当直医で対応できないことも
多くあるから、学会や代理立てて事前説明しておかないと面倒なこと
になるだけ。うざい仕事が増えて、時間外労働請求が増えるだけだが、
時間外労働もたいした金になるわけじゃない。


84 :名無しさん@おだいじに:2005/05/29(日) 23:53:56 ID:???
未だに政府や検討会では、医師が少ないかどうか実質的なところを
測りかねている。中小病院の統廃合、役割分担と開業医、小児科
産婦人科の輪番制、IT化と事務員経費の削減、そういった努力もせずに
ただ医師を増やすだけが最善か、といわれれば俺もノーというね。
コメディカルの権限は民間ほど自由で大学は一を言って二か三ぐらい
はしてくれるが、民間だと一を言って六か七ぐらい自主的にやってくれる
面がある。大学看護士の給与低下、看護師を含めたコメディカルの
権限拡大、緊急処置の一部認定など、余裕のある部分で意思の負担軽減
はいくらでもできる。看護士の経過と医師のカルテが乖離していること
もありうるのは、医師のリーダーシップが十分でなく、患者数が多すぎる
こともある。ベッド数は削減し、入院患者も減らし、偏重を失くす努力
が医師側にも医療関係者にもなく、目的と指針がなさ過ぎる。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/05/s0519-5.html
医師の需給に関する検討会
( 第 5 回 )
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/05/s0519-5a.html
医師の需給に関する検討会
中間報告書 骨子案 (これまでの各委員の意見から)
現状の認識   
● 患者から見ると、医師は常に忙しく充分な時間が取れないこと
も多く、医師は不足しているのではないか、と感じる。

85 :名無しさん@おだいじに:2005/05/29(日) 23:54:12 ID:BGcafDL7
当直中に「飲酒運転で事故って手を切った」奴が来た。自分で縫合しようと
したが、何か指が曲げられないようだった。あわてて大学救急に連絡。
当直整形医師と話したが「自分で処理出来ないなら最初から受けるな」
とお説教された。むかついたので、それ以降は「整形領域」ならば、
全部大学に送ることにした。今日は天気が良かったせいか、転んだの
なんので整形が多い。この2時間程で7件スルー。そろそろ寝るかな。

86 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 01:36:19 ID:KQAP+dVH
>>85 BGcafDL7「自分で処理出来ないなら最初から受けるな」
100%当直整形医師が正しい。
君にはムンテラマイシン14日分を処方します。
”とりあえず感染を深部に入れないために縫合処置をしておきます。
腱が切れている可能性がありますのでここに紹介状を書いておきます。”
こうすれば、大学も当直病院もすべて丸く収まる。
売り上げがよければ病院の君に対する評価も上がる。
縫合処理+露出部真皮縫合。夜間の時間外加算と紹介料。
これだけで多分君の当直料稼げるはず。私が当直病院の院長なら君は首にします。

君が許されるのは当直量が1万円以下のくそ当直。これなら君の態度は許されます。
1晩3万以上もらっているなら首でしょ普通、教授だって何も言えません。
断端形成なら裁判沙汰の可能性もあるから送っても許されますけど。
腱程度ではね。



87 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 01:42:13 ID:KQAP+dVH
86 だけどひょとして土日で10や15はもらっていたりしたら

     重大犯罪人だな。

88 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 02:52:13 ID:???
せいぜい6−7だろ。

10も20ももらえるのは講師の出張日ぐらいじゃねえの?
ようしらんけど。

89 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 11:10:58 ID:fqM1zuSA
>>86
飲酒事故なんだろ、自費で10万くらい毟っても,桶。

90 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 11:16:43 ID:fqM1zuSA
>>88 :2005/05/30(月) 02:52:13 ID:???
>>せいぜい6−7だろ。

土曜の夕方から日曜の夕方なら6−7でも仕方ないか。
土曜の2時から日曜の朝なら10や15ないと、奴隷ではないか。

91 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 20:26:32 ID:???
だから医者は奴隷

92 :名無しさん@おだいじに:2005/05/30(月) 22:16:53 ID:???
>>とりあえず感染を深部に入れないために縫合処置をしておきます。

この処置っていいの?
消毒+圧迫止血+(場合によっては抗生物質)で転院させた方がいいような?
まぁ、問題はそこじゃないか・・・。

93 :名無しさん@おだいじに:2005/05/31(火) 00:54:53 ID:tazNM45j
>>79
> 有効需要と需要を混同してる。時給100円でも良いというなら別だが・・・。

つ「アガリクス」 30万⊂
つ「メシマコブ」 30万⊂

100円? チロルチョコ何個分(プッ

94 :名無しさん@おだいじに:2005/06/02(木) 11:06:09 ID:???
市場経済を入れないと発展しないね。
どっちにしろ医者は奴隷だが。

95 :名無しさん@おだいじに:2005/06/02(木) 11:13:00 ID:???
すごく小さな開業医で内科外科肛門科があった。

どんな手術だろう。縫合でも手術、か。

96 :名無しさん@おだいじに:2005/06/02(木) 21:29:31 ID:???
温泉で放尿をしまくり、オペ患者の前で記念写真をとり、
放射線物質を川へ垂れ流し、ついでにウンコも垂れ流す。
そんなアホウな法医学のドクター、愛称カルパッチョ。

この人、マジで人生破滅しそうですw

【アホ医師祭】温泉放尿&オペ写真晒【慌ててHP修正】

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1117700115/

97 :名無しさん@おだいじに:2005/06/03(金) 02:26:19 ID:hvZAyyOC
当直明けは1日オフしている大学病院ある?

98 :名無しさん@おだいじに:2005/06/03(金) 05:53:16 ID:???
>>86

100%正しくなんかねえだろ。

「ああ、腱の断裂ですか、そういうときは皮膚だけ縫って、明日外来に来るように言ってください」

と教えてやれば済む話を説教かます大学の整形外科医の性格が悪すぎ。
その結果が馬鹿研修医を産んだ。自分で自分のクビを閉めたわけだ。


99 :名無しさん@おだいじに:2005/06/03(金) 19:37:03 ID:Ye3yt+/S
★研修医は労働者 最高裁が初判断 「労務の提供ある」

・過労死が認定された関西医大病院の研修医=当時(26)=の未払い賃金をめぐり、
 遺族が「最低賃金の水準を下回っているのは不当」として、病院側に差額分の支払いを
 求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(福田博(ふくだ・ひろし)裁判長)は
 3日「研修医は労働基準法上の『労働者』に当たる」との初判断を示した。
 その上で病院側に約40万円の支払いを命じた一、二審判決を支持、病院側の上告を
 棄却した。

 研修医の劣悪な労働条件は多発する医療事故の背景ともされており、法的に労働者
 とする立場が確認されたことで、病院側は賃金や勤務時間、労災補償などの環境整備
 を強く求められそうだ。
 判決理由で福田裁判長は「臨床研修は医師の資質向上を図る教育的な側面もあるが、
 指導医の指導で医療行為などに従事すれば、病院の指揮監督下で労務を提供したと
 いえる」と判断した。

 訴えていたのは1998年に急性心筋梗塞で死亡した男性の母親ら。一、二審判決に
 よると男性は関西医大を卒業後、同大病院に研修医として勤務したが、大学は月6万円の
 奨学金しか給付せず、共済制度にも加入させなかった。
 遺族側は過酷な勤務が死亡原因として病院側に損害賠償などを求める訴訟も起こし、
 計約9300万円の支払いを命じた2審大阪高裁判決が確定している。

 研修医が安価な労働力として酷使され、医療の質の低下を招いているとの批判は
 以前から強く、厚生労働省は昨年4月、医師免許取得後2年間の臨床研修を義務化。
 病院側に研修プログラムを強化し、月30万円程度の収入が確保できるよう求めている。

 http://www.sankei.co.jp/news/050603/sha045.htm


100 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/03(金) 22:20:35 ID:???
>>99
ようやく結論が出て,ご遺族もほっとしているでしょう.

それ以上に驚いたのですが,大学側は当時研修医に支払われていた月6万円ばかりの
「奨学金」も源泉徴収をしていたそうです.
要するに実質的に給与と認めていたわけで,これでは敗訴してもしかたないですよね.

まあ,これで面白くなる(?)のが大学院生の労働です.
彼らは無給どころか学費を支払っており,その上で病棟での労働を強いられています.
しかし,
>指導医の指導で医療行為などに従事すれば、病院の指揮監督下で
>労務を提供したといえる
という判断がなされたわけで,こうなると大学院生の病棟での労働にも
正規の給与が支払われなければならなくなると思われます.

弁護士に“メシの種”を提供するのは少々しゃくですが,この訴訟はまず勝てますよ.

101 :part10-803:2005/06/04(土) 12:32:00 ID:???
前のスレサイズ制限で落ちたのね。気付かなかった。

>>75
はい。やるなら医師サイドも勉強をし国民を説得するつもりで行動するべきだと
思います。今やられているのはあまりにも感情的だと思います。

>もちろん医療費の予算の問題もあるでしょうが,レスを読んでいると,彼らとしては
>過労をしてもその分だけ感謝や好意で患者が応えてくれたかつての日本医療を望んでいるように思うのですよ.

う〜ん、これについては疑問です。
一部にDQN患者の腹の立つ言動で医師を辞めた、などの発言がありますが、
ほとんどの発言は名誉やお礼の言葉はいらない、同情するなら金か休みをよこせ、
だと思います。

DQN客はどこの業界にも今までもいますよ。
医師に耐性が無いのだと思います。
ほかの業界はきちんとあしらいかたを学んでいます。
きちんとDQNをあしらっている病院もあります。

>>77-78
やっぱり理論だけで現場を知らないお子チャマだったんだw
bloomberg叩けるのに出せないなんて・・・
それ以前に現場を知ってる人ならbloombergってw
せめて黒兵衛とか言えば少しは信じたけどねぇ・・・

まぁ、論破した論破したと勝手に自己満足したり思慮が浅いと言ってばかりでないで、
次からはもっと論点の明確化と分かりやすい文章書いてな。
あと、まともな金融や経済の数値も調べとけw
俺はもう相手しないけど。


102 :part10-803:2005/06/04(土) 12:35:17 ID:???
財源の話とかが全く出てこないので長くなってうざいんだがちょっと私見を書いてもいいですか?

真剣に考えて欲しいのでちょっとQOML派を煽る内容で書こうと思ってますけどw

103 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 16:33:28 ID:gv5BjfxA
>>100
>弁護士に“メシの種”を提供するのは少々しゃくですが,この訴訟はまず勝てますよ.

ロースクールのことはよく知らんが、弁護士も増えるしねぇ・・・

104 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 16:41:47 ID:???
ここはアカデミックな話題を扱う板です


105 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 22:38:05 ID:???
>>104
他職の罵倒スレとかマッチングスレにくらべれば、
医療経済学や医療社会学は十二分にアカデミックだと思うが

106 :名無しさん@おだいじに:2005/06/05(日) 00:59:35 ID:???
反対意見が無いので財源の話とか具体的な話を振ったのだが出てこないので私の私見を書いてみます。
ちょっと煽り入れてますので、腹が立ったら具体的な財源なり意見を書いてくれw

まず、勤務医があまり儲かっていないと言う主張が多い。
はたしてそうなのか?
例えば、ほとんどが勤務医である麻酔科医で見てみると2003年の麻酔科学会調査で
43歳で年収1240万円、月の残業45時間が平均と出ている。
残業も一般的なホワイトカラーより少ない45時間程度である。
これは医学部の偏差値とほぼ同等の国家公務員1級の人たちよりはるかに高いし残業もはるかに少ない。
彼らには退職金があるが、一部の民間企業勤務医にも高い退職金は存在するし、
そもそも医師免許は定年制ではないので60歳で引退する人は非常に少ない。
生涯賃金で比較すると圧倒的に医師が貰っている。

2ちゃんの医師の発言や医師会のサイトを見ると保険点数の引き上げを求めているが
このような高待遇であれば今の保険点数制度で十分ではないだろうか。
2ちゃんにいる医師などは研修医などの極端に安い例を上げて引き上げを求めているが
現実はこのように40代前半で1240万と多額の給与を貰っている。
医師がアメリカ並みの給与を求めているのであればそのように主張したらどうだろうか?アメリカのように自分たちの生活改善だけを求め、貧乏人の治療は拒否、
国家財政は医療保険費のために破産、などという現実を国民に教えたらいい。
そもそも賃金を比較するとしたら比較対象により大きく結果は異なる。
アメリカと比較すると平均値では確かに低いが、イギリスに比べるとほぼ変わらないか若干
高いぐらいである。
また、医師会などは、サラリーマン世帯の所得が4割増えたのに医師の所得はここ10年
変わらないと主張しているが、そもそものこれまでの絶対値が高すぎただけの話である。
現実は上記の通りだ。

107 :続きです。:2005/06/05(日) 01:00:50 ID:???
今、日本ではほとんどの業種の平均賃金は低下している。
極一部のスーパースキルを持った人たちは極端に上昇しているが長期平均で上昇している
業種はほとんど無い。
この状況下において医師のQOLを求めるのは医師の感覚が甘いのではないだろうか。

また、医師が賃金アップを求めてストをやると言うのもおかしな話である。
手技料が安すぎると言うのであれば、美容歯科、美容整形などのように、保険医返上して、
自費診療一本で食べていけばいい話であり、カルテルを結び、強引に医師に手技がある無しに
係わらずすべての手技料をあげろ、と言うのは筋が通らない。
激務の医師が法で定められた休暇を求めてストなどで行動するのは支持できるが、賃金については
個別の契約関係であり法に基づいているのだからストで改善するのはおかしな話だ。
それは保険点数の加点を求めるのではなく、病院の効率化などをすすめて得るべきものではなかろうか。
このような内部で努力をせず、すべて国民に負担を求める姿勢は医師会に天皇がいた時代の保険医返上騒動を思わせる。

地方などで過酷な勤務状況に置かれている医師は本人が望む労働条件を提示する所に転勤をするか
開業すればいい話であり、望む条件が得られないのなら職種を変えるのはどの業界でも
ある話である。
時給5000円台前半の仕事なのである。質が3分診療で得られない現在、量が増えるのは
当たり前ではなかろうか?

