2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

知的財産法(著作権・特許・商標etc)総合スレ-[

1 :無責任な名無しさん:05/03/14 21:36:53 ID:2AWkNfrp
知的財産法(著作権法・特許法・意匠法・商標法・実用新案法・
半導体集積回路法・種苗法・不正競争防止法など)関連の話題や相談用の
スレッドです。なお、このスレでの意見・回答は飽くまで参考とし、
実際に行動を起こすかどうかの判断は専門職である弁護士・弁理士などに
相談されるようお願いします。

なお、煽りや誹謗中傷はスルーの方向でよろしくお願いします。

【過去ログ】
Z:http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1101637197/
Y:http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1092906328/
V:http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1083949916/
スレIV:http://school2.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1075469743/
スレIII:http://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1063016502/
スレII:http://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1056288529/
スレI:http://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1048673951/
スレ0:http://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1021629515/

【関連】

特許関連問題スレ(知財一般でなく特に専門的な話題はこちらでどうぞ)
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1018688434/l50

知的財産戦略本部・事務局関連情報
http://www.wikiroom.com/copyright/?Prof_Nakayama_Anger

文化審議会著作権分科会関連情報
http://www.wikiroom.com/copyright/?Copyright_Panel_in_Cultural_Council


2 :無責任な名無しさん:05/03/14 21:37:36 ID:2AWkNfrp
【所轄官公庁】

経済産業省 http://www.meti.go.jp/ (不正競争防止法・半導体集積回路法)
特許庁 http://www.jpo.go.jp/ (特許法・意匠法・商標法・実用新案法)
文化庁 http://www.bunka.go.jp/ (著作権法)
農林水産省 http://www.maff.go.jp/ (種苗法・林業種苗法)

総理大臣官邸・知的財産戦略本部 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/
└知的財産戦略推進事務局 http://www.ipr.go.jp/

同「知的財産の創造、保護及び活用に関する推進計画」(2004.5.27改訂版)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/kettei/040527f.html
※2002年4月25日の最高裁判決を立法により破棄することを求める条項などが
「業界権益の最たるものだ」と研究者の間で物議を醸している。

意見投書欄 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/goiken.html

経済産業省・工業所有権審議会
http://www.meti.go.jp/report/committee/data/g_commi12.html

同・産業構造審議会
http://www.meti.go.jp/report/committee/data/g_commi01.html

 知的財産政策部会
 http://www.meti.go.jp/report/committee/data/g_commi01_12.html

文部科学省・文化審議会(-著作権分科会)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/


3 :無責任な名無しさん:05/03/14 21:38:06 ID:2AWkNfrp
【関連法条文】

知的財産基本法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO122.html
著作権法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html
特許法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO121.html
意匠法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO125.html
実用新案法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO123.html
商標法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO127.html
半導体集積回路法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S60/S60HO043.html
種苗法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO083.html
林業種苗法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO089.html
不正競争防止法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H05/H05HO047.html

知的財産判決速報 http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/$About



4 :無責任な名無しさん:05/03/14 21:38:37 ID:2AWkNfrp
著作権の専門スレはこちら

【文化の】著作権総合スレッド・第1条【発展】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1099810477/


5 :無責任な名無しさん:05/03/14 21:39:52 ID:2AWkNfrp
追加のテンプレ等があったら貼っておいてください。

6 :喉元に短剣:05/03/15 00:27:42 ID:/ZYiL1MT
 「その程度なら引用でいいよ」という回答を鵜呑みにしないようにしましょう。

7 :追加テンプレ:05/03/15 00:38:03 ID:TdcxNeXn
●「喉元に短剣」(メール欄に「知床ラッシー」)は無視。
 答えても無意味なレス、公開すると質問者がトラブルに巻き込まれる危険性のある
 情報の公開を求めるレスなどをする愉快犯です。相手にせず放置してください。


8 :無責任な名無しさん:05/03/15 00:44:52 ID:D1TgkAMI
986とか987とかスレと関係ない秋生の話題で盛り上がる奴も
荒らしであるという自覚を持ったほうが良い。
秋生かそうでないかなど下らん。どうせ所詮お前も他の奴も名無しなんだからな。
意見だけを見て反論があるなら反論すれば良い。

9 :喉元に短剣:05/03/15 19:49:50 ID:/ZYiL1MT
 最初の相談どうぞ。

10 :無責任な名無しさん:05/03/16 21:48:50 ID:YV1yjpuV
>>8
マターリといきましょうよ。

11 :喉元に短剣:05/03/17 18:08:48 ID:3U41K8LA
 相談どうぞ。

12 :鬼検索 ◆ONIoniKkao :05/03/18 19:51:21 ID:OiKHznKw
株式会社マークアイ
http://qb5.2ch.net/saku2ch/kako/1086/10860/1086080746.html
http://trademark.jp/

13 :喉元に短剣:05/03/19 12:36:13 ID:R9Rwkp+b
 相談を…

14 :無責任な名無しさん:05/03/19 14:00:21 ID:AJLe3qC0
ライブドアによるLBO成功の可能性について
http://774.mydns.to:8000/upload/src/up2425.zip
動画

15 :無責任な名無しさん:05/03/20 22:53:15 ID:iRoClM2S
商品化できるような自分の案を企業へメールして
その案が採用された場合、商標登録や特許は
自分と企業、どちらのものになりますか?
それと、商標登録や特許の登録は早い者勝ちなのでは?

16 :虹司:05/03/20 23:00:10 ID:XSAs3LaX
実用新案に必要な書類は特許庁にあるらしいんですが特許庁てどこにあるんですか?

17 :無責任な名無しさん:05/03/20 23:17:30 ID:drlrXfF9
>>16
ここ↓
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

18 :虹司:2005/03/21(月) 07:23:28 ID:rN8eEj/4
>>17携帯からだと見れないです…後、実用新案の場合保護期間は6年とありますがこれを過ぎるとどうなるんですか?

19 :無責任な名無しさん:2005/03/21(月) 09:56:50 ID:x20FKz+y
>>16>>17>>18
実用新案の出願は止めておいたほうがよい。
何しろ無審査登録制度(実14条2項)を採用しているため、
侵害訴訟時において、勝訴した判決文が未だ出ていないので、
お勧めできません。
>>15
商品化の売り込み目的であれば、産業財産権について出願する資格はありません。
すべて、出願人と弁理士との共同作業において、
商品の売り込み先企業に対して侵害訴訟を提起し、最高裁まで争って、
勝訴した場合に、実施許諾契約なり譲渡交渉するなりすることを覚えてください。
また、商品売り込みを行う者の出願の大部分については、
特・実・意については、仮に設定登録されていても、権利期間満了まで維持する
ことはありません。設定登録料の期間で権利消滅する場合が多いし、
その設定登録前に、拒絶査定又はみなし取下げされるのが大半です。
商標については、自己使用がなければ、4条1項7号又は19号違反の拒絶・異議・無効理由を
有しますし、不使用取消審判の対象になります。


20 :無責任な名無しさん:2005/03/21(月) 10:42:33 ID:mN6PUwwL
>15 企業に売り込む場合、当然ながら予め商標や特許は予め自分で出願
してから売り込む事が大切ですが、通常は自分の商標権や特許権の使用や
実施を許諾する契約を結ぶことになります。
この契約内容が独占的な許諾か否かで許諾料が異なってきます。
また、商標や特許の出願は早い者勝ちではありますが、出願権利を有する
者以外の出願は無効になる可能性があります。(例えば、他人の発明を
勝手に出願した場合など)

21 :喉元に短剣:2005/03/21(月) 23:41:09 ID:yDlSa4Ho
 知的な質問どうぞ。

22 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 01:44:03 ID:mx8IbARN
個人の商用サイトで2chのAAをサイト上で使用したりバナーなど使用したりする場合、
どなたに許可を求めたらよいのでしょうか?
AAその物をグッズにして売ったりするわけではありませんが、
対価が発生する以上確認したいと思ったのです。
しかし、誰に著作権があるのか分からないため、悩んでいます。
ひろゆき氏に許可を頂こうとと思ったのですが、
流石に返事を頂けませんでした。
どなたか分かる方、お願い致します。

23 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 06:41:03 ID:cg1rqXiK
JASRAC管理曲をASCAPの許可をとって配信している
ネットラジオ局がアメリカにあるんですが、このラジオ
放送を日本国内のサーバでリレーする場合、著作権的に
問題があるんでしょうか。

24 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 11:41:43 ID:vldU/UvX
>>19>>20
サンクス。

25 :喉元に短剣:2005/03/22(火) 12:22:18 ID:D6rYX6fW
>22 著作権者。

26 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 18:59:03 ID:uRzHNWmC
お聞きしたいのですが、大手企業が商標の存続期間満了日を6ヶ月
過ぎているのを見つけ個人で商標登録したいのですが可能でしょうか?
どなたか詳しい方いましたら教えて下さい。

27 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 19:01:42 ID:EgeBiiyT
教えて下さい!
思い浮かんだアイディアを商品化しないと特許ってとれないんですか?

28 :喉元に短剣:2005/03/22(火) 20:29:30 ID:D6rYX6fW
>23 リレーというのは、具体的にどうするの?

29 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 20:31:27 ID:rhTrvnrU
>>26 残念ですが出来ません。
商標は登録料を支払いさえすれば永久に継続出来ますから、
大手であれば継続の手続きをしていると思います。
また、仮に継続しない場合でも既に周知された商標の登録は出来ません。


30 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 20:34:24 ID:rhTrvnrU
>>27 特許は取っても実施はしなくとも良いのです。

31 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 21:30:29 ID:GxdhSYBh
現在マスコミに、とあるアーティストの盗作疑惑について知ってもらうために
様々な他のアーティストの曲の盗作疑惑と思われる部分(数秒ほど)だけ集めた
CD-Rを送ろうと思っています。

今までスレ内では疑惑部分をUPし、情報交換していたのですが、
これは引用、検証ということで適法と思ってやってきました。
しかし「過度の引用は違法では?」という声があがり、マスコミへのCD-R郵送を現在躊躇しています。

マスコミ各社に著作権のある様々な曲を検証、引用として詰め合わせたCD-Rを送るのはどうなんでしょうか?
教えてください。

32 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 21:44:46 ID:nXVDSLpY
個々の引用がそれぞれ問題か否かを判別されるのであり
引用をたくさんしたら違法という話にはならんだろ。

33 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 21:51:15 ID:GxdhSYBh
レスありがとうございます。では
>>今までスレ内では疑惑部分をUPし、情報交換していたのですが、
>>これは引用、検証ということで適法と思ってやってきました。

この時点では実質適法として通用するんでしょうか?重ね重ねすいません。

34 :喉元に短剣:2005/03/22(火) 21:57:15 ID:D6rYX6fW
>31 なぜマスコミ?

35 :無責任な名無しさん:2005/03/22(火) 23:52:01 ID:n0KTK9Tb
>1 お疲れ様です

【韓国】 今後、日本のせいでイチゴが生産できないニダ!!
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1111498472/

1万6000人のイチゴ農家、ロイヤリティー賦課で苦境に

 韓国1万6000人余のイチゴ栽培農家が非常事態に陥った。
 政府が2002年にUPOV(国際植物新品種保護連盟)に加入したことによって、
2008年以降の外国産種子イチゴの出荷分にはロイヤリティー(品種使用量)を
支払わなければならないからだ。

 韓国内の農家が栽培しているイチゴは、85%が「ユッポ(レッドパール)」、
「チャンヒ(章姫)」という日本の品種であることから、
莫大な外貨流出が避けられない状況だ。
政府が韓国内のイチゴ農家の零細性を考慮し、イチゴのロイヤリティーの
導入時期を2年間遅らせてきたが、これ以上遅らせることが不可能な状態となり、
イチゴ農家に種苗ロイヤリティーのツケがまわってきたのだ。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/22/20050322000063.html


36 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 00:07:44 ID:kD9WQDYB
>>31 引用云々よりも、曲の一部分が他の曲と似ている?
ぐらいで盗作だと言う事自体が危ない。
音楽の曲は、似たようなフレーズの寄せ集めになってしまう様な事は
良くある話だが、要は全体的な曲の流れを総合して判断するものである。
下手に盗作だと騒ぐと、君が危なくなる・・・・かも!

37 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 02:42:24 ID:yLdx3aYU
盗作問題は冤罪に気をつけよう!
真実への追求は慎重に!

38 :23:2005/03/23(水) 03:02:35 ID:6HEo2cRn
アメリカのサーバで配信されているデジタル放送を日本のサーバで受信して、
受信したものに手を加えずそのまま再配信する形です。

デジタルとアナログの違いはありますが、例えばCNNのアメリカ国内向け放送を
日本のテレビ局が受像し、CNNの許可を得た上でそれを日本で流しつづけた場合
と同じだと思います。
もしくは例えばCNNが日本国内に放送局をつくってアメリカ国内向け放送と同一
の放送を日本国内でしている場合とも似ています(再配信する局がCNNではなく
別の個人である点が異なります)

アメリカの放送局はリレーOKらしいんですが、この例でCNNに当たる放送局が
JPOPのみを流しつづける局で、JASRACとの絡みがわかりにくくなっています。

 (ASCAP licensed)
   放送局(US) ― リレー局(US)
   / \      / \
  リスナ  リスナ    リスナ  リスナ
    (※)「―」「 /」「\」はすべて同じプロトコルでの、片方向通信

39 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 08:22:13 ID:yAXdvyLa
>>36
中傷にならない程度ならいいんじゃないかな。
小林亜星だって方々に因縁つけまくってるし。

40 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 08:24:19 ID:yAXdvyLa
>>38
著作権料は放送局からJASRAC提携権利団体に支払われ、
提携権利団体からJASRACに支払われているはず。

あとは輸入権の絡みか・・。

41 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 14:31:55 ID:kD9WQDYB
小林亜星が他人の作った曲が盗作だとして起こした裁判で
結局は小林亜星が負けた例があるが、これらの問題は難しい・・・
さらに・・・・音楽家と素人では、感性の隔たりもある訳で・・・

42 :23:2005/03/23(水) 16:02:49 ID:6HEo2cRn
これも輸入権の問題あるんでしょうか。そうすると前例がなくて厳しいですね。

寄付のみの無料放送なので、商業用レコードとはちょっと形は違うような
気はしますが、非利益の個人でやるにはちょっとリスクが大きすぎます。

ところで、もしこれに輸入権が適応されるとなると日本の曲をBGMに使った
番組は全部逆輸入扱いになって放送できないことになってしまいますよねぇ。

43 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 17:58:20 ID:+ttZWI+Z
>>31は、マスコミに送る行為に問題があるかどうか問いたいんだろ?
その行為自体に違法性があるとは思えないけどな〜

44 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 18:56:20 ID:kD9WQDYB
>>43 >>31 がマスコミに送った以降の展開が問題になる訳だから、
これらのマスコミでの捉え方と、マスコミでの利用や使用の方法でも
異なると思うが、>>31の目的如何でも問題は大きく異なる筈では・・・・


45 :31:2005/03/23(水) 19:07:32 ID:I7iJtvBw
みなさん役に立つレスをありがとうございます。大変勉強になります。


今回マスコミに検証CDを送ろうとした経緯なども説明すべきなんですが
当方の説明では上手く言える自信がありません。
なのでもしよろしければまとめサイトの方を見ていただきたいのですが。
ttp://www.noahs.jp/~antiorange

46 :無責任な名無しさん:2005/03/23(水) 22:08:01 ID:od4lg5P3
>>15と似たような感じなのですが、企業に、例えば商品を提案する場合
こうしたほうがいい というような「案」と、このような商品はどうですか というような、実際の「設計図」
ではだいぶ違いますか?同じ扱いになりますか?

