2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゆとり教育・学力低下総合スレ

1 ::2005/03/26(土) 11:58:30 ID:SXcDi08q
「ゆとりと充実」を合い言葉に、学習内容や授業時数を減らし、
暗記をさせない方向に進めてきたゆとり教育。
その集大成とも言える2002年から実施された指導要領。

この流れと同時に巻き起こった学力低下問題。

現状を語り、持論を語り、展望を語りましょう。

2 ::2005/03/26(土) 12:00:36 ID:SXcDi08q
過去スレ
文科省【学力低下で何が問題Part3】ハイタッチ?
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1103732620/
【狂死の】 学力低下で何 が問題PART2【怠慢?】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1101335786/
▲▼ 学力低下で何 が問題?▼▲
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1060180493/
学力低下で何が問題?ペーパーテストにこだわるの?
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1106573156/
学力低下で何が問題?いらない科目はどれ?
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1108808296/

3 ::2005/03/26(土) 12:07:11 ID:SXcDi08q
過去スレを斜め読みすると、キーワードとして
「総合的な学習の時間」
「学校週5日制」
「フィンランドの教育」
「階層化社会」
「暗記暗唱の必要性と弊害」
「百ます計算」
「PISA」
「大学入試システム」
なんかがあるようです。

4 :実習生さん:2005/03/26(土) 12:08:46 ID:5gCOKwPh
age



5 :null?null?:2005/03/26(土) 13:03:56 ID:PGGYPY+l
>>1
otukare
へたに解り難い副題がついているより、シンプルでわかりやすい板タイトルだとおもいました。
part1から一貫して、「学力低下で何が問題」というタイトルがついていますので、
「学力低下」という文言は今後も外すべきではないと思います。
前スレの
986の白痴さんの投稿
---------------------------------------------------------------
ってか、最低限の学力がついていないのは子どものせいではないだろ
むしろ教える側、すなわち狂死の責任。
原級留置になったら狂死が罰金くらいの結果責任をとらせなキャダメだ。
それを子どものせいにするなんて話にならん。
とてもプロの言うことではない
----------------------------------------------------------------
ほかにも、私の企業の品質管理を現在の学校の指導に例えたレス関しても、
「材料にばらつきがあるのだから、。。。」
「境界線児が普通学級に入っているのが問題」
という御意見も頂きました。
 境界線児の件はよくわからないので、ひとまず置いときますが、「材料にばらつきがある」
という件に関しては、教える側の影響が大きいのではないでしょうか?
 白痴さんの意見に賛同いたします。
 例えば、中学入学時点で分数の四則計算の出来る子と出来ない子が何故出てきたのか?
と考えれば、それはその子の小学校時代の学習に起因するものが大きいように思います。
 実際、高校の先生から見ると、中学校の先生を、中学校の先生からみると、小学校の
先生に対して、「いままで、なにを教えてきたんだ?」と文句の1つもいいたい事例は、
あるのではないでしょうか?
 一言でいうと、各学年での達成目標に未達な子どもたちをそのままの状態のまま次年度
の学年に引継ぎをしているからということではないでしょうか?

6 :null?null?:2005/03/26(土) 13:14:13 ID:PGGYPY+l
前スレ988の投稿について
------------------------------------------------------------------
最低限のレベルは、教科書のレベルでしょう?
レベルは決まっているけれど、それをチェックする機能がないだけじゃないの?
------------------------------------------------------------------
教科書を最低限のレベルと定めてしまうと、最低限のレベルを教えても、習得
するレベルはそれ以下のなることは必至ですので、ちょっと問題かな?
 教科書は現在の学習指導要領に準拠して作っていると思うので、そこを
最低限のレベルに設定するということは、生徒の習得しているレベルは
それ以下ということになります。
 学習指導要領は下限値のレベルで、状況を見て、それ以上のレベルの
指導をすることは認められているとはいっても、学習指導要領の内容に沿って
指導しておられる先生方がほとんどでしょう。(そして、指導要領に沿った指導が
よしとされている現状ですから。)
 習得レベルはそれ以下になることは明らかと思われますから、教科書を「習得すべき」
最低限とすることには問題があると思います。

7 :実習生さん:2005/03/26(土) 14:31:26 ID:zl25rnIX
そもそも、公立学校では、学校側、教師側に学力保障という観点が全然ないのが問題。
学力は個人の問題にすべて還元されてしまってるから、ある学年のカリのどの単元ができないのか
カリの要求する理解にどの程度遅れているのかさえ、通信簿みても全然わからん。
単に「よくできました」などの抽象的文句が並んでいるだけ。
親としては、困ってしまう。

客観的学力の保証や到達度は全然調べないくせに、学習態度や意欲など主観的観点からの
評価ばかり。

8 :実習生さん:2005/03/26(土) 14:33:58 ID:zl25rnIX
だから、東京圏の親の文句を見ると、
開成に合格するような秀才くんの学校での成績がぱっとしなかったり、
逆に学校の成績優秀くんが中堅中学にも行けない学力だったり。

小学校の成績に対する信頼が失われているってことは、教師の授業や学校そのものも
保護者から信頼されていないってことなんだよな。

9 :実習生さん:2005/03/26(土) 16:38:50 ID:8QOjvSVR
私立中に入ると通知表がすっきりして気分いいですよ。
テストの点数による絶対評価のみでゴタゴタ余計なこと書かないから。
小学校の通知表の観点別評価ってほんとに何か意味なるのかと思う。
先生だってつけるの大変でしょうに。

10 :実習生さん:2005/03/26(土) 17:03:20 ID:8dn30G6e
学力が高すぎて学校の授業が面白くなくて「ふきこぼれ」てしまう
小学生、九九がいつまでたっても覚えられず、漢字も覚えられず
ちょっと長い文章だとすぐイヤになって気が散ってしまい「落ちこぼれて」
しまう小学生、その両極端はIEP(個別教育プログラム)を組んで
支援してゆくべきだと思う。

>>8の開成の秀才君はあまりにも簡単すぎて「授業妨害もどき」を
してしまっために成績がぱっとしなかったのかもしれないね。

11 :実習生さん:2005/03/26(土) 17:11:14 ID:8dn30G6e
ある有名私立中に入った小学生(12歳)に、戯れに公立高校入試問題を解いて
もらったことがある。
結果は、簡単に満点を取った。
彼らの情報処理能力はモノスゴイ。普通の発達段階にいる同年代と
一緒の授業は彼らには苦痛だろうと思った。
でも授業をかき回していいというわけではないが。

12 :実習生さん:2005/03/26(土) 17:43:29 ID:0rjcNSvR
>11
そういう優秀な人材を潰すのが今の日本。(泣)

13 :実習生さん:2005/03/26(土) 21:07:45 ID:rdBofAD2
要するに、今の公教育はぬるい。
特定の個人やクラス、学校の成績が著しく低い場合、どこかに原因がある。
それが生徒個人の場合もあるし、家庭や教員の場合もある。
制度自体にあるかもしれない。
しかしその調査を行わず分析が出来ないことで、
誰も責任をとらなくてもいいようになっている。

調査や最低限の線引きを行えば、その責任がはっきりするだろう。

14 :実習生さん:2005/03/26(土) 22:05:09 ID:SXcDi08q
過去スレでも数回見かけた意見だけど

指導要領の記載方法を変え、「学習させる事項」と「習得目標」を別に設定する。

  「習得目標」は具体的な「身につけなければならない事項」を示す場合の他、
  「学習させる事項」に対する割合を示す場合などが考えられる。
  (たとえば都道府県名は「自分の住んでいる所とその隣接県」は必修で
   残りは半分程度名前が言えれば良い。のように)

というのが良いと思う。

15 :実習生さん:2005/03/27(日) 00:38:06 ID:j5MlRYt8
以前の「学力」と現状の「学力」って評価の基準が違うから、比べようがないと思う。

単純に、知識量を比べれば、当然今のほうが低いんだろうけど。

一般的に世間で言われている「学力」っていうのは「知識量」のことか?

16 :実習生さん:2005/03/27(日) 00:52:50 ID:xGIm2hJZ
肉まんを88円で買いました。これは定価の2割引きでした。定価は何円でしょうか。

17 :実習生さん:2005/03/27(日) 01:04:21 ID:dziwJfic
オープンプライス。

18 :実習生さん:2005/03/27(日) 02:16:21 ID:u4+Nh4CL
定価をX円とする。

19 :実習生さん:2005/03/27(日) 05:20:38 ID:xAz85wTD
>>10
そうなんだよ。
基準をどこにしようと、どう設定しようと、
1人の教員の能力を超えた支援は出来ない。
その教員が1時間に20人を支援する能力しか備えていないのなら、
どこかの基準レベルの20人に合わせた授業しか出来ない。
それ以外の生徒は別の時間に支援するか、
個人的に塾に行くなり私立に行くしかない。

指導しきれないのは、学力基準の問題ではなく、教員の能力と担当生徒の量の問題。

20 :実習生さん:2005/03/27(日) 06:37:32 ID:GQKniT5/
>>15
これが不思議なことに、どうみても学習に対する意欲も低下してるようにしか見えないんです。
意欲だとか考える力だとかは、ある程度知識をため込んだ所から芽が出るものなんじゃないかと思います。
過去スレでも言われていましたが、
知識欲も暗記力も比較的高い小学校時代には暗記をさせ、中高でそれらの知識を一定の理論または見地
からまとめていくという流れが必要だと思います。
今の指導要領は基になる知識も無いのに「まとめ」の作業をさせているようなものです。

21 :実習生さん:2005/03/27(日) 06:47:27 ID:/kajidUP
数学オリンピックの指導者に言わせると、
幼稚園から小学校中学年までの公文式とか暗算訓練とかは、後に数学で才能が伸びるための
必須要件だって。



22 :実習生さん:2005/03/27(日) 15:06:34 ID:kyK/eohp
>>21
公文やそろばんをやっていて単純計算が得意な子は、
中学校に入ってから、同じ時間勉強しても学習量が全く違う。
例えば、やっていた子は、1時間に150問とかを平気な顔でこなす。
一方、やっていない子は、50問でゲッソリしてる。
計算だけではなく、その集中力や持続力は他の教科にも影響するんだから、
同じ時間勉強していても、その効果にはメチャクチャに差ができる。

そんで、疲れずに出来ることが学習意欲にもつながるんだろうなぁ。
そろばんなんて画一教育の代表だが、中途半端な個性重視教育より、
はるかに学習意欲につながっていると思う。

23 :実習生さん:2005/03/27(日) 15:17:53 ID:VceI3Da8
>>15
評価の基準が違うというか、今はまったく評価していないのよ。
通信簿には、絶対評価という名の教師の感想を3段階で羅列しているだけ。
つまり3人教師がいれば、3通りの評価基準ができる。
1人の生徒を3人の教師から見て、全員評価が違ってもOK。
その「学力」も教師によって違うのよ。

24 :実習生さん:2005/03/28(月) 08:47:35 ID:83//ZOh3
21
数学における単純計算力はスポ―ツに例えると筋力。筋力だけではサッカーはできるようにはならないが、筋力があった方がのちのちに絶対有利。

25 :実習生さん:2005/03/28(月) 09:49:43 ID:AcxmYmAP
>>23
じゃ、教師による現在の学力評価は無駄じゃん



26 :実習生さん:2005/03/28(月) 10:40:43 ID:jdHDgtba
タイトルが偏ってるよ
まるでゆとり教育で学力低下が起きたかのような主張だ
だが学力低下は以前から問題になっていた

27 :実習生さん:2005/03/28(月) 10:41:34 ID:jdHDgtba
>>21>>22>>24
算数と数学は全然違う
一人の人間のいうことを鵜呑みにするな

それに理数系に行くのはごく一部の人だけだろ
そういう人間のために教育があるわけじゃない

28 :実習生さん:2005/03/28(月) 10:45:20 ID:UnJR+rAI
肉まんを88円で買いました。これは定価の2割引きでした。定価は何円でしょう。
答えは110円なんですけど、これを小学生にわかりやすく教えたいのですがだれか助けてください

29 :実習生さん:2005/03/28(月) 10:45:36 ID:jdHDgtba
>>11
私立はそういう特殊な人に合わせた教育をするから大勢が犠牲になるんだよな・・・
本当にひどい

30 :実習生さん:2005/03/28(月) 10:47:47 ID:jdHDgtba
>>28
2割引ってことは4/5になってるんだからひっくり返して5/4をかける
小学生ならそれで納得するだろ

31 :実習生さん:2005/03/28(月) 10:57:40 ID:tte7SyRy
なんでひっくりかえすのかわからないんじゃない?

32 :実習生さん:2005/03/28(月) 11:05:26 ID:dALVOH9N
2割引きということは、88円は残り8割の値段、
1割当たり11円なので×10で定価になります。

ってこれじゃダメ?

33 :実習生さん:2005/03/28(月) 11:08:00 ID:jdHDgtba
>>31
うーん、考える子はそうか・・
俺は塾でひっくりかえすって教えられて機械的にやっていたけど・・・


34 :実習生さん:2005/03/28(月) 14:06:15 ID:pE2SCdEn
>>30
今はゆとり教育で、「なぜそうなるのか」を大切にしているから、
研究授業でそんなことやったら、絶対たたかれるよ。

>>28
>>32の方法を図をまじえてやってみて、
それでも分からなければ、まず1割の出し方をしっかり教える。
そのとき、値段のような目に見えない物ではなく、実際一円玉とかを使う。
また、長さとか重さとかビーズの数とか、具体的な物を使うとわかりやすいみたい。

ただし、これだけやっても理解できない子は必ずいるから、
適当なところでやめることが大切。

35 :null?null?:2005/03/28(月) 14:25:06 ID:jtpfQjxd
>>26
現状では学力低下になるのは必至だよ。「ゆとり教育」という名前の
政府の政策は学力低下の傾向に拍車をかけている情况だろう。おまけに
判定基準があいまいな絶対評価を採用しているからよけいそうなる傾向だろう。
わしの中学の同級生が話していた。
「息子はわたしが中学の頃より学校の成績はいい。だけど、なんかわけは解って
いないようだ。」
同級生の手前はっきりとは答えなかったが、ある意味当然の話なのだ。
わしらが中学の頃は相対評価、その弊害は重々解っているが、仮に同級生の中学の
頃の成績がオール3だったとしよう。そうすると、同級生は学年なり学級なりの母体の
中のほぼ中間の成績であるということを意味するが、絶対評価のオール3は母体の中間の
成績であることを担保するわけではないだろう。
通知表の5とか4とかの判定を基準にして自分の中学のころの通知表より成績がいい悪いと
いっても無意味なのよ。たぶん、同級生の息子は通知表の判定は親よりいいのだろうが、
親が感じているように、学年の席次からすると、親より成績が悪いのだろう。
絶対評価に変ったということは知っていても、上の例のように通知表の判定だけを
引合いにして「自分より子どものほうが成績がよい」と思っている親は結構いると思われる。

36 :>>22:2005/03/28(月) 14:32:55 ID:tDE3oAJF
>>27
他人の言ったことではなく、実際に見ている感想だ。
計算の速い子は意欲も高く、次々と問題を解いてゆく。
これは、噂ではなく紛れもない事実。

彼らが理数系に行くかどうかは知らないし、
理数系に行くから楽しそうに問題を解いているわけではないと思う。

37 :実習生さん:2005/03/28(月) 14:35:10 ID:De7X/PAm
>>27
数学を例にとっただけで、
国語でも同じようなこと言えるんじゃないかな。
本をガンガン普段から読んでいる子は100ページの文書とか
渡されても動じないだろうけど、まんが本しか読んでない子は
見ただけでゲンナリとか。

数学も確率統計の考え方なんかは日常でしょっちゅう使うよ。
数学が日常に役に立たないってのはそういう勉強の仕方しか
してきてないからであって、一部の理数系しか使わない知識
ってのは間違いだよ。アンケート調査結果とか、み○もんたの番組なんか
冷静に見れるか見れないかとかに関わってくるしね。

38 :実習生さん:2005/03/28(月) 15:36:07 ID:mfaJ4NkO
>>29
>>11の言っていることは
「学力の高い子は、公立にいるとレベルが低すぎて苦痛だろう」って事だと思うぞ。
だから同じレベルのたくさんいる私立に行って良かったんだよ。

むしろ公立学校は、上も下の生徒も放置だから、始末におけない。
教員は心が痛まないのか。

39 :実習生さん:2005/03/28(月) 15:45:53 ID:jdHDgtba
>>34
>今はゆとり教育で、「なぜそうなるのか」を大切にしているから、
研究授業でそんなことやったら、絶対たたかれるよ。

じゃあ、ゆとり教育は思考力を養うわけですね
俺が小学生の頃はパターン暗記だったから・・

40 :実習生さん:2005/03/28(月) 15:50:01 ID:jdHDgtba
>>36
それは素質の問題ではないか
数学が出来る子(頭がいい子)は計算も得意なだけ
ただ、逆は真とはいえない
計算ができても数学になるとできない子は多いからね
計算くらいなら何とか、って奴だ

計算をさせたことと数学ができるようになったこととは因果関係はないだろう
全然別物なんだから

子供の頃から私立中学受験で散々算数やらされても中学に入ったとたんに急に出来なくなる子は多い
もちろん順調に伸びていく子もいる
これは素質の問題に他ならない
田舎に住んでいて中学受験なんかしてない、公文にもいってない子が高校や大学でのびることも多い。

もともとそれほど素質がない子に計算をどんどんやらせたからって数学ができるようにはならないよ

41 :実習生さん:2005/03/28(月) 15:54:47 ID:jdHDgtba
>>37
国語はそれはいえるね
ただ、算数の計算と数学はまるで違うよ
俺も小学校の算数は得意で偏差値65はあったし、私立御三家に入れたけど中学に入った途端数学はわからなくなった
数学の素質がないのを悟ったね
周りにもそういう奴いっぱいいたぜ

算数をどんどんやらせればいいってもんじゃないよ

>アンケート調査結果とか、み○もんたの番組なんか
冷静に見れるか見れないかとかに関わってくるしね。

そんなのは社会常識の問題でしょ。
所詮み○もんたの番組なんて低レベルだっていう常識があればいいんだよ
統計だって直感や常識の方が正しいこともある
数学そのものよりそれが社会の中でどういう意味を持つかを考えるほうが大事だろ
例えば車と鉄道の事故率を考えてモーダルシフトを進めるべきかどうかを考えるのは文系の役人の仕事だろうが
車と鉄道の事故率を計算するのは理系に任せればいい
何も文系人間が統計学を学ぶ必要はない

42 :実習生さん:2005/03/28(月) 15:58:21 ID:jdHDgtba
>数学が日常に役に立たないってのはそういう勉強の仕方しか
してきてないからであって、一部の理数系しか使わない知識
ってのは間違いだよ。

間違いではなくまさに正論。
そういう勉強の仕方って(ぷ
そういうカリキュラムが組まれていたのが従来の詰込み教育だろ。
理工系に行く人間が困らないようにするために全員を巻き込んでいたわけで。
たしかに統計が持つ社会的意味は知っておけばいいだろうが、そういう観点の授業はあまりなかったな
東大の教養課程に社会統計学とかいうのがあった気もするけど、中高ではなかった。

それに統計は比較的文系人間にも親しみのある分野だが、そうでない分野の方が多い
統計にしても上にも書いたように、文系人間は深入りする必要はない。
いちおう表面をなぞっておけばそれで十分
社会は統計的に処理して予測できるほど単純ではないのだから

43 :実習生さん:2005/03/28(月) 15:59:57 ID:jdHDgtba
>>38
私立の子は同じレベルじゃないよ
100人、200人いればばらばら。
その中でも出来る子にあわせるから他の子は放置される。
私立の教員は心が痛まないのだろうか?
自己責任だというなら義務教育制度なんかいらないのに。

44 :実習生さん:2005/03/28(月) 16:55:33 ID:De7X/PAm
>>43
そういうところだって知って親が入れてるんだからいいじゃん。
イヤなら公立に途中で転入するとかいくらでも選択しあるのに
そこにとどまる道を選んでいるわけだし。

45 :実習生さん:2005/03/28(月) 18:12:51 ID:8m6SV88A
数学(に限らずすべての教科に言えるが)で習ったことを「直接的に」使うか使わないか。
という議論は不毛この上ないと思うが?

46 :実習生さん:2005/03/28(月) 18:30:18 ID:De7X/PAm
>>45
確かにね。
そういうやつには、読み書き、四則演算とパソコンだけ教えればいいよ。

47 :実習生さん:2005/03/28(月) 18:44:50 ID:83//ZOh3
37
人は言葉がなけりゃ考えることができん(言葉さえありゃいいわけじゃないが)。
だから読書力と頭の良さは比例するよん。

48 :ある塾講:2005/03/28(月) 19:13:35 ID:p8tLJE0K
>>41
私が今まで見てきた生徒から言えば
中学入試用の算数が理解できる生徒は
全員数学的なセンスはありました。

私の経験からいえば
私立中学の数学の授業についていけない生徒は、少なからずいますが
彼らはちょっとした部分につまずいているだけで
それなりにスキルを持った教員がちょっと対処するだけでかなり伸びますね。


49 :実習生さん:2005/03/28(月) 19:46:06 ID:ndWNmph7
あほくさ、
教育関係者が無能なだけ。

給料泥棒だな

50 :実習生さん:2005/03/28(月) 22:14:47 ID:JIwh8wjg
>学力保証。

不可能。 学力は授業時間だけで身につけるものではない。
学校・教師は家庭環境まで踏み込めない。

>授業時間を大幅に増やせ。

学力保証を放棄しているのに、何の意味があるの?

>教科書は最低限以上にしろ。

無意味。教科書だけが教材なのではない。
そもそも教師の能力や専門性を無視して、学校単位や市町村単位で同じ教科書
をつかうことは無意味。
(まあ、現状でも副教材プリントとして教科書以外の本を大量にコピーして配って
いるので、現状の方が教師好みの高価な書籍を買わされることがないので安上がり??)


51 :実習生さん:2005/03/28(月) 22:56:32 ID:Fm5ADRY2
うちの親教師だけどゆとり世代はマジやばいらしいよ。

52 :実習生さん:2005/03/28(月) 23:26:18 ID:QsU9i3Gj
>>40
>>計算をさせたことと数学ができるようになったこととは因果関係はないだろう
>>全然別物なんだから

全然別物って、、、
どこの国の数学だ?
少なくとも日本の中高の数学は、計算しないと解けない問題ばかりだぞ。
計算せずに評価される数学は、大学以上だろ。
そんなのは一部の人間を基準にした話をしないで、
頼むから、中高レベルの話をしてくれ。

小学校の四則計算が出来なければ、中学の連立方程式は解けないんだよ。

53 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:44:15 ID:cikhIHUY
>>34
>研究授業でそんなことやったら、絶対たたかれるよ。

まあええやろ
叩いている奴が5年後位に恥かくことになるから

54 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:47:41 ID:cikhIHUY
>一般的に世間で言われている「学力」っていうのは「知識量」のことか?

そうだよ
学力≠知識の量
と思ってるのは狂死だけ

まあ学校の常識は世間の非常識だからね

55 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:48:51 ID:cikhIHUY
>>19
>1人の教員の能力を超えた支援は出来ない。

支援なんて言ってるからだ馬鹿が
狂死の仕事は教えること
支援なんて寝ぼけたこと言ってると恥ずかしいよw

56 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:49:50 ID:cikhIHUY
>>22
>」一方、やっていない子は、50問でゲッソリしてる。

ここがポイントですね

しかし、狂死って馬鹿だから
50問でゲッソリだから40問に減らしましょう
なんだよね。発想が

57 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:50:46 ID:cikhIHUY
>>23
そう
絶対評価というと聞こえはいいけど
ようはやってることは適当に成績つけてることにほかならない

58 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:51:25 ID:cikhIHUY
>>27
馬鹿必死だなw




春だなー

59 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:54:00 ID:cikhIHUY
>>48
>中学入試用の算数が理解できる生徒は全員数学的なセンスはありました。

理解できていたらの話だけどね

まあ(x+2)^2=x^2+2x+2
とかこんな事やってる奴はセンスあるとは言えないけどねw

60 :おめーらは白痴:2005/03/28(月) 23:55:02 ID:cikhIHUY
>>52
狂死って馬鹿だからそういうことすらわからないんだよ!

61 :実習生さん:2005/03/29(火) 10:48:28 ID:1JNdG/05
>>59
>(x+2)^2=x^2+2x+2

そこまで間違った答えだす奴は
センスあるないの問題じゃなくて
基本がわかってないレベルの話だと思うんだけど

62 :実習生さん:2005/03/29(火) 11:04:44 ID:V4va69rU
「詰め込み教育」や
「受験戦争」
というのは意図的に作られたイメージにすぎないように思う。

そもそも興味のないものは憶えられないのだから、意味のない知識を詰め込む
のは不可能だろう。実際には「詰め込み」どころか、知的好奇心を引き出す
効果が大きかったと思われる。「興味のわかない授業が行われてる」といって
非難するなら理解できるが、「詰め込み=悪」というイメージは意図的に
作られたとしか考えられない。

「受験戦争」も実際には存在しなかった。
それどころか、同じ目標を持つものは仲間意識が非常に強く、お互いに
感化しあい、情報交換や悩み相談など密な人間関係を築いていった。
これは、集団競技などのクラブ活動の場合と似ている。
ただし、高い目標を持ちながら周囲に仲間がいない場合は大変だったかもしれない。


63 :実習生さん:2005/03/29(火) 15:57:59 ID:Mo2d1YTK
>>40
>>もともとそれほど素質がない子に計算をどんどんやらせたからって
>>数学ができるようにはならないよ

ちょっとカチンとくる言い方だな。
じゃあ、その素質ってどこから生まれる物なのか。
天からの才能か?
いきなり閃くのか?

その素質を気づかせ伸ばすためにも、
さまざまな訓練が必要なのではないか。
その訓練は、ある程度、繰り返しや画一になるのは仕方ないだろう。

64 :おめーらは白痴:2005/03/29(火) 18:33:22 ID:f1awwwsz
>>59
>>61
すまん

× (x+2)^2=x^2+2x+2
○ (x+1)^2=x^2+2x+2

だった。
ようは2乗と2倍を間違える奴だな
まあ2、3割はいるなー、こういう奴

65 :おめーらは白痴:2005/03/29(火) 18:34:09 ID:f1awwwsz
>>40
>>63
>>もともとそれほど素質がない子に計算をどんどんやらせたからって
>>数学ができるようにはならないよ

計算問題くらいはできるようになるがねー

66 :おめーらは白痴:2005/03/29(火) 19:08:37 ID:f1awwwsz
テレ朝age

67 :おめーらは白痴:2005/03/29(火) 19:09:48 ID:f1awwwsz
フィンランドの教育は
教師の質が違うんだってよ
教育学部は最難関だって

どっかの国は偏差値50そこそこしかないからねー

68 :おめーらは白痴:2005/03/29(火) 19:11:11 ID:f1awwwsz
先生がちゃんと教えていれば学力は低下しないんじゃないんですか?キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━!!!!

69 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:19:42 ID:ZDnZgML3
おお、いまみんなTVみてるのかぇw

70 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:21:05 ID:U+J4B9gh
見てるよw

71 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:23:13 ID:U+J4B9gh
俺も最近やりたくねーw

72 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:24:56 ID:1IuRSWDg
糞組合即時解体 糞教員即時解雇


73 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:33:55 ID:T7eoE7OM
>>62
「詰め込み教育」なり「受験戦争」なりが存在したことも、その弊害が発生したことも、
いずれも紛れもない事実。

ただし、「明らかな弊害といえるほど極端な行き過ぎ」があったのが問題なのであって、
「詰め込み」なり「競争」なりを全面的に否定することがあったら、それも「極端な行
き過ぎ」。


74 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:35:44 ID:T7eoE7OM
>64


75 :実習生さん:2005/03/29(火) 19:36:58 ID:ZDnZgML3
はやく民営化が一番ええんじゃないのかぇ〜w < マジで  OK?

76 :実習生さん:2005/03/29(火) 21:11:36 ID:Bk5WvdaK
ハッキリ言えば、学力低下問題は経済問題である。
習熟度別授業等の授業内容云々は姑息な対症療法であり、
なんら問題の解決にならない!!
俺たち教師では解決不能!!政治家が何とかしろや!!


77 :実習生さん:2005/03/29(火) 21:26:01 ID:6/9Y/WL7
>>62>>73
詰め込み教育って、具体的にはどういう状態のこと?

普通詰め込むって使う時は「瓶に詰め込む」とか「袋に詰め込む」って使うでしょう。
って事は、ちょっと多めの物を容器に入れることでしょう。
でも、容器が壊れるほど入れるわけではない。

だったら、詰め込めるだけ詰め込んだ方が良いんじゃないの?
しかも、これって容器の大きさによって「詰め込み」か、どうかって違うでしょう?

大きな容器を持っている人にとっては、スッカスカの状態より、
出来るだけ、いっぱい入れてもらった方が良いよね。

78 :実習生さん:2005/03/29(火) 21:53:30 ID:gL1fKCLq
どんなに詰め込んでも容器は壊れないよ。
むしろ詰め込めば詰め込むほど脳は活性化されて、容器自体(記憶容量)がデカくなり、頭もよくなる。詰め込み教育のメリットはそこにある。
しかし、詰め込み教育には自ら考える訓練がない。当然自ら考える力は弱い。日本人に独創性、個性(考える内容の)がないと言われるのはそれが理由だと思うな。
だから詰め込み教育に自ら考える訓練をさせる時間を加えればええんちゃう?

79 :実習生さん:2005/03/29(火) 21:56:35 ID:kpgDlrSu
>>77
ん〜例えば英語で言えば慣用句とかさあ
これはこういう意味!って一問一答式で覚えちゃうでしょ?
どうしてそういう意味になるのか考えずに
数学の公式もそう
どうしてこの公式を使うのか、この公式はどっから出てきたのか
その辺を十分にやらずにこういうときはこれ!ああいうときはあれ!っていうふうにしか覚えない
そうすると数多く覚えたほうがテストの点がよかったりする
しっかり理解してなくてもそうなる
そのできるだけ多くの知識をひたすら暗記するだけの勉強のことだと
俺は思ってる
だから少しひねられるとお手上げになってしまうんだよ
応用力や発想力がないからね

80 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:03:39 ID:gL1fKCLq
79
知識を詰め込む教育では、たくさん詰め込んだもの勝ちっていう風潮ができてきたんだよね。だからそういうパタ―ン暗記みたいな教育ができてきたんちゃいますか?中学受験だって応用問題中心だけど塾はその応用問題すらパタ―ン化して教えてるんだよ。

81 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:12:09 ID:QEFp5Xu/
数学はパターン認識以上のものではないでしょ。
類似パターンに合わせて公式を適応していく事が応用なのであって、
自分で一から公式を作るなんてのは不可能に近い。
大学での研究だって、まずは先人の研究内容を調べる事からはじめる。

「○○をやりたいときは、××を行う。」結局、これの積み重ねでしかないでしょ。
ここを押さえないで「応用!応用!」と叫んでも、
かえって汎用性のないハウツーの学習にしかならないよ。

82 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:18:42 ID:gL1fKCLq
でも、そういうパタ―ン暗記の作業ばっかやってきてて学力調査で問われるような未知の問題(パタ―ンにない問題だが基礎知識を応用すればできる問題)に立ち向かえない。

それに現実の世界はパタ―ン作業では解決できない。その問題をどう解決するかだよな。

やっぱ自ら考える訓練を日頃から設けたりすればいいと思うんだけど。詰め込み教育でかなり頭脳レベルは高くなっているはずだから

83 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:26:36 ID:fp2od++Z
公立の授業時間は時間数そのものより、行事で時間割を無視して
学習をつぶしてしまうことが問題だと思う。
運動会、学芸会、音楽会前の2週間は練習だらけになって、2時間授業
できたとしても、総合や学級会で自習状態になってしまう。塾にいっていない、
家では何もしない子供は、2週間数字や文章にふれない生活を送ってしまうんだ。
ここに家庭の経済格差が反映されるんだよね。
詰め込み、おおいに結構。どんなに複雑な問題も分解すれば、簡単な
問題の積み重ねだよ。


84 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:27:26 ID:QEFp5Xu/
>パタ―ンにない問題だが基礎知識を応用すればできる問題

パターンという話に無理に収束させるならば、
それに類するパターンを知らなかったというだけの話にならんか?

現実の世界も、パターン作業の部分は実は多いと思うぞ。
何かを理解する時には、それをパターン化して分類する。そのまま理解することは出来ない。
何かを実行する時には、記憶にあるパターンから類似のものを持ってきて実行する。
類推作業だって、類似パターンが頭に入っていない未知の状態で類推するのは不可能。

車を運転するのも、複数のパターン作業が頭に入っているから出来ることだし、
歌を歌うのも作曲するのも、メロディパターンの暗記や組み合わせが主な作業。
パソコンを使うのだって、何をしたいかによってどこをクリックするかというのはパターン。

85 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:30:45 ID:UA1WM5Z9
>>80
それに大学受験のせいで英語の試験なんか実用性の薄い英語ばかり教えてるもんね

>>81
学校の数学は「○○をやりたいときは、△△だから、××を行う。」の△△が抜けてるよ
○○と××の繋がりの部分である△△を浅くしかやらないから理解できない
△△が理解できて初めて応用できるようになるんじゃない?

86 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:31:44 ID:QEFp5Xu/
むしろ、国語教育など、もっとパターン化の学習をしたほうがいい。
今の(に限らずだが)国語教育は随筆文の朗読が主で、書くのも感想文がほとんど。
全くといっていいほど、ロジカルな文章の書き方を行っていない。

実社会に出れば、自分で考えて小説を書く機会よりも、
形式的な報告書を書く機会の方が圧倒的に多い人がほとんどなのだから。

87 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:35:58 ID:gL1fKCLq
似たようなパタ―ンにまとめてうんぬんとかその辺りのことが今の子供にはできないんちゃう?
本当に言われたことしかできないんだと思う。

88 :実習生さん:2005/03/29(火) 22:53:43 ID:QEFp5Xu/
うーん。まあ、そういう事になるのかな。
何が基礎で何が応用かって事になるのかもな。

読み書きが出来ないうちに、観察や対話を求めても、
それはその時々の一個の事象としか認識できないんじゃないかなと思う。
局所の事象しか追えず、概念単位での認識が出来ない。

ついでに言うと、具体的な一個の事象に関する方法だけを覚えることは「基礎」でも何でも無いと思う。
ただの「方法論」、汎用性に乏しいハウツーにしかすぎない。

ワープロソフトで文字を太字にするとき、
ドラッグして「どこかにある太字アイコンをクリックする」と覚えるのと、
「右から三つ目のボタンをクリックする」と覚えるのとの違いみたいなものかなと。
パソコンアレルギーの人は、どうしても後者のような覚え方をしてしまう。
そんな感じじゃないかと。

89 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:09:57 ID:SSfhawSU
>>81
土台がないなら応用もなにもないのに、土台のほうをおざなりにして応用応用と
口先だけで唱えるだけのがいるから困る、といったところですか。

90 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:16:32 ID:pxDp8wD3
>>88
詰め込み詰め込みって騒ぐ人って
後者のような覚え方するよね。
うまい例えだね<ワープロソフト

91 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:16:45 ID:QEFp5Xu/
>>89
個人的には、基礎と応用って表裏一体のものだと思ってる。

だから、応用応用って言ってる人も変だし、逆に、基礎基礎言ってる人も妙に感じる。
何て言うか、どちらも結局、一個の事象に関する方法論にしかなっていないような気がするので。

92 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:17:02 ID:SSfhawSU
>>85
> 実用性の薄い英語
そういう傾向はありましたね。
具体的にいうなら、「教材の中味が下らなすぎて、頑張って辞書と首っ引きで読
むとアホらしくなる」のが少なくないのも問題じゃないかな? 憶えさせること
になっている単語などに縛られているせいなのかな。今はどうか知らないですが。

93 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:19:11 ID:SSfhawSU
>>90
自然にそういう憶え方をしてしまうタイプの人って、いますね。

94 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:21:00 ID:SSfhawSU
>>91
強いていうなら、「より単純なパターン」もしくは「よりありがちなパターン」が
「基礎」といった感じですか。

95 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:28:11 ID:pxDp8wD3
>>93
で、ワープロソフトの種類が変わると
ボタンの位置が変わるから対応できないと。
対応するためにはまたボタンの位置を覚えなくちゃいけないから
あらゆるワープロソフトが使えるようになるためには
何種類もボタンの位置を覚えると。
それじゃ疲れるよねw。

オレはこれって教え方の問題じゃなくて、
本人の覚え方、学習の仕方だと思うんだよなー。

96 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:34:41 ID:BTT4jbBP
>>82
そのパターン暗記すらしなければ、学力調査の基礎すらできない。

現実の問題だって、パターン作業で解決できる場合が多いよ。
コミュニケーションとか、大抵は今までの経験から、
今何をしたらいいか決めるわけでしょう。
だから、そのパターンを増やすこと=経験を豊富にする事が大切なわけで。

97 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:44:39 ID:BTT4jbBP
>>88>>90
そのワープロのたとえって、上手いの?
他のワープロのボタンの位置が違うことを知らなかったから、
単に覚え方を間違えただけ。
逆に位置は同じなのに、太字アイコンの絵が違っていたら、
太字アイコンを覚える方が無駄になる。

両方とも、暗記だけで済ませようとしているのは同じ。

98 :実習生さん:2005/03/29(火) 23:45:34 ID:WgCjkgrH
テレ朝オレも見たよ。
なんかみんなテメエのこと棚に上げて偉そうなこと恥じも外見もなく言えるな。

そもそもテレ朝に限らないがマスコミは視聴率上げることのみを考えて日夜馬鹿番組を垂れ流してるのに
学校教育のこととなると他人事のため奇麗事で学校批判する。
子供への悪影響も考慮せず普段好き勝手に馬鹿番組(特に露悪なものw)で利益をばかりを考えるが、
子供の教育はちゃんとやれ、なんて虫が良すぎる話だ。

99 :実習生さん:2005/03/30(水) 00:08:36 ID:xXL71p0c
>>97
オレはうまいと思うけどなー。

理屈で体系づけて覚えようとしないから
全部暗記で済ませようとする訳でしょ。
(アイコンの絵の種類とか位置とか)
暗記には限界があるから行き詰るけど、
パソコン嫌いの人には有効な覚え方だよね。

昔はできない人のためにそういう暗記事項まで
教科書に書いてあったけど、覚えることが多すぎると
騒ぐ人がいて、今はそれを教科書から全部省いて
ワープロソフトで文字を太字にするとき、
ドラッグして「どこかにある太字アイコンをクリックする」
とだけ書いているのがゆとり教育っていう感じがする。

100 :実習生さん:2005/03/30(水) 00:20:36 ID:0z2TO545
>>97
確かに最適の例とはいえないけど、「憶え込み方」に、多少なりとも応用が効くものと、
応用が効きにくいものがあるという話、ということでよろしいのでは?

101 :おめーらは白痴:2005/03/30(水) 02:32:35 ID:D0nqzQp7
>>81
>大学での研究だって、まずは先人の研究内容を調べる事からはじめる。

>「○○をやりたいときは、××を行う。」結局、これの積み重ねでしかないでしょ。

まあそういうこったな

○○をやりたいときは、××を行う
△△をやりたいときは、□□を行う
とりあえずは、専攻研究の追試実験とか追試調査をやってみて
やり方を模倣する。

その後、○○をやりたいときに、□□を行うとどうなるのか?
といった仮説やロジックを立てて、実際に実験なり調査成りを行うのが
研究の基本。

ところが、教師って馬鹿だから、こうした専攻研究の模倣とかいっさいない
無から何かを生み出すことが、自ら学ぶ力とか自ら考える力だと本気で思ってる
狂死のレベルがこの程度なんだから、子どもに考える力とか生きる力をつける事なんてできない。
教科書がまともだったときは、教科書通りに教えていればそれなりに子どもに学力がついたのに
いざ、教科書がダメになって、総合の時間のように教師の力量がものを言うようになったとたんこのざまだ
化けの皮がはがれたってやつよw

102 :おめーらは白痴:2005/03/30(水) 02:34:34 ID:D0nqzQp7
>>89
そう
っで、そういうことを平気で言っているのが他ならぬ狂死なのだ

103 :おめーらは白痴:2005/03/30(水) 02:36:18 ID:D0nqzQp7
>>90
そうならないように教えることこそ
狂死の仕事なんだがね

狂死は自分の無能さを棚に上げて
「右から三つ目のボタンをクリックする」と覚えるやつは、頭が悪いとか、能力が低いとか、
あげくにはできんやつはできんとか
そう思ってるんだよ。実際。

104 :実習生さん:2005/03/30(水) 02:57:46 ID:hEOhI2sO
>研究の基本。 
>
>ところが、教師って馬鹿だから、こうした専攻研究の模倣とかいっさいない 

大学の人材育成能力が如何にお粗末かを語ってるようにしか思えないが。


105 :実習生さん:2005/03/30(水) 03:24:22 ID:xXL71p0c
>>104
そもそも頭のいい奴は駅弁教育学部の教員養成課程に行かない。
あと、教員で国立出身はわずかで、私大出身で
教員養成課程で専門に学んでいない奴も教員になるし。

106 :実習生さん:2005/03/30(水) 04:06:09 ID:hEOhI2sO
>>105

大学進学率が約50%なんだから、その伝で行けば世の中の人間の
半分以上は馬鹿に分類されるんだよ。そこんとこ分かってる?

しかもその逆で、小さい頃からお勉強だけはそこそこできる真面目な
ぷち優等生だから教師ってのは駄目なんだよ、という言説もよく出てくる。

学歴自慢しても何の解決にもならないよ。

107 :実習生さん:2005/03/30(水) 04:50:52 ID:e3oYBZIk
社会科のような一定の知識を覚えるだけの教科って、
自動車教習所と一緒で、ビデオ見せれば充分じゃないか?
「そのとき歴史は変わった」の、もっと史実に則ったものを作ってさ。
単調な講義や小さな図書室で調べ物するより、はるかに面白そうなんだけど。

算数もスモールステップの教材を文科省で作って、
それを進度別にやればいいじゃないか。
考える力を伸ばす問題もまぜつつ。

108 :実習生さん:2005/03/30(水) 05:19:18 ID:usb7wXgE
ゆとり教育の弊害かどうか分からないけど、今の10代の子供のことを本当に心配する。
(10代だけじゃないけど)
今日、NHK教育の10代の子達が論議する番組の再放送をたまたま見たんだけど、
教育問題を話してて、その中でフリーターの子が、
「別に分数ができなくても、文字がまともに書けなくても、自分は今楽しくフリーターしてるし、
学力ではなく、いかに自分が楽しく生きれるかを考えるべきだ」と言ってて、
ゲストの年輩の人が、「昔みたいに一生懸命勉強して学力つけても今は就職難で高学歴でも就職できないから、
自分で好きなように生きるのもいい」と言ってた。
ある子がフリーターの子に「分数や文字が読めなくてフリーターで今は良くても、
近い将来それでは生活していけないし、自分の住んでいる地域では、そんな能力では仕事につけない。」と反論してた。
そしたらフリーターの子が「何言ったって今日本は経済大国だし頭いい人がたくさんいるんだから大丈夫、
自分の好きなことをして過ごすのが大切。」みたいなこと言って、それが番組の締めだった。
NHKは視聴者に何を訴えたかったのだろうか?
自分が思うに、確かに学力だけが全てではないけど、今が楽しければ勉強しなくてもいいというのはどうなんだろうか。
このフリーターの子は運良く楽しく暮らせる環境なんだろうけど、
彼も言っていたが、今の日本の経済力と他の優秀な人の能力に頼ってる面もあるんじゃないか。
フリーターでも生活していける日本の環境だから、のんびりしていられるんじゃないか。
今の日本の経済力は先人達の血と汗のにじむような努力の上に成り立っていて、
何の努力もなしになしえたものじゃない。
今も辛くも経済力を保ち続けているのも、今現在一生懸命頑張っている人達がいるからだ。
一度努力を止めてしまったら、たちまち経済力は無くなり、飢えの世界になる。
もし、10代の子達がこのフリーターの子のような考え方ばかりなら、
確実にこの子達の世代が日本経済を引っ張っていく時代は悲惨になるだろう。
10代の子供、というか、将来日本を背負っていく子供たちって、こういう考え方なんだろうか?



109 :実習生さん:2005/03/30(水) 05:35:19 ID:rvgpdoRb
つうかさ、東大大学院修了の理学博士でも就職先がなくて年収200万円台のヤシも多い
わけで、その馬鹿フリの言うことも確かに一理あるわな。
勉強=カネ、の構図がかなり崩れては来ていることは確かだから。

都心にちょっとした土地を持ってれば、確かに、まだまだそれを手堅く運用して、のんびりライフを
送ることはできるがね。その馬鹿フリはそういうご身分じゃないかな?


110 :実習生さん:2005/03/30(水) 05:59:13 ID:eTZtdNeU
>>108
あと数年して、ゆとり教育初期の世代が30過ぎて生活できなくなるのを
みたら考え変わるんじゃないの。

111 :実習生さん:2005/03/30(水) 06:02:29 ID:hEOhI2sO
>>108はなんつーかジジイの説教にしか思えんのだが。

「血と汗のにじむような努力」は結構だが、本当にみんなそうしてきたのか?
「先人」とか勝手に一般化してるけど。

「終身雇用の中でぬくぬくとやってきた」とかやり玉に挙げられたあげくに、
リストラにおびえてるのが、まさに血と汗を流して残業してた世代じゃないの?


112 :実習生さん:2005/03/30(水) 08:10:18 ID:eTZtdNeU
>>111
確かに昔の人が全員努力したわけでもないし成果を上げた訳ではないが、
戦後の経済発展や技術を売り資源を買うという貿易システムを構築したのは
事実。今の日本が貿易で成り立っていて、われわれはその恩恵を受けている。
>>108は今の10代は、経済発展や技術の進歩は他人任せで、自分たちとは
関係なしに自動的に達成される、と思ってると心配してるんじゃないの
かな。

113 :実習生さん:2005/03/30(水) 08:17:26 ID:ivJgZlD6
日本の子供って親がいつまでも面倒見てくれると思ってるんだろうか?
親か財産いっぱい持ってる家庭ならいいかもしれないけど、
普通の一般家庭だったら、いつまでも親に頼ってられないよね。
親が亡くなった後の事は考えないのかね?
自分は将来のことが凄く不安になるから、
できるだけ多く色んな事を学んで、自分にできる仕事を探して働かないとって焦るけど。
貧しい国って凄く教育に力入れるよね、それに貧しい国の子供は凄く勉強したいと言う。
日本のやる気がないと言っている学生の人は、将来どうなりたいんだろう?

114 :実習生さん:2005/03/30(水) 09:09:17 ID:xXL71p0c
>>106
>>ところが、教師って馬鹿だから、こうした専攻研究の模倣とかいっさいない
とかいう教員の質が悪いっていう話だったから
本当のこと書いたまでだよ。
なんで学歴自慢ってとるかな。お前おかしんじゃね?
教員養成課程で専門教育を受けた教員の割合は少ないし、
専門教育を受けた教員の質も研究の基本をわかるのかも疑問。
日本全体で考えたら4年大出てたら優秀だから教員は優秀とか
そういうレベルで教員の質を求めてるわけ?

