2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

脳を極限まで自己進化させるスレ

1 :1:04/10/19 20:44:23
どっかのあやしげな能力開発教室の人がいっていたことだから、いいっていうのはもうやめよう。
最新の脳科学も大切だけど、毎日脳をたくさん使うこととか当たり前のことしかいってくれない。
「自分で」、どれだけ脳が進化しているかちゃんと確かめながら、神と呼ばれる領域まで脳を進化させましょうというスレです。
基本的な方法は、
1、まず、ある特定の脳の領野がどの程度、活性化しているかがわかるテストをつくる。
2、いろいろな頭の使い方をしてみる
3、その直後にテストしてみて、いい結果がでたら、オーケー。ダメだったら、違うやり方をする
4、毎日いい結果がでる頭の使い方を続ける。
5、この繰り返し
6、注意はテストのやり方になれるとなれるだけでいい結果がでるようになること。それで、脳が進化したとゆめゆめ思わないこと。
東北大学の川島隆太教授が、いろいろなテスト方法を開発しています。
カウンティングテスト(左右前頭葉をテストしてるらしい)、単語記憶テスト(左前頭葉をテストしてるらしい)、迷路ぬけテスト、速算テスト、etc
角回を鍛えて、数学の神に!という人は、速算テストがオススメ。
ウェルニッケ野を鍛えたいという人は、特定の時間にどれだけの文字が読めるかでテストしよう。
いろいろなテスト方法や、進化の軌跡を書き込んでください。

2 :名無し生涯学習:04/10/19 20:48:41
2

3 :1:04/10/19 20:50:50
いろいろテストしてみてわかったこと。
よく眠らないと頭がはたらかないことがある。
エネルギー切れでおなかがすいているときなどは、頭がはたらかないことがあること。
性行為をすると、頭がはたらかなくなることがあること。
しかし、DHAをとると、それが回復することがあること。
速く文字をかくと、前頭葉が活性化されやすいようだが、速すぎる速度で文字をよむと逆に脳がはたらかないことがあること。
最初はテストでいい結果が出なかったような行動でも、そのうち、よい結果が出ることがあること。
心がけなど
こんなことをしても脳テストでいい結果は出ないだろうなどと、勝手に予断をもたないこと。
他人がいいといっていることでも、自分にいいとは限らない。必ず自分でテストしてみること。
テスト結果にはいろいろな要因が影響するので、それを考慮したうえで何回かテストしてみること。

4 :1:04/10/19 20:58:37
いろいろなテストについて
短期的なものについては、川島隆太教授の著書を参考にしてください。
簡単に紹介すると、30ケタの数字をどれだけ1分間に覚えられるか、
○や△などの記号の組み合わせをどれだけ特定の時間に覚えられるか。
アルファベットと数字の組み合わせを特定の時間に覚えられるか。など
ちなみに、私は、左前頭葉のテストと、角回のテストとして、複数ケタかける複数ケタの掛け算のテストをどれだけはやく暗算でとけるかどうかを愛用しています。
中期的な成長を実感するものについては 数学、パズル、算数、論理パズル、IQテストなど。
長期的な成長としては、実生活でどんな影響がでているか実感してください。

5 :1:04/10/19 21:11:46
いろいろなテスト結果について
速読はどうも左前頭前野をあまり活性化しないようだ。
何かを暗記するときに、ちゃんと記憶できているか内容をテストするときには、何かを思い出そうとすることが大切。すぐに答えをみると前頭前野ははたらかない。
レポートなどをかくときも、写すより、自分で考えながら書いているほうがよい。
歩いたりしながら勉強すると頭が活性化するようである。
丹田呼吸の効果は少なくとも脳の活性化としては慣れるまでしかないようである。
同じく、たちながら勉強するというのも、最初は脳を活性化させるが、わずか数日で効果がほとんどなくなるようである。
左前頭前野では、日本語の音読より、英語の音読、日本語を書くより、英語を書く、日本語をきくより、英語をきくほうが活性化しているようだ。
英語は、どうもなれてくると、脳の活性が落ちるようだ。



6 :1:04/10/19 21:30:55
川島隆太教授の結果と矛盾があるように思える結果がえられたところ。
音読スピードははやすぎても、必ずしも、前頭前野を活性化させる結果はえられていない(奇妙なことに、これは川島教授自身が示した脳イメージの様子とも合致する)。
脳の働きは、トレーニングの最初は向上するが、壁にあたり、伸び悩む時期があり、その後に成長すると教授はいうが、
どうも、そのような様子を見せるのは、単なるテスト結果の慣れの要因のようだけである。
ずっと同じ脳の使い方をして、ずっと同じテストの結果が出続けても、新しいテストにかえると、↑のようなテスト結果の伸びを示す。
現在の1のいろいろな結果
ストループテスト→慣れの要因なしに、18,55がベスト(テストは脳を鍛える大人の計算ドリルに掲載)
同じく計算ドリルの計算問題で慣れの要因なしに、1:02があり、なれたあとの結果では、56秒が得られる(1分をきると金メダル級らしい)。
ブルーバックスの史上最強の論理パズル60題などという名前の本の問題を全部ベンと紙を使わずに正解(名前に反してそんなに難しいわけではない)。
算数オリンピックのファイナル問題も8-9割は時間内に正解できる(数学はもともと得意だったからこれは進化の結果かはわからない)。
一部、いい結果が得られているものだけ。
具体的な結果が示せないものは、能力開発系の「使用者の感想」みたいなあやしげなものになりがちなのでさけておきます。


7 :1:04/10/19 22:02:32
それぞれの領域を鍛えるために
角回→基本は計算?音読などにプラスα?。
ウェルニッケ→基本は、速聴
前頭前野→音読、計算、人とのコミュニケーション、ものを書くこと、問題をとくことが基本。
基本はあくまで、基本。いかなる法則も絶対的な法則として自分を縛らないこと。
いろいろなことに主にどのような領野の脳力が要求されるのか?以下は独断と偏見
数学→側頭葉、角回、前頭前野?
創造力全般→側頭葉、前頭葉、脳梁、小脳など?
問題解決全般?
想像力→左前頭前野、角回、後頭葉?

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)