47 :喉元に短剣:2005/03/24(木) 08:09:24 ID:Pbg0y2Hx
>45 もう止めないからすぐに実行しろ。
 一週間以内に実行しないなら、しょせんその程度…。

48 :無責任な名無しさん:2005/03/24(木) 14:14:48 ID:mvHUyi8H
東芝に400億円賠償命令 メモリー訴訟で米陪審
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1111639836/

【ロサンゼルス23日共同】デジタルカメラなどに使われるメモリーカードの開発に絡む
不当な企業行為で損害を受けたとして、米デジタル機器製造会社レキサー・メディアが
東芝と東芝の米子会社に賠償を求めた訴訟で、米カリフォルニア州サンタクララ郡陪審は23日、
東芝側に3億8000万ドル(約402億円)の支払いを命じた。レキサーが発表した。

発表などによると、東芝は1997年以降、メモリーカードの開発でレキサーと協力し
技術や開発情報などを得たが、その後、同分野のライバル企業であるサンディスク社と契約を結んだ。
レキサーは、その結果販売されたサンディスクの製品などにより損害を受けたと主張、
2002年に同郡地裁に提訴した。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=econ&NWID=2005032401001434

49 :無責任な名無しさん:2005/03/24(木) 20:16:39 ID:NZYujYTc
>>41
「記念樹」判決
H14. 9. 6 東京高裁 平成12(ネ)1516 著作権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/7DC32FC8D5ABA0A749256C7F0023A165/?OpenDocument
H15.12.26 東京地裁 平成15(ワ)8356 著作権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/35C84A4ADD01BC1549256E08002EA5A9/?OpenDocument
H15.12.19 東京地裁 平成13(ワ)3851 著作権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/26BA55587067A79B49256E040034160C/?OpenDocument
H15.12.19 東京地裁 平成14(ワ)6709 著作権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/DAE9E7219A91475249256E06002C1771/?OpenDocument
H12. 2.18 東京地裁 平成10(ワ)17119等 著作権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/72FEBF81E40F47A049256A7700082D33/?OpenDocument


50 :無責任な名無しさん:2005/03/24(木) 22:13:09 ID:V3WxlpXo
誰かの歌手の曲を自分でギターで弾いてそれをホームページで流したら
なにか問題ありますか?


51 :無責任な名無しさん:2005/03/24(木) 22:29:54 ID:rqwO8G0j
何かどころか問題大有りなわけですが
http://www.jasrac.or.jp/network/contents/shindan.html

52 :無責任な名無しさん:2005/03/24(木) 22:37:54 ID:V3WxlpXo
>>51
thxです。
え?マジですか?
掲載て意味がいまいちよく理解できないのですが
自分でギターだけでもメロディーが一緒ならダメてことですか?

53 :50:2005/03/24(木) 22:45:12 ID:V3WxlpXo
>>51
今しっかり見てきました
つかえねー

54 :無責任な名無しさん:2005/03/25(金) 07:36:33 ID:f33EAtGq
http://it.nikkei.co.jp/it/news/index.cfm?i=2005032407659j0
珍しい。
日本じゃレーベルの占有が当たり前と化してたのに。
まぁ、それでも保護の仕組みが変わるとは思えんが。既に拒否してるとこもあるし。

55 :無責任な名無しさん:2005/03/25(金) 16:48:25 ID:sYXPMcBA
一個人が商標を取得するのは容易なのでしょうか?
趣味レベルのマンガのタイトルを登録できたらなんて思いまして

56 :無責任な名無しさん:2005/03/25(金) 18:11:25 ID:vw8PCXwz
商標はブランド名を商売に使うのを保護するものですよ。

57 :55:2005/03/25(金) 18:23:07 ID:sYXPMcBA
どうもです。そう言われればそうですね。


58 :喉元に短剣:2005/03/26(土) 04:59:20 ID:af74e6i6
>55 ちなみにその名称は?

59 :無責任な名無しさん:2005/03/26(土) 10:17:59 ID:xRnGQa3P
商標について質問です。『あんしん電話』という製品名なのですが、
かなり利用されているにもかかわらず、登録情報検索によると、
出願されていないようです。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%93%E9%9B%BB%E8%A9%B1&start=0&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8
広く利用されているのに、商標登録していない理由って何が
考えられるのでしょう?
(私が登録したらどうなるんだろう?)

60 :商標:2005/03/26(土) 10:46:29 ID:xlSW+GXR
>>55 商標登録は簡単に出来ますよ。
この件の場合、いずれ商品化するか商売に使用する予定が前提になりますが・・・
ただし、登録費用などがかなり必要になりますよ。

61 :商標:2005/03/26(土) 10:57:39 ID:xlSW+GXR
>>59 あんしん電話はあなたが登録出願しても拒絶されます。
既に周知された商品(製品)名であるという事と、あなたが業として
実施していない事などが拒絶の理由になると思いますが、
それよりも「あんしん電話」そのものが登録出来ない商標の規定に
該当する為に登録出来ないと思われます。
(商標名でどのような商品なのか推定できるような場合)

62 : :2005/03/26(土) 13:04:54 ID:TVRlKRxS
あなたが業として実施していない事
拒絶理由にならないよw

63 : :2005/03/26(土) 13:08:29 ID:TVRlKRxS
どのような商品なのか推定できるような

「推定」では拒絶理由にならない

64 :喉元に短剣:2005/03/26(土) 13:53:37 ID:af74e6i6
 商標の反論待ちでーす。

65 :商標:2005/03/26(土) 15:54:52 ID:WCt2eHFX
長々と商標法とその規定を書き込む気はないので
質問者に判りやすく簡単に結論だけ書いただけ。
言い回しと言葉尻にとやかく言われてもね〜
先の質問の商標取得には不正競争の問題も絡むからね。



66 :無責任な名無しさん:2005/03/26(土) 16:13:37 ID:xRnGQa3P
>>60-65
ありがとうございます。商法について少し調べている >>59 です。
> 私が登録したらどうなるんだろう?
単に、これだけ大きなビジネスなのに商標を取らない理由が
あるのかな?競合他社の攻撃を懸念していないのかな?、と
思ったので質問しました。
>>62 >>63
純粋に商標として、「あんしん電話」は取れる可能性があっ
たということでしょうか。とすると、『取れるのに、取らな
かった』ということかな!?


67 : :2005/03/26(土) 18:09:26 ID:qHW73dAF
>>66
可能性はないね
つーか拒絶されてます

68 :無責任な名無しさん:2005/03/27(日) 00:43:42 ID:jTSYCeyI
>>67
下の検索を利用しましたが、「あんしん電話」の登録も不登録も
見当たりません。どこで調べれば、拒絶状況等がわかるのでしょ
うか?
 3)商標出願・登録情報、10)不登録標章検索
 http://www.ipdl.ncipi.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm

69 :無責任な名無しさん:2005/03/27(日) 08:27:22 ID:cTmNHxra
>>68
そのサイトの4.称呼検索で、

 称呼:アンシンデンワ
 区分:09

で検索実行。

70 :商標:2005/03/27(日) 10:00:08 ID:9ZWQWChb
(210) 【出願番号】 商願2001−99742
(220) 【出願日】 平成13年(2001)11月7日
    【先願権発生日】 平成13年(2001)11月7日
    【最終処分日】 平成15年(2003)5月14日
    【最終処分種別】 拒絶査定
    【出願種別】


    【商標(検索用)】 安心電話
(541) 【標準文字商標】 安心電話
(561) 【称呼】 アンシンデンワ,アンシン
(531) 【ウィーン図形分類】


71 :無責任な名無しさん:2005/03/27(日) 11:29:09 ID:jTSYCeyI
>>69
ありがとうございます。区分も必要なんですね。
私も調べてみました。すると「安心電話」は拒絶なんですが、
例えば「安心三輪車」はOK。同じような構造と思えるのに。

「安心三輪車」も文字だけだと拒絶だったろうけど、図形(?)
を入れたからOKだった。のでしょうか?

72 :商標:2005/03/27(日) 19:18:47 ID:XsgrwjXp
>>71図形も文字も商標(標章)となりますから、図形を入れたから
無効な文字が有効になる事はあり得ません。

安心三輪車が商標登録されているとすれば、拒絶理由がなく、
この商標は識別機能がある有効な商標でと判断されたからだと
思いますが、自分的には疑問が残ります。

73 : :2005/03/27(日) 19:40:18 ID:uhHqHAfq
タンある文字でないなら3条1項3号を回避できるだろ
商標は素人か


74 :商標:2005/03/27(日) 20:19:01 ID:XsgrwjXp
>>73 >>71の質問についての考え方であるから、この登録を
云々言ってる訳ではありません。
質問の真意は3条1項3号とは別問題では・・・


75 : :2005/03/27(日) 20:37:54 ID:3J5jtV4S
いよいよアホだな
>>71
「安心三輪車」も文字だけだと拒絶だったろうけど、図形(?)
を入れたから3条1項3号に該当せずOKだったのでしょう

76 :無責任な名無しさん:2005/03/27(日) 23:04:58 ID:jTSYCeyI
>>74
ありがとうございます。
74のご指摘のように、「安心電話」がNGで、「安心三輪車」が
OKである理由が知りたいです。
>>72
「無効な文字が有効になる事はあり得ません。」
「安心三輪車が商標登録されているとすれば(略)、自分的には
疑問が残ります。」
納得です。どうも!

77 :無責任な名無しさん:2005/03/27(日) 23:28:30 ID:vbn+EIqD
発明者や発明家や弁理士が参加しているメーリングリストがあれば教えてください。

78 : :2005/03/28(月) 01:59:10 ID:w+E6jTF0
>>76
>>75
に書いてあるだろ!!!
72,74はデタラメ

79 :商標:2005/03/28(月) 10:26:39 ID:PHWVQnUu
>>76 念のため安心三輪車の登録を調べてみましたが、これは文字商標
だと思います。
(絵柄文字でも呼称で呼ばれるものであれば文字商標になります)
安心電話が拒絶になったのは自分なりの推測ですが、独占適応性から
判断すれば、需要者からみましても出所と自他のの識別力に乏しい事と、
安心電話はあまりにも広い意味を持ちすぎますから、ひとつの業者に
独占させるには不適切であるが故に拒絶されたものと思われます。

その点、安心三輪車は幼児用三輪車に限定されておりますから登録され
たものと思われます。  これらは自分だけの意見と考え方ですが・

80 : :2005/03/28(月) 10:59:01 ID:lQ710+iT
あんしん電話は特定企業の商品として著名です

81 : :2005/03/28(月) 11:02:41 ID:lQ710+iT
>文字商標だと思います。
文字か図形かではなくて、商標法3条1項3号のとおり。
普通に表示したもののみからなる商標かどうか。普通とは。いえないだろ。

緊急通報事業(あんしん電話)は、全国の地方公共団体が行う事業として著名です。4条1項6号

82 :フリーフォント事件:2005/03/28(月) 12:04:47 ID:fzbb650N
9031.comのフリーフォント「Major Kong」がau by KDDIの携帯電話「PENCK」で使われている件について
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1111946990/
AUの携帯はパクリかもしれない
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/phs/1111944693/l50
9031.comのフォントがサイトウマコトPENCKで使われてる?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/art/1111945280/l50

知らないうちに僕が作ったフォントがサイトウマコトデザインの一部になっている…!?

当サイト9031.comが1999年からフリーで配布しているフォント「Major Kong」が、au by KDDIの
au design projectの携帯電話のひとつであるPENCKのテンキーの数字フォントとして使われているよ
うです。そういった華のあるプロダクトで当サイトのフォントが部分的にでも使用されるのはとても
光栄ですし、全然かまわないのですが、PENCKに関する記事などを読んでいて気になった問題がひと
つ。それは、PENCKのデザイナー、デザイン・ディレクターであり、世界的にも著名なクリエイター、
グラフィックデザイナーであるサイトウマコト氏が、PENCKの筐体のデザインのうち、この数字フォ
ントについても自分がデザインしたように発言しているらしいことなのですねー。
(以下ソース参照)
http://www.9031.com/extra/20050327.html


83 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 18:46:09 ID:q/JCGbHe
>>82
とりあえず、氏名表示権を行使したい旨伝えてから考えては?
フリーと言っても人格権までは他人に移せないんだし。

84 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 18:48:23 ID:q/JCGbHe
>>82
とりあえず、氏名表示権を行使したい旨伝えてから考えては?
フリーと言っても人格権までは他人に移せないんだし。

85 : :2005/03/28(月) 18:53:02 ID:QNBayRFd
フォントに氏名表示権などないだろ

86 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 21:13:15 ID:9jgSRqPK
>>85
フォントだって著作物なのだから人格権はあるのでは?
通常の使われ方から考えれば氏名表示をしない使用が一般的だが
(奥付等で使用フォントの権利明示をすることも多くは無いがある)
今回は敢えて相手が自分の著作物だと自称しているのだから
KDDIのサイト等での氏名表示を求めるのが適切だと思うがどうか?

87 : :2005/03/28(月) 22:02:54 ID:mnVI2XXe
>フォントだって著作物なのだから

禿藁

88 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 22:48:16 ID:gpg4H7ou
氏名表示権がない
→「MSゴシックは私が作りました」と言っても問題ない

でFA?

89 : :2005/03/28(月) 22:55:00 ID:dmVgD8Ew
そんなこと言ってないだろ
インプレスに訂正を求めるだけだろプ

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/22986.html

90 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 23:08:12 ID:qdZXmByr
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0502/09/news101.html

itmediaも同氏がデザインとか書いてるので、報道側の間違いではなさそうだ。

91 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 23:17:46 ID:9jgSRqPK
複数の報道発表を修正して回ったり、覚悟の上で自称してるサイトウマコト氏と
直接グダグダするよりは、KDDIに対して氏名表示権を行使するほうが楽だと自分は思う。

92 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 23:25:19 ID:gpg4H7ou
フォントの氏名表示権は認められるかどうか、の議論になっちゃわない?
訴えるならどうぞと言われかねない。

93 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 23:31:42 ID:v8ENoGYj
氏名表示権の根拠はどこにもっていくの?

94 :無責任な名無しさん:2005/03/28(月) 23:58:17 ID:9jgSRqPK
>>92
なんだろう。
良くわからんのだが、フォントには著作権が発生しないってこと?