115 :実習生さん:2005/03/30(水) 10:34:58 ID:3KYBktmY
図工の適切な指導としては、工具の使い方を教えて、例となる作品を見せて、児童に作らせる。特に、禁止事項は入念に教える。
でも、いわゆる基礎に囚われた教員は、まっすぐ正確に釘を打ち込むことにひたすら拘って、作品を作ることすら出来ない。
応用に囚われた先生は、注意もしないままに、いきなり工具を与えて作らせるから、児童が怪我をするだけで、結局は何も完成しない。
工具の本来の用途を解っていれば、このような愚は犯さないはず。
本来の用途を理解させることが出来れば、自然と作品はできあがってくる。(かかる時間はともかくとして)

という例え話を、以前に作ったことがあります。
確かに、工具の使い方もパターンの選択という事になると思います。

116 :実習生さん:2005/03/30(水) 12:53:59 ID:W49SiRgX
別に勉強云々はどっちでもいいんだけどさ。
仕事にまじめに取り組まず、浮草稼業のフリーターで何年も過ごして60歳70歳になったときも、まだ楽しけりゃいいけどね。
第一コツコツ働いてる奴が、たまたま運悪くリストラされたのをバカにするのって性格悪い。

いるんだよね、親戚にイマドキのフリーターの先取りみたいな人が。
もう高齢だよ。働き口なんてない。ちゃんと就職したことないから、年金もない。
完全に他の兄弟のお荷物になってる。
その世代がみんな死んじゃったら、今度は我々が面倒見るんだ…。
「会社の歯車になって、くだらない仕事でアクセクしたくない」とか、さんざん言っておいて
最後はこれだよ





117 :実習生さん:2005/03/30(水) 13:53:59 ID:QM4BGIWW
http://www.kyoto-u.com/lounge/talk/html/200412/04120007.html
日本の16歳の女子の23・5%がクラミジアに感染。世界最悪。

旭川医科大の今井博久助教授らは、10代の性体験率や妊娠中絶率が
全国平均と同等のある県で、高校13校に通う1―3年生の生徒、
約3190人の協力を求め、尿や、性体験の有無、時期などを調査した。

すでに性感染症で通院している生徒は除いて、クラミジア感染の有無を
検査した結果、感染していた人は男子生徒の7・3%、女子の13・9%で、
全体で11・4%。この全員に自覚症状がなかった。年齢別では、
16歳の感染率が最も高く、男子8・6%、女子23・5%に達している。


118 :実習生さん:2005/03/30(水) 14:59:45 ID:xkzyvAFP
>>116
なんていうか、やっぱ努力しなかったら後々自分につけがまわってくるし、
他の人にも迷惑かけることになって、何もいいことないよね。
思うんだけど、子供を育てる上で大切な事は、やっぱり裕福な家庭であっても、
甘やかさない事なんじゃないかと思う。
裕福じゃなくても同じだけど。
他人を頼るんじゃなくて自立して、自分のすることには責任をもつ。
そういう風に小さい頃から躾ればいいと思う。
親がしっかりしないといけないって事なのかもね。。。
>>117
これも酷いね。
結局は、快楽ばかりを求めたり、やりたい放題すれば、自分を傷つけることになるね。
もっと自分を大切にしないといけないね。

ほんと、どうしたらこの狂った日本の状況を良くしていけるんだろうか。
悲しくなってきたな。。。


119 :実習生さん:2005/03/30(水) 15:02:11 ID:B7E+mBu1
>>116
それは言えてる

ニート、フリーターが多くなってる今だから
将来がとても不安

将来の日本を考えると… どうなるのやら


120 :実習生さん:2005/03/30(水) 17:28:40 ID:NeGuuRhD
>>114
教員養成課程に行くのはアホとか書いてるじゃん。微妙に私大差別とかしてるし。
「俺は研究を知ってる(頭の悪くない=国立非教育学部出身の)専門家ですよ」
という自慢にしか聞こえないが。


121 :120:2005/03/30(水) 17:38:24 ID:NeGuuRhD
途中で送信しちまった。連続カキコスマソ。

>日本全体で考えたら4年大出てたら優秀だから教員は優秀とか 
>そういうレベルで教員の質を求めてるわけ? 

単純に言うとYes。

4大卒なら優秀とは口が裂けても言えないけど、
そのレベルの人間をどこまでレベルアップできるかでしょう。
教員の定員を考えればエリートで埋めるのは無理。

大学の人材育成能力とか言ったのはそういう意味。

122 :実習生さん:2005/03/30(水) 17:58:28 ID:kEKG+Oix
>>120
オレの学歴は一切書いてない。
実際に日本全国の平均値と比較して教員は優秀だから
教員の質がいいっていう話にはならんからね。
求められているのはそういうレベルの優秀さじゃない。
あと実際さぁ、極端な話地底に入れるほど成績良くて、
でも小学校教員に是非なりたいので駅弁教育学部に入りました
って言う人俺の周りでみたことないし、実際ほとんどいねぇだろ。

あと大学で教員養成のための専門教育を受けてない教員と、
教員養成のための専門教育を受けた教員で差があって当然じゃないの?
差がなかったら何のための専門課程なんだか。
差別じゃなくて区別。私大で教育学部の教員養成課程をオレが
知らないだけかもしれんから、そういうところ出身の人がいたらすまん。

123 :実習生さん:2005/03/30(水) 23:26:20 ID:Zev/BE2+
>あと大学で教員養成のための専門教育を受けてない教員と、 
>教員養成のための専門教育を受けた教員で差があって当然じゃないの? 

教員養成系出身者というのは教育心理みたいな、生徒指導や学級経営なんかに
関連する単位が他学部の奴より多いわけで、>>81>>101で言われてるような
研究的側面では、カリキュラム上の比較でいけば、非教員養成系出身者の方が
秀でていることにならない?

124 :実習生さん:2005/03/30(水) 23:57:09 ID:8z6ClCvY
>>108
昔は、子供がそんなことを言ったら、親に張り倒されたものですけどね。「その辺」が
問題の根源じゃないかな。

ちなみに、テレビは、どういうわけか知らないけど、かなり以前から、そういった風潮
に迎合するのを持ち技にしてますね。

かなり以前に、中国の雑伎団とかいうののレポート番組で、「小さい子供が泣き出すよ
うなスパルタ教育をやっている」と、批判気味に組み立てていたのがあったので、
「この番組を作った連中は、子供が泣いて嫌がったら、勉強など放り出して遊ばせるの
か?」とか呆れたことがあるのですが、どうやら、本当にそういうことをやっていた連
中だったようで。

125 :おめーらは白痴:2005/03/31(木) 00:38:54 ID:B/EM6LI5
>>122

>でも小学校教員に是非なりたいので駅弁教育学部に入りました
>って言う人俺の周りでみたことないし、実際ほとんどいねぇだろ。


うん
いねー

126 :おめーらは白痴:2005/03/31(木) 00:40:15 ID:B/EM6LI5
>>122
>差がなかったら何のための専門課程なんだか。

実際差はないわけだが
まあ小学校免許は専門課程以外では取れないという意味のない差、というか弊害はあるが

127 :実習生さん:2005/03/31(木) 08:03:26 ID:sM3NaWaD
小学校の理科の先生が、マイナスイオンがどーたら、チタンネックレスがどーたら言うのはやめて欲しいね。
そんなんだから、大まじめに授業で大嘘EM金の実演販売やってんだろ。
教育学部に行く教え子ばかりじゃないんだから、後々のショックの大きさを想像できないのかな。

128 :場所柄をわきまえないおじん釣り:2005/03/31(木) 21:34:11 ID:1p6rMbe3
>>127
「チタンネックレス」とは「エジソンバンド」のようなものですか?

129 :実習生さん:2005/03/31(木) 22:01:02 ID:sM3NaWaD
エジソンバンドが何かは知らないけど、多分同じようなものだと思う。

130 :実習生さん:2005/03/31(木) 22:09:45 ID:1p6rMbe3
>129
「チタンネックレス」が何かは知らないけど、多分「エジソンバンド」
同じようなものだと思ったんですよ。


131 :おめーらは白痴:2005/03/31(木) 23:09:08 ID:q36x01PS
ゲルマニウムネックレスは?

132 :実習生さん:2005/03/31(木) 23:17:00 ID:1p6rMbe3
あ 間に合ってます。

133 :実習生さん:2005/03/31(木) 23:21:49 ID:ULJonZpo
>>128
推定年齢50。

134 :実習生さん:2005/03/31(木) 23:44:23 ID:1p6rMbe3
>>133
惜しい。

135 :実習生さん:皇紀2665/04/01(金) 18:16:52 ID:95E6TPI4
>>131
ゲルマニウムネックレスって何?
路上で外人が売ってる宝石モドキ?

136 :実習生さん:皇紀2665/04/01(金) 20:55:39 ID:yMGRX4ts
やっぱり王道はトルマリンだろ。

137 :実習生さん:皇紀2665/04/01(金) 22:25:52 ID:NynF9mF7
スペルマ療法器、これ最強。

138 :実習生さん:皇紀2665/04/01(金) 23:53:02 ID:r45DjMHS
>>137
        ∧_∧      
 ホワタァ ( ・∀・)  人
      (⊃  .(⌒).<  >_∧∩ ガッ
      (__ノ⌒ ̄  V`Д´)/
    彡           /


139 :実習生さん:2005/04/04(月) 21:57:48 ID:1j5h4e+d
age

140 :null?null?:2005/04/05(火) 13:30:08 ID:FHCwdgDZ
新学期ですね。今年度もよろしく。

141 :実習生さん:2005/04/05(火) 22:44:48 ID:Vc8ORodL
ゆとり教育っていつから始まったの?

142 :実習生さん:2005/04/06(水) 00:11:58 ID:73iWt7xp
きのう

143 :null?null?:2005/04/06(水) 10:15:13 ID:E4T9Gb2w
来年度の中学校の教科書からは2次方程式の解の公式が復活するそうだね。
他にも以前に削除された項目が続々復活してるようだが、。。。。
 削除された項目が復活するのには、別段不満はないけれど、ボリュームだけ増やして、
授業時間は現状のままというのでは、片手落ちではないか?

 益々、無能せんせの教科書棒読みがはびこる結果にならないかい?

144 :実習生さん:2005/04/06(水) 12:09:56 ID:rlAKsOaq
教科書は今の10倍ぐらいに内容を増やして、読むだけで楽しめるものに
すべきだな。

145 :実習生さん:2005/04/06(水) 13:15:28 ID:baWtcJD2
新しい学習指導要領を作成した関係者に責任をとらせよう
さあ文部科学省にクレームのメールを送ろう

中学教科書の検定結果公表、「発展的記述」が初登場
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050405-00000112-yom-soci
 来春から中学校で使われる教科書の検定結果が5日、文部科学省から公表された。
 学習指導要領の範囲を超えた「発展的記述」が、高校用と小学校用に続いて登場。
子どもたちの学力低下に配慮し、基礎学力の定着をこれまで以上に重視する傾向も強まっており、幅広い学力層に対応した教科書づくりが進んだ。

教育指導・教材
goiken01@mext.go.jp

教科書
goiken02@mext.go.jp

< 電子メールの場合> ・ 次の項目全てについてご記入の上、ご送付ください。(電子メール本文にコピーして貼り付けてください)
(氏名)
(性別)
(年齢)
(職業)
(意見)
・ セキュリティの関係上、添付ファイルは開くことができません。ご意見・ご要望は必ず電子メール本文に記入してくださるよう、お願いいたします。


146 :実習生さん:2005/04/06(水) 13:16:39 ID:baWtcJD2
新しい学習指導要領を作成した関係者に責任をとらせよう
さあ文部科学省にクレームのメールを送ろう

脱ゆとり、16年前の厚さに 文科省の中学用検定
 文部科学省は5日、来春から使用される中学校教科書の検定結果を公表した。学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」が中学で初登場し、
学力低下を受け練習問題も増加。ページ数は現行に比べ数学と理科がともに23%増えるなど、ゆとり路線のスリム化から一転、教科書の厚さは16年前の水準に戻った。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050405-00000113-kyodo-soci

中学教科書の検定結果公表、「発展的記述」が初登場
 来春から中学校で使われる教科書の検定結果が5日、文部科学省から公表された。
 学習指導要領の範囲を超えた「発展的記述」が、高校用と小学校用に続いて登場。
子どもたちの学力低下に配慮し、基礎学力の定着をこれまで以上に重視する傾向も強まっており、幅広い学力層に対応した教科書づくりが進んだ。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050405-00000112-yom-soci

教育指導・教材
goiken01@mext.go.jp

教科書
goiken02@mext.go.jp

< 電子メールの場合> ・ 次の項目全てについてご記入の上、ご送付ください。(電子メール本文にコピーして貼り付けてください)
(氏名)
(性別)
(年齢)
(職業)
(意見)
・ セキュリティの関係上、添付ファイルは開くことができません。ご意見・ご要望は必ず電子メール本文に記入してくださるよう、お願いいたします。


147 :実習生さん:2005/04/06(水) 14:13:42 ID:/aIAXU1T
>>143
同意
授業密度が変動しまくって、教師も生徒も大変そうだ。

148 :実習生さん:2005/04/06(水) 19:51:19 ID:GwE+afKj
>>145-146
なんでクレームのメールを送る必要があるの?
ゆとり教育の方がよかったのか?
自分としては、今回の方針の方が良いと思うけど。
>>143 
>ボリュームだけ増やして、授業時間は現状のままというのでは、片手落ちではないか?
というのは本当にそのとおりだと思うので、授業数も増やす方向で検討してほしいな。
あと、学習指導要領が変わったから現場の教師が大変だというけれど、
生徒のためを思ったら、そんな不満は言ってほしくない、生徒が主役なんだ。
普通の企業だったら業績が悪くなったら即改善策立てて計画変更だぞ。
それに最悪リストラだって有り得るんだから。
最近の教師は自分のことばかり考えて怠慢な人が多いような気がするな。
>>144 の言うように、教科書は読むだけで理解できるような参考書的なものでもいいかもね。
読んで楽しめる内容の教科書なら生徒は進んで勉強するかも。
とにかく生徒は内容が理解できれば勉強が好きになる、
分からないから嫌いになって勉強しなくなる。
教科書のできと教師の能力が良ければ生徒は結構勉強好きになると思う。

なんでも良くなるなら変化も必要だと思うし、変化を嫌うようでは進歩は無いよ。
世界中で教育に力を入れる中、他の国の子達が優秀になってるのに、
日本の学生だけが色んな面でダメになっていっては可愛そうだ。
日本の教師と親はもっと子供を大切にしながらも躾もしっかりして、
自分自身が賢くならないとさ、死ぬまで勉強だよ。

149 :実習生さん:2005/04/06(水) 20:15:21 ID:viH/I172
総合的な学習の時間の縮小。
中学校の選択教科の廃止。
これだけでずいぶんと授業時間が確保できるようになるのだが・・・

150 :実習生さん:2005/04/06(水) 20:25:47 ID:lxfLUeo8
仮に時間を確保できても、良い授業できる人が少ないような気がする。
ノウハウが無い予感。

151 :実習生さん:2005/04/06(水) 20:30:36 ID:viH/I172
何をもって良い授業とするかが問題なのだが。
そもそも今の学力低下は、小学校で無理に《良い授業》をやろうとしすぎたのが発端だし。
小学校で余計なことすんな。中高教員はもっと勉強しろ。 という方針でやればいいと思う。

152 :実習生さん:2005/04/06(水) 22:23:03 ID:leN4lw4z
149に賛成。

153 :おめーらは白痴:2005/04/06(水) 22:32:31 ID:Nw9qodJ8
>>149
うん。そうですな
選択も総合も
狂死のレベルではお遊びにしからならんしな

154 :おめーらは白痴:2005/04/06(水) 22:35:09 ID:Nw9qodJ8
>>150
>ノウハウが無い予感。
ないなー

できない子をできるようにするノウハウなんて
学校狂死にはない。
地域の個人塾とか補習塾、上場するくらいの個別指導塾(リソー教育、東京個別指導学院etc)なら別だが。

現場狂死にあるノウハウって、せいぜい
「いかに学力低下を誤魔化すような通知表をつけるか」

「いかに見てくれだけの授業をするか」
といったノウハウ




155 :実習生さん:2005/04/06(水) 23:03:29 ID:viH/I172
リソー教育だの東京個別指導学院だのに「できない子をできるようにするノウハウ」があるとは思えないが。
ただ単に「勉強しない(させられない)せいでできなかった子が、勉強してみたらできるようになった」だけの話。
ゆとり教育で埋もれた能力が開花しただけで、塾にノウハウがあるわけではない。
(もしあるなら、そういう塾出身の教員がぞろぞろ出てきているはずだ)

156 :実習生さん:2005/04/06(水) 23:04:18 ID:viH/I172
3行目訂正。

ゆとり教育のせいで埋もれさせられた能力が、塾での勉強によって開花しただけで、塾にノウハウがあるわけではない。

157 :実習生さん:2005/04/06(水) 23:29:31 ID:f8JveiE9
>>154
> 「いかに学力低下を誤魔化すような通知表をつけるか」
> か
> 「いかに見てくれだけの授業をするか」
> といったノウハウ

それがもし事実だとするなら、原因は教師にあるわけですか?
今どきの風潮を見ると、そうではないような気もしますが。
ろくに勉強をさせもしないのに、自分の子供の通知表が良くないと文句をいう
親とか、そういった類いのものがいそうな気がしますが、気のせいかな?

158 :実習生さん:2005/04/06(水) 23:34:13 ID:f8JveiE9
>>155
言葉の定義の問題として、「有効な具合に勉強をさせて能力を開花させる方法」というのが
あるなら、それが即ち「ノウハウ」の類いでしょう。それらの業者がどうなのかは知らない
ですが。

159 :実習生さん:2005/04/06(水) 23:58:52 ID:lxfLUeo8
>>155
>>ただ単に「勉強しない(させられない)せいでできなかった子が、勉強してみたらできるようになった」だけの話。
学校が駄目だから仕方ないじゃん。
塾は勉強させてる、途中経過はどうあれ結果が出てる、ノウハウがあることになる。

160 :実習生さん:2005/04/07(木) 00:11:48 ID:2lcaD6Zp
>>157
>>今どきの風潮を見ると、そうではないような気もしますが。
流行や周囲にながされて、通知表粉飾・手抜き授業してるのは危ないような。
見てくれだけの授業してるから学力低下が起きてる気がする。

>>ろくに勉強をさせもしないのに、自分の子供の通知表が良くないと文句をいう
>>親とか、そういった類いのものがいそうな気がしますが、気のせいかな?
クレームつけてくるのは塾無し+家庭学習無しの子供の親だけでは?
子供に勉強させてる親なら、今時学校の成績なんて無視してる予感。

161 :実習生さん:2005/04/07(木) 00:35:06 ID:tUSU7H/S
長年、塾講師やってたものですが。
なぜ子供は塾だと勉強するのか?
それは塾がいわゆるセカンドスクールであり、学校は遊ぶところで、
塾にいるときくらい勉強しようという気になりやすいから。
もし学校がなくなって、塾だけになったら、
子供達は塾でも勉強しなくなって、さらにもう一つの勉強場が必要になるよ。
塾に優れたノウハウがあるわけじゃない。

162 :実習生さん:2005/04/07(木) 01:01:07 ID:iN3YS1HJ
>>161
塾講師をしておられながら、塾の本質に関する冷静な分析、恐れ入りました。おっしゃるとおりだと思います。
最近は、専門学校や英会話学校なども、大学生などにとって、あなたのおっしゃるような意味での塾の機能を果たしつつあるようです。

163 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/07(木) 01:12:27 ID:arhuqrPi
ある私立の進学校の生徒がちょっと遠いところの予備校に行くことになった。
なんか評判を聞きつけて。で、行ってみると、自分の学校の先生がアルバイト
してたらしい。お受験板などには、そんなリアルな話しがたくさんあります。
実際、放課後は子弟そろって塾へ直行するガッコもあります。

>>161の分析は、その通りだと思います。162さん同様、感心しました。

164 :おめーらは白痴:2005/04/07(木) 01:58:23 ID:HNeX6xf5
>>155
>リソー教育だの東京個別指導学院だのに「できない子をできるようにするノウハウ」があるとは思えないが。

誤解があったので付け足しさせてもらうが
上記の会社が持っているノウハウは
元々学力はあるが、しっかりとした指導を受けてないため、いわゆるテストの点数という学力に結びついていない子
に対する指導ノウハウです。

まあ、箸にも棒にもかからないどうしようもない子を、最低限のこと(読み書き計算)くらいはできるようにするノウハウではないです。


165 :おめーらは白痴:2005/04/07(木) 02:00:46 ID:HNeX6xf5
>>155
>ただ単に「勉強しない(させられない)せいでできなかった子が、勉強してみたらできるようになった」だけの話。
>ゆとり教育で埋もれた能力が開花しただけで、塾にノウハウがあるわけではない。

それは、いわゆる公立学校にそういう理念がないから
公立学校がそうやってダメになってるから、私学や塾が流行るんだよ。

>(もしあるなら、そういう塾出身の教員がぞろぞろ出てきているはずだ)
ノウハウを持ってる人が公立学校へ行っても、そう言うノウハウを活用しよう
っていう考えがないんだから、宝の持ち腐れになってしまうからだよ

166 :おめーらは白痴:2005/04/07(木) 02:04:26 ID:HNeX6xf5
>>157
>それがもし事実だとするなら、原因は教師にあるわけですか?

原因が
狂死だけにあるわけではない
一番の原因は文部科学省であることはいうまでもない。

ただ文部科学省がどうしようもないことをやっても、
俺たち一般人には、ナスすべがないんだよ。

しかし、唯一狂死だけが防波堤になることはできるはずだ。
例えば通知表のつけ方一つとっても、
学力低下が起きていること自体は、今すぐにどうにかできる問題ではないが、
文部科学省の尻馬に乗って、
「学力低下はない」
とかいって、お遊びみたいな授業をやるとか
「絶対評価で、学力低下を隠してしまうような通知表」
をわざわざつけなくってもいいだろ。

167 :おめーらは白痴:2005/04/07(木) 02:11:15 ID:HNeX6xf5
>>160
>子供に勉強させてる親なら、今時学校の成績なんて無視してる予感。

なこたあない。

以前も書いたが、

親だって金が余ってるワケじゃないから、
小学校のうちは塾に通わせずに、中学校に入って塾に入れても大丈夫だろうと
世間をなめきってすっかり油断している親はかなりいるんだそうだ。

小学校の通知表を鵜呑みにしてね。
なにせ「1」なんかつかないんだから
9割方の親が、うちの子は普通と思ってるw
でも蓋を開けてみたらびっくり
中学校に入っても分数の計算すらできない

こうして塾から見放されて後の祭りって子は結構多いんだとよ


168 :おめーらは白痴:2005/04/07(木) 02:12:17 ID:HNeX6xf5
>>161-163

アフォ丸出し


169 :実習生さん:2005/04/07(木) 04:13:28 ID:piTKGpiq
>>161
>>それは塾がいわゆるセカンドスクールであり、学校は遊ぶところで、
>>塾にいるときくらい勉強しようという気になりやすいから。

逆に、学校は勉強するところで、塾にいる時くらい遊ぼう。
と、なぜならないのか、考えたことはありませんか?

学習塾で子供達が勉強するのは、「学習する事が目的」だからです。
それ以外に目的がなく、生徒もその目的のために通うのです。
もしも公立学校が無くなり学習塾だけになっても、
そこに通う生徒は勉強するでしょう。
それしか通う目的が無いのですから。

170 :実習生さん:2005/04/07(木) 05:14:56 ID:ZHYPb8vQ
161の考え方は見当はずれ。
勉強を強制されない大人になってから勉強をしてみたくなった、とかいうのと似ているかもしれないが、そう思ったからといって勉強を始める例など稀。水と空気と学校はタダとか思った勘違い。
169には部分的に賛同。でも、目的は勉強ではない。塾は、もっと先に目的があって通うもの。
164、大間違い。
TKGには勉強に関するノウハウなど皆無。営業ノウハウがあるだけ。詐欺の教材販売会社より僅かにマシなだけ。教育産業の恥の一端。

171 :実習生さん:2005/04/07(木) 08:25:41 ID:tUSU7H/S
>>161
>>逆に、学校は勉強するところで、塾にいる時くらい遊ぼう。
>>と、なぜならないのか、考えたことはありませんか?

学校で勉強しなくなったから塾に行くんだろ。
塾に行きだしたとたん、塾で遊んで学校では勉強なんて切り替えするか?
どちらが先かという順番は重要。
それに学校の方が友達も多いし、施設的にも遊びやすい。
慣れもある。
だから塾に通い始めた当初は勉強しても、なれたり友達ができた頃にはしなくなるやつも多い。

子供達が塾を「学習するとところ」として位置づけているのはそうだろう。
わざわざ余分な金も払ってるし。
でもそれは単に社会的通年がそうさせているのであり、
個々の塾にそうさせるノウハウがあるわけではない。


172 :実習生さん:2005/04/07(木) 14:48:38 ID:GzRN2IHY
>>171
行き始めた順番ですか、、、慣れですか、、、

何かをする目的がはっきりしている。それこそが意欲に繋がる。
塾は存在自体に目的がはっきりしている。そろばん、習字、ピアノ、野球、学習等々。
生徒(親)も、その目的に沿って塾を選ぶ。だから、生徒は目的に従って行動する。

目的をはっきりさせる事が塾の集客技術の1つでもあり、講師の教授技術の1つなの。
逆に学校は目的がはっきりしないから、個々の生徒が自分で判断してなんとなく生活している。
だから、学習意欲も低くなる。

決して、行き始めた順番や慣れの問題ではないよ。

173 :実習生さん:2005/04/07(木) 17:52:32 ID:tEnDKsrR
塾に行く目的は勉強すめため。
たしかにはっきりしている。
でもそんな当たり前のことに、塾や講師の技術など関係ない。


174 :実習生さん:2005/04/07(木) 18:00:29 ID:Cb8wPSQ1
じゃあ聞きますが、


学校の目的は何ですか?


人間性、社会性を磨くことなどの抽象的なことではなく…

175 :実習生さん:2005/04/07(木) 18:56:15 ID:eVvJ8J93
初かきこです。
発展的学習とか言っていたりしますが、熱心な先生(学校)とそうでない先生(学校)で教えられた差が現状以上にすごくつきそう。
発展とか言っても乗ってる教材と乗ってない教材もあるわけですし。
必ずまなぶかどうかは疑問。(犠牲になってる生徒がかわいそう‥

学校の目的は、そのランク(学力)や目的(進学講、専門講など)によって違うとは思いますが

個人的には現状は、若い時期、ひとところに集められてマターりするとこ。なんかじゃないですか。
で、学力向上させるために塾が台頭している。(ほんとは学校がすべてしたらいいだけの話なんですが)
普通の学校では詰め込み悪いという風潮だから、よけいにこうなるんじゃないですか?

絶対詰め込みを汁、といいたいわけではありませんが‥

176 :実習生さん:2005/04/07(木) 23:38:34 ID:fjFnz9Tt
>>173
その当たり前のことを実際に行うことや、それに説得力を持たせることが技術なの。
と言っても、実際に講師や教員をやってみないと分からないだろうなぁ。

177 :実習生さん:2005/04/07(木) 23:44:34 ID:DuXYeFdI
学校なのに勉強という大義名分が使用できないのは危険な予感。


178 :実習生さん:2005/04/07(木) 23:55:19 ID:tUSU7H/S
えらい簡単な技術だなww
大学生のバイト君でもできるしね。

179 :実習生さん:2005/04/08(金) 00:15:34 ID:zZGcccxi
>>176
説得力って言ったって、

「学校は荒れてるだろ?崩壊してるだろ?」
「学校の授業ってレベル低いだろ?やってらんないだろ?」
「学校では学力低下してるし、マジにやってもしょうがないぜ?」
「学校じゃこんな事教えないだろうな」

と生徒に注入して、学校を貶すことで成立する説得力だろ。
それを以って技術があると勘違いしない方がいいよ。


180 :実習生さん:2005/04/08(金) 00:28:34 ID:PMole4u/
たしかに塾ってビシバシ鍛えてくれるイメージがあるよな。
ホントはそういう指導ができてるところってごく一部なんだけどね。
でもそういうイメージが定着してるし、メディアも強調したがるから
ホントは学生バイトとか、主婦のパートとか、他に仕事がないやつとかが
講師やってるようなところ(大部分の塾)でも、
優れた指導をしてくれそうな錯覚をもつんだよね。


181 :おめーらは白痴:2005/04/08(金) 01:13:24 ID:8ZoBjyN3
学校で勉強をまともに教えてないから塾に行くんだよ

OK?

まあ子どもの遊び場がないから、なんとなく塾へ行かせるという理由が大半らしいが、
仮にそうだとしても、勉強まで教えてくれるんだから一石二鳥ってこった

182 :おめーらは白痴:2005/04/08(金) 01:14:39 ID:8ZoBjyN3
>>175
総合をやっても
当の子どもは「遊んだ」、「楽しかった」くらいにしか思ってないからね。
学習効果とか教育効果という点では、疑問符しかつかない。
よっぽど技量のある教師が話は別だが、そんな教師2割にも満たないね

183 :実習生さん:2005/04/08(金) 06:16:48 ID:jrI9BFbG
>>167
まったく同感!
おいらは小学校の新5年の子供を持つけど、この間のゆとり教育は算数に致命的打撃を与えているよ。
国語は以外と「総合」とやらで調べ学習や発表の機会があって、却って表現力、文章力はついているかも。
でも、算数はすごいことになってるよ。

でも、今の小学校の通知表って、親が見てもよくわからないんだよね。
抽象的項目がたくさんあって、しかも絶対評価。
結局、分数の計算がちゃんとできるかは親が問題をやらせてみて判断するしかない。

幸い、うちは、中学受験用の塾に子供を通わせて、学校の算数の現状に気が付いたが、
そのまま、中学までまったりやって、「中学からそろそろ」なんて考えている親は悲惨でしょうね。
数年後、「こんなはずじゃなかった」っていう怨嗟の声が中学親から蔓延すること間違いなし。


184 :実習生さん:2005/04/08(金) 06:21:42 ID:jrI9BFbG
けどねえ、笑えるのは、教師の子供。
それがちゃんといるのよ、中学受験塾に。

別の小学校だったけど、以前からの顔見知りの高校数学教師の子供が最近、うちの子のクラスに
入ってきた。
できは良くないみたいだけど。


185 :実習生さん:2005/04/08(金) 06:28:46 ID:hC0tLGPb
絶対評価になって通知票の書き方が、さらに曖昧になった。
内容を具体的に書いているつもりでも、些細なことばかり。
内容の悪いことを書くと、後から追及されてややこしいことになるのを避けるため。
基本的にそういう教師や職場に仕事上の責任感がないと思う。


186 :実習生さん:2005/04/08(金) 08:41:05 ID:PMole4u/
>>181
>学校で勉強をまともに教えてないから塾に行くんだよ
学校がしっかり教えていれば塾に行かないというのは、低学歴の発想だなww
さすが教育大。
いくら勉強できるやつだって塾に行く。
皆と同じ勉強量では差がつかないからね。

187 :ある塾講:2005/04/08(金) 10:58:26 ID:N2+NHGdx
>>184
私も以前、中学の先生の子どもを見てました。
学校の先生も塾は必要だと思っている方は多いようです。

188 :実習生さん:2005/04/08(金) 11:08:57 ID:OyJZU4Rk
>>187
学校の先生だからこそ塾の必要性感じるんじゃないの。
リアルタイムで凋落ぶりを目の当りにできたから。


189 :実習生さん:2005/04/08(金) 13:43:37 ID:Td9fOsEH
>>179
えっと、学習指導その他を個別相談するような学校の教師や塾には、出会ったことある?
個々の成績や性質、目標によって、今何をすれば良いのかを示唆するような。

そこに書いてあることは、むしろ禁句だと思うよ。

190 :null?null?:2005/04/08(金) 16:19:10 ID:HAtH6Vh8
こちらは田舎なので、中1から塾に通ってくる子は
まず、四則計算が普通にできれば上出来と考えなくてはいけない。
そこから派生して、プラスマイナスの符号を含んだ四則計算、文字を
含んだ四則計算が普通に出来るようになるまでは、地道に教えていかない
といかん。これが田舎の公立中学しかない地方の現状だね。
 しかし、「普通に四則計算が出来る」というのは結構重要で、中1から指導が出来た
子どもたちは、中3の頃には、計算に対してストレスがなくなるのかもしらんけど、
応用問題もさほど苦労なく解けるようになるので、指導してる方もストレスがなくて
いいぞ。
 そのような子には有名私立の入試問題解かせても、解法のキモだけ教えてやると
あとは自力で解こうとするので、学習意欲も高いということだろう。
 もっともそういうレベルだから、首都圏の進学塾に通ってる子たちとは実力は
雲泥の差なんだろうが、高校に入って自力でなんとか出来るきっかけになれば、
良しと思ったほうがいいのではと思う今日この頃です。
 まあ、中にはその環境の中でもそこそこの地方の進学校に進学する子も出てくるのでな。

191 :実習生さん:2005/04/08(金) 20:01:09 ID:mL5bV+z2
>>186
 ↑
こういうタイプの読み間違いをする者が時々いるけど何なのかな?

192 :おめーらは白痴:2005/04/08(金) 20:41:59 ID:RIwwFLl1
>>191
狂死だから(偏差値が低いから)


193 :実習生さん:2005/04/08(金) 20:43:54 ID:/oopyagl
学校の教師は、戦前と同じような一斉指導しか
頭にないのか?
アフォの集団だから進歩が無い。チンポも無い。


194 :おめーらは白痴:2005/04/08(金) 20:45:40 ID:RIwwFLl1
>>190
君みたいな熱心な塾講師にで会えた生徒はね。まだいいんだよ。
本当は狂死がやるべきことなのにね

だからオレは普段狂死は仕事をしていない給料どろぼうだ
と言っているんだが、言われてる奴が一番わかってないからね
それどころか単なる狂死叩きとしか思ってない
あきれてものが言えない

金はらって、塾か私立へ行かないとまともな教育が受けられない。
それに金払って塾へ行っても null?null?みたいな親身になって教えてくれる人に出会えるかどうかは別。

そう言えば最近の狂死のレベルの低さを物語る言葉の一つに
「親身になって教えてくれるかどうか」
ってのがあるなー。

下心見え見えの狂死ってのはごまんといるけどなw

195 :実習生さん:2005/04/08(金) 20:53:17 ID:/oopyagl
小学校の教師 楽そうだし
また、舞い戻ろうかな。

196 :実習生さん:2005/04/08(金) 21:24:33 ID:K8eml1cD
>195
いやあ、そうでもないんじゃない?
ゆとり教育のおかげで堕落した児童の面倒を見るのは、かなり骨が折れるよ。
で、その責任を押し付けてくる親も五月蝿いと・・・

197 :実習生さん:2005/04/08(金) 21:29:55 ID:S3DVzIEV
>>196
そう思うよ。
どーのこーの言っても今の先生は大変だよ。
バブル期の親にゆとり教育子供
これ最強。

198 :実習生さん:2005/04/08(金) 22:39:45 ID:PMole4u/
ハクチ=教育大=Fランク

199 :実習生さん:2005/04/09(土) 05:14:54 ID:kHZJ+O3S
親は自分の子供の教育に関しては、一にも二にも三にも学力なんだよ。
だから、あれだけ塾が流行ってるわけだ。
とにかく、教師に本音で一番望んでいることは、子供に学力つけてほしいと思ってるわけ。

ところが、マスコミはそれではネタにならないから、事件性のある取り上げ方をしたり、
行政・文科は抽象的な人格教育をあれこれ盛り込んだりして自分の仕事をした気になってるわけだ。
そして、調子に乗りすぎて今回、「ゆとり教育」を持ち出したが、庶民の本音に負けた。

っていうか、音頭をとったのは一部の学者だけど、底流には庶民や親の「子供には学力をつけてほしい」
っていう本音が渦巻いていたから、それを政治的声にまとめ上げたというところでしょう。

ところで、教師の側も実は親の切実な要望がわかってない。
親はエンジンがしっかりした車がほしいと思っているのに、販売店は「いやいや、車はタイヤでしょう」とか
「内装こそ重要」とか言って、親の要望とは違うものを親に提供している。
となれば、金のある親は私学へってことになるのも当然の流れ。

ここがわからない限り、親の学校への信頼度は回復しないよ。



200 :実習生さん:2005/04/09(土) 09:11:35 ID:33jeSyGs
学校では評価軸が学力だけではないからね。
勉強はできないけど、スポーツで秀でているとか、絵がうまいとか、
性格が激しく良いとか。。
人それぞれでいいってやつ。
なので、勉強ができない子でも何かひとつでも長所をもっていれば、
教師は安心してしまって、無理に学力をのばすことにこだわらなくなる
部分があるんじゃないの?
そりゃ勉強もスポーツもできた方がいいに決まってるけど、所詮は他人の子だから。
その点、塾ではスポーツができようが、絵がうまかろうが関係なく、
だだ学力のみにこだわるからね。

201 :実習生さん:2005/04/09(土) 14:01:34 ID:YRXipPG7
最低限の学力は保証すべきという話は
ありますが、如何なものでしょう。

202 :実習生さん:2005/04/09(土) 15:02:42 ID:sM4FeMAr
公立学校って、障害者教育に似ているように思う。

足の悪い人のために段差を低くしたり通路を広げたり。
また、足が悪くても絵が上手いと評価したりする。

頭が悪い人のために、全体の学力を下げたり評価基準を広げたり。
また、頭が悪くてもスポーツうまいからねと評価したりする。

頭が悪いヤツは障害者と一緒で、それは仕方がないから、
周りが合わせてあげましょうって事なんだろうな。

203 :実習生さん:2005/04/09(土) 15:14:04 ID:Bm3V3rcR
>>202
ああ、そういうことなのかも。
でもそうやって教育しても社会に出て使えるのかね。
障害者は雇用が法律で保護されてるが、
頭の悪い奴はそうはいかんね。

この人は頭は悪いんだけど、足が速いので採用してください
とか言われても俺は採用せんぞw。

204 :実習生さん:2005/04/09(土) 15:47:22 ID:YRXipPG7
先生、頭が悪いとリーダーになれないって
考えは、捨ててください。
それと、勉強できない人間でも、学習についていけるような
指導方法を考えてください。答えはあるはずです。


205 :実習生さん:2005/04/09(土) 16:59:51 ID:33jeSyGs
頭が悪くてもリーダーになれるよ。もちろん。
でもね、頭の悪いリーダーは迷惑なんだよ。

206 :null?null?:2005/04/09(土) 17:06:55 ID:/snVz7sL
>>204
>勉強できない人間でも、学習についていけるような
指導方法を考えてください。答えはあるはずです。

方法はある。よくいわれるのは、自動車教習所方式
個人が技術を収得できない場合は、何度でも同じことを行なう。
ある段階をパスしたら、次の段階へと進む方式。
欠点は、個人が技術を収得できなかったら、いつまでたっても
同じ段階に留まるので、時間的に何時間で次の段階というのが読めない
こと、学校教育に例えたら、入学しても一年生の1学期の単元が収得できない
人は何年かかっても、1学期の授業を受け続けないといけないという原則
があるということかな?自動車教習所のような、個人指導に特化したような
場面でないと採用しているところは少い。

207 :実習生さん:2005/04/09(土) 17:29:05 ID:YRXipPG7
どの段階でつまづいてるかすら
チェックできない教師が
何言ってるのやら。

208 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 17:29:25 ID:RPk2waVl
>>206
はっきりいってやれよ

留年制度だって

でも、まあはっきりいって日本の教育に留年制度はなじまないね
それどころか、これまで留年制度なしで国際的な学力調査で常にトップレベルにいられた理由を考えるべきだね
これまでの日本の教育はそういうところが優れていたんだよ

ところが今の教育ときたら・・・
まあ教えてる奴がゴミみたいなやつらばっかだからなー

209 :実習生さん:2005/04/09(土) 17:41:01 ID:33jeSyGs
いつまでが優れていて、いつからダメになったんだ?

210 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 17:46:01 ID:RPk2waVl
>>207
まあそう言う狂死は多いな

ってかほとんどかw

211 :実習生さん:2005/04/09(土) 17:46:51 ID:Bm3V3rcR
>>208
留年制度ね。確実だよね。
わかるまで、できるまで先に進まない。

同意だね。
留年制度なしで国際的な学力調査で常にトップレベルにいられた
日本独自の画一的教育を参考にする国もいたのに
日本は逆に外国を参考にしてるのかしらんが
「個性を尊重」とか「偏差値教育よくない」とか
あげく学力調査でトップ脱落。話にならんね。

そもそも教員ってお勉強できない奴がなる職業であって
お勉強できる人はならんからね。特に小学校教員

212 :null?null?:2005/04/09(土) 18:31:08 ID:fV9P0Lij
>>207
ん??
 わしのに返答か?誤解のないように言っとくけど
わしは、塾講だからね。

213 :実習生さん:2005/04/09(土) 18:51:05 ID:YRXipPG7
そんな評価じゃないよ
期末テストで、点が悪かったから
あんたは、留年よ!
それで評価してるつもりかよ。
そこまで、行ったら手遅れだろ。
毎日の授業で、誰がどこで
つまづいてるかって、評価することが
できないのかって行ってるんだよ。

214 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 18:57:45 ID:RPk2waVl
>>213
診断的評価とか形成的評価ってやつだろ

やってるよ現場狂死は

ただ、評価して「できんやつはできん」で終わりなだけだけどなw

そのできないこをどうするかっていうノウハウがないんだよ。現場狂死には

215 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:03:45 ID:YRXipPG7
適当にやってるってことだろ。
それじゃやってることにはならん。

216 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:05:09 ID:YRXipPG7
214
>できんやつはできん」で終わり
同意

217 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 19:05:37 ID:RPk2waVl
>>215
そうだよ
適当にやってる
って言いたかったんだからw

これが現場狂死の認識では「ちゃんとやってる」になるんだなー

218 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 19:07:14 ID:RPk2waVl
>>209
1990年代くらいまでかな
2000年以降は問題外
狂死が学校で何も教えなくなったに等しいからね

219 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:09:03 ID:YRXipPG7
LANで学習管理システムを作り
詳細かつ簡単にチェックできるようにして
理解が不十分な児童に対しては、
学年全体で集めて、補習をするなどの
対策が必要だと思うよ。
充分実行可能であるし、やれば、学力不振児はかなり減少するはず。

220 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 19:22:42 ID:RPk2waVl
>>219
>学年全体で集めて、補習をするなどの
>対策が必要だと思うよ。

そのできない子にだれがどうやって教えるわけ?
現場狂死をかいかぶらない方がいいよw

221 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:28:30 ID:YRXipPG7
できてないところを
重点的に教えることができるから
一斉授業よりははるかに効率が良いはず。

222 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 19:32:09 ID:RPk2waVl
>>221
ん?
「できんこはできん」としかおもってない香具師が
できない子を目の前にして、
具体的にどういう説明をして、
どういう問題をとかせetc
「どうやって教えるのか」ってきいてるんだよw

223 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:36:49 ID:YRXipPG7
そのシステムで再チェックできるので、
教師の評価にもなるのです。
そういう意欲の無い教師は
逝ってもらうのです。

224 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:38:03 ID:YRXipPG7
他のクラスの児童も
教えるので
あまり効果がないと
面目ないので
少しは考えるでしょ。

225 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 19:39:39 ID:RPk2waVl
>>223
なんだ
狂死の適性チェックの話か

まあ、一斉授業の前に補習みたいな形の授業(一斉、個別問わず)すら教えられないような香具師はいらないからね

ってかそもそもそういうのを教師とは言わないけどねw
そういう香具師が教壇に立たないようにするのが免許制度のはずなんだけどねw



226 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:41:28 ID:YRXipPG7
それに 暗記事項のチェックなら
覚えるまでやらせれば良いだけだしね。

227 :実習生さん:2005/04/09(土) 19:59:08 ID:nyH9iURF
ゆとり教育の話がちらほら出始めたのは1998年頃でして、
省庁所管団体へいろいろな事業を振り分けていました。
ゆとりという名のもとに、環境団体が猛烈にアピールしていたり・・・。
よって自然学校、環境教育など、自然と子供を食い物にしはじめていました。
自分達を文化人として名乗り、お金と名声のため何だかやってました。
よく文科省の役人と飲んでいたのを聞いています。
言っていることと、やってることが違いすぎ。
でも、ゆとりによる学力低下を案じた親たちは某塾へ・・・。
とにかく環境団体は注意ですよ。なぜかゆとり教育にかんでたしね。


228 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:06:11 ID:YRXipPG7
文部省はないほうが良いよ。やっぱ

229 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:16:03 ID:kt5GaNr2
大学の研究室なんかでも、厳格なところはきちんと指導してるしな。
他に塾なんか行かない。行く気もなければ行く暇もない。
塾など行かなくても研究室で勉強が出来る。

ま、得てしてそういう研究室は嫌われて、楽な暇な所に行くわけだが。
勉強する雰囲気にない所だと、凡人は勉強できないのが普通。
で、英会話学校などにお金を払ってわざわざ行っている。


230 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:18:52 ID:kt5GaNr2
>>227
某宗教団体の事?EM金?

EM金の効果は、土壌学会にもろ否定されてましたが。
環境と人権。いつの時代も、綺麗な言葉には裏があります。

231 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:23:45 ID:kt5GaNr2
>>225
免許って、大学にお金を払って4年間行けば自動発行でしょ?
薬剤師みたいに卒業後に試験に合格しないともらえないような免許じゃないし。
自動車学校と同じで、大学に行かないともらえない訳だけど。

団塊の世代が大量退職するから増やす、みたいなニュースがあったけど、
教員免許ってそんなもんかと思ってしまった今日この頃。
定年退職で現場作業者が大量にいなくなる職場というのも妙な話だ。

232 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 20:35:56 ID:RPk2waVl
>>231
自動車学校だって
金払えば免許が自動的にもらえるわけではない

学科試験もあるし、路上教習、仮免試験、卒検とあるんだし

一方教員はry

233 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:41:45 ID:ka2b5vcD
別に妙な話でもないんでないの?どんな業界だって、
起こりつつあることだよ。ただ、教育業界は、おじ
さまおばさま達がいっぱいいたんで、新規採用が抑制
されていただけでしょ。
 例えば大学。ヨボヨボじさいさんがとっととやめ
ればいいのに、いつまでも職にしがみついているせいで、
若手の研究者がなかなか常勤職につけないんだから。

234 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:42:56 ID:ka2b5vcD
あっ、ヨボヨボじいさんでした。すみませぬ。

235 :実習生さん:2005/04/09(土) 20:54:48 ID:kt5GaNr2
>>233
年齢の上昇と共にノウハウは蓄積されるけど、肉体的には限界が来るのが普通でしょ。
だから、ある程度行くと現場を離れて、現場にノウハウを伝える役目に回るべきでしょ。
大学は同じ公共教育機関だから比較対照に適さないとは思うけど、
大学教授でも、自分で実働部隊として研究している人はそんなに多くはないでしょ?
中には邪魔な人もいるだろうとは思うが。大学民営化で何か変わるかもね。

定年まで現場って人がいてもいいけど、定年まで現場ばかりってのはおかしくね?
どこの会社でも団塊世代の退職が目の前だけど、慌てて採用を増やしてたら会社がやっていけないでしょ。

236 :実習生さん:2005/04/09(土) 21:11:12 ID:N1rh7vpM
報道見る限りでは民間企業も程度の差はあれ、同じ問題に直面してるようだが。

237 :おめーらは白痴:2005/04/09(土) 21:12:41 ID:RPk2waVl
>>236
民間は対応が早い
一方、ry

238 :実習生さん:2005/04/09(土) 21:24:18 ID:a+oN8XrH
できんやつはできん

狂死が必死で教えても、自学能力のないバカには無理ぽ

「できんやつはできん」これが真理

239 :実習生さん:2005/04/09(土) 22:28:32 ID:kt5GaNr2
いい加減に仕事をこなすことが許されない職人の世界での後継者不足は深刻らしいけどね。
今でも70歳とかいう人が現役で働いてる。下がいないから技術の伝えようがない。

片やニートがいる。
その半分は「仕事やってみたけど自分に合わなかった」という連中。
もう半分は「就職活動しているけど、やりたい仕事につけない」という連中。

>>236
安易に「じゃあ来年から人を増やしましょう」なんて事はまず言わない。

240 :実習生さん:2005/04/09(土) 23:26:29 ID:g3JnDj8b
>>227の言うこともなんとなくわかる。
さっき、NHKのスポーツニュースでバレーボールの「英才教育」についてあった。
全国から11人選ばれたんだけど、その基準は@体格が選手向きA親がスポーツ経験
(国体レベル??)だそうだ。福岡から来てる子もいた。(養成所は大阪)

 これを勉強にすると、@優れた学問センスA親が学問分野で実績になるが
これをやると猛反対がありそうだ。
もっと身近に考えると、@全国レベルの学力A親が一流大出身を基準に選び
一流大学を目指す教育をするになるだろう。



241 :実習生さん:2005/04/09(土) 23:30:16 ID:bly7O5b2
>>235
それがさ、教員ってのは中途半端に誇り高くて、しかも嫉妬深い。
だから、若い連中に授業を見せて批判されるのを恐れ、
授業技術が追い越されるのを嫌がる。
さらに、妙にオリジナリティを重んじて、
他人の真似や既存の授業案をそっくりそのままやることを、
例レベルの教員のすることのように考えている。

いつまで経っても、新任は0からの出発で、
授業技術が受け継がれる事のない世界なんだな。

242 :実習生さん:2005/04/10(日) 02:06:59 ID:+SIh3lsJ
>>241
俺は教師じゃないので聞くんだけど、私立でもそうなの?