一部の急激に医師が減っている診療科には厚く保険点数を付けて保護する必要がある。
また、地域間で点数の重みの変更や国が補助金を出している研修へは僻地勤務者優先、
あるいは保険医指定の条件に僻地勤務を義務付けるなどの強引な僻地勤務者優遇策が
必要になるかもしれない。都会部での医師数の制限なども必要であろう。
さらに開業医だけが儲けているというのなら開業医への保険点数を引き下げる必要があろう。
だが、上記のような現状でもっと医師全体の単価を上げろ、と主張してもそれは国民は
納得のでは無かろうか。

う〜ん、いまいちだなぁ。
サイトでも作ってソース付きで現実を晒すサイトを作ったほうがいいかな?
しかし時間が・・・

108 :名無しさん@おだいじに:2005/06/06(月) 17:34:39 ID:u5+DaM1/
昔の保健医療を知らない人の言い分だね。
いまだに、技術料は非常に安すぎる。再診料は730円、どれだけ診察に時間がかかっても同じ。
医師には応召義務があるし、勤務医が診る患者数の制限もない。
1日に100人とか200人診察とか・・現実問題出来る訳が無い
急激に医師が減っている所の診療所に厚く保険点数を付けて保護すると言うのは無理な話。
そういう所にすんでいる人間は、医療過疎を受け入れて生活してもらい、緊急の場合には
都会の救急病院に行きなさいと言うのが国の考え。
要するに、そういう所に住むやつが悪いという考え。
今後、病院の数は半分ぐらいになって、寝たきり老人は自宅で介護しなさい
病院が無かったら、ある所に行きなさいという感じでしょうね。

医師のQOMLでしたね。
自分の身は自分で守るしか無いんです。週100時間労働していようが誰もほめてくれないし
患者のためのボランティア以外の何物でもありません。
そういう意味でも、QOMLをある程度考えてくれる病院を探さないとダメですね。

109 :名無しさん@おだいじに:2005/06/06(月) 18:44:34 ID:???
財源は消費税だよ。

日本の消費税は先進国に比し少なすぎ、医師の給与もGDP比では
十位以下。フリーアクセスかつ世界一長寿とアメリカに並ぶ先進医療
、以前WHOも日本のシステムは世界一、と評したぐらいだからな。

他にも財源はある。お役人削減、郵政民営化で簡易保険の数百兆円の
市場流出による経済効果、税収、IT導入で経費節減、無能事務員削減。

中小無能病院病床の削減と、中枢中核基幹病院の機能集約、救急施設と
小児救急の充実と高額化、老人医療費の1割負担を上げ医療費を節減。
老人にも健康意識と経済感覚を身に付けていただく。安すぎるから
健康意識、予防意識もなく税金を使っているという感覚がなさ過ぎる。

医師や看護師、医療費を上げずに医療全体の底上げを図るなら、
いる人員を削減せずに病院病床を減らし、地域医療の効率化を目指す
しかない。高齢化で放っておいても医療費が上がる中、多少医療費が上がっ
てもそれは仕方のないことだ。無駄な延命をしないことも医療費削減にも
なり、自然な死のあり方を義務教育ででも教える、ニュース等で徹底する、
その他予防や医療関係の番組やサイト、ホームページなどで啓発すること
などが必要だな。一言で医療費、削減や財源は語れないよ。w




110 :名無しさん@おだいじに:2005/06/06(月) 18:57:43 ID:???
あと、麻酔科医は特殊。手術の場面でだけ活躍すれば良いから残業も
少ないのも当たり前。医師としてのQOLは麻酔科は高く見えるが、
訴訟などになれば危険であり、他の科よりも手術件数が多いため
一度の訴訟で人生が終わる可能性もある。ハイリスクハイリターン
とも言える。他の小児外科、産婦人科なども子供などが関わってくると
リスクが高いため、高給でも保険料も高く、割に合わない現実がアメリカ
では起きている。

また、高給でも人手が足りないと2人、3人分の働きを期待され要求される。
金はイランから仕事を減らせ、という声か、これだけ働いているのだから
もっとくれ、となる。
仕事は減らないから、もっとくれ、ということになる。名義貸しが起きても
医師を増やさない、医療費も上げない、病床も病院も潰さない、だから医師の
過労が慢性的になっている。精神的にも肉体的にも。

医学書院
2004年6月14日
短期集中連載〔全5回〕
「医療費抑制の時代」を超えて
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2588dir/n2588_03.htm
名義貸し問題の背景にある医師不足
実は,この背景に医師不足がある。人口あたりの医師数は,日英で同水準で
OECD平均を下回る。日本の8656病院を対象とした立ち入り検査で,医師数が
医療法に基づく標準に満たない医師不足の病院は,2002年度で25%もあるの
である。地方により問題は深刻で,北海道・東北などでは,50%を超える病
院が医師数不足である。名義だけ借りて標準数を満たそうとした医師不足の
病院の思惑と,バイトなしには生活できない研修医や若い医師たちの利害が
一致した事情が名義貸し問題の背景にある。




111 :名無しさん@おだいじに:2005/06/06(月) 19:05:27 ID:???
たとえば、以下の検索結果などどうだろうか。
日本の医師がいかに搾取され、勤務時間が長く、過労であることが
わかるだろう。勉学が出来ても、如何にいい大学で医学部出ていて
医者であっても、いい労働環境では決してないことがわかるはずだ。

そういう医師のボランティアに近い倫理的同義的精神で、日本の
医療は維持されている。フリーアクセスが如何に恵まれているか、
医療にどれだけ金が掛かっているか、専門性と先進医療が深まるにつれ
高齢化も伴い延命もいくらでも出来る時代になり、より高度な医療が
僻地でも可能な時代が来る。人手不足はより強まり、医療費増大も
やむなしなのは間違いなく、これからさらに伸びる分野でもある。

医師 給与 GDP比 の検索結果 約 4,580 件
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%80%80%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E3%80%80%EF%BC%A7%EF%BC%A4%EF%BC%B0%E6%AF%94&lr=


112 :名無しさん@おだいじに:2005/06/07(火) 02:33:14 ID:i9UE/T6g
一番効果があるのは、病院にかかっている患者がどれだけの税金を使い込んでいるか教える事でしょうね。

で、私はQOMLの良い病院を探す。

113 :名無しさん@おだいじに:2005/06/07(火) 21:08:22 ID:???
いやいや、医療費負担率が上がると、あからさまに患者が減るぞ。
この前の自己負担率アップで何処の病院も患者が減ったからな。w

従って、患者自己負担率アップ=患者来院減=仕事が減る(外来は減る)
ということとなる。病院全体の売り上げも落ちて給与も落ちるが仕事は
減る。

でも金持ちも行く綺麗な評判の良い病院だと少なくとも入院は減らないから
仕事は同じで給与は減るか。いずれにしろ医者が病院を選ばないとダメだね。
合う合わないがあるから。嫌な上司一人でもいると辞めたくなる衝動を
いつも抑えるよりは、まずまずの人間関係のところが良いしね。


114 :名無しさん@おだいじに:2005/06/07(火) 22:24:47 ID:???
レスどもです。
>>108-111
>急激に医師が減っている所の診療所に厚く保険点数を付けて保護すると言うのは無理な話。
>そういう所にすんでいる人間は、医療過疎を受け入れて生活してもらい、緊急の場合には
>都会の救急病院に行きなさいと言うのが国の考え。

地方の医師がもっと減ったらそうはいかないでしょう。それこそ、そこの住民が国を訴える。

>財源は消費税だよ。
絶対無理かとw
国民に、医者の賃金を上げるために皆さん揃って年収を5%下げてください。
なんて言う馬鹿な政治家はいませんよ。
どこかから歳出を削減しないと無理だと思います。

その他の意見には同意します。
ただ、それだけで医師が求める水準を超えられるかは疑問ですが。

>あと、麻酔科医は特殊。手術の場面でだけ活躍すれば良いから残業も
>少ないのも当たり前。医師としてのQOLは麻酔科は高く見えるが、

でも2ちゃんでも麻酔科医が残業が厳しいってたくさん愚痴をこぼしてますよね。
転科宣言した人もいるみたいですし。
メジャー同様にそれだけ若い人には厳しい仕事なのではないでしょうか?
医師板で麻酔科医は軽い仕事でいいよな、などの発言が多数見られるのでしたら
その意見には同意できますが、医師板で麻酔科医は厳しいと言われているのに
ふたを開けたらこれですから、具体的な数値がないとなんとも言いかねます。

あと、李氏の光と影シリーズはすべて読んでますよ。書籍も。
でも、日本の医師は体育会系独特の若い人をいじめ、苦しめて、生き残った人だけが
信じられないほど高待遇になれると言う推論を否定するだけのデータが何も出てきません。

115 :名無しさん@おだいじに:2005/06/07(火) 22:26:12 ID:???
>>111のリンク先も年収が減ったとは書いていますが元々の絶対値が高いので
国民は支持できないと思います。

例えば、去年の長者番付のデータだと高額納税者26万人中、医師は1万5千人います。
また脱税も毎年ベスト10に入っています。額も1500万から2千万と単純ミスではありません。
医師は保険診療だから病院はガラス張りとよく聞きますが実態は家族を事務員などにして
車や住居を含め、間接的に脱税しているのが現状だと少なくとも国民は理解していると思います。

こんな状況で、医師という資格に対してだけベースアップを求めても国民は理解しないと思います。
最初から国民に負担を求めるのではなく、ドロッポやコンタクト医師の収入を安くして
他に持っていく、などの医師の内部で収入に傾斜を付けるべきではないでしょうか?
若く頑張っている医師の収入を病院内であまり働いてない老医師の収入から補う、などの
他の業界ではやられていることができないとは思えません。

116 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/07(火) 22:36:36 ID:???
>>106
では私の思うところを.

財源は必ずしも考えなくてもいいのではないかと個人的には考えます.
なぜならば私は「QOML=正規の余暇・労働基準」だと考えているからです.
(その点,「QOML=過労に見あった高給」と考える方々とは見解が異なりますね)
勤務医でも労基法は適応されますし,36協定だってあるはずです.
これらを遵守できるよう改善を計り,さらに正当な時間外手当を要求するだけで
十分かつ正当な形でQOLを克服できるはずです.

なお,月100時間の時間外労働というのは,「過労死する労働量」です.
そして過労は医療エラーを誘発します.
過労は美徳でも何でもありません.患者を苦しめ,自分を苦しめ,
挙げ句は病院をも苦しめるだけのものでしかありませんよ.



117 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/07(火) 22:38:32 ID:???
ところで,40代麻酔科の勤務医を例に挙げていますが,それは妥当なのでしょうか.

医療職の給与の特徴は,30〜40代でプラトーとなることです.
その年代で比べれば確かに高給ですが,その後の上昇幅が他職より明らかに緩やかなのです.
(他職で年俸制や成果制が広まると,今後どうなるかは不明ですが)

退職金も勘案すると,生涯獲得賃金は四大卒サラリーマンとそう差はないのでは
ないでしょうか.

また勤務医の時間外手当が正当に反映されていない現状では,時給での換算が必要かと
思われます.


118 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/07(火) 22:50:46 ID:???
>>115
高額納税の医師は全て開業医だったと記憶していますがどうでしょうか.
過労が問題となり,さらに現在不足しているのは病棟勤務医なのです.
本当は勤務医と開業医の違いを積極的にアピールできる医師団体が必要なのですけどね.

その点も含め,貴方のいう傾斜配分論には全面的に賛同しますよ.




119 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 04:42:23 ID:+GlMvD7D
医者には、労働基準法は適応されないと認識していますが如何でしょう。
当直と言うのは名ばかりで、深夜の3時頃までゆっくり夕食もとれない病院。
勤務医で週100時間超えてない人ってどのくらいいるのかな?
完全主治医制度と言うのがあるかぎり、いつ呼ばれても病院に駆けつけると言うのが
患者側の要求。チーム医療を導入したいのであれば、法的に主治医制度を破壊する必要もあるとおもう。
私も「QOML=正規の余暇・労働基準」と考えています。
一番良いのは、看護師のように3交代制にしてチーム医療を行う事でしょうけど
医師の数を少なくとも2倍ぐらいにはしないと機能しないと思います。
いっそのこと、夜間、休日は病院の機能を止めてしまえば良いかも(週40時間だけ患者を診る)

120 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 10:26:41 ID:???
>>医者には、労働基準法は適応されないと認識していますが如何でしょう。

あなた、だまされてますよ。
当直という名の夜勤を何の疑問もなくこなしていませんか。

121 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 18:33:48 ID:???
2005年6月6日 座談会 救急医療をめぐる最近の話題
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2636dir/n2636_01.htm#00

下のほうで救急医の給与、あり方、社会的処遇の改善等を訴えている。

俺は財源は消費税、それはなるべくしてなるというか、そこしか取りようが
ないと思ってる。今後高齢化が続き医療費も専門家細分化で上がるのに、
何処から取るの?日本の消費税は欧米に比しても非常に低い。最低限
10%12%ぐらいはないと話にならないからね。税制の平等性から
言っても消費税が一番。所得税、相続税などから医療費を出すと不公平
であるからね。そこしかないし、理論的で現実的だと思うが。w
きっとそうなるよ。いずれ消費税が上がるのも時間の問題。



122 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 18:45:56 ID:???
05/04/06 医師の需給に関する検討会第3回議事録
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/04/txt/s0406-2.txt

小児、産婦人科、麻酔科、救急が特に足りないと言われてるね。
麻酔科はローテーターだと割りもよく時間に帰れるのでよく見えるのかもね。
それが落とし穴か、、、w

もともと絶対値が高くても、医学部入れるのに塾、私立高校、授業料など
膨大な金がかかってるしね。金がなきゃ地方国立でも我慢して6年やり、
苦しい奴隷生活を十年前後やって初めてサラリーマンに毛が生えた程度
の給与なんだよ。

医療事故がまだまだ出るだろうけど、金がかかっても事故を減らせ、
という方向に向くと俺は思うね。医療は贅沢であることがわかっていない。
フリーアクセスですぐ診てもらえることが如何に高コストか、わからせるため
wにも高齢者1割負担是正だしね。 税金の無駄遣いと、健康管理の甘さを
放置している政府自治体にも責はあるね。

123 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 18:51:16 ID:???
コンタクトなんか激安にすればいいのに、違法になるから医師が
必要で高く払わないと来てくれないから高く設定されているんだと思うね。
そこは市場原理が働き、余裕のある医師がガシガシ稼いでいるだけ
だろうな。そこは規制できないよ。w

とりあえず今日はここまで。



124 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 19:20:25 ID:???
>>119
医師にも労働基準法は適応されます.誤解なきよう.

誤解しているような人は、QOML情報サイト(>>1参照)を熟読するか,
「医療制度研究会」のメルマガでも購読しましょう.
ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/isei/top2.html

にしてもどこからそんな誤解が生じたのでしょうね.
確かに国立大学病院では職員は公務員扱いとなっていたため,労働三権に制約がありました.
でも労働時間ですとか時間外労働についての扱いは,公務員であっても
同じはずですよ.まして今や独法化されているわけで.
スト権については倫理的問題からかえって逆効果になる可能性がありますが,
時間外手当や総労働時間の制限を要求するのは,勤務医なら全くの合法です.

125 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 20:52:59 ID:???
>若く頑張っている医師の収入を病院内であまり働いてない老医師の収入から補う、などの
他の業界ではやられていることができないとは思えません。

逆に、ものの役に立たない研修医の給与30万を、中年壮年の我々が稼ぎ出して
いる現実も知られていない。当直も救急もやりつつこんな低給料、手抜きも
したくなりたくなるし軽症でくる馬鹿には怒鳴ってやりたい。そこをぐっと抑
て多少なりとも検査してやり、安心させるのが仕事。かったるいったらありゃ
しない。よっぽど開業が気ままでマシだよ。だからみんな開業したがるんだよ。


126 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 21:02:54 ID:???
>例えば、去年の長者番付のデータだと高額納税者26万人中、医師は1万
5千人います。

馬鹿だなあ、当たり前じゃん。人の命を救っているんだから。JRの理事や
何にもしないお役人、公益法人のアホどもに比べれば開業医の収入なんざ
微々たるもの。それ以上に酷使されている勤務医は低収入低税金。
長者番付に載る医者は必ず開業医であり、一部であることを知らない愚民。
愚民が過剰労働の勤務医に入院を管理され、事故られる。

そこんとこわかっていなさすぎ。w

また脱税も毎年ベスト10に入っています。額も1500万から2千万と単純ミスではありません。
医師は保険診療だから病院はガラス張りとよく聞きますが実態は家族を事務員などにして
車や住居を含め、間接的に脱税しているのが現状だと少なくとも国民は理解していると思います。

こんな状況で、医師という資格に対してだけベースアップを求めても国民は理解しないと思います。
最初から国民に負担を求めるのではなく、ドロッポやコンタクト医師の収入を安くして
他に持っていく、などの医師の内部で収入に傾斜を付けるべきではないでしょうか?
若く頑張っている医師の収入を病院内であまり働いてない老医師の収入から補う、などの
他の業界ではやられていることができないとは思えません。


127 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 21:16:17 ID:???
>医師は保険診療だから病院はガラス張りとよく聞きますが

電子カルテになると全てがあからさまになっちゃうんだよね。
それで事務員もへるし紙も減るけど。

>実態は家族を事務員などにして 車や住居を含め、間接的に脱税している

え?医療法人だと経費だし、理事を置くのは合法だからね。開業医はリスク
を払い、大きな機材も買い込み、借金もして地域医療に貢献しているのだから、
お年寄りの視点で望ましい医療を目指すとか、若い人の視点で医療を見つめ
直すことは医療法人にとっては必要だよ。

>のが現状だと少なくとも国民は理解していると思います。

開業医はいいんだよ。それでとんとんだから。勤務医は悲惨。
経費も少なくリスクも大きく勤務時間は長く給与も少ない。
そこの均衡が取れていないのは、医師会が開業医メインで構成され、
勤務医にお上に反論する気力と体力を奪われているから。
小児、産婦人科、麻酔、救急の偏在、都市部と僻地の医師偏在は、
如何に政治力を持つことがQOLを高めるかを物語っている。
文句言わない労働者、奴隷はこき使うのがお役人の仕事だからね。w

128 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 22:11:08 ID:???