自分の認識だと、フォントが著作物であり、目的及び様態に照らして
著作者が著作者であることを侵害しない利用が殆どなので、
フォントの利用については慣行にそって著者名が省略されてるんだと思ってたんだが・・。

んで、今回は著作者が創作者であることを主張する利益を害される恐れがあるので
敢えて省略しないことを要求できるのではないかと。

すまん、てっきり自分は「フォント」も著作物なんだとばかり思っていたので・・。

95 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 00:05:41 ID:7Ivi/VYu
「タイプフェイスの保護及びその国際寄託に関するウィーン協定」があるが、日本は未加盟。
現在、日本ではフォントは著作物とは認められていない。

96 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 01:14:52 ID:nTtQNdKW
そう思ってたんだけど、これが謎。

「Hotline」でフォントを違法公開した男が逮捕
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/23/news092.html

97 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 01:18:06 ID:7Ivi/VYu
>>96
詳細が書いてないんで、この件に関しては何とも言えないけど、フォントそのものではなく、
フォントのプログラムであれば、プログラムの著作物として守られる。

98 : :2005/03/29(火) 01:51:05 ID:3WVK8Ky7
著作権ではなく民法だよ
ほんっとにしらねえんだな

99 : :2005/03/29(火) 01:54:21 ID:3WVK8Ky7
フォントの使用はフリーフォントなんだから、フリーフォントの利用規約違反なら債務不履行責任を問えるが、
そうでなければフォントの使用には問題なくて、虚偽の発言?プレスリリース?をしたことについての不法行為責任だな
いずれにしても著作権ではない

100 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 01:55:37 ID:7Ivi/VYu
>>98
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/ADC04D23E1CE042949256F17003B0ACD/?OpenDocument

101 : :2005/03/29(火) 01:55:42 ID:3WVK8Ky7
>フォントのプログラムであれば

激藁
アホ?

102 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 01:59:02 ID:7Ivi/VYu
>>101
それは、大阪地裁に言って来てくれ。

103 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 02:18:47 ID:7Ivi/VYu
>>100
ごめん。そう言えば、ここ、時々リンクが飛べないって人がいたね。
H16. 5.13 大阪地裁 平成15(ワ)2552 著作権 民事訴訟事件

104 : :2005/03/29(火) 02:28:09 ID:3WVK8Ky7
>>98
>>101
まとはずれなレスだな

>>102
だからフォントのプログラムって何よ?
そんなものないだろww

で、フォントは利用許諾していたわけだが?

105 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 03:30:02 ID:h/DKb39f
個人で所有し楽しむために、違法商品を知りながら、
海賊DVDを秋葉原の露天商から買いました。
私は何かの罪に問われるでしょうか?

106 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 07:35:32 ID:8LI4coPs
>>95
ポスターのレタリングなんかと同様に絵画の著作物に含まれてると思ってた。
なるほど、だから印刷業界とかじゃモリサワのフォントはコピーされまくっとるのか・・。

107 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 10:38:31 ID:YHcNO2zT
>>105
関税法違反

108 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 12:08:08 ID:rU9X90Un
フォントのインストーラーや付随する「お読みください」が著作物だという難癖

109 :喉元に短剣:2005/03/29(火) 12:29:21 ID:YyXS4ZXi
 知的財産権法の質問はこちら。

110 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 13:13:18 ID:pQA0PjGj
>フォントのプログラム
ベクトルフォントの実体は、大きさを指定することにより適切な図形を描き出すプログラム
だけど、その程度の「プログラム」に著作物性があるかどうかは、やはり問題となる。

111 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 13:22:34 ID:Bb3fKg0F
【サイトウマコト】フリーフォントがauの端末に無断使用される 3【デザイン】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1112008629/

ひろゆき降臨

112 : :2005/03/29(火) 13:23:27 ID:hqzFNEvC
データでしかないだろ

113 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 13:52:41 ID:NyFeTOh4
漫画板の「シグルイスレッド」で著者の目次コメントが転載されています
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1111934863/16
一部住人は引用だと主張していますが↓
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1111934863/187
引用か転載か、どちらなのでしょうか

114 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 13:59:03 ID:Lu4UbfwJ
>>725
フォントは著作物とは認められないので著作権はありません。
モリサワが使われ放題なのもそれ。

>>749
詐称することが、不法行為ですので、
足立さんを非難するあなたもキ(ry

問題は著作権じゃないんだってばぁ・・・・ハァ('A`)

115 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 13:59:43 ID:Lu4UbfwJ
>>114
誤爆ごめんなさい。

116 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 21:38:40 ID:oaR19zet
会社の開発部で、例えばAという人が新商品を開発した場合
商標登録や特許はAという人に渡りますか?それとも会社全体や部に渡りますか?

117 :無責任な名無しさん:2005/03/29(火) 21:40:29 ID:oaR19zet
それと>>46にも回答お願いします。

118 :喉元に短剣:2005/03/29(火) 22:17:08 ID:YyXS4ZXi
>116 職務発明か?

119 :喉元に短剣:2005/03/29(火) 22:26:40 ID:YyXS4ZXi
>>46 「だいぶ」というより「かなり」というか「けっこう」みたいな「相当」な感じ。
 要は、物差しを示せということ。

120 : :2005/03/30(水) 01:07:05 ID:kB0KQhxQ
1件ごとにまったく判断が違うのに「例えば」で聞くなボケ

121 :喉元に短剣:2005/03/30(水) 19:05:02 ID:9YqkvJB2
 知的財産権法の質問はこちら。

122 :無責任な名無しさん:2005/03/30(水) 20:30:01 ID:BFpGglxm
>>46>>117
「商品」をそのまま売り込んだ場合、
秘密保持義務を有する者に該当しないから、(弁理士ではない。)
その売り込み先企業によって公知となる。
そうすると、公知ということで、拒絶・無効理由ということとなり、
その商品については、何人も自由に実施(製造販売)することができる
ということになります。
また、「設計図」の場合には、職務著作に該当しないものであるし、
秘密厳守の印や契約の明示がないものと解されますから、
結局は、その設計図に記載されたものは、何人も自由に実施できるということに
なります。

でどうすればよいかというと、2CHと初めとする掲示板全てには、
質問しないで、弁理士に相談することのみにしましょう。


123 :55:2005/03/30(水) 20:30:38 ID:AkPz4ORR
56、商標さんサンクス。遅くなってすいません。
自分で書いてる駄マンガですがタイトルだけは気に入ってて
商標とりたいと思った次第です。費用10万円くらいなら出願したいな


124 :無責任な名無しさん:2005/03/30(水) 23:35:38 ID:1NGNwMXS
>>122
ありがとうございます。

125 :弁理士:2005/03/31(木) 00:47:23 ID:HPLz1Khy
アホ?
秘密保持契約は誰でもできる
民法、弁理士法でも勉強しろ
>秘密保持義務を有する者に該当しないから、(弁理士ではない。)
>その売り込み先企業によって公知となる。


126 :弁理士:2005/03/31(木) 00:49:00 ID:HPLz1Khy
>>123
商標さん素人だから

127 :喉元に短剣:皇紀2665/04/01(金) 01:49:44 ID:3iqzQ+E7
 次の質問どうぞ。

128 :弁理士:皇紀2665/04/01(金) 02:00:45 ID:uJlpgnwp
>>122,124
>また、「設計図」の場合には、職務著作に該当しないものであるし、

アホ???


129 :無責任な名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 20:27:50 ID:QfykPdEx
>>128
ではどのようになりますか?

130 :無責任な名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 22:15:22 ID:Im2eDwkN
アマゾンを利用してとあるアーティストのCDなどを販売しています
ジャケット写真を掲載しているのですが法的に問題は無いですか?
販売する目的でジャケットを使用しています

そういう意味での著作権や肖像権はどうなっているのでしょうか?

131 :無責任な名無しさん:皇紀2665/04/02(土) 02:54:45 ID:YlbfwhMm
著作権法の勉強に適した教科書はないでしょうか?
パッとみた感じだと田村だと重すぎて、斉藤だと軽すぎるんですが。

132 :無責任な名無しさん:皇紀2665/04/02(土) 02:58:28 ID:9XUSSvwe
作花文雄「詳解著作権法」第3版(ぎょうせい)
が分厚いけど最新で重厚で使えると思う

133 :無責任な名無しさん:2005/04/02(土) 13:23:04 ID:EpavBsST
とあるサイトを運営しているものですが、あの有名なナポレオンの
肖像画を私のサイトに載せたいのです。その肖像画そのものに著作権や肖像権など
は無いと思いますが、悩んでいるのがその画像の調達方法です。
他所様のサイトから無断で転載するとダメですか?雑誌などからスキャンするのは
ダメですか?
もしダメととなると、調達方法は唯一その肖像画保管されている美術館などに
いって写真をとって来るぐらいしか無いと思うのですが・・・。
他所様のサイトにお願いして転載させてもらうのも良いのですが、そのサイトの
管理人はどうやってその画像を調達したのだろう、などと考えてしまいます。

疑問1) やはり肖像画そのものに著作権は無いからといって他のサイトから
勝手に持って来てはだめでしょうか。

疑問2)完全に安全な調達方法はやはり上に書いたとおり美術館等に行って
写真をとるしかないのでしょうか。そうなるとWEB上の多くのそのような肖像画
画像が怪しい出所になりそうで、転載させてもらうのも良くない気がします。

どなたかご教授お願いします。

134 :無責任な名無しさん:2005/04/02(土) 13:40:01 ID:VH4Kfkjl
質問の答えにはならないけど、
Wikipediaに載ってるようだから、
その画像のライセンスを確認して
パクってくれば良いと思う。

PDになってる奴なら大丈夫でしょう。

135 :喉元に短剣:2005/04/02(土) 14:18:16 ID:WHpSgvOJ
>131 秤を持って本屋へどうぞ。

136 :無責任な名無しさん:2005/04/02(土) 23:47:44 ID:UTY/lblx
>>135
いつになく適切なレスだったのでビビった。

137 :無責任な名無しさん:2005/04/03(日) 00:47:00 ID:KpJ4F5dP
質問)BGMと音楽著作権
例えば個人でネットラジオを開設し、そこでトーク(ナレーション)
で著作権がある音楽をBGMとして鳴らした場合、著作権の侵害、ある
いは演奏対価の支払い義務は生じるのでしょうか?


138 :無責任な名無しさん:2005/04/03(日) 01:22:46 ID:3JCZWEKQ
>>137
著作権法上の公衆送信権の侵害にあたるでしょう
ジャスラックのHPに行ってみることをお奨めします

139 :無責任な名無しさん:2005/04/03(日) 02:44:17 ID:q6KsYfNW
自サイトの商品のオリジナル画像が他社サイトによって営利目的不正利用されました。
このような事例が載っているサイトはあるのでしょうか? 

140 :喉元に短剣:2005/04/03(日) 03:22:43 ID:VGKuBWNa
>139 それはサーチャー対する質問でしかない。
 法律の質問をしてください。

141 : :2005/04/03(日) 08:54:36 ID:1PHdAizI
>>140
はぁ?
関連の話題じゃん
>>1を読め

142 :喉元に短剣:2005/04/04(月) 08:29:08 ID:H2ZOyv3V
>141 で、答えるつもりはさらさらないみたいですね。
 こういうことになるのが予測できたゆえのレスなのに…。
 これに反証したいなら、いまからでもいいから質問者に対して返答して
あげてください。
 真に質問者のためになるレスをしたのがどちらなのかは、当然
質問者に判断してもらいましょう。

143 : :2005/04/04(月) 10:41:05 ID:SHRN+mhJ
くだらねえ

144 :無責任な名無しさん:2005/04/04(月) 11:24:45 ID:Qib7KX6O
<a hfre="http://www.geocities.jp/tsurumine_softtennis/">ここ</a>って
両親に許可などを得ずに作っているらしいのですが、こういうのって肖像権とかで引っかかるんじゃないですかね??


145 :無責任な名無しさん:2005/04/04(月) 18:27:16 ID:SXA+rPbt
CDから着ウタや着メロを作成して
自分のwebサイトにアップしたものを
自分自身でダウンロードして使うのは
違法になりますか?


146 :無責任な名無しさん:2005/04/04(月) 22:40:31 ID:NnwtbfHa
>>145
アップしたファイルにアクセス制御がかかってて家族やそれに準じたものしかアクセス
できないなら、合法。

だが、いろいろ面白い問題が派生する。

office事件の京都地裁判決からすると、そのアクセス制御によく知られたセキュリティ
ホールがあってアクセス制御側がそれを知ってても、合法のようだ。

また、ISPの鯖にアップする場合、IDやパスワードはISPが管理するし鯖もISPが所有、
管理し、しかもISPは営利目的なので、最高裁の「管理支配」判例からすると、お前では
なくISPが複製の主体ということになって、ISPは違法とされるだろうな。お前には関係な
いし、プロバイダ責任法で賠償責任は免れるかもしれんが。

というふうに、最近の知財関係の判例って、滅茶苦茶。

なお、同じ現象はISPのPOPサーバに自分宛メイルを送ってもおきる。


147 :喉元に短剣:2005/04/04(月) 23:29:10 ID:H2ZOyv3V
>145 なる。

148 :無責任な名無しさん:2005/04/04(月) 23:51:49 ID:NnwtbfHa
>>147
ISPのPOPサーバに他人の著作物の自分宛メイルを送っても違法だと主張するのか?

149 :喉元に短剣:2005/04/05(火) 01:34:50 ID:1hp+Gh8/
>148 あレっ… な…か‥ 通信状況が…悪…(ザー…プツッ

150 : :2005/04/05(火) 01:43:47 ID:7W9mBvZZ
くだらねえ

151 :145:2005/04/05(火) 18:39:35 ID:LVYmVaM1
>>146
なるほど、有難う御座います!

152 :無責任な名無しさん:2005/04/05(火) 19:47:30 ID:FOqUMEgP
>>148
それを公開したら侵害にあたるかと思われ。
リンクというのは「既に公開されているものの参照」であって公開ではないから、
逆に、例えリンクしてなくて他人に教えていなくても公開していないということにはならないのでは?

前半のリンクについては97年の改正の際の委員会を確認のこと。

153 :喉元に短剣:2005/04/05(火) 23:11:10 ID:1hp+Gh8/
 次の質問どうぞ。

154 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 08:06:35 ID:kDuQQ6bx
>>152
「それ」って何?
「リンク」って何?
148にはそれらしい対象はないのだが?

155 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 10:32:07 ID:pt+dxh2t
ゲーム作ろうとしていて気になったのですが、
兵器のデザイン、名称、(機密になっていない範囲で)動作などにもメーカーの権利があるのでしょうか?
そういうので裁判沙汰になった例はありますか?

156 : :2005/04/06(水) 11:11:39 ID:JE3Z20CL
>>152

??????????????????????????????????????

157 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 14:01:26 ID:ESOcU4JZ
>>154
それ=自分宛の他人の著作物
公開=自分のWeb鯖へのアップ
リンク=上記アップされた著作物の参照

158 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 15:30:17 ID:sCkCwNHN
>>157
アクセス制御かけても「公開」なのか?

159 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 16:44:13 ID:HxqDEQp/
質問です。
特許に関して、たぶん基本的なことですがよろしくお願いします。

特許出願してから公開されるまでの間にマネされてしまった場合、
どうすればいいのでしょうか? 公開されるまでは明細書を送りつけてもだめなんですよね?

また別の件で、ハードウェアとソフトウェアをセットで販売したいと考えているのですが、方法と、方法を使用するプログラムと、方法を使用するハードウェアっていう計3つの請求項を書いた特許を取った場合、
上のセットと同様のシステムを自前で作って業務で使用しているところは、3つとも侵害してることになるのでしょうか?
そういうときって損害賠償額はどうなるのでしょうか?