243 :実習生さん:2005/04/10(日) 09:53:51 ID:2U+3JBTv
230さんへですが、EM金ではなく環●省関係です。
自分達だけでお金回してる。事前に事業への便宜図ってもらってる。
企業と連動とかいって仕事してるけど、
なんだか時代錯誤な人々。ほぼ同じ役員たちがスライドして
文●省の団体もつくっている。お財布の数しれず。
褒章ねらって?樹を植えちゃったり、自然解説しちゃったり、
本当に君たちの仕事なのでしょうか。
ついでに助成金の領収書を偽造してたのを友人が直視した。問題だ。

244 :実習生さん:2005/04/10(日) 10:20:41 ID:GaabTlTz
総合学習で思考力・表現力などは見につくはず
それがうまくいってないとすれば教えるほうが馬鹿だから

教員免許制度を根本的に改革して、帝大を出たら短期間の研修を受けたら
それだけで教師になれるようにすべきだ

教師は勉強を教えるのが仕事なんだから高学歴をプラスに評価して採用して当然
人格重視にしてから余計馬鹿が増えた

あと、TAをたくさん入れることだな
学問の現場にいる院生や、産業の現場にいる技術者などをTAとして導入すべき

あと、「生徒指導」(いいかえるとDQNの子守)には警察や自衛隊のOBを配属将校、じゃないや、
「生徒指導員」として各学校に配属すべきだ。授業を聞かずに幼児みたいにわめく馬鹿のお守りは
大卒者がやることではない。

245 :実習生さん:2005/04/10(日) 21:23:39 ID:D8DTqoNh
>>244
そうすると、思考力・表現力などが「見につく」わけかね?

246 :実習生さん:2005/04/10(日) 22:45:19 ID:AbpnSLS2
> 帝大を出たら

宮廷学生の能力を過大評価してないか?

247 :おめーらは白痴:2005/04/10(日) 22:49:34 ID:cDMSj/Pk
>>246
いや、過大評価していないからこそ
旧帝未満の教育大なんて
って思ってるんだよw

OK?

248 :実習生さん:2005/04/11(月) 09:39:59 ID:KqlFqgvu
>>245
指導するほうが頭がよければ生徒の水準も上がるよ
今みたいに教育大卒のアホが教えていては話にならない

彼らは「勉強」は教えられても「学問」は教えられない。
しかし思考力や表現力はパターンの決まった「勉強」ではなく「学問」からこそ生まれるものだ。

249 :実習生さん:2005/04/11(月) 21:43:13 ID:wm5K6oo8
>いや、過大評価していないからこそ
>旧帝未満の教育大なんて
>って思ってるんだよw

自分のことだろ。
教育大卒。

250 :実習生さん:2005/04/11(月) 21:53:31 ID:nXNEwrXS
つーか、おまいら、具体的にやりたい時間割を書いてみろや。

251 :実習生さん:2005/04/11(月) 22:42:51 ID:cWLwH06/
中学生が防空壕で亡くなった事件とゆとり教育は関係ある?

252 :実習生さん:2005/04/11(月) 23:33:20 ID:rZtcChmv
理屈と膏薬とはどこにでもつくとか言いますからね。

253 :ある塾講:2005/04/12(火) 10:56:25 ID:X9eYBbbp
フィンランドの1人当たりの国民総所得を見ると
23890ドルとなっているのですが
これってかなり低くないですか?

254 :私立擁護派公立出身地底:2005/04/12(火) 12:27:13 ID:/YGf5ygY
>>249
みんな白痴みたいに思っているのに
教員だけが知らないの。
だから世間知らず〜みたいなスレが立つんだよ。

255 :ある塾講:2005/04/12(火) 14:08:35 ID:zn8Zsz5q
また、高等教育の割合が80%になっていたようです。
同資料では、日本で40%になっていました。
これって、大卒の割合でいいのですよね。
国民の8割が大卒とは、どういう状況になるのでしょうね。

256 :実習生さん:2005/04/12(火) 14:23:48 ID:u+1z1olz
253
アフォ そんなに低くはないよ。
三人家族で、800万円だろ
それに物価が日本よりはるかに安いと思われるが。。。

257 :実習生さん:2005/04/12(火) 14:34:57 ID:u+1z1olz
255
アフォ そんなこと考えるから
教師はアフォだと思われる。
通信教育やら
働きながら大学行ったり
奨学金の制度が充実していたり
だれでも大学で勉強できるようなシステムがある。
大学院進学率だと、もっと差があるでしょう。
アメリカでは人種差があるが、黒人でさえ5割近くの高校生が
大学進学をしている。
日本の尺度でしか考えられないのは悲しいことだ。
もっとも、わが県では最近まで、教員の海外旅行には
校長の許可が必要だったが、
私が、米国留学のために依願退職した翌年から
許可が不要となったいきさつがある。

258 :実習生さん:2005/04/12(火) 14:40:35 ID:QDwYS5+R

おれは教員の「高学歴化」に反対しませんが(賛成もしませんが)、
それによる効果(子供の学力UP)はあまり期待できませんね。

学力低下対策をしたいなら個性重視の教育を止めて全体を重んじる教育に切り替え、
「学歴社会」をゆるぎないものとする必要がありますね。
良い大学を出る→良い会社に就く→良い家庭をつくる→良い人生!!
っていう公式が確かなものでなければ「学力低下」は当然の成り行き。
どうしても子供の学力向上を図りたいならそれこそ「愛国心教育」でもすれば良いでしょう。
全体を重んじ社会のために貢献するようになるでしょうよ。


259 :null?null?:2005/04/12(火) 14:57:15 ID:4SKc4YML
>>258
まるで、日本が高度経済成長を続けていた頃のような考え方ですね。
話が極端すぎて、現代にはマッチしていないように思います。
 まず、税制改革、(ニートでも生活できている現状が異常だと思います。)
子どもを3人育てれば、税金をほとんど払わなくてすむような少子化対策。
私立大学等に助成されている私学助成金の廃止。

 なんてどうですかね?

260 :実習生さん:2005/04/12(火) 15:37:53 ID:QDwYS5+R

>>259
当然、マッチするわけないでしょう。
我々は「自由」というあま〜い蜜の味を知ってしまいましたからね。

 >ニートでも生活できて・・・
確かに、異常ですね。
でも国が全く支援をしないと憲法に違反しません?
そもそもニートが生きてるのは親のせいだと思うが・・・。

 >少子化対策
うん!これ大事。
税金払わなくていいとかだけじゃなくもっと特典をつけるべきだよね、人数に応じて。
(どっかの自治体では行ってるようだね)



261 :実習生さん:2005/04/12(火) 15:48:01 ID:QDwYS5+R

現実的な対策は「少子化対策」しかないかな。
個人的な思惑としては、それで少しでも国や親の「過保護」がなくなればいい、
というのがありますがね。


262 :null?null?:2005/04/12(火) 15:50:18 ID:4SKc4YML
>>260
>でも国が全く支援をしないと憲法に違反しません?
 当然なにがしかの支援は考えられるでしょうが、それはニートが自立して生活できるようになるような
支援でないと問題だと思うよ。ニートをただ食わせているだけが支援なんて考えたら
まじめに働いて税金払ってる人間がバカバカしくなる。
>そもそもニートが生きてるのは親のせいだと思うが・・・。
 突き詰めれば、教育の問題かと?親は子どもの教育に責任を負ってるわけだから。
いい年こいても自立して生活できない子どもにしたのは、親の責任だろうね。
 社会のせいだ、景気のせいだなんてのは、テストの解答としたら、0点の解答だろうね。

263 :ある塾講:2005/04/12(火) 16:09:20 ID:UfhvSub0
>>256
日本は34010ドルとなっています。
日本よりは低いようです。

>>257
意味が分からないのですが
アメリカの大学進学率も日本より高いということを
おっしゃりたいのですか?

264 :ある塾講:2005/04/12(火) 19:00:22 ID:1aDCkt41
すいません、フィンランドの高等教育在学率は70.3%(1995)でした。
アメリカが81%(1995)ですから、間違えていました。
なるほど、確かにアメリカの大学進学率は高いですね。
こんなにたくさん大学に行ってもしょうがないような気がしますが

265 :実習生さん:2005/04/12(火) 19:26:06 ID:bzv5ZBv2
155 :実習生さん :04/05/22 10:25 ID:fsb7EGWi
とにかく人が余ってるんだよ。
もうすでに総労働人口の3〜4割はいらないくらいなんだとよ。いろんな理由で。
都内とかでも、有名私立大出ても就職なくてバイトしながら資格浪人するけれど
いっこうに合格しなくてそのままフリーター続ける層の人がものすごい急増して
きてるんだとさ。
だって早稲田や上智出て工場で流れ作業できるか?w
実力がプライドに伴ってない人間が大量生産されてるんだよ、明らかに。
日本で「いい大学まで出てこんな仕事やりたくね!」とか、誰もがやりたくない
しごとを中国人は日本人の10分の1の給料で喜んで朝から晩までやるんだよ。
学費が高騰するのは、みんなに夢を見せてあげることができるような余裕がなくなってきた証拠。
あきらかに意図的に超階層化を推し進めてる真っ最中だよ。テレビ番組とかも変になってきてるでしょ?
これからじゃ、親と同じだけの生涯収入稼ぐためには親の10倍以上の能力が必要。
ちょっとやそっとでは、下克上不可能な世の中になってきてしまっているんだよ。


156 :実習生さん :04/05/22 10:35 ID:fsb7EGWi
それに、金銭的な理由以外で大学への進学を妨げられてる人はたくさんいるよ。
それも元をたどれば金だってことになるんだろうけど、
上で書いてるような「普通の家庭からでもがんばればそのぐらいの金出せるはずだ」
みたいなのは、けっきょくは競争に勝ち残ったという自分の価値をたしかめたいから
そう考えるんだろうけど、世の中そこまで単純じゃないよ。
だいたい、小学校から高校までの12年間に誰も病気にかからず、誰の葬式も行われず、
また、どの年寄りも迷惑かけずに生きてうまいこと楽に死ぬ。みたいなことはほとんど
ありえないわけだから。あくまで卓上の空論でしかない。
現実の人生プランに即した考えじゃなすぎる。


266 :実習生さん:2005/04/12(火) 21:18:29 ID:u+1z1olz
日本みたいに、なんとなく大学へ行くんじゃなくて
ある程度キャリアアップって目的をもっていっていると思うよ。
大学院進学率だと、もっと差があるはず。

フィンランド人の所得が低いのは、円が強いのが大きく影響しているのでは?
生活のレベルは日本とそんなに変わらないでしょう。
ニュージーランドなんか1万2千ドルくらいだよ。
でも、日本人よりはるかに良い生活をしているとしか思えねー

フィンランドは、昔アホ大統領というのがいたな。今もやってるのか。
それと、東郷平八郎がお札になっていたらすぃ。本当か?


267 :ある塾講:2005/04/13(水) 12:00:02 ID:reuWdFCv
>>266
なるほど、大学生の質としてもフィンランドは日本より上ということですね。
それならば科学技術でもかなり発達していると思うのですが
あまりそういうイメージはないですね。
ノキアはフィンランドの企業だということは知っていましたが
他にも有名な企業などはあるのでしょうかね。

268 :ある塾講:2005/04/13(水) 12:37:40 ID:SShrC6VQ
また、院生にしてもフィンランドは日本より多いかもしれませんが
私などは今の日本の院生でも多いと思います。
これ以上いてもあまり意味がないのではないですかね。

269 :実習生さん:2005/04/13(水) 14:14:24 ID:2vNe5VPj
人口が500万、つまり北海道より人少ない国と
有名企業とかで比較しても仕様がないでしょ。


270 :ある塾講:2005/04/13(水) 14:50:29 ID:hx+IWJTY
フィンランドの高学歴の人たちは
社会でどういう仕事をして
どのぐらいの報酬をもらっているのでしょうね。

フィンランドの輸出の23%が電気機械とありますので
技術的には高いレベルなのかもしれませんね。
自動車は3%ですので
あまり大きな規模ではないようです。

271 :実習生さん:2005/04/13(水) 18:19:30 ID:6PCw8ltw
フィンランドに行ってこいや

272 :実習生さん:2005/04/13(水) 18:22:31 ID:9I0WIrr0
>>271
> フィンランドに行ってこいや
   ↑
 なにこれ?

273 :実習生さん:2005/04/13(水) 18:30:02 ID:2vNe5VPj
そんなに興味あるんなら
一度行って見て来いよと良い他のでしょ。
フィンランドでは、日本人はもてるらしいから。

274 :実習生さん:2005/04/13(水) 20:53:16 ID:li1UEPRl
大学関係者によれば、「今の修士論文のレベルは、10年前の大学生の卒論以下となっている」とか。

275 :実習生さん:2005/04/13(水) 21:45:13 ID:9I0WIrr0
>>273
ま、変なのもいるよね。

それはともかく、「いい」で「良い」が出るようにしちゃってるの?


276 :実習生さん:2005/04/13(水) 23:16:31 ID:BtxJIUTG
<高3男子自殺>テストの答案返却後、校舎から飛び降り

 福井県大野市新庄、県立大野高校(山岸一男校長)で、3年生の男子生徒(17)が授業中、採点後の試験答案を返され、
教室を出た直後に校舎3階から飛び降り自殺していたことが13日、分かった。答案返却の際、担当教諭がもっと頑張るよう言ったといい、県警大野署で動機を調べている。
 同署の調べや同校によると、生徒は12日午後3時ごろ、7時限目の授業中、非常階段のコンクリート製手すり(高さ1.2メートル)を乗り越え、約9メートル下の空き地に落下。頭などを強く打ち、間もなく死亡した。
 化学の授業中で、春休みの課題の試験結果が発表され、男性教諭(40)が、全員に出来が悪かったことを注意したうえ、一人一人に「この点数では志望校は難しい」などと声を掛けながら答案用紙を返却。
男子生徒はそれを受け取った後、無言で教室を出た。男子生徒は普通科の理系コース。
同校の教頭は「おとなしい性格で大学進学を目指していた成績上位の子。
教諭も特にこの生徒に厳しく言っていないと聞いている」と話している。
 同校は福井県東部の進学校。13日朝、緊急の全校集会を開き、山岸校長が状況を説明し、命の大切さを訴えた


277 :実習生さん:2005/04/14(木) 00:15:13 ID:Yko3b1dw
>>275

Atokだとデフォで変換されます。

278 :実習生さん:2005/04/14(木) 04:03:56 ID:HOCDhupo
>>274
ふつう卒論や修論は教官のテーマで研究した結果をまとめる。
自分が教官になってからレベルが下がったなら、その大学教官が無能な証拠。
「大学関係者」っていうのがどういう立場かわからないが。

279 :私立擁護派公立出身地底:2005/04/14(木) 11:47:38 ID:SE+tmjYA
>>278
学生のレベルが全体的に下がっているならありえる話でしょ。
卒論なんて適当に書いても単位もらえて卒業するもんだよ。
卒論でひっかかって卒業できませんでしたってーの
オレは見たことないし、卒業できない奴を複数抱えてたら
自分の評価が落ちるから教官もレベル低くても卒業させちゃうんだよ。

280 :ある塾講:2005/04/14(木) 13:07:55 ID:Grd2JNDx
>>271
>>273
時間とお金ができたらぜひ行ってみたいですね。

Linuxもフィンランドでできたみたいですね。

281 :実習生さん:2005/04/14(木) 19:55:44 ID:oBP1uV4I
>>277
まさか?! 変換候補にはありますが、トップということはないのでは?
といってもトップが何だったか今さら確認できないですが。

282 :実習生さん:2005/04/14(木) 21:33:24 ID:j4jAehmJ
>>279
低学歴乙ww

283 :実習生さん:2005/04/14(木) 21:42:53 ID:TZIfLdC9
>>209 >>218
「指導要領」「学力低下」などのキーワードで検索してみたところでは、
1970年代前半生まれの世代あたりからはっきり影響が出てきたようですな。

284 :実習生さん:2005/04/14(木) 21:44:05 ID:JceebgKD
>>281
おいおい。トップ候補が固定かよ。
おまいの使っているのはどこの会社の変換ソフトだ?

285 :私立擁護派公立出身地底:2005/04/14(木) 21:44:30 ID:SE+tmjYA
>>283
団塊Jrよりちょっと前かな、そしたら。
オレは、団塊Jrだからもうすでに影響が出てた年代だな。

286 :実習生さん:2005/04/14(木) 21:45:06 ID:Rans6Cq+
> ふつう卒論や修論は教官のテーマで研究した結果をまとめる。 

それはチームで仕事するのが普通である理系にのみ当てはまる。
文系は今も昔も個人作業が基本。

287 :私立擁護派公立出身地底:2005/04/14(木) 21:49:40 ID:SE+tmjYA
>>282
おう、俺も成績よかったら地底なんぞに
入らなかったと思ってるよ。成績よかったら
お前みたいに素直に東大とか京大に入ってたね。
オレの頭には地底がお似合いなのさ。

288 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:27:30 ID:PZeAE0S0
1977年にはじめて指導要領の大幅な削減が行われたので
学力低下は1970年前後生まれからというのは信憑性がありそうだけど
この77年の変更は義務教育課程の削減で高校課程への後送りに過ぎなかったから
全体の勉強量は以前と変わっていない
しかも70年前後生まれ以降は18歳人口も多く、大学受験期は私大バブルピーク
むしろ少し前の世代より学力はあったはず


289 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:29:08 ID:dmgp6IJv
業者テストが廃止になってから、学力落ちてるんじゃないの?

そう見越しているけど。

290 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:36:15 ID:n/oDze6/
離婚率の高さが一番の大きな原因だと俺は思う。
全部とは言わないが。
大体バツイチの奴は女が子供を引き取るだろ?
女が昼、事務員とかやって手取りが月10万そこそこだろ。
家賃が3〜4万ぐらいのボロアパートを借りたとして、家賃引いてあと6万。
そこから食費が抑えても3万はでるわな。で残3万。
さらに光熱費やらなんやらと最近は携帯も持つから「通信費」も上乗せ…
…絶対やっていけないじゃん。で、実家に戻って親と暮らしたとしてもキビしい。
それで昼の仕事をやめて夜の街で働くわけじゃん?そしたらガキは預けたりとかするでしょ?
でも、だんだん大きくなってきて中学生とかになったら家に一人で留守番じゃん?カギッ子ってやつで。
そうすると特に女の子なんか寂しいから外に出て友達と会ったりタムロしたりするじゃん。同じような境遇のヤツラと。
中には部屋に呼んでセックスしたり煙草吸ったり飲み会したりとかする奴とかも出るじゃん。どうせ親は仕事行って居ないし。
こんな感じでDQNは増えていってるんじゃん??
違うかなあ。


291 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:37:50 ID:PZeAE0S0
1991年か2年に今の総合学習の時間のようなものが設けられて内容も3割程度削減されたでしょ
そのころからおかしくなって、3年前の大幅な削減で壊滅状態になったんだよ

292 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:45:34 ID:EnK6V6lN
数学の授業時間数っていつから減ったの?

293 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:47:41 ID:PZeAE0S0
1977年の指導要領変更時に英数は4時間→3時間
ただ今と異なり中身はずっと濃かったよ

294 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:49:03 ID:PZeAE0S0
追加
単元が先送りされただけだからね

295 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:51:06 ID:EnK6V6lN
>>293
三時間でしっかりと数学や英語を学べるんだろうか疑問だ。
教えて君でしょっぱいですけど、
指導要領変更時に、土台の小学校の授業数は何時間だったんですか?

296 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:51:11 ID:oBP1uV4I
>>284
相当なパソコン音痴の人ですな。インストした初期の状態でどの候補がトップに来ていたかという話。

297 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:54:31 ID:PZeAE0S0
>>295
小学校の時間数は忘れたw
けど、宿題もあったし授業はまともに成り立っていたよ

298 :実習生さん:2005/04/14(木) 22:57:25 ID:EnK6V6lN
>>297
レスさんくす。
授業数ってよりも、学校の質が高かったんですね。
四時間でも、中身のある授業できるのは土台がしっかりしていた証拠。


299 :実習生さん:2005/04/14(木) 23:02:53 ID:PZeAE0S0
>>298
質が高いというよりも計算と読み書きがかなり重視されていたんだよ
ただ算数は中学受験でするような○×算という分野は
大幅に削減されていた記憶があるな



300 :実習生さん:2005/04/14(木) 23:08:19 ID:EnK6V6lN
>>299
>>質が高いというよりも計算と読み書きがかなり重視されていたんだよ
これこそ今に比べたら質が高いように思える

301 :おめーらは白痴:2005/04/15(金) 00:03:48 ID:DqLBKxL5
>>283
>>288

79年生まれからというデータもある。

少なくとも70年代前半からというのは間違い。
まあ、指導要領が違うんだから、それ以前とは確かに違うかもしれないが
おそらく統計学的に有意なほどの差はないだろう。


302 :おめーらは白痴:2005/04/15(金) 00:05:54 ID:DqLBKxL5
っで、明確に学力低下が認められるのはやっぱり新しい学力観がでてきた
1989年の指導要領改訂(全面実施は1992年)だろうな。
この時から、とたんに現場狂死が読み書き計算をやらせなくなったから。

303 :実習生さん:2005/04/15(金) 00:09:54 ID:OiuxTvnX
>>302
ちょうどバブルの頃・・・ですか。

304 :実習生さん:2005/04/15(金) 00:10:18 ID:qxUoHeQw
16 名前:名無しさん@5周年[sage] 投稿日:2005/03/21(月) 23:55:42 ID:d+d84BHf
    大日本帝国            日本国
1867年(明治*1) 明治維新    1945年(昭和20) 敗戦
1877年(明治10) 西南戦争平定 1955年(昭和30) 55年体制確立
                --高度成長期--
1905年(明治38) 日露戦争勝利
                    1985年(昭和60)プラザ合意
                --好景気加速--
1912年(大正*1) 諒闇不景気   1990年(平成*2) バブル崩壊
                    1991年(平成*3) 湾岸戦争
1914年(大正*3) 第一次世界大戦
               --自由教育の導入--
                    1995年(平成*7) 阪神大震災
1923年(大正12)関東大震災
             --中国の反日運動が激化--
1925年(大正14)治安維持法制定
                    2005年(平成17)人権擁護法制定


…さて、日本国の行き着く先は?

305 :実習生さん:2005/04/15(金) 00:22:01 ID:qxUoHeQw
>>296
インスト時のトップなんて気にする人は普通はいませんが、それが何か?
インスト時に何が一番目にあっても使用に差し障りはないですし、
インスト時のトップが何かなんてどこで出てきた話ですか?

インストール直後の標準状態で登録されており、変換候補にあるのなら、
それを使えば、次回はそれが初期値になってトップに来るのが普通でしょう。






306 :実習生さん:2005/04/15(金) 00:43:51 ID:OiuxTvnX
>>305
??? そうすると >>277はどういう意味だと解釈しますか???
ATOKですよ?


307 :おめーらは白痴:2005/04/15(金) 00:51:25 ID:DqLBKxL5
>>306
デフォ=初期状態

308 :実習生さん:2005/04/15(金) 00:57:09 ID:OiuxTvnX
>>307
そうですね。最初から変換候補のトップに来ている→当然のように使えるというニュアンス
としか読めないですよね。
そうなのかな??? 漢字ではないひらがながトップじゃないのかな?

309 :おめーらは白痴:2005/04/15(金) 01:01:54 ID:DqLBKxL5
>>308
藻前はわざわざ変換して「ひらがな」にするのか?

310 :実習生さん:2005/04/15(金) 01:15:03 ID:OiuxTvnX
>>309
ハァー その辺がこの板レベルのはずはないとは思うけど、やれやれ。
文節って何のことだか知ってますか?


311 :実習生さん:2005/04/15(金) 01:17:13 ID:OiuxTvnX
>>309
  ↑
 案外このくらいのレベルのが多いのかな?
 どうなんですか?>ちゃんとした人

312 :あう使:2005/04/15(金) 02:26:01 ID:X5PzD2Ar
老朽化

313 :null?null?:2005/04/15(金) 08:41:35 ID:hnEdGYnQ
板違いだな

314 :ある塾講:2005/04/15(金) 12:32:51 ID:1Ai70kaz
>>290
私の見ている生徒でヤンキーと言われる子どもの親は
かなりの確率で離婚していますね。
しかし、離婚していても非ヤンキーの生徒もいますが・・・

いずれにせよ、このような環境で育っていく生徒は
かなりの数になると思います。

単純に考えても、このような生活で
子どもに学習の習慣をつけるのは
不可能でしょう。

315 :実習生さん:2005/04/15(金) 14:15:01 ID:ygA62aLI
>>314
たしかに片親は厳しい。
学習の習慣や生活習慣を定着させるのは、小学校4年生までの課題。
その時に宿題や生活するのを、親が逐一チェックする必要がある。
しかし片親はその余裕がなかったり、目が行き届かなかったりする。

小4までに習慣が付いていないと、徐々に勉強できなくなり、
学習を嫌がるようになる。
何かを嫌がる子供とつきあうには、相当の忍耐が要る。
普通は、ひねくれた子供と毎日顔を合わすのに疲れ、
あきらめて放り投げてしまうのだろう。

316 :実習生さん:2005/04/15(金) 17:44:50 ID:jGtMZB61
>>309
何をどう間違えていたか分かったかな?

>>313
不正確な思い込みを改めるきっかけということで。

317 :実習生さん:2005/04/17(日) 04:54:09 ID:oUJRlxtq
>>302
んー、知識量とか計算問題とかは日本は今でもほぼトップだよ。
この前のOECDでもそう。
正解率が悪かったのは応用の部分。
日本の成績はダメダメな応用を知識問題で下支えしているという構造。

しかしひどいのが読解力の分野での日本の無答率だな。
「文章を書く」という所になるととたんに無答率が高くなる。
これは分からないというよりも分かってるんだけど書けないって奴らが多いんだろうな。

318 :おめーらは白痴:2005/04/17(日) 12:49:47 ID:2s8pFJrJ
>>317
はあ?

319 :実習生さん:2005/04/17(日) 13:03:05 ID:gst98qpD
>>308
「デフォで変換される」→「初期状態で変換される」ではないですか?
どうして「変換される」→「変換候補のトップに来ている」と読めるのですか?
二回以上スペースキーを押すと、「初期状態では変換されない」という事になるのですか?

初期状態で変換されるもののどれがトップに来るかは、使用者によって違うと思いますが、
改めて登録し直さない限りは、初期状態で変換される(ものの中にある)のではないでしょうか?

それとも、最初にチャンネルが合わせてあるテレビがあったら、
初期状態で見られるチャンネルは電気をつけたときの1チャンネルだけで、
その他のチャンネルは、初期状態で見られないチャンネル、という事になるのですか?

何というか、日本語が変ですよ。

デフォルトという英語に、「変換候補のトップ」という意味があるのなら知りませんけど。

320 :実習生さん:2005/04/17(日) 18:37:58 ID:oUJRlxtq
>>318
成績の構造はこの前学力評価を専門に研究している研究者から聞いた話。
雑談の中で聞いたんでソースとかはない。
だから文科省のこのページにある問題例から自分で洗い直してる。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku/siryo/05020801.htm

んで、今読解力の所を見てたんだけど、特に成績の悪いインフルエンザに関する問題
では、日本人にとってはちょっと問題が悪いかなと感じる。
だって日本でこういう文書が回ってきた場合は単なる連絡であって、
そこに書いてある内容はほとんど読み飛ばすものだろう。
「文書が出された意図」に引きずられて「文書に書いてある内容」を読み間違える
人間が多かったのかなと思うよ。
実際「予防接種をします」っていう文書が出された意図に近い問1では
日本は最高点だし。

321 :実習生さん:2005/04/17(日) 18:41:26 ID:oUJRlxtq
>>320
補足
その研究者は実際に2003年のPISAの問題と公開されてない資料を見た上で
今回の成績の構造を話してるんで、多分正確なんだろうとは思う。

322 :実習生さん:2005/04/17(日) 22:45:40 ID:Kg3dPkn4
>>319
ん? 単に「自分で単語登録しないでも標準の辞書の変換候補に入っている」というだけの
話だったのかな?

> どうして「変換される」→「変換候補のトップに来ている」と読めるのですか?
> 二回以上スペースキーを押すと、「初期状態では変換されない」という事になるのですか?
変換候補の順序を変えたなら、IMEをセットアップしたときの初期状態ではなくなります。
設定変更と意識していなくても、事実として「設定を変更した」わけですから。

> 初期状態で変換されるもののどれがトップに来るかは、使用者によって違うと思いますが、
それは、「初期状態」の意味を取り違えていると思われますが・・・

> 改めて登録し直さない限りは、初期状態で変換される(ものの中にある)のではないでしょうか?
標準の辞書の「いい」の変換候補に「良い」が最初からリストアップされているIMEがあ
る、というくらいの意味なら、そのとおりですね。

323 :277:2005/04/17(日) 23:14:29 ID:DvlmCV5E
何か変なところでスレが育ってしまったな…。

> 標準の辞書の「いい」の変換候補に「良い」が最初からリストアップされているIMEがあ 
> る、というくらいの意味なら、そのとおりですね。 

>>277はそういう意味で書いた。


324 :実習生さん:2005/04/17(日) 23:38:45 ID:Kg3dPkn4
>>323
一括変換の自動で出るという意味かと思ったわけですが、ではスレ違いネタは、
「いいかげん」、このくらいにしておきますか。

325 :実習生さん :2005/04/18(月) 11:23:48 ID:iZbwB/UZ
毛返還御簾スル場か歯彫っとけ!

326 :ある塾講:2005/04/18(月) 15:46:30 ID:E52bgJoA
>>320
なるほど、このインフルエンザの問2は
日本人には答えにくいでしょうね。
無答率が高いのが非常に日本人らしいですね。

327 :実習生さん:2005/04/18(月) 18:03:08 ID:2Lnn2bXw
今朝の朝日新聞にも数学教師の、昭和52年以前の指導要領に戻せという正気とは思えない意見が載っていた。
子供は遊び時間が欲しいのではない、とかわめいていたが、ゆとり教育で数学を減らした時間は総合学習など有意義なことに使われている。
勉強以外は遊び、だから駄目、というような狭い見識を持つ人が教師には多い。勉強を専門にする仕事だから勉強を絶対化するのだろうが、
広く社会を見ろといいたい。学校教育法でも勉強だけでは駄目、ボランティア等の社会経験も重視する、と書いてある(近年改正された)のに
勉強以外の時間=遊び時間=不要 という貧困な精神はなんとかならないのか?

教師に限らず数学好きには多い気がする・・

328 :実習生さん:2005/04/18(月) 20:29:58 ID:jcLqqMuD
>>327
でもまぁ、その数学教師の気持ちも分からないでもない。
過去10年程度、「ゆとり教育思想」というべきものが小学校教員に蔓延して、中高の学習にどんどん支障を来している。
つまり、小学校教員の「思想転換」と、指導要領の「削減」が同時期に起こったから、短絡的に指導要領の改訂によって
学力が崩壊しているように見えてしまったんだと思う。
しかも、「勉強以外の時間」の効果が思ったように上がっていないことが、この認識に拍車をかけたんだろうな。
(ゆとり教育によって学習意欲が増す予定だったのではないかと問いつめたい みたいな感じで)

329 :実習生さん:2005/04/19(火) 00:36:07 ID:f4Ta4ZAA
ボランティア。
それは単なるただ働き。

330 :実習生さん:2005/04/19(火) 06:58:27 ID:0Q5nDexN
あげ

331 :実習生さん:2005/04/19(火) 08:20:54 ID:mfmSqMHA
不況から社会不安が起こり、政治体制を非難する声が大きくなり、自由教育が導入され、やがて治安までもが悪化し始め、治安維持法が制定される。
今の日本は、戦前と同じ道を歩んでいるのですよ。
政府を攻撃する集団と、民衆を煽るメディアが、当時と全く同じ状況を作り上げているのです。

332 :ある塾講:2005/04/19(火) 13:25:25 ID:ZwFX3Wpf
>>327
ボランティア活動の経験が
企業でどれだけ評価されるのでしょうね

私が去年見ていた生徒に
障害者へのボランティア活動を
積極的に行っていた中学生がいました。
それらの活動は、高校受験においては
まったく評価の対象になっていないようでしたが。

大学受験では有利にはたらくのでしょうか。

333 :実習生さん:2005/04/19(火) 13:59:34 ID:fSTRQ/vR
おまいらは「勉強しないこと」の効用を知っておるかな?

334 :実習生さん:2005/04/19(火) 14:17:02 ID:x6Louimr
「勉強しないことの効用」はどこで勉強すればよいのでしょうか?
是非教えてください。

335 :実習生さん:2005/04/19(火) 16:28:13 ID:fSTRQ/vR
「勉強しない」でいると、勉強できなくなるよね。
実技系の科目は無問題だが、英語や数学といったややこしい科目は
学年が進むにつれて、どんどんできなくなっていく。
当然、授業内容が分からない、問題が解けない、当てられると困る、
といった状況になる訳だ。

一見、良いことは何もないように見えるが、そうでもない。
人間は困った時にこそ、知恵が働き、その場を生き抜く力が湧き、
これまで気づかなかった才能が芽生えるものだ。
日々の授業がサバイバルである「勉強しない」生徒は、知識を身に付けない
ことによって、身体的な英知が芽生え、本能や勘が研ぎ澄まされるという
メリットを享受できる訳だ。



336 :実習生さん:2005/04/19(火) 16:58:07 ID:8Ly7skY7
人間は困った時にこそ、知恵が働き、その場を生き抜く力が湧き
カンニングするという悪習慣が芽生えるのだよ。
何人もそんな生徒を見てきたぞ。

337 :実習生さん:2005/04/19(火) 19:11:20 ID:PGUy25Fd
> 大学受験では有利にはたらくのでしょうか。

学力テストだけの一般入試なら関係有りません。不利にもなりませんが。

面接があるような場合には関係する場合もあるでしょうが、どの程度かは
大学によって差があるので何とも言えません。

338 :ある塾講:2005/04/20(水) 13:04:03 ID:YWqjMT3j
>>337
なるほど、大学によっては少しは有利ということですね。

企業側から見ると
ボランティア活動を経験した人材は武器になる
とはあまり言えないでしょうから
やはり就職で有利と言うこともないでしょうね。

339 :実習生さん:2005/04/20(水) 22:15:44 ID:imFcAB1G
就職活動で、ただボランティア経験と履歴書に書いても意味はないが、自発的なボランティア経験をきちんとアピールできれば、何もしていないよりは多少は有利に働くでしょ。
引き出しが増えるという意味で、潜在的プラスとはなりうる。企業だって昔みたいに一から再教育してる余裕は無いわけで、少しでも早期に使える人材が欲しいのだから。

340 :実習生さん:2005/04/21(木) 15:31:22 ID:MAWCP7Rk
>>338
いや、少なくとも就活においてはボランティアに関わらず、課外活動はプラスでしょう。
ペーパーは足切りだけで後は面接と書類で決めるって会社もある。
その場合、履歴書に書けることが多い方がやはり受かる可能性が高い。
でも、それを生かすためにはきちんと自分の経験を整理して、伝える能力が必要なので
単に漫然とボランティアに参加してるだけの人間ならば、正直時間の無駄だけど。
でもそれをきちんとまとめて、面接の時にもスパスパ答えられるようならば、
ペーパー重視の会社でもペーパでの失敗をひっくり返せるぐらいのプラスにはなるよ。

341 :ある塾講:2005/04/21(木) 19:09:15 ID:wPTAFxHS
>>339
>>340
ボランティア経験と学歴ではどっちが重要視されるのでしょうね。
確かに、面接が得意な人はボランティアに限らず、いろいろなことをアピールできるので
有利に働くでしょう

昔、ソニーでは学歴を隠して採用試験をしていたようですが
今もそうなのでしょうかね


342 :実習生さん:2005/04/21(木) 20:43:08 ID:+H8thhOO
有利とか不利とかを考えて行動すること自体、お勧めしないけどな。


343 :実習生さん:2005/04/21(木) 21:21:43 ID:84K0fKgJ
就職活動のためにできるボランティアなんて、
おそらく手軽に地域の掃除に参加とか、老人ホームの慰問程度か。
その程度をアピールするような生活経験の少ない人間なのかと、
逆に疑ってしまう。

面接では、ボランティア活動や課外活動、
また大学で何をやっていたかなんて、その種類はどうでもよい。
むしろ、それを面白い話に出来たり、上手く表現できるかどうか、
そちらを評価していたように思う。

344 :実習生さん:2005/04/21(木) 21:28:41 ID:gkxrK2Ms
『学校を捨ててみよう!―子どもの脳は疲れはてている』
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406272135X/249-3172314-6803508

●子どもたちの脳は変化している
●愛情不足は生きる力を奪う
●学校指導が脳を殺している
●よい子生活は疲労生活

12年間の学校教育で、彼らは何を学び、何を学ばされてきたのであろうか。私には、彼らが気の毒ではならない。
それは現代の学校教育が偏った情報提供による脳の偏りをつくり出す狂育を施していると感じているからである。
若者の問題は、現在の日本の大人たちがつくりあげてきた「ほとんど人生で役に立たない知識詰めこみ能力を育てる」、
「社会性と称して皆に協調するために自己抑制を強いる」学校教育に大きな責任がある

ttp://www.ne.jp/asahi/patent/toyama/mohou_souzou/ab_school.htm
学生たちの学力低下の源は、まさに日本の教育システムのなかに潜んでいるのである。日本の学校社会システムによる
偏った情報の注入は子どもたちの持続的な緊張状態をもたらしており、不安を刺激する脳機能の賦活は、子どもたちの
生きる自信を揺るがせ、焦りや絶望を燻りだしていく


345 :実習生さん:2005/04/21(木) 21:48:18 ID:tdJzDZoi
文科相がゆとり世代に謝罪 茨城大付属中で

 中山成彬文部科学相は21日、「スクールミーティング」で水戸市の茨城大教育学部付属小、中学校を訪問し、ゆとり教育について「導入は拙速すぎた」とゆとり世代の中学生に謝罪した。
 意見交換で中3の男子生徒が「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」と訴えると、中山文科相は「ゆとり教育の見直しで教科書のページ数も元に戻りつつある。皆さんには申し訳なく思う」と謝罪した。
 また「ゆとり教育の導入は拙速すぎた。授業数まで削減したことは反省点。自分の頭で考える主体性のある子どもを育てたい」などと述べた。

346 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:01:02 ID:sZzbn0/n
教育行政の長がこんな簡単に謝るのはどうかと思う。

事実関係が確定していないのに性急すぎる、
何より今の子どもたちが、後で「失敗の世代」とくくられるじゃないか。
愛がないのかこの人は。

347 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:01:40 ID:mwGdMwlz
我々の世代こそ総合学習もなく知識やパターンの暗記だけの教育だった
我々2001年までの世代にこそ謝罪して欲しい

348 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:02:38 ID:mwGdMwlz
まあ、今回の「謝罪」は政治家としての戦略だな
ゆとり教育=間違い と決め付けるための。

349 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:03:48 ID:gkxrK2Ms
>>348
学習塾と学力低下論者に餌をやってしまったか?

350 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:19:05 ID:jtDYOeAj
>>347
自らの不勉強を棚に上げて他人に責任を転嫁する姿勢を反省することが必要ですな。

351 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:26:25 ID:FDlXH1t1
>>我々の世代こそ総合学習もなく知識やパターンの暗記だけの教育だった
総合学習って、知識や暗記の土台がないと不可能な気がする。
ゆとり世代の教育は、暗記すらない。


352 :実習生さん:2005/04/21(木) 22:42:42 ID:OJVJSVZm
>>347
1977年以降に義務教育を受けた世代も総合学習まがいの時間が多くあったじゃん
小中学校の主要4〜5教科の授業時間数は今も昔も変わらん
中身は全く異なるがねw

353 :実習生さん:2005/04/22(金) 00:06:46 ID:s/XTxg8h
ttp://www.maboroshi-ch.com/sun/chi_12.htm

「最近の子は鉛筆も削れない」という声も最近は聞かれなくなってきたようだ。なぜなら
学齢期の子どもを持つ親の世代がもう削れなくなっている。(中略)そもそも親や祖父母
の世代が子孫の世代を批判することが間違っている。

そもそも親や祖父母の世代が子孫の世代を批判することが間違っている。「自然の中での
遊びをしない」と大人はいう。マイホームを建てるために雑木林や田畑を切り崩し、遊び
の場所を狭めたのは誰なのか。一流企業に就職するために進学塾に行かせ、遊びの時間を
圧迫してきたのは親の世代である。
「不器用で困る」と大人は嘆く。冒頭の新聞記事のように昭和30年代に、危ないから
といって火や花火を取り上げ、ナイフも奪ったことを忘れられたら困る。(略)

すべて、子どもたちに向けられた批判は、その批判をしている世代が、彼らの常識、基準で
これがいいのだと選択し価値判断して作りあげた世界による副作用であり、子どもたちの責任
に帰するものではない。「近ごろの子どもたちは〜」論は耳に心地よいだろうが、その発言の
前に自家撞着していないかどうかに目をむけるべきであろう。若年者への世代批判はときに
天につばするものである。

354 :実習生さん:2005/04/22(金) 00:13:45 ID:s/XTxg8h
ttp://www.maboroshi-ch.com/sun/chi_10.htm

 昭和39年の東京オリンピック好景気で日本中は幸せそうにみえたが、影の部分では
まだまだ経済成長の恩恵に浴していない、取り残された国民が地方にいた。戦後直後と
比べて貧富の差が拡がっていったことは見逃せない。地方では特に、子どもは労働力であり、
農繁期に学校を休む子どもの家庭訪問をすると教師は追い返されたという。学校に行く経済的
余裕がないのだ。昭和40年に学力が全国最低レベルであった岩手県では「教育振興運動」
が起こり、まずみかん箱の机を子どもに持たせることから始まった。

 相対的な貧乏は罪である。土屋隆「貧困家庭の子どもに対する教師としての取扱い」によれば、
貧困家庭の子どもは一般に、社交性、明朗性に欠けすべてにおいて消極的だという。雨が降ると
傘がないので学校に行けないし、家の手伝いのため同級生より勉強時間が少ないので学力も劣る。
栄養状態が悪いため不健康で、眼病(やに目)や耳鼻科の病気(耳だれ・ちくのう症)、皮膚疾患
(しらくも・はたけ)、回虫を持っている場合が多い。
着ている物や弁当に常に引け目(ここで横の比較が出る)を感じてコンプレックスを持っている。
お金がないので欲しいものどころか学校で必要なものさえ不足がちで、心理的要求が満たされないため、
満足感がなく、のびのびとした気分にひたることができない。これは成長するに従って生活環境も
広がってきて、思春期を迎えると異性の眼を意識し、ますます貧困意識は強くなってしまう。

355 :実習生さん:2005/04/22(金) 00:42:31 ID:Fnu/nwtS
               _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ     |                          |
        ドコドコ  < >>寺脇健逮捕マダァ!?  >
   ☆      ドムドム|_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

356 :実習生さん:2005/04/22(金) 00:58:46 ID:dTM4XQNr
ゆとりとか関係ない。要は需要と供給の問題。

1993年18歳人口204万人
2005年18歳人口124万人

1990年〜1995年あたりは、前年の大量の浪人を抱え込み大学入試は激化。
逆に2005年度は全入に近いこともあり、繰り越しの浪人も少なく、かつ
大学の定員は、早計マーチ関関同立の学部増設ラッシュや新規大学設立のため
1990年代より大幅に増えている。

ゆとり教育なんてのがあってもなくても、楽に大学入れるんだから、
大学の総定員を世代人口 に比して減らしていかなければ学力低下はどんどん進行するよ。

357 :実習生さん:2005/04/22(金) 01:57:54 ID:JedxnnuD
>>356
細かいようだけど、1990年〜1995ではなくて2年ずれている
正確には1988〜1993年ね


358 :ある塾講:2005/04/22(金) 13:40:57 ID:zCx6rxPQ
>>342
確かに、今の日本人の行動はかなりの部分で
自分の生活が有利になるか不利になるかで判断されているようです。

勉強にしても、受験で勝つためにやっている生徒がほとんどです。

>>343
相手によく分かるように説明する能力は
非常に重要ですから
勉強だろうがボランティアだろうが
自分がやってきたことを上手く表現する人が評価を受けて当然でしょうね。

359 :実習生さん:2005/04/22(金) 14:33:45 ID:KL7hnhUw
大抵の場合ペーパーで人数しぼってから面接だそうですからペーパーが
とれないと悲惨ですけどね。

360 :実習生さん:2005/04/22(金) 19:18:37 ID:DRsm2f6J
市吉田の私立恵徳幼稚園児、西津翔太ちゃん(4)が遊んでいたところ、近づいてきた若い男にいきなり、ハンマーで頭を殴られた。
男は逃げたが、倒れている翔太ちゃんを付近の住民が見つけ119番。翔太ちゃんは近くの病院に搬送されたが、頭蓋(ずがい)骨骨折で重傷。
約20分後、同市内の無職少年(17)が「通り魔をしました」と枚岡署に自首。「男の子を鉄製のハンマー(長さ31センチ)で殴った」と供述したため、同署は殺人未遂容疑で緊急逮捕した。
調べに対し、少年は「だれでもいいから殺したかった。2年前から考えていた」と供述しているという。

361 :実習生さん:2005/04/22(金) 19:19:22 ID:DRsm2f6J



ゆとり教育=殺人鬼大量生産システム





362 :実習生さん:2005/04/22(金) 19:24:19 ID:DoRSdKoj
ああ、私は今十五歳の高校生で、ゆとり教育時代の中学生だったんだが、

文 科 省 、ゆとり教育推奨した 政 府 、 死 ね  。

中学の教科書はぺらっぺらで薄くて内容も浅くて
糞つまらなかった。
週休二日で学校に行く日が少なくなって暇な日が増えた。
低能な教師がするくだらない総合の時間が増えて退屈だった。
中学に入学して教科書が配布された時、教科書の内容にどれだけ失望したか。
歴史の教科書なんて小学校と変わらないほどの薄い内容だった。
3つ年上の兄の教科書と比較して呆然とした。
で?私は高校で中学で学べなかった遅れを取り戻せと??
私より3つ年下の中学生と3つ年上のは充実した教科書で学んでいたり、これから学べるのに
私達だけ屑教科書で、削減された内容で馬鹿なゆーとーりーゆーとーりー教育を受けていたのか?
責任取れよ、文科省。




363 :実習生さん:2005/04/22(金) 20:23:31 ID:DRsm2f6J
寺脇健さんに言ってください


364 :実習生さん:2005/04/22(金) 22:31:15 ID:Za3GpSs7
http://www.sankei.co.jp/news/050422/sha067.htm
今のカリキュラムでも学力回復

2002年要領で問題ないことがはっきりしてきたな
これまでは教師が駄目だっただけだろ

365 :実習生さん:2005/04/22(金) 22:32:02 ID:Za3GpSs7
>>362
工作ご苦労さん
休みの日を自分で有効に活かせないDQN君だって主張しているようだねW

366 :実習生さん:2005/04/22(金) 23:07:09 ID:K9JL+Kn8
休みの日を活かせても、平日分のマイナスを取り返すのは難しい予感。
>>362
>>週休二日で学校に行く日が少なくなって暇な日が増えた。
>>低能な教師がするくだらない総合の時間が増えて退屈だった。
低能な先生って総合の時間だけでなく、普通の授業も駄目だから、
学校が週5なだけゆとり世代はマシかも。
M教師と接触する時間が少なくなるのに退屈だなんて、工作丸出しだ。


367 :実習生さん:2005/04/22(金) 23:28:19 ID:DRsm2f6J
今の教師は真面目な顔して、その裏で女生徒のスカートの中を盗撮するのに
忙しんだよ。


368 :実習生さん:2005/04/23(土) 13:29:45 ID:CxtobTRE
【調査】「学力低下に歯止め」 小中学生の全国テスト、正答率上昇…文科相、脱ゆとり維持表明
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1114154532/

369 :実習生さん:2005/04/23(土) 13:54:58 ID:fo7iTTId
>>368
そのスレを見に行ったが、相変わらず寺脇と日教組が悪い、と思っている人が
多いのか・・・「臨教審」についてはまるで触れず、相変わらずサヨク陰謀
史観・・・駄目だこりゃ。

370 :実習生さん:2005/04/23(土) 14:54:24 ID:Y0rl+ZQx
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050423-00000035-mai-soci
2002年要領は戦後最も素晴らしい指導要領だ

これを壊そうとしている中山文部科学大臣は反省すべきである。

>今回の最大の特徴は、授業時間で小学校が314時間、中学校で175時間多かった旧指導要領下で学んだ児童・生徒より、
新指導要領の「ゆとり教育」で学んだ子どもの方が、大半の教科・学年で成績が良かったという点だ。

> 学力や学習意欲を押し上げた理由として、都内のある小学校長は「総合学習と教師による授業の工夫」を挙げる。「総合学習は本来、家庭や地域が担っていた部分を肩代わりしている。
例えば、地域を知るフィールドワーク。その教材作りなどを通して、学び方のプロセスを学ぶことで、受動的でない自ら考える力や意欲が身につく。
基礎・基本の定着は、こうした姿勢がなければ成り立たない」と話す

371 :実習生さん:2005/04/23(土) 15:04:54 ID:9zlMpfOd



             日教組とその構成員

372 :実習生さん:2005/04/24(日) 12:11:13 ID:WsgUElsh
テスト結果の向上は小学校が「学力向上」に力を入れ始めた成果が出たもの。
もっといえば、単元を絞ったんだからここの理解度が向上していなかったらただの詐欺。
この結果からゆとり教育の善し悪しを論じることは難しい。

373 :実習生さん:2005/04/24(日) 12:44:32 ID:4jFQw1Hy
>>372
テスト結果の向上は「ゆとり教育批判」で親が焦りを感じ、塾へ行かされる子供が増えたから。
また、土曜休みで塾で勉強する時間が増えたから。

「ゆとり教育」は塾の勧誘のキーワードだよ。「ゆるみ教育」ってねw

374 :実習生さん:2005/04/24(日) 15:35:41 ID:l16gjXu4
ゆとりのために学習時間を減らすのではなく、そのままの学習時間で授業内容の見直しをしたほうがいいと思う。

受験のための勉強ではなく、社会に出るための勉強をさせるべきであると思う。
もっと日本の危機的状況を知るべきではないだろうか?