勤務医の過労を防ぐには、医療費云々より制度改革だな。
病院の外来減少、救急施設の特化、健康教育や予防の導入と
介護施設、福祉の充実。今まで病院が診てきた慢性期、長期療養
を引き受ける施設と制度、開業医外来と在宅介護、在宅医療を進める
ことで勤務医の過労は防ぐことが出来る。

政府や厚生労働省がいやがうえにも増大する医療費削減を掲げるのは
わかる。が、医療費は長寿国家、フリーアクセスと皆保険と高齢化社会
を維持するためには増大しかない。

お役人は(医師も含めた) 国民の声をしっかり聞き、何が求められ何が良い
かちゃんと真面目に考えろ。



129 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 23:12:48 ID:???
>>116
財源の話は置いといてQOMLの話をしますと、
>なぜならば私は「QOML=正規の余暇・労働基準」だと考えているからです.
これでしたら病院なり監督官庁と相談するのがベストではないでしょうか?
QOML派=正規の余暇・労働基準と考える人が増えて多数で行動を起こせば、
国も医師を増やさざるをえないと思います。
パイの奪い合いなので、医師の人たちがそれを容認するかどうかは分かりませんが。

あと、若いときに時短をあまりに要求すると質が落ちませんか?
能力が同じである場合、どうしても雇っているほうは頑張っている人にやりたい仕事を
やらせると思います。
また、アメリカなどで高給を貰っている人たちは若いときに信じられないほど働いて
手術をこなしています。術数をあげるのが目的って人もいるほどですし。
あちらでは研修医は労働時間を制限されていますが、それ以降は本人次第になってます。
>>207さんの考えですと、腕のいい医師と腕の悪い医師の格差が今まで以上に広がる気がするのですがその辺は大丈夫でしょうか?

>>117
年収が40代で頭打ちなのは日本の技術職ではどこでもそうだと思います。
で、飛びぬけた人だけが高給をもらっています。まぁこれは院長などもそうですが、
サラリーマンだと院長クラスの賃金はもらえないですしw

時給で比較できればベストですが、これは医師、サラリーマン双方が正規の
労働時間を把握できないので難しいでしょうね。

>>118
>高額納税の医師は全て開業医だったと記憶していますがどうでしょうか.
>過労が問題となり,さらに現在不足しているのは病棟勤務医なのです.
同意します。
そのため、まずは国民に負担を求める前にこちらの歪みを是正すべきでは?と申し上げています。

130 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 23:22:42 ID:???
>>125-127
>逆に、ものの役に立たない研修医の給与30万を、中年壮年の我々が稼ぎ出して
>いる現実も知られていない。当直も救急もやりつつこんな低給料、手抜きも
>したくなりたくなるし軽症でくる馬鹿には怒鳴ってやりたい。そこをぐっと抑

それなら医師として表であなたがそのように主張すればいいじゃないですか。
研修医の給与は質で考えると高すぎる。医師会などは軽症のうちに医者に来いと
言っているが迷惑だ。などと主張されてはいかがでしょう?

>馬鹿だなあ、当たり前じゃん。人の命を救っているんだから。JRの理事や

この辺の感覚が国民と全く異なると思います。
重症患者を診ずに大病院に回す開業医や醜い顔を更に醜くしているだけの医師が
勤務医より患者の命のリスクを背負っていると教えてください。

>>実態は家族を事務員などにして 車や住居を含め、間接的に脱税している
>え?医療法人だと経費だし、理事を置くのは合法だからね。開業医はリスク
>を払い、大きな機材も買い込み、借金もして地域医療に貢献しているのだから、
>お年寄りの視点で望ましい医療を目指すとか、若い人の視点で医療を見つめ
>直すことは医療法人にとっては必要だよ。

いまどき車などはきちんとした設備が整っていない限り全額経費には認められないですし、
理事を質ではなく情で任命したいのでしたら保険医返上したらいかがですか?
皆保険と言う一種の税金で食っている自覚がありますか?
その辺の感覚が国民とはずれていると思います。

131 :名無しさん@おだいじに:2005/06/08(水) 23:24:45 ID:???
×勤務医より患者の命のリスクを背負っていると教えてください。
○勤務医より患者の命のリスクを背負っている理由を教えてください。
スマソ

132 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 02:05:34 ID:???
当直中です.なんだか白熱していますね.

>>129
>腕のいい医師と腕の悪い医師の格差が今まで以上に広がる
私が想定しているのは米国式の「30-80ルール」です.
レジデント全員が同等の時間内で働くわけで,そこに大きな差は生じないはずです.

それ以降はご指摘の通り,個人の選択にゆだねられてよいと思います.
specialityを目指して死ぬほど働くもよし,さっさと開業するもよし,あるいは
病棟専従医(hospitalist)としてシフト制の中で働くもよし.
なにも全員が専門家である必要はないのです.個人的には病棟専従医という概念は
もっと日本で採用されて良いのではと考えています.

なお,時間外手当を正当に要求したり過労死などのトラブルまで鑑みれば,むしろ経営側から
「労基法違反」「病院の経営上」などの理由で労働制限を設けられる可能性があると思われます.

>多数で行動を起こせば
最終的には「勤務医が労組を結成する」というのが最も正攻法の選択肢だと思いますよ.
いまや勤務医の身を守れるのは自身しかいません.
それに気づいてくれる人が一人でも増えればいいのですが.



133 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 02:17:31 ID:???
>>130
市民感覚とのズレは,QOML(QODL)を主張する上で重要だと思われます.
ただの「ガキのグチ」にしか思われないのであれば仕方ありません.

私としては,その市民感覚とのズレを埋めるキーワードは
「過労は事故を誘発する」ということと,
「社会的重要度が強い業務に携わるほどQOML(QODL)が低くなる」
という2点だと考えます.
前者は世間にきちんとアピールすれば賛同を得られる可能性があります.
一方で後者は深刻であり,問題の根幹でもあります.



134 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 02:22:18 ID:???
>>127
>医師会が開業医メインで構成され、勤務医にお上に反論する気力と体力を奪われているから。
これですよ.よくおわかりじゃないですか.
この打開には,勤務医の労働組合ないしは勤務医医師会のような存在が必要です.
せめて,過労死しそうな際には病院を訴える準備をしておくくらいはすべきです.

提言:月100時間以上の時間外労働を行っている勤務医は,日々の出退勤時間を
記録しておくべきです.

>開業医はリスクを払い、大きな機材も買い込み、借金もして
だったらそんなリスクをしょわずに勤務医を続けて下さい.
「勤務医のリスク」を避けて開業を選んだのですから,これは全く理由にはならないですよ.


135 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 02:47:43 ID:BTT5Sw4n
労働基準局も違法性は認識している。
でも、労働制限を設けたら困るのは患者でしょ
だから、制限を設ける事は出来ない  と、言う図式
医師は労働者で、労働基準法に準じて仕事をする。そして医師が居ない時間帯は病院はお休みで
患者が急変したら救急車で救急病院に行く。。と言うのはどう?

136 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 14:02:19 ID:???
>135
労基法は総労働時間を定めているだけで、「午前9時から午後5時の労働」を
定めているわけではない。土日に働くなとも定めてはいない。
つまり医者にもシフト制が必要なんだよ。

137 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 18:38:02 ID:???
>>125
>ものの役に立たない研修医の給与30万を、中年壮年の我々が稼ぎ出して
>いる現実も知られていない。

外科はともかく内科の研修医はこれまでより給料が下がってるのだが。。
研修医がバイト出来ない分、上の人間がバイトの数増えて
収入増えてるんじゃないの?大学からの給料は減っただろうけど。

138 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 20:49:51 ID:???
アフターファイブはOFFになりきれない人が過半数 - 時の記念日
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/public_opinion_poll/?1118309632
カンファやって金になるのは研修終わってからだしな。

研修医給料も30マソに上がったばかりで上がりようがないね。
ある意味ローテートの被害も来ているし。ローテート制自体問題もあろう
が、始まったものは受け入れるしかないね。混ぜこぜになっていい、という
面もあろうが。

139 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 20:59:44 ID:???
>若いときに時短をあまりに要求すると質が

努力と根性が医療の質を上げるとは思わないけど。カルテのデータ張りや
ぼうっと見てるだけ見学ならポリクリ延長だし、長ければいいというもの
ではない。教育って、短く良いことを沢山教えられるのがいいわけで、
効率のいい頭のいい医療もそうあるべきであって。若いうちには買ってでも
苦労せよ、というけれども、厳しく言ってくれるひとを有難く思わねば
成長もないし見込みも自立もない。無理やりやらすよりは、指導方法を
ティーチング形式を考えていく、アメリカなどで教えあい学びあう形式、
ディスカッション形式を取り入れるなどカンファや指導法にも改善がある
べきだよ。


>時給で比較できればベスト
当直の次の日は休みと暗黙で決めつつ何にも守られちゃいないし、当直
での患者の数も忙しさも季節や地域で全然違うからね。その辺の集約、
機能集中が医療改革、医師数適正化の審議会でも話されている。
小児医療なんて開業医の先生一人がどこか輪番ででもやってくれれば
ぐんと楽になるしね。そこで体制、制度、政治が出てこないと。
勤務医は忙しすぎて発言力も政治力もないからね。今までは。


140 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 21:10:17 ID:???
>研修医の給与は質で考えると高すぎる。医師会などは軽症のうちに医者に来いと
言っているが迷惑だ。などと主張されてはいかがでしょう?

ああ、高すぎるよ。教える分、ミスる分患者にも迷惑だけど、教育だし
その分報酬が病院に入っているからね。研修指定病院として。
ある病院では人間ドッグもあり、余計仕事も増える。w でもそれは
開業医ではドッグは出来ない、というものあるけど。

また、大学病院など一定数以上の病床のある大病院では、紹介状がないと
初診料が高くなる。入院施設のある病院が外来を減らすといいんだけど、
そこまで割り切れない、病院経営と診療報酬制度がある。
厚生労働省が病院の外来診察料をがくっと(現実的には2−3割)減らし、
開業医への紹介料を2−3倍あげると、病診連携もぐっと進む。
勤務医の過労もぐっと減る。結構簡単だと思う。

>この辺の感覚が国民と全く異なると思います。
重症患者を診ずに大病院に回す開業医や醜い顔を更に醜くしているだけの医師が
勤務医より患者の命のリスクを背負っていると教えてください。

僻地、初診で優れた診断優れた検査優れた判断がつけられると、その広い
地域全てをカバーできるからね。軽症も数こなせるし。だから開業の方が
多くの外来、生命を守れる。いかんせん入院施設のある病院の外来は入院
受け持ちながらなので、数も限られるしね。ごめん また 続き書くし。w


141 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 21:12:25 ID:???
ああ、一つだけ。
>患者の命のリスクを背負っている

じゃないよ。借金して、つぶれないかというリスクを背負ってるよ。
まあ、専門医もいなくて相談する人もいなくて判断は全て一人でリスキー、
とも言えなくもないが、やばければ病院に救急車で送ればいいだけだから、
その辺はリスクは少ない。w うまいもの喰ってくる。今日も疲れた、、、


142 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 21:16:03 ID:???
>やばければ病院に救急車で送ればいいだけだから、 その辺はリスクは少ない。w

なんだかんだいって、最後には認めてるじゃん・・・


143 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 21:30:14 ID:wgvNSl6w
医師が労働基準法を遵守する場合、現在の医師の何倍の人数が必要でしょうか?
今の人数で、入院患者を診ようとすると、現在よりも少なくとも2〜3倍の患者を担当しないとまわらない
あと、主治医制度を変更しないと

144 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/09(木) 22:15:06 ID:???
直接QOMLとは関係ないですが,ちょっと面白かった記事を紹介.

社説:医師の臨床研修 新制度に難問が噴出している
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20050608k0000m070160000c.html

何が面白いかって,この社説は何も語ってないのですよ.ただ「問題だ,問題だ」と騒ぐだけ.
さらに言いますと,ほんの2年前までは,大学医局から医師を市中へ引きずり出す素晴しい制度で
あるかのように語っていたはずなのに,今度は大学依存礼賛へ逆戻りですか.しょうもないですね.

>>143
総シフ卜制とする場合,1.5倍は必要でしょうね.

なおシフ卜制でなくとも,チーム制度だったり科内で夜間コール番を統一するだけでも
簡単にある程度のQOL改善をはかれると考えます.
夜は当直(夜勤)が全てコールされることとし,当直明けは必ず休めることとすれば
より合法的ですが.

145 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 22:31:13 ID:???
>>122
リンク先をじっくりと読ませてもらいましたが、ちょっと疑問が湧いてきました。
小児科医は一般外来専門の開業医と救急も診る地域センターを作るべきだ。とあります。
また、勤務医の希望は専門性を活かせる&学べる職場だともあります。
この二つは相容れないものだと思いました。
開業医はすべて完全なドロッポ医でまかない、地域センターに専門医を集中させるのでしたら、
可能かもしれません。ですが、どうしても研究対象の患者、あるいは腕を活かせる難病や重病患者は
数が少ないので小児科医自体が少なくても構わないことになってくると思います。
これは他の科や医師の収入問題にも言える矛盾なのですが、医師会などはその辺はどのように
考えているのでしょうかね。

>>132
労組についてはたしかにあくまで労働時間に限り行動できればベストだとは思います。

ただ、別板でストをけしかけた私が言うのは申し訳ないのですが、こちらの板のストライキスレを
読んでも参加者が本気で考えているとは思えないのでROMにとどまっています。

適正な医師の収入や人数の問題、社会保険料の財源と税負担の問題、政治的にいつやるか、
法的にはどうか、など様々な問題がありますが、それをきちんとクリアーしないと厳しいかと。
じゃないと、へんな政権のときに政権批判の目を逸らすために吊る仕上げをくらいますよ。
病院側も頭を使い、労基法に触れない方法で対処しますしね。
経営者に材料を与えるのでここには書きませんが、合法的にずっと残業させる方法はあります。
ほとんど賃金を支払う必要もありません。実際一部の病院では導入されています。
なので戦略をきちんと立てて、参加者の意思一致をしないと難しいと思います。

>>140
ども。続きを待ってそちらはコメントします。

146 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 23:33:59 ID:wgvNSl6w
>>207
専修医が十分な給料をもらっているなら、チーム医療でなんとかなると思うが
大学の専修医は無給で無休の場合も多い。外で生活費を稼いでいるためチームを組ませる事も
難しいような状態。
当直明けは、完全コールフリーでお休みと言うのはなんとか実現出来そうな予感。

147 :名無しさん@おだいじに:2005/06/09(木) 23:53:03 ID:???
>146
そうだな。
せめて、全国的に当直明けはお休み制度くらいは実現させて欲しいな。
一部、そういう病院もあるみたいだ。
ただし、「完全コールフリー」ではなく、あくまでも外来業務がフリーなだけで、病棟の担当患者が落ち着かないと休めないらしいが。

148 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 20:20:49 ID:???
>腕のいい医師と腕の悪い医師の格差が今まで以上に広がる

専門性、一般医、主治医の年齢、今でも十分格差はあるよ。
認定医、専門医など広告オッケーになったから、ネットでも宣伝し放題、
ある意味市場化してきている。
研修制度が変わり、民間病院勤務で格差も広がってるだろうし、基本的に
医師の良心と技術だから、資格や評判で判断していくしかないね。

>「過労は事故を誘発する」ということと,
「社会的重要度が強い業務に携わるほどQOML(QODL)が低くなる」
という2点

いやいや。検査一杯で皆疲れてていい治療、よりよい治療ができていない。
もっと医療に医師に余裕があれば、検査もじっくり、治療方針も十分検討
可能。患者も入院期間が長く、退院させるとサマリーやら退院処方やら
面倒くさいことも多いから皆じっと患者を放さない。w
そうなってること、多いと思うよ。単に忙しすぎて検査も治療も進まない、
ってとこもあるけど。


149 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 20:25:27 ID:???
>開業医はリスクを払い、大きな機材も買い込み、借金もして
だったらそんなリスクをしょわずに勤務医を?