おおざっぱにでも教えて頂けると幸いです。

よろしくお願いします。




160 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 16:45:01 ID:ESOcU4JZ
>>158
自分は「公開したら」と言っているだけで公開かいなかについては争っていない。
ただ、必ずしも「アクセス制御が施されている=公開ではない」とは言えないと考える。

例えば2chのdatはアクセス制御が施されているが、2chの書き込みが公開されていないとは思わない。

2chのような/を入れた型の参照に限らず、?を使うGETも、プラウザの実装によりGETと同様の参照が
可能なPOSTについても同様に考えており、端末固有番号やSSLでの認証による識別が必須だと考える。

161 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 19:17:42 ID:cKxHsS0U
同人誌や裏本には著作権のような物はありますか?
どちらもその存在自体がグレーだと思うんですが。

162 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 19:32:24 ID:ieQKuiLp
>>159
特許が出願公開されているのみであるので、
いわゆる補償金請求権は発生していますが、
以下の措置を速やかにとることが必要です。
1.出願審査請求をする。
2.早期審査の事情説明書を出願審査請求と同時に特許庁に提出すること。
但し、この特許について、無効理由が存在すると、権利行使が制限(特104条の3)
されます。そこで、出願審査請求前に、該当する特許出願について無効資料調査をすることを
薦めます。

>また別の件で、ハードウェアとソフトウェアをセットで販売したいと考えているのですが、方法と、方法を使用するプログラムと、方法を使用するハードウェアっていう計3つの請求項を書いた特許を取った場合、
>上のセットと同様のシステムを自前で作って業務で使用しているところは、3つとも侵害してることになるのでしょうか?
>そういうときって損害賠償額はどうなるのでしょうか?

そういう場合は、相手側の侵害時の利益の額や不法行為によって
算出されます(民法709条、特102条1項2項3項)。

>業務で使用しているところ
では、業としてとなる。個人的・家庭的実施ではない。

その他、無効理由の有無や先使用権の立証ができるか否かによる。





163 : :2005/04/06(水) 19:50:19 ID:SgWtUI2M
>>162
あほ?
公開される前の話をしてるのですよ?
1.早期公開の請求
だろ

164 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 19:56:20 ID:xewTFSIg
要領を得ない質問にトンチンカンな回答。
『類友』の極みだな。

165 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 20:05:58 ID:jwcdp6Ik
>>161
同人誌や裏本、などと言っても何も言っていないも同然だ。
千差万別に存在し、それぞれが個別に違うんだから。
著作物としての要件を満たす同人誌や裏本には著作権はある。
著作物としての要件を満たさない同人誌や裏本には著作権は無い。それだけだ。

166 :161:2005/04/06(水) 20:29:53 ID:cKxHsS0U
>>165
他人のキャラクターを無断で使用している同人誌、
無修正の裏本についてです。

167 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 21:00:25 ID:kDuQQ6bx
>>160
>>146
>アップしたファイルにアクセス制御がかかってて家族やそれに準じたものしかアクセス
>できないなら、合法。
という文脈で語れ。

>2chのような/を入れた型の参照に限らず、?を使うGETも、プラウザの実装によりGETと同様の参照が
>可能なPOSTについても同様に考えており、端末固有番号やSSLでの認証による識別が必須だと考える。
>>146
>office事件の京都地裁判決からすると、そのアクセス制御によく知られたセキュリティ
>ホールがあってアクセス制御側がそれを知ってても、合法のようだ。


168 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 21:31:45 ID:ESOcU4JZ
>>167
文脈云々言われてもそれを聞かれてるのは漏れじゃないしな。

しかしあの判決は痛いところで、恐らくWeb上に存在するすべてのサーバに適用されていて、
Web上での全てのサービスの利用が常に防護手段の回避にあたる。

169 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 22:17:31 ID:kDuQQ6bx
>>168
>文脈云々言われてもそれを聞かれてるのは漏れじゃないしな。
で、POP鯖へのリンクってなんだ?

>しかしあの判決は痛いところで、恐らくWeb上に存在するすべてのサーバに適用されていて、
>Web上での全てのサービスの利用が常に防護手段の回避にあたる。
知財関係は、最高裁も含めでたらめな判例ばっかだからな。
しかし、いくらなんでもダブスタはまずいだろ。

170 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 22:54:26 ID:jwcdp6Ik
>>166
それだっていろいろなパターンがありすぎて
ケースバイケースとしかいえない。
第一、他の罪に該当しているものが著作物ではない、と
判断される理由は無いと思うが。

同人などについては以下が詳しいだろう。
ttp://www.u-pat.com/body12.html
これの、
3.6 複製・翻案の範囲外のもの
以後を。っつーかあなたの聞きたいことに対する答え満載なので
全部通して100回くらい読んでくれ。

171 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 23:44:45 ID:WIhzDuHV
>>169
例え自体が不適切であることへの皮肉だったんだが・・・。
リンクというのはその例えが成立しないという例なので・・。


ダブルスタンダードについては個人的には立法主旨を尊重したい。
つまり不正アクセスに対する矛盾を抱えまくる判決よりも、
著作権法に公衆送信権を適用した改正の際に法委員会にて
言及されたリンクの定義を重視し、現行法の解釈もそれに近づくよう運動を続ける。

自分はどちらかというと判決をみて判断する側ではなく、
そういう判決を出させるよう努力する立場の人間なのですよ。

172 :無責任な名無しさん:2005/04/06(水) 23:55:54 ID:kDuQQ6bx
>>171
>リンクというのはその例えが成立しないという例なので・・。
リンクなんて最初からどこにもでてきてないので、何も関係ない。

>著作権法に公衆送信権を適用した改正の際に法委員会にて
>言及されたリンクの定義を重視し、
端末固有番号やSSLでの認証もごまかしようはあるし、ごまかすための情報をある中継
サイトへのリンクに付加してそこで適当なごまかしを実行させれば、リンクだ。


173 : :2005/04/07(木) 01:54:28 ID:RYmnusCP
>>171
で、POP鯖へのリンクってなんだ?

激藁

174 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 07:48:00 ID:2oficON0
>>172
端末固有番号を誤魔化すだけなら簡単だろうが
それをキャリアの持つアドレスレンジと一緒に誤魔化すのは困難だ。
日本のネットワークの構成上、どう考えてもキャリアの網の方が上流にあり、
また日本の殆どのISPがNTT系某ISPのOEMだからな。
しかも自分の運用するWebサイトだしなぁ。

また、SSLでの認証はそれが適切に運用されているなら「誤魔化す」ことは
まぁ、現段階では困難だろう。量子コンピュータがあれば一瞬で解読されるかも知れないし、
むしろ運用する人間の部分がセキュリティホールになる可能性はあるが、
前者は実用化されていないし、後者は「自分のWebサイト」なのだから
自前のSSLを用意し運用範囲を敢えて狭くすることで逆にリスクを減らすことが出来る。

これらを誤魔化せるというのはネットワーク技術者から見ると余程の素人か
超天才ハカーかってところなんだが・・・。
誤魔化すことが出来るものは「認証」とは呼べないだろ。

175 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 09:02:16 ID:dmkxGwtB
>>174
>これらを誤魔化せるというのはネットワーク技術者から見ると余程の素人か
>超天才ハカーかってところなんだが・・・。
素人はこれだから、、、

まず、
>また日本の殆どのISPがNTT系某ISPのOEMだからな。
日本最大のISPはSBBだったりするわけだし、NTT職員の盗聴なんて事件はいくらでもあるんで
事実認識がでたらめなんだが、、、

で、そんなこととは一切関係なく攻撃する場合はISPと加入者の間のアクセス回線を途中でぶっ
たぎって一部のパケットを横取りしたり挿入したりすればよい。
Man in the middle attackという言葉を覚えとけ。
無線だと線をぶったぎるまでもないので、もっと簡単。

公開鍵暗号は、秘密鍵まで実質的に公開しちゃったらその意味を失う。
>SSLでの認証はそれが適切に運用されているなら
おまえは、ユーザーIDだけでなくパスワードまで実質的に公開されてることを前提としてるようだ
から、秘密鍵も実質的に公開されてるということだ。
管理者本人が公開といわれずにしかし実質的にいかに公開するかって話だからな。

共有鍵暗号は、それが適切に運用されているなら、つまりパスワードが攻撃者に知られてないな
ら、量子コンピュータがあっても解読できないから、実はSSLよりよっぽど手ごわい。

176 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 21:14:35 ID:2oficON0
>>175
日本最大のISPはNTTPCだろ。
日本のISPの多くはNTTPCがまとめて持ってるIXとの相互接続権をOEM提供してもらって
Internetに接続してる。SBBも少なくない帯域をNTTPCから買ってるだろ。
まぁ、NTTが信用できないってのはまぁ、しょうがない。

悪意の仲介者が存在してもSSLなら改竄を検出できるでしょ。
Man in Middle Attackを防げる例としてSSLをあげたんだが・・・。
自営サーバであるなら証明書を端末に直接渡すことも容易でその後破棄すれば
秘密キーの漏洩は無くなる。自営SSLサーバの強みって奴だな。
だから敢えて自分のサイトであることを強調してるのに秘密キーを公開される云々は意味不明だな。
共有キー暗号の解読はイコール最大公約数を求めることなわけだが、
これにかかる時間がそのまま暗号強度に繋がってるわけで、
現行のアーキテクチャじゃ困難なのは事実。
だが、その時間を大幅に短縮する一つの解として量子コンピュータがあるわけなんだが・・。
まぁ、量子コンピュータが出来るなら量子暗号通信も実現できるだろうから完全な暗号通信も出来るっぽいが。

177 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 21:18:19 ID:2oficON0
まぁ、とりあえず、適当に付けたGetとかPostとかでの制限は
「公開してない」と主張するための認証として十分でないということは理解してもらえたようで。

178 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 22:26:21 ID:dmkxGwtB
>>176
>日本最大のISPはNTTPCだろ。
全然違うが、何をソースだと思ってるのかな?

>悪意の仲介者が存在してもSSLなら改竄を検出できるでしょ。
>Man in Middle Attackを防げる例としてSSLをあげたんだが・・・。
正しくはMan in the middle attackだが、これは
>>174
>端末固有番号を誤魔化すだけなら簡単だろうが
>それをキャリアの持つアドレスレンジと一緒に誤魔化すのは困難だ。
への誰でも知ってる反例としてあげただけだ。

SSLをごまかす方法は175を読め。

>自営サーバであるなら証明書を端末に直接渡すことも容易でその後破棄すれば
>秘密キーの漏洩は無くなる。
脳内とんでも理論がでたな。

そもそもそれは、175に書いたように前提が違うんだが、それでもとんでもだ。

何を破棄するのか書いてないが、「秘密キーの漏洩は無くなる」というからには秘密鍵だろうな。
秘密鍵を破棄したら、以後は署名はできないんで暗号システムが運用できなくなるぞ。
公開鍵で暗号化された端末からのメッセージの複合もできんな。
新しい秘密鍵を使おうにも、対応する公開鍵を手元を離れた端末に安全に伝えることもできんしな。

そもそも自営鯖ならパスワードを端末に直接渡すことも容易で、そのパスワードを外部から確認は
できても読み出せないようなチップにいれておけば、それで終わりだ。

で、この話のどこが知財なんだ?

179 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 23:06:12 ID:kzjBMRgu
質問なんですが、ある暗号化ソフトが販売されていたとして、
そのソフトで暗号化されたものを復号化するソフトを公開することや、
復号化の手段を公開することは著作権を侵害する、または法に触れることになりますか?

180 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 23:09:32 ID:2oficON0
>>178
>への誰でも知ってる反例としてあげただけだ。
了解。
自鯖とDoCoMoのインフラに介入するのが簡単というのは理解できた。
貴方ISPでもやってて妙なルートでも流してるのか?
まぁ、貴方の価値観ではそれすらも公衆送信と看做されないだけの十分な認証手段として
機能しないという理解であることはわかった。

自営の認証局なら受け渡すために必要なキーを毎回発行すれば良いだろ。
離れた端末に伝える云々は意味不明。伝えられるのは前提だろ。
その為の自営鯖で、自分の携帯に転送するための話じゃないの?
自分の携帯に転送する情報のための認証が発行された後は受信する端末で
送信する端末の秘密キーは必要ないだろ。というか、公開鍵暗号方式で
相手に秘密キーを伝えるってなんだ?
つまりSSL認証も公衆送信と看做されないためには十分ではないという主張だろ?
厳しすぎるとは思うが理解できなくは無い。

181 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 23:25:44 ID:dmkxGwtB
>>180
>まぁ、貴方の価値観ではそれすらも公衆送信と看做されないだけの十分な認証手段として
>機能しないという理解であることはわかった。

>離れた端末に伝える云々は意味不明。伝えられるのは前提だろ。
なんかいろんな誤解やわけのわからん前提があるみたいだけど、つきあいきれんからもういいよ。

>というか、公開鍵暗号方式で相手に秘密キーを伝えるってなんだ?
ふつうはやらんな。共有鍵方式でパスワードを公開するのと同じだからな。

>つまりSSL認証も公衆送信と看做されないためには十分ではないという主張だろ?
自分で秘密鍵まで事実上の公開したらな。

182 :無責任な名無しさん:2005/04/07(木) 23:27:51 ID:9PkT/X0a
>>179
外為法の方に引っかかってきそう。

183 :無責任な名無しさん:2005/04/08(金) 06:04:43 ID:rGY1VJS5
他スレで、
15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 01:49:53 ID:uMElII/M
そもそも、公知か否かって第3者に知らせたら公知になるんだよ。

て書いてる人がいましたが、正しいのでしょうか?

184 :無責任な名無しさん:2005/04/08(金) 08:12:36 ID:yxQpyvmv
>>181
元々は「自分のWebサイトへのUP」の際に、不特定多数への公開とされないために
必要な認証という視点の話だったんだけど。
その話でPATH_INFOやGET、POSTが十分な認証とは呼べず
SSLや端末識別程度の努力が鯖としては必要であろうという主張だった。

ところが、貴方はSSLや端末識別番号による識別では認証として十分ではないという主張をしていて、
当然言外には鯖管理者としてこれ以上に信頼性を持つ認証を設ける必要があるという主張があるわけだ。
まぁ、暗号化技術云々は横道だが、貴方はそこで自分が恐らく鯖側努力として十分であろうと
例示したものについて延々とそれが如何に認証として十分でないかを語り、
それはつまりサーバ管理者として不特定多数への公開ではないと判断されるために十分であるという
漏れの主張を崩すための情報なわけでしょ。そこしか争っている部分は存在しないんだし。

暗号化については面倒なんで暇な時に各自↓でも読むという方向で。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797322977/

185 :無責任な名無しさん:2005/04/08(金) 08:19:48 ID:4oSSmknR
>>184
>その話でPATH_INFOやGET、POSTが十分な認証とは呼べず
>SSLや端末識別程度の努力が鯖としては必要であろうという主張だった。
SSLよりIDとパスワードのほうが簡単なんだから、IDとパスワードによる認証は
十分な認証じゃないってこったろ?