375 :実習生さん:2005/04/24(日) 18:34:15 ID:g/rZV0bp
受験勉強って、社会進出のための勉強に限りなく近いような気がする。


376 :実習生さん:2005/04/24(日) 22:31:31 ID:aE61s67z
>>373
これは言えてるね。
ゆとり教育が極限に達したから、私立に行かせました。
そのおかげで、学力が上がりました。

377 :実習生さん:2005/04/25(月) 00:53:30 ID:/90Uh5kW
>>376
学力テストなんて公立だけしかやらんから。

378 :実習生さん:2005/04/25(月) 00:56:32 ID:5+D9Y4Pa
田舎の今日知ってのは、
東京で起こっていることを
何も知らない。暢気なもんだ。


379 :実習生さん:2005/04/25(月) 03:34:40 ID:dbWKQ890
学力テストが注目を受け始め、
学力テスト対策が練られ始めた…という見方も出来ないか?

380 :実習生さん:2005/04/25(月) 14:11:04 ID:5+D9Y4Pa
田舎の先生。
四谷大塚って知ってるの?

381 :実習生さん:2005/04/25(月) 22:27:04 ID:aBtUMxib
>>380
全国的に有名だから・・・

382 :実習生さん:2005/04/25(月) 22:45:51 ID:I+XzbCqr
>>379
試験の類いは、準備のために勉強をするきっかけにさせるという目的もあるのだから、
もし対策をとったのなら、既に効果は現れているともいえますね。

383 :実習生さん:2005/04/25(月) 23:52:26 ID:r6je4w9D
バカはもっと勉強しろ。

384 :実習生さん:2005/04/25(月) 23:56:37 ID:wmcug3jW
お客さ〜ん、それ以上の値引きはカンベンして下さいよ〜。

385 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:32:07 ID:ymYPHen6
>>383
何度もいわれつけているセリフだとスラスラ出るね。

386 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:36:33 ID:nns/cxOf
>380
香川県だけど
何其れ?


387 :実習生さん:2005/04/26(火) 01:37:17 ID:8N4UQQBT
俺は中学受験と無縁だったから大学で関東に行くまで知らなかったな。>四谷大塚
希学園とかサピックスなら知ってたが。

388 :実習生さん:2005/04/26(火) 06:05:18 ID:nns/cxOf
387
どこの県?


389 :実習生さん:2005/04/26(火) 06:12:19 ID:/SlTqKN9
兵庫県

390 :実習生さん:2005/04/26(火) 10:07:50 ID:3r1nYgua
四谷大塚なんか関東のヤシしか知らないだろ。

391 :実習生さん:2005/04/26(火) 10:20:24 ID:3KlJKT7G
うちの先生ウンコウンコうるさいです

392 :おめーらは白痴:2005/04/26(火) 18:43:19 ID:GEuhNiO8
>>390
なあこたぁない

それをいうなら私立受験に関心のない人は知らない

393 :実習生さん:2005/04/26(火) 19:37:35 ID:+GpfRNlL
なんか、TVで、小中学生の全国テスト、正答率上昇したから、
ゆとり教育でいいのではないかって、また「ゆとり教育」推進しだした。
もう本当に止めて欲しい。
ゆとり教育をやったから改善したのではなくて、>>372-373
のように、小中学校が「学力向上」に力を入れ始めたり、
「ゆとり教育批判」で多くの親が焦りを感じ、私立や塾へ子供を行かせたからだよ。
そんで、>>374 に同意。
>ゆとりのために学習時間を減らすのではなく、そのままの学習時間で授業内容の見直しをしたほうがいいと思う。
>受験のための勉強ではなく、社会に出るための勉強をさせるべきであると思う。
>もっと日本の危機的状況を知るべきではないだろうか?

394 :実習生さん:2005/04/27(水) 13:21:17 ID:HZ4cDOyO
               _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ     |                          |
        ドコドコ  < >>寺脇健逮捕マダァ!?  >
   ☆      ドムドム|_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\


395 :実習生さん:2005/04/27(水) 14:19:15 ID:blSxg9aO
>>372-373
それぞれの学校が創意工夫を凝らし、
また、塾に行かせる親が増えたことで、
全体の成績が上がったのなら、まさにゆとり教育のねらい通り。

それぞれの家庭や地域が望むままに子供を育てる。
そうして育った個性あふれる子供達は、多種多様な世界へ羽ばたいてゆくだろう。

これは教育改革成功といって過言ではない。
つい一月前まで、ゆとり教育反対だったが、
これからは賛成に転じてもよいかもしれない。

396 :実習生さん:2005/04/27(水) 15:27:33 ID:LQ6PO9fu
●学校は半日でいいだろ?●
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1114561704/l50




397 :実習生さん:2005/04/27(水) 21:31:45 ID:Qdzl/rcJ
がいしゅつかもしれないが
学力テストの結果
だいたい山形のグラフだったらしいが、厨房3年では平ら。
0点の香具師も多発。

つまり、できる香具師(勉強に関心がある環境で育った香具師
出来ない香具師(ゆとり教育の名のもとに対策を怠ってた香具師
の差がついていると言う事じゃね?

全体の教育水準おとして、出来る香具師がより目立てる制度のような気がするのは漏れだけ?


398 :実習生さん:2005/04/28(木) 10:05:32 ID:JAX7qqgq


日本の休日は世界一多い。

労働時間でもアメリカ、フランスより少ない。


日本人はサボリ魔。



399 :実習生さん:2005/04/28(木) 11:56:03 ID:Ls+BOkQN
学力テストはゆとり教育でまずい事になったと
危機感をもった層が塾通いした結果でなんとか
ささえてる感がある。

400 :実習生さん:2005/04/28(木) 12:27:42 ID:E6mXWDBp
インタビュー聞いてたら、ゆとり世代のお母さんが、責任者に何とかして欲しい
と嘆いていた
だったら選挙で自民党に投票しなけりゃいい。
そういう民主主義のしくみの分からない お母さんこそ
何を教育されてきたの?って感じ

401 :実習生さん:2005/04/28(木) 13:59:21 ID:eHmMZJs3
オーストリアでは、学校は朝8時から昼過ぎまでで、
家に帰って昼食を食べ、宿題をするという半日制がスタンダード。
それができない家庭のためには、昼食つきの学童保育や
Ganztagsschule(全日制学校)と呼ばれる、毎日午後4時くらい
までの学校もある。
http://homepage.mac.com/yukatdf/volksschule01.html

402 :実習生さん:2005/04/28(木) 14:25:05 ID:7kA9PIgd
最近驚いたのだが、7割以上の生徒の鉛筆の持ち方がおかしい。
ほとんどの子が、手をグーにしてそこに鉛筆をつっこんだような持ち方をしている。
これは手の小さい幼児がクレヨンを持つやり方。
小学校で鉛筆を持ち始めても、その持ち方を修正する人がいなかったのだろうか。
うちでは「その持ち方は、きれいな字が書けない」とか「たくさん字が書けなくなるよ」とか、
親が小うるさく言ったものだが、今はこういう事に関心がないのだろうか。

403 :実習生さん:2005/04/28(木) 18:10:11 ID:ivFZTs8t
>>401
あと1世代後に実現しそう
団塊の世代がいるうちはムリぽ

現在、勉強出来る子、塾に行ける子しか学力向上出来ないゆとり教育で、出来無い子の為の就労制度を作らないことが激しく疑問なのですが何故なんでしょう?

だから消費の為の弛み教育と言われると思うんだけど。


404 :実習生さん:2005/04/28(木) 23:37:53 ID:FRuf4IuQ
402
折れが思うに、習字なんて意味が薄れているからじゃない?
別にきれいな字かけなくっても、パソコン打てればいいわけだし。
現に今の教育のおかげもあり、消防でパソコン打てるヤシ増えてんじゃない?

それに一人一人、こういうもち方が正しいってみんな同じ型にはめるのも、ゆとり教育にあってないわけだし。
個性尊重してないってね。

昔からいいと思われてたのをまねしてくのもいいといいと思うんだけどなぁ。
特にはじめは(吸収がはやい消防の頃は特に)
技能伝承とかもはじめはまねから始まってたわけだし。
ま、やりすぎはダメだとは思うが。

405 :実習生さん:2005/04/28(木) 23:57:10 ID:yaGD/WXI
字の汚い大人は増えてるのは間違いない!!

406 :おめーらは白痴:2005/04/29(金) 10:54:55 ID:bKa11znV
>>404
>小学校で鉛筆を持ち始めても、その持ち方を修正する人がいなかったのだろうか。
>うちでは「その持ち方は、きれいな字が書けない」とか「たくさん字が書けなくなるよ」とか、
>親が小うるさく言ったものだが、今はこういう事に関心がないのだろうか。
親が逝ってないのも確かだけどね
でも小学校の1年生のうちに修正しておかないと
絶対直らない

>それに一人一人、こういうもち方が正しいってみんな同じ型にはめるのも、
>ゆとり教育にあってないわけだし。 個性尊重してないってね。
そんなことはない

ってこともないなー。
どうも狂死は個性って言葉を勘違いしているようだから
基礎基本をキッチリ教えるようなことを一切しなくなった。
えんぴつの持ち方から、ノートの書き方まで、
基本を何にも教えてない。
てんでんばらばらなのが個性だと思っている

407 :実習生さん:2005/04/29(金) 11:32:14 ID:IdR+wxm4
ゆとり教育の結果↓
http://kun22.net/m/img02/854.jpg
http://kun22.net/m/img02/855.jpg

あんまりひどいんでコピペ

408 :実習生さん:2005/04/29(金) 11:34:12 ID:IdR+wxm4
>>406
個性なんてある程度押さえつけなきゃ育つわけ無いんだがな。

409 :実習生さん:2005/04/29(金) 13:28:19 ID:cTUNjIFM
>>406
>>でも小学校の1年生のうちに修正しておかないと
>> 絶対直らない

直らないですね。
小5の頃から修正用具を使って1年間、はずすとすぐにクレヨン持ちに戻ります。
最近さらに、クレヨン持ちで左利きの子だと、なぜか両手とも不器用だという印象も持ちました。
こんなことで本当に良いのかな。

410 :実習生さん:2005/04/29(金) 14:28:02 ID:0qEabHww
>>403
>現在、勉強出来る子、塾に行ける子しか学力向上出来ないゆとり教育で、
>出来無い子の為の就労制度を作らないことが激しく疑問なのですが何故なんでしょう?
教育は文科、就労は厚労。縦割りだから。就労制度(支援)、ない事もないと思うが。

論理的思考、科学的思考うんぬんがよく言われるが、消防の時に自由にさせといて
高校あたりで言われても、出来るわけないと思う。

411 :おめーらは白痴:2005/04/29(金) 14:46:35 ID:bKa11znV
>>409-410
教育の専門家であるはずの狂死が
そういうこと一番知らないんだから
世も末


412 :実習生さん:2005/04/29(金) 14:59:16 ID:Zj8pokTJ
んで、何もリアルでアクション起こせないのがハクチ。

413 :実習生さん:2005/04/29(金) 15:05:35 ID:Pjnm1tGF
個性を育てたつもりで野生を育てているからな

414 :実習生さん:2005/04/29(金) 19:48:26 ID:bi+Y8NhD
ヌルハチさんみたいのが教師ってのも怖いことだ。

415 :実習生さん:2005/04/29(金) 23:34:33 ID:kxPeSXMS
ゆとり教育で育ったDQN達は哀れだな。
これからきちんと勉強する香具師達にさき越され、
顎で使われる用になる・・・ほんと可哀相。
団塊の世代が卒業していったら超DQN世代誕生か・・・
2007年問題マジ深刻です!

416 :実習生さん:2005/04/30(土) 00:33:33 ID:PE+S55KC
>>415
おれもゆとり教育世代は可哀想だと思う。個々人としては優秀な人も出るだろうが、
世間的にDQN世代と見なされちゃんじゃないだろうか。

おれは某発展途上国が専門なんだが、やっぱりある世代が政治的都合によって
低レベルかつ教条的教育しか受けられなかった。古い世代からは馬鹿の巣窟と
言われ、エリートが先進国にばんばん留学してる下の世代からは「使えない世代」
認定されてる。

団塊の世代も大概馬鹿にされてるが、馬車馬のように働いた世代であることだけは
認められている。

417 :実習生さん:2005/04/30(土) 00:44:55 ID:Fs7RjJ3t
>>416
団塊の世代が培ってきた技術を継承できた人たちって
少ないと思うんだ。技術の継承がこれからの課題じゃないかと思う。
日本の技術力を守れるのは今の若年層ではないだろうか?
DQN世代は優劣の差が大きい世代になってしまうだろう。
DQN世代が社会に出てくる頃が心配だ。優秀な者は成功するだろうけど・・・

418 :実習生さん:2005/04/30(土) 05:05:03 ID:SDunfgJw
読み、書き、そろばん。

だけは、絶対にやらせろ!!!!!!!!!!1

419 :実習生さん:2005/04/30(土) 05:33:27 ID:yjyDankd
基礎はとりあえず覚えさせる。反復させる。
読み書きそろばん。ガンガン詰め込め。
http://www.geocities.jp/nari_naga/

420 :実習生さん:2005/04/30(土) 06:53:25 ID:a6Wv4WZM
>>416
いや、反対だよ。
ゆとり教育世代は前後より優秀だし、後々、期待が持てる。
なぜか?

うちもそうだけど、ゆとり教育のお蔭で、逆に教育に関心のある家庭が増えて、
私立中受験志望者も大幅増、通塾率も増大して、学力が上の層はふくらんでいる。

所詮、大企業社員や公務員、専門職層は10人に1人、後は雑魚。
この上位層がしっかりしていることが大事なんであって、ペンキ屋や配管工が
以前より学力低下したところで問題は全然ない。
というか、この層は何をやっても無駄でしょ。

421 :実習生さん:2005/04/30(土) 07:33:17 ID:COpNf5Tv
↑バカが増えると治安が悪くなるから「問題は全然ない」とまでは言えないんじゃ・・・

422 :実習生さん:2005/04/30(土) 09:02:14 ID:8On1+pMW
>>420
その考えも一理あるな。しかし総合的に学力低下はしているだろう。
受験のレベルも下がっているとすれば(出題レベルの低下)どうだろうか?
1000人をかかえる会社が100人で900人を管理できるのだろうか?
それに計算の曖昧な配管工ってやばいでしょ・・・要は技術なんだよ。
キットを組むだけならいいが、配管工も計算はしているはずだよ。
上がしっかりしていても現場はえらいこっちゃだと会社もDQNということになる。
製造現場のDQN世代は苦労しそうだな。

俺の頃は塾は受験対策が主で基礎は学校で学ぶものだったが今は変わっているのか?
塾で基礎から教えてもらえるとしたら学校は不要な感じだ。
塾の質はかなり向上しているのかもしれないな。

まだソロバンとかいってる香具師がいるがそれは過去の遺物であって
それらが進化した現代のツールをしっかり使いこなすことが重要じゃないかな?
>>418、419
が使っているこれだよ。読み書きは大切だがソロバンは時代が違う。
必要な物なら教育の現場から消えないはずだ。
だれがいまさら火の起し方を勉強する?それと似たような物だ。
必要な者だけが学べばよいスキルの部類になるとおもう。

423 :実習生さん:2005/04/30(土) 09:05:51 ID:zwA1RKp4
ゆとり教育世代ってカンボジアのポルポトに洗脳されたガキと同じだな。


424 :実習生さん:2005/04/30(土) 10:00:25 ID:8On1+pMW
>>423
そういうなよ。彼らは被害者なんだから・・・

425 :実習生さん:2005/04/30(土) 10:02:44 ID:SkkzlPy7
義務教育しか受けていない子の方が、今は圧倒的に少ないですよ。地方にいると、もの凄い二極化が進んで行くのを実感します。

426 :実習生さん:2005/04/30(土) 10:09:47 ID:8zcrAC03
>>422
「そろばん」には“計算”という意味もあるのだよ。しっかりおし。
418,419は、基礎的な計算能力の意で使っていると思われ。

427 :実習生さん:2005/04/30(土) 10:20:31 ID:8zcrAC03
>>421
「バカ」には語弊があるが、そのレベルの計算力も無い人間がゴロゴロ産出されるのは、社会の屋台骨をゆるがす大問題。
ブルーカラーの電気技師だって、オームの計算くらいは出来なきゃ資格もとれないんだよ。
基礎的な能力が身についておらず、将来に希望の持てない層が増えるのは、
社会全体にとって大いにマズイ事態だ。

428 :実習生さん:2005/04/30(土) 10:57:39 ID:8On1+pMW
>>426
確かに基本的な計算力は必要だが、四則計算なら誰でも人並みに
出来るようになるものだよ。生活に困らない程度は誰でも出来てると思う。
おれはソロバンという語句に固執しなくてもいいと思うだけだ。
>>427
おれもそれが問題かと思う。最近の教科書の薄さは知識の薄さの証明だと思う。
基本を押えた教育ならいいが円周率が3では社会が不安がるのも当然だ。

429 :実習生さん:2005/04/30(土) 11:06:49 ID:PFs0XLsN
そもそも何が子供にとって負担になるかが分かってないよな。
学習内容の多寡よりも、拘束時間の長さの方が問題なんだが。

430 :実習生さん:2005/04/30(土) 11:36:50 ID:8On1+pMW
勉強する時間を減らすより学校にいる時間を6日で均等割りにするとか、
昼休みをちょっと長くしてみるとかそういったアフター5ゆとり的な
政策の方が効果があったかもしれない。
部活までやってたら社会人並に拘束されているからね。
部活は好きでやってる人が多いだろうけど。
何をもって「ゆとり」とするか?これから良い方向に改善されることを祈る。

431 :実習生さん:2005/04/30(土) 11:40:00 ID:e87PuvN/ ?###

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡


432 :実習生さん:2005/04/30(土) 12:41:13 ID:wEsjYSRp
>>428
>>四則計算なら誰でも人並みに出来るようになるものだよ。
>>生活に困らない程度は誰でも出来てると思う。

これが、そうでもないんだ。
例えば、ローン年率12%と言われても、計算できない人も多い。
保険料が1日200円と言われて、漠然と安く感じている人。
また100g58円と200g110円でどちらが安いのか、分からない人も多い。
それで生活が困らないのは、多くの人は、
自分の知識技術の中に気が付かないうちに縛られて生活しているから。

ま、計算どころか、今は自分で書いた数字すら、自分で読めない時代だけどな。

433 :実習生さん:2005/04/30(土) 12:43:43 ID:wEsjYSRp
>>430
そもそも学校とはなに?
自立を促す機関ではないの?
社会人並みにって、社会人にするための場所ではないの?

434 :実習生さん:2005/04/30(土) 12:54:44 ID:8On1+pMW
>>433
たしかに言うとおりだが、学んだことも校内では実践する機会が少ない。
もっと社会の中に入ってゆき社会のルールを学ばせるのが
「ゆとり教育」ではないかと俺は思う。
海外の学校では社会のシミュレーションを取り入れたりもしている。
日本人も社会科で学んだことを実際に目にする機会を持つべきだと思う。


435 :実習生さん:2005/04/30(土) 13:07:22 ID:KN4Dy++R
>>420
それは>>416と同じ意見だよ。
そして「ゆとり教育の上の層は、前後世代よりも優秀」というのは、勘違い。

ゆとり教育世代は2極化の世代。
上と下の差が離れていることは言うまでもない。
しかし、それは下の層が下がっているからであって、
上の層が上がっているからではない。
下の層が下がっているから、相対的に上がったように見えるだけ。

また私立中学受験者が増加した事を、上の層がふくらんだ根拠にしているが勘違い。
私立の授業レベルは、ゆとり教育以前と同じ。
公立の授業レベルが下がったから、私立が優秀に見えるだけ。
これも2極化しているだけで、私立のレベルが上がったわけではない。

436 :実習生さん:2005/04/30(土) 13:56:51 ID:PFs0XLsN
今は小学校1年生でも週4日は5時間授業なんだが、そんなにやっても
効果無いって。

小1〜4:毎日4時間授業×週5日
小5〜6:毎日5時間授業×週5日
中1〜3:毎日5時間授業×週5日(+補習/発展などをオプションで週1日追加)

ぐらいがちょうど良いんじゃないの?

437 :実習生さん:2005/04/30(土) 14:56:20 ID:qumBEYIa
>>429
子供の負担を減らしたいのなら、
そもそも学校行かなければ良いんじゃないか?
公立学校は、子供のご機嫌取りの遊び場ではない。

438 :実習生さん:2005/04/30(土) 15:07:18 ID:8On1+pMW
>>437
負担=ゆとりが無いの意だと思うが・・・
揚足鳥はやめろ!ここは話し合いの場だ。
>>1もそういってるだろ。

439 :実習生さん:2005/04/30(土) 15:07:24 ID:PFs0XLsN
>>437
日本の保護者にその選択肢はない。
義務教育を「保護者による教育義務」と改めてもらいたぐらいだ。

440 :実習生さん:2005/04/30(土) 17:21:22 ID:SkkzlPy7
二極化が進む事で、中間、下位層の子が義務教育の早い段階で、学習意欲を無くしてしまっているような気がします。

441 :実習生さん:2005/04/30(土) 17:33:30 ID:SkkzlPy7
私立中が無い地方公立だと、同じクラス内にテストで10点取れない子も沢山いるし、学校の教科書には載っていない問題をバンバン解く子も沢山います。

442 :実習生さん:2005/04/30(土) 17:38:44 ID:SkkzlPy7
学校プラス塾、家庭教師は普通で、性格や能力的に、その普通について行ける子ばかりじゃないですよね。ついて行けない子、家庭の経済的事情でプラスαが無理な子なんかは、早い段階で本当に勉強しなくなっちゃってるんじゃないかと思う。

443 :実習生さん:2005/04/30(土) 17:49:11 ID:rYOldSHp
>>428
> 生活に困らない程度は誰でも出来てると思う
現実として問題になっているわけなので、「出来てる」の想定するレベル設定が低
すぎるか、観察の範囲が狭すぎるか、いずれかでしょう。

> ソロバンという語句
意味が分かっていないせいで字句に捕らわれてます。「読み書き算盤」というのは、
教育体制が整っていなかった寺子屋時代の「基礎学力が人並みといえる最低限」くら
いの意味。
現代的に言い換えるなら「(比較的単純な計算の)暗算」のことなので、桁数がそれ
ほど多くない足し算引き算とかでさえ、一々紙に書いて時間をかけて計算しないとで
きないとか、計算ミスが多いとかいうのでは、明治期以前の人並み以下。

444 :実習生さん:2005/04/30(土) 17:53:35 ID:rYOldSHp
>>429
あくまで具体的な程度の問題ではありますが、学校教育には、飽きっぽくて集中が続
かないのを矯正する目的もあるので、年齢などに不相応な無理難題とは言えない程度
の負担は、減らそうとするほうがおかしい、ともいえますな。

445 :実習生さん:2005/04/30(土) 17:57:41 ID:rYOldSHp
>>438
「ゆとり」の具体的な内容が「ルーズを許容する甘やかし」にしかなっていない
可能性が高いのが問題になっているのでは?

446 :実習生さん:2005/04/30(土) 18:48:53 ID:Fs7RjJ3t
>>443
人の揚げ足取ってないで御前さんの意見も聞かせてくれよ。
それとも御前さんDQNなの・・・?もしかして・・・

447 :実習生さん:2005/04/30(土) 19:02:59 ID:rYOldSHp
>>446
本題に密接に関連する事実認識の誤り正すことをもって「揚げ足」を取るとはいわない
ので間違えないように。

448 :実習生さん:2005/04/30(土) 19:04:58 ID:f1VKsGLg
>>446
いや、君以外は読み書きそろばんと聞いて、国語と計算だと思ったんじゃないか?
揚げ足でもなんでもなく、慣用句を理解できなかったのを諭しただけでは?

「読み書き」も必要だね。

449 :実習生さん:2005/04/30(土) 19:18:25 ID:rYOldSHp
>>448
改めて考えてみると、「読み書きそろばん」という言葉を文字通りに受け取って、
「そろばん=算盤という計算器具を利用した特別な計算手法」という風に限定して
受け止めてしまう人がいるのは、不思議でも何でもないかも知れないですね。

> 「読み書き」も必要だね。
学校の先生なら、その程度のことは知っていないと困るし、もし知らなくても、説
明されれば即座に理解できるようでないと困りますな。

450 :実習生さん:2005/04/30(土) 20:18:46 ID:K95odWyz
>>425
地方の二極化ってどんな感じ?
くわしく聞きたい。

451 :実習生さん:2005/04/30(土) 22:03:25 ID:SkkzlPy7
>425 これはわかりやすい二極化の一例ですが、今年の高校受験で、中堅の高校が定員割れしました。

452 :実習生さん:2005/04/30(土) 22:10:15 ID:baQhUThN
>>449
まったくだ。
「読み書きそろばん」なんて過去の慣用句、伝わるわけないだろう。
伝わるのが当たり前だろうと思って、ゴリ押しする方がたち悪い。

ちなみにゴリ押しのゴリは、魚の鮴(ゴリ)のこと。
さらに、太陽にほえろに出てくるゴリさんは、
ゴリラのゴリではなく、ゴリ押しのゴリ。

そうだよ、これを書きたかっただけだよ。

453 :実習生さん:2005/04/30(土) 22:23:56 ID:Sjahch81
>「読み書きそろばん」という言葉を文字通りに受け取って、
>「そろばん=算盤という計算器具を利用した特別な計算手法」という風に限定して
>受け止めてしまう人がいるのは、不思議でも何でもないかも知れないですね。


ゆとり教育の結果

454 :実習生さん:2005/04/30(土) 22:28:58 ID:rYOldSHp
>>452
知らなかったのを知ることができたなら、何らかの方法で確認の上、素直に憶え込めば宜しい。
多少なりとも向上心がある人間なら、の話ですが。


455 :実習生さん:2005/04/30(土) 22:29:50 ID:rYOldSHp
>>453
> ゆとり教育の結果
因果関係があるという傍証は?

456 :実習生さん:2005/04/30(土) 22:30:18 ID:ADbQ+Z54
次の2点が疑問。
1、陰山メソッド
本読んだことある。時間区切って、競争させてる(と思う)
学力向上。テレビも見たが生徒の目がすごいやる気してて、生き生きしてた。
その学校に入ったものしかこんな教育受けられないなんて‥
2、国立教育大付属
国のお金(厳密には法人化したが、補助金はあるだろう)で
国によってエリート教育。
ゆとり教育で自分で勉強しろとかいっておきながら、
一方で国は自らでエリート教育機関を作ってる。
なんで?実験とか言う名目だろうけど、公立での教育もっと充実させたりしないの?
国立なくして、その分補助金に回すとか、国全体の教育内容充実させるとか。

これじゃあ、2極か。更に進むと思う。でDQNの行動がエリートをおびやかす、、

457 :実習生さん:2005/04/30(土) 23:42:25 ID:B53Ygado
>>456
今は、学校地域毎の創意工夫によって、
多種多様な教育が行えるようにしているんだよ。
今後、今の路線が続くなら、さらに学区制を無くし、
子供達が自由に学校を選択できる環境になる。

と、誰かが言っていた。

458 :450:2005/05/01(日) 00:45:20 ID:YRrfSE5f
>>451
レスさんくす。
中堅高校が定員割れするのか。

459 :実習生さん:2005/05/01(日) 02:22:30 ID:wXtwmutN
ま、高校なんてどこでもいいがな

460 :実習生さん:2005/05/01(日) 07:35:40 ID:m/y1vHZi
>>454
うちのお爺ちゃんが、私が音楽とかの話をすると、
「お前は、なにをしゃべっているのか、ぜんぜん分からない。」
と、よく言う。
たぶん最近の言葉をよく知らないから、うまく伝わらないのだと思う。
でも、だったら覚えれば良いんだよね。

まあ、年寄りだから向上心が無くても仕方ないけどさ。

461 :実習生さん:2005/05/01(日) 08:21:58 ID:Cks5netM
>>460
そうだね。知らないことは勉強して覚えられるよね。
DQN世代は自分たちが受けた教育を自覚して、
これから少しづつでも勉強していけばいいと思う。
少なくとも向上心があればね。

462 :実習生さん:2005/05/01(日) 08:39:00 ID:kVElbmSP
>>461
DQN世代って昔の進学率が低かった世代のことか?
>>460を受けていることを考えるとそうだろうな(爺さんの世代)

でも仕事ができないのは最近の世代だから本当のDQN世代は一方通行(教師のいったことを暗記するだけ)の勉強ばかりさせられてきた最近の世代では?
2002年以後は総合学習などで多少は改善されているかもしれないが

463 :実習生さん:2005/05/01(日) 11:09:18 ID:Cks5netM
>>462
俺の言いたかったのは簡素化教育を受けた世代も
>>461と同じことが言えるということだ。
今後は良い方向に改善されるといいが。日本の為にも。

464 :実習生さん:2005/05/01(日) 14:59:42 ID:alqpEB04
>>439
実はある。

自分が今まで出会ったのは、入院中の子供や自宅療養中の子供。
また相当な理由無くても、昼から私塾に通い家庭教師をつけている子供もいる。
そういった子供は、自分から勉強する気になっているし、ほぼ個別学習だから、
教科書と適度な教材さえあれば、学校の2倍から3倍の早さで学習が進む。

保護者に罰金刑が科せられるらしいが、
それを科せられた保護者には会ったことはない。

465 :おめーらは白痴:2005/05/01(日) 15:06:46 ID:ZJzPwKEl
>>456
国立大学の付属学校は別にエリート校じゃないですが何か?

466 :実習生さん:2005/05/01(日) 15:19:06 ID:3fY5SjBI
ハークチくんさよなーらー♪
                さよーならハークチくん♪
       
      ∧_∧
     ( ´∀` )  おや?バイトの講習は今日はお休み?
     /⌒   `ヽ
    / /    ノ.\_M
    ( /ヽ   |\___E)
    \ /   |   /  \
      (   _ノ |  / ウワァァン ヽ
      |   / /  |ヽ(`Д´)ノ| ハクチ
      |  / /  ヽ(     )ノ
      (  ) )     ̄ ̄ ̄
      | | /
      | | |.
     / |\ \
     ∠/



467 :実習生さん:2005/05/01(日) 18:37:08 ID:0yCwZpg+
>>432
>>今は自分で書いた数字すら、自分で読めない時代だけどな。

自分の周りでは、
自分で書いておいて 5と6、1と7の区別が付かない子が何人かいます。
また数字の大きさがバラバラなので、
筆算の縦の列がそろわず、ミスを連発する子達も。
ああいうノートの書き方とか、そういった指導は、
それを喜んでやる低学年で指導しないと、
高学年では面倒くさがってダメですね。

468 :実習生さん:2005/05/01(日) 19:41:15 ID:wOCDggSe
>>460
発音も何も出鱈目な英語起源のカタカナ語を並べ立てたんじゃない?
アメリカ人に通じるかどうか試してみたら?

469 :実習生さん:2005/05/01(日) 19:42:54 ID:wOCDggSe
>>467
想像以上の荒み方・・・ ですね・・・。

470 :実習生さん:2005/05/01(日) 22:20:42 ID:pHiuT0T0
>>464
罰金の額がすごく安かったような

471 :実習生さん:2005/05/02(月) 09:26:49 ID:Oxc560mh
>>436
それは総合の時間も含めてだろ
だから問題ないよ
総合の時間は自ら考える時間なのだから

>>439
そんなことしたらひどい詰込み教育になるケースが出てくるだろ
親による不公平が激しくなりすぎる
教育は親のためにあるわけではない
むしろ子供はいずれ社会に出て行くのだから社会を代表する国や自治体が決めるほうが合理的だ

472 :実習生さん:2005/05/02(月) 12:10:52 ID:pu6LIqPI
>>464
へー、日本でもそういう人いるのか。
ヨーロッパの金持ち家庭出身には、そういう人が結構いるみたいですが、
日本も多様化しつつありますね。

私は私塾や家庭教師を義務教育の一環として認めることに賛成ですが。

473 :実習生さん:2005/05/02(月) 16:58:04 ID:0B7Sq4ex
>>471
> そんなことしたらひどい詰込み教育になるケースが出てくるだろ
教育熱心な親の子供と、教育不熱心な親の子供では違いがあるのが当たり前で、
「熱心」の内実が「無理な詰め込みの強要」になるかどうかは、その親の資質
の問題。
概して、自分自身はろくに勉強したことのない親のほうが、どこからが無理な
のか判断できなくて、とかく無理な詰め込みを強要しがちということはあるね。

> 親による不公平が激しくなりすぎる
基本的に「個人の能力」の問題なのだから、「単純一律な公平」など、あるほ
うがおかしい。
その事実を正確に認識せず、「公平」というのを「全体のレベルを上げる方向」
ではなくて、逆に「教育熱心な親とその子供の足を引っ張る」ことにつなげて
いる輩がいることが諸悪の根元ではないのか?

> 教育は親のためにあるわけではない
そのセリフは、親が極端な機械的詰め込み主義者で、それに反発している反抗
期の子供に特有のものですが?

474 :実習生さん:2005/05/02(月) 17:09:50 ID:0B7Sq4ex
>>472
ヨーロッパのみならず、教育というのは「余裕がある家庭だけが、余裕の度合いに応じて
行う特殊なもの」というのが古今東西の平均的な認識であって、誰もが教育を均等に受け
る機会が確保されていて、実際にも、富裕とはいえない家庭の子供が最高度の教育を受け
ることさえ可能な現代日本のほうが特殊な例外。

> 日本も多様化しつつありますね。
それでも、戦後の強烈な累進課税の元では、多寡が知れているでしょう。
何ということもなくて、以前から多様化が叫ばれながら一向に変わっていないのは、収入
が平均化しているせいであると。

475 :実習生さん:2005/05/02(月) 18:49:54 ID:Oxc560mh
勉強屋のなれの果て
やっぱり勉強もそこそこが良いよ

http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20050502i306.htm
>
多くは研究職志望で進路が少なく、企業も「視野が狭い」などと採用に消極的で、不安定な身分が問題化している場合が多い。

476 :実習生さん:2005/05/02(月) 19:18:02 ID:dVzMJkku
トヨタ、日産、日立、松下電器、三菱重工、NEC、キャノン、三菱化学、
新日鉄、パイオニア、アイシン精機、日本板硝子、ブリヂストン、ユニチカ、
第一製薬、クボタ、大日本印刷、三井金属、富士通、東ソー、TOTO、ニコン、
住友電気工業、帝人、旭化成、凸版印刷、三菱レイヨン、フジクラ、昭和電工、
トヨタ車体、三井化学、旭硝子、デンソー、マツダ、横河電気、日新製鋼
の各企業理系管理職、主に部長級以上

北海道大 243 
静岡大  133
同志社大  61
中央大   49
明治大   39
上智大   36
立命館大  25
関西大   23
青学大   13
法政大    8
関学大    7
立教大    7 

北大>>>駅弁>>上智マーチ
最も有利な東京の企業でも駅弁に負けるマーチ。
実績皆無の弱小大学 上智。

地方国立が駅弁なんて煽られるのは、旧帝大と比べてのことであって
早慶以外の私大は論外。ゴミでしかない。


477 :実習生さん:2005/05/02(月) 19:50:48 ID:LLv9xhp0
>>476
板ちがいじゃね?
しかし大手企業も結局は中小企業に支えられてるわけだしなぁ。
大手で中堅より中堅企業の社長の方が稼いでると思うけど。
どうだろ?

478 :実習生さん:2005/05/02(月) 21:10:04 ID:tKcNxnL6
学歴厨って痛いな

479 :実習生さん:2005/05/02(月) 21:55:02 ID:0B7Sq4ex
>>478
自慢のタネが何一つないよりはマシじゃろうて。

480 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:11:36 ID:GRsm0Yyx
中1の息子がとんでもないことになっております。
自分自身、親がうるさく言わなくても勉強するタイプで、
成績もかなり良かったんで、子供のことも同じように考えていました。

そしたら、世界地図でアメリカの位置を知らない。
歴史上の人物の名前、年号が分からない。
ことわざ、慣用句を知らないなど・・。

その年齢ならば、当然知っていると思っていたことを
全く知らなかったので、愕然としております。

もっと勉強に介入すればよかった、と後悔しています。

481 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:17:46 ID:26wAtsJ6
>>475
その記事をどう読んだら「勉強はそこそこが良い」なんて結論が出てくるの…?

482 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:22:06 ID:fsmSb5u4
「視野が狭い」ってのは致命的だな。

483 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:45:48 ID:LLv9xhp0
>>480
性格や知性は遺伝しません。残念ですが・・・

484 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:46:02 ID:5qzOKYtl
>>480
>>中1の息子がとんでもないことになっております。
>>成績もかなり良かったんで、子供のことも同じように考えていました。
成績表が粉飾だった+授業がイマイチだった予感。
地理と歴史が駄目でも、国語と数学が良ければ大丈夫かも。


485 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:46:05 ID:h2hvuG6g
>>473
よく>>471の意見が理解できるね。
私は、いまいちよく理解できない。

「親による教育義務」と言っても、
親は、学校に通わせる義務を負うのであって、
親が教育を直接行うわけではない。

>>471は、その辺りを勘違いしているのだと思う。

486 :実習生さん:2005/05/02(月) 22:56:28 ID:/RiNECto
>>480
>そしたら、世界地図でアメリカの位置を知らない。
>歴史上の人物の名前、年号が分からない。
>ことわざ、慣用句を知らないなど・・。
今は暗記を推奨しないから、いいんでないでしょうか?
地図の読み取り方、歴史の流れがわかればそれでいい。
(逆にいえば昔のような知識覚えたければ、
何かしら対策をとれってことにもなりますが)
なにしろ、思考力をつけるほうに主眼おいてるみたいだから。
この方針がいいか悪いかしら無いけど。


それにしても学力テストでその成果が出てないってことは‥


487 :実習生さん:2005/05/02(月) 23:03:27 ID:cD66IwGq
>>480
いや、今年度の中一なら、それが普通ですよ。
確か小学校6年間でアメリカを扱うのは、小6の2,3ページです。
それも、日本との関係や文化の違いを教え、位置関係はさほど扱いません。
また、歴史は興味関心や調査を重視して、細かい人物にはこだわりません。
慣用句については、そもそも国語の教える内容に入っていないような。

その年齢ならば当然知っていると思うのは、親の世代での常識であって、
お子さんにとっては、知らないのが当然ですよ。

488 :実習生さん:2005/05/02(月) 23:04:42 ID:0B7Sq4ex
>>485
「意見」というより、「親にうるさくいわれたら鬱陶しい」という「感想」くらいの
ところじゃないですかね?

> 親は、学校に通わせる義務を負うのであって、
> 親が教育を直接行うわけではない。
そうですが、元の>>439は、学校任せにしないで親にしっかり責任を持たせろという意
図ではないかな?

489 :実習生さん:2005/05/02(月) 23:29:23 ID:0B7Sq4ex
>>487
うーん、確かに、国の位置なり、事件の呼び名と年代なり、本なら書名と著者なり
を単純に暗記しているだけでは足りないことは明らかではありますが、国の位置と
か事件なら年代とかは、全体像を掴むために必須の要素で、早い段階で憶え込んで
おかないと、後になって憶えられるものではないと思いますけどね・・・。

> 歴史は興味関心や調査を重視して、細かい人物にはこだわりません。
そのまま額面通りに受け取るなら、興味がわかないようないことは調べないし、調
査ができない地域範囲の出来事は関知しない、という滅茶苦茶なことになりそうで
すが?


490 :実習生さん:2005/05/02(月) 23:41:20 ID:cD66IwGq
>>488
>>そうですが、元の>>439は、
>>学校任せにしないで親にしっかり責任を持たせろという意図ではないかな?

ああ、なるほど、そういう意味でしたか。
やっと意味がつながりました。

というわけで>>485は無かったことにしてください。

491 :480:2005/05/03(火) 00:12:55 ID:V/b+a7qV
貴重なご意見ありがとうございます。

はい、確かに暗記物がなくなっているような気がします。
例えば、地理にしても歴史にしても、ちゃんと小学校の教科書に
載っていたのです。

しかし、何でも吸収する今のうちに覚えないと、大人になってからでは
記憶力も低下して、覚えられないと思うので、今、ハッパをかけて
覚えさせようとしています。

でも、何と言うんでしょう。
例えば、自分の経験だと、同じくらいの年頃の時、英単語などは
何回か書いただけですぐ記憶していたのが、息子の場合、
何回書いても覚えられない。
これは、今まで暗記するということを、全くしていなかったから、
頭が働かないのでは・・と思うのです。

じゃあ、ゆとり教育が目指していた、自分で何かを調べたり、
自分の考えをうまく表現したりすることが上手いかというと、
これまた全くまとまらずに、中途半端で終わっているので、
親として、本当に頭を痛めています。

492 :おめーらは白痴:2005/05/03(火) 00:16:12 ID:/xGHq0Hz
>>491
>何回書いても覚えられない。
>これは、今まで暗記するということを、全くしていなかったから、
>頭が働かないのでは・・と思うのです。

三つ子の魂百まで

493 :実習生さん:2005/05/03(火) 00:45:56 ID:k6L5fL6z


  
  ――の魂(たましい)百まで
  幼時の性質は一生変わらないものだということ。



494 :おめーらは白痴:2005/05/03(火) 00:53:45 ID:/xGHq0Hz
>>493
皮肉で言ってるんだよボケがw

495 :実習生さん:2005/05/03(火) 01:06:43 ID:k6L5fL6z

まだおめ白氏は生きてたのか・・・。
高校数学も碌に理解してない低学歴者が
よく自分の低脳さを棚に上げてアレコレ言ってて恥ずかしくないな。

そしてついに国語も・・・w


496 :実習生さん:2005/05/03(火) 01:07:40 ID:p782w4Wd
>>491
学習内容や方向性が、かなり違いますので、驚くのも無理は無いです。
とはいえ、親の世代の教育と、子供の世代の教育を比べて焦っても仕方ありません。
それより、今の教科書や学校の授業の様子をよく聞いて、
そのレベルについて行けるように、支援したほうが良いかと思います。

497 :実習生さん:2005/05/03(火) 09:27:33 ID:VQRbR5/y
>>そうですが、元の>>439は、
>>学校任せにしないで親にしっかり責任を持たせろという意図ではないかな?