え?病院、地元やお客や信頼もあるのに継がないと思う?w
これから開業は難しいだろうけど。ハイリスクハイリターンだからね。
流行らないと潰れる。流行るには人心を掴む、庶民の目線であるとか、
最新の医療やら新しい治療やら親身になれるとか知識が豊富とか、
そういったことがないとむりじゃね?



150 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 20:47:27 ID:???
> その辺はリスクは少ない。w なんだかんだいって、最後には認めてるじゃん・・・

あのさ、いずれ後継ぐから医者になったんだよ。地元の「開業医」にあこがれた
からこそ。別に病院の医者にあこがれたわけじゃない。で、今奉公の勤務医だけど、
普通にターミナルを夜遅くに40代ぐらいの若い開業医が救急で送ってくるよ。

おいおい。救急に送らないで在宅で診ろよ、といいたいが勤務上断れないしね。
そういう開業医の意識改革、救急のあり方、在宅ケアのあり方も考えると、
やっぱ人手が少なく、細分化されていないんだよな。本当に必要な救急を
高齢者は考え間違えている。病院は全て治せるとか、万能だとか、病気は
すぐかかれてすぐ治ると。

確かに高い薬がんがんいけば十数日は延命は簡単。でもさ、すっごく不自然
なんだよな。病院で死ぬことってのは。その辺、ご老人もはき間違えているし、
だから病院死、医療費高騰、救急のターミナルが多い。
それだけのことをしているからそれだけの給与だが、仕事多すぎだし求められる
ものも多すぎる。尋常の人間の生活ではない。事務とかもっと減らせ。
医者や看護婦増やせ、電子化しろ、病院外来減らせ、となる。

151 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 20:47:55 ID:???


高齢者医療費が上がるといわれているのは、まあ医療費削減といいつつ
高齢者の切捨て。弱者排除、金がかかれば経済界や土建屋、郵政や国土交通省
から文句出るの当たり前。でも、欧米並みの医療費もなくこき使われている
医師、医療、経済としての医療市場は莫大だし、高齢者も救ってこそ医療。
経済的効率ばかり求めれば医療の地盤沈下間違いなし。安易な医療費自己負担
増は、医療を低下させる。
そこは政治の怠慢だよ。事務削減、電子化、医師数の増加、病床の削減と
機能集中、役割分担、お役人削減と郵政民営化で郵貯の資金流出、公共事業
削減をきっちりしていけないから、伸びるべき医療費を惜しんでいる。

でも実際、お金持ちだけになると患者が減って仕事自体は楽になると思う。
その分金持ちの患者が増えると訴訟も増えて、ウザイだけかも知れんが。

開業医にしてみれば、高齢者はお得意さまだし、病院外来はさながら戦場と
見紛わんばかりの病院も多いため、開業医は上がってほしくないし
病院も上がっては売り上げ落ちて上から文句言われるから黙ってるだけ。

だいぶ脱線したが。w



152 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 20:57:39 ID:???
GDP比率を導入するなら、医師の給与、勤務時間や待遇なども国際比較に照ら
し、GDPに合わせた給与と労働時間にしろ。先にそうするべきじゃないか?抑制
してからGDP比率に合わせた給料もらっても損した気分しかしない。
だいたい、日本のGDPの統計には信頼がおけない。結構大雑把でいい加減らしい。

だいたい老人はたった1割しか払っていないのだから、日医も患者減を
受け止め高齢者2割負担は許容しても、GDP比率での抑制は反対している。
金持ちだけが生きる社会になってしまうし、経済界が出す案には、正当性も
国際性もないことを医者は知っているからな。w

高齢者医療制度で日医が新案 給付費の2割を高齢者負担
http://www.asahi.com/health/news/TKY200506070339.html
一方、医療制度改革の柱の一つである診療報酬改定について植松会長は
「一番求められている医療の安全を実現するには人手が足りない。手厚く
するにはコストがかかる。当然、プラス改定であるべきだ」と述べ,,,


153 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 21:12:38 ID:???
>医師が労働基準法を遵守する場合、現在の医師の何倍の人数が必要か?

いま見かけだけw厚生労働省がポーズを出しているが、具体的数字は出て
こず。
厚生労働省:第5回医師の需給に関する検討会資料
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/05/s0519-5a.html

フリーアクセス下での患者 1 人当りの医療単価、
http://hcoa.jp/general/suzuki/09.html
ベッド 100 床当りの医師数は、アメリカは 71.6 人、日本は 12.5 人
で、看護師数はアメリカ 221 人、日本 43.5 人となっています。
厚労省は医師過剰時代と宣伝していますが、はたして日本の医師や
看護師は過剰なのでしょうか。むしろ少なすぎます。昨年来、医師の
名義貸しが問題になりましたが、、、


154 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 21:17:41 ID:???
フリーアクセス下での患者 1 人当りの医療単価、年間受診回数、
入院期間、職員数、外来も外来検査も大量に安く行う日本では、
何人増えればいいと言えば、単純にアメリカのみと比較すれば、
ベッド 100 床当りの医師数は、アメリカは 71.6 人、日本は 12.5
人で、看護師数はアメリカ 221 人、日本 43.5 人を考えれば、約
5倍。

日本人はアメリカ人の5人分は働けなくとも、その分酷使されている。


155 :名無しさん@おだいじに:2005/06/10(金) 21:34:42 ID:???
>小児科医は一般外来専門の開業医と救急も診る地域センターを作るべきだ。
とあります。 また、勤務医の希望は専門性を活かせる&学べる職場だともあります。

可能だよ。専門施設に一般医一人置けばいいだけ。大学救急でも振り分け役は
いたよ。今でも日中でも総合診療部ってのもあるし。専門医と一般医が同居
出来ないわけじゃないからね。

>医師会などは

医師会は勤務医から逃げてきたから、過労を避けようとするだけだよ。
また、外来を奪われることには病院に怒り狂う。開業医の権利と生存を
保つのが医師会。w 勤務医には苦労をかけても、自分たちもやってきた
からある程度わかってて送る。自衛のために。患者のためにも。w

その辺の格差が大きい。医師のQOLは医師不足のみならず、保険制度、
診療報酬、患者意識、病院機能と地域での役割分担、病床やフリーアクセス
など、いろんな問題が絡んでいる。

一番簡単なのは、高齢者切捨て、負担増だよな。w 政府も安易な道を
取るものだ。明らかに上がるのは必死だからね、医療費は。経済から見ても
国際的に見ても、 日本の医者は搾取されている。

はっきりいって全員ボランティアに近い。w 科、医師自身、病院などで
その程度の差こそあれ、こんな状況で我慢し続けるからミスも事故も起こる。
安くこき使われていることに気づかない医師が多すぎるとは哀れな国だ。


156 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 07:47:47 ID:mfIR7HP/
おぉ!爆発してますねぇ
高齢者は3割(70歳以上は無保険診療)、労働者本人は負担0、家族は3割負担。
ただし薬剤に関しては月5000円まで保険でカバーされるが、それを超える分は全額自己負担
介護保険、厚生年金、直接税は全廃して、すべて間接税よりまかなう。(多分15〜20%の消費税)
医師は労働者で労働基準法を遵守する。
外来診察は患者1人に15分以上の診察時間をかけないと保険請求出来ない→完全予約制となる(アメリカと同じ)
夜間休日はすべて救急病院が行う。
というのはどう?

157 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 10:21:33 ID:???
>高齢者は3割(70歳以上は無保険診療)、

高齢者いきなり3割じゃ診療所、病院が潰れる。w
まず2割だね。あと、70歳以上も年金や介護保険から出す分をいれて
2割ぐらい取らなきゃ。
実際、介護保険だ年金だといいつつ、厚生労働省やお役人の給料やボーナス
を俺たちが払っているようなもの。抵抗するのも、お役人自身が食っていけなく
なるからだけのこと。結局搾取されているのは医者や国民なんだよなあ。
まさにお年寄りを食い物、という言葉がピッタリをお役人さんが地でいってる
わけだから。w

>医師は労働者で労働基準法を遵守する。
外来診察は患者1人に15分以上の診察時間をかけないと保険請求出来ない

ここに無理があるな。15分以上だと今の3倍人がいても足りないと思う。
時間内に終わらないし。外来だけで3時4時になって、それから病棟業務で
検査や診察処方点滴指示を10人15人出来るわけないし。
医者3−4倍でも、一人に手厚くする診療は難しいよ。
だからお役人減らしと、保険の統合=医療保険、介護保険、年金一括
が良いんだよ。政府や自治体は、そこの改善ができてないから、役人も事務も
一杯、そいつらが医療に寄生して生きている現実がある。本当に頭にくる。w

158 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 10:35:53 ID:???
確か、低額医療は全て自己負担、が検討されていたよ。
それはすばらしい。医療ってお金がかかるもの、という認識が欲しいわ。

夜間休日は、休日急病診療所があったり、2次は輪番制であったり、交代で
誰か一人が当直だったりと病院や地域でいろいろ。事情も医師数も違うからね。
そこに金がかからず、事務やカルテや保険書類や事務人件費に金がかかってる。
アホかと。もっと前線に金出せよ。本当に頭に来る。研修医が事故るのも
仕方がないよ。ストレスや過労だとね。今は最低限保障されてても、暗黙の
了解で過労を強要されているからなあ、、、w

払えない人や救急には政府負担でも良いけど、その分救急の体制と処遇を
厚くしないとね。そうすれば、国民も医療費公的負担、皆保険と医療費増加に
納得するだろう。今の時代が如何に恵まれているか、国民は議論も認識もない。
そういう教育もないけど。


159 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 10:41:34 ID:mfIR7HP/
外来診察は患者1人に15分以上の診察時間をかけないと保険請求出来ないと言うのは
完全予約制にすれば、実現は簡単。アメリカが現在そんな感じ(アメリカ方式導入したがってるみたいだから)
お腹が痛いので診てもらいたい場合は、電話して予約をする。
普通は、1週間以内に診てもらえる。
すぐに診てもらいたい場合は、救急病院に行く。
だから、外来患者がさばけなくてという問題は起きない。
9時〜17時だったら7時間で28人しか診れない(診られない)ので

160 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 10:48:27 ID:mfIR7HP/
フランスの話らしい
39度の熱と頭痛、吐き気の7歳の子供、小児救急病院に電話したら、立って膝と背筋を伸ばしたまま
下を向いて足の親指が見えますか?といわれて、見えますといったら、それじゃ朝まで待って
いつもの先生に診てもらってください。
救急に来た腰痛の患者。ラジオ体操の最初の20秒をさせられて、はい大丈夫だから2週間たって
良くならないならまた来て下さい。
こういうの良いよね。

161 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 11:57:02 ID:???
いやそれが、予約外が結構来て時間がずれるんだよ。w
フリーアクセスだからね。減らせといわれてもなかなか減らせない
講師を一杯見てきた。今は少し減ったのかな。
上から減らせ減らせといわれてても、フォローが必要な人、今まで診てきて
よく知っている患者をポイポイ外へ捨てれない医者側にも、データやカルテ
が共有できていない現実にも問題があるけどね。

確かに、凄く少ない人もいた。1時間4人、とか6人とか。それでもじっくり
見るのは難しいし、時間もかかる。マックス1時間8人、10人とかの先生も
いた。紹介率がまだまだ悪いし、仕方ないのかも。医者側も難病は紹介、
でもっと役割分担せんとあかんのかもしれない。




162 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 12:01:17 ID:???
ああ、それぐらい割り切れればいいのかもしれないね。
というか、開業医はそれぐらいで裁いていると思う。
一日100人以上診てるからね。風邪、リウマチ腰イタなんでもありで。

かかりつけ医制度は取り入れるべきだな。病院もいつまでも外来で
持っていないで、返すべきだしね。忙しく、かつあまり急ぐことでは
ないので開業医さんへの連絡もおろそかになりがちだからなあ。
とにかく意識改革、診療報酬改革をしないと。診療情報提供書、
もっと高くするか、ITで継いでいると請求が便利で莫大とかに
すれば勤務医の過労もデータまとめも少なくなるはず。

163 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 12:56:27 ID:mfIR7HP/
完全予約制にしたら、予約外は来ないはず
来ても予約していないのだから診ない、というか診ると予約の人の時間もずれるし

大学病院等が患者を抱えてしまっているのは問題。
やっぱり必要なければ、地域の開業医へどんどん返さないと

電子カルテは良いんだけど、入力の秘書をつけてもらわないと時間がかかって使えない
まぁ、1人15分かければ急いで書く必要も無くなるので関係ないけど

164 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 13:20:03 ID:???
>>145
貴方はたぶん、医師一家のエンジニアさんだよね?

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1115565441/に来てくれない?
詳しく分かる人がおらず具体案が出なくて苦慮してるので。

165 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 18:03:40 ID:???
おまいら文句あるなら医者やめろよw
皆がやめれば医師の待遇が変わるだろ

166 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 19:04:24 ID:???
完全じゃないんだよね。だから予約外もくる。

辞めたいけど、免許あってこれ以上美味しい職ないからね。w
自分にもあっているし、独特の個性も出せるし、愚民にはわからない
苦悩と快感があるから。一般人が全部DQNに見えたり、上司がアホに
見えたり、同僚が腐ってみえる職、そうそうないぜ。w


167 :名無しさん@おだいじに:2005/06/11(土) 19:07:30 ID:???
医者としては、勤務医だけはなりたくないと思ったよ。
もちろん最初から実家継ぐつもりで医者になったんだし。
会社員の息子で勤務医になった馬鹿、ボケどもの思考回路は
あまり理解できんし、同意もできないところが多い。

医者やるなら開業だよ。美容整形とかウハウハだし、内科小児科
外科でさえも、全然美味しい。自宅勤務みたいなもんだし、通勤
なし、経費自由自在、家族も診れて処方も出せる。

こんな美味しい職、他にある?総理大臣ぐらいかな?w

168 :名無しさん@おだいじに:2005/06/12(日) 00:24:24 ID:???
まあ、明らかに勤務医の奴隷化は確立している。

これから開業したくてもできない、勤務医奴隷時代暗黒時代はまだまだ
続きそう。こんなひどいなら医者になるんじゃなかった、ってやつ多いし。
ま、いろいろいるけどね。カルパッチョみたいなのもいるし。
あれはあれで面白いが、あそこまでぶっ飛んじゃ駄目だよな。最低限
人として、温泉はかかり湯をして、騒がず桶を戻してよく拭いて思いやりを
持つことが一般人としての素養。それすらない開業医だけにはなりたくないな。
それに近い開業医さん、多そうだけど。そうならないようにだけ気をつけたいよ。
それだけは忘れちゃいけない、人間としての素養だよなあ、、、

169 :名無しさん@おだいじに:2005/06/12(日) 03:19:35 ID:1SMvlEd4
でも、今からの新規開業はすごくリスクある
今の給料の2/3で医者以外の職業あったら医者辞めるよ(もちろん労働基準法を満たしている職)

170 :名無しさん@おだいじに:2005/06/12(日) 19:11:35 ID:YJuVYGSM
ここ既出?
いろんなデータグラフがまとまっている。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/03/s0311-5b.html

国別医師数、その年次推移
女性医師数
専門医、一般医の数(国際比較)
開業医数の年次推移(国際比較)
人口千人あたり看護師数、薬剤指数(国際比較)
高齢化予測
医師平均週間勤務時間数
医師の分布密度(Physician Density)と医療費の関係 2000年
一般医の分布密度 と国民1人当たり・一般医への年間病院訪問の関係
医師失業率と医師数


171 :170:2005/06/12(日) 19:20:44 ID:YJuVYGSM
興味深いのはイタリア。

イタリアは日本と比べて2倍の医師がいて、
労働時間はイギリス、ドイツ、フランスと比べて短く、
医師失業率は18%もある。

QOMLを求めると、究極的には医師数を増やしていくことが
必要だが、

医師数増、QOML実現、報酬減、失業率アップ

は、やはりセットなんだと思う。
QOMLを求める医師は、将来起こりうる競争に備えて
自分を磨くことを怠ってはならんと思った。

172 :名無しさん@おだいじに:2005/06/12(日) 21:54:25 ID:???
>>164
えぇ、私です。ニュー速ではどうもw

そこのスレを読んでたのですが、こちらはきちんと医師が労組を組むための弁護団窓口などを紹介したのに
誰一人連絡してないじゃないですか。

2ちゃんで、みんなで医者を辞めようってけしかけるだけの人と同じ。結局は動いてない。
それに私はあちらの板でも再三言ったけど、財源や医師数などの今後のことをきちんと
考えてから行動しないと叩かれて終わりですよ。