186 :無責任な名無しさん:2005/04/08(金) 08:22:54 ID:yxQpyvmv
例えば2chのこのスレのURLは↓なわけだが、
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1110803813/
これは「http://school4.2ch.net/test/read.cgi」に対して「shikaku/1110803813/」という
パラメータを渡しているわけですが、「read.cgi」がこのスレを表示するのに
「shikaku/1110803813/」というパラメータを必要とするとしても
このスレが不特定多数に公開されていないと主張するには不充分でしょうと。


ただ、ACCSの判決ではこれは認証として十分で2chのスレを見る行為は全て
不正アクセスになる可能性がありますよねと。

187 :無責任な名無しさん:2005/04/08(金) 08:25:43 ID:yxQpyvmv
>>185
そこが十分な認証ではないというのは同意でそもそも争っていないでしょ。

188 :無責任な名無しさん:2005/04/09(土) 01:04:52 ID:H3wGBoCS
age

189 :無責任な名無しさん:2005/04/09(土) 01:11:13 ID:H3wGBoCS
新しいモノの発明ではなく、新しいビジネスとして確立できる方法の

特許をとりたいんですが、実用新案になるんですか?

ちなみに、ネット関連でありません。

190 :喉元に短剣:2005/04/09(土) 01:23:15 ID:bVJfP51a
 知的財産権法の質問はこちら。

191 :無責任な名無しさん:2005/04/09(土) 09:29:28 ID:vT1dWLby
>>189
ビジネスモデル特許なるものが取れるらしい(細かいことはしらん)
今すぐ弁理士へGO

192 :喉元に短剣:2005/04/09(土) 21:52:44 ID:bVJfP51a
 知的財産権法の質問はこちら。

193 :無責任な名無しさん:2005/04/10(日) 15:36:24 ID:yXX+8tiP
教えてください
ある大手航空会社からライセンスを貰い
スケールモデルをつくっている会社に勤めています
社長はライセンス契約の期間が終了し在庫を処分しなくては
ならないのに海外にその在庫を送り
売りさばいています
私は半年前に事務職として入社しましたが、
パッキングして海外に送るよう言われ、海外に工場のラインも
借りていたりして、海外に荷物を送ることは日常茶飯事
なので疑問もなく、その違法品も発送していました
これが大手航空会社にバレたら会社はどうなりますか?
私はどうなるんでしょうか?


194 :無責任な名無しさん:2005/04/10(日) 18:18:58 ID:vDOusGqy
>193
ばれたら問題にはなりますが意外に大事にはなりません。
航空会社も小さい会社相手に本気でつぶしにかかることは
しないし、時間と金の無駄。何よりそのモデルが売れることで
小さいながらも航空会社に対してメリットがある。法律上の
問題云々にはならずに少し波風立って終わり。

195 :192:2005/04/10(日) 19:54:45 ID:yXX+8tiP
取引停止にはならないってことでしょうか?
ウチに会社はそのライセンスが在るお陰で事業が成り立っているような状態
なのでこわくt

196 : :2005/04/10(日) 21:11:56 ID:FdWdSofc
>>195
そういう「ウチの会社」とやらは日本に3つもないから書き込みも気をつけたほうがよろしいな

197 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 13:21:14 ID:o/a/MMIN
>>193
>社長はライセンス契約の期間が終了し在庫を処分しなくては
>ならないのに海外にその在庫を送り
そのライセンス契約見ないとなんともいえないが、単なる製造ライセンスなら製造済みの
在庫を売る分には何も問題はない

製品を問屋に納品した後でライセンス契約が切れた場合に問屋が制約を受けないことを
考えると、単なる製造ライセンスじゃないのかな


198 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 13:30:27 ID:575iLrlR
>製品を問屋に納品した後でライセンス契約が切れた場合に問屋が制約を受けないことを
>考えると、単なる製造ライセンスじゃないのかな

そうとも言えんだろう



199 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 13:57:31 ID:o/a/MMIN
>>198
じゃ、具体的に航空会社が受ける損害を示してくれ

200 : :2005/04/11(月) 18:04:43 ID:B2wk+p0C
(1)契約終了後に別の会社と契約すれば損害受ける
(2)そのような事実がなかったとしても、不当利得返還請求の対象になる

201 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 18:22:16 ID:o/a/MMIN
>>200
それ、
>製品を問屋に納品した後でライセンス契約が切れた場合に問屋が制約を受けないことを
>考えると、単なる製造ライセンスじゃないのかな
とは関係ないから>>198の論拠になってないぞ

一般論としても、飛行機のモデルを作ってる会社なら他の航空会社とも契約してるだろうし、
ライセンス契約に従って製造したことが「不当利得返還請求の対象になる」はずもないぞ

202 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 18:27:50 ID:575iLrlR
模型会社に対して、模型の製造販売を、期限付きで許諾したのなら
期限後は、製造も販売もできないんじゃないの?

203 : :2005/04/11(月) 18:40:56 ID:DXgoQ32/
契約終了後の在庫条項がどうなってるかだ罠

204 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 19:02:09 ID:575iLrlR
>製品を問屋に納品した後でライセンス契約が切れた場合に問屋が制約を受けないことを

製造販売者との契約時に、再販売までの規制を含めるのは現実には無理だろ。
小売店で売れ残っているものまで、回収するような義務を負わせるのは
現実的ではない。
だから、問屋が制約を受けないからといって、製造業者との契約にも販売に
ついての規定がないと考えるのは無理じゃないのか。


205 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 19:16:51 ID:oNjalz0S
模型のライセンス契約っておもちゃも含めていろいろ実施されてるみたい
だけどライセンサーがどういう権利を根拠にライセンスしているかというと
いまいち明確じゃないんだよね

206 : :2005/04/11(月) 19:37:44 ID:XQakZ4yy
商標権その他あるだろw

207 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 19:39:42 ID:oNjalz0S
>>206
いやいや確か模型用のステッカー(マルボロ?)でロゴを勝手にコピー
した事案で商標権侵害を構成しないという裁判例があったような気がする

208 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 19:40:29 ID:575iLrlR
エアガンで、商標使っても違反にならんて判決あったよ。

209 : :2005/04/11(月) 20:04:17 ID:MnEGDiIO
>>207
あったが、指定商品「おもちゃ」について登録してるから

210 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 20:10:33 ID:oNjalz0S
>>209 そなんだ さすがマルボーロ サンクス
でもさおもちゃに登録してない業者の場合はあてはまるよね

211 : :2005/04/11(月) 20:34:15 ID:SEkyWrT4
まあ世の中の商品化権ってのは複数の権利(商標・意匠・著作権など)が関係しているものもあれば、肖像権、パブリシティ権だったり、ほんとにどの権利が対象なのかよくわからんものもある罠

212 :無責任な名無しさん:2005/04/12(火) 18:24:54 ID:d/gSUxnz
だれか、著作権総合スレの次スレを立ててくれ
漏れは無理だった・・・orz

213 :無責任な名無しさん:2005/04/12(火) 18:44:35 ID:BJhg6M24
>>205
ライセンシーが「公式ライセンスを受けてます」と主張して類似品と差別化できる権利じゃない
かな?

ライセンサーの許諾なしに主張すると、不正競争防止法の十三号あたりにひっかからない?


214 :無責任な名無しさん:2005/04/12(火) 19:32:16 ID:kSNqjEIt
音楽のパクリで刑事事件に発展する事ってあんの?
刑事になんのは海賊版とかだろ?

215 :無責任な名無しさん:2005/04/12(火) 19:56:28 ID:BJhg6M24
【文化の】著作権総合スレッド・第1条【発展】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1099810477/990
の臭いのするレスは、スルーでおながいします


216 : :2005/04/13(水) 00:39:50 ID:zviZNGdq
>>205,213
民法の契約自由の原則のとおり
特別法の知財法知ってて一般法の民法知らん奴ばっかだなw

217 :無責任な名無しさん:2005/04/13(水) 02:39:00 ID:q6lE74dD
>>215
馬鹿、そこが埋まってるから総合スレに来てるんだろうが!

218 :無責任な名無しさん:2005/04/13(水) 02:40:22 ID:DdlTh/ZV
>>217
次スレある。
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1113306447/l50

219 :無責任な名無しさん:2005/04/13(水) 03:03:30 ID:eho/FvNw
はじめまして。

とあるショッピングモール内で通販ショップを運営しております。
同業他社のサイト(別のモールに所属)が、
当社の商品紹介文やキャッチコピーを微妙に変えただけの、
明らかなパクりで使っていることを知りました。

商品や商品名も、酷似もしくはそのまんまでした。
うかつにも当社はコピーライトや
盗用禁止等の表記をしてませんでした。

この場合、当社の取るべき対応はありますでしょうか。


220 :不正競争防止法:2005/04/15(金) 11:30:44 ID:meSs7FkC
>219 あなたの会社での商品紹介文などが著作権を主張できるレベルのものなのか?
また、商品などについては特許などを取得していないとすれば、不正競争防止法を
適用できるものなのかを検討してみてください。


221 :無責任な名無しさん:2005/04/15(金) 12:11:33 ID:jdtRWzTL
>>219
商品紹介文やキャッチコピーについては著作権で追及するのは難しいよ。
後はパッケージデザインやらも絡めて不正競争防止法違反の線と製法特許くらいかな。

>うかつにも当社はコピーライトや
>盗用禁止等の表記をしてませんでした。

それは必要ないよ。


222 :無責任な名無しさん:2005/04/15(金) 12:13:30 ID:KgzDGQee
>>219
220に同意だが、著作権より不正競争防止法でいくほうがよいと思う。
相手は故意犯だから、あなたが裁判に勝っても辞めない可能性あり。
基本は無視する方向で、
後日あなたがまねしたといわれないように内容証明を出して置け。

223 :無責任な名無しさん:2005/04/15(金) 21:37:21 ID:5QlswxA+
相談させてください
以前バンドしていた仲間が解散後新たにバンドを作り
私の作詞である楽曲を作詞は自分だと偽ってホームページに公開しています
そして、CDまで作り、毎回ライブでも新しいボーカルに歌わせています
歌詞を使ってもいいよとは言ったことはありますが作詞の著作権までは
放棄しておらず最近著作権があることを言って歌詞の変更を求めたのですが
すでにCDを作って売ってしまっており改善するつもりもなさそうなのですが
苦しんで生み出した歌詞なだけに悔しくてたまりません
新しいバンドはアマチュアですが困っています。
こういった場合著作権の侵害だとしてなんとかする方法はありませんか?
よろしくお願いします

224 :223:2005/04/15(金) 21:45:21 ID:5QlswxA+
補足です
作詞はわたし、作曲は偽っているという人です
ライブなどでは公開したことはありませんがオーディション用に作った曲で
以前私が歌っていた原曲はMDに残っています
先日メールで改善の要求はしました
私の要求は作詞者を偽らないで欲しいということだけです
なので、歌詞の使用はせず新たに歌詞を作り
元の曲(偽ってた人が作ったものなので)に当てて使用してくれというものです

225 :作詞作曲:2005/04/15(金) 22:49:21 ID:NFLOfDKV
>223  貴方の悔しさは判ります。
貴方の作詞をそのまま使って(盗作)自分が作ったと言ってる人は、
この話が事実だとすれば、かなり悲しい人間ですね・・・・・
でも、このような事例はたくさんあります。
事実関係を明記した内容証明郵便をまず相手に出した方が良いですね。
問題の解決はその後で・・・・

実は、自分が作詞作曲した曲がテレビで流れた事がありますが、
その時の作詞作曲者の字幕に自分の名前が出ませんでした・・・・
これだけでも実際は不愉快なものです。
貴方の気持ちが良くわかります。


226 : :2005/04/16(土) 01:22:55 ID:PqwbuD/j
>>222
>220に同意だが、著作権より不正競争防止法でいくほうがよいと思う。

はぁ?

227 :223:2005/04/16(土) 03:07:06 ID:8aFzNNhC
>225さん
ありがとうございます
ほんとうにくやしくって。。。。
新しいバンドを作ったのならその中で新曲つくったらいいのにと
おもいました・・・その曲はオーディションでいい線いった
唯一の曲でこれはA面向きな曲だねっていってもらってたんです
あまりにもひどすぎるので内容証明とか送ってみます
一緒に頑張ってるつもりで使ってるとかいわれて???でした
私はもう音楽は出来なくなってしまったので小さいことなのかもしれませんが
気持ち的にすっきりしないので彼らが売れるかどうかは知りませんが
それを使ってオーディションとか受けにいかれたくありません
頑張ってやめてもらえるように出来ることをやってみます
このようなことが沢山あるのは本当にかなしいですね。。。
ありがとうございました



228 :無責任な名無しさん:2005/04/17(日) 08:48:32 ID:Tqfna9Sr
>>219>>222
不正競争防止法を主張して、意匠権の侵害について主張しなかったために
敗訴した事件として、
H16. 5.31 東京高裁 平成15(ネ)6117 意匠権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/B3BF213C76796E2C49256F17003B0B08/?OpenDocument
H15.10.31 東京地裁 平成14(ワ)26828 意匠権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/C0CAC02EE2CA81A249256E2F0024C4BD/?OpenDocument
H13. 8.30 東京地裁 平成11(ワ)13242 意匠権 民事訴訟事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/Listview01/DA9F42CE7EE1DFAB49256AEA001DE53E/?OpenDocument


229 :無責任な名無しさん:2005/04/17(日) 10:45:38 ID:4DZPRX7+
>>228
>意匠権の侵害について主張しなかったために



       なぜ 意匠権 民事訴訟事件 ?




230 :無責任な名無しさん:2005/04/17(日) 12:58:58 ID:b3UxK0fv
>>229
全件、意匠権を主張してるから


231 :無責任な名無しさん:2005/04/18(月) 12:18:57 ID:YcVZkMTf
>>229
ワラタ。

一秒で分かる嘘だな。

232 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 01:13:20 ID:cKXg3zfd
主を捜しているAさん主になりたいBさん その間にCさんの自分が入り仲介をとる
という事をしたいのですが、これはどういう法律を持ってアイディアをぱくられ
ないようにするのでしょうか?全てネット上で展開して行くつもりなので
うまく行けば真似する人が続出する気が。。

233 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 05:30:47 ID:XIhkC9Pp
>>232
商社だの、販売店だの、問屋だの、卸だの、仲介業なんててんこ盛りにある。
そんなのをアイデアと言っても、君が人まねをしてるだけだろうね。

234 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 11:21:45 ID:QfD6H+W9
初めて質問させて頂きます。

登録商標はビジネスになるものなのでしょうか?
通常、登録商標とは自身のブランドを保護し、維持するものだとは理解しているのですが、
例えばソニーミュージックが保有する「着うた」などの商標は、各携帯電話キャリアや
コンテンツプロバイダが使用する際、SMEがこの商標を保有する旨を明記していますよね。
この場合、キャリアやコンテンツプロバイダは、SMEに対して商標の使用料を支払っているのでしょうか?
それとも、SMEが保有するビジネススキームに対して対価を支払っているのでしょうか?

トンチンカンな質問かもしれませんが、ご教授お願い致します。


235 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 12:15:52 ID:lryg77Xm
>>233
真似であることに間違いないのですが、ただその分野で人がいないもんで。。独占
したいなと思いまして。。

236 :喉元に短剣:2005/04/19(火) 12:56:55 ID:B2B72vGg
>235 板違い。

237 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 13:10:06 ID:/+1CvPLT
個人情報保護法に抵触する危険があるから、
その辺は注意して運用する必要があるな。


238 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 13:21:05 ID:XIhkC9Pp
>>236
そいつは、お前がここに誘導したんだ。

239 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 13:32:04 ID:s9lezt5+
>>232
アイディアをぱくられないように
真似する人が続出する気が

>>235
真似であることに間違いないのですが
独占したいな

芯出九打才

>>237
何言ってんの?