現在のような就学義務を緩和させて、教育義務に改めた方が良いということです。
ありていに言えば、私塾や家庭教師を義務教育の一環として認めよ、ということです。


498 :実習生さん:2005/05/03(火) 11:42:46 ID:ig8YNvUJ
>>495
二流大ほどよく吼える。

499 :実習生さん:2005/05/03(火) 15:28:13 ID:238J2CLs
>>497 
教育の構造改革を容認するという意味ですかね。
貧乏人共は、レベルの低い教育機関にでも逝ってろ、と。

ボクは、教師と生徒を第三者がレベル別に評価して、
それぞれのレベルを合致させることにより、
社会の競争を高めた方が、貧富による階級の逆転が起きて良いなあと思います。

まあ、その評価する第三者という存在や、地域それぞれにおける教師の質・人数、
制度そのものを考えると、非現実的かもしれませんが。

500 :実習生さん:2005/05/03(火) 20:02:27 ID:IZMrnRdp
>>499
> 貧富による階級
古今東西を見渡した上で「明確な階級」といえるようなものは、現代日本には
存在しないですよ。幻想です。


501 :実習生さん:2005/05/03(火) 23:07:49 ID:VxN10iwB
>>500は金持ちか?
貧乏人は多いぞ!

502 :実習生さん:2005/05/03(火) 23:18:41 ID:IZMrnRdp
>>501
日本で生活できている「自称貧乏人」などは関係ない話。

503 :実習生さん:2005/05/03(火) 23:40:57 ID:VxN10iwB
>>502
日本の話じゃねーの?
極端に貧しいのはおらんけどな。
塾に行けん子供はようけおるわ。

504 :実習生さん:2005/05/04(水) 00:22:24 ID:f8NUDtiS
>>503
たかが学習塾に通わせる程度の金があるかないかで「富裕階級・貧困階級」が分かれると?
つくづく現代日本。

505 :実習生さん:2005/05/04(水) 05:24:09 ID:rzSM7NX4
>>500
俺も学生時代はそう思ってたが、社会に出て、初めてわかったよ。
日本はモロ、階級社会です。

社会学的統計調査でも、親の職業階層がそのまま引き継がれてます。

506 :実習生さん:2005/05/04(水) 05:42:29 ID:kfTeSdeD
明確な階級が欲しいね。全く。貧乏人からDQNは生まれやすいんだから。

507 :実習生さん:2005/05/04(水) 08:51:51 ID:CeWKd+N+
日本では下層階級でもそれなりの生活が出来ているからいい方。
金持ちはすごくいい暮らししてるよ。

508 :実習生さん:2005/05/04(水) 10:06:21 ID:bColpLI7
>>503
子供が塾に行ける年収と行けない年収の境目はどの辺でしょうか?
私の感覚では、年収400万あれば十分だと思いますが。

509 :実習生さん:2005/05/04(水) 12:24:30 ID:rzSM7NX4
日本は大企業や官庁、医師や弁護士、研究者などのエリート専門職でも、一般的には
年功型賃金なので、例えば、27歳時点で見ると、DQN塗装工は既に所得が最大値に
到達しているのに対して、これらの人はまだ見習い、研修レベルに過ぎず、収入を単純に
比較すれば、DQN塗装工>専門職 です。
それが、彼らが20歳台で高級車を乗りまわせる根拠なのです。
また、この時点では、フロー所得の点で、東大出身の官僚や医師とDQN塗装工
とに差はないので(逆差はある)、あたかも、日本には階級格差、階層格差がないように
見えるだけなのです。

が、フロー所得は30歳を境にどんどんエリート、専門職階層が増えていくのに対して、
大半のDQN階層は自分で会社を作った少数以外は現状維持または減少していき、
50歳時点、60歳時点では大きな格差がつき、それは死ぬまで続くので結果的にストック格差も
大きいのです。

さて、階級社会=親の職業階層を子供が継承する社会、階層社会=職業によって収入やライフスタイルが分かれている社会、
と定義すると、日本は階層社会なのはもちろんですが、社会の上層から中層は保守政治家を筆頭に医師、官僚、研究者など
大半が同一階層内継承または移動(大企業管理職リーマンの子供が医師や弁護士になる、あるいは逆もあり)なので、
定義的には階級社会と言えるでしょう。

510 :実習生さん:2005/05/04(水) 13:20:44 ID:YqQDakDs
>>496
学校卒業してから、社会人として立派になれるかどうかが心配なのでしょう。
今の教育で。
周りのこどもも同じだから(教育熱心層は除く)大丈夫かも。
その世代の考えかたもってたほうが同世代には溶け込めやすくなるかもしれないし。
ま、理屈立てて考えるとかも、前提となる知識や考えかたを頭に入れない(暗記)とできない事は確かだと思う。
じゃないと断片的になっちゃうし。

>>493
言いたい事は分かるけど、たとえが悪い気がする
3つ子ってまだ就学してないような年頃だし。
鉄は熱いうちに打て、とかの方が‥

>>509
>大半が同一階層内継承または移動
今の首相も‥

511 :実習生さん:2005/05/04(水) 14:38:42 ID:n9mQRyxE
>>509
階級社会というか、職業の世襲制が強いって事でしょう?
親の持つ私財や体験が、子に受け継がれやすいのは社会の自然な流れ。
しかし、あえてそれを受け付かず、親と違う職業になる選択が出来るのが日本の社会。

階級社会とは、家系門戸によってなれる職業となれない職業、
または到達できるレベルが決まる社会のこと。
例えば、爵位を持つ家に産まれなければ公務員になれないとか、
黒人に産まれた時点で大学生にはなれないとか。

日本では、日本人に産まれさえすれば、ほぼ全ての職業を選択できる。
ごく一部の職業(天皇等々)にはなれなかったり、
目的の職業に付くために有利不利の差はあるものの、
それをもって階級社会とは言わない。

512 :実習生さん:2005/05/04(水) 16:10:04 ID:CeWKd+N+
>>508
年間400万稼げてない親もいるのですよ。

513 :実習生さん:2005/05/04(水) 18:56:29 ID:7fHzP2zi
>>505
それは、客観的な定義の問題として、「ほとんど全く固定的な階級」ではない「相当
程度に流動的な階層」だし、階層間の「格差の桁」が違う。

514 :実習生さん:2005/05/04(水) 19:02:49 ID:7fHzP2zi
>>512
> 年間400万稼げてない親もいるのですよ。
たかがその程度の違いを針小棒大に捉えて「階級階級」と唱える者がいること自体、
「現代日本には階級といえるものなど実在しない」ことの動かぬ証拠。

515 :実習生さん:2005/05/04(水) 19:03:13 ID:BpPECJX5
>>目的の職業に付くために有利不利の差はあるものの、
>>それをもって階級社会とは言わない。
今はもう、くつがえせないくらいの不利があると思う。
昔はどうにかなったんだろうけど、実質は階級社会な予感。


516 :実習生さん:2005/05/04(水) 19:05:44 ID:YqQDakDs
関西在住の方、5/5 9時55分から4ch見ましょう。

西日本8局特番「緊急報告・教育があぶない」

‥いいふるされてる内容だとは思いますが

517 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:10:53 ID:rzSM7NX4
>>511
それは前近代の階級社会の話でしょ。
近代資本主義社会では、タテマエ上は個人は法的に平等です。
が、これを持って階級社会がないと言うなら、社会学の存在意味はないでしょう。
個人の抽象的タテマエ的機会可能性を論じても仕方ない。

実態として、社会全体としてどうなのかが分析されなければならない。
イギリスの場合、階級社会の主要メルクマールは教育という話。
中産階級は銀行から借金しても私立一貫校(パブリックスクール)に入れるのが
中産階級の証で、それより上のアッパーミドル以上だと私立小学校から入れるのが常識だとか。
総選挙で今、国内を遊説中のレイバー党首、ブレアも子供は私立小学校ですが、アッパーミドル
階層では当然のこととして、批判は出てません。
そこらへんは最近出た、
「しのびよるネオ階級社会―“イギリス化”する日本の格差 」 平凡社新書 (267)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/458285267X/qid=1115204944/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-0481224-1339534

が詳しく述べられています。

518 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:17:02 ID:7fHzP2zi
>>515
> 昔はどうにかなったんだろうけど、実質は階級社会な予感。
昔も「明確な階層の別」があったことは変わりないですよ。教育は、いつの時代のどこの国
でも親と子の共同作業なのであって、ばあいによっては爺さん婆さん・それも二親の両方が
寄ってたかってビシビシ鍛えて、初めてモノになるのが常態。
2代がかりというのは例外としても、教育熱心な家と、不熱心ないし学校任せの放任の家と
では大差が出るのが当たり前、ということです。「くつがえせない」とかいって手を拱いて
いるようでは、覆せる可能性などないです。突然変異的に素質がある子なら別だけどね。

519 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:31:13 ID:YeXYprod
2002年指導要領の実施後の方が学力が上がったという文科省の調査結果があるのだから、
ゆとり教育で学力低下、は間違い

これまで難しすぎたのを削ったから基礎に集中できるようになった。
その結果でしょう。

皆様の中でも理系科目が苦手な人は難しい問題をやらされてまったく理解できなかったけど
基礎だけに絞ったら理解できたという経験をお持ちだと思います。これが国家的規模で起きているのですよ。

520 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 20:35:33 ID:Jvx7yo3E
>>514
バカデスカ?

521 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 20:36:34 ID:Jvx7yo3E
>>519
バカデスカ?

国際調査の結果も見ようねw

522 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:39:08 ID:7fHzP2zi
>>519
> これまで難しすぎたのを削ったから基礎に集中できるようになった。
そうですか? 現場の実際を知らないものの、最低限の基礎のところを削ってしまって、
それによる弊害が出ていると聞きますが、事実無根ですか? あるいは、一面だけが強
調されすぎている、とかいうことですか?

523 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 20:41:24 ID:Jvx7yo3E
>>522
>最低限の基礎のところを削ってしまって、それによる弊害が出ていると聞きますが、事実無根ですか?
狂死はバカだからそういうことすらわからないんだよw

524 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:43:17 ID:7fHzP2zi
>>520-521
主体性がないせいで2ちゃんの風潮にそまってしまったものと思いますが、多少なり
ともマトモな人間になろうと努力してみたらどうですか?


525 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 20:44:35 ID:Jvx7yo3E
>>524
おまえがなw

526 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:44:57 ID:7fHzP2zi
>>523
具体的には、たとえば、分数が理解できていない理系の大学生さえもいるとかいうことかな?

527 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:45:56 ID:7fHzP2zi
>>525
そういった2ちゃんレベルの「煽り」が通じるような相手に見えますか?

528 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:47:00 ID:v9EkcYL6
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーン
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ

529 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 20:47:51 ID:Jvx7yo3E
>>527
激しく意味不明w

少しは分をわきまえたら?

知ったか野郎は恥かくだけだよw

530 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 20:48:29 ID:Jvx7yo3E
>>526
いったい何言ってるのかな?

ニホンゴヨメマスカ?

531 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:52:28 ID:R6+oFKLM
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ


532 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:55:55 ID:HqJC9Fr3

>>530

まだおめ白氏は生きてたのかw
高校数学も碌に理解してない低学歴者がよく自分の低脳さを棚に上げて
アレコレ言ってて恥ずかしくないなw


533 :実習生さん:2005/05/04(水) 20:57:12 ID:XjR5KE88
これって既出?
<学力テスト>「好成績」戸惑う文科省 なぜ、上向いたのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050423-00000035-mai-soci

534 :実習生さん:2005/05/04(水) 21:00:59 ID:M9q/xaob
>>515
それが 有利不利のレベルで語れる事自体が、階級社会ではない証拠。
階級社会では、有利不利ではなく、可能不可能のレベルで語る。

第一、覆せないくらいの不利なんて、
いったいどんな職業や貧富の差を想定してる?
農家が医者や国会議員になる時代、
それ以上の職業って思いつかない。
元首?

535 :実習生さん:2005/05/04(水) 21:26:27 ID:5axUpFHg
>>517
社会学の存在意味のために、階級社会が存在しているわけではない。

しかもなぜ日本とあまりに異なるイギリスの例をだすのか?
イギリスが法的にも認められた階級社会なのは、その通りだが、
それと日本との関わりがまったく説明されていない。

536 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 21:26:54 ID:Jvx7yo3E
>>532
はあ?

537 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 21:27:50 ID:Jvx7yo3E
>>532
ププププッ



バカ丸出しw

538 :実習生さん:2005/05/04(水) 21:30:08 ID:7fHzP2zi
>>529-530
やれやれ。


539 :実習生さん:2005/05/04(水) 21:37:39 ID:hWlxf33l
ハクチ君塾講バイトお疲れ(w

行間あけるのも粘着も進歩がないね。

だからいつまでたっても


リ ア ル で う だ つ が 上 が ら な い ん だ よ 。


さあ、夜が明ければ君も

毒にも薬にもならない香具師に逆戻りだ(w

認知心理学をやると心が荒むらしいな(w

540 :実習生さん:2005/05/04(水) 21:42:57 ID:HqJC9Fr3
>>537

高校数学も満足にできない低学歴者が「ばか」って言ってるし〜
わらえる〜w


541 :実習生さん:2005/05/04(水) 22:06:59 ID:GEsNRlu8
>>519
>>583
○ 「成績の向上」は統計マジック
同一問題の中で正答率が有意に向上した問題の数 と 正答率が有意に下落した問題の数 を比べて、前者の方が多かったら向上したとしている。
あれだけ削減したらこうなるのはあたりまえ。(現に、特に向上されたとされる学年・教科のほとんどが大量削減されたもの)
もちろん、同一問題もそうでない問題もごちゃ混ぜにした上での点数の比較は無意味。
さらに、ゆとり教育の本来の目的だった「記述式問題」の正答率が全く向上していないんですが・・・

○ ゆとり教育の成果では無い
各家庭が子どもに勉強させる体制を取った。少人数授業やTTが始まった。など、学力向上に寄与するパラメータは多く、「ゆとり教育で向上した」というよりはこちらの方が学力向上に寄与している可能性が高いように考えられますが・・・

542 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 22:34:16 ID:KkiNqPe0
ID:HqJC9Fr3

下らない煽りしかできないバカが何言ってるのかな?ププププッ

ちゃんと意見が言えるんなら、意見を言ってみたら・・・











もし出来たらの話だけどw

543 :実習生さん:2005/05/04(水) 22:49:20 ID:R6+oFKLM
>>542
オメーも馬鹿だな。荒らしに反応してるからこう馬鹿にされるんだよ(藁

544 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 23:03:50 ID:KkiNqPe0
>>543
君は何を言ってるのかな?

それとも自覚できてないのかな?



545 :実習生さん:2005/05/04(水) 23:09:33 ID:hWlxf33l
ハクチのレスより

>>543の方がわかりやすい。

他人に意見出させて叩く。暗い趣味だね。
脆弱な自尊心をこうやって保持してるんだね。



546 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 23:10:30 ID:KkiNqPe0
>>545
だから
そんな下らない煽りしてないで
さっさと意見言ってみたら?

ほらほらw
できないんだろ?



547 :実習生さん:2005/05/04(水) 23:18:44 ID:rzSM7NX4
>>541
つうか、文科も学力問題で、マスコミや世間からたたかれ放題で、自己防衛策を
ひねり出したのが今回の「成績向上発表」だろうと思うな。


548 :実習生さん:2005/05/04(水) 23:26:26 ID:B0wJVXwv
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       もちつけブーン
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ

549 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 23:32:21 ID:KkiNqPe0
514 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2005/05/04(水) 19:02:49 ID:7fHzP2zi
>>512
> 年間400万稼げてない親もいるのですよ。
たかがその程度の違いを針小棒大に捉えて「階級階級」と唱える者がいること自体、
「現代日本には階級といえるものなど実在しない」ことの動かぬ証拠。


ばかじゃねーの?

もう少し勉強してからカキコちまちょうねw>ID:7fHzP2zi

550 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 23:33:37 ID:KkiNqPe0
>>509
ヒント:六本木ヒルズ

551 :おめーらは白痴:2005/05/04(水) 23:36:09 ID:KkiNqPe0
527 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2005/05/04(水) 20:45:56 ID:7fHzP2zi
>>525
そういった2ちゃんレベルの「煽り」が通じるような相手に見えますか?

514 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2005/05/04(水) 19:02:49 ID:7fHzP2zi
>>512
> 年間400万稼げてない親もいるのですよ。
たかがその程度の違いを針小棒大に捉えて「階級階級」と唱える者がいること自体、
「現代日本には階級といえるものなど実在しない」ことの動かぬ証拠。

この程度のくせして何言ってるんだろう・・・
とんだ井の中の蛙だwwww
はらいてぇー

552 :実習生さん:2005/05/04(水) 23:38:57 ID:YqQDakDs
>>547
別に擁護するつもりはないが、ひねり出したまでは言いすぎだと思う。
統計上は本当にこう出たんだと思う。
学習塾のおかげだと思うけど‥

今日の関西系列のニュースで言ってたが、教科書の内容が明らかに薄くなってるぽい。
小学校高学年の教科書、昔なら低学年で使ってたような体裁、内容。
これで幼稚化しないほうがおかしいんだと思うんだけどなぁ。



553 :実習生さん:2005/05/04(水) 23:54:02 ID:GDRpnPME
>>541
○ 「成績の向上」は統計マジックではない。
前回より向上したという事実は変わらない。
(ただし前回下がった分が上がり、10年前と同じレベルに戻ったと言うだけ)

○ ゆとり教育の成果では無いとも言えない。
ゆとり教育によって、各家庭に時間を与え、
それに各家庭が対応できるようになった。
よって、間接的にゆとり教育の影響である。

554 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:00:53 ID:QkigJdUP

ハクチ先生「・・・よって『X=2』は『X^2=4』であるための『必要条件』である。」
生徒A  「先生!それは『十分条件』ではないのですか?」
ハクチ先生「なにをバカな事をw
      『X=2』は必要なんだから『必要条件』に決まってるだろーが。
      ププッ、バカ丸出しw」
生徒B  「しかしながらですね、先生。
      数学の定義によれば、『X=2』から『X^2=4』が云えて、
      その逆が云えない場合は『十分条件』と言うハズで・・
ハクチ先生「うるせーバーカ!!
      てめーら低学歴のクセにウゼーんだよ!
      バーカバーカ、もっと認知心理学を勉強しろっ!!
      そんなんで勉強した気になってるなんてとんだ井の中の蛙だwwww
      はらいてぇーw・・・
生徒一同 「・・・・・・orz」



555 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:02:03 ID:RfvLV4VO
>>551
連発で叫いているところを見ると、何かがグサッと効いたようですな。

556 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 00:29:25 ID:hmNa92Vf
>>555
別にw

結局、狂死は話を逸らすことしかできないってことがこれで示されたわけだがw

557 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 00:29:57 ID:hmNa92Vf
>>553
>それに各家庭が対応できるようになった。

意味不明ですが?

558 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:34:09 ID:RfvLV4VO
>>556
発作は収まった?

559 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 00:36:13 ID:hmNa92Vf
>>558
発作はこいつ>ID:QkigJdUP

どうせまたヌ○ハチがry

560 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:36:51 ID:QkigJdUP

ハクチ先生「・・・よって『X=2』は『X^2=4』であるための『必要条件』である。」
生徒A   「先生!それは『十分条件』ではないのですか?」
ハクチ先生「なにをバカな事をw
       『X=2』は必要なんだから『必要条件』に決まってるだろーが。
       ププッ、バカ丸出しw」
生徒B   「しかしながらですね、先生。
       数学の定義によれば、『X=2』から『X^2=4』が云えて、
       その逆が云えない場合は『十分条件』と言うハズで・・
ハクチ先生「うるせーバーカ!!
       てめーら低学歴のクセにウゼーんだよ!
       バーカバーカ、もっと認知心理学を勉強しろっ!!
       そんなんで勉強した気になってるなんてとんだ井の中の蛙だwwww
       はらいてぇーw・・・
生徒一同 「・・・・・・orz」


561 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:37:46 ID:EzPt+BKS
>>553
>>541が言いたかったマジックはこういうことだと思う。
統計よく分からんので、あくまで素人考えだけど。

従来1〜100教えていた内容が、「ゆとり教育」で
(単純に3割削減されたとして)1〜70になった。
学力テストもそれに準拠してるはずだから、テスト範囲も70まで。
範囲が狭くなったのだから、点数が少しは上がって普通。
で、残りの30のツケは中学や高校で払うことになる。

一応、文科も高校まで通算した内容は従来に比べて減らしてないと言ってるので
(←この自体むちゃくちゃだと思うんだけど)
授業について行けない生徒が増えてるんじゃない?

562 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:42:39 ID:W/BhEIO9
>>561
ちょっと違うよ

563 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:44:29 ID:EzPt+BKS
かなり自己流解釈は言ってるから‥スマソ
分かりやすく教えて下さい。

564 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 00:45:30 ID:hmNa92Vf
>○「成績の向上」は統計マジック
調査の結果、正答率が前回より高くなったことはおそらく事実
ただし、
むちゃくちゃできが悪かった問題が、普通に悪い状態に戻っただけ
よって、
(ただし前回下がった分が上がり、10年前と同じレベルに戻ったと言うだけ)
が正解

>さらに、ゆとり教育の本来の目的だった「記述式問題」の正答率が全く向上していないんですが・・・
そういうこと。
成績が向上したというのは言葉(数字)のマジック
ゆとり教育でも学力がつけられるということにはならない

>○ ゆとり教育の成果では無い
>各家庭が子どもに勉強させる体制を取った。
学習塾等の通塾率は明らかに上がっている。ただし、本当に学力的に問題のあるそうが通塾しているというわけではない。

>少人数授業やTTが始まった。など、学力向上に寄与するパラメータは多く、
>「ゆとり教育で向上した」というよりはこちらの方が学力向上に寄与している可能性が高いように考えられますが・・・
そういうこと。
さらに言えば、少人数授業が学力向上に直接効果があるわけではない。
学力向上の最大の要因は、狂死が学力について真剣に考えるようになったかどうか。
少人数授業は方法に過ぎないのであって、原因ではない



565 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 00:46:08 ID:hmNa92Vf
>授業について行けない生徒が増えてるんじゃない?

増えているんじゃない?
じゃなくって
実際増えている

566 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:48:26 ID:QkigJdUP

ハクチ先生「・・・よって『X=2』は『X^2=4』であるための『必要条件』である。」
生徒A   「先生!それは『十分条件』ではないのですか?」
ハクチ先生「なにをバカな事をw
       『X=2』は必要なんだから『必要条件』に決まってるだろーが。
       ププッ、バカ丸出しw」
生徒B   「しかしながらですね、先生。
       数学の定義によれば、『X=2』から『X^2=4』が云えて、
       その逆が云えない場合は『十分条件』と言うハズで・・
ハクチ先生「うるせーバーカ!!
       てめーら低学歴のクセにウゼーんだよ!
       バーカバーカ、もっと認知心理学を勉強しろっ!!
       そんなんで勉強した気になってるなんてとんだ井の中の蛙だwwww
       はらいてぇーw・・・
生徒一同 「・・・・・・orz」


567 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:53:05 ID:EMpEgkcV
>>560
マジレスするとx=2は必要ではないな
x=-2でも十分だからな

568 :実習生さん:2005/05/05(木) 00:56:43 ID:EzPt+BKS
>同一問題の中で正答率が有意に向上した問題の数 と 正答率が有意に下落した問題の数 を比べて、前者の方が多かったら向上したとしている。
>あれだけ削減したらこうなるのはあたりまえ。(現に、特に向上されたとされる学年・教科のほとんどが大量削減されたもの)
じっくり読み返してみました。
つまり、正答率向上の数と低下の問題比べて、前者のほうが多かったから単純に全体で学力向上としてるってことですよね?
で、向上したとされる問題の多くが範囲をかなり削減された部分。70いや、50ぐらいの範囲になった部分。
単純比較は意味ない、ですよね。

掲示板汚してスマソ。。

569 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 01:05:16 ID:hmNa92Vf
>>568
テクニカルな話の前に

>あれだけ削減したらこうなるのはあたりまえ。
というのは、
新指導要領でいったん削除された内容は
学びのすすめで復活している。
だから、教えてない時期と、教えた時期で正答率が違うのは当たり前
という意。

まともに教えなかった場合と
ちゃんと教えた場合で
後者の方が成績が良かった
という当たり前の結果に過ぎないんだよw
まともに教えてないこと、出来るわけないじゃんw


570 :実習生さん:2005/05/05(木) 01:12:16 ID:Siwp3e94
>>▽小6の国語で「桜」「夢」という漢字の書き取りを正答した割合が
>>過去3回のテストで右肩上がりに高くなった
桜と夢を間違う小6なんているのか。
漢字の書き取りテストで、「桜」と「夢」って小6相当な問題なのか?
おかしいような気がする。


571 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 01:21:27 ID:hmNa92Vf
>>570
>漢字の書き取りテストで、「桜」と「夢」って小6相当な問題なのか?
ヲイヲイ
夢は5年生で習う漢字
だから6年生になったら書けなければいけない漢字

消防にとっては習ってない漢字は書けないぽ

もっとも新指導要領では、
5年生で教える漢字は5年生の内に書けるようにしなくてもイイ
と成文化されている。
っで、狂死はバカだからそれを忠実に遂行している。
教えてないんだもんできるわけないワナ

だから学力低下の原因の半分以上は、
現場狂死が教えていないから
まあこれを世間では税金どろぼうと呼んでいるゆえんだが・・・

572 :実習生さん:2005/05/05(木) 01:25:06 ID:Siwp3e94
>>571
>>夢は5年生で習う漢字
五年で習う字だったんだ。
小6なら正解書けて当然な気がする。


573 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 01:28:31 ID:hmNa92Vf
>>572
桜も5年生だった

>小6なら正解書けて当然な気がする。
それができてないのがゆとり教育!

574 :実習生さん:2005/05/05(木) 01:31:54 ID:Siwp3e94
>>もっとも新指導要領では、
>>5年生で教える漢字は5年生の内に書けるようにしなくてもイイ
>>と成文化されている。
漢字テストやらないのかな?
点数低いと放課後居残り補習とか。

575 :実習生さん:2005/05/05(木) 02:18:14 ID:IbfZIVl2
>>561
統計は、文科省のHPいけば配っているよ。
見てからまた書いても良いと思う。

カラフルな子供向けの調査報告みたいで、
なんかごまかされている気配もする

576 :実習生さん:2005/05/05(木) 07:02:22 ID:ZaetKfih
>>571
>もっとも新指導要領では、
5年生で教える漢字は5年生の内に書けるようにしなくてもイイ
と成文化されている。
っで、狂死はバカだからそれを忠実に遂行している。
教えてないんだもんできるわけないワナ

普通指導要領に文句が行くのに、この人は教師に恨みがあるんだね。
教師叩きが目的なの見え見え。

教師になれなかった人なんだろうね。

>>575
>カラフルな子供向けの調査報告みたいで、
なんかごまかされている気配もする

誤魔化しているのが2/3.敷居を低くしたつもりになっているのが1/3。

577 :実習生さん:2005/05/05(木) 07:20:08 ID:zOgD1qPo
>>553
○ 統計マジック
マスコミ発表と、国立教育政策研究所のレポートを見比べてみると分かる。
このデータから「学力が向上した」と言い切るのは苦しい。

○ ゆとり教育の成果ではない
各家庭に与えられた時間なんてそう増えていない。土曜日が休日になっただけ。
「世話するのが面倒だから塾に行かせた」をゆとり教育の成果と言えますか?
(「ゆとり教育の影響」かもしれないが、決して「ゆとり教育の成果」ではない)
こういう「副作用」的なところをとらえて、ゆとり教育を評価してはいけない。
むしろ、そういう体制が整ったことを勘案して、方針転換することが必要。


578 :実習生さん:2005/05/05(木) 12:17:40 ID:HEaCY+cH
>>577
○ 統計マジック か?
残念ながら、H13年とH15年を比較し、同一問題内では向上したとはっきり言い切れる。
分析の元のデータの改ざんが無い限り、それは間違いないでしょう。

しかし、こんなデータは比較年度や条件を変えれば、どちらの分析も出来ます。
つまり、分析する人間によって、ある程度違う分析になるのは当然なのです。
マスコミ発表は、どこを参考にしているのか教えてもらえますか。

○ ゆとり教育の成果ではない とも言えない
>>こういう「副作用」的なところをとらえて、ゆとり教育を評価してはいけない。

こういう副作用すら見込んで計画を立てたのが、今のゆとり教育。
例えば平成10年7月29日の教育課程審議会の答申では、
各家庭や地域の役割やその改善まで提言され、
そのための時間として土曜休みを設けるとしています。
少なくとも、「公立学校へ行っているだけでは足りない」と、
知識教育の責任を各家庭にまで実感させたでしょう。

579 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 12:36:03 ID:szDG5ZOZ
>>574
>漢字テストやらないのかな?
>点数低いと放課後居残り補習とか。

そこは教師としての良心の問題

読み書き計算や漢字の書き取りをする教育は古いと考えて、
漢字のテストなんて古い!やる必要なし!子どもがかわいそう!
漢字なんて書ける必要ない!コンピュータがあるんだからIT時代にそぐわない!
って狂死が思えばそれまで。

こういう狂死を専門用語で税金どろぼうというw

580 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 12:36:55 ID:szDG5ZOZ
ID:ZaetKfih
狂死話を逸らすのに必死だなw

ってかゴミ虫は黙ってろよw

581 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 12:38:14 ID:szDG5ZOZ
>>578
>こういう副作用すら見込んで計画を立てたのが、今のゆとり教育。

詳しく

582 :白痴の実習生:2005/05/05(木) 14:25:42 ID:0ZN/LkGL
昨日(4日)、夕方の関西系ニュースで、
ゆとり教育の寺脇クンがインタビューに答えてました。

TV「ゆとり教育のせいで学力低下になったら責任取りますか?」
寺脇「自殺でもしろって言うの?」

ガキに与えられる学力・知識ってのは
国の将来に大きな影響を及ぼすもんだと思う。
だから国が定める教育のあり方を任されたんなら、
命かけてくれって言いたいのね。
それが逆ギレ的発言するオッサンに任されてたんなら・・・
もう日本の将来はダメポ

583 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 14:27:25 ID:szDG5ZOZ
>>582
自殺?

何寝ぼけたこと言ってるんだろうね

まあバカ官僚のいうことはわからん

死刑のうえさらし首に決まってるだろ

自殺程度で済むような落ち度だと思ってるのかな?w

それにしてもそのコテハンなに?

584 :577:2005/05/05(木) 17:16:49 ID:zOgD1qPo
>>578
○ 統計マジック
マスコミ発表はどこを参考にしているのか全く分からない。
教育政策研究所のデータ及び解析を読めば分かる。

○ ゆとり教育の成果ではない
副作用はあくまで副作用。
それに、教育課程審議会の答申で家庭や地域の役割に触れてはいるが、
「学力の向上」を家庭や地域の役割として書いてはいない。
さらに、「家庭や地域の役割やその改善」のために土曜休みを設けたわけではない。

一般家庭に「公立学校へ行ってるだけでは足りない」と思わせることが成果とは思えない。
「影響」かもしれないが「成果」ではない。

585 :実習生さん:2005/05/05(木) 17:47:41 ID:uVm48HKB
>>581
詳しくなるかどうか不安です。

平成10年7月29日の教育課程審議会の答申では、
学校で学ぶのは学ぶことの動機付けや学び方を重視し、
[家庭や地域社会で担うべきもの、担えるものはそちらで担うべき]
としています。
そのため週五日制の実施に伴って出来た余暇には、[家庭や地域社会によって]、
子供達が自由な生活体験、社会体験、学習活動などが行えることを期待しています。

またその後に出される答申では軒並み、家庭教育重視の姿勢を打ち出しています。
特に、H12.12に出されている教育改革国民会議の提案では、
@教育の原点は家庭であることを自覚する。
と第一に書かれ、[家庭の責任]を強調しています。

つまり、家庭や地域社会によって教育活動が活発になることも、
改革の一部に入っていたということです。

586 :実習生さん:2005/05/05(木) 18:07:05 ID:NgqIagpZ
>>582
>>TV「ゆとり教育のせいで学力低下になったら責任取りますか?」

まるで教育が、一人の責任であるかのような、この質問こそどうかしてる。
教育を人任せにする事が当たり前だと思っている、
そういう世代の人間なんだろうな。

回答してる方は、もうあきれてるんだよ。

587 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 18:08:31 ID:Zpo2rLzU
>>585
そこの部分だけを、読んでゆとり教育がなんたるかが
わかったと思ったら大まちがいだよ。

>教育改革国民会議の提案
中教審もそうだが、彼らの意見が採り入れられて教育がかわるんじゃないよ。
始めにどういう教育ありきかということが決まっていて、
諮問機関はそのおすみつきを与えるという形で、
あたかも国民の総意に基づいているかのように錯覚させることがねらい

平成10年以降の理念は、とってつけたようなもの。
ゆとり教育の根本的な理念は、ずばり弱者切り捨てのエリートのための教育。

つまり、
君はまんまと騙されたというわけだよw

588 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 18:11:33 ID:Zpo2rLzU
>家庭や地域社会によって教育活動が活発になることも、改革の一部に入っていたということです。

つまり?
なにがつまりなの?
順序が逆だよw

それに家庭や地域社会によって教育活動が云々は
弱者切り捨てで、
家庭で教育→塾や私立など金をかけてないとまともな教育が受けられないよという自己責任
地域で教育→私立や塾などの少ない地方部ではまともな教育が受けられないよという格差づくり

もう少し70年代から80年代にかけての資料を良く読むべし

589 :577:2005/05/05(木) 19:16:52 ID:zOgD1qPo
>>585
それでも、「生活体験、社会体験等の活動」を家庭や地域に移管しようという風にしか読めない。
だったら「総合的な学習の時間」は学校じゃなくて家庭や地域で・・・とならないのかね?

「教育の原点が家庭」というのも、「躾」だとか「マナー」といった情緒面でのものだし。
(そもそも、教育改革国民会議の提案がどうしようもない代物だったのだが)

ところで、元々の話題は「ゆとり教育で学力が向上したのか?」なんですけど。

590 :実習生さん:2005/05/05(木) 20:03:10 ID:mKzLUl74
公立学校の現状を知らない、政治家、マズゴミ、また自分が楽をすることしか

考えていない教員の教育改革はでたらめである。

正しい教育改革をするには、まず政治家、文部省の役人、公立学校に勤める

教員の子弟は必ず公立学校に入学しなければならない。

といったような法律を作るべきです。そうすれば、もっと真面目に

教育改革をするでしょう。

この国は、教育でも、司法改革でも、政治でも言葉は立派だが

内容は改悪にすぎないものが多すぎる。  


591 :実習生さん:2005/05/05(木) 20:20:46 ID:e78U4DTm
家庭教育を放棄した連中が、ゆとり教育賛成派と反対派に分かれて議論して
なにか面白いことでもあるのですか?

592 :おめーらは白痴:2005/05/05(木) 20:20:52 ID:Zpo2rLzU
>ところで、元々の話題は「ゆとり教育で学力が向上したのか?」なんですけど。

話題?
話題だったのかww

>ゆとり教育で学力が向上したのか?
なあわけないw

ところで藻前ら
×ゆとり教育で学力が低下した
○学力低下させるためにゆとり教育にした
ってわかってるよな?

593 :実習生さん:2005/05/05(木) 20:32:56 ID:OGu53kn2
>>○学力低下させるためにゆとり教育にした
>>ってわかってるよな?
常識な予感。

594 :577:2005/05/05(木) 21:11:43 ID:zOgD1qPo
>>592
私と>>553氏との間での話題は「ゆとり教育で学力が向上したのか?」だったのですよ。
過去ログ見てもらえば分かると思いますがね。

ちなみに当方が、ゆとり教育で学力が向上したわけないと思う側です。
おそらく>>553氏は、ゆとり教育で学力が向上したとの認識に近い側です。
過去ログ見てもらえば分かると思いますがね。

595 :実習生さん:2005/05/05(木) 21:27:17 ID:kywJFiYq
>>587
>>ゆとり教育の根本的な理念は、ずばり弱者切り捨てのエリートのための教育。

これはどのあたりを根拠に言っていますか?
何かデータがあれば、提示をお願いします。

596 :実習生さん:2005/05/05(木) 21:46:32 ID:pP5liS2A
>>585
家庭の教育っていうんなら、今日の関西系のTVの陰山校長のとこみたいに、全ての学校が積極的に地域の住民と共同してしっかり朝食たべるとかいう指導しないのかな?

あるいは、総合学習の駅舎の再建の取り組みもそうだったけど。
こんなことする学校って少数派?それとも多数派?
全国で低ランクの学力といわれてる(しかし文科省の指導に一番沿った指導してるといわれてる)
鳥取県民の生徒。かわいそう‥。

597 :実習生さん:2005/05/05(木) 22:00:18 ID:XNoYHoDy
>>592
>>ところで藻前ら
>>×ゆとり教育で学力が低下した
>>○学力低下させるためにゆとり教育にした
>>ってわかってるよな?

では、学力が戻りつつある今は、ゆとり教育の目論見失敗ってことか。

598 :実習生さん:2005/05/05(木) 22:07:56 ID:uIGZnIfk
>>596
>>全ての学校が積極的に地域の住民と共同して
>>しっかり朝食たべるとかいう指導しないのかな?

今は、全ての学校で同一の教育を行うのではなく、
各地域学校毎にかなりの裁量が任せられてるのよ。
だからこそ、陰山校長のような学校も許されるし、
全授業英語で行うとか極端な教育も行える。
朝食云々も、地域で意見をまとめられれば、
出来るようになると思う。

599 :実習生さん:2005/05/05(木) 22:20:34 ID:tLgHQHp7
>>584
>> ○ ゆとり教育の成果ではない
>>「影響」かもしれないが「成果」ではない。

たしかに寺脇氏の発言では、ゆとり教育によって「従来の学力は下がる」とまで明言している以上、
従来の学力に戻りつつある今の状況は「成果」ではなく、むしろ「失策」に近いのかも。
と考え直しました。

600 :実習生さん:2005/05/05(木) 22:34:59 ID:ZaetKfih
■■■2005年度就職ブラック偏差値ランキング■■■ ver.1.3.8

【改訂版】高ノルマ販売・飛び込み営業・テレアポ・高離職率・体育会系・長時間勤務・不規則勤務・薄給激務

↓「ブラックの要件のほぼ全てが当てはまる」。逝くな!
75 モンテローザ IEグループ(光通信等)
74 オンテックス 先物取引(外貨証拠金取引)業界 浄水器販売会社 佐川急便 サニックス
73 SEL&MST SMG ダイソー 中央出版系列(大成社等) 丸八真綿 SFCG[商工ファンド] ロプロ[日栄] 
72 NOVA アビバ 大塚商会 パチンコ業界 ベンチャーオンライン 富士ソフトABC[FSI] 
   ベンチャーセーフネット[VSN] フジオーネ・テクノ・ソリューションズ[FTS] フォーラムエンジニアリング 
   消費者金融業界 セブンイレブン ★警視庁 TV番組制作会社 ダイナシティ MIT
71 外食産業(モンテ別格) トステム 再春館製薬所  セントラル警備保障[CSP] 
   ソフトバンクBB(販売職) アルプス技研
70 証券リテール営業 アールビバン ジェムケリー 家電小売業界(ヤマダ等) 引越業界(サカイ等)
↓「人並みの仕事でない。人間扱いしないDQN企業」
69 JTB 丸井 レオパレス 大和冷機工業 着物販売会社(たけうち/あぜくら等)
   郊外型紳士服チェーン店 日本電産 セコム[SECOM] 綜合警備保障[ALSOK]
68 宝飾業界(ジェムケリー別格) アパレル販売(外資除外) 小売/コンビニ業界(セブン別格) 
   ソフトウエア興業 ドトールコーヒー 生保営業 オービックBC 早稲田アカデミー
67 メイテック[MEITEC] 自動車販売会社(ネッツトヨタ等) OA系販売会社 タクシー業界  
   大王製紙 HIS 富士薬品 JR現業
66 ローム ヤマト運輸 日本通運 マンションデベロッパー(不動産販売系)
65 旅行代理店 日本食研 ブルックス イオン 有線ブロードネットワークス
64 新興産業 ベンディング会社 伊藤園 テレウエイフ
63 グッドウィル 印刷業界(DNP/凸版/共同除外) 西武百貨店 SE(下流/下請/独立)
62 日本ハム 日本トイザラス 大塚家具 ファーストリテイリング 京セラ OTC-MR 塾講師
61 住宅販売会社 富士火災 キヤノン
60 東京エレクトロン ノエビア ホテル業界


601 :実習生さん:2005/05/05(木) 23:11:52 ID:e78U4DTm
今までの教育の結果はおまえら大人だ。
その教育が正しかったかどうか試したい。
科学常識ぐらいは知っておかなければならない。
全問正解できないものは教育を論じる資格なし。

【科学常識チェック、〇か×か】(国際比較の共通質問から)
 〈1〉地球の中心部は非常に高温
 〈2〉すべての放射能は人工的に作られた
 〈3〉我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた
 〈4〉赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子
 〈5〉レーザーは音波を集中することで得られる
 〈6〉電子の大きさは原子よりも小さい
 〈7〉抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す
 〈8〉大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう
 〈9〉現在の人類は、原始的な動物種から進化した
 〈10〉ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた
 〈11〉放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全

602 :実習生さん:2005/05/05(木) 23:28:52 ID:E8MZCmXf
 〈1〉○地球の中心部は非常に高温
 〈2〉×すべての放射能は人工的に作られた
 〈3〉○我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた
 〈4〉○赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子
 〈5〉×レーザーは音波を集中することで得られる
 〈6〉×電子の大きさは原子よりも小さい
 〈7〉×抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す
 〈8〉○大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう
 〈9〉○現在の人類は、原始的な動物種から進化した
 〈10〉×ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた
 〈11〉×放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全

どうだ!
1/3近くは勘だから、すでに教育を語る資格はないのだが。

603 :実習生さん:2005/05/05(木) 23:32:11 ID:E8MZCmXf
>>602 訂正
〈6〉○電子の大きさは原子よりも小さい
だった。

604 :実習生さん:2005/05/06(金) 10:01:32 ID:susixPhP
宮台がゆとり教育擁護の立場で、寺脇と会談してたな。
ずいぶん、昔。

605 :実習生さん:2005/05/06(金) 13:54:46 ID:veGoocBH
>>596
>>文科省の指導に一番沿った指導してるといわれてる

現在の教育の流れは「地方分権」「学校ごとの創意工夫」「家庭での時間を増加」。
だから、それに沿って学力が上がろうと下がろうと、それは個々の結果。
鳥取県の教育行政と鳥取県民が未熟か、学力向上を目指していないってことでしょ。

606 :実習生さん:2005/05/06(金) 14:02:53 ID:E0pnCucB
>>587 名前:おめーらは白痴 投稿日:2005/05/05(木) 18:08:31
>ゆとり教育の根本的な理念は、ずばり弱者切り捨てのエリートのための教育。

詳しく

607 :実習生さん:2005/05/06(金) 17:00:52 ID:oo3ztHMe
何この流れテラワロスwwwwwwwww
おまいらも一緒にブーンしようぜ

          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーン
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ

特に>>527ワロスwwwwww
そういったVIPPERレベルの「煽り」が通じるような相手に見えますか?

608 :実習生さん:2005/05/06(金) 17:03:58 ID:Evm94D7O
>>606
この発言は典型的な馬鹿煽りだからほうっておいて良いよ

609 :実習生さん:2005/05/06(金) 17:08:25 ID:oo3ztHMe
>>608
>この発言は典型的な馬鹿煽りだからほうっておいて良いよ

詳しく

610 :実習生さん:2005/05/06(金) 17:10:42 ID:JOlpHwjd
>>607
VIPPERって何?

611 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 17:48:18 ID:5EOCJ41S
>>606
教育課程審議会の元会長三浦朱門の発言
「学力低下は予測し得る不安と言うか、覚悟しながら教課審をやっとりました。
いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。
つまり、できん者はできんままで結構。
戦後五十年、落ちこぼれの底辺を上げることにばかり注いできた労力を、
できる者を限りなく伸ばすことに振り向ける。
百人に一人でいい、やがて彼らが国を引っ張っていきます。
限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです。
(中略)
平均学力が高いのは、遅れてる国が近代国家に追いつけ追い越せと国民の尻を叩いた結果ですよ。
国際比較をすれば、アメリカやヨーロッパの点数は低いけど、
すごいリーダーも出てくる。日本もそういう先進国型になっていかなければいけません。
それが”ゆとり教育”の本当の目的。
エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ」
――それは三浦先生個人のお考えですか。それとも教課審としてのコンセンサスだったのですか?

「いくら会長でも、私だけの考えで審議会は回りませんよ。メンバーの意見はみんな同じでした」

→詳しくは(斉藤貴男『機会不平等』文春文庫 p.48-50)

三浦朱門について
ttp://homepage2.nifty.com/sansihiroba/sub32.htm
ttp://umi.no-ip.com/simple/pdone.html?id=415

612 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 18:03:48 ID:5EOCJ41S
こうした流れの背景にあるというか、便乗したのが財界の人間だ。
これまで文部省はいわゆる文教族(中曽根、森などの元首相)が牛耳ってきたが、
現在の中山文科相のように、財界出身者が牛耳るようになってきた。
財界関係者にとって興味があるのが、いわゆる教育産業だ。
学習塾といった市場や株式会社の学校経営参入で自系列会社の人材育成・確保の場がねらい。
慢性的人材不足に悩むトヨタが真っ先に株式会社立の中高一貫校を設立すると言い出したのは偶然ではない。

寺脇研について
 広島での教育長時代に、むちゃくちゃやって、広島の受験生のセンター試験の平均点を
全国平均を大きくわるところまでおとしめた前科あり
 アメリカで80年代に大失敗した「カフェテリア方式!?」の教育方法(いまのゆとり教育みたいなもの)
になぜかマンセーして、本気でゆとり教育がいいものだと勘違い入ってる??
ttp://cwaweb.bai.ne.jp/~dsssm/setsumei/terawakiken.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/5151/link_21.html

ちなみに2人の仲については・・・
ttp://www.eibunsin.com/gaiyou/

613 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 18:04:17 ID:5EOCJ41S
加藤幸次について
 「計算は計算機がすればいい」は教育界最大の迷言w
ゆとり教育マンセーの史上最大の痛い教育学者。オープンスクールを提唱。
 くしくもIEAの調査で「学力低下は起きていない」というむねの書籍を出版するも、
2003年のOECDなどのデータで国際的に学力低下しているということが発覚。世界的に恥をかいた。
現場の狂死には彼の言うことを信じて疑わない信者が半数近くいる。というよりも、総合的な学習の時間やオープンスクール等、
彼の考えを参考にしたため、現場狂死が「漢字は覚えさせなくて良い、計算はできなくとも良い」と本気で信じてしまい、
お遊びみたいな授業ばっかやる狂死が増えたともいわれている。

以上ですが、まあ三浦朱門のあの発言が全てを象徴しています。
文教族、財界のあたりのことは詳しく調べたわけではないので、間違い補足とうあったらだれかヨロ
補足
ttp://www.kyoto-seika.ac.jp/matsuo/thesis/0102.html

614 :実習生さん:2005/05/06(金) 18:32:31 ID:h2FyUBYz
ハクチ君、本に載っている蘊蓄はいいから、

248 名前:おめーらは白痴 :2005/05/06(金) 18:06:33 ID:5EOCJ41S
う〜ん
なんかバカが自己弁護に必死だな
今は学校公開日とかあるから

オレはしょっちゅう行っているわけだが・・・
有給とって同級生の授業見に行ったりとか


249 名前:実習生さん :2005/05/06(金) 18:28:13 ID:h2FyUBYz
今は学校公開日とかあるから
今は学校公開日とかあるから
今は学校公開日とかあるから
今は学校公開日とかあるから

昨年度何日位行ったんですかあ?