173 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 18:42:37 ID:???
>>170

この報告書を作ったやつは真性ヴァカ。
医師数↑で医療費があがるかどうかわからないとか1970年代とか1980年代
の論文をだしていってる。
医師数↑なら医者をやっているやつならわかるが、絶対的に勤務医は歩合制
導入、3M毎のPt→1M毎にする。あらゆるコストの取れる検査をする。
患者の害にならない処置が激増するのは間違いない。現にそんな病院が
もう既にある。

医師数は絶対に増やしてはならない。そんなにQOMLを求めるなら
研修医時代だけがんばって僻地に行く(離島なんて人口少ないんだから
ほとんど一日中暇ってとこある。)。ろうけんの所長になるとか
精神科の暇病院に就職するとかいくらでも今なら暇なてがあるよ。

公立病院なんておれが前勤務していた病院なんて一日5人しか予約入れて
ない病院があった(診察10人程度)これで年収1800万だよ。
医者数が増えればこんなやつは真っ先に首になるというか
収入が激減してかつ開業できなくなる。勤務医のポストが減る。
など歯科医の現在を見れば明らかだよ。

今の歯科医の日給1万5千〜2万=医師の時給と変わらんよ。
そうならないためにも医師数を増やそうとするこういう馬鹿の意見には
断固反対すべし。

QOMLを求めなくても医者は暇なやつはものすごい暇なんだよ。
公立病院なんてみんな遅刻してるし、昼間にも外に遊びにいくし
学会と称して旅費をもらって遊びにいく。

医者はものすごく恵まれていることに気づきなさい。


174 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 18:45:52 ID:B9hGVMRc
じゃー、患者の抑制しないとね
腹痛で来たら、ブスコパン出して1か月後に県外の病院でエコーするとか

175 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 18:48:46 ID:???
>>174

勤務医は無駄な患者はみんな開業医におくればいいよ(
開業医が喜ぶよ。公立病院は可能)
あと残業代でるところ多いからとりあえずそういうのと折り合いつけて
好きなようにやればいいよ。



176 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 21:25:28 ID:???
じゃあ、ものすごい暇な院長先生を呼び出してお金をもぎ取ろう。

偏向、科目も変
FEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEENNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN

177 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 21:30:56 ID:???
どこに金が偏在しているのか、その膿を出すのが厚生労働省、首相の
仕事。

おまいらもっと仕事しろ。
それで俺らの金で兜町、歌舞伎町飲み歩いてんじゃねえw


178 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 21:40:14 ID:???
時代は変人。
変人こそ、小泉、堀エモン、イチロー、野茂 などなど こそ

一芸で金がウハウハ 旨い職だな。オレもそうなろうっと。w
by 自称変人

179 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/13(月) 22:15:18 ID:G9fWuOOY
まとめてレス.
>>146-147
>当直明けはお休み
その「当直」が実質的には「夜勤」である場合,明けは絶対に休みでなければなりません.
さもなくば明確に違法です.
さらに当直であっても,総労働時間についての配慮がなされていなければならないのは当然です.

>>149-167
べつに貴方のような跡取り開業を非難する気はありませんよ.思う存分
「やばければ病院に救急車で送ればいいだけだから、 その辺はリスクは少ない。w」な日々を送り
「こんな美味しい職、他にある?総理大臣ぐらいかな?w」の言葉の通り
日本医療のゆがみのうま味を吸って過ごしていただきたいと思います.

ですが医療は勤務医なしには確立しえないし,そんな「重症を診る」存在にメリットを提示できていないゆえに
勤務医数のデフレ・スパイラルが生じているわけです.
これは国民にとって不幸せ以外のなにものでもなく,開業医にとっても
「うまみ」を揺るがす致命的な問題だと思いますよ.

まあそんな大局を語るまでもなく,違法なものは違法なのです.

>>153
名義貸しがまかり通るくらい日本の医師数は不足していますよ.
マスメディアや一般市民はそれを解らないのか,はたまた解らないふりをしているのか.


180 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/13(月) 22:23:51 ID:???
ついでに,某blogの紹介.
以前から私が主張していることの一つに,
「医師職は名誉があったからこそボランティア的な過労でも耐えられたが,
その名誉が失われてつつある」というものがあります.
それゆえ私はQOML(QODL)の重要性が増していると考えているのですが,そこに現れる
新たな価値軸として「金銭」を提示している文章があったので紹介します.

ttp://medt00lz.s59.xrea.com/blog/archives/2005/06/post_250.html

なお,2chにURLを張るときはリンクが張られないように頭の"h"を抜くなどした方がいいですよ.
特に毎日のように大量に張りこんでいるような方は.
(こうすると鯖の負担が軽くなります.かつての閉鎖危機を目の当たりにした者の老婆心でした)

181 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/13(月) 22:34:18 ID:???
>>145
おっしゃるとおりだと思います.貴方,本当に鋭いですね.

>開業医はすべて完全なドロッポ医でまかない、地域センターに専門医を集中させる
これを厚労省は想定しているのでしょう.
専門医を地域の総合病院に集めるというのは効率的かつQOMLの改善に役立つと思われます.
ですが現実には,専門医も凡庸な医師も,勤務医というだけで冷遇されているのが現実です.
だからこそ一様にレミングスの如く逃げ出しているわけです.
そもそもその専門医自体が不足しています.
さらに専門センターには,そこで働く非専門家の病棟医(専門医よりずっと多くの)が必要です.
看護師やコメディカルにも相応の知識がもとめられてもいいでしょう.

しかし人手不足です.
またその「専門センター」を誘導するだけの予算も下りていません.
専門医が専門医として医師人生を全うできるような医療経済システムを確立することが前提となりますよね.

182 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/13(月) 22:42:21 ID:???
続きを.

相容れないのも事実でしょう.
理想的にはスペインのように,一般医と専門医の養成コースを分けてしまうべきなのかも
しれませんね.
“医学部小児科学科”もその亜種と言えなくもありません.

ちなみに一つ.
米国のかかりつけ医・家庭医・一般医の給与は各科の中でも最低ランクです.
それでもQOLや責任の相対的軽さ,はたまた外国籍レジデントにとっての入りやすさから
それなりの人気はあるようです(やっぱり僻地では不足しているようですが).
そういう「選択」があれば多少の不公平感は減るでしょうにね.



183 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 23:55:26 ID:???
>>207なんとか

そもそも一般医ってなんだよ?
意味不明だよ。
かかりつけ医=一般医だろ?
お前も厚生省の馬鹿と同じだな。

184 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 00:00:09 ID:???
>違法なものは違法

え?今の法律では合法だけど?医療法人、お婆ちゃんの理事。
ウマー これこそ医療w というか、医療で恵まれなかった分を取り戻している
感じ。法が追いついていないから、ウマーな日々は続くし、勤務医はいつまでも
奴隷。

それに気づかない馬鹿度もが多いから、ボランティア馬鹿がシステム改善を
法改正を訴えないから、開業医がおいしい。
そのうち開業医がきつくなる時代が来るから、今のうちにジェネラルで
何でも見れるように 若いうちの苦労は買ってでもしている気分♪


185 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 00:04:26 ID:???
>日本医療のゆがみのうま味を吸って過ごしていただきたいと

この言葉こそ、「私は奴隷です」といってるようなもの。
わざわざ茨の道を歩く私は立派でしょう、ドロッポしませんよ、
私ってなんて凄いんでしょう、さあ皆私を見習いなさい、みたいな。w

新興宗教に似た、クソまじめの危うさを感じるね。貴様がまじめに語れば
語るほど、胡散臭くキモくきしょい。そろそろ面の皮晒せよ。
それとも天然か?天然なら、将来奴隷の可能性大だよ。つか間違いなし。w
一生勤務医やってろ馬鹿がw

186 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 00:18:46 ID:???
http://www.mhlw.go.jp/topics/medias/g-med/2005/01/14.html
医療機関種類別の諸率の伸び率(対前年同期比)

これを見ると、公立病院が一番割が悪い。個人病院で入院施設まであると
ウハウハ。まあ駆け込み寺個人版みたいなもんか。
大学病院が意外といいのがちょっとした感嘆。大学病院受診、紹介は
お金持ちのDQN家族も多いしね。検査もくまなくやるから、大学の収入は
増えるのだろうな。

公務員が最低。ほんとに終わってる。研究できてバイトもし放題の院生が
まだまし。ベッドフリーのご褒美期間もあるし。早く公務員辞めたい、、、

187 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 00:21:23 ID:???
http://www.mhlw.go.jp/topics/medias/g-med/2005/01/index.html
最近の医療費の動向 [概要]
平成17年1月号

207氏は、この情報をどう分析するのか。
さてさて、見ものだな。w 経済観念もないと、ボランティアでは
人生楽しくないよ?
所詮交代制など一部の民間でしかできないって。大学では結構
やってるけど、そこまでいかないし。完全交代制、救急以外は
無理だと思う。

188 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 00:25:21 ID:???
>入院医療費には食事療養分を含む。

これが問題。まずいまずいといいつつ長いこと税金使ってのさばる
爺婆の甘えが、医療費を医療制度を崩壊させつつある。
やつらの年金、介護保険、医療費を一括し管理する制度が必要。
そのために国民背番号制も必要だろう。

古い世代が全滅するまで、過渡期はしんどいなあ。だめなものはだめ、
とはっきりいえる人間が少ないと世界社会は発展せず、萎縮し衰退
していく。子供も育たない国に未来があるわけないじゃん、、、w

189 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 07:31:39 ID:7gt3o1e2
「研修医教育、小児救急を重点強化」★厚労省

若手医師を育てる臨床研修指定病院のうち、小児救急のカリキュラムがない施設が
約4割を占めることが、厚生労働省研究班の調査で分かった。

小児の救急患者は大人以上に容体が急変しやすい。
その実地訓練を受ける機会のない医師が多いままでは「小児救急医療の充実はおぼつかない」
との声が現場の病院長らからも寄せられている。
子どもの死因の上位を占める外傷ややけど、窒息などは経験する機会が少ない。
小児虐待を見抜く目を育てる上でも救急での経験は大切で、
「内科的な研修だけでは、子どもの重症度を総合的に判断する能力は身につきにくい」
と指摘する声がある。

小児救急の体制を充実させる動きは出ている。
国は09年度までに、全国を404に分けた小児救急医療圏すべてに、
夜間に一定の入院治療ができる受け皿をつくる目標を立てている。

http://www.asahi.com/health/news/TKY200506090332.html

190 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 11:53:35 ID:q6KQWzUQ
>>189
俺から言わせると、馬鹿たれの遠吠え。
まともに大人も診れない人間を、小児の救急が出来るようにするなんて馬鹿げてる。
それよりも、一般的な診療が出来る医師を作ると言うのが研修制度の大前提じゃなかったのか
オールマイティで外科も内科も小児科も産婦人科も精神科も救急も診れる人間を育てるプログラムなんだったら
研修期間を10年ぐらいにしたらどうだ?

191 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 11:56:42 ID:q6KQWzUQ
>>207
違法です。違法です。と言っても何の解決にもなりませんね。

192 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 16:58:06 ID:???
207くん、現代の法的常識欠落がばれてしまったようだね。
論理性をもって発言するものとしては、あるべからざることだ。w

また、
一般人でも理事は医師以外でオッケーって知ってるぞ。おいしいものを
知っている人は知っている、ただそれだけ。開業にはリスクも伴うしな。
情報不足、知識不足では論理性に欠け説得力に欠けるぞ。頑張って精進しろ。w

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/03/s0325-2.html
○ 医療法人の内部監査を充実するため、財務諸表の監査能力を有し、
かつ理事との親族関係等を持たない者の監事への登用を促進することが
必要である。また、一定規模以上の大規模医療法人については、公認会
計士又は監査法人による監査・指導を順次導入すべきである。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~crm02313/page008.html
医療法人の構成は
(1)役員 理事(原則3人以上、認可を受ければ、1人又は2人)と監事(1人以上)
常務理事
1)理事長を補佐し、常務を処理し、理事長に事故がある時は、その職務を
  代行する。
2)医師又は歯科医師以外でもよい。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/03/s0325-2.html
医療法人の理事長については、「医師又は歯科医師のうちから選出する。
ただし、都道府県知事の認可を受けた場合は、医師又は歯科医師でない者
も選出できる」旨が医療法に定められている。

193 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 17:05:26 ID:???
小児救急のカリキュラムどころか、小児救急そのものがない施設が
ほとんどだろ。

それぐらい冷遇されているのさ。救急すべて出来る方がいいし、
そういう施設も多い方がいいが、金にならんししんどいし人も
集まらないから小児救急が発展していない。

役人減らし、公共事業削減、医療費、社会保障費の統合効率化
がうまくいっていないから医療費も抑えようとするだけなんだよな、
政府は。効率化もいいが、郵貯の資金を市場に出し、役人減らして
金回りをよく予算を増やし、システムも改善し人も増やす、ってこと
ができないんだよなあ。厚生労働省様は。コメディカルも自由競争も
医療外で一部導入、っつっても全然進まない。医学部落ちたニート
が増える前にコメディカルなどになんとか道を作る気もない。

ほっといても増えるのだから、効率的に、というのは賛成だが、
医師負担医療者負担が大きいことが続き、事故が明るみに出ることが
続き医療の質の低下が続くおそれもあるのに、それを放置するなら、
それは政治の責任でもあるだろう。

194 :名無しさん@おだいじに:2005/06/14(火) 18:19:03 ID:q6KQWzUQ
老人には適正な死を
労働者とその家族(老人はのぞく)には今以上の医療保険を与えるべき


195 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/14(火) 20:46:36 ID:???
>>183
「一般内科医」(スペシャリティを持たないinternal medicine)のことを言います.
言葉足らずでしたら失礼しましたね.

>>184
私が違法だと記したのはあくまで「労基法に抵触する過労」についてですよ.
当直と称する夜勤ですとか,連続労働ですとか,時間外手当の過小評価ですとか,
「違法なものは違法」です.

にしてもなんで「お婆ちゃんの理事」に過敏に反応しているんでしょうね.
まあいいですけど.思う存分に
「やばければ病院に救急車で送ればいいだけだから、 その辺はリスクは少ない。w」な日々を送り
「こんな美味しい職、他にある?総理大臣ぐらいかな?w」の言葉の通り
日本医療のゆがみのうま味を吸って過ごしていただきたいと思います.

ところでこんな一対一の反論で十レス近くも使うの,自分で書いてて不毛じゃありませんか・・・



196 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/14(火) 20:55:17 ID:???
>>190
初期研修が目標とする「一般的な診療」の中に小児救急は入らないように思います.
どこまでを「小児救急」とするかの検討は必要でしょうが,厚労省が例示しているような
外傷や熱傷の処置というのは,「Advanced life support(PALS)」に属すると思われます.
そして米国の場合ではPALSは小児科医の資格であり全医師が施行できるものではありません.

まあどうせやるなら徹底的に,「専門家としての一般医」を養成すればいいのですよ.
家庭医ですとか総合診療をスペシャリティとして認可し,開業や一般外来を行う際には
診療報酬で加算する等の政策はありうるでしょう.
抵抗勢力が多そうですけれどね.

>>191
これまた痛いですが事実です.
ですができることから始めるのは,何もしないよりマシです.
まずは座学からだっていいでしょう.
そして最低限,いつ過労死してもいいように,日々の労働時間を記録してみませんか.


197 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/14(火) 21:00:19 ID:???
あ,PALSについて誤解なきように言えば,基本はやっぱり「Advanced」ですよ.
軽度の外傷や熱傷は含みませんね.