240 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 14:58:59 ID:XhO4ZOnZ
個人情報保護法で調べて味噌。

241 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 15:10:11 ID:ALXRM/W5
下請法と派遣法も調べた方が良いな。
まあ、頑張りな。

242 :239:2005/04/19(火) 19:15:38 ID:s9lezt5+
>>240-241
勿論君の言いたいことは分かった上で言ってているのだよ。
が、そんなことは問題にならないのだ。
条文読んだだけじゃ分からないか。
まぁ、頑張りな。


243 :無責任な名無しさん:2005/04/20(水) 00:58:36 ID:0c0F53Ah
>>234
ブローカーのようなものを想定してるのなら
原則として日本の商標法ではビジネスにはならない。
商標法の原則として「商標を使用する者」に登録を受けることを認めているから。
取消審判等でいくらでもつぶせる。
ただ、版権物やブランド品のように元の媒体に価値があるものに絡んで
ビジネスを行うのであれば当然でかいビジネスになる。

どちらにしろ「着うた」は商標のライセンスには関係ないね。
「i-mode」と一緒で商標使用の際のルールをサイト提供者に遵守させてるだけ。
商標のライセンスフィーはます発生しない。




244 :無責任な名無しさん:2005/04/21(木) 22:47:52 ID:pdRMTko/

個人情報を隠して特許出願する方法ってあるのかな?
会社に知られたくないのですよ。

(業務に関係の無い個人発明であり、法的な問題は無いのですけど、やっぱ気になるので)


245 :無責任な名無しさん:2005/04/21(木) 22:48:38 ID:9L6V+Cx9
スバルの軽バンなどをベースに偽ワーゲンバスを作るのは商標法に違反しないのですか?
フェラーリのレプリカとかも違反じゃないのかな?
新車販売されていない車は作って売っても違反にならないの?
それとも違反なんだけど明らかに偽者だと分かるから多目に見てるだけ?
車関係には商標法は甘いのか?

246 :無責任な名無しさん:2005/04/21(木) 23:17:59 ID:IrrvlU0T
>>244
まともな方法はないな。
親戚が発明したことにして出願させるとか(バレれば無効理由)、
偽名で出願して後で補正とか(登録後にできるのか?)。

>>245
なぜ商標?特許か意匠でなくて?

247 : :2005/04/22(金) 01:37:06 ID:mKnmFeeV
>バレれば無効理由

プ

248 :無責任な名無しさん:2005/04/22(金) 01:43:57 ID:F2Wkw4fy
\すごいやドラえもん。愛国無罪と叫べば何をしても許されるんだね
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ
       | _| -|  ・|< ||           |ヘ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ     ______ ノ_/ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \      \ \     |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |  政府公認 O===== |
      `− ´ |       | _|  だからね /          |
         |       (t  )  ________ / /    /      |

今週末もデモは起きると思うよ。だって中国共産党のデモ中止指示って若者に3週続けてシカトされたものね!




249 :無責任な名無しさん:2005/04/22(金) 21:53:00 ID:dwr6DKdd
相談させてください。
趣味でやっている、自分のホームページで公開してる絵を、勝手に商品化されてしまいました。
偶然お店で見つけたんですが、あまりにもびっくりして、何も言えませんでした。
ただひとつ問題なのは、商品化された私の絵は、有名人を描いたものなんです。
この場合だと肖像権がからんできて、私の方からは文句を言えないんでしょうか?
ご教授お願い致します。

250 :無責任な名無しさん:2005/04/22(金) 22:09:49 ID:CqXrXPht
>>249
あなたがその絵を商品化して売ったりすると肖像権ないしパブリシティ権
の侵害になるおそれはありますがそれは別の問題でありあなたの絵には
ちゃんと著作権が成立しています
したがって著作権侵害を主張することができます
相手方はあなたの承諾を得てないくらいですからその有名人の肖像権等
の権利処理もたぶんしてないでしょうね

251 :無責任な名無しさん:2005/04/22(金) 22:25:49 ID:dwr6DKdd
>>250
素早い返信ありがとうございます。
問題ないようで安心しました。とりあえず、店頭に置いているショップの方に
問い合わせしてみます。海外輸入物っぽいので面倒なことになりそうですが…
ありがとうございました。

252 : :2005/04/23(土) 01:26:46 ID:oQHBMJX3
>問題ないようで安心しました。
安心してる場合か?

>とりあえず、店頭に置いているショップの方に
問い合わせしてみます

待て
まず相手が商品化している証拠を保存しろ
自分の絵、自分がかいたものであることを示す証拠も保存しろ
問いあわせなんかした瞬間から相手は宝庫隠滅をするものだ

253 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 08:48:08 ID:p3KlPzFP
>>249>>250
著作権と意匠権との問題となる判決例として、「ファービー」事件がある。
知っておきたい主要判決 30.「ファービー」事件 著作権法違反被告事件
山形地判H11(わ)184号H13.9.26
仙台高判H13(う)177号H14.7.9
http://www.jpaa.or.jp/publication/patent/patent-lib/200302/jpaapatent200302_065-072.pdf
◆H14. 7. 9 仙台高等裁判所 平成13年(う)第177号 著作権法違反被告
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/221F19E9C74F885949256C1B00030F83/?OpenDocument
○玩具「ファービー」人形のデザインは美術の著作物に該当しないと判断された事例
◆H14. 7. 9 仙台高等裁判所 平成12年(う)第63号 著作権法違反被告
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/49DE295024D1F77F49256C1B00027516/?OpenDocument
○玩具「ファービー」人形のデザインは美術の著作物に該当しないと判断された事例

>>250
肖像権ないしパブリシティ権の侵害になるおそれはないでしょう。
法律上規定がないため。競走馬のパブリシティ権の最高裁判決参照のこと。


254 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 09:11:10 ID:SRXch+cY
>>244
産業財産権法においては、個人情報保護法が適用除外となっています。
特186条4項、意63条4項、商72条4項。
>>246
>まともな方法はないな。
>親戚が発明したことにして出願させるとか(バレれば無効理由)、
相続その他の一般承継である旨の書面を特許庁長官に提出することが必要です。
その提出がない場合には、共同出願違反(拒絶理由・無効理由)となる
場合があります。

>偽名で出願して後で補正とか(登録後にできるのか?)。
弁理士に依頼しないとできません。登録名義人の表示変更(更正)登録申請書を
提出しないと、いわゆる冒認出願として無効理由を有することとなる。



255 : :2005/04/23(土) 09:24:04 ID:quSIsJc4
>>254
発明者の欄の補正方法も知らんのか?

弁理士に依頼しないと登録名義人の表示変更(更正)登録申請書を提出できないなどと暴言をいう理由は?


256 : :2005/04/23(土) 09:25:04 ID:quSIsJc4
共同出願違反とは違う

257 : :2005/04/23(土) 13:39:30 ID:u/+YH5PT
親戚を発明者にするのは表示の誤りだが拒絶理由でも無効理由でもない
発明者の表示に登録名義人の表示変更(更正)登録申請書はない
親戚の名前で出願するのは、便宜上承継させただけだから、契約自由の原則通りで、拒絶理由でも無効理由でもないし、出願前に承継しているのだから書面の提出など不要

258 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 15:06:22 ID:PFosvHSy
出願前に承継しても、出願人が変わるだけじゃないの?
発明者まで変更できるんだっけ?

259 : :2005/04/23(土) 15:55:13 ID:M2j+EBbX
だから〜、発明者にするのは表示の誤りだと言ってるだろ
出願中は補正できるが登録後は表示変更などない。
ちなみに表示変更、表示更正は、表示の変更(更正)前と後とが同一主体の場合だから、本人と親戚とが明らかに別人物な本件には関係がない。
登録後に権利者を親戚から本人に戻したくなったら、名義変更だ。

260 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 16:25:11 ID:WgUQAfEj
nyを使って見逃したテレビ番組を見るのは違法じゃないですよね?
あくまで、個人的に見て楽しむだけですからセーフですよね?

261 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 16:36:49 ID:PFosvHSy
>>260
見る方はセーフだが見させる方はアウトなので
見る方も犯罪に加担することになる

262 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 16:44:10 ID:WgUQAfEj
>>261
答えて頂き、どうも。
見る方は犯罪に加担しても、それは道義的責任だけですよね?

263 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 17:37:22 ID:WgUQAfEj
答えられない理由でもあるのですか?
nyを使って見ることが違法かどうか迷ってる人間に、
違法でないと言い切ることで、僕がnyを利用してしまえば、
道義的とはいえ犯罪に加担してしまうから
お答え頂けないとゆうことですか?
わかりました。これ以上は聞きません。

264 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 18:01:12 ID:PFosvHSy
だってさー
ウソ教えちゃったら悪いじゃん。自信ないもん。

265 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 18:19:07 ID:WgUQAfEj
そーゆー理由かいな。俺は、はっきりと教えることで
見せる側の犯罪者と、見る側の犯罪に加担する人間を出したくないから、
答えんのだと思たよ。詳しく知らんのに、なんでこのスレおるん?

266 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 18:49:16 ID:PFosvHSy
なんでって言われても楽しいから。

267 : :2005/04/23(土) 20:58:04 ID:CGfr1It6
>>254
>産業財産権法においては、個人情報保護法が適用除外となっています。
>特186条4項、意63条4項、商72条4項。

特186条4項、意63条4項、商72条4項のどこに、個人情報保護法が適用除外って書いてあるの?
ねえ、どこに書いてあるの?
個人情報保護法ができる前に、特186条4項、意63条4項、商72条4項に適用除外って書いてあったの?
どこに?

君の答え、全部間違ってるから、回答しないほうがいいよ?

268 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 21:07:03 ID:I4Yv/92I
>>267
個人情報保護法に国の機関は適用除外って書いてあるんだが。
特許庁は国の機関じゃなかったっけ?

269 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 22:38:16 ID:jVhE4Vgl
>>262
逆。
見させる方は犯罪ではあるが道義的責任は皆無。

270 :無責任な名無しさん:2005/04/24(日) 01:18:35 ID:C6JG+05k
同じ漢字でも違う読み方だったら商標登録は出来るのでしょうか?
例えば「本気」と書いて「ホンキ」だけが登録されていて、
これから「本気」と書いて「マジ」と読むのを登録できますか?
「ホンキ」の方は商品化されてなく知名度も低い状況です。

271 :喉元に短剣:2005/04/24(日) 02:38:52 ID:dx9m757E
>270 「本気」と書いて「ほんき」だけが登録されているとは、どういうこと?

272 : :2005/04/24(日) 05:58:27 ID:e2r4EcPQ
>>270
登録できない

273 :270:2005/04/24(日) 17:54:11 ID:oYLpq3m8
やっぱり駄目なんですか・・・
データベースに登録したい読み方が表記されていなかったので、疑問に思ってました。

274 : :2005/04/24(日) 18:27:46 ID:fyaiOrkE
>>268
特186条4項、意63条4項、商72条4項に適用除外とは書いてない。

個人情報保護法に国の機関は適用除外とは書いてない。

個人情報保護法では国の機関等は個人情報取扱事業者に該当しないと書いてあるだけで、
別途、個人情報の適正な取扱いを確保するために必要な施策を総合的に策定する国の責務を定めている。

275 :無責任な名無しさん:2005/04/24(日) 22:57:35 ID:azg2UOMt
名画を元にオリジナルで絵を描くのは著作権の侵害でしょうか?
例えばモナリザの絵を見て、同じ構図でオリジナルのモナリザを描くとか。

276 :無責任な名無しさん:2005/04/25(月) 07:21:10 ID:B6z6Hbx+
>>275
ガリレオの死んだのが過去50年以内なら考慮する必要がある。

277 : :2005/04/25(月) 09:20:47 ID:YK7mj0IO
ガリレオじゃないんじゃ

278 : :2005/04/25(月) 10:48:42 ID:kiXt14xE
レオナルド・ダ・ビンチ

279 :無責任な名無しさん:2005/04/25(月) 21:45:33 ID:rY3c7d9Z
絵を描くだけならいいんじゃないの?
個人的なんちゃんらに含まれそうな。

280 :無責任な名無しさん:2005/04/26(火) 13:56:36 ID:YxinOWTV
今日は政府の知的財産推進計画改訂だそうだが、
いい加減に「著作権をゴリゴリに強化すれば(゚д゚)ウマー」と言う
短絡的発想とは訣別して欲しいものだ罠。って、期待するだけ
無駄な気もすれど。

281 :無責任な名無しさん:2005/04/26(火) 14:37:51 ID:ylnPgNbE
>>280
しかし、デジタル家電低迷なんかは明らかにそれが理由なんで、経産省あたりは
わかってきてるんじゃないのか?

282 :無責任な名無しさん:2005/04/26(火) 21:28:28 ID:YxinOWTV
>>281
取り敢えずパブコメの結果
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/dai10/10siryou6.pdf

283 :275 :2005/04/26(火) 23:53:32 ID:k5NjsYzB
お返事遅くなりました。
みなさんありがとうございます。
作者没後50年以上ですが、絵を描いてそれをネットに載せるのは危なさそうですね・・

284 :無責任な名無しさん:2005/04/27(水) 00:56:04 ID:iatyAxWJ
>>281
結局は政治献金の額でしか評価されない。
パブコメなんて後からそれに体の良い言い訳をつけるための道具に過ぎん。

285 : レオナルド・ダ・ビンチ :2005/04/27(水) 01:00:55 ID:WzyS2uIy
わしが死んだといつ言った?
お前らは証明できるのか?
プゲラリラーレ

286 :無責任な名無しさん:2005/04/27(水) 05:51:39 ID:nhnfxdYC
やさしい法律相談スレから誘導されました。
質問です。
HP、ブログ内で漫画やアニメなどのタイトル、キャラクター名、技名などを使用(例えば、「XXという漫画を買った」、「○○というキャラはカッコいい」など)
しても著作権などには触れないのでしょうか? 
また、ヤフーオークションなどで画像を載せているのをよく見かけるのですが、これは大丈夫なのでしょうか?

団体名、個人名をHP、ブログ内で使用した場合(「XXという団体は平和的だ」、「△氏の考えには否定的だ」など」は何かの侵害になるのでしょうか?
同じ内容で済みません。何卒お願いします

287 :無責任な名無しさん:2005/04/27(水) 08:43:08 ID:tYUm+k8N
>>286
漫画やアニメなどのタイトル、キャラクター名、技名
 … 著作権法2条1項の著作物の定義「思想又は感情を創作的に表現したもの」に当たらないと思われ
ただしモノによっては商標登録されてるものもあるかも(あるのか?)

団体名・個人名の使用は知的財産権の侵害にはなんないと思うけど、名誉毀損とかそっちのほうは大丈夫なの?