オレはしょっちゅう行っている 有給とって同級生の授業見に
オレはしょっちゅう行っている 有給とって同級生の授業見に
オレはしょっちゅう行っている 有給とって同級生の授業見に
オレはしょっちゅう行っている 有給とって同級生の授業見に

それがソースかよ(w
有給いっぱいある人ですね〜w

実践経験無いに等しいww

頭デッカチのハクチ晒し

615 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 18:39:24 ID:5EOCJ41S
>昨年度何日位行ったんですかあ?
校数にして数校、
回数にして10回は行ってますが何か?
まあ、どっかの誰かさんと違って暇じゃないのでw

あと、
在学時代にいくつか
調査研究、某大学の個別指導プログラムにも参加しマスタが何か?

>実践経験無いに等しいww
まあ日本語読めないバカに何言っても無駄かな?
オレは教員免許持ってるが、教師ではない。

頭デカチ?意味もよくわかってない日本語は使わない方が身のためだよw
まあ本に載ってる蘊蓄すら知らず、現場でとんちんかんな授業やって
学力低下の片棒かついでる人よりははるかにマシですが何か?

616 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 18:43:24 ID:5EOCJ41S
(1)1年間、週に一度の「学生先生」

 大妻女子大家政学部4年の森下玲子さん(22)には4月から、キャンパスとは別に週1回通い詰めている“職場”がある。
東京・足立にある区立梅島第一小学校だ。
 「先生、今日も授業するの」。朝、教室に足を踏み入れると、3年1組の子どもたちが笑顔で駆け寄ってくる。
4月には人見知りしていた子とも、今ではすっかりうち解けた。
 森下さんは、都が今春に設置し、小学校教員養成系の大学で学ぶ4年生96人が通う「東京教師養成塾」の塾生だ。
大学のカリキュラムとは別に、都内の小学校にほぼ週1回のペースで通い、1年間教育実習を行うのが特徴となっている。
 実習も7か月目に入り、1日に2時限程度、授業を任される。大学の講義と違い、授業の指導案を作っても
「こう問いかけたら、あの子が発言してくれそう」と教え子たちの姿が頭に浮かぶ。授業前は指導役の担任教諭と電子メールでやりとりし、
放課後は反省会だ。教諭からは「授業中に注意する余裕が出てきたね」とほめられるようになった。
 自分も変わったが、子どもたちの変化はそれ以上だ。春先は落ち着きがなかった子が、帰りの会で教室の中がざわざわしていると、
「時間だから静かに始めようよ」と言えるようになった。同じクラスをずっと見てきたからこそ気付いた変化だ。
 それにしても、なぜ、このような教師養成塾が今、必要なのだろうか。
 東京都が自治体として初めて教師養成に乗り出した。教師受難の時代といわれる中、それでも教職を目指す若者と「即戦力」を求める現場の姿を追った。

ttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/hagukumu/tanbou/



617 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 18:51:59 ID:5EOCJ41S
だから、オレは普段からそういってるだろ
狂死は教育の℃素人だって
教員免許も教員採用試験もちゃばんで全く意味をなしていないと。
研修なしで仕事に就くなんて専門職じゃないし、
そのくせ、
中小企業並みの仕事しかしてないのに給料は一著前に大企業並みを要求。
やってることはお遊びみたいな授業ばっかで、学力低下の片棒を担いでいる。
だから保護者になめられるのに、それをあたかも学校や狂死バッシングする保護者や社会が悪いと言わんばかりの勢い

世間知らず恥知らずとはまさにこのことさw
わかったかなおマヌケ君w>ID:h2FyUBYz

618 :実習生さん:2005/05/06(金) 18:54:36 ID:h2FyUBYz
ハクチ、ファビョる!我を忘れてファビョる!!
ここだなお前のコンプレックスの原因は

「自分の仕事が社会的に認知されていない」ネット弁慶ここに見参www

619 :実習生さん:2005/05/06(金) 20:11:21 ID:h2FyUBYz
>昨年度何日位行ったんですかあ?
校数にして数校、
回数にして10回は行ってますが何か?
まあ、どっかの誰かさんと違って暇じゃないのでw

・・・たった数校、10回程度か(w
                  これじゃ路上教習にも出せ(ry


あと、
在学時代にいくつか
調査研究、某大学の個別指導プログラムにも参加しマスタが何か?

                遊んでばっかりいないで
                教育学部ならその位デフォで参加しましょうね(w

620 :実習生さん:2005/05/06(金) 20:33:23 ID:7dZVy0dC
>>613
>現場の狂死には彼の言うことを信じて疑わない信者が半数近くいる。というよりも、総合的な学習の時間やオープンスクール等、
彼の考えを参考にしたため、現場狂死が「漢字は覚えさせなくて良い、計算はできなくとも良い」と本気で信じてしまい、

これは本当?

621 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 21:16:10 ID:Zdi5YRRg
>>620
マジです

だいたい619みたいなのが実際教壇にたって教えてるという時点でry


622 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 21:19:00 ID:Zdi5YRRg
ID:QkigJdUP=ID::h2FyUBYz=ヌルハチ

アワレワロスw

623 :実習生さん:2005/05/06(金) 21:37:17 ID:H1jmMfYL
>ゆとり教育の根本的な理念は、ずばり弱者切り捨てのエリートのための教育。

う〜ん、言い得て妙w

結果としてそういうものを引き出してしまった観は否めないなぁ

かなり本質的になっている。貧富の差も大きくなる悪寒。


624 :実習生さん:2005/05/06(金) 21:49:57 ID:Evm94D7O
>>623
アホか。
ゆとり教育では進学校の子も救われているよ。
総合学習は私立にも導入されて成果を挙げている。
以前は私立は一方通行の勉強だけだったのが主体的な学習を促すこととなった。

何よりも勉強が好きな子が増え学力が上がったのが2002年要領の成果。
出来ない子でもついてこれる内容になったからね。

625 :620:2005/05/06(金) 21:53:46 ID:7dZVy0dC
>>621
読み書き覚えさせないで、
授業の効果、手応えを感じられるのかな?


626 :実習生さん:2005/05/06(金) 21:55:00 ID:H1jmMfYL
>>624
ほほーどんな成果?
内容レベルを下げて、削減して皆が出来るようになったと言うんじゃ
あまりに低レベル発言ですよ。

勉強好きな子が増えたというデータをおながいします。

627 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 21:57:48 ID:Zdi5YRRg
>>624
私も
勉強好きな子が増えたというデータをおながいします。

628 :実習生さん:2005/05/06(金) 22:05:04 ID:K2vBJdaX
しかし何ですな。
「みんな一緒」だとカルト的になるし、個人に委ねると格差が気になり出しますな。


629 :実習生さん:2005/05/06(金) 22:08:02 ID:7dZVy0dC
もしかしたら624さんは東大卒の人かもしれない。

630 :ゆとりの理念は賛成:2005/05/06(金) 22:18:36 ID:susixPhP
予備校に行く時間奪われると、間違いなく優等生の足は引っ張るだろうな。

学校なんて昼まででいいんだよ。
学校では、人間関係を教える。
勉強は予備校。

どうせ勉強を教えられる教師なんて殆ど0なんだから、学校に束縛しても時間の無駄だよ。
優等生の邪魔だけはするなよ。

631 :実習生さん:2005/05/06(金) 22:43:04 ID:h2FyUBYz
ヌルハチ?誰それ?

>だいたい619みたいなのが実際教壇にたって教えてるという時点でry

誰も教えているとも教えていないとも言ってませんが何か?
過去レス整理したモノを繋ぎ合わせたレスしたら、君が勝手にファビョッただけですが何か?

ヴァカ晒し

632 :実習生さん:2005/05/06(金) 22:57:15 ID:mfOtHLI7
>>631
左様 妄想が入っている輩がいるようで。

633 :おめーらは白痴:2005/05/06(金) 23:00:28 ID:Zdi5YRRg
あれ?
なんかまたレス番がとんでるなw
ブラウザ壊れたかな?

まっ、いっか
学力問題が解決するような斬新なアイデアとはほど遠い
どうせゴキブリがカキコしたような
ゴミみたいな煽り「だけ」のレスがかいてあるだけだからw

634 :実習生さん:2005/05/06(金) 23:01:33 ID:h2FyUBYz
>ゴミみたいな煽り「だけ」のレスがかいてあるだけだから











よく分かってるじゃん。君のことだよ(w

635 :実習生さん:2005/05/06(金) 23:09:46 ID:H1jmMfYL
>>631
>ファビョッた
ちゃあなんね?おしえちくりー


636 :実習生さん:2005/05/06(金) 23:26:29 ID:H1jmMfYL
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   |>>624>>631
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  <はよ、おしえてけつかれ
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    |
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________

637 :実習生さん:2005/05/07(土) 00:12:52 ID:r4uGkZF4
>>636
>>内容レベルを下げて、削減して皆が出来るようになった

もともとそれが目標だったのなら、それで充分だろ。

638 :実習生さん:2005/05/07(土) 00:15:58 ID:0jcDtfwy
>>636
遅くなった。悪ィ悪ィ。
今日のハクチのファビョりっぷりを堪能してくれ。
1000超えたスレもあったが、また立つな。

http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1112630052/l50
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1105801321/l50
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1113143087/l50
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1111805910/l50

639 :実習生さん:2005/05/07(土) 00:20:54 ID:0jcDtfwy
ああ、誤読した。
「火病」=「ファビョン」。韓国語。
別に嫌韓ではないのであとの意味はgoogle使って調べて。

640 :実習生さん:2005/05/07(土) 00:23:29 ID:r4uGkZF4
>>620
ウソだな。
現場の教師が、誰かの発言を参考にして、
そうコロコロと教え方を変えられるものではない。
そこまで優秀な適合能力は、教師には無いと見た。
結局、多少教える範囲が変わろうが、やってることは同じだろ。

641 :おめーらは白痴:2005/05/07(土) 14:35:37 ID:Dg2cGyTq
>>640
そうか

じゃあウソだって根拠を示して見ろよ

>現場の教師が、誰かの発言を参考にして、
絶対評価もそうだが、総合なんて何やっていいかわからないから、
そういう狂死向けの本(事例集やマニュアル)があるんだよ。
明治図書あたりが良く出してる奴ねw

そういうのみて鵜呑みにしている狂死か
あるいは、全然文献を参考にせず我流でやってるかどっちか。

まあどっちもお粗末なことしかできないけどねw

642 :実習生さん:2005/05/07(土) 14:39:34 ID:0jcDtfwy
>まあどっちもお粗末なことしかできないけどね



だからハクチよ、自分の実践を見せろよ。お粗末じゃないモノを。



                 ・・・口だけチャンには不可能か(w

643 :おめーらは白痴:2005/05/07(土) 14:40:52 ID:Dg2cGyTq
あれ?
レス番がとんでるw
また壊れたかな?














あ、ウソまだNG登録してなかったww

644 :実習生さん:2005/05/07(土) 14:54:27 ID:0jcDtfwy
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

イヤです(w
目が腐るので(www


645 :実習生さん:2005/05/07(土) 18:47:43 ID:cirptJdf
日本の学生は本当にダメなのか?
http://www.geocities.jp/nari_naga/

646 :実習生さん:2005/05/07(土) 21:08:32 ID:6KiIHrLY
ゆとり教育を受けた脳の状態
http://www.retecool.com/braindead/eroded-cranial-wound.jpg
http://www.retecool.com/braindead/maggots-in-brain.jpg

647 :実習生さん:2005/05/07(土) 22:44:12 ID:DlWw0cTs
>>646 名前:実習生さん 投稿日:2005/05/07(土) 21:08:32 ID:6KiIHrLY ID:6KiIHrLY
   ↑
変質者晒しage

648 :実習生さん:2005/05/07(土) 22:48:03 ID:Ff8Ea5md
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~azma/iori/whisper/taji.html#w050123

文明国の常識・学校5日制だが、豊かさを知らない三流国の日本ではやはり定着しないのか。

詰め込み教育に最も反対していいはずの親たちがゆとり教育に反対なのである。人生で最も
多感な時期の子供たちを学校や塾にしばりつけて平気でいられる親が信じられない。なぜ
わが子を学校から引き離したいと思わないのだろう。

そもそも学力を国際比較して何になるのか。日本は技術立国だから国際競争力をつけることが大切だ?
世界的な大発明をしてもまともな対価すらもらえないような国が技術立国とはお笑いだ。優秀なエンジ
ニアはどんどん海外をめざすべきだ。現に昔からそうなっているが。

世界一長時間労働の日本、大人自身が“ゆとり”の意味を知らないのだからしょうがないな。
子供の教育は大人の異常さを象徴している。この国の子供は不幸だ。


649 :実習生さん:2005/05/07(土) 23:27:54 ID:9RDhsvYN
>>648
その文明国とか、豊かさを知る一流国ってどこ?

私は、自由に発言が出来て、餓死者もいない、
しかも努力するだけで生活できるこの国で良いよ。
うちの子供も「日本に生まれてすっごい運が良いなぁ」って言ってる。

650 :実習生さん:2005/05/07(土) 23:33:24 ID:DlWw0cTs
>>649
事実に基づかない妄想をつづったページを「(話の)ネタ」として「晒している」だけでは?

651 :実習生さん:2005/05/08(日) 02:34:27 ID:efDW9kDk
http://www.geocities.jp/nari_naga/
【一部抜粋】
欧米では、基礎学力をつける段階が日本に比べて甘く、
さらに受験が大して大変ではないため、ろくに基礎知識がないままでも進学してしまう。
進学先では単位を取るためにレポートを提出し、試験勉強をしなければならないが、
いざ、やろうとすると
文章がまともに書けないので、レポートひとつ書き上げるのに一苦労。
テスト勉強しようにも、

652 :実習生さん:2005/05/08(日) 14:50:19 ID:i+9MJNOc
>>651
「できる子」には「できる子」用の教育が用意されてる国なら、
それでもまあ良いんじゃないかな?
>基礎学力をつける段階が日本に比べて甘く、
は、「できる子以外の子」用のプログラムでしょ?

653 :ハム⊂((^ω^))⊃太郎 ◆ejIZLl01yY :2005/05/08(日) 14:51:55 ID:NVYp9IsA
てす

654 :実習生さん:2005/05/08(日) 15:12:16 ID:uD1PrtPP
★天皇逮捕した方がよかった 歴史認識問題で菅氏

管   「例えば、天皇陛下は私はあの時に逮捕された方がよかったと思いますね」
司会者「逮捕された方がよかった!」
司会者「天皇に戦争責任があったと」
司会者「だから逮捕すべきだったと」

http://gazo05.chbox.jp/news-movie/src/1115511221983.avi

655 :実習生さん:2005/05/08(日) 20:21:48 ID:0agn87Ln
>>652
たぶん そうでは無い。
西欧では、あまり学力とか進学に興味が無い。
実際、東アジアや東南アジアに比べて、学力が低いし。
全体的に、基礎学力をつける段階が甘いのだと思う。

656 :実習生さん:2005/05/08(日) 20:38:22 ID:Z81Omjbg
>>655
学力比較をするには、客観テストするわけだが、西欧だと知識や問題処理能力より
論理的論述や説得的スピーチに勉強の重点を置いているから、例えば、レポートを書かせたり、
ディベートやれば、西欧の圧勝でしょう。そういう能力も学力の範疇に入ると思うけど、測定が
むずかしい。文化の問題も関係してくるし。

657 :おめーらは白痴:2005/05/08(日) 21:06:16 ID:c2bUCN5J
>>655-656
欧米はそうじて学力のとらえ方はそんなもん
アメリカ人は半数以上が算数音痴レベルだからね

インドの九九、中国の科挙、日本の読み書きそろばん
東洋の学力観はこんなあたりかな?

658 :実習生さん:2005/05/08(日) 22:18:11 ID:bzYHS6Qx
ディベートにしろなんにしろ基礎知識がないとできないから、日本はそこを重視してて、実践的なとこは個人まかせ。
西欧はディベートなどに力をいれるけど知識の導入は個人まかせ。


ってことか?

659 :実習生さん:2005/05/08(日) 23:33:06 ID:5yZpT9V8
ディベートから、新しい知識や技術は生まれるのだろうか?
なんとなくディベートや討論というと、
単に既存の知識をこねくり回す言葉遊びに見える。

660 :実習生さん:2005/05/08(日) 23:49:25 ID:b6AG7NaB
>>659
まさにその通り、アメリカ人なんかも、子供の頃から仕込まれた挙げ句、「間違った
思い込みを強引に押し通す手法」に長けるだけに終わっているのが多いようで。
いうまでもなく、そういうお粗末な輩ばかりではないから保っているわけですが。


661 :実習生さん:2005/05/09(月) 00:04:26 ID:GJY3sK+D
>>659
ソクラテスの時代から中世のスコラ哲学、宗教改革から大学まで
ずっと、西欧はディベートで政治方針を決めたり、何が真理かを
確定してきたので、ディベートは彼ら西欧文明のエッセンスですよね。


662 :実習生さん:2005/05/10(火) 23:08:09 ID:f9/wBXzy
東洋は知識技術を用いて金を生み、
西洋は人間関係から金を稼ぐ

コミュニケーションやディベートが重視されるのは、
こんな所にも要因がありそうだ

663 :実習生さん:2005/05/10(火) 23:36:05 ID:9HgFA0ay
コミュニケーションやディベートに対する自信は
ゆるぎない知識から生まれる。

やはり勉強しなきゃね。
みんな放課後や休日は塾に行っている。
学校には放課後も休日もいらない…まあ教員がまともならね。

664 :おめーらは白痴:2005/05/11(水) 01:27:50 ID:u+gSXitu
>>663
指導要領や学校週5日制など
どうしようもない制度に縛られるということをさっ引いても
>まあ教員がまともならね。
この一言に尽きるわけだよ。

学習指導要領に問題があるのは間違いないのだが
その間違った指導要領の尻馬に乗って学力低下を招いていたのが他ならぬ狂死だからね。
っで、保護者の多くはそう思ってるよ ←ここが問題。

学力低下や指導要領の問題がクローズアップされる前から、
現場狂死が問題点を指摘していれば、怒りの矛先は文部科学省へ向かっていたはず。
それがなぜ学校や狂死に向かっているか
ってことを、現場狂死はない脳みそを使ってちょっとは考えるべきだね。

自業自得だよww

665 :実習生さん:2005/05/11(水) 02:13:55 ID:e3Lks9L/
> 現場狂死が問題点を指摘していれば

「問題点」の中身にもよるんだろうけど、カリキュラムの削減なんかに関しては、
俺の知ってる教師はこぞって批判してたよ。

組織的なアピールが行われたりしてたのかとか(新聞の投書くらいは見た記憶がある)、
的を射た批判がなされていたのかどうかは知らないけど。

666 :実習生さん:2005/05/11(水) 02:38:03 ID:+E/v3nl6
ゆとり教育が無くても、
どの道学力低下してた予感。

667 :実習生さん:2005/05/11(水) 04:31:43 ID:EcTOOE0g

ゆとり教育など関係無い。

日本では大して勉強しなくても、大して働かなくても、
それでも生きていけちゃうって事が問題。

そんな(良い意味でも悪い意味でも)平和ボケした日本ならば、
学力低下は当然の成り行き。


668 :実習生さん:2005/05/11(水) 07:06:22 ID:Sh7SMB8f
社会が悪いって事だな。

669 :実習生さん:2005/05/11(水) 21:03:48 ID:xhe9Sb0T
平和ボケ状態って勉強しやすいような気がする。
衣食住、環境が整ってるし。


670 :実習生さん:2005/05/11(水) 22:02:22 ID:9lckHdTF
志が高ければね・・・

671 :実習生さん:2005/05/11(水) 22:07:55 ID:zL3xaXtV
>>667
だけど、それだったら、日本より一人当たりのGDPが高いフィンランドがどうして学力高いわけ?
だいたい、北欧諸国って、日本よりずっと税金が高くて高福祉国だろ。
つまり、資本主義的生存競争が国内ではかなり緩和されてる。
だけど、教育水準も高いし、経済も日本より上。

672 :実習生さん:2005/05/11(水) 22:18:21 ID:3JRwO11p
圧迫して強制すればうまく行くと思ってる馬鹿が日本には多すぎる。
その結果の一つが尼崎脱線事故なわけだが。

あれみてJR西日本の従業員管理は右翼・精神主義者が主張する詰込み教育と同じだって思ったね。
あるいは「爆弾一発でアメリカの戦艦は沈まない。しかし大和魂が加われば沈む」といって特攻隊を推進した旧軍の指揮官とも似ていると思う。

人間の能力や個人差を無視し、精神力があれば何でもできるという非常に偏った精神主義が日本にはまだある。
その害が詰込み教育や企業の従業員管理に現われているのだ。

673 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

674 :実習生さん:2005/05/11(水) 23:52:16 ID:2sq+UcPy
>>671
フィンランドは、国土全体が厳しい環境にあり、
知識によって稼ぐしか生産方法がないからだよ。
今はGDPが高いが、知識で稼げなくなれば没落あるのみ。
国が生きてゆくには、知識しかない。
その覚悟が、自然と教育への関心へと向けられているのかも。

675 :実習生さん:2005/05/12(木) 00:39:56 ID:pnsutLnY
>>674
それは日本も同じじゃん。
だから知力で勝負しなければいけないのにこの体たらく。

676 :実習生さん:2005/05/12(木) 01:05:28 ID:LtXE3CfR
義務教育の質が悪いのが原因。

677 :実習生さん:2005/05/12(木) 01:56:32 ID:GwQQrdWJ
>>674
途中まで自信ありげな断言口調なのに結論は「かも」かよ。

678 :実習生さん:2005/05/12(木) 04:11:19 ID:nVo5T0Pl
>>675
日本と同じかなぁ
日本は没落したとしても、石油の消費さえ減らせば、数年はもつ
なんといっても、最低限の食料が国内で生産できる
フィンランドは、その食料さえ作れないからなぁ
知識が無くなれば、没落どころか大勢死ぬ

679 :実習生さん:2005/05/12(木) 10:19:13 ID:096sjLgQ
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1111410256/469-476

↑先生方のご意見を是非聞きたい


680 :実習生さん:2005/05/12(木) 10:47:03 ID:F1GtxbrM
今は先生自身が「ゆとり」すぎ。文章一つまともにかけない教師がたくさんいる。

681 :実習生さん:2005/05/12(木) 12:47:46 ID:xgUp8L3v
ま、日本は終了だよ

682 :実習生さん:2005/05/12(木) 14:08:41 ID:EScynx+F
学力は、また少し上がったんだろ?
以前、学力が下がったと文科省が発表した時は、
マスコミは、それを信じて報道し、文科省をたたきまっくった。
しかし、学力が上がったと文科省が発表すれば、
それは疑うばかりで、ほとんど報道もしない。

失敗は追求し、成功は無視する。
なんかおかしくないか?

683 :実習生さん:2005/05/12(木) 14:45:50 ID:nXAYMUXo
>>682
「表明された事柄」について、「単純な意味で鵜呑みにする形で信じた」のと
「客観的な事実関係に照らして事実であると確認した」のとは、意味が全く異
なるわけです。
もちろん、マスコミの論調が、常に必ず「客観的な事実関係に照らして事実で
あると確認した」事柄ばかりである、などという事実は存在しないわけで、政
府機関の発表を敷き写しにして、「大本営発表」をそのまま連呼したとか、
毒ガス散布事件の被害者を、あたかも犯人であるかの如く言い立てたなどの
「前科」に事欠かないから、確認が必要。

684 :実習生さん:2005/05/12(木) 18:05:24 ID:WPRC+tZP
>>682
マスコミにとっては、学力上昇すると都合が悪いのでしょう。
毎日新聞なんて、CMで「学力低下」を全面に出していますし、
他の新聞も「学力低下」という問題を飯の種にしている。
各種新聞やTVは、図書館と違い営利団体ですから、
自分の企業に都合の良い情報操作をするのは仕方ないでしょう。

685 :実習生さん:2005/05/12(木) 20:13:38 ID:4Tc6UJeB
平均点は多少上がったかもしれないが
バカの人数は確実に増えてるよな。
おれの周りだけ増えてるんじゃねえよな。

686 :実習生さん:2005/05/12(木) 22:57:33 ID:PtsPAHCh
上下格差、歓迎♪

687 :場阪南  :2005/05/12(木) 23:07:14 ID:K+fHbIF+
特に公立高校。目も当てられない。総合科といって、早い話し
勉強嫌いを遊ばすためのコ−ス。馬鹿に追い打ちをかけている。


688 :実習生さん:2005/05/13(金) 00:54:46 ID:mR8BH/Eo
馬鹿教師には馬鹿しか育てられないね。
独創力や問題発見能力はいつ身に付けるのかい?
底辺の底上げしか考えられないの。
そっちのほうが教師は楽だからね。


689 :実習生さん:2005/05/13(金) 11:49:37 ID:XXeLNdWq
楽だと思うんだったらあんたやってくれよ。

690 :実習生さん:2005/05/13(金) 23:34:56 ID:ntFtsDWq
小学校の時の担任教師は心の教育に大変熱心な人だった。
ほんのささいな喧嘩(〜に悪口言われたなど)が耳に入れば、その時間から帰りの会まで
ずっとお説教が続いた。
常用漢字の小テストなどはほとんどしない。毎日毎日人権の話ばかり。
おかげで他のクラスと比べて漢字をきちんと読める子はかなり少なかった。

生徒の心が豊かになるならそれでいいじゃないかとも思うかもしれない
けれど中学に上がった時不良になった子は、多くがその担任に受け持ってもらってた
子だった。中学の勉強について行けなかったのだろうか?



691 :実習生さん:2005/05/13(金) 23:42:00 ID:BVI63N+y
お前ら勉強していい成績とったらそんなに良いことがあると思うか?
確かに20年前なら東大を出れば国1の採用で有利だったが、いまや東大からの採用を制限し私大から優先採用する時代だ
(だから官僚が馬鹿になってきたわけだが)

一部の官庁では「東大からの採用は厳しい」といわれる始末。

こういう時代にいい成績を取って東大に行って、それでいいことがあるの?

法学部でも国1の試験は通ったが内定もらえなかったから仕方なく司法試験、という奴多いぞ。

勉強できる=評価される は過去の話だ。むしろ社会の敵意を買って引き摺り下ろされるだけだ。
悪いことは言わない。勉強なんかやめとけ。

勉強が報われたのは過去の話だ。

こういう社会になったのもみんなが「平等」を目指してきたからだ。
いい大学を出てもそこそこの大学しか出てなくても同じようにキャリア官僚になれる社会。それが平等な社会だとして追及してきたからだろ。
自業自得。

さて、俺も勉強して東大なんか出てしまったし、中国へ移る準備をするか。はっきりいって日本はむかつく。

692 :実習生さん:2005/05/13(金) 23:42:39 ID:BVI63N+y
>>690
人権の話で心が豊かになるはずがない
アホだな

693 :実習生さん:2005/05/14(土) 02:39:40 ID:SY6QdTgQ
>>691
>>さて、俺も勉強して東大なんか出てしまったし、
>>中国へ移る準備をするか。はっきりいって日本はむかつく。

おいおい、東大行ったのなら、充分優遇されるだろうに。
そりゃ国1みたいに、東大卒がぞろぞろ受けるところでは、
東大卒でも優秀(?)なヤツしか通らない。
が、東大卒が受けない分野や地方じゃ、もうウハウハだろ。
東大卒ってだけで、1年で管理職になるヤツだっていたぞ。

大体、あんたの専門はなんだ?
それが中国で生かせるなら、行けばいいさ。

694 :実習生さん:2005/05/14(土) 20:07:31 ID:dVlai6rS
>>690
ちょっと実話とは思われないけど、全くの架空の話とも思われない。
真相はいかに?

695 :実習生さん:2005/05/14(土) 20:33:23 ID:dVlai6rS
>>691
教えられたことを正確に理解して鸚鵡返しにすることによって「いい成績」を取るだけで
は「何かすこーし足りない」わけですよ。それにもかかわらず、単に東大に入っただけで
何でもできるような気になっている、非常に危なっかしいやつもいるんだよね。
まあ、遅ればせとはいえ、自分の認識にすこーし間違いがあることに気がついたなら、大
丈夫じゃないですか。これから勉強を始めれば。


696 :実習生さん:2005/05/14(土) 21:15:53 ID:k9qIa887
>>690
人権の話で授業がかなり遅れたこと、漢字テストがされなかったこと
そのクラスの人間が全員不良になったわけじゃなくて、
なんというのか・・人権教育をうけたにもかかわらずワルになった子が居たって事
小学校は3クラスあったけど、うちのクラスからの人数が多かったようだ

697 :実習生さん:2005/05/14(土) 21:28:28 ID:dVlai6rS
>>696
架空の話なんかではなさそうですね。

698 :実習生さん:2005/05/16(月) 19:56:00 ID:mesO0+h+
ttp://www32.ocn.ne.jp/~everydayimpress/Bookreview/review12.htm

日本の教育は画一的だという思い込みがあるんです。しかし世界に日本ほど多様化した学校は存在しない。
日本ほど能力で子供を振り分けている学校も存在しません。最近では習熟度別指導が叫ばれ、日本は平等
画一主義で、能力差に応じた教育はタブーになっていると言うけれども、実は日本のように能力差の教育
が徹底した国は存在しませんね。塾のように能力別編成をやっている教育は世界のどこにもありません。
高校は入学試験で能力別に編成されていて、大学さえそうでしょ。そんな教育システムは世界にありませんね。
英語圏で見れば、高校入試がないから高校教育までは全く平等です。ヨーロッパの場合は、進学時に中学
の試験はありますが、しかし職業高校に行くのか普通高校に行くかの基準点があるのであって、学校が
能力別に編成されているわけではありません

699 :実習生さん:2005/05/16(月) 20:26:02 ID:IWx6Z1wA
>>698
高校に学力差がない地域(学区)もあるよん

700 :実習生さん:2005/05/16(月) 20:52:21 ID:8Mv4oosY
>>696
おまえ学生だろ?子どもと接したこと無いだろ?
小児科や幼稚園の先生様方は、就学前の子どもの将来的な学歴当てるぞ。
「絶対にはずさねぇよ」とか裏で言ってるし。(マジで当たる)
小学校の先生がどうだか、こうだかはほとんど関係無いよ。

オマエがそこそこの学歴あるなら、自分の子どもがどの程度のもんか
小学2年までにはハッキリ分かるよ。親バカちゃんりんじゃなきゃね。

701 :実習生さん:2005/05/16(月) 21:00:17 ID:g3TqOfSc
Yahooの掲示板に勉強の出来ない香具師がゆとり教育に反対している。
学がない証拠に、人権を語らせれば訳のわからんことを書くし、人に
イチャモンばかり付けている。
学のない奴や学歴のない奴には教育を語る資格が無いと思う。
アホやDQNには教育を語る資格はない。

702 :実習生さん:2005/05/16(月) 21:05:58 ID:UMEODskB
>>699
どんな地域?

703 :実習生さん:2005/05/16(月) 21:16:54 ID:L1c8B3V7
総合選抜制やってるとこじゃないの?兵庫県南東部とか。
もちろん私立は含まれないわけだが。

704 :実習生さん:2005/05/16(月) 21:28:26 ID:9f5TZs+5
>>700
何故に将来的な学歴をご存知?
小児科や幼稚園の先生に進学した高校や大学名を言うわけですか?
よほど親しい人としかそういう話しはしないけどなあ。

後半にはだいたい賛成。
しかし、せっかくの良い芽を台無しにするような小学校教師がいることも事実。
ほぼ全授業が担任だし、影響は大きいですよ。




705 :実習生さん:2005/05/17(火) 17:49:51 ID:g+tGUQMe
>>700
占いを信じるタイプかよ!

706 :実習生さん:2005/05/17(火) 18:17:52 ID:tUwiyewL
>>700
まあ、活発かおとなしいかぐらいはわかるけど・・。うむ
親が教育熱心じゃなかったら、家でまじめに勉強する子なんてそうそういないでしょ

>>701
批判して一分後にはほかの事に関心が移ってるから大丈夫。
実感が無いことをテレビに批判されても困るってもんだ。
塾の講師が勉強内容が減ってると良く言ってたけど、試験の範囲が年毎に変わるのと
同程度じゃないんかな?
ないんかな?

707 :実習生さん:2005/05/18(水) 00:01:25 ID:H+vC0JyN
>>701
今の親や教師自体が自分はできる人間だと思い込んでいるからな。

しかし塾によって強引に付けられた学力でいい学校行ったって馬鹿を見るだけじゃないのか?
学力、能力を強引に引き上げるような真似をせず、
シビアに評価したら進学率は大幅に下がるんじゃないのか?

708 :実習生さん:2005/05/18(水) 04:16:30 ID:VViyulU5
学力低下の原因の60%は指導内容削減。これは今後改善する兆し。

のこり40%は親の、親としての能力の低下。
これは今後もどんどん下がることは間違いないので、
(77年以後の個性尊重狂育の産物だから)
学力低下や少年犯罪は減らない。

709 :実習生さん (厨房):2005/05/18(水) 15:46:59 ID:IzT+k6Sn
いいじゃないか!
ゆとり教育サイコー!!!


710 :実習生さん:2005/05/18(水) 16:13:55 ID:iPKjokt+
>>709
そうですね。考え方として根本的に全く間違っているというわけではなくて、むしろ、
適切に運用されれば有効とも考えられるものの、実施態様次第では弊害のほうが大き
くなりうるし、現に弊害と見られる問題点が発生しているから是非が取りざたされて
いる、といったところ。

711 :実習生さん (厨房):2005/05/18(水) 21:39:34 ID:IzT+k6Sn
>>710
う〜〜ん
難しいこと分かんない

712 :実習生さん:2005/05/19(木) 15:54:12 ID:pEhEjuYF
小・中の算数と数学は九九にしろ公式にしろまずは理解するよりも
覚えてもらわないといけない。様々なパターンを頭の引き出しにた
め込むことで問題に対して引き出しの中から有効な式を引き出せ
ないと意味がない。

引き出しの中身が空っぽならいくら考えても無駄。

英単語を覚えずに英語はしゃべれないのと一緒。

713 :実習生さん (厨房):2005/05/19(木) 18:15:54 ID:Xn99gO19
>>712
なんとな〜く分かった

714 :実習生さん:2005/05/19(木) 19:38:37 ID:arQyvW+W
>>712
それにもかかわらず、「頭を使って理解」させようとする異常な教え方をする輩が実在する
そうで。「人痴は果てなし」といったところですな。


715 :実習生さん:2005/05/19(木) 19:48:40 ID:arQyvW+W
司馬遼太郎が、中学(旧制だから現在の高校に近い年齢かな?)で初めて英語を習ったと
きに「New York」という地名が出てきたので「意味は何ですか?」と聞いたら先生に叱ら
れた、なんて憤慨してたけど、憤慨するほうがピンボケなんだよね。聞いたつもりになっ
ているのは「言葉の意味」ではない「言葉(ここでは地名)の語源」だからね。

「ゆとり教育」って、そういった「ピンボケの人」が絡んでいるような匂いがするんだけ
ど、実際のところはどうなんでしょうか?


716 :実習生さん:2005/05/19(木) 22:30:53 ID:PgxZnEwl
>>712,714
「できる」が先で、理解はあとからついてくるんだよな。
基礎知識がない奴らにいくら考えさせたところで、できるようにならないし、
「考える力」がつくはずもない。


717 :実習生さん:2005/05/19(木) 22:54:04 ID:arQyvW+W
>>716
挙げ句に、テレビやマンガで見覚え聞き覚えた知識の羅列という感じになる とか。

718 :実習生さん:2005/05/19(木) 22:55:27 ID:iEzn98MD
≪ゆとり教育は大正時代に失敗している≫

大正デモクラシー(民主主義的、自由主義的な潮流)の波は国民の根本である教育にも及びました。

義務とされてきた教育を権利としてとらえ直す考えが生まれ、画一的な教育を批判し、
子供の個性を尊重する教育がはじまりました。

千葉師範附属小学校をへて大多喜中学校の校長となった 手塚岸衛(てづかきしえ)は 「自由教育論」を唱え、

「子ども自らが自らの力を出して自己を開拓して進む力をつけてやるのが教育である」と、

試験や通知表の廃止、自由学習時間の特設など画期的な自由教育を試みました。

しかし、その教育方法により上級学校受験生が全員不合格になったり、
現代の校内暴力を彷彿とさせる事件がおきたりと、 手塚氏は責任をとって辞職し、
再度「自由教育」を実践するべく1927年(昭和2年)「自由ヶ丘学園」を創設します。

その後も手塚氏は教育に没頭していきますが、資金繰りの困難さに加えて
生徒管理の難しさに失意のうちに病没してしまったそうです。


719 :実習生さん:2005/05/19(木) 22:59:37 ID:pNZhhu4A
ゆとり教育の失敗の要因
・教師が無能だった。
・文部科学省が教師の無能を見抜けなかった。
・マスコミの騒ぎすぎ

720 :実習生さん:2005/05/19(木) 23:08:08 ID:2hgU0eyM
>>715
いや、やっぱり、その教師が馬鹿。
NEWYORKと聞いて、UKのYORKを連想できないのは、英語教師として失格でしょう。


721 :実習生さん:2005/05/19(木) 23:22:33 ID:arQyvW+W
>>720
それは「言葉の意味」ではないという肝心の点は理解できてますか?

> 英語教師として失格でしょう。
それは地理の知識の問題であって、当時の人にとって、当然知っているべき常識的な
地名だったかどうか? 自分が、戦後教育やテレビなどで見聞を広めている関係で知
っているからといって、それをすべての基準にして決めつけたら駄目ですよ。
「その教師が馬鹿」君。

722 :実習生さん:2005/05/20(金) 00:03:39 ID:TffW74yy
>>715
先生が、なぜ怒ったのか。
それに対して、司馬さんが、なぜ憤慨しているのか。
両方ともよく分からない。

双方ともコミニュケーション不足で、誤解しあっているようにしか思えない。

723 :実習生さん:2005/05/20(金) 00:34:04 ID:QY1NtJSc
>>722
> 両方ともよく分からない。
なるほど。

724 :おめーらは白痴:2005/05/20(金) 00:51:55 ID:/sXOXeY8
>>712
今の狂死はそういう教え方は考える力がつかないとか
自ら学ぶ力が育たないとか言って
いっさいしなくなっちゃったんだよね


その結果が学力低下


もう教育の素人に教育を任せるのやめよーよw

725 :実習生さん:2005/05/20(金) 02:08:04 ID:Gqj0qqMY
運動会のシーズンが近づいてまいりました。
近隣への騒音に配慮してスピーカーの
ボリュームは程々にお願いいたします。

726 :実習生さん:2005/05/20(金) 02:20:20 ID:OldHZs+9
 教員こそ「自ら学ぶ力をつけて欲しい」

727 :実習生さん:2005/05/20(金) 02:24:03 ID:mvOR96Ht
ゆとり教育推進していた、文部科学省の宮○さん「責任取れとは
どういう事ですか、自殺しろとでも言うんですか。」とテレビで
ちょっとキレていた。 あと2〜3年して悪い結果が出たら、辞職
するそうです。

728 :実習生さん:2005/05/20(金) 14:06:00 ID:gn0FaXLJ
発信箱:九九とIT 潮田道夫(論説室)

 インドは世界有数の情報産業大国だ。とくにソフト部門ではアジアのナンバーワンだろう。

 そうなったのは、インド人の暗算能力が高いからだという説がある。その能力の高さはなに
に由来するのか。九九だそうだ。インドの九九は1×1から始まって、信じられないことに
22×20まである。それを小学生に暗記させる。
 しかし、本邦の九九の浸透普及ぶりも世界に誇るに足る。しかも、敵は掛け算だけだろうが、
わが方には割り算の九九(八算)だってある。昭和の初期までは小学校で教えていた。

 「二一天作の五」といえば「10割る2は5」のこと。「三一三十一」は「10割る3は3余り1」
である。いま教えないのはどうしてだろう。
   (中略)
 世界暗算選手権をやると中国人の常勝らしい。彼らは英語もうまい。アジアのソフトセンター
の地位は中国に移動するという人もいる。
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/hassinbako/news/20050520k0000m070139000c.html


729 :実習生さん:2005/05/20(金) 14:29:57 ID:rmStsbaO
>>726
ワロスw

730 :実習生さん:2005/05/20(金) 17:32:48 ID:wSKOIPxR
>>727
宮脇氏が言った中でどうしても忘れられないのが
「全員が100点を取れる」という言葉。


731 :実習生さん:2005/05/20(金) 17:34:07 ID:sa/4ttRq
宮脇って誰?
寺脇なら知ってるが・・・

732 :実習生さん:2005/05/20(金) 18:10:14 ID:wSKOIPxR
間違えた。申し訳ない。寺脇研ね。

733 :実習生さん:2005/05/20(金) 20:53:17 ID:ldyAW3OM
>>722
> 両方ともよく分からない。
分かっている人には分かり切ったことだけど、分かっていない人には飲み込みにくい重要なポ
イントなのかもしれないですね。

> 双方ともコミニュケーション不足で、誤解しあっているようにしか思えない。
表面的にはそのようにも解釈できますが、実質的には「そうではない」です。

どういう理由で、何について討論して、理解するようにすれば良かったと思うか?
可能性としてありうる事柄を、文章としてまとめるまでもなくて、思いついた順の箇条書き式
で構わないから、なるべく具体的にまとめてみると、何をどう間違えているか分かるはずです。


734 :実習生さん:2005/05/20(金) 20:55:35 ID:ldyAW3OM
>>730
> 「全員が100点を取れる」
はっきりいって異常ですな。

735 :実習生さん:2005/05/20(金) 21:04:20 ID:ldyAW3OM
>>730
学業の科目なり運動の種目なりの得意不得意は、広義での個性なのだから、「個性を押しつぶ
して平均化させようと企んでいる」、といったところですか。

736 :おめーらは白痴:2005/05/20(金) 21:16:50 ID:8pwzdhv6
>>734
寺脇は確かにそういった
聞いた瞬間に違和感を覚えた
いくら難しいことを減らしたからといって、
全員が100点なんてとれるはずないじゃん
って当時は思ったが、
ふたを開けてびっくり。

全員とまではいかないまでも
小学校のテストなんかでは100点続出wwって学校が意外に少なくない。

もうアフォくさー


737 :実習生さん:2005/05/20(金) 22:49:48 ID:ldyAW3OM
>>736
凄まじい破壊力。

738 :実習生さん:2005/05/20(金) 22:50:14 ID:70cRD4Uj
>>736
まともな教師が教えれば旧課程でも全員100点もとれる。
というかとらせることができないとおかしい。
それができない教師なんて辞めてしまえ。

739 :実習生さん:2005/05/20(金) 23:18:13 ID:zb/coxZG
教師がいなくなるぞ

740 :実習生さん:2005/05/20(金) 23:30:34 ID:ldyAW3OM
>>738
> まともな教師が教えれば旧課程でも全員100点もとれる。
その時点で既におかしくなっていたと?

741 :実習生さん:2005/05/21(土) 00:03:29 ID:6S2VhO7X
頭エエやつは「全員100点とれる」状況を望んでるだろうな。

頭エエやつが教室内で浮かないように。

「全員100点とれる」状況で損するのは、自分より頭エエ友達がいて、
頑張れば出来るタイプの子かな。

742 :実習生さん:2005/05/21(土) 00:23:23 ID:Nm9/bIAc
>>741
冗談で言っているのか本気で言っているのか、どちらなのか分からないんだけど。

743 :実習生さん:2005/05/21(土) 01:53:13 ID:WeZtcLTo
そりゃ小学校で幼稚園児向けのテストをすればみんな100点とるでしょ。

744 :実習生さん:2005/05/21(土) 02:03:39 ID:Oz5J7OMU
てか、テストなのに問題予告とかしてるし。100点取れてあたりまえ。

745 :実習生さん:2005/05/21(土) 03:17:00 ID:WeZtcLTo
それで国内をごまかしていたのに、世界同時テストを行ったら他国より大きく学力低下していたと。

寺脇死ねよ

746 :実習生さん:2005/05/21(土) 03:39:23 ID:uPehqqdJ
学力低下するって、やる前から言っていたんだから、
今更なにを、、、

747 :実習生さん:2005/05/21(土) 05:10:24 ID:zPrm95Th
問1.ゆとり教育が小、中学校に本格的に導入されたのはそれぞれいつからであるか述べよ

問2.PISA調査において低下が認められているのはいかなる能力についてであるか述べよ

問3.問1及び2を踏まえた上で、ゆとり教育と学力低下の因果関係について論ぜよ

748 :実習生さん:2005/05/21(土) 13:34:19 ID:2JgGqyI1
>>745
教育は親の責任ではないのか。
自分の子供の成長結果が予想外だったからといって、
それを、文科省の他人のせいにして恥ずかしくはないか。

749 :実習生さん:2005/05/21(土) 17:26:10 ID:WeZtcLTo
>>745
俺、子供いないんでw

750 :実習生さん:2005/05/21(土) 20:26:28 ID:7K94i3Rx
当たり前のことだけど、学生に自分の能力を、教師に自分の授業の質及び
学生の理解度をそれぞれフィードバックするためのテストの点数が一定の
値になるのはおかしいという意見は現場では出ないのですか?
教職浪人やめようかな、、

751 :実習生さん:2005/05/21(土) 22:13:07 ID:SSvR9LSA
>>748
親の責任というなら、学校を半日にして、子どもを親に帰してくれ。
家で教えるから。
小1で週4日5時間目までやって、帰りの会も毎日小一時間やって、
教える内容薄いのはカンベン。

752 :実習生さん:2005/05/21(土) 23:39:14 ID:0ogrqziE
>>751
同意!
うちで教えた方がよっぽどいいや。

753 :実習生さん:2005/05/21(土) 23:42:00 ID:W8sw9oFb
747さん。
747さんなりの解答を教えてほしいです!
マジレスで。

754 :実習生さん:2005/05/21(土) 23:45:03 ID:mTjrm/hR
> 親の責任というなら、学校を半日にして、子どもを親に帰してくれ。 
> 家で教えるから。 

自営業の方ですか?

755 :実習生さん:2005/05/22(日) 00:48:29 ID:f2QWZX3n
●学校は半日でいいだろ?●
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1114561704/l50

756 :実習生さん:2005/05/22(日) 01:28:06 ID:4KDo2Q2f
偏差値再開で 解決

757 :実習生さん:2005/05/22(日) 09:59:36 ID:8HFPz/F/
751ではないが、自営業/自由業最高!!!
日本では才能のあるヤツまでが、サラリーマンやって我慢の職業生活を送り、
人に対する優しさとか思いやりを押し殺してしまってる。誠に残念。

自立できる人は自立した方がいいぞ。

758 :実習生さん:2005/05/22(日) 11:00:30 ID:nc7pPBn/
あの薄っぺらい絵本のような教科書で、子供の成長結果を期待せよと?
文字数より変な宇宙人の子供のようなイラストでいっぱいの教科書。
あの薄い教科書だけを教えるのには時間が余るから、副教材を
使うのでしょう。

759 :実習生さん:2005/05/22(日) 11:08:52 ID:jWx8pkln
そして副教材利権発生(゚д゚)ウマー

760 :実習生さん:2005/05/22(日) 11:14:20 ID:o+XLl+B4
そしてその副教材も薄くて中身が軽い

761 :実習生さん:2005/05/22(日) 13:18:00 ID:luEzKXgd
>>754
普通に専業主婦家庭なのでは?