そして虐待は社会的に対策を考えなければいけないはずの重要な問題ですが
どうして医師,しかも末端の研修医にだけ適切な対応を強いられるというのでしょう?
「蒙古斑を虐待の痕と誤解されて医師に通報された」くらいの笑えない笑い話ができるくらいの
強い法的根拠がなければ,現場としても実行不可能なのですけれどね.


198 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 10:43:02 ID:???
違法は違法って、現段階では 合法 とされているんだよね。
全然軽い労働でないところが違法とはいえる。
でも2chで叫ぶよりは、公的機関にメールしないと。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/7844/work.htm
労働基準法は、当直(宿直・日直)の業務が見回りなど軽い仕事に限られる場合、
労基署の許可を得れば、使用者は〈1〉労使協定がなくても時間外労働をさせること
ができる〈2〉非常事態の対応などのために働いた場合を除き、時間外割増賃金(通
常の賃金の2割5分以上)の支払いが免除される――と定めている。医療機関であ
れば、病室の巡回や少数の患者の検温などを除き、睡眠を取っているのが、この規
定の許可条件になる。


199 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 10:47:26 ID:???
一般専門医を作る気もないし整備もされておらず、全部を勤務医が
専門から一般外来までやってる感じ。

政府の怠慢、病院のシステム、医師数、医療制度の問題。
それに声上げない勤務医が多いから、我慢しちゃうから
このままいってしまう。
どっちにしても人手が足りないから、その分かぶる人が出てくる。
2重3重苦の医師がずっと我慢している。

小児救急も、ミルクが飲めない、から高熱、心肺停止まで全部来る。
振り分けなんざなし。それが現実。

200 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 10:51:11 ID:???
小児科、民間には小児救急はあるね。
夜中まで当直させるのか、科や病院によって違うだろう。
学生のQOL重視して教育できない部分もあろうし。
やりたい奴はいくらでも出来る。

どこまでやるか選択性もないしな。

201 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 11:17:01 ID:xlBo+VWe
鼻水で夜間外来に来るからね。
国民の教育も大事

202 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 19:27:39 ID:???
>>198
だから違法なんじゃないかなあ。
ちなみにその軽い労働の具体的内容は、いわゆる寝当直レベルらしいよ。

>>201
コンビニ医療と真の救急を、もっと明確に分けた方がいい。お互いの幸せだと思う。


203 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 21:17:42 ID:???
医師の労働基準法を超えている、とさんざんお上に言っても、審議会では
適用除外があるから(今のところは)違法じゃない、って結論に達してたよ。w
確か。要するに奴隷はこき使おう、で一致。変えようとしていない姿勢が
あったと思う。どこか忘れた。許可されてるから、みたいな。
実質不眠不休なのにね。訴えないしさっさと帰ると上司が怒る公立病院は
本当に割が悪い。仕事の効率、オンオフのきっぱりしていない上司がいる病院は
辞めたほうがいい。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/04/s0425-6a.html
医師の宿日直勤務と労働基準法
平成17年4月
厚生労働省労働基準局監督課

http://hcoa.jp/medical/ho/rodo/
医師と労働基準法

204 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 21:25:53 ID:???
宣伝したい。いくら残っても何の役にならない、決まりもルールも
なく叩き起こされる、おかしいよ。睡眠は人間の欲望のひとつ。基本的人権侵害
極まりない。自治体の教育、政府の国民教育が悪いから、安く気軽に待たないですむ
救急にかかろうとしたり、軽症で慌てふためく若い母親がいて困る。眠れない。
外来も開業医に返さないし、昼間午前に来なかったりする。ひとえに教育が悪い
ためである。医師の人数も少ない。事故が起きて当たり前。

医師個人の責任じゃないよ。過労、システム、人手、お役人とアホ事務
の給与はいらない、減らしていいから人の命を守れ。

205 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 21:32:03 ID:???
医師個人の責任じゃないよ。過労、システム、人手を改善しろ。
意識改革を。

お役人とだめな事務の給与はいらない、減らしていいから人の命を守れ。
開業医にも一部夜勤を。夜間の救急医の養成を。電子化で効率的に。



206 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 00:07:31 ID:???
>>203
実務の世界では労基署は基本的にあなたの言うとおり問題ないと言います。
でも、うるさい組合なり弁護士を連れて労基署に行けばすぐに勧告出ますよ?

実際に裁判で研修医でさえ深夜の勤務も労働と認められた判決も最近出ましたが、
その辺をあなたはどう考えているのでしょうか?

あっ、自宅のTVから煙が・・・

207 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 04:57:51 ID:y68MzGxj
研修医は、9:00−17:00
土日はお休み
6か月で1週間の有給休暇
だったような

208 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 21:33:44 ID:???
え?手当て出るよ?もちろん時間外労働手当ても。

24時間+7時間勤務するほうがつらいし、眠れないほどアホほど来る救急患者
があるからたまらない訳よ。仕事終わってから外来待たずに来れるしな。
救急外来料金は宣伝して4−5倍にしなきゃ数は減らない。
当直事務が先にかかる夜間基本料金を言ってやるべきだ。

でもさ、金じゃねえの。来るときは数が莫大、過労で次の患者でミスる、
拘束時間が莫大で精神的疲労でミスる、心から休めないことが問題であって。
法で勝とうが、金が上がろうが、休みが増えなければ事故も減らない。
わかっててやっている医師と、病院と、政府自治体と、知らずにかかる
救急患者皆が悪い循環を作っている。

裁判遣り出したらきりがないし、勝ち目が1200%でも、その分
休む給与まで勝ち取れるとは限らない。お上に愚痴って役人を苛めて
病院をこき下ろしつつ我慢してやって逝っているのが多くの現状。
少なからず、科によったり、当直がない科では楽そうだよ。全く。w

209 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 21:39:08 ID:???
裁判に勝てるとわかっていても、それを始める金がない。w
わざわざ他人を益するだけのことを自分が損をしてやるわけがない
だろう?法的に明らかに勝っているなら、お上に言えば改善する
はず。たとえネットでも。

でも、夜中2時半にミルクの飲めない2週間が来るわ、3歳元気な
男の子が熱で来るわ。確かに月数回だけど、かったりーし明日は
あんまり寝てないで仕事だし。生活も不規則、救急センター別に
作るべきだってば。違法とか、金上げろ、そしてセシメタでは
世の中全体が変わらない。だからアホくさい2chと官邸にw
送りつけるので憂さ晴らし。もっとも効率的な金のかからない、
そして言いたいことは言う。
現行法で、違法じゃないのもホント。裁判で勝つのもホント。
時間がかかり、時代がついてきていないだけ。ネットでさらに早く
なっただけさ。思ってても発言しない人のほうがはるかに多いからな。




210 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 21:42:43 ID:???
こんなことは数年前から言われている。そんな簡単にお上が変わるわけがなかろう。
お役人は税金泥棒、首相はそのトップでクズだ!というほど快哉を
揚げることも他にない。俺たちの税金で喰ってやがるんだし飲んでる
んだから、しっかり働けボケ役人ども!というのは公僕に対する
権利であり義務である。w

2002 医師と労働基準法云々
http://homepage3.nifty.com/afcp/B408387254/C1969337537/E1310515832/

「夜間救急等の勤務は許可"宿日直"と認めがたいと厚労省が通知。」(全日本病院協会ニュース バックナンバー 2002.5.1)
「過酷な当直医厚労省が初の実態調査へ」(読売新聞記事の転載 @ Geocities CollegeLife-Cafe 2002.5.18)

今回の労基署の介入もそうした流れの中のものかもしれません。



211 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 21:46:23 ID:???
金イランから、仕事減らせ、というのは(一部の)医師では
常套文句。
それぐらい公的機関の医師は搾取されている。それを知らないで、
経済も仕事も仕組みも知らないで生きてきた医師が搾取され奴隷化
させられている。

それすら発言できず、有無を言わせず働かせられていた時代とは
違う。裁判だけが武器ではなく、訴訟だけがストレス発散wでは
なくなった。便所の落書きレベルでも、人は(少なくとも俺と
207はw)何かしら楽しみ何かしら期待しているように思う。


212 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 22:00:13 ID:???
基準法も実際には守ってくれないし、愚痴ってもウザガラレルだけの
いずれ開業医は、おとなしく黙って勤務医の代わりに愚痴ってやって
るだけだよ。w 俺が勤務医を辞める理由、みたいな感じで。w
勤務医のココが嫌、ココがおかしい日本人ならぬココがおかしい勤務医、
だよ。w

法的なことを言い出せば延々続く。まあ、ネットで覗いて読んで憂さば
らしにはなっても、インプットがあってもアウトプットがないと
人間ストレスがたまるものさ、、、DQN患者と同じ、、、w
当直も、皆嫌々に思いながら、引き受けているものさ、、、
患者の前ではいい顔しながら、、、
DQN家族の叱咤やウザイ注文など、もっとひどい目見てたりするからね、、、

労働基準法施行規則
http://www.city.omachi.nagano.jp/gappei/reiki_yasaka/data/houki/hen04/04000200.htm
〔宿日直勤務〕
第 二三条 使用者は、宿直又は日直の勤務で断続的な業務について
、様式第十号によつて、所轄労働基準監督署長の許可を受けた場合
は、これに従事する労働者を、法第三十二条の規定にかかわらず、
使用することができる。
http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%b8%fc%c0%b8%cf%ab%c6%af%be%ca+%b0%e5%bb%d5+%bd%c9%c6%fc%c4%be+%cf%ab%c6%af%b4%f0%bd%e0%cb%a1&fr=top
http://ha4.seikyou.ne.jp/home/yu-union/82kihatsu1128001.htm



213 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 22:00:59 ID:???
>>207
俺の書いた判決は研修医制度改正前の人の話。

そのときに病院側は研修医は労働者ではない&>>203の2段構えで争ったが
いずれも棄却。

誰か薄型TV買ってください・・・

214 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 22:10:05 ID:???
アガリクス「がんに有効」 健康食品会社社長を逮捕
みたいに、簡単に病気が治る、と詐欺に引っかかる愚民が絶えない
のも、医療が充分機能していない証拠。教育も学もないものが詐欺に
吸い取られ金も吸収される。

でも、医師が少なく医療関係者も少なく、事務や役人ばかり責任や
使命感なく、美味しい汁吸ってる職もないと思うぜ。拘束時間は
ともかく、疲労度が違う。事務なんかお役人なんか、人は死なないし
書類相手だし責任ははるか遠くだし。電子化で奴らは一掃できるし、
その分医師を増やすべきだ。仕事を減らすか、クソ赤字病院を潰して
いい人材で電子化、クリパス、救急高度化と専門施設。交代要員の
充実と老人医療の価値観を国民全体で変えていく作業も必要だ。
年だから、御高齢非生産年齢に枯れ木に水の医療費湯水に使うのは
どうか。支える現役世代が金を払うのはどうか。在宅で、家族で何処まで
みるか。お金尽きるまで医療を続けるか。先進医療はどこまでやるのか。
検査は、人間ドッグはどれくらいやるか。

くだらない書類仕事、非創造的な事務仕事は少し休めて、会社や
官庁、病院、市民が一緒に考える機会を作らないといけない。
タウンミーティングの病院、市民、行政一体版みたいなのを。



215 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 22:15:04 ID:???
確か、労働基準法規定外の要件で、たまに不眠不休の日があっても
それは許容される、という一文があった。w

確かに実際あるから、実際にあわせた法改正があったんだよ。
で、合法なんだよ。不眠不休の日があって、次の日が休みじゃなくて
勤務でも手術でも検査でも診察でも。それが「たま」で「まれ」な
ことであれば。そこは曖昧、不明確。w

だから合法。厚生労働省様、労働基準法様に逆らってはいけません。w


216 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 23:39:50 ID:???
>>215
何の根拠も無い、妄想だったのね。釣り乙。

217 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 23:47:41 ID:0up6kJc4
医療事故に巻き込まれて裁判になったら、必ず寝不足でしたと言いましょう

218 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 00:43:16 ID:???
>>216
それこそ妄言だって。
そこまでして自分の地位を自らおとしめてどーすんの?ほんと上の世代はわけわからん。

219 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 00:50:40 ID:???
あーあーうざいなあ 俺の記憶力に疑いの目を向ける輩がいるとはw
と釣られておくか。だからソースは大事だよー 情報力のない馬鹿ども
だから仕方がないか。w

http://www.khosp.or.jp/meguru/meguruindex.html
4/25 厚労省の「医師の需給に関する検討会」で労働基準局の監督官が
労基法上の宿日直勤務の取扱いについて説明。医療現場において、宿日
直勤務の許可基準が相当誤解されている現状を指摘したうえで、許可さ
れる勤務形態として、1)通常の勤務時間の拘束から完全に解放された
後のものであること、2)一般の宿直業務以外に、定時巡回、異常事態
の報告、少数の要注意患者の定時検脈、検温など特殊の措置を必要とし
ない軽度のまたは短時間の業務に限ること−であることとし、昼間と同
態様の労働が稀にあっても許可を取り消さないが、その時間については
、時間外労働に則って処理することを求めた。ただ、都道府県により
「稀」の解釈に差があるとの指摘に対しては、今後医政局と情報交換し
ながら対応を検討していく考えを示した。


220 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 00:54:45 ID:???
おまいらはソースもろくに見ていないようだな。
速読、行間を読むことも出来ない、真偽を見抜けないレベルでは
ネット情報社会は逝き抜けないぜ。w 前出してやったソースに
もろにあったが。w

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/04/s0425-6a.html
(4)  許可を得て宿直を行う場合に、(2)のカッコ内のような労働が

稀に

あっても許可を取り消さないが、その時間については労働基準法第
33条、第36条による時間外労働の手続を行い、同法第37条の
割増賃金を支払うこと。


おいおい稀ってなんだよ稀って、、、うそこけ馬鹿野郎、というわけだ。w
文章を理解し読める人間は、突っ込むところも同じ。


221 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 01:02:11 ID:???
個人的には、急患5人を超えれば一人頭1万ぐらい払っても罰は当たらん。
それぐらい医師不足だしな。でもそんなことすると病院が潰れるのでw
医師を増やすほうが早いのだがな。
急患の、救急の受診料金を上げるのが現実的で手っ取り早く、国民
にも積極的に休んで日中外来受診、かつ病院は割り増しを宣伝すれば
開業医や在宅、介護ケアにも回って救急は緩和される。

そうすれば、救急施設の増設を国民が要望。救急の需要が増え、
待遇も良くなる。

いずれにせよ、医師、医療費は増えるし増やさないと。抑制しても
増えるのだから、役人減らし、事務減らし、IT化、医師数増加、
交代制、看護師や在宅、ホームでの権限アップ、老人医療費アップ、
その他なにかしら総合的な視点で具体的な対策を、現場の医療者が
提示していかないとね。それが一番効率的、現実的、現場のニーズと
患者のニーズに近い。患者アンケートでもしろ、厚生労働省。
医師アンケートも義務化しろ、ネットなら一瞬。今時ネットで
繋がっていないレベルの規模の病院はあまりないぜ。w

222 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 01:05:56 ID:???
まあ、上記 稀 で言えば、病院によっても地域によっても違う。

なんか、最近事務の対応がまろやかになった。

でもそんなことでは

ご ま か さ れ な い

いい声のねーちゃん使っても、過労には反対する。
ま、そういっても少しはQOL高くはなるがな。w
でも裏ではうまく奴隷化計画が進んでいるだけなのだろうが。w


223 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/17(金) 01:09:43 ID:???
ええと,>>203のような解釈は率直に言えば誤りですね.熟読して頂ければわかるでしょう.
なにも勤務医自らがそんな恣意的な解釈をしなくてもいいのに.
でも>>203のリンクは実に役立つので,Wikiのリンクに張っておきます.ご紹介どうも.

>>206
その通りです.ただうるさい組合なんか伴わなくたって,
日々の労働時間を証明できるもの(日記や手帳のメモ程度でいいようです)があれば
単身で乗り込んでも十分です.

私見ですが,ストレート世代は医局の目があったゆえにおちおちそんな行動を取れなかった
(上が取らせなかった)と思いますよ.
ですがローテ世代にはしがらみがありません.労基署にかけこむとまではいかないでも,
その科に入局しない,あるいは後期研修で残らないという対策はとれますから.
「研修医の労働条件ばかり良い」のではありません.上級医の労働条件が悪すぎるだけです.
嫌なら戦えばいいのですよ.そんな上級医がいたら,私は共闘しますよ.