288 :喉元に短剣:2005/04/27(水) 12:30:45 ID:tMWWfJEr
 次の質問どうぞ。

289 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 08:02:22 ID:dz3k0MMp
【企業】作者不詳曲のCD、JASRACが管理・監視強化へ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1112307444/557
>http://chizai.nikkeibp.co.jp/chizai/gov/meti20050425.html
>経済産業省にはまともな思考ができる人物がいるんだな。
>文化庁には著作権課の吉川晃のようなレコード業界の口利きみたいなクズもいるが。


290 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 09:31:45 ID:6cyM3MGE
赤本(大学入試過去問のあれ)に対する損害賠償のニュース見たんだが

あれって正当な引用にはならないの?

291 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 10:58:02 ID:hHGuqt4L
>>289
文化庁はレコード業界とか著作権屋とかを守る立場の役所だから
コンピュータや家電産業よりの経産省とは当然立場が違う。

292 :喉元に短剣:2005/04/28(木) 12:26:26 ID:3c3h4k7G
>290 「あれ」とは?

293 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 12:35:03 ID:PswvE+qC
>>291
>文化庁はレコード業界とか著作権屋とかを守る立場の役所だから
この板で、そんな嘘は通用せん。

設置法には「文化庁は、文化の振興及び国際文化交流の振興を図るとともに、宗教に
関する行政事務を適切に行うことを任務とする。」とある。

文化寄生産業の振興は文化の振興じゃないどころか、音楽文化なんかぼろぼろに衰退
してるぞ。

加戸も岡本も吉川も、ダニ。

>コンピュータや家電産業よりの経産省とは当然立場が違う。
「民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業
の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること
を任務とする。 」から、こっちは「コンピュータや家電産業より」で当然、誰はばかること
もない。


294 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 13:29:52 ID:hHGuqt4L
>>293
文化庁にとって大切なのは天下り先の確保であって文化そのものではない。
文化庁と経産省では天下り先が違うから立場や見解が違うという話なわけだな。

建前はどうであれ彼らの行動原理は自分の天下り先を保護するということで一致している。

この国での「保護」がいかに歪んだものであるかというのは前提の話で
ダニであることは前提で言及の必要は無いと考えていた。

295 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 16:34:24 ID:PswvE+qC
>>294
>建前はどうであれ彼らの行動原理は自分の天下り先を保護するということで一致している。
将来を見据えて積極的に産業振興してその分け前をもらうのと、後先を省みず利権を確保し
て業界を枯らすダニとを同列にするな。

そもそも、経済産業省で優秀なのは、業界に寄生なんかしてないぞ。村上ファンド見てみろよ。


296 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 20:05:26 ID:oGTDHEC5
質問させてください。

実は、HPを公開する際、業者に依頼してHPを作成してもらいました。
その際、其の業者が他のHPの画像を無断で使用し、私のHPに貼り付けていた模様です。
本日、その管理人(ここで言う他のHPのオーナー)から指摘のメールを頂戴し、すぐに掲載を中止してくれとのことです。
同時に、法的所為を取る。
また、そのメールによると、HPオーナーの顧客からもクレーム?指摘?があったようです。


当然、こちら側としては、ご指摘の通り、即座にその対象の画像の掲載を取りやめました。


こういった場合、何か当方の過失になるのでしょうか?
ただ、いろいろ調べると、別段、損害には該当しないようですが、
そういった問題ではなく、著作権侵害に該当するのでしょうか?
また、こういった場合、損害賠償を支払わなければなりませんか?



以上、お願いします。

ポイントは、私は其の画像が、他のHPのものということを知らなかった。
また、指摘があった時点で、即座に修正した。


以上、お願い致します。

297 :喉元に短剣:2005/04/28(木) 20:10:50 ID:3c3h4k7G
 どこの省庁でも優秀な人はそんなもんだ。なにをもって優秀と捉えるかは
大きな論点。
 業界に頼ってないから優秀というのはニワトリタマゴ的。

298 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 20:38:43 ID:FuWHhnaY
>>297
>どこの省庁でも優秀な人はそんなもんだ。なにをもって優秀と捉えるかは
>大きな論点。
で、文部科学省で優秀な人はどうなるんだ?業界に頼らないのか?
著作権課課長からJASRAC理事長は、出世コースじゃないっけ?
それとも、文化部部長が優秀か?
そもそも、勝ち組はいても優秀な人はいないんじゃないか?

>業界に頼ってないから優秀というのはニワトリタマゴ的。
>>294が、業界に頼ることは絶対悪であるかのように決め付けたのがいけないんだろ。


299 :無責任な名無しさん:2005/04/28(木) 21:10:06 ID:DqtHTvy/
さあ、これでゴールデンウィークのおかずも大丈夫!!
http://manco.dtdns.net/ad_sc

300 :無責任な名無しさん:2005/04/29(金) 20:15:32 ID:vLlP0VYM
なんかおもしろそう。
ttp://blog.goo.ne.jp/patent_jp

301 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 01:56:49 ID:MSRlOzD4
>>298
課長から三つ飛びでJASRAC理事長なんてコースは有りません。
課長経験のうえで長官、でなくとも次長になってからでないと無理です。

302 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 08:17:25 ID:HE9oYRD7
>>301
>課長から三つ飛びでJASRAC理事長なんてコースは有りません。
あたりまえ。著作権課課長からJASRAC理事長になるコースはあるが、途中経由がないなんて
書いてないだろ。

>課長経験のうえで長官、でなくとも次長になってからでないと無理です。
つまり、
>>298
>で、文部科学省で優秀な人はどうなるんだ?業界に頼らないのか?
の答えは、業界とずるずるべったりということ。

文部科学省で優秀っていったって、経済産業省には入省できるかどうかもあやしいから、まあそ
んなもんといえばそんなもんか。

303 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 09:50:10 ID:8vmyk/Z1
弁理士試験は青本と過去問だけでのりきれますかね? 
何も知らない状況で昨日から勉強開始しました。

304 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 10:25:45 ID:oRpuyN2i
おまえらこの問題に答えてください。


市販されているCDを購入し、(*1)自分が使うためにデータ用のCD-Rにコピーをとった。
また、(*2)MP3と呼ばれる種類のファイルに変換して保存して、
(*3)メル友にも送ってあげた。

*1〜*3で、著作権侵害してるのはどれですか?
また著作権を侵害してるもの、していないものは、
それぞれどの項目に反するか、あるいはどの例外の条件にあてはまるか教えてください。

305 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 10:40:21 ID:fKV98UeR
米、知的財産権侵害で中国を「優先監視国」に指定
http://www.asahi.com/international/update/0430/001.html?t5

306 :喉元に短剣:2005/04/30(土) 11:36:04 ID:PdOfeaRa
>304 生CDで変なことするんですね。

307 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 18:41:34 ID:GtLX3w9l
>>304
*1はOK
*2もOK
*3はダメ

項目は知らん

308 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 18:49:23 ID:MSRlOzD4
>>302
なんかさ、文科省は「再販制度絶対護持」で再販制度廃止が悲願の
経産省を撃退してから己の力量を過信するようになってしまった気がして
しょうがないな。輸入権で(自分たちには何の権限も無いにも関わらず)
再販制度廃止に同意しておきながら、いざ廃止を迫られたら「無権限」の
一点張りを通したとか言う話も有った罠。

309 :無責任な名無しさん:2005/04/30(土) 21:45:21 ID:HE9oYRD7
>>308
ネットのおかげで再販反対のマスコミの力が低下してきてるからな。

310 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 03:36:50 ID:wWNCQFlK

中国を優先監視国に 知的財産権侵害で米通商代表部
http://www.sankei.co.jp/news/050430/kok037.htm


311 :無責任な名無しさん :2005/05/01(日) 18:08:20 ID:oH35vjC6
著作権に関する質問です。

著作権つき(「〇R」の記号つき)の布を生地店で購入しました。
その布を使って商品を作って販売したら、これは著作権違反になるの
でしょうか?
「この布を加工して商品として販売することを禁止します」という
注意書きが付いている布をみたことがあるのですが、その布には書いて
ありませんでした。

お分かりになる方いらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

312 :第42類:2005/05/01(日) 18:20:34 ID:LSwe+E+a
医院名称が商標権を侵害しているとの警告を同業の商標権者より受けました.
登録商標はたしかに実在し,指定役務も同一です.
開業後約8年使用していますが,商標登録は約10年前に行われていました.
10日の期限を切られ,使用中止しなければ法的処措置をとると警告されました.
医院名称を変更するしかないでのしょうか?

313 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 18:24:40 ID:QItPhgqL
>>311
(R)は著作権でなく登録商標を意味するマーク。

登録商標をそのまま付けて売ったら商標権の侵害になる。

314 :311:2005/05/01(日) 18:39:04 ID:oH35vjC6
>>313
(R)マークは商標登録マークだったんですね・・初歩的なことを
間違っていました;
うーん、とするとやはりこの布を加工して商品として売ったら
法律違反になるということですね。
危ないところでした。教えて下さってありがとうございました。

あと、一つおききしたいのですが、雑誌や本などの一部を
切りぬいて加工(複写ではなく、実物を使用)して販売した
ら、それも法律違反になるのでしょうか。
二度にわたってすみませんが、教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

315 :喉元に短剣:2005/05/01(日) 18:48:40 ID:ZgZqass6
>314 著作権法違反ではない。

316 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 18:53:04 ID:QItPhgqL
>>314
状況がよくわからんのだが、布のうち商標が印刷されてない部分なら商標権には関係ないでしょ。


> 雑誌や本などの一部を切りぬいて加工(複写ではなく、実物を使用)

加工のしかたによっては同一性保持権とか氏名表示権とかひっかかりそうな気が。←素人意見



317 :311:2005/05/01(日) 19:01:19 ID:oH35vjC6
>>314
有名な画家が書いた絵がプリントされている布で、その絵部分の一部を
切りぬいて加工して商品にしたいなぁと思ったんです。
「その絵」=「商標」と解釈すればやはりダメということでしょうか。
(無地の部分なんかは商標はついてないからOKということですよね?)

>>315>>316
グレーゾーンなのでしょうか。
使用のしかたによる・・・難しいですね。
同一性保持権とか氏名表示権は知りませんでした。
ちょっと調べてみます。

318 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 20:31:48 ID:k0mJXyHe
>>312
交渉して、通常使用権の許諾(いわゆるライセンス)でも受けたら
どうですか。

あるいは、自己の氏名・商号には、権利が及ばない場合もありますよ。

319 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 20:55:48 ID:gKw+4+Sp
 質問させてください。
商標法3条1項には
「自己の業務にかかる商品又は役務について使用する商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる」
とあり、登録を受けることができない商標として
同条3号に
「その商品の産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状〜(以下省略)のみからなる商標」とあります。

 つまり、産地や、販売地、品質や原材料や効能なんかを謡っているだけでは商標登録が受けられませんよ、
というように私は解釈しました。

 ここからが質問させていただきたいことです。

 じゃぁなんでハウス食品の「六甲のおいしい水」は商標登録できたんでしょうか?
IPDLで検索すると、複数商標登録されているみたいです。

商標登録1980636号
商標登録3137815号
商標登録4383510号

「六甲」は産地だろうし、「水」は原材料だろうし、「おいしい」は効能?(または品質?)なのかな?
とにかく商標登録できない要素がてんこもりに見えるのですが、なんで登録できたんでしょうか?

私の条文の解釈の仕方がおかしいのだと思うのですが、どうおかしいのか自己解決できません。
よろしくお願いします。

320 :& ◆tt9KhM1CGo :2005/05/01(日) 21:22:57 ID:LSwe+E+a
>>318
早速のご回答ありがとうございます.
ライセンス契約は考えられません.
医院名でも商標権の侵害であることは確かなのでしょうか?
自己の氏名ではないですが,比較的ありふれている名称のため
全国に同名または類似名称の医院が15件前後はあります.
その,ほぼ全てに同様の警告文を送ったようです.
この業界では異例のことといっても過言で無いと思います.
なぜ商標取得後10年以上も経過した今このような行動に出たのか
その動機もわかりません.
突っぱねても訴訟を起こされたら勝ち目は無いのでしょうか?



321 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 21:32:50 ID:k0mJXyHe
自己の名称(商号)を不正の目的でなく普通に使う限りは、商標法26条の規定により、
商標権者(原告)の権利が、使用者(被告)に及ばない可能性が高いです。

一度知財に詳しい弁護士か、商標を専門とする弁理士に相談されたら、
良いのではないでしょうか。

>>319
それは、ハウスが使用することにより識別力が生じたらから(3条2項)
ではないでしょうか?

322 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 21:40:02 ID:vxAU7m7v
>>320
相手もやはり医療機関なのか?

具体的な医院名は何だ?

323 :312:2005/05/01(日) 21:54:18 ID:LSwe+E+a
>>321
ありがとうございます.相談することにします.
>>320
【商標登録番号】第3016056号 です

324 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 06:36:19 ID:PFpfGg4Y
【商標登録番号】第2056861号「美容室」
なんて商標で全国にある美容室を商標権侵害で訴えたりも可能なんでしょうか?


325 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 06:44:48 ID:PFpfGg4Y
なんでもありの先願主義?

326 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 07:32:36 ID:SaQ1ndbu
(511)(512)【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
32食肉、卵、食用水産物、野菜、果実、加工食料品(他の類に属するものを除く)

327 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 10:32:57 ID:ce2J3dVf
パワー・ブランド構築の手法

近年、ブランド論の研究が進んでおり、ブランドは
マーケティング結果の積み重ねで変化・形成され、
その商品やサービスの価値に基本的影響を与えるものとの
認識が広がっています。
現在では、マーケティングの結果生じるブランド・エクイティに
甘んじずに、ブランド・アイデンティティを軸に、
いかにして強力なブランドを構築するかを起点に
企業行動が行われるべきであるとする考え方が強くなっています。


328 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 11:17:06 ID:+hNMSZ8n
>>324
不正競争目的じゃない法人の自己の名称にまで、商標権及ぶの?

329 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 15:33:44 ID:WMV84uuP
掲示板を無断転載されちゃいました
これって著作権ないのぉ?
http://www5b.biglobe.ne.jp/~h-mori/

330 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 17:54:03 ID:lzJ+3xPK
雑誌に無断転載禁止と書いてあるのですが、
その書かれている内容を自分の中でまとめて自分の言葉で文章にして
HPにのせた場合でも、それがつみかった場合、訴えられちゃいますか?
専門分野の解説集みたいなものなんですが




331 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 18:31:27 ID:MgZBhq8A
>>330
それは転載とは言わない。
著作権上何の問題もない。

しかし「つみかった」なんて文章力では、辞めといた方がいいかもしれんが。

332 : :2005/05/02(月) 18:44:29 ID:+SN4OVk4
それは翻案という。
殿程度の翻案かも見ないで何の問題もないなんてよくいえるな

333 :喉元に短剣:2005/05/02(月) 20:53:40 ID:HQGKb9Nf
>331
 どの程度まとめて自分の言葉にしているのかを見もしないで、
よくも翻案だと決め付けて他者を批判できるよな。
…というくらいは言い返してもいいかと。

334 :無責任な名無しさん:2005/05/02(月) 20:55:56 ID:MgZBhq8A
>>333
だって、この人の他のレスを読むと、絡みたくないって思っちゃうから。

335 :無責任な名無しさん:2005/05/03(火) 02:34:18 ID:j7o8D3Qi
植物の苗ですが、登録品種では無いのですが品種名が商標登録されているものがあります。
植物は大抵、接木、挿し木で簡単に同一品種の苗が作れるのですが、そのコピー苗を品種名伏せて売ると問題ありますか?