762 :実習生さん:2005/05/22(日) 15:05:09 ID:Ny9uvJxS
>>751
子どもに半日で帰らせれば、良いではないか。

大体、普通に学校に通っていても、家での生活時間は7時間以上ある。(就寝時間抜きで)
そのうち数時間を親との学習の時間にすればいい。
それとも、子どもが学校に行かなくてもよい環境にならない限り、
親が教育できないと思っているの。

763 :実習生さん:2005/05/22(日) 15:19:26 ID:5QCRIf+n
そうはいっても、親だって仕事終わって休みたいっしょ。
女の社会進出とかいって結局父も母も働かざるを得ない状況
である限りは難しいんじゃないの

764 :実習生さん:2005/05/22(日) 17:30:43 ID:RiVgqvQ+
>>758
それが恐ろしいことに、学年を追うごとに「薄っぺらい教科書」を消化するのに時間が足りなくなっていくのです。

765 :実習生さん:2005/05/22(日) 19:05:40 ID:M2ar2mVu
公立中1年の子供のノートを見て、びっくり。
入学して1ヶ月以上経つというのに、各教科1〜2ページしか
使っていない。

息子がぐうたらのせいかと思ったが、そうではないらしい。
教科書の内容に入る前に、ゲームなどを取り入れて、生徒に
興味を持たせるようにしているようだ。
そういえば、宿題もほとんど出ていない。

ほんと、自宅で教えた方がマシかも知れません。

766 :実習生さん:2005/05/22(日) 19:17:30 ID:5QCRIf+n
中学一年なんて、一番、物事を頭にいれやすい時期だと思うのになぁ、、

767 :実習生さん:2005/05/22(日) 19:37:20 ID:AisOnOHI
この私立中入学生のお母さんの悩みを誰か聞いてあげてくださいな!

今年中1の娘を持つ母です。学校は進学に力を入れ始めた伝統校です。(女子)第1志望に何とか合格し、数日で友だちもでき、
5月に入った今も、友だちの事では悩みはないようです。それとは別に、毎日3教科ずつくらい、宿題がしっかり出て毎日何かの
教科の小テストがあり、めいっぱいの日々を過ごしているのが心配です。漢字検定の問題集や数学の問題集もしっかり。
うちは通学1時間20分くらい、朝は5時半起きで6時40分に出ます。夕方5時過ぎに帰宅し、おやつを片手に宿題開始!
ほとんどテレビも見る時間もありません。寝不足になるので、私が声をかけまくり、眠そうに頑張ろうとする娘とケンカになり、
やっと10時就寝。時間で区切って宿題も省いていけば?出来ないなりに先生がアドバイスをくれるよ・・と、
親が言うセリフではないのですが、勉強を抑え、早く休ませようとしています。見ていて、あまりにも張り詰めているので。
周りの友だちがとても優秀のようで、小テストで8割取れていても納得していないのです。
確かに娘なりに宿題の問題を選んだり工夫はしているので、これ以上省けそうも有りません。
親としては中学からは勉強はほどほどに、友だちやよき先輩に出会えるよう楽しくゆったり過ごさせてあげたかったのですが。
娘も、部活を夢みていました。6月から、1年生は部活が始められるのですが、とても考えられません。
このところ、どうしようもないこの問題で我が家は持ちきりです。先輩達はハードな中、部活をちゃんとこなしています。
睡眠時間を減らしているのでしょうか?中学なので、7時間は確保したい考えですが・・・。
皆さんどうやって中1から両立させているのでしょう?娘はなかなか担任にも相談しにくいようです。
少し前の掲示板に、やはりハードな生活を過ごしている中学生の事が載っていましたが、その後いかがなのでしょうか。
どなたかアドバイスをいただけないでしょうか?今週から、基礎英語のMDを電車の中で聞く方法を始めましたが・・・

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?17,92505

768 :実習生さん:2005/05/22(日) 19:38:41 ID:AisOnOHI
ギリギリさんのお嬢さんと家の娘は、もしかしたら同じような性分かもしれません。
進学私立ならどこも同じだってさ。女子校でこれかよ。


「うちも1年の時から「妥協」できず、就寝時刻は10時なんてものではありませんでした。
夕食後、自室に直行。ドラマなんてほとんど見たこともないかもしれません。

中3の今は。。。
もうお話するのもどうか、という生活サイクルです。
定期テストはいうまでもなく、小テストだろうとおよそテストと名がつくものに備えて自分が満足できるまで布団にはいらないのです。
きょうなんて朝方です。布団にはいったのは。
そして6時起床、6時50分にバス停へ。
部活は体育系で、部活のある日は7時半帰宅。

時々私は怒鳴って叱り付けてしまうのですが、
最近は「もう好きにやれ・・・」と諦めの境地に達してきました。

娘は「みんなそのくらいだよ」というのです。

少なくとも進学校といわれるところは多かれ少なかれ、レベルの高い学習を相当なスピードでこなしていくわけです。
自然と課題も多くなり、それぞれの量が半端ではないこともよくあることです。
進学実績にはそれぞれの生徒の何年にもわたる努力があらわれているのでしょうね。

今の時期10時に就寝できるのなら恵まれているともいえませんか。
宿題を省いても寝てほしい、というお母様のお気持ちもわからないではないですが、宿題をいい加減にしないお嬢さんの姿勢は、
どうか誉めてあげていただきたいと思います。
宿題をやるとやらないでは、成績に差が確実にあらわれます。
この姿勢が中2、中3と学年があがるにつれ必ず実をむすぶと思います。

生活のリズムに関してはご心配が絶えないとお察しします。
でもますます無理もしがちな年齢になっていきますので親のほうも「忍耐」が必要なのかな、と思うこのごろです。 」


769 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 20:06:13 ID:AisOnOHI
こうも中1から勉強時間、内容に差がついてしまっては、公立に行った時点で、普通の人間なら即、受験戦線は敗退
を意味します。公立中でまったりやって、回りから「頭いい」、「天才」と言われて地元公立トップ校に進学しても
地元駅弁工学部か教育学部止まりでしょう。

そりゃ、中学入学以前に厳しい中学受験勉強、入学してから毎日これだと、よほどの馬鹿でない限り、早慶か旧帝の
一般学部は楽勝でしょう。東大や医科でも当然圏って感じですね。

日本の学力極分化は今、すざましい勢いで進んでいるようです。
うちも草を食べても、子供は私立一貫進学校にやります。
こんなんでは、もうどうしようもないわ。

770 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 20:14:21 ID:AisOnOHI
コピペ

>ギリギリ様

我が家もまったく同じ状況で、ひさしぶりにこちらのスレを見てびっくりしました。
宿題、小テストに追いまくられる毎日です。
共感して書き込みたくなりました。

我が家はゴールデンウィークに娘が倒れてしまい、風邪に胃腸炎を併発し高熱で何日も寝込み、その後全身に蕁麻疹が出て、毎日医者通いの、さんざんな連休でした。連休も大量に宿題が出ていたのですが、寝込んでいたのでこなせず、結局連休明けにもひきずってやっています。
宿題の量は受験塾で出ていた量より多いかもしれません。
これから中間テストがありますが、そのことを考えるだけでため息をついています。

蕁麻疹がまた夕べも出ました。とりあえず薬を飲ませて学校は行きました。
まだまだ要領が悪いので時間がたくさんかかるのかもしれませんし、また体力も少しずつついてくるかもしれませんが、、とにかく学校が嫌いにならなければいいのだけど、、と心配しています。

担任の先生に個人的に相談してみようかと思っているこのごろです。


771 :実習生さん:2005/05/22(日) 20:14:32 ID:UGePxV07
中学の技術科はいらない。
木工も金工も、キットのプラモデルみたいなことしかしていない。
栽培なんて当然やらない。
情報なんていって、パソコンでワープロ教えてるだけ・・・
そのくせ、予算会議では100万近くを要求する。
週に授業1時間しかないクソ教科のくせに!
さっさとなくなれ、技術!


772 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 20:15:12 ID:AisOnOHI
またコピペ!

6年間もつのだろうか??という疑問をもちながら既に3年目に突入です。

成長期の子供に6時間くらいの睡眠が必要なのはよ〜くわかっているんです。
それでも、実際問題進学校のカリキュラムってまともにこなすのは本当に大変だし授業中気を抜いたりでもすると、ついていかれなくなりそうですよね。
しかも一日に3教科宿題がでてしまった日はもう大変。

うちは定期テストの3週間前くらいから午前様になっていきます。
そして一週間前〜試験期間はもう3時間、4時間睡眠ではないかと思います。
行きかえりはバスを使うのですが、バスの中は寝る時間!と決めているようです。

他校のお母さんには「関心しない。うちは試験中でも1時になるかならないか位に寝るわ。翌日の授業に差し支えるわよ。絶対駄目。」と言われてショック。

睡眠を削ってはいけないのはわかっているのだけれど。
こんなことが体によくないのはわかっているのだけれど。
娘は「まったく翌日の授業に影響なし。居眠りしたりなんかしないもん。テスト中も問題なし。ただ、見直しをして終了のチャイムまでがとてつもなく眠くなるかも」と言うだけ。

これはもう個人差なんでしょうか。
どうなんでしょう??

実感!さん
まだ一年生ですよね。
それだけお嬢さんが気合をいれてやっているならすぐ皆さんに追いつけますよ。

それにしても今年中一になった愚息の学校はいまのところ大変緩やかなのがトテモ気になってきました。
上級生のお母さん方によると皆さん口をそろえて「課題が多くてひいひいいってます」という学校のはずなんですが・・・。

「嵐の前の静けさ」っていうやつでしょうかね。(笑)


773 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 20:18:58 ID:AisOnOHI
2005年05月17日 17:18 -息子ですが- (219.176.52.5)

--------------------------------------------------------------------------------

【返信】 【引用返信】


同じなんですね〜どこの学校も。
息子が中1ですがテレビも全く見ずに課題に追われ、
毎日ふらふらになって学校へ行ってます。
宿題が終わらず寝不足になり、電車の中では爆睡状態。
電車の中で読書・暗記物をできる子がうらやましいです。

もう少しすれば要領よくやるようになるのか?
学生は勉強が本分・・というけれど
ほんとにこれで人間としてのバランス崩れないだろうか、と
正直心配になります。
頭だけでなく手足も使うことをさせたい。
でも第1志望に合格した手前、家では口がさけても言えません。




774 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 20:20:11 ID:AisOnOHI
93002】 Re: 毎日宿題&テスト
2005年05月17日 21:38 -本当はドラマが見たい子- (221.25.54.107)

--------------------------------------------------------------------------------

【返信】 【引用返信】


我が家もプロテスタントの女子中に春から通っています。
「うちの学校は勉強よりも心の教育を大切にして・・・」
と、先生は言っていたのに宿題が出る出る。
進学率を気にしない、ゆったりとした学校と思っていたのですが、
私立ではどこも気合入っているんですね。

ゴールデンウィークも宿題が終わらなくてあせってました。
公立は何も宿題出なかった様です。
高い授業料払っているので、一杯面倒見てもらいましょう

775 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 20:23:45 ID:AisOnOHI
92657】 Re: 毎日宿題&テスト
2005年05月17日 10:42 -実感!- (218.47.65.183)

--------------------------------------------------------------------------------

【返信】 【引用返信】


 うちの娘の学校も始まりましたよー! 宿題に小テスト、アンド、追試。
春休みに、本当に、何一つ、教科書1ページさへ、めくりもしなかった我が娘。親としても、今の時期くらい、のんびりさせてあげようか、なーんて、アホなお笑い番組を、家族全員、マヌケ顔で、
「アハハハハ!」と笑いころげていましたら、娘のテストの結果に、家族全員、青い顔で、
「ア、ハハハハ・・・」
 This is と書く、英語のテストで、うちの娘の答えは Dis is 
開いた口がふさがらない、ってこういう事を言うのね。と変に納得。
 一番びっくりしたのは、当の本人のようで、
「みんな、1時、2時に寝てるんだって!予習・復習とか、きちんとしてるんだよ!」
 それまでの我が家の就寝時刻は、10時。 家族全員で、10時には寝ておりました。(お母さんも、朝、大変なのよ)

 と、翌日より、負けん気だけは、人3倍くらいの、勝気だけで受験を乗りきってきた娘の闘争心に、再び、ファイアーの炎が。
 就寝時刻は、やっぱり、12時を過ぎているみたいです。(私は、お先に休ませていただいております)
 でも、やはり、スタートダッシュで出遅れている分は、まだ取りかえせていないようでして、悪戦苦闘しているようです。

 皆様のお話をお聞きして、みんな同じなんだ、と、改めて実感致しました。
こんな生活6年間も、やっていけるのでしょうか? 私自身が、体験したことのない世界ですので、なんだか、まだ毎日戸惑い続けております。



776 :実習生さん:2005/05/22(日) 20:42:37 ID:m0PKV3x0
>>772から>>775
こりゃまたよっぽどまじめなお子さんですね。
それとも要領悪すぎ?かギリギリ合格でアップアップかな。

運動部に入って平日は毎日部活、家では爆睡
週末はよく遊び、連休ともなれば我が家や友人宅に泊まりもしばしば
定期テスト3日ぐらい前からやっと勉強し始め
中学では一切塾なし通う時間もなし
高2からちょっぴり本気モード、高3でがーっと勉強
六年間無遅刻無欠席だけは誉めてやろう

我が家はこんなふうでした。まあ東大はだめだったけどね。

777 :実習生さん:2005/05/22(日) 20:45:44 ID:by4egeJo
Dis means despair.

778 :実習生さん:2005/05/22(日) 20:48:46 ID:m0PKV3x0
776です。
うわ、>>767以降たくさんあったんですね。
でも少なくとも私のまわりではこんな話はなかったなあ。
ID:AisOnOHIさんがご存知の方たちなのですか?


779 :実習生さん:2005/05/22(日) 21:03:29 ID:GaTO8iKZ
友達が私立小に通わせているんだけど、そこでも宿題にテストにで追いまくられているらしい。
学校全体で漢字検定に取り組んだりと、本当に気合いが入っているみたい。
片やうちはというと、20分で終わるような副教材を一気に終わらせてしまってから、
宿題は毎日音読だけ。
漢字検定のために勉強しているのはうちの子だけ。(おかげで「私だけ勉強してもつまらない」と
言い出す始末・・・)

>>776
全部エデュからのコピペの抜粋と思われ

780 :実習生さん:2005/05/22(日) 21:06:38 ID:xBTdJgNu
詰め込み教育希望の方に「土曜コース」を設ければいい。

プロの塾講師を招いてハイレベルな授業を行う。
毎週土曜日9:00〜12:10(90分×2)
費用は月7000円程度

781 :実習生さん:2005/05/22(日) 21:08:42 ID:iHtz5O6D
>>774
要するに私立は中1から勉強ばかりで心の教育なんて嘘だということだな
さすがペテン師が多い「私立」だ

782 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 21:10:06 ID:AisOnOHI
>>779
そうです、全部コピペです。
いや、自分が一番、ビックリしたもんですから。
公立中高一貫校の設立やますます激しくなる私学生き残り競争の影響でしょうか、
私学の気合の入り方が数年前とかなり違ってきてるようですよ。
同じ私学に兄弟で入れても、5年くらいで、とても同じ学校とは思えないという感想の
ある私学もあって、過去の卒業生の話はあてにならないとか。

783 :実習生さん:2005/05/22(日) 21:49:14 ID:M2ar2mVu
公立は、のんびりしすぎ。
有名私立は、突っ走りすぎ。
ちょうど中間ぐらいが理想的なのだが・・・。

青春を犠牲にしてまで勉強したその結果がニートや
負け犬だったら、目も当たられないよ。

784 :実習生さん:2005/05/22(日) 21:52:19 ID:hk65iFj8
>>762
>大体、普通に学校に通っていても、家での生活時間は7時間以上ある。(就寝時間抜きで)

そんなにないよ?

785 :もうこの差は埋まらない:2005/05/22(日) 22:11:15 ID:AisOnOHI
>>783
青春って言っても、いい経験、大切なものを得るヤシはよほどの運と環境に恵まれた少数だけ。
たいていの凡人は、アホTV番組を見て馬鹿笑いするか、ダチと長電話したり、つるんで遊ぶだけで
ほとんど無駄に過ごしているよ。

スポーツにしろ、勉強にしろ、人に秀でようと思えば、それに専心して努力するしかない。

786 :実習生さん:2005/05/22(日) 22:35:18 ID:GaTO8iKZ
学校ぐるみで漢字検定に取り組む公立小って、あるのかな?
あれ、学年強制しないで先に行ける子はどんどん先に行かせて、そうでない子は当該学年のものだけ
受けさせてって形で取り組むと、かなりいいと思うんだけどな。
漢字検定だけ飛び級ってことで。

787 :実習生さん:2005/05/22(日) 23:25:09 ID:9s/2JfvS
>>786
それは、横並びを崩せということで、このスレで出ている問題点を根本的にひっくり返す
ということだから、容易なことではないでしょう。


788 :実習生さん:2005/05/23(月) 00:00:40 ID:oEmJF1Ss
>>787
でも私立小はもうやっている訳だ。

789 :実習生さん:2005/05/23(月) 00:15:53 ID:d3AvKN5E
>>788
「もう」というか、エスカレーター式で大学まで行くタイプではない私立の学校は、
昔から「先走らせるのが売り」でしょ?

790 :実習生さん:2005/05/23(月) 01:22:13 ID:7cuoCCPI
>>786
漢字検定は、結構お金がかかるから、全員に受けさせるのはきつい。
この辺の学校では、学校ぐるみで漢字テストをやっている。
1年から6年まで、同じ条件で常用漢字を全てテストして、
6年になったら半数近くの子が、全部書けるそうだ。

791 :実習生さん:2005/05/23(月) 01:37:08 ID:k8E2WCPA
どっかのBLOGにこれからの教育に必要な資質?ってのが載っていて
「シミュレーション,ロールプレイ,コミュニケーション,ロジック,プレゼンテーション」
(この後に「能力」とつけたいが)らしい。「ゆとり」とか「総合」とか大雑把なことを言わないで
具体的目標値を設定すれば、良かったんじゃないか?

それでも内実は同様になるかもしれんが‥‥

792 :実習生さん:2005/05/23(月) 08:13:48 ID:KwitWDpP
>>790
書けるだけじゃなくて、いろいろな熟語をきちんと把握できるように指導して欲しいな。
その意味では、漢字検定ステップを使うのは良いと思う。
検定業者の回し者ではないけれど、国語の基礎部分を学ぶためのポイントを押さえているし、
熟語も1年生の段階からきちんとさまざまな使い方を学ばせるように作られている。
音読み訓読み、部首、四字熟語、熟語の分類等、きちんと意味を考えさせるようになっているし。
検定は別に受けなくてもいいし、学校オリジナルテストでもいいけれど、中途半端な副教材
使うぐらいならステップを押すね。
中学受験教材には劣るが、一般知識としては十分すぎるレベルだと思うよ。

793 :実習生さん:2005/05/23(月) 08:54:10 ID:Uxw504dc
先走りすれば頭が良くなるわけではないんだよな。
東大に入って気が付いたのは公立から来ている奴も私立から来ている奴も勉強についてはトータルでは変わらないか、むしろ公立組の方が上ってこと。
確かに私立組は中学受験しているから特殊な知識はあるのかもしれないが、公立組は高校受験しているから中学の内容はしっかりやってる。
中学受験の内容より高校受験の方が英語や数学をやるからあとで役に立つよ。

なによりも公立のやつの方がいろんな経験している分だけ社会適応力はあると感じた。

先走りしてもどうせ18歳にならないと大学受験できない日本のシステムでは無意味。


794 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:03:07 ID:Uxw504dc
>>769
大馬鹿発見!!
公立は高校受験があるからそこで伸びるんだよ。
だいたい、大学入試は指導要領でやったことしか出せないから先走りしても無意味です。

我々のころから公立と私立では授業時間にものすごく差がありましたが、公立から東大や早稲田・慶応に入る人もたくさんいるんですよね。
公立の方が無理なく学習していますから。

それにしても私立の詰込み教育は異常です。
子供を守るために法律で規制すべきですね。

795 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:04:41 ID:Uxw504dc
>>785
随分歪んだ考えをお持ちのようですね。
公立では時間がある分部活や課外活動に熱心ですよ。
また、友達と有意義に遊んでいます。

子供の頃から勉強ばかりするのがいいなんて、精神主義に毒されたおっさんですか?

796 :私立の詰込み教育に法規制を!:2005/05/23(月) 09:06:22 ID:Uxw504dc
私立の詰込み教育はバランスが取れた教育とはいえない。
義務教育として不適だから法律で規制すべきだ。

私学の自由?
子供たちを抑圧しておいてよく言うよ!

797 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:13:10 ID:EEbcO5+5
>>794

> 我々のころから公立と私立では授業時間にものすごく差がありましたが、公立から東大や早稲田・慶応に入る人もたくさんいるんですよね。
> 公立の方が無理なく学習していますから。

昔は、ね。
ゆとり教育でずたずたにされた今の公立の、燦々たる有様をどこまでご存じか?
東大進学者で現役となると、首都圏は私立がほとんどだよ。

798 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:17:14 ID:Uxw504dc
>>797
おいおい、日比谷の躍進を見ろよ。

ゆとり教育でずたずた???
何言ってるの?

最近の学力調査の結果でゆとり世代の方が成績がいいことがわかったんだよ。
総合学習で自分で考える習慣を身につけさせている効果が出たんでしょう。

それに大学入試は指導要領に載ってないことは出ません。
特に国立はそうです。
だから私立で先走っても意味ないですよ。

799 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:18:52 ID:Uxw504dc
日比谷のほか、都立は西、戸山も東大多くなかったっけ?

あと、私立でも浪人多いよ。
高2までだらけて1年で勝負しようというのが無理があるんだよ。
カリキュラムだけ先走っていても高校受験がないから中学はいると精神面ではだらけてるんだよね。
だから浪人してしまう。
現役合格率は実は私立一貫校も低い。

800 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:20:57 ID:Uxw504dc
公立の有利なのは高校受験があるから中学の内容はしっかりやってること。
もちろん日比谷とか西とか難関高校に入る場合だが。

その点一貫校はエスカレーターだから自動的に上がってしまう。
また早くから高校の内容をやるから中学の内容がおろそかにされてしまう。

801 :実習生さん:2005/05/23(月) 09:27:53 ID:EEbcO5+5
>>798
石原効果で都立は取り戻しつつあるけど、神奈川は悲惨だよ。

802 :実習生さん:2005/05/23(月) 12:22:02 ID:rhOpJ9dH
>>794=>>798
私も以前は794氏のように思っていたが、今の小学校の学習内容を見て、
もうダメだと思った。
今、中学生あたりの子どもなら、高校受験&高校で頑張れば
私立の生徒に追いつけるかもしれないが、
今の小学生が中学生になった時には、小学校から私立の子どもとの差は、
もう回復不能なまでに広がっている気がする。
本当に、バカを作るためのカリキュラムかと思うよ。

803 :実習生さん:2005/05/23(月) 12:43:23 ID:EEbcO5+5
>>802
そうそう。
自分で頭を働かせて理解するための段階すら教科書で説明してしまっているし、
応用問題はほとんどなし。
昔懐かし鶴亀算とか、今は教科書で取り扱っているのかすら分からない。
習熟に足る反復が一切取り払われてしまっているし。
しかも学校側も、そのぬるま湯に何の疑問も持たなくなっている。
このゆとりカリキュラムなら、いくらでも幅を広げられるだろうに、それを行う
頭も持ち合わせていない教師ばかり。

中学校、高校の先生方。
一度小学校の教科書を見てみてくださいよ。頭抱えたくなるから。

804 :実習生さん:2005/05/23(月) 14:07:13 ID:I27u28Zn
>>792
漢字ステップは、たしかに個人の漢字学習には良い。
でも、集団で学習するにはあまり向いていない教材だと思う。
全体的に単調な構成で、しかもコピーや切り取って使うなどの工夫が少ないから、途中で飽きてしまう。
あの問題集をいきなり一冊ずつ配られたら、児童はゲンナリすると思うよ。

家庭で個々が学習するには、お薦め。

805 :実習生さん:2005/05/23(月) 14:45:47 ID:II2PqoJQ
>>798
> おいおい、日比谷の躍進を見ろよ。

石原都政になって教育改革したからだろ。ゆとり教育の成果じゃねーよ。

現にゆとり教育派は批判してる。
ttp://www.tokyouso.jp/series/toritukoukou/toritukoukou.htm

806 :実習生さん:2005/05/23(月) 14:47:47 ID:mXiUFiwL
学力低下の要因は、習熟度別指導のような欧米で廃れた制度を導入したせいだ。
早いところ、少人数学級による非能力別クラスで授業を行わないと、さらに学力が低下するぞ。

807 :実習生さん:2005/05/23(月) 14:53:38 ID:QQSU5pmw
>>806
トップ層が可哀想だろうが。
出来る子には出来る子なりの課題を渡してやってくれよ。
学校温すぎで退屈してるんだよ。

808 :実習生さん:2005/05/23(月) 14:59:22 ID:QQSU5pmw
そもそもみんな一緒の横一列なんて幻想なんだよ。
左翼日教組はそれが分からないから、低レベルに子供を揃えるためにゆとり教育を始めた。
底辺にコンプレックスを抱かせないためにね。
おかげでもっと伸びるはずのトップ層も中間層も「この辺でいいんだ。頑張らなくてもいいんだ」って
身を屈めてしまった。

だからといって、一部私立のやりすぎも問題だけど。
もう少し先生方も、中庸という言葉を学んでくれ。

809 :実習生さん:2005/05/23(月) 14:59:37 ID:mXiUFiwL
>>807
それが間違い。
習熟度別を導入すればトップ層が伸びるという考えは単なる思いこみ。
世界各地の調査によると、習熟度別を導入した結果、トップ層の学力が
向上するという保障はないことが明らかになっている。

810 :実習生さん:2005/05/23(月) 15:15:48 ID:QQSU5pmw
>>809
でも進学塾は当たり前のように導入して、成果を上げてるよね?

811 :実習生さん:2005/05/23(月) 15:17:20 ID:UykEKJVQ
>>809
>世界各地の調査

??何か具体例あるの。信憑性がある程度あるもので。

812 :実習生さん:2005/05/23(月) 15:31:49 ID:tLcSAiqx
ID:Uxw504dcは寺脇か?
自分の周り・体験したことがすべてとでも思いこんでいるのだろうか?
もっと視野を広げた方がいいぞ

813 :実習生さん:2005/05/23(月) 15:40:23 ID:15n6aPcw
世界 各地(Sekai Kakuchi)「サイコ・パワーを用いて測定した全宇宙の習熟度別教育制度の成果について」『IOND大学研究紀要』38、pp.1-22、1998。

814 :実習生さん:2005/05/23(月) 15:51:59 ID:ZSz8eUND
>>786
公立がそんなことやるわけがない


815 :実習生さん:2005/05/23(月) 16:02:05 ID:yCc8nOjx
>>804
でも私立はry

816 :実習生さん:2005/05/23(月) 16:11:05 ID:yCc8nOjx
これでもゆとり教育マンセー?
ttp://www10.ocn.ne.jp/~fanta-sy/index00.html

817 :実習生さん:2005/05/23(月) 18:45:51 ID:IgT64DCJ
>>816
なんだ?この6年生用の教科書は??
子どもをバカにしているよ。

818 :実習生さん:2005/05/23(月) 18:52:21 ID:k8E2WCPA
つーか、元のホームページに驚いたw

819 :実習生さん:2005/05/23(月) 19:10:03 ID:7BtTFfZP
中学生のうちから、片道一時間以上かけて通学って、想像できない(>_<)

820 :実習生さん:2005/05/23(月) 19:14:13 ID:7BtTFfZP
なんか 大変そう。嫌にならないのかな?

821 :実習生さん:2005/05/23(月) 19:53:02 ID:X5uZSkrc
>>798
>>おいおい、日比谷の躍進を見ろよ。
>>
>>ゆとり教育でずたずた???
>>何言ってるの?
日比谷等の進学指導重点校以外の都立高校はどうなってるの?



822 :実習生さん:2005/05/23(月) 20:29:01 ID:+snwL+Ov
というか、公立進学校は大体が指導要領をかなり無視している。
家庭科とか情報科とか総合とかの時間をいかに数学と英語に振り分けるかで苦心している。

「ゆとり教育」と言いつつ、「ゆとり教育から脱した」結果の躍進だということに気づくべき。

823 :実習生さん:2005/05/23(月) 21:22:17 ID:owLwVGl1
>>797
燦々(サンサン) → 惨憺(サンタン)

824 :実習生さん:2005/05/23(月) 21:37:57 ID:owLwVGl1
>>799
多かった、というレベルではなくて、最高潮の時期には、いずれも毎年百何十人。
ただし現役は各何十人程度。


825 :実習生さん:2005/05/23(月) 23:02:00 ID:IAZHg8Ad
今の中学生の教科書も見てみたい。

826 :実習生さん:2005/05/23(月) 23:25:51 ID:Z0BpoSV2
ちょっとスレ違いかもしれませんが質問。
教えるクラスが多い場合、最初のクラスと最後のクラスでは授業の内容が微妙に変わってしまうのはどう思いますか?
最初は情報量が多いが無駄も多くうまくまとまっていない。
最後は情報量が少なく無駄がない。だけど余分な面白みもない。

10クラスとかあるとどうしてもこうなりますが…

827 :受験生:2005/05/23(月) 23:29:47 ID:NrRoDk6X
うんこ教師共氏ねよ、内職させろ

828 :おめーらは白痴:2005/05/24(火) 00:14:39 ID:/WgW36tx
>>816
まあそんなもんだろうな
問題は、学校の教科書がこんなとんでもないことになっているってことを
学校狂死が広く世間に訴えないということだ。

っていうか、学校狂死はバカだからこれで良しと思っているワケだが・・・


>一般的な学習雑誌では さほど珍しくないのですが、
>学校の正式な教科書の挿絵がアニメ塗りで 
>萌えキャラっぽいところがポイントです。
>小学2年生から「萌え」という概念を教え込むというが、
>個性重視のゆとり教育らしいです。

ワラタ

829 :おめーらは白痴:2005/05/24(火) 00:23:43 ID:/WgW36tx
>小学2年生の教科書とあまり変わりません。(^_^;)
>依然として萌えキャラの挿絵です。
>しかも 2ページも使って 問題は2つしかありません。
                        ↑
結局ゆとり教育の問題点を総括するとここにあるんだよなー。

学校狂死はバカだから、見開き1ページ(1時間相当?2時間相当かもしれんが・・・)をやるのに1時間も2時間も
ただいたずらに時間をかけて教える。
1時間の授業で1つの問題をあーだこーだいって「たらたら」教えてるんだよ。
ごめん、「教える」んじゃなかった、「育む」だったw

っでそれで「考える力がつく」とか、「自ら学ぶ力がつく」とホンキで思ってるんだが、

まあ、こんなずさんな教育の結果は、国際調査の結果見れば一発だがな。

ホント子どもがかわいそうだよw

これでもオレが単なる狂死叩きをしたいだけだと思うんなら反論どうぞw


830 :実習生さん :2005/05/24(火) 02:04:05 ID:hdDDrqmK
なんで? 楽しいじゃん♪

831 :実習生さん:2005/05/24(火) 02:16:13 ID:hgocP5od
>>学校狂死はバカだから、見開き1ページ(1時間相当?2時間相当かもしれんが・・・)をやるのに1時間も2時間も
>>ただいたずらに時間をかけて教える。
狂死叩きが発生するのに十分な大義名分だ。


832 :実習生さん:2005/05/24(火) 03:19:18 ID:i5D/SnE+
>>826
それは、良い事ではないでしょうか。
回数重ねるにつれて、その内容の教授に慣れていくのだから。
しかも最後、余裕のあるぶん面白味を付け足せれば、もっと良いと思う。

>>825
書店でリストもらって、注文すれば一般でも買えますよ。
書店によっては、「ここの中学のを一揃え」って言えば、
5000円くらいで、そろえられる。
うちの子供は、英語の教科書3,4種類、
社会科は高校用の簡単なのを買って読んでるみたい。

833 :実習生さん:2005/05/24(火) 05:33:16 ID:RvlzKaph

運動会のシーズンが近づいてまいりました。
近隣への騒音に配慮してスピーカーの
ボリュームは程々にお願いいたします。


834 :もうこの差は埋まらない:2005/05/24(火) 19:36:17 ID:79afFZT+
結局、どうやら、ゆとり教員でもっとも影響を受けたのは伝統私立中高のようですね。
従来のまったり型から、しっかり勉強派へ変身した学校が増えた様子。

姉妹でゆとり前の姉とゆとり後の妹を同じ学校に入れた場合に、まるで同じ学校とは
思えないほど学校側の勉強に対する姿勢が違ってる学校もあるとか。

今後ゆとりカリの弊害が徐々に大学受験で出てくるでしょうが、5年先は恐ろしいほどに私立一貫校の圧勝という
結果になっているでしょう。



835 :実習生さん:2005/05/24(火) 19:44:46 ID:UtNpXWiE
あほくさ
私立中高は勉強ばかりでゆがんでいるから就職で失敗する例が増えるだろうな

836 :実習生さん:2005/05/24(火) 20:23:09 ID:ZVjQWQGh
>>829
そう思って1時間で数時間分進めたら、
2学期半ばで算数は全部終わった。

このペースでやっても子どもって結構余裕なんだよな。


今年別の学校に異動して同じように進めようとしたら、
校長を初めとして周りの職員からつぶされました。

教育委員会にその意見をどんどん言ってやってください。

837 :実習生さん:2005/05/24(火) 21:34:11 ID:Kw9gcLBd
>>今年別の学校に異動して同じように進めようとしたら、
>>校長を初めとして周りの職員からつぶされました。
嫌な学校だ

838 :実習生さん:2005/05/24(火) 22:07:20 ID:Oq+Fd1i2
>>835
このままのカリキュラムが5年続いたら、まともな親は
借金してでも子どもを私立に入れるようになるだろうな。
クラスの中位〜上位の子がごっそり抜けた残りが公立組になりそう。

839 :もうこの差は埋まらない:2005/05/24(火) 22:32:21 ID:79afFZT+
自分的には、5年後以降の大学受験結果が楽しみ。
こっちは公立優位地方に在住だけど、ゆとり後は私学受験者が増えて、かつ、私学間競争も
激化している。地域的には中学受験がマイナーなこともあって、2年前から急速に私立中入生の
レベルがアップしていることを、世間の大半の人は知らない。

まあ、街のおじさん、おばさんが噂話をし出すのも結局、大学受験結果が明らかになる5,6年後から。


840 :実習生さん:2005/05/24(火) 22:33:46 ID:+RXrKFTM
■フォーブス世界長者番付。 日本部門はパチンコ屋とサラ金のチョンばかり。

朝鮮人は日本人から大金を巻き上げて世界有数の金持ちばかり。在日は煩いので
優遇した施策ばかりとってきたし、取締りも放置されてきたためだ。
パチンコ税の導入や風営法の強化などやってくれ。 ★付きがチョン。

1.佐治信忠    5800億円【サントリー】
2.福田吉孝    5600億円【アイフル】(サラ金)★
3.武井保雄    5500億円【武富士】(サラ金)★
4.糸山栄太郎   4900億円【新日本観光】
5.木下恭輔    4700億円【アコム】(サラ金)★
6.毒島邦夫    4700億円【サンキョウ】(パチンコ)★
7.岩崎福山    4400億円【岩崎産業】
8.孫正義      4300億円【ソフトバンク】 ★
9.堤義明      3700億円【西武鉄道】
10.森章      3200億円【森ビル】
11.柳井正     3200億円【ユニクロ】
12.伊藤雅俊   2900億円【イトーヨーカ堂】
13.重田康光   2600億円【光通信】★グレー
14.滝崎武光   2600億円【キーエンス】
15.船井哲良   2300億円【フナイ】
16.吉田忠裕   2300億円【YKK】
17.神内良一   2200億円【プロミス】(サラ金)★
18.山内薄     1800億円【任天堂】
19.岡田和生   1700億円【アルゼ】(パチンコ) ★
20.辛格浩(重光武雄)1700億円【ロッテ】
21.福武總一郎  1500億円【ベネッセ】
22.大島健伸   1400億円【SFCG(旧:商工ファンド)】★
23.盛田英夫   1300億円【ソニー(レイケイ社長)】
24.馬渕健一   1200億円【マブチモーター】
25.韓昌祐     1100億円【マルハン】(パチンコ) ★   

841 :実習生さん:2005/05/24(火) 22:34:56 ID:+RXrKFTM
ユダヤじゃないけど、ユダヤ的な存在は強力。

  ( 推定就業人口 約2000万人 資金数十兆円 )            
                                             
       北    南                                
 中共   総連系  民団系                               
 │     │    │                                
 ──┬───┼────┼─────┬─────┬─────┬──────┬────┐   
   極左  層化  統一協会  893   凱旋右翼  TV・新聞  焼肉店 IT業界 ゆとり教育
   │    \/(脱会)    │           │    (8割)      
  謝罪要求  オウム    ┌──┼──┐       芸能界             
   │          風俗  麻薬 パチンコ     │              
 ジェンダーフリー           (30兆円)   韓国ブーム           
   │                                         
  地球市民

842 :おめーらは白痴:2005/05/24(火) 22:37:34 ID:MBgEwLBi
>>839
5年もかからんよ

移行措置があるから、えっと、

今の高校三年生からがゆとり教育で育った世代

だから

2006年1月のセンター入試で目に見えた結果が出るよw

843 :実習生さん:2005/05/24(火) 23:09:01 ID:fCTmuA5F
>>842
センターの結果ではゆとりの弊害は見えないと思う。
レベルダウンを見越して簡単な問題作ってるはずだから。
ってか内容削減されまくりで、むしろ難しい問題なんて作りようが無いなんて科目すら…

844 :おめーらは白痴:2005/05/24(火) 23:32:42 ID:MBgEwLBi
>>843
そう?

じゃあ、来年の旧帝大の合格者数上位校では?
まあ今でも十分私立高校優位だが、来年はもっと増えるだろう。
とはいえ、まだまだ公立高校信仰が高いから、まだ目に見える成果??は出ないかも。

今の公立高校のカリキュラム見てたら、たとえ優秀な中学生を集めてきた進学校でも
私立の中高一貫校にはとてもかなわないだろう

何せ、私立の中高一貫校では、例えば高校一年生の数学はすでに2年生の内容に入り始めるが、
公立高校では、ちんたらちんたら旧課程の中学校の内容教えてるんだからw



845 :実習生さん:2005/05/24(火) 23:33:22 ID:zfA97H1C
>>843
? 世代によって試験場も試験内容も変えることになってるの?

846 :実習生さん:2005/05/25(水) 01:42:47 ID:Cfzw1U18
ねー本当に「考える力」や「自ら学ぶ力」ついてんの?
生徒に問題解かせてたら「どうやるの?」ってしつこく聞かれるよ。
順序追って教えても「わからない」とか
「教科書にのってないから出来ない」とか言って自ら考える気なんて一切無いよ。
しかも「わからないのは教え方が悪い」って逆ギレするヤシもいるよ。
で、もっとかみ砕いて必要事項をすべて書き出したら
「めんどくさい」とか「わからんからもういい」ってすぐ諦める。

日本語も通じにくいし、自己中だし
なんかもう別の生き物だぞw

こんな世代からそのうち総理大臣が出てくるんだろうけど
きっと私立出身だろな。

847 :実習生さん:2005/05/25(水) 02:38:40 ID:piE8CHJC
>>845

センターでは基本的に半数以上の教科書に載っていないことは出題できない。
(科目によって違ったかも)

教科書が簡単になれば問題も必然的に簡単なものにせざるを得ない。
ちなみに2次試験でもマスコミだけでなく、文科省からのチェック(事後)が入ったはず。

848 :実習生さん:2005/05/25(水) 02:49:41 ID:g6dtSoNa
ゆとり教育って
将来のクレーマー養成教育だろ
取説の文章すら読めないし理解できない、
使えない原因はメーカーにある、と文句だけは言う
チンピラ養成教育ともいうかもな。

849 :実習生さん:2005/05/25(水) 04:18:21 ID:nedNtJYu
それも生きる力のうちだろうw

850 :実習生さん:2005/05/25(水) 04:45:15 ID:9CmorE3m
チンピラ養成教育ともいうかもなw

851 :実習生さん:2005/05/25(水) 06:19:59 ID:97Ia9/tw
>>842 >2006年1月のセンター入試で目に見えた結果が出るよw

 その2006年組(現高3)は小学校でゆとりじゃないから-まだ-ましだと。
2009年(現中3・・・小学校でまったり組)には恐ろしい結果が待ってるような気が・・
来年の今頃には高校現場からいろいろな声が上がってきそうですよ。

852 :もうこの差は埋まらない:2005/05/25(水) 06:30:53 ID:1kVCGGhF
ゆとりで一番、打撃を受けるのは、私立中受験しない小学校5,6年生。
演習不足で分数、小数の演算がメタメタ。
そのまま、内申重視、絶対評価の公立中学へ行って、高校入学後に
全国模試を受けて初めて、私立一貫校と公立中高組にどれだけの学力格差が
できたかを思い知ることになる。けど、その時はもう手遅れ。
医者にもなれないし、灯台にも入れない。

853 :実習生さん:2005/05/25(水) 09:17:38 ID:WGfovyQj
今でも医者は貧乏人の子にはきついですよ。
医学部、いくら掛かると思われますか?

854 :実習生さん:2005/05/25(水) 09:38:31 ID:fUh57UV8
>>853
よっぽど金持ちでない限り医学部は国立いくだろ。
授業料年約50万、生活費込みで年200万あればいける。

855 :実習生さん:2005/05/25(水) 10:19:48 ID:znv2mLoa
>>854
その国立医学部に入るために塾・予備校家庭教師・・・と金がかかるだろ?
今のカリキュラムで小中高公立の学校の授業のみで国立医学部は至難の業だよ。

856 :実習生さん:2005/05/25(水) 11:38:12 ID:Aq6E1uRT
高一英語教科書見てビックリした
薄っぺらくて写真多くて
アルファベットの書き方なんてのが複数パターン載ってるしw
あの内容でも理解できなくて落ちこぼれてくるガキがいるってのは
どういうことなんだろ。
全教科あんな教科書で勉強してたら理解力や読解力が身に付かないのは納得できる。
メリットは通学カバンが軽くなるくらいじゃねーの



857 :実習生さん:2005/05/25(水) 12:57:32 ID:7nfkMEXk
>>856
だって、「主語」「述語」「動詞」「名詞」「形容詞」「副詞」という
日 本 語 が 理 解 で き な い んだから、
いくら説明してもらったって、英語なんか理解できないんだよ。

858 :実習生さん:2005/05/25(水) 13:24:15 ID:Ju7ESeS+
ゆとり教育って段階的に試行されたと思うんでつが
ゆとり世代って何歳から何歳までをさすのでつか?


859 :実習生さん:2005/05/25(水) 13:29:06 ID:6uvskZVC
>>856
>>あの内容でも理解できなくて落ちこぼれてくるガキがいるってのは
>>どういうことなんだろ。

あの内容で理解できなくて落ちこぼれたのではなくて、
落ちこぼれたから、その内容の教科書しか使えないんでしょう。
その子は、高校での落ちこぼれではなく、中学での落ちこぼれ。
そうなるまで、中学のうちに何も対策をしなかった親の責任だな。

860 :実習生さん:2005/05/25(水) 15:14:19 ID:8b7K8AIr
>>859
定着のための時間を取らなければ、
どんなに少ない内容でも落ちこぼれが出るのは当然だよ。

子供は親を選べない。
たまたまダメ親のところに生まれてきちゃった子供を
「運が悪かったな」とか「DQNの子はDQN」とか言って、
最初っから放り出すのかい?

小中学校での基礎ができていない生徒が大勢いるのは、
やはり社会全体の責任だと思うよ。

861 :ある塾講:2005/05/25(水) 15:32:15 ID:mRnlo/fo
>>860
そういった子供をどうやって教育していけばいいのかが
非常に難しいのですよね。

862 :実習生さん:2005/05/25(水) 15:46:44 ID:qqXvit8W
俺が小中の頃は学校来なくても卒業できる
超ゆとりだったわけだが。

863 :実習生さん:2005/05/25(水) 17:28:17 ID:89ZFxZYR
ゆとり教育受けた人はもう社会に出てるんですか?
低学力で日本語理解できない人が会社員やってたり接客してるとしたら
タイ人やフィリピン人雇う方がマシじゃないですか。
自動車教習所なんかもゆとり世代用に教習が簡単になったり
各資格取得のレベルがぐっと下がったりしないんでしょうか。

864 :実習生さん:2005/05/25(水) 19:25:18 ID:lITkVBxp
中3の業者テストと偏差値導入復活で
学力戻るでしょ。

865 :実習生さん:2005/05/25(水) 21:00:25 ID:GVdUN2A5
定着させるために問題を繰り返し解かせると子どもが可哀想だといって、
親が怒鳴り込んでくる。

宿題を出すにしても、算数で4〜8問以上で苦情がくる。
漢字練習なんか以ての外。(親からの苦情の手紙は平仮名だらけ)

今よりも1000時間近く授業が多かった時代の授業スタイルでやれと、
校長も親も圧力をかけてくる。

子どもたち自身はかなり危機感とやる気を持ってきているというのに。

“教育県”のある村の現状です。

866 :実習生さん:2005/05/25(水) 21:58:49 ID:Kt4V4Qhb
知識だけではなく、自分の考えて解くクイズ番組がもてはやされている。
そのくせ、やたら学力低下だとギャァギャァ騒ぐ。
世論というものはどうしようもないなと思う。

867 :実習生さん:2005/05/25(水) 22:20:48 ID:CVSo9gSY
>>865
どこの県?