>>217
裁判で寝不足を証明する証拠が必要です.
逆に言えば,証明さえできればその言い訳はある程度通じると思われます.
そのためにも日々の労働時間(起床時間や睡眠時間も?)は記録しておくべきです.

224 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/17(金) 01:16:38 ID:???
>>220
ここでいう「稀」の解釈と違法か合法かという判断は,微妙に異なりますよ.
すなわち単なる法学的解釈というよりも,「過労死認定されるか」「国を訴えて勝てるか」と
いう実際的問題を想定したものと思われます.

すなわち,過労死認定は下りるはずです.
病院の責任は問われてもおかしくないです.
ですが「そのような医療体制を放置した」国・自治体の責任となると微妙です.

ようは「稀」うんぬんは,率直に言えば国の“責任逃れ”と推察します.


225 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 01:42:08 ID:???
つかさ、ここまで知ってる俺でも 通常業務と等しい、と自己申告表
に書けばもらえるなんて知らんかったもん。

他の奴らは知らないだけで搾取されてる。高額医療費でも搾取されている。
知らなくて申請しないものは。

保険屋、郵貯、役人、事務、その他もろもろ実働部隊でないものは、
俺は限りなく軽蔑するな。能力として、ついている職として。
まあ、そのレベルなんだろうけど、それに使われるw現実が一番
頭にくる。だから開業。若い者が開業志向も当たり前。その方が

楽で 儲かる しかも 好きなことできて 人のためになる

からさ。明確。奴隷にもパンとサーカスを渡さないと、医療が崩壊
する危機を感じて、お役人が少し動いただけ。少しの餌で満足する
勤務猿が結構いるから、餌を出し惜しみされてるだけってことに早く気づけよ。

ああ、今日は少ないな。こういう日に限って朝方ヤバ目が来るんだよなあ。
一度起こされると寝つけんし。あーやだやだ 奴隷は早く脱したい、、、

226 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 01:46:54 ID:???


は、あとから付けたしだぜ。きっと。w
訴訟になれば実態と違う 法 が攻撃され、
間違いなく訴訟があれば自治体側が敗訴、

医療制度崩壊

だからさ。 あんなのごまかしというか奴らの自衛だよ。
バレバレじゃないか。汚い小細工でごまかしている、それが
政府、法、自治体、役人、事務その他もろもろの現実の姿だって
ことは、わかる奴にはわかる。だから税金取立人は馬鹿にされる。

クソ役人、おまいらの食い扶持は俺らが払っているんだぞ!==#

とな。役人減らせ。早く減らせ。今すぐ減らせ。俺の当直が終わる前に
減らせ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ーー#

227 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 07:13:55 ID:Vm1OiMpN
裁判で被告になったら、自分で「事故当日は3日寝てませんでした」と言う自由はあるでしょう

228 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 08:13:32 ID:v51P/mYj
>>227
それを証明できるものがあれば。
判例だと、メモとかでも十分らしい。
多くの医師の場合、タイムカードすらないわけで、それを自分でつけないといけない。

過労死のためだけでなく、医療訴訟からも自分を守らないといけない。


229 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 10:07:19 ID:???
>>218-219
何も分かってないのね。

最高裁の判決>>>厚生労働省
なんだが。
審議会の答申なんて法律の条文に入ってないんだから法的には何の意味も持たない。
国会決議ですら法的には相手にされないのに何を言ってるんだか。

最高裁の判決を無視できるあなたの情報力を持って、最高裁の判決を無視する方法を
教えてくださいな。>>219

230 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 20:28:42 ID:???
え?
労働基準法第41条 に、       稀な       32時間労働は
オッケーってあるよ。

人の資料ぐらい読め情報なさ杉バカ。w

231 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 20:33:53 ID:???
最高裁の判決>>>厚生労働省 >>>>>>>>>下々の勤務医。

だから、勤務医は遥か彼方の他人事の最高裁判決なんかには救われない。

2chの落書きによってしか癒されない。w

なんだかよくわからないが、こんなものがヒットした。
探せばなんでもあるって。w アカヒだの、団体交渉だの。
そんな高尚なことには関わりを持たず、口承で厚相を哄笑
する方が面白いぞ。謎

最高裁の判決 無視する 方法
http://www1.odn.ne.jp/~minpororen-kinki/abe/page003.html
就労にかかわる諸条件」について、職場環境などのことしか捉えず、最高裁判決を無視
する姿勢をとり続けているのです。

232 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 20:36:47 ID:???
以下 アカヒ放送でも最高裁判決を無視することができるのに、
我々に出来ぬはずがなかろう。もちろん、我々の雇用者も、
 稀 を悪用して労働基準法第41条を無視し続けているわけで、
それで我々は搾取されているわけ。わかるか?
無視するというのは、恋愛でも政治でも、最強のカードだ。
対岸の火事我関せず、勤務医の過労開業医関せず、ってやつだよ。w


しかし朝日放送は、27日の団交でも最高裁判決は、中労委命令の
確定に過ぎず、「就労にかかわる諸条件」について、職場環境など
のことしか捉えず、最高裁判決を無視する姿勢をとり続けているの
です。


233 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 20:41:10 ID:???
病院の経営者は、「医療スタッフ」の労働条件の改善どころか、
憲法で保障されている団結する余裕すら認めていないのが実情です。

病院理事と事務は、「就労にかかわる諸条件については、中労委命令
、最高裁で決定した団交議題だが、医療は就労にかかわる諸条件では
ないので、議題ではないし、拒否しても、団交拒否ではない。
地労委でも地裁にでも行けばいい。団交議題でないものをこれ以上、
持ってこないで下さい。」などと、最高裁判決を狭い範囲に限定し、
医師不足争議は、医師が奴隷であることそのものが、まさに触れられぬ
暗黙の議題であり、棟内最低賃金の要求、棟内すべての関連医療者への
施策についても、触れられない自衛議題であると主張しました。

234 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 20:44:46 ID:???
ねむい。

当直であまり呼ばれなくても、32時間一応いつでも勤務体制はきつい。

事務なんか雇うな。カルテは電子化。老人医療費は増大。
役人は税金を返してホームレスしろ。

235 :part10-803 ◆Ys1C8wIJbc :2005/06/17(金) 22:34:40 ID:???
来れなくなるかも知れないので一応トリップを付けときます。

>>231
天然なのか。相手をするのが疲れるな。

個別の企業はそういうことは言えますな。また、裁判をすればいいのだから。

だが、厚生労働省はもし判決で法令違反と言われたら法令を変えないといけない。
通常は通達を出して変える。今回もおまえさんが貼り付けたリンクにあるとおり15年の年末に通達を
出してるよな。
でだ。おまいさんの主張どおりだとすると、32時間勤務している人達は(2)に含まれる時間には
きちんと残業代を支払わないといけないんだが、おまいさんの病院ではきちんと支払っているのかい?
もちろんきちんと国の指導どおりにタイムカードを付けてな。

今は労基署は36協定の届けを受け付けるときには月の残業の上限が100時間を越えるとほとんど許可
しないんだが、32時間連続勤務だと24時間の残業だろ?
ってことは32時間の連続勤務が月に4日あれば他の日は定時で帰れる。
激務でのた打ち回っている医師は喜ぶぞ。

もし、俺の言っていることが間違いだと言うのなら厚生労働省の担当課に問い合わせたら?
労働省当時と同じ部課構成なら労働時間課って部署があるはずだからそこに電話を回してもらって
待機とみなされる当直かそれとも夜勤業務か聞いてみなよ。笑われるからw

236 :名無しさん@おだいじに:2005/06/19(日) 19:41:05 ID:???
社会保障給付費 医療費の抑制明確化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050617-00000000-san-pol

医療引き締め、弱者排除が始まった。
まあ、80−90の爺さんに運百万円つぎ込むことはないわな。
老人は死にいく。金のあるものだけが移植、延命されていい。
お金が払えない場合、加療中止もこちらから言い渡したい。

でもそうはできないんだよね。

237 :名無しさん@おだいじに:2005/06/19(日) 19:46:31 ID:???
裁判していちいち請求するよりも、労働時間書き込みで数十万請求すれば
それで済むしね。いくらでも勤務医でも請求できる。でも、限度もあるが。

わざわざ首をかけてまで裁判して名を晒す間でもなく、金には困らない。
労働が多すぎるだけ。いちいち訴訟してれば患者はどんどん死ぬ。
だから労働基準局にメール、厚生労働省と首相官邸にメール、積極的に
土日は休養しているわけ。しわ寄せが逝けば逝くほど、労働問題に一物
持つ人物が増え、批判と不満が爆発してくれるから、そっちの方が望ましい。

仕事は少なく、金は多く。現実に開業医はそう。病院外来やっても儲からない。
でも、窓口では開業医にかかったほうが医療費、実質負担は大きい。
一重に開業医の政治力のなせる業。w 勤務医はへぼすぎる。当然奴隷。
ぎゃはは 裁判して、首かねて少ない金をせしめて批判され非難される。
本当に碌な商売じゃないよ、公務員というものは。==#

238 :名無しさん@おだいじに:2005/06/19(日) 19:53:10 ID:???
夜間はあかん。  [医者の常識、世間の非常識]  
いきなりの関西弁で失礼します。。。
以前の 時間外には要注意http://blog.so-net.ne.jp/Herr-Doktor/2005-02-25-4
とかぶる部分もありますが、夜間診療について一言。
前回は判りやすいところからと医療費の面から言及しましたが、
今回は当直とはなにか、という部分から示します。
夜間の時間外診療には問題点が多く、非常に不安定な医療事情から、
医療事故の発生や医者の過労死という大きな問題が表面化してきて
います。
それに関して厚生労働省が本腰をあげ始めました。
当直月10回など過酷勤務、500救急病院にメス
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20040527so11.htm
夜間救急等の勤務は許可"宿日直"と認めがたい
http://www.ajha.or.jp/topnews/backnumber/2002/02_05_01_3.htm
以下抜粋。
『過労死にいたるような過剰労働は、医師の健康保全だけでなく、
医療過誤の可能性を排除する面からもちろん改善されるべきこと
です。ただし、通知文書で問題と思われることは、夜間・休日など
に当直医が行なう救急医療がすべて「断続的労働である宿日直勤務」
に反しており、許可の見直し・取り消しの対象となりえると受け取れ
ることです。』

239 :名無しさん@おだいじに:2005/06/19(日) 19:57:56 ID:???
医師を増やさないなら、医師の宿日直の給与増大を
ご意見・ご要望 :
医師の救急が過労です。ミスも起こりえます。
医師を増やさず、勤務医、中核病院に過剰な労働を強いて医療レベルを下げる
前に、医師増加、もしくは看護師コメディカル権限拡大、老人医療費負担増、
医師負担軽減策を早急に打ち出すべきです。
その程度の改革も出来ずに何が改革内閣なのでしょうか。
歌舞伎町で飲む暇があるなら、少しでも労働基準法改正、病院指導を強化、
悪徳赤字病院を潰しなさい。役人のために医師は奉仕しているのではない。

240 :名無しさん@おだいじに:2005/06/19(日) 20:11:11 ID:???
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%80%80%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%80%80%E9%81%8E%E5%8A%B4%E3%80%80%E5%AE%BF%E6%97%A5%E7%9B%B4&lr=
医師 過労 宿日直 の検索結果 約 257 件

飲んでばかりいないで、これぐらいのことは知っておけ。
仮にも役人なら、医療のあるべき姿、有能な人材、そして賢い国民を
育てよ。貴様らがしっかり教育できないため、愚民が救急をコンビニ感覚で
利用している。当直事務のレベルの低さにも驚く。公務員、市民病院で特に酷い。

軽症は救急受診せず、様子を見れる教育を。そうでなければ、医師がまた過労死する
日が来るだろう。その日を手を拱いて待っているのが、首相の仕事だろうか?

241 :名無しさん@おだいじに:2005/06/20(月) 05:49:15 ID:???
最もあるべき姿は、かかりつけ医、一次救急、二次救急、三次救急の
施設を各都道府県、人口比率と高齢化指数、若年年齢指数から均等に
配置し、外来診療費用を開業医は安く膨大な量を、病院、入院施設の
ある外来は専門外来、人間ドッグ、手術や放射線療法を含めた加療、
PETや陽子線治療を重点的に保険点数を上げればいい。

病院の外来は、開業医より高額にすべき。開業医は若い医者も少なくなり、
認定医や専門医がなければ診療報酬が低いほうがいい。
新しい知見、症例、医者がたくさんいる病院では外来は高額であるべき。
そうすれば赤字補填のため病院が外来を増やし逆に開業医が患者が減る
という矛盾も生じる。しかし、国民が病院の外来は高額で待ち時間が長く
短い時間でしか診察してもらえない、という現実を知れば、病院外来が
高額なら客足は減るだろう。

そういう教育、周知徹底、公報が充分なされておらず、プランも目標も
現場の意図を汲んだ施策も行われていない。役人は何をして遊んでいるのか
と思う。

242 :名無しさん@おだいじに:2005/06/20(月) 05:55:12 ID:???
保険制度、がん保険、民間の保険も出てきている中、国民皆保険
維持のために高額医療についての教育、知見を広め、不安を
一掃することも政治の責任だ。ホスピス病棟のある病院は点数を
上げるべきであり、いい最新の加療が出来る病院、施設には充分
配分をすべき。

新しい、効く薬、いい治療を追い求め、広く普遍的にどこでも
同じ加療が出来る、それこそが日本の皆保険が求める像であり、
それが十分出来ない赤字病院は統合し医師の偏りを無くす方向で、
小児科産婦人科救急麻酔に充分な配分もすべき。

政治が滞っているために、法が整備されておらず制度もしっかり
しないためにいい医療が普及しないことは、医療関係者のみならず
第一に患者国民のためにならない。その推進を手早く出来ない政府は
無能としか言いようがない。

243 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 04:43:53 ID:???
http://2ch.pop.tc/log/05/06/20/0306/
過去スレのhtml化

244 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 13:55:40 ID:fzg7H7kE
>>242
偉そうな事言ってるけど、机上の空論
さっさと70以上は無保険にして、寝たきり老人には愛の死を
医療の集中化をはかって、医療過疎に住んでいる人間はそれを甘受して生活すべし
後は、安楽死の法制化ぐらいでかなり医療費は削減出来る。

245 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 17:11:04 ID:Sig9u5Ls
研修医教える指導医も2割うつ状態 仕事量がストレスに
2005年06月21日16時42分

 病院で研修医を教える指導医の2割が「うつ状態」に陥っていることが、臨床研修での研修医のストレスを調べている文部科学省の研究班(研究責任者=前野哲博・筑波大助教授)の調査でわかった。
同研究班の調査では、研修医の4人に1人がうつ状態に陥っていることがすでに明らかになっている。指導医が研修医に与える影響は大きく、研究班は「病院は指導医が余裕を持って気持ちよく指導できる態勢を整えるべきだ」としている。

246 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 17:19:15 ID:aPk9+CQj

「医師臨床研修、5〜7年に拡大を」★厚生労働省研究班

医師の育成は、国家試験合格後2年間の臨床研修が必修になり、来春、初の修了者が誕生する。
だが、その後に専門性を高める後期研修は、まだ制度化されていない。

厚生労働省の研究班(主任研究者=長谷川慧重・医療研修推進財団常務理事)の作成した報告書では、
「後期研修は専門領域の基礎的な研修を行う期間」と位置付け、
期間は進む科により3〜5年間が適当とした。
初期臨床研修と併せると、研修期間は5〜7年間にもなる。

http://www.asahi.com/health/news/TKY200506180246.html


247 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 21:12:07 ID:+0H8WRfo
政府の馬鹿たれの糞プラン
勝手にしやがれって感じ<医師臨床研修を5〜7年
そんなにしたければ、国家公務員にしてお前らが全部指導しろ

248 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 21:20:01 ID:DHv51elc
>>246
こんな横暴、誰かが訴訟をおこして止めねばなるまい。
今の初期臨床研修にしても在学中に降ってわいた話で
入学以前には一言も聞いたことがなかった。
誰も言わないけど、法的には許されるんでしょうか。

249 :名無しさん@おだいじに:2005/06/21(火) 21:41:52 ID:fjgCTQpG
>>246
そういう案を聞いただけで疲れるね。猛烈に疲れる。
自殺者が出るだろね。

250 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/21(火) 22:35:30 ID:???
>>247
私はむしろ「4割も後期研修制度を作ってるんだ」とすら思ったのですけどね.
この件について,厚労省は必死のようですね.
要は思ったほど「大学離れ」が進まなかったからでしょう.それだけです.

>>235
その見解で正しいと思います.まあタイムカードがない時点でおかしいのですが.

>>249
制度的な話をすると,医学部で得られるものは「医師国試受験資格」であって,
卒業段階で得られるものは変わっていません.
まして研修が義務でなく,保険医資格も得られるわけで,現段階の制度では
法的にはぎりぎりセーフではないかと思われます.

251 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/21(火) 22:47:32 ID:???
>>209
>法的に明らかに勝っているなら、お上に言えば改善するはず
本気ですか?それとも諦観からの消極的選択ですか?
本気ならあまりにナイーブです.
「法的に誤っている」のと「法的に問題にされる」のは異なりますよ.
まして国にしてみれば現状の方が都合がいいわけです.

彼らにとって「法的に誤っている」ことは変える理由となりません.
「法的に問題にされ」ない限り変わりません.


252 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/21(火) 22:55:51 ID:???
小笠原・母島の歯科医死去、遺族が「過労死」で労災申請
ttp://www.asahi.com/national/update/0621/TKY200506210294.html

>東京都小笠原村の母島診療所で勤務していた歯科医師(当時51)が急死したのは
>「過労死」だとして、遺族は21日、東京労働局に遺族補償年金などを求める労災
>申請をした。

前からQOMLデータベースでも,へき地勤務が嫌われる理由の一つとして
「交代者がいないことによる過労」を挙げていました.まさにその好例です.
へき地医師の反乱,となるでしょうか.今後に注目です.

無論「メモでいいから労働時間を残す」ことは必須ですね.

253 :名無しさん@おだいじに:2005/06/22(水) 04:17:37 ID:nDuyIXqO
大学離れが進まなかったと言う事なのかな。
それだったら、今後の医師不足にも拍車がかかるし楽しい事になりそうですね。
大学も学生教育を止めて、普通の病院にした方が楽で良い

254 :名無しさん@おだいじに:2005/06/22(水) 06:24:42 ID:???
うっさいなーもー 32時間労働なのは救急記録に残ってるから、待機だろうが
なんだろうが労働には変わりなし。請求すれば金は出るよ。

金の問題じゃないっていってるだろーが。w 金だしゃいいってもんでもない。
次の日も連続勤務で昨日はクタクタだったぜ。ホンマ勘弁してほしいわ。
主治医方針が一応通るwから、検査が後手後手になってもやっぱ仕方がなく、
患者不利益が出ているのに時間的肉体的精神的に持たないからできない
んだよな。それをお上に言ってもなかなかかわらないけど、少しづつ効果は
でてきそう。病院や看護婦、上司とくだらない争いで時間を費やすより
よほど効果的。w


255 :名無しさん@おだいじに:2005/06/22(水) 06:33:07 ID:???
例えば、待機にしようと思えばCTや採血せずに薬だけだして返す、
という方法もある。でも結局それは自分の身を危うくすることでもあり、
いちいち検査を出す。
しっかり見ようとすればするほど時間がかかるのは外来と同じ。

金要らないから拒否したい、のをいつも我慢して診ている、そのうち
拒否らない奴隷と化す。

それまでが苦痛なだけだw 慣れれば奴隷もそれが当然と思い、
生理学的にも快楽を得る方向で思考も脳も働くことは神経生理学
的にも証明されそうだ。
「損して得取れ」の脳機能を解明=中心核神経が関与

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050617-00000012-jij-pol

256 :名無しさん@おだいじに:2005/06/22(水) 06:36:07 ID:???
>法的に明らかに勝っているなら、お上に言えば改善する

ああ変わるさ。警察だってメールすれば警視庁の刑事さんとも実際に
会えるし、俺は会った事あるよ。
俺が送ったムカつきクズメールも、厚生労働省の方針、末端には
届いており、少なくとも2chで法改正を願う他力本願のWiki
馬鹿よりは遥かにマシだと思っているw

便所の落書きで我慢できる低レベルと一緒にしないでくれよ、、、

257 :名無しさん@おだいじに:2005/06/22(水) 17:21:01 ID:???
>>246
卒後5〜7年間、給料30万に抑えられるということ??

258 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/22(水) 18:40:16 ID:???
当直前にちょっとだけ.
>>253
>大学も学生教育を止めて、普通の病院にした方が楽で良い
というよりは「大学病院的な臨床」をやめさせたいのでしょうね,厚労省は.
まあいずれにせよ地方の大学に人が残らない現状を変えない限り,へき地の医師不足は
絶対に改善しません.

>>257
大学病院で無給医員,ないしは月18万の非常勤扱いになるよりはマシなのではないでしょうか.
まあバイト漬けの過労でも高給を選ぶというのなら話は別ですけれど.

259 :207 ◆dfzDYUxEjs :2005/06/22(水) 18:47:13 ID:???
>>254
そもそも「刑事さんに会える」というくだりと「変えられる」という確信との
齟齬があまりに楽しいのですが,人を煽る余裕はないのでやめます.

ええと,甘いです.

請求した時点で36協定の枠を超えていれば労基署に問題視されますので,
それ以上は請求されないように病院上層部はしているはずです.当然支払われません.
それに32時間連続勤務についてですが,一部の病院では届け出上「夜勤後の翌日は休み」という
扱いにして(休んだことにして)いるようです.

>金だしゃいいってもんでもない。
そう,金の問題じゃないんですよ.労働時間の問題です.
繰り返しますが,月100時間以上の時間外労働は過労死のリスクファクターです.
ちなみに小児科の平均残業時間は週74時間(月ではないです),内科は週62時間だそうです.

いずれにせよ自分の身は自分で守らなければなりません.
一番手っ取り早いのは,大学医局ではなく自分で自分を守ってくれる病院を探してマッチしてしまうこと.
そして最低限誰でもできるのは,自分で日々労働時間のメモをつけることですよ.
ローコストですし誰にも迷惑をかけません.


260 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 00:29:24 ID:???
>地方の大学に人が残らない
だいたい地方に魅力がないし、金もない。地方自治体の努力が足りない。
仕事が多く給料が少なく寂れた町、ボランティアしか逝かなくなるな。
高遠レベルの。w

>それ以上は請求されないように病院上層部はしているはずです
請求していないしな。遠慮して。w そんなのいちいち書く気力すら
ない。マックスせしめようとなんて思ってないってばw 仕事減らせって
いってるのだよ。w

>自分を守ってくれる病院
すなわち、医者が多い金も多い都市部。

地方が寂れるのは、医者が少ない、仕事がきつい、遊び場もない
云々複合的要素がある。厚生労働省と自治体の地方活性化の無策ぶり
が伺える。そういう無策なところだと、出向けば喜ばれるだろうね。
それが生きがいのボランティアを引っ張ってくるか、若いうちから奨学金で
青田刈り。地元の魅力って、済んでみないとわからないし生活のリズムも
違う。QOLには大問題。教授人事で憂き目を見た時代が過ぎ、若い医師が
逝きたい病院と地方か都市かを選べるならばいいことだろう。
医師の需要、重要性、都市部の過密過剰、偏在がますます浮き彫りに
なってくる。医師医業という産業が、このIT時代にであってもますます
重要視され、先進国並みの予算が組まれることを期待する。



261 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 00:35:07 ID:???
でもねえ、ネットのメールや掲示板、情報はまぢで犯罪にも現実にも
簡単に結びつくよ。実生活に影響が出るのは時間がかかっても、明らかに
上からの圧力、国家権力を間接的に匿名で手軽にいつでもフランクに
かけられるのはネットならでは。
個人でも発信できる、何かを変えられうるというのは便所の落書きと
正式な投書もあまり変わらない、って感じだよ。w
トイレットペーパーも最高級和紙も、同じ紙みたいなもん。
どこで何を書いても同じ。内容によるだけ。
便所の落書きでも秀逸なものがあれば、清書してもクソな書もある
わけ。謎 Wikiなんていい典型w

262 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 00:49:53 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050621-00000144-mailo-l06
この程度で病院に来なくていいと怒られた
県の医療安全相談:医師ら従事者への苦情、7割占める−−1年間で
302件 /山形
◇昨年4月から1年間で302件−−相談者年齢、50〜60歳代で
半数

医者はいつも笑顔でいないと悪者


263 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 00:53:14 ID:???
メシマコブでも家宅捜索 健康食品の違法広告事件

患者は希望を与えてくれる医者を期待しているのに、邪魔しているのは
事務(作業)とお役人、社会保険庁と年金、介護保険に寄生する役人
と事務。

ああ、医者が1人でも2人でも増えてくれたら。

264 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 00:58:08 ID:???
<小児科>救急診療病院の4割は医師1〜2人

医師も、パイロットなどと同様に理性的な判断を要求されるため
疲労は禁物。良質の時間外診療を続けるには最低7人の医師が必要だ

これだけ叫んでも動かない国の子供は、不幸だね。
新生児死亡率が下がっても、維持は大変だということだ。

265 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 01:01:06 ID:???
地方勤務を給与に反映 医師の偏在解消で報告書

厚生労働省の「医師の需給に関する検討会」は13日、地方勤務の
経験を人事、給与面に反映させることなどを柱とする中間報告書案を
まとめた。

報告書案は(1)医師不足に悩む大学病院が地方派遣の医師を引き揚
げる(2)救急医療など過重労働の診療分野の勤務医が減少している
−−ことなどを指摘。
 その上で、医師の地方勤務を評価する必要性を挙げたほか、拠点病
院からの医師の派遣といった支援態勢の強化、医師が不足している診
療科の報酬引き上げ、自治医大の都道府県の定員枠見直しなどを求め
ている。


266 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 01:02:27 ID:kJnaIbnY
久しぶりにでかい祭りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
クレ満っていう、日頃から痛い固定が重複スレになると知ってて立ててしまい
凄い叩きにあっています。必見ですwwwwwwww
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1119450533/

267 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 01:04:14 ID:???
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/05/s0519-5a.html
医師の需給に関する検討会
中間報告書 骨子案 (これまでの各委員の意見から)

ちゃんとヤフーですらこの程度の情報は入る。
お上に物を言っても変わらない、と思っている207系軽量級
病院に文句言うやつはそれで逝けやw



268 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 04:53:07 ID:???
<小児科>救急診療病院の4割は医師1〜2人

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050622-00000019-mai-soci

269 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 07:32:03 ID:???
>>259
やっぱり大学に残るのは負け組ってことでFAなの?

270 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 22:03:09 ID:???
負けか勝ちかは本人が決める

奴隷か否かは本人が決めるのと同じw

研究も、ゆくゆく開業ならキャリアとして楽しいよ、きっと。
電子版に論文が載った日には、、、w

271 :part10-803 ◆Ys1C8wIJbc :2005/06/23(木) 22:27:04 ID:???
>>254
やはり天然か。

>うっさいなーもー 32時間労働なのは救急記録に残ってるから、待機だろうが
>なんだろうが労働には変わりなし。請求すれば金は出るよ。

全然違う。請求すれば、では無い。請求しないでも支払わないといけない。
それに過労への配慮義務があるから一定量の残業をしたらそれ以上残業を
させたらいけない。
これは職場への入室や仕事の持ち帰りをさせた病院側に責任がある。

ついでに言うけど2chでぼやいているだけじゃ制度はほとんど変わらないのは
認めるけど、あなたみたいに法律の前提の無い人が官邸に意見を送っても
厚労省からの出向秘書官に握りつぶされて終わりだと思われ。

272 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 22:34:43 ID:???
>>269
そんなこと言うまでもない。
普通に考えれば、不毛な雑用に身をやつして退職金ももらえないドサ回りをするのは
自分で思わなくても世間的には奴隷というんだよ。
ここは医学生もいるだろうから、マッチングの時にはよく考えようね。

273 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 23:17:33 ID:???
とは言うものの、もうすぐ行われる東大病院後期研修プログラム説明会には
たくさんロンダ奴隷志願者が集まるんだよ。放っておいてもね。
旧帝クラスの有力大学の医局の力はこれからも健在かな。
あ、痴呆医大医局は、どうなるか知らん。誰も興味なし。

274 :名無しさん@おだいじに:2005/06/23(木) 23:47:12 ID:hOQxb13o
>>262
子供が熱を出して・・・
症状がそれだけだったら、翌日受診で十分
医師の接遇・・接待業じゃないんだから、と言う考えに1票

275 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 05:36:12 ID:???
>請求しないでも支払わないといけない。

アホか。時間外労働は、自己申告しなきゃ出ないに決まってるだろ。w
ホントに社会人か?w 厨房並みだナー

>握りつぶされて終わりだと
ここを見ろ。w おまえホントリンク先見てねえな。w
俺、送った意見は此処で保存してあるから。

俺が送ってなくても誰かは意見しているわけで、それに対応しなければ
役人の職務をしっかりしていない=違法行為、裁判で勝つ材料w

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/06/s0613-6a.html
4.  今後の検討課題
  ・ 労働法規の遵守の影響
 夜間の当直の後も通常どおり勤務しなければならないなど、医師の重労働
の実態については多くの指摘があった。このような医師の献身的労働によっ
て現場の医療が支えられていたことは事実であるが、医師も労働者である
以上、労働法規を逸脱した労働形態は改められなければならない。一方で、
労働法規を遵守することが医療提供の在り方にどのような影響を及ぼすのか
、検証していく必要がある。

医療提供体制と医師需給

なお、この課題の解決には、小児救急、救急医療、麻酔科、産婦人科など
特定の診療科・部門の集約化も必要であるとの意見があった。

276 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 05:41:54 ID:???
>過労への配慮義務があるから
そんなもん配慮してくれるわけがなかろう。w
どんどん溜まっていくサマリー、そして自分の好きなときに
休日潰して書類。

電子化しないからこういうことになるし、事務もアホ。
そこまで求めるのが無理、というのもあるが。やっぱ
事務減らし、IT化、医者増やして役人減らす、過労を
減らさなきゃミスも減らないし下らない書類も減らない。
2chで語るより行政に要求するほうが改善の可能性は遥かに高い。

・ 医療関連職種等との連携
 医師とその他の医療関連職種等の者が、それぞれの専門性を発揮
しつつ、協力して医療にあたることは、医師の負担を軽減しつつ、
医師の業務の効率化や患者が受ける医療の質の向上につながると考
えられる。


277 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 05:46:19 ID:???
>医師の接遇・・接待業じゃないんだから

医者はもうサービス業だよ。そっちの方が割り切っていい。
開業でもサービスに徹することが要求される。
だから時間外請求も当然するし、役所はそれをいちいち
自己申告を求め証拠を求め書類を求め払いたがらない。
事務、役人どもは医療に寄生しているに過ぎない。
ホント使えない奴らなんだよ。−−#

278 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 05:48:59 ID:???
さんざん意見してやったしな。だいたい国民愚民は健康、幸せ、
いい医療というものに無関心すぎる。病気になってから文句言い出す
だけだしな。w だから医師の我々がお役人と事務どもに文句言う
のじゃないか。ああいらつくよ、救急の処方も院内でさっと通らない
病院なんて。w

病院における医師の不足感、地域や診療科における医師の偏在など、
医師の需給に関し早急に対応策を講じる必要がある課題が指摘されて
いるところである。これらの課題については、最終報告書を待たずに
、中間報告として取りまとめ、国民的な議論に付することが適当と考
えた。


279 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 07:12:57 ID:GX3XPGFn
開業医は接客業に徹すれば良い。
でも、勤務医(特に病院に土着ではない奴)はもっと患者に厳しくあるべきでしょう。
高次病院は、安易に直接受診する患者に対してはさらに厳しく接するべき。
甘やかすから、大して値段が変わらない高次病院に簡単に受診する。

161 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)