屈指の教育県千葉、
屈指の教育県愛知、
あたりか。

868 :実習生さん:2005/05/25(水) 22:32:23 ID:6yIWEyEl
このスレ見てたら
親も教師も教育機関も全部駄目な気がしてきた

869 :実習生さん:2005/05/25(水) 22:34:07 ID:6yIWEyEl
書き忘れ
「子供も」

870 :実習生さん:2005/05/25(水) 22:43:36 ID:dk8DHt+M
そもそもゆとり教育はマスコミや世論が煽りまくったために
生まれたものだと思う。全員に100点を取らせる教育をするなどと
いうのは単なる建前であって本音はマスコミや世論にこれ以上批判ばかり
されるのは嫌だというところにあった。
(旧)文部省のやっている詰め込み教育は子供の人格を破壊する、
創造性のある人間を育てられない、時代遅れだ、先進国でこんな教育を
やっているのは日本くらいだと批判されつづけるのにいい加減
耐えられなくなったのだ。

にもかかわらず、長年に渡って煽りつづけてきたマスコミや世論は
本格的にゆとり教育が実施される直前になって今までの主張を180度
変えて詰め込み教育の方が良かったかのような主張をし始めた。
もっと前にこれからの教育はゆとりにしますよという方針を文科省が
発表した時は相変わらずゆとり礼賛してたくせに。

この無責任極まりないマスコミと世論が力を持つ限り日本の教育は
良くならない。反発もあるかもしれないがいっそのこと文科省に絶対的な
権力を持たせた方がはるかにマシだと思う。

871 :実習生さん:2005/05/25(水) 22:46:16 ID:6yIWEyEl
んじゃマスコミもか
日本大丈夫なのか

872 :実習生さん:2005/05/25(水) 23:04:41 ID:1kVCGGhF
>>871
そりゃ、ダメに決まってるじゃん。
みんなそれがわかってるから、子供の教育に必至になってる。


873 :実習生さん:2005/05/25(水) 23:13:44 ID:6yIWEyEl
ほんで必死な教育が空回りになったり、やりすぎてたりするよな
「もう疲れた」とか「勉強が嫌になった」とか言う子供が増えてきてるし
ってこれ自体マスコミに洗脳された考えだな

もう日本を革命してくれる指導者でも現れんと無理じゃなかろうか

874 :実習生さん:2005/05/25(水) 23:22:32 ID:GVdUN2A5
>>867
元教育県です。

875 :実習生さん:2005/05/25(水) 23:23:31 ID:9CmorE3m
今のアメリカ散々たる状況 三千万人なんと3000万人飢餓状態
情報統制されてるからそんなこと日本のテレビで流れない
日本は借金大国で潰れるって?アメリカも日本の2倍借金!
構造改革(日本壊滅)は正義という前提のもと話がすすんでいる 
毎年アメリカから日本への要望書が送られてくる
なんと、その中には郵政民営化しろとの内容が
国民に何のメリットもなく(ちょっと利権構造崩壊)逆にアメリカにつけいるすき(日本の富と誇りの350兆円)を
与えるだけ。 まさにマス^ゴ^ミ 

早く郵政民営化しろよ 抵抗勢力(利権の多い愛国者)は失脚だ そしてあたらしい日本が始まる
弱肉強食ww 治安悪化 やけくそ型犯罪急増 在日が政財界宗教 ユダヤ系資本万歳
文字読めません先生 新聞宅配制度禁止 一般教養の底下げ  少年少女雑誌のポルノ表現当たり前
フリーセ●●ス やぁくぶツ 給食ジャンクフード 一部の富と権力をもつ人だけ あとはまともな教育受けられない この上ない幸せ
風邪で人生おしまし なんででつか先生? おにっち「はい? 病院いきてえなら金だしな」 生徒「日本の医療費がアメリカ並に高いんでつよ」
おにっち「ご愁傷様です」 生徒「・・・・・」  我慢できないのならそこらへんお柴犬と同じ 動物的反応しかできない人急増 理性はぜろなのか
歴史はくりかえす なら英米世界強国もまた終わる
また戦争が始まる しかし今までは文明が衰退しても局部的な地域だった しかし電信網の発達などで世界中つながっている今
文明が衰退するのなら地球が衰退することを意味する

876 :実習生さん:2005/05/25(水) 23:34:16 ID:jZpPHL0f
>>860
>>小中学校での基礎ができていない生徒が大勢いるのは、
>>やはり社会全体の責任だと思うよ。

完璧な教育が無い以上、どういう教育を行うかの選択が必要。
その大切な選択を、不特定多数の社会にまかせて良いの?
子供の将来に責任が持てるのは、家族が第一ではないの?

もちろん社会の責任にして、放り投げるのも選択のひとつだけどさ。

877 :実習生さん:2005/05/25(水) 23:44:33 ID:6nxX2Uit
>>874
長野?

878 :おめーらは白痴:2005/05/26(木) 00:26:05 ID:kEhI162L
>>860-861
それを何とかするのが狂死の仕事w


879 :実習生さん:2005/05/26(木) 00:42:01 ID:j827x6JV
>>876
100%教師の責任だろうが

880 :実習生さん:2005/05/26(木) 00:51:39 ID:0lIg1Pmb
小中学校での基礎ができていない生徒が大勢いるのは、
やはり教師の責任だと思うよ。


881 :867:2005/05/26(木) 01:34:26 ID:OWGkdDDw
>>874
広島?

駄目教師等の問題抱えた公立小中行ったら、昼間を無駄に過ごすことになる。
特にできる子なんか、大変な予感。
良い先生に当たれば、なんとかなるだろうけど。


882 :実習生さん:2005/05/26(木) 01:37:42 ID:0dzd0s5i
産經新聞によると中学三年間で必修英単語「100個」(数年前までは500)、化学反応式6個(同53個)
は、どう考えてもまずいだろ。

100個の英単語なんか一週間もあれば覚えられるのに、三年間も使って何してんの?それが生きる力になるのか?

883 :H先生:2005/05/26(木) 01:45:04 ID:n2sWulYN
851に投稿した者です。いつものHNを書き忘れました。すいません。
>>879
 本来ならそうあるべきなのですが,事ここに至っては周囲の協力(指導要領,PTA,マスコミなど)も必要でしょう。
あの指導要領,補習で残すと怒鳴り込んでくるor勉強の必要性を微塵も感じていない親,一度流れを作ると他の見解
を無視・批判するマスコミ,事なかれで何もしないor責任回避する教育委員会&校長,評価されない人事システム,
がんばりすぎると白眼視する同僚・・・。これではまともな教員は育たないでしょう。
 私は塾講師もしていますので,一部?(ほとんど)の教員の勉強・努力不足にはあきれているのですが,教員ばかり
を批判していても何も変わりません。行政機関を含めてシステムそのものがおかしいのです。安定していると言う理由で
公務員になるような自己中心的な人間がパブリックな業務を行えるとは思えません。まずはこの「安定」をはずすべきでしょう。

884 :実習生さん:2005/05/26(木) 01:47:20 ID:GTf+mmdL
ゆとり教育に「場の空気が読める力」ってのを
入れて欲しいな。

885 :実習生さん:2005/05/26(木) 01:54:42 ID:HpWi5bJi
>>882
英語に関しては、必修単語が100なだけで、その他に教科書会社(製作者)の裁量で
選んだ単語もあって、中学3年間の総学習単語数は800だか900になるはずだよ。
「裁量」の部分が多くなったそうだ。
ま、900にしても微々たる量だが。

886 :実習生さん:2005/05/26(木) 01:58:38 ID:fsJOfpte
ゆとり教育と週休2日制の名のもと、定期考査が3日にわたって行われていたのが
1日に圧縮されたあげくテスト範囲が終わらないという事態が生じていますが何か。

887 :実習生さん:2005/05/26(木) 05:21:45 ID:JapuH07v
>>885
必修の100ってのは、機能語でしょ。前置詞とか関係代名詞、接続詞など。
動詞や形容詞は内容語。
だから、共通に必要な機能語は決めるけど、具体的な内容に関わる動詞や名詞は
各会社の裁量というだけで、100語というのが先行し過ぎて、内容語も含めて100語かと
思われてしまったわけだ。でも、それは、ものすごい誤解というか、マスコミの話題つくりかも。

888 :実習生さん:2005/05/26(木) 06:21:48 ID:y0wqUTl0
どうも話のかみ合わないのがいるな


889 :実習生さん:2005/05/26(木) 06:22:09 ID:Y/Q9YP9p
>>870
「詰め込み批判」と「ゆとり批判」のタイムラグを考えよう。
今回の指導要領は明らかに「やりすぎ」かつ「的はずれ」だってだけで、
「さんざん批判してきた人たちが実施寸前に急転直下反対した」のではない。

890 :実習生さん:2005/05/26(木) 09:50:30 ID:GMDHLtSu
現役小学生に今の教育について聞いてみた。
(現在小3。家庭学習として小1から進学塾の通信教育で4教科学んでいる。)

1、学校の勉強、面白いか?
簡単すぎてつまらない。みんな分かり切っているところに、無駄な時間を費やしている。
みんな100点取っているけど、充足感がない。
もっと考えたり、分からないことを考えて分かるようになる授業を受けたい。

2、学校の勉強で面白い部分は?
発展学習。例えば、絵本を作ったり、かけ算の決まりを見つけたり、どんどん自分達で考えていく
ところや総合的な学習が面白い。(この意見は親からは意外だった)

3、学校の勉強、もっと変わって欲しいところは?
一杯考えたい。考えるような問題を解きたい。考える勉強をしたい。


以上、親からは目から鱗な子供の感想でした。
先生方のご参考に。

891 :null?null?:2005/05/26(木) 10:16:45 ID:wrnG63SZ
お久さ〜
今の中3が完全にゆとり教育で育った世代なのね?
道理で。。。。
  ただ、うちの塾の生徒では中2、中1はそんなに変な計算する奴はおらんのだが、
多分、初年度はきっちり「ゆとり教育」を実行したからってことなのかな?

892 :実習生さん:2005/05/26(木) 11:14:30 ID:XsBhrl8/
276 名前:名無しの心子知らず メェル:sage 投稿日:2005/05/23(月) 10:00:48 ID:vOyREh4S
テスト範囲狭すぎ少なすぎ・・・・5〜12ページってなに?たった7ページ?
イラストばかりの教科書から7ページ範囲でどうやって問題作るんだろう・・・先生も大変ね
ていうか何を勉強させればいいんだろう・・・

308 名前:名無しの心子知らず 投稿日:2005/05/26(木) 09:31:04 ID:ZSsYVPHX
上の方でテスト範囲が少なすぎ、って話があったけど、
中1の息子の、期末考査の範囲を聞いて、ぶっ飛んだ。

英語なんだけど、ずっと前からなかなか授業が進んでいないので、
親の私の方が、イライラしていた。
そしたら、先生がかましてくれました。

試験問題は、自分の名前がローマ字で書けること。
それと、アルファベットのA〜Zを書けること、なのだそうだ。
息子は、「楽勝!」と喜んでいたけど、そんな問題ではないだろ。
酷すぎる・・・。

別に英語を習わせて始めて、ホントによかったと思う。
中学だけの授業だったら、確実に潰されてたよ。


893 :実習生さん:2005/05/26(木) 12:04:06 ID:n5+dudrn
>>892
期末試験ならアルファベットが書けることが前提で
問題作ればいいのに・・
それでも出来ない子いるんだろうね


894 :実習生さん:2005/05/26(木) 13:12:39 ID:5/QzvpPI
>>891
たまたまそういう学年に当たっただけ、という事もあるけれど。
たしかに初年度は、かなり混乱していたね。

初年度の小6は、削減前の小5教科書で、
削減後の小6の内容のほとんどを学習していた。
だから、一年間、新しく学ぶ事ほとんどなかった。
学年が上がったら、内容が簡単になったわけだ。
そうとう気が抜けたと思うよ。

しかも真面目な先生ほど、新しい教授方法を考えようと、
あたふたして地に足がついていなかった。
今は、簡単な内容が普通になって、
新しい方法を考えようとする熱意もどこへやら。

895 :実習生さん:2005/05/26(木) 15:06:47 ID:ghDmpHVn
中1の1学期の中間がアルファベットである必要はあるのか?

896 :実習生さん:2005/05/26(木) 15:28:46 ID:9aRPxHjJ
>>895
中間ではなく期末だそうな(´・ω・`)

897 :実習生さん:2005/05/26(木) 18:29:25 ID:tF+IJWdT
自分の中1の1学期の中間はアルファベット問題じゃ無かったような・・・
普通に教科書から出てたような気がするが

898 :実習生さん:2005/05/26(木) 19:57:06 ID:28dQKiQa
特別に英語の進みの遅いクラスか、聞き間違いでしょ
普通の進みなら、中1の1学期期末考査は、普通be動詞か一般動詞の現在形、もしくはその両方

ともあれ>>892の人が、別の場所で習わせているのは正解
学校だけじゃ、1年生のうちに1年生の内容マスターできないからね

899 :実習生さん:2005/05/26(木) 21:25:00 ID:JapuH07v
つうか、公立は検定教科書を使ってる点で、すでにペケ。

900 :実習生さん:2005/05/26(木) 22:25:49 ID:s7JFN5+I
 
これ参考に♪
=学歴社会的・総合評価=ブランド力・実績・人脈・話題性=   

           ■■■難関私立大学 最新格付け 2006■■■


1位 : 慶応大・・・私学最古の歴史と伝統を誇るが、学生の気質は、案外ぱっとしない人が多い。
2位 : 早稲田・・・「私学の雄」を謳う「六大学」の中核的存在。しかし下品ネタの宝庫ゆえ蔑称「スーフリ大学」。
3位 : 上智大・・・受験界では「早慶上智」と言われるが、男子受験生には不人気の国際派大学。
4位 : 明治大・・・早稲田と法政を「永遠のライバル」視する、各スポーツ種目の強豪校。御茶ノ水を聖地とする。

5位 : 同志社・・・関西私大の雄を自認するが、最近では「振り向けばリッツ」の焦りあり。「西の立教」。
6位 : ICU  ・・・クリスチャン念願の末に創立された、三鷹にある外国スタイルの大学。過大評価されやすい。
7位 : 立教大・・・天下の「東京六大学ブランド」ホルダーで、米国聖公会宣教師の私塾が起源。 新座校舎は不人気。
8位 : 法政大・・・日本最古の法律学校が前身で、政財界に多数の人材を輩出。元バンカラ系・人種の坩堝的な大学。

9位 : 理科大・・・創立125年を誇る理系私大の雄。歴史はあるが、存在感が薄い。理系学生限定に高評価。
10位 : 立命館・・・「偏差値操作」で悪評高くも、受験生は急増。関西私大トップを目指す。通称「西の法政」。
11位 : 中央大・・・「伝統の法学部」は上智に並ぶが、他学部は不調。「資格実績の高さ」を売る、多摩の森大学。
12位 : 青学大・・・女子受験生(限定)に絶大な「ブランド」を誇るが、実績に難あり。明治学院の姉御的存在。

13位 : 学習院・・・「皇室御用達」のみが看板の、小規模な学校。「武蔵」「成蹊」「成城」とつるむ。
14位 : 関学大・・・最近凋落著しく、首都圏では「西の関東学院」とも…。 今も昔も人気は関西限定。
15位 : 関西大・・・「法科の関大」でそれなりに評価が高く、大阪私大の雄。「難関私大最後の牙城」。
========= ========= ======== ======== =========

その他




901 :実習生さん:2005/05/26(木) 23:17:18 ID:Tv0yPckt
>>876
>完璧な教育が無い以上、どういう教育を行うかの選択が必要。

初等教育は選べないけどね。
法律で規制された独占業界だから。

お金持ちだけは、わずかに教育を選ぶ権利を有しますが。。。

902 :実習生さん:2005/05/27(金) 03:28:03 ID:3j/bshuE
生徒一人あたり、100万円・年、教師ひとりあたり1000万・年ものお金を使ってるのにね。

903 :その後の続き:2005/05/27(金) 08:43:18 ID:0gDMZZwL
312 名前:名無しの心子知らず メェル:sage 投稿日:2005/05/26(木) 14:02:55 ID:Chfylqwm
308さんところと うちの娘の中学同じかしらんw

ってか 期末じゃなくて中間だよね?
うちは それプラスヒアリングだってさ。

今 中1の英語って そんなもんなの?

英語に限らず 全体的に試験範囲 狭いなぁ…
時代の流れなのかしらねぇ。

315 名前:308 投稿日:2005/05/26(木) 16:22:25 ID:ZSsYVPHX
>>312
それが、期末テストなのですよ。
今から1ヶ月も先ですぜ。
(5月に運動会をするので、1年生は中間テストがありません。)

先生は、これから1ヶ月、何を教えるつもりなんでしょう〜。
今時、幼稚園生でもアルファベットが書ける子がいるというのに・・。

904 :その後の続き:2005/05/27(金) 08:44:10 ID:0gDMZZwL
318 名前:名無しの心子知らず メェル:sage 投稿日:2005/05/26(木) 20:50:09 ID:7V28Ocw5
うちの子も中一で中間テストが終わったところです。

英語はヒヤリングとアルファベットと簡単な挨拶文と単語の書き取りが出てました。
学年平均は80点(全体に90点台の子が多かったみたい)。

英語も内容薄々ですが、それに続いて数学の内容も散々でしたよ。
計算問題の中に2桁の足し算なんて出てましたから。なんで今更算数(しかも低学年)なのかしらと小一時間orz

比較的まともな内容だったのは理科と社会でしたね。
もともと丸暗記科目だから昔とさほど変わらない(範囲が狭いのは上に同じですが)。
所詮は問題数で勝負という内容。それを覚えきれてない子達は酷い点数取ってるようでした。



905 :実習生さん:2005/05/27(金) 10:08:32 ID:hrpPtUn1
学校の勉強はそこそこでいいです、やっと精神的に落ち着いてきた所です。興味本位で、関係のない子供に攻撃してくるおばちゃんもいます。

906 :実習生さん:2005/05/27(金) 10:10:48 ID:hrpPtUn1
大人の都合で変わって行く、とりまく環境を全てすんなり受け入れられるほど、心身共に成長していません。親だけでは守りきれません。先生方を含む、常識ある大人の方々、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

907 :実習生さん:2005/05/27(金) 12:30:56 ID:UugsKwVE
>>878-879
なんだかんだ言って、やっぱり教師を信頼してるんだね。
>>901なんて、公共の学校教育が全てみたいな言い方だし。

普通は、今の学校では心配だから、>>890みたいに、
とっくに諦めて他の教育を探して、そちらを重視するものだと思っていたよ。
いくら「学校教育がダメだダメだ」言っていても、
最後に頼れるのはやっぱり学校教育なんだなぁ。

908 :実習生さん:2005/05/27(金) 12:56:39 ID:cZVQ7PIY
>>904
平均80点って…
100じゃないのか…
教師無能だなw

909 :実習生さん:2005/05/27(金) 15:11:33 ID:INsS9Imx
>>906がいいこといった。



910 :実習生さん:2005/05/27(金) 17:24:28 ID:84y72TzI
いいじゃん別に。要は基礎、一般常識さえ知っていればいいんだよ。
そもそも学校で習うもので社会に出てから必要なものなんて知れてるだろ。
勉強嫌いの俺にとってはこれほどありがたいことはない。

911 :実習生さん:2005/05/27(金) 18:03:39 ID:wM1yTL+v
>>904>>908
それでも中2ぐらいからかなあ、
点数の分布が山型じゃなくて二こぶラクダのようになったのは。
子供は数年前に中学を卒業しているので
細かいことは忘れてしまったが
英語や数学は85〜90点ぐらいにひと山、
平均点あたり(60〜70点)の人数が少なくて
下のほうにもうひと山。
山型の分布で平均点あたりの人数が多ければ
その層に合わせた授業でいいと思うけど
ふた山ある場合にそれでは出来る子も出来ない子も困るだろうし
教える先生も大変だと思う。
今も中学校ではこのような傾向はありますか?

912 :実習生さん:2005/05/27(金) 18:20:14 ID:YTJMFBW2
中学〜高校の数学の教科書に目を通してみた。
俺らが中2の時にやってた内容が、数TAに押し込められてた。
ゆとり教育絶対反対ではないけれども・・・ダメだこりゃと思った。
ゆとり教育を続行したいんなら、私立にもそれを守らせないと。
中高一貫も下2/3は低学力なので、カリキュラムに極端に差がなかった
時代、大学入試時点では十分勝負になってたのだが・・・
流 石 に 勝 負 に な ん ね え よ

913 :おめーらは白痴:2005/05/27(金) 18:40:15 ID:SJaDLzd/
>>912
>俺らが中2の時にやってた内容が、数TAに押し込められてた。

そうだよー
今の高校1年生は中学校の数学をやらされてる
だから公立高校の生徒は、私立の中高一貫校の生徒に比べ、2年ほどのビハインドをしょってる。
これじゃー、公立高校へ行ったら大学入試は圧倒的に不利になる。

914 :実習生さん:2005/05/27(金) 18:45:29 ID:3j/bshuE
>>911
公立優位地方の優良地区公立中ですが、既に1年から2こぶらくだ状態ですよ。


915 :実習生さん:2005/05/27(金) 19:02:46 ID:HTI+vUKj
二極化が進んでますよね。
80点前後と20点前後に分布して平均点50点なのと
50点あたりがピークで山形に分布して平均50点では
平均点同じでも違いますもんね。
「勝ち組」「負け組」みたいなものを実現しようと
してるんでしょうか文科省は。
うちの近所の奥さん連中はみんな子供を私立に逝かせるって言ってますよ。公立はダメだって。
こんな授業内容でさらに点数低かったらごまかしようのない
キング・オブ・アホなんだって。


916 :実習生さん:2005/05/27(金) 19:58:03 ID:fP4J/LNV
>>910
君が勉強嫌いでも生きていけるのは、この世のどこかに勉強好きもしくは嫌いだけど一生懸命やった人がいるから。
こういう一生懸命勉強できる層を沈没させるのがゆとり教育なんだから、君も少しは危機感を持った方がいいかもね。

917 :実習生さん:2005/05/27(金) 20:00:13 ID:TQndhz78
>>915
壮絶だな〜〜〜。 滅茶苦茶になってるんですね・・・。

918 :実習生さん:2005/05/27(金) 20:02:56 ID:TQndhz78
>>910
> 基礎、一般常識さえ知っていればいいんだよ。
その通り。必須の基礎や常識が本当に身についているなら ね。

919 :実習生さん:2005/05/27(金) 20:11:42 ID:y2/R1QlH
>>911
小学校5年だけど、すでに完璧なふたこぶラクダ。

勉強は必要ないという親としっかりやらせようという親。
親の関心=学力になっています。

学級懇談会では両側からの強い要望があって、非常に
授業がやりにくくなっている。

920 :おめーらは白痴:2005/05/27(金) 20:20:41 ID:SJaDLzd/
>>919
>親の関心=学力になっています。

そうならないようにするのが公教育のry

921 :実習生さん:2005/05/27(金) 20:32:14 ID:TQndhz78
>>920
国家は国民に「最低限度の学識しか身につけさせない義務」をしっかり果たしている
といったところですか。

922 :919:2005/05/27(金) 20:47:22 ID:y2/R1QlH
しっかり学力をつけさせようとすると
学力なんて必要ないという保護者や周りの教員から嫌がらせが。

子どもが学力をつけると村から出て行ってしまうかららしいです。

923 :実習生さん:2005/05/27(金) 21:12:38 ID:1IajftN9
肉体労働者がいなくなると困るからな

924 :実習生さん:2005/05/27(金) 21:33:56 ID:FdFQJV0J
>>919
勉強必要ないって言ってる親は
代わりに何しろって言ってんの?

925 :実習生さん:2005/05/27(金) 21:34:44 ID:2gCZEw/A
保護者はともかく、学力なんて必要ないと考えている香具師がなぜ教員なんかやってるんだ?

926 :おめーらは白痴:2005/05/27(金) 22:07:15 ID:SJaDLzd/
>>925
偏差値50程度だからw

927 :実習生さん:2005/05/27(金) 22:10:13 ID:qvUID9Vq
♪ご招待〜リアルキチガイはコチラ〜
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1117013754/l50 (2日で1000!)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1117175370/l50
今、社会世評板でもっともアツいクソスレ。「高卒は知的障害者。」
スレが立ってから僅か一日で300オーバー!!
凄まじきキチガイ大卒たちが、昼夜を問わず暴れまくる!
なんでもかんでも学歴と結びつけて書きまくるDQNぶり。
彼らの正体は、今流行のヒキオタニート。厨房も敵わぬ屁理屈に
あなたは勝てるか?(゜_゜;)反論者は全て低学歴と
みなす彼ら独特の修正不可能な妄想は今日も健在!
★キチガイ例★425 :名無しさんの主張 :2005/05/26(木) 23:28:04
オマエのアタマではこのスレの内容など理解できまい。
なぜならば…知性と教養のある者のみに書き込みが許された
栄光のシリーズスレ『高卒は知的障害者』。
今迄このスレにローカルルールを破って書き込まんとする
知障のキチガイ高卒が蛆虫の如く沸き出て後を絶たなかったが、
相当数の知障高卒の排除と殲滅はどうやら実現できたようだ。
残るは残党の粘着真性キチガイ知障高卒だけだがもうムシの息、
もはや時間の問題だろう。そして記念すべきPART 100を迎えるまでには
このスレは、本題を顧みて大卒等のまともな一般人だけで
犯罪者及び犯罪者予備軍でもある知障高卒の
今後の処遇について真摯に討論したいと考えるものである。
我が国の栄光の未来のために、一日も早く、社会の害悪高卒を一般社会から排除・隔離し、
平和で健全で知性的な社会を取り戻すことこそが、
我々大卒など善良な一般人の務でもあり使命でもあろう。


928 :実習生さん:2005/05/27(金) 22:30:58 ID:r/cl3v7z
勉強必要ない、というおっさんには2種類いる。
1)勉強はそこそこだったが、立派にやれている。
2)必死こいて勉強したが、日々の生活が楽しくない(もう誰もちやほやしてくれない)。


929 :実習生さん:2005/05/27(金) 22:39:35 ID:BEfnzbpG
1980年代半ば中高を過ごした者だが中学のテストは平均65点前後
平均前後が一番人数が多く全体的になめらかな山型になっていた
そのような分布になるように作られていたわけだが

90点以上というのは中々取れなかったけどな


930 :実習生さん:2005/05/27(金) 22:43:09 ID:BEfnzbpG
ゆとり教育にもかかわらず二極化しているということは
下の層が全くチンプンカンプンということか…

931 :おめーらは白痴:2005/05/27(金) 22:52:44 ID:yoeaCXRM
>>930
そりゃそーさ
狂死が
わけのかんねーお遊びみたいな授業やって
基礎学力の定着はかってねーんだから

932 :実習生さん:2005/05/27(金) 22:58:02 ID:TQndhz78
>>930
ちょっとタイム。業界事情を知らないんだけど、何らかの共通テストとかではない「ゆとり
式試験」でさえ二極化傾向が出ている、という話なの?

933 :実習生さん:2005/05/27(金) 22:58:12 ID:BEfnzbpG
理解重視という名の元に、手の込んだ授業をした結果
基礎知識や問題演習が疎かになって理解力共々アボーンということか



934 :実習生さん:2005/05/27(金) 23:29:39 ID:YTJMFBW2
大体にして、知識と思考力が相反するもの、なんて把握がおかしい。
両輪相補う、或いは、境界線は渾然、ってのが真実。

935 :朝鮮学校の方が教育良くね?:2005/05/27(金) 23:46:02 ID:7hqnOyMp
公立学校と朝鮮学校って、
どっちの知識の量が(質は不問の場合は)多い?
質も考慮するなら、どっちの方が賢くなる?
朝鮮学校の方が二枚舌で賢くなれるんじゃね?

936 :実習生さん:2005/05/27(金) 23:54:40 ID:fw/Fuy6r
ふと思うのだが、成績がふたこぶになると、なんのデメリットがある?
下の層が>>910>>922の村で生きる人になって、
上の層が>>916の言う一生懸命勉強する人になれば、
国として、その方が都合がよいのでは?

937 :実習生さん:2005/05/28(土) 03:23:09 ID:P/77NLkE
運動会のシーズンが近づいてまいりました。

近隣への騒音に配慮してスピーカーの
ボリュームは程々にお願いいたします。

938 :実習生さん:2005/05/28(土) 03:52:13 ID:x+50YjEs
>>936
DQNが増えると比例して犯罪が増えます

939 :実習生さん:2005/05/28(土) 04:18:00 ID:MFHU1Cvk
授業中喋ることが悪いことだと分からん奴が多くなってきた気がする。
ああいうのが犯罪者になるんだろうな。

940 :実習生さん:2005/05/28(土) 13:47:39 ID:HHnOIqxA
ゆとり教育の目玉「総合学習」のなれの果て。
指導者が4名も居ながら、「国際理解」教育に「猿岩石」!

学校教育の実態!
情報開示請求で開示された文書から。

三重県津市立西郊中学校特集!

・総合学習「国際理解」で、「電波少年」の猿岩石のヒッチハイクを上映!
(校長から厳重注意された教師4名の実名入り)
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/sougou01.jpg
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/sougou02.jpg
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/sougou03.jpg
<PDF形式>
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/sougou.pdf

・サッカー部顧問が、部活動費の一部(73,745円)を私物購入費用に充てる
ttp://www.pref.mie.jp/TOPICS/2005020191.htm に出てくる教諭の私物購入費用の内訳
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/shibutsu01.jpg
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/shibutsu02.jpg
<PDF形式>
http://www.geocities.jp/kyouiku_g_men/shibutsu.pdf

941 :実習生さん:2005/05/28(土) 14:23:53 ID:J0TBIRcQ
>>936
>>成績がふたこぶになると、なんのデメリットがある?

確かに、デメリットといえば、授業が進めにくくなるくらいか。
親がしっかりすれば、どちらの層にもいけるのだから、実は問題ないのかもな。
なんとなく悪いと感じていただけか。

942 :実習生さん:2005/05/28(土) 14:35:44 ID:IxUf0iOT
層の断絶は、たいてにおいて秩序の乱れを引き起こします

943 :実習生さん:2005/05/28(土) 14:37:08 ID:x+50YjEs
>>941
下位層が厚くなる→DQNが増加→少年犯罪増加

944 :実習生さん:2005/05/28(土) 15:27:44 ID:ZKZmgkxA
昔は試験の点数が山形に分布するように状況を見て意図的に問題作った
り授業してなかったですか?
ふたこぶ化ってのは意図的にそうしてるんですか?
中間層は作らないで理解出来る子と出来ない子、100か0か、
みたいな・・
だとしたら下層の子がある日突然上位層へ行ったりすることも
ありえるんですかね。
なんか結果ばかり追いかけて過程が無視されてるように
感じるんですけど。

945 :実習生さん:2005/05/28(土) 15:49:07 ID:a+yfEHOz
2002年4月から週休2日になりここからゆとりと考えていいのでしょうか?
中学をゆとりで過ごした生徒に聞きたいのですがどうでしょうか?
詰め込みとの差など聞きたいです。
彼等は今高1ですか。

946 :実習生さん:2005/05/28(土) 18:40:39 ID:pQ7d0kMY
918 :名無しさん :2005/03/30(水) 02:48:52 ID:yhddcTLk
子供の染髪はタバコと同じくよくないなあ。

バブル世代の親の自己中心的な金の無駄使いDQNっぽい

茶髪は犯罪を増加させている。窓割れ理論の軽犯罪に茶髪が該当している。

少し難しい話かもしれませんが、日常的な話をいうと、「駐輪禁止」
と書かれた場所に他にたくさんの自転車が止まってたら、
「自分も少しくらいいいだろう」と思って止めた経験ないですか?
逆に「駐輪禁止」と書かれた場所に自転車が一つもなければ、
後ろめたい気持ちになって止めるのをやめた経験ないですか?
こんな感じで犯罪も「回りもやっているから自分もいいだろう」
という小さなことから徐々に広まり治安悪化につながり重大犯罪
にもつながるというわけです。逆にいえばラクガキなど小さい犯罪
を取り締まることで重大犯罪も防げるというわことです。

947 :実習生さん:2005/05/28(土) 19:28:58 ID:a+tV4OO2
公立小学校に行かせていると、最初は成績が良い子供でも成績の悪い子供に遊びに誘われているうちに
みるみる成績が下がっていく例が多数報告されています。

948 :実習生さん:2005/05/28(土) 19:46:08 ID:wl+pOrCw
>>936
> ふと思うのだが、成績がふたこぶになると、なんのデメリットがある?

日本の工業力が急速に伸張してきたのは、諸外国に比べて、労働者の学力が平
均して高く、かつ、底辺が高かったから。

学力を高めるには、それなりに努力して勉強を継続する必要があるから、学力
の平均が高かったなら、それは、学生時代にある程度以上に努力して勉強を続
けてきた人の割合が高かったということ。

それに対して、「ふたこぶ」になっているということは、努力して勉強を継続
している人と、勉強を放り出している人に二分されるようになっている、とい
うことの現れであると解釈できる。

後者が、学校の勉強を放り出しているだけで、社会に出たらバリバリと頑張る
ようになるなら問題ないが、学校の勉強さえも放り出すようでは、「社会に出
てから突如として翻然大悟してバリバリと頑張るようになる」とは考えにくい。

また、社会人として最低限不可欠の基礎的な知識は、仕事の合間に身につける
のは効率が悪く、「そのための専門の場」である学校で、小さいうちから繰り
返してしっかり叩き込むほうが合理的。

ここまでで何か疑問の点は?

949 :おめーらは白痴:2005/05/28(土) 20:13:01 ID:Ul0gv3qn
>>948
>後者が、学校の勉強を放り出しているだけで、社会に出たらバリバリと頑張る
>ようになるなら問題ないが、学校の勉強さえも放り出すようでは、「社会に出
>てから突如として翻然大悟してバリバリと頑張るようになる」とは考えにくい。

ハゲドウですね
問題は学校狂死がそうは思っていないところ

950 :実習生さん:2005/05/28(土) 22:55:47 ID:wl+pOrCw
>>949
「はるか先のことなど関心がない」ような雰囲気も・・・
その点は、昔から大して変わっていないとは思いますが、受験戦争の頃は、進学先について、
相当に熱心に考えていてくれたということはありますね。それが即ち、「先のことを考えて」
というのと完全にイコールだったわけですが。

951 :実習生さん:2005/05/29(日) 01:16:08 ID:mFZxykZg
>>945
ゆとりで過ごした生徒は、それ以前の教育を受けていないのだから、その差が言えません。

952 :実習生さん:2005/05/29(日) 01:23:54 ID:mFZxykZg
>>944
>>下層の子がある日突然上位層へ行ったりすることも
>>ありえるんですかね。

クラス内や学校内程度の下位層から上位層への移行は、いくらでもあります。
さすがに1日では無いですが、半年くらいでめまぐるしく成績が伸びる子もいました。
きっかけは、ある科目に興味を持ち始めた、目標ができた、学年が変わった、友達と競うようになった、親が関わるようになった等々。
教えられている内容は簡単なので、そういう本人の気の持ち様だけでも、あっさり伸びるみたいです。

953 :実習生さん :2005/05/29(日) 01:41:52 ID:9o80Ev4k
ゆとりの教育って先生たちのゆとりじゃん。

954 :H先生:2005/05/29(日) 01:56:21 ID:/vGmLmWH
>>891 null?null?さん,お久しぶりです。と言っても私のことをご存じかどうかわかりませんが・・・。

 私の塾では,現中3生の学力が他の学年に比べ(もちろん過去も含む)極端に低いです。
4つの公立中学から塾生が集まっているのですが,内3校の生徒は中1入学時の入塾テストがとんでもない
できでした。(なんとか補習につぐ補習でマシにはなっているのですが,中途で入塾してくる子もいるため
今の時期が大変なんです。)>>894 さんの言うように小6の1年間が混乱していたんでしょう。
友人の塾でも現中3が問題だそうです。
この学年が谷で,現中2から中1になるほど計算力に関しては--とんでもない者を除いて--持ち直している
というのが実感です。旧課程履修者のレベルに回復するとは思えませんが,ゆとり世代で中学入学と同時
に塾通いするような生徒は危機感だけは持っているようです。私の周りでは,これまで以上に,親の意識
の違いで「差」が生じています。

955 :実習生さん:2005/05/29(日) 02:46:01 ID:tKi0nrnj
会社でゆとり仕事したい。なんてね

956 :実習生さん:2005/05/29(日) 08:22:30 ID:H2ivf2H8
そろそろ、次スレの時期・・・

957 :実習生さん:2005/05/29(日) 13:37:12 ID:G7qhWlVt
「ゆとり教育・学力低下」の世代が教師になったら大変だああw
すでにその兆候はある。

958 :実習生さん:2005/05/29(日) 14:36:44 ID:N/N+I3iV
>>957
どんな職業についてもガクブルもんだぞ

959 :実習生さん:2005/05/30(月) 09:52:29 ID:zdEzNAkF
ゆとり教育万歳!!

960 :実習生さん:2005/05/30(月) 20:57:01 ID:UN1AsW4V
勤勉な日本人を生み出さないためのゆとり教育でしょ?
日本人が勤勉になると、極端なくらい勝ち組になるから。

961 :実習生さん:2005/05/31(火) 14:23:14 ID:PhY0U/nb

274 :ゴミ=犯罪者委員長 :2005/05/31(火) 03:02:46 ID:bIlZMX6G
ま、「勉強をしなくたって関係ない」と思う親の元で育つ生徒と、
「大学まで進学したい・させたい」と願う親の元で育つ生徒を、
同じ教室で、同じカリキュラムで、同じ教育を施そうとする、
公立学校が、もはや時代遅れ、というよりは、時代錯誤。


962 :実習生さん:2005/06/01(水) 10:45:12 ID:XNF42EiQ
>>960
日本人から勤勉さとったら何にも残らない

963 :実習生さん:2005/06/01(水) 11:30:32 ID:t2d77pHQ
勉強なんて個人の視点から見たらただの生活設計
勉強を特別視する方が、おかしいね


964 :実習生さん:2005/06/01(水) 12:13:46 ID:Y9eQbMl+
その、特別でもなんでもない、大半の人がクリアできるレベルを
できないでいるわけです

965 :実習生さん:2005/06/01(水) 13:27:11 ID:r98mhFag
>>948
>>日本の工業力が急速に伸張してきたのは、諸外国に比べて、労働者の学力が平
>>均して高く、かつ、底辺が高かったから。

底辺のレベルが高かったというが、それは「全国で同じ言語が通じる」「計算の概念を知っている」等、読み書き計算、その程度のレベル。
そのレベルの学力なら、内容が基礎的になった今でも底辺に定着している。
急速に伸長したのは、先代達の勤勉さにあるというなら、それは納得。

>>「ふたこぶ」になっているということは、努力して勉強を継続している人と
>>勉強を放り出している人に二分されるようになっている、ということの現れであると解釈できる。

普通に学校のみで学習している人と、学校以外で真剣に勉強している人とに
二分されているとも解釈できる。
双方とも、学習を投げ出しているわけではない。
投げ出しているわけではないので、ふたこぶの下の層が、
「社会に出てからがんばるようにならない」とは言い切れない。

966 :実習生さん:2005/06/01(水) 13:44:21 ID:oJ2qdGsp
学校のみで勉強している→塾など、他の教材も使って勉強しているヤツには敵わない
→どうせビンボーだからorz→ぐれてDQN街道まっしぐら

967 :実習生さん:2005/06/01(水) 16:10:14 ID:zWo48GFH
バカでも愛想よかったらいいんだけどな

968 :実習生さん:2005/06/01(水) 16:16:25 ID:KffjbH4G
みんな馬鹿になって貧乏になればいいんだよ。
そうすれば敗者はいないだろ


969 :実習生さん:2005/06/01(水) 17:38:02 ID:M0C+4GYm
詰め込みにしようがゆとりにしようが

イケメンDQN→格好良い♪私と付き合って(同世代女)
      やっぱりイケテルな。すげーよ。(同世代男)
      君は今の教育の犠牲者だ。何も悪くない。
       むしろ君のような人間には好感を持てるよ。(中高年)
      
キモメンがり勉→キモいんだよ。死ね。恋愛の対象になんかなるわけ
        ねーだろ(同世代女)
        まぁすごいかもね。うらやましくないけど。(同世代男)
        君みたいな人は職場で全く使えないんだよね。
        人生長いからわかるんだよ。(中高年)

という現実は変わらない。
従ってゆとりだろうが何だろうが 
どーでもいいですよ♪

970 :実習生さん:2005/06/01(水) 18:09:47 ID:hddsiErx
学校にもよるが公立でも進学クラスに入れば1日8時間授業を受けられるところもある(高校)。
小学校や中学校でも勉強をしたい子を集めたクラスを創ればいいのにね。
習熟度別に期待したが名前ばかりで機能してない。

ところで日能研が>>3にあるPISAを実施するらしいが。
すでに書き込みあったらスマソ



971 :970:2005/06/01(水) 18:24:04 ID:hddsiErx
×PISA
○PISAを参考に小学生向けに出題するテスト

972 :実習生さん:2005/06/01(水) 18:46:02 ID:MhTmAehF
ゆとりでできた時間は学校で浪費しないで生徒に与えてやれよな、と。
それさえ守ってくれればゆとり教育大賛成。公立中学マンセー!

973 :実習生さん:2005/06/01(水) 18:47:36 ID:gK0g6poB
はぁ?ふざけんなよ<<64くんよー
ネットだからって調子こくなよ注棒
かれこれ10年ぐらい2ちゃんねるにいるけどこれほどムカついたのは始めてノシ

おまいブリクラとか引っ掛かった事もないガキだろWWグロテスキューな画像プロバイダも知らないくせにインスコスコすんな禿藁

不死アナさんに言うからな。この人インターネッティングの世界ではネットポリスで通報しましたぐらいすごいひろゆきだぜ?まぁてめえみたいなアニオタはピザども食ってろ神山満月ちゃん!

974 :実習生さん:2005/06/01(水) 19:25:18 ID:PKHkK1Pk
>>972
禿禿禿同!!!

975 :実習生さん:2005/06/01(水) 23:57:37 ID:tNbgAOgE
別に昔だってそんなに量があったわけではない。
単に教師が無能だから詰め込みという方法でしか教えることができなかっただけだ。
量を減らしたところで今の教師のスキルじゃ詰め込み教育でしかない。

976 :実習生さん:2005/06/02(木) 00:36:51 ID:0JoJlFpB
>>969
女心が分かっていない。
イケメンDQNがもてるのは同じDQN仲間の女にだけ。
キモメンがり勉でも性格がよければ、そういうヤシが好きな女と上手くいく。
「私があなたを格好良く改造してあげる」と母性本能くすぐる可能性大だ。
しかもがり勉クンと同ランクの女にだ。
この差は大きい。(意外と東工大辺りを出て技術者やってる地味メンは、
穏当な恋愛を経て幸せな家庭を築いていたりするんだな)

イケメンガリ勉>キモメンがり勉>>>>>>イケメンDQN>キモメンDQN>>>(果てしない壁)>>>ニートキモヲタ

977 :実習生さん:2005/06/02(木) 08:12:11 ID:+ve6db7Q
習い事でもそうだけど親が習わせたくて習ってること本人がしたくて習っている子では伸びが違うよね。
小学校のクラスわけも、親の義務で通わせられる子と、本人が学ぶ権利を行使する子で分けるといいのに。


978 :実習生さん:2005/06/02(木) 08:37:48 ID:+ve6db7Q
>>976
女心よくわかってるね。

979 :実習生さん:2005/06/02(木) 14:28:47 ID:vRes5Drw
男女DQN同士がくっついて
果てしないバカッップル誕生もあるかもね

980 :実習生さん:2005/06/02(木) 15:46:36 ID:1jbKzHrv
いずれ子供も産まれ、DQNの連鎖は続いてゆく、と。
しかもDQNは子沢山の家庭が多いから…

981 :実習生さん:2005/06/02(木) 16:51:15 ID:477SzLim
本格的なゆとりってまだ4年目でしょ。
もう見直しなわけ?
今詰め込みにしたら子供はさらにヤバくなるでしょうね。

ゆとりだダメって言ってる奴ってさ、ゆとりの授業受けてみたら。
外見からだけでダメって主張しても無駄だよね。

982 :実習生さん:2005/06/02(木) 19:58:18 ID:1jbKzHrv
子供が受けていますが、何か?
これも教師陣が優秀な、国立とかなら話は別なのかもしれないけれど。

983 :実習生さん:2005/06/02(木) 21:32:21 ID:jSObNtDb
>>981
詰め込まなきゃみえない事もある。
俺は詰め込み教育受けてきたが、当時はともかく
今は感謝してるよ。

984 :実習生さん:2005/06/02(木) 21:49:37 ID:XaovDdls
 

985 :実習生さん:2005/06/02(木) 22:41:07 ID:XaovDdls
 

986 :実習生さん:2005/06/02(木) 23:25:14 ID:X7yotbcZ
>>981
とりあえず、「ゆとり教育反対=詰め込み教育への転換」と脳内変換するのはやめてください。
この世には「ゆとり」と「詰め込み」の2種類しか教育が無いのですか?

987 :実習生さん:2005/06/02(木) 23:45:11 ID:ZRSpRzov
というか本当は「詰め込み」は無能教師の手法であってカリキュラムの混み具合ではない。
昔の課程でもまともな教師なら「詰め込み」じゃなく教えることができる。

ゆとり推進派がその目的のために自分の能力を棚に上げ、
詰め込みを課程のせいにしてキャンペーン張ったのが実情。

したがって教師をまともにすれば(大量に蔓延る能力不足教師の罷免など)
旧課程に戻しても詰め込みではなくなる。

988 :おめーらは白痴:2005/06/03(金) 00:00:35 ID:/L6BZjdh
>>981
はあ?

アタマダイジョウブデスカ?

989 :実習生さん:2005/06/03(金) 00:05:57 ID:6K3evHXi
ゆとり教育がだめなのは、有識者には、施行する前から判っていました。
現に京大の教授が反対署名を募っています。

小中学生の教科書みたら、素人でも、なんじゃこりゃって、判るよ。
これでは学力付かないなって。

990 :実習生さん:2005/06/03(金) 00:08:49 ID:DmEbv5nH
>>987
> 「詰め込み」は無能教師の手法
そこでいう「詰め込み」は、「機械的に丸暗記することを無理に強いる」というような
ニュアンスだと思いますが、内容によっては「機械的に丸暗記することを無理に強いる
以外の方法が存在すると考えるのは妄想」としかいいようがないにもかかわらず、丸暗
記すること自体を病的に毛嫌いしているとしか考えられない異常な輩が存在する点につ
いてはいかがですか?

991 :実習生さん:2005/06/03(金) 00:53:05 ID:DxSyKlDY
>>1
>「ゆとりと充実」を合い言葉に、学習内容や授業時数を減らし、
>暗記をさせない方向に進めてきたゆとり教育。
>その集大成とも言える2002年から実施された指導要領。

これって、大学と一緒じゃん。

>>987
したがって教師をまともにすれば(大量に蔓延る能力不足教師の罷免など)

これって、大学教授のこと?

>>989
>現に京大の教授が反対署名を募っています。

京大って楽に単位が取れる大学だろ?
学力が低下すんのは当然だな。

992 :H先生:2005/06/03(金) 01:56:43 ID:ZQ9zU3SB
>>991
>京大って楽に単位が取れる大学だろ?
それは主に経済学部(昔はパラダイスと呼ばれていました。今は知りません。)です。

993 :実習生さん:2005/06/03(金) 02:07:58 ID:kOjtIZxs
>>991
> 京大って楽に単位が取れる大学だろ? 
> 学力が低下すんのは当然だな。 

京大をはじめとする旧帝国大学系統の大学は、殆どの場合
むかしから取士の制でやってました。もともと地頭が良い人間を
集めており、しかもオチこぼれをケアする必要がないからこそ
成立する手法。義務教育とは一緒に論じられないよ。

994 :実習生さん:2005/06/03(金) 09:38:11 ID:vYye2cip
ゆとり教育に反対だけど、考えさせる授業は良いと思う。
ただし、中途半端ばかりなんだよ。
きちんと習熟できる演習量も少ないし、考えさせる部分も教科書での補足が大杉だし。
どれもこれもと始めた結果、基本が疎かになってしまったという状態かな?

995 :実習生さん:2005/06/03(金) 10:47:37 ID:zy3cOFD7
>>994
前の方で誰かが名言を述べていた。
「込める弾を持っていないのに、引き金の引き方を考えさせてもしかたがない」

996 :実習生さん:2005/06/03(金) 12:33:04 ID:WD1CisIW
京大に反応しまくりだなw

997 :実習生さん:2005/06/03(金) 14:53:30 ID:u+HmtW7t
考える勉強というのは高校に入ってからで十分
基礎知識があっての理解だからね
詰め込みをしなければならない(一部の分野を除)義務教育の段階で
暗記の部分を減らし何でもかんでも理解重視に転換したからおかしくなったんだ


998 :実習生さん:2005/06/03(金) 16:04:38 ID:K7qXQ6KT ?
次スレ建ったの?
ゆとりはいかんかもしれんが、だからといってやりたくもない古文や歴史や美術や音楽なんぞは選択にしてほしい

999 :実習生さん:2005/06/03(金) 16:05:44 ID:Bz5er4bf
998


1000 :実習生さん:2005/06/03(金) 16:08:01 ID:Bz5er4bf
1000


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

373 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)