例えですみませんが、

いちじくの【バナーネ】第3264468号 を
いちじく とだけ表題にして売る。

よろしくお願いいたします。

336 :喉元に短剣:2005/05/03(火) 03:07:35 ID:Jj8Ypdma
>335 商標法、種苗法の違反ではない、に一票。

337 :無責任な名無しさん:2005/05/03(火) 03:43:53 ID:TtSF9ZDz
http://www.stec-jbldg.co.jp/img/main.jpg
http://www.geocities.jp/nano7maru/esuteltuku.jpg
これ著作権侵害?

338 :喉元に短剣:2005/05/03(火) 04:44:55 ID:Jj8Ypdma
>337 「これ」を自分の言葉に翻案せよ。
 問いの本質を説明できない質問者は、回答を理解できないから回答するだけ
損である、はここでの板常識。

339 :無責任な名無しさん:2005/05/03(火) 07:19:10 ID:hHvgBa1o
>>337
状況によっては著作権侵害。

340 :無責任な名無しさん:2005/05/03(火) 14:34:40 ID:vVt7UL1c
http://bbs.avi.jp/186274/
たいした事でも無いのに著作権や商標などの複製とやらの侵害だとか言って煩くてかなわん。

341 :無責任な名無しさん:2005/05/04(水) 14:39:12 ID:ylfrRmmF
行政書士質問スレッドから誘導していただきました。
マルチポストになってしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

フリーのグラフィックデザイナーです。大規模商業施設のロゴ作ってるんですが、
商標調査までお願いと言われました。ネットでぐぐってみると、弁理士さんのサイトが
いろいろ出て来ましたが、俺そこまでやったことなくて、じゃぁどこに頼めばいいの?
ってところで選びようがなくて困ってしまいました。
今見積段階で、その調査料も出さなきゃならないんですが、
■このような案件で弁理士さんを選ぶ時の押さえるべきポイント
■俺が話しを聞く時に提出するべき前提情報
■その他、なんでも。そもそも何をわかってなきゃいけないか
のあたりで、アドバイスいただけませんでしょうか。

クライアントも素人さんで、丸投げの状態なんです。
業態はデパートみたいな感じで、いろんなお店・業種が入っていて
ネーミングは決まっていて、ロゴマークの調査って感じです。

342 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 18:52:03 ID:yHvnHLeT
あるソフトウェア A とそれと全く同じ事ができるソフトウェア B を
新規で作成した場合、これは著作権法違反になりますか?

343 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 20:01:12 ID:weyrvQHe
>>342
著作権法を基礎から勉強すべし。
というより、著作権法とは何かがわかればそういう質問は出ない。


344 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 20:02:49 ID:Ct1TR8Cc
ソース・コード、オブジェクト・コードをそのまま複製したら著作権侵害となります。
ただし、同じアイディアでも違ったコードで書かれている場合は、著作権侵害とはなりません。
著作権法は著作物そのものを保護するものであって、そのアイディアを保護するものではないからです。
アイディアの保護を受けるためには、特許出願が必要ですね。

345 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 20:52:08 ID:yHvnHLeT
例えば、ある会社に勤めている従業員 AA がその会社で作成していた
ソフトウェアを、別の会社に転職し全く同じソフトウェアを
異なるプログラミング言語で作成した場合、これは
著作権法違反にならない、という事でしょうか?
(ソフトウェアのアイデアに関して特許出願がなされていない事を
前提として)

逆に、このような事を防ぐ法律はあるのでしょうか?

346 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 21:03:58 ID:3S1tHtzq
2ちゃんに音楽の歌詞をカキコしたら著作権法違反になるんでしょうか?

347 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 21:09:13 ID:3S1tHtzq
2ちゃんに歌詞を書いたら、ジャスラックに使用料を払う義務が生じるんでしょうか??

348 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 21:20:19 ID:3S1tHtzq
あと1分以内に答えて下さると助かるんですけどねえ

349 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 21:24:40 ID:C1uQgxX4
>>345
ないでしょ。
ただ、ソフトハウスとかなら雇用契約で退職後3年くらい同系の職種に就かないって条件や
業務上の秘密についても契約しとくでしょ。

>>348
ジャスラックに聞けば?

350 :343:2005/05/06(金) 21:45:16 ID:weyrvQHe
>>345
ストレートに著作権法違反。
少しは勉強してから来い。


351 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 21:50:16 ID:3S1tHtzq
>>3502ちゃんのスレに歌詞書いたら著作権法違反ですか?

352 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 21:56:39 ID:jbZCrFPz
>>351

この板に居る人は少ないから、スレを代えても回答者は同じだよ。

>このスレには、著作権について詳しい方は、おられないみたいでつね。
>じゃ、他のスレ逝って聞いてくるワ
>役立たずどもめ!


353 :345:2005/05/06(金) 22:21:47 ID:yHvnHLeT
>>350
勉強したんですが、理解できませんでした。頭悪くてすみません。。。

>> 344 にあるように
> ソース・コード、オブジェクト・コードをそのまま複製したら著作権侵害となります。
>ただし、同じアイディアでも違ったコードで書かれている場合は、著作権侵害とはなりません。

というように、コードが全く別もの(そもそもプログラミング言語が違う)
の場合でも、著作権法違反になるのですか?
どこからどこまでが著作権法で守られるのか、理解できていません。
すみませんが、もう少しだけアドバイス頂けないでしょうか?

354 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 22:34:39 ID:ni9EIh0p
>>353
350はまったくのデタラメ。
コードが違ってれば、フローチャートが完全に同一でも著作権の侵害にはならない。

355 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 22:57:27 ID:Ct1TR8Cc
>>345
著作権法は著作物そのものを保護するので、原則として著作権侵害とはなりません。

しかし、著作権法には法人著作の規定があり、契約に別段の定めが無い場合は、
従業員が創作した著作物は会社に属します。その為、会社がその著作物を登記した
場合には第三者対抗要件が発生し、民法上の不法行為による損害賠償権が発生する
おそれがあります。

また、そのプログラムに関する営業秘密を他社で利用した場合、不正競争防止法の
対象となります。不正競争防止法の罰則は大変重く、個人の場合は3年以下の懲役、
300万円以下の罰金ですが、法人重課の場合は3億円以下の罰金となります。

更に、商法上の競業避止義務違反となるおそれもありますね。

従って、著作権法、民法、不正競争防止法、商法によって会社の権利は保護されて
いるといえます。名文上の規定がストレートにあてはまるのは不正競争防止法でしょう。

あと、かっこ書きで書かれている、会社が特許権を取得していた場合、元従業員の
行為は侵害と言いえます。これも名文上の規定がストレートに当てはまりますね。

最後に、侵害に関しては弁護士さんの方がプロなので、そちらの板で意見を
聞かれた方がよろしいと思います。



356 :無責任な名無しさん:2005/05/06(金) 23:21:43 ID:Ct1TR8Cc
『地域の名物「商標」だれのもの』

>地元の特産品や歴史を生かした名物は、だれのものなのか――。商標権を巡り、
>開発者の権利意識が薄かった「おおらかな時代」から様変わりし、近年は地域の
>業者同士が裁判で争うケースも出てきた。一方、衰退する農林漁業を活性化させ
>るため、個性あるネーミングで付加価値を高めようという動きも各地で広がる。
>名産づくりによる地域おこしを後押ししようと、国も商標登録の基準を緩和する
>法改正に乗り出した。(若松真平)

ttp://mytown.asahi.com/saga/news02.asp?kiji=3251
(朝日)

17年改正法の「地域団体商標」に関する記事だけど、これって素人が書いてるねw


357 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 00:04:11 ID:v5KuT3cp
>>355
著作権を侵害するかどうかは微妙だと思うがナ。

358 :喉元に短剣:2005/05/07(土) 00:25:06 ID:svx/pOh6
>>341 それを直接弁理士に聞いて欲しいと弁理士なら考えるが。
 よそで聞いた情報を押しつけられる事を専門家は嫌がる。君もそうだろ?

359 : :2005/05/07(土) 01:19:44 ID:k18v+p2w
>>354
言語が違うだけでまったく表現が同じなら著作権侵害のおそれが高い

360 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 01:26:36 ID:v5KuT3cp
>>359
言語が違ったら全く同じなんてのはありえないだろ。
ハンドアセンブルとかじゃあるまいし。
コンピュータ言語が世の中に多くあるのはそれぞれの言語に
特性があり得手不得手があるからだ。

361 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 01:36:35 ID:v3EaaldI
>>357
微妙な問題は裁判所で聞いてくれ。俺は文言解釈しかできん。
心象は物凄く悪いと思うけど…

362 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 09:17:09 ID:xMDJ4SCo
>>360
翻案権の侵害にはあたらないのかな
立証が難しいような気がしなくはないけど

363 :343:2005/05/07(土) 11:01:22 ID:ZNo+k8w8
>>362
その通りだよ。
ここは無知なヤシが多いな。


364 :341:2005/05/07(土) 11:19:02 ID:Vsta42Vb
>>358 喉元に短剣さん、回答ありがとうございました。
弁理士さんに問合せをすること自体が始めてで、ピントはずれなコンタクトに
ならないようにと思って調べていました。おっしゃるように、お相手は専門家
なんだから、ド素人を恥じずとにかく電話してみます。
おっしゃっているとおりですね。すいませんでした。

365 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 21:00:35 ID:SFgcQ9Q7
存在している特許は潰せるという噂を聞いたのですが、
どのようにしたら潰せるのでしょうか?


366 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 21:26:11 ID:7GfJ0eFz
>>365
デマだ

367 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 21:34:58 ID:SFgcQ9Q7
>>365
公知であれば潰せる。


368 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 22:17:53 ID:1D1xWqrw
で、公知の基準って?


369 :無責任な名無しさん:2005/05/07(土) 23:24:11 ID:Gu4bNY2V
論文や記事が不特定多数に発表されている。

370 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 00:39:03 ID:EnsaQC/D
赤の他人が登録する前に、特定少数の間で知られていたら?


371 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 00:39:52 ID:EnsaQC/D
例えば、そうした根拠となる証拠が存在する場合とか。

372 :喉元に短剣:2005/05/08(日) 02:15:41 ID:GTjhf1aL
 そうですね。

373 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 02:22:13 ID:1B1arDQ0
>>362
難しいんじゃないかな。
というか著作権で解決すべき範囲じゃない希ガス。

374 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 11:56:34 ID:OL85hdMw
>>373
不競法で刑事摘発じゃない?

375 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 13:33:26 ID:4OO1UFOb
>>373
そもそもソフトウェアに著作権が適用されている自体かなり異和感を覚える

376 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 13:38:26 ID:Lp0mTtUE
>>375
何故?


377 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 13:39:44 ID:Lp0mTtUE
むしろ漏れとしては、ソフトウェアに特許が適用される事に違和感を感じるんだが。


378 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 13:58:00 ID:T12uf0zz
>>375
自分が作らせる立場の人間の論理

>>377
自分で作りたい立場の人間の論理



379 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 14:13:48 ID:jTZaHOQO
>>370
「赤の他人が登録する前に」ではなく「赤の他人が出願する前に」
「特定少数」は、人数の問題じゃなく秘密保持義務があるかどうかの問題。

380 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 14:17:53 ID:cAqpCRqJ
>「特定少数」は、人数の問題じゃなく秘密保持義務があるかどうかの問題。

つまり、秘密保持義務が無ければ不特定多数になると。


381 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 17:10:33 ID:1B1arDQ0
プログラムは最終的に数学に行き着くからじゃないかな。
結果のための最善の方程式というのはルール(言語)が同じなら
証明の手順は違っても殆ど同じものになるわけだし。

その方程式が完璧なものじゃないなら創作性が生まれる可能性があるわけで・・。
昔、プログラムの仕事は何行でいくらって状態で、良いプログラムというのは
本来行数が少なく処理が早い「より公式に近いもの」であるのに、
無能で冗長なプログラムを書く人間がもてはやされて有能な人間が評価されない
時代が結構長かった。有能なプログラマも自分の給料を増やすために無駄な
ゴミを付けて行数を増やすような本末転倒な状態が普通だった。
創作性が発生し保護されうるプログラム、つまりより数学から離れ公式から離れた
歪なプログラムこそが保護される対象になるというものにもそれと同じような
本末転倒なものを感じる。

382 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 17:40:11 ID:FOvMivIO
>>381
言いたい事が良く分からん。


383 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 17:48:45 ID:KC3RGAqr
>>381
そこそこ有能な凡人の発想。

天才の書いたプログラムは、まさに芸術。

その凡人による模倣も、ついでに著作製認めてやってもいいだろ。

最近のハッカーは質より量って感じで、全然駄目だがな。

384 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 18:24:58 ID:cs1vd3Br
>>381
それは単に法律の問題ではなく、
評価する人間のアフォっぷりが問題なだけかと。
あと、評価させる人間の主張不足にも問題アリ。


385 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 20:15:53 ID:OL85hdMw
>>383
著作権は独占排他権ではないので、他人の使用を完全に止めることはできない。
「公正な利用を留意しつつ、著作者等の権利を保護し、もって文化の発展に
寄与する」もの。

もっとも、立法趣旨の「文化の発展に寄与する」から大きく外れているのも事実。

しっかり権利管理しようとするなら特許出願するしかないよ。

386 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 20:40:41 ID:RE09f6nZ
>>385
ソフトウェア特許の審査に関しては、もうちょい厳密にして
欲しいな。某一太郎裁判みたいなアフォな特許は禁止して欲しい。
あと、ソフトウェア特許の期間は3年ぐらいにして欲しい。
それ以上は実害しか無いよ。


387 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 20:42:57 ID:RE09f6nZ
つ〜か、ソフトウェア特許に関しては、
動くソフトが無いと駄目とかの制限が欲しいな。
でないと、アフォな特許がボコボコ沸いてくるから。

388 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 20:57:33 ID:KC3RGAqr
>>386
アルゴリズム特許?

いずれにせよ、ビジネスモデル特許よりはましだが。

389 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 21:35:45 ID:LNCynkQh
>>386
今の時代の若い世代の人間は知らないだろうが、昔は
PCなんて普及していなくて、かわりにワープロという
機械があったんだ。その機械で使われていた特許なんだよ。


390 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 22:15:22 ID:lMiM6XvL
>>385
独占排他権でしょ?
プログラムを実行する権利は含まれないけど。

391 :無責任な名無しさん:2005/05/08(日) 23:07:53 ID:OL85hdMw
>>390
それって商標の禁止権みたいなもの?
つまり、使用は出来るけど排他性が無い。

392 :無責任な名無しさん:2005/05/09(月) 00:30:03 ID:IgsIyWp3
>>391
商標の禁止権(商標法37条1号)は、「自分も他人も使用できない」というもの。「禁止権」は俗称。
誰も使用できないので、「独占排他権」とは呼ばれない。

著作権はプログラムの「複製」に関する独占排他権を含む(著作権法21条)けど、プログラムの「実行」に関する規定は著作権法にはない。
「実行」まで独占したければ特許権が必要。

393 :無責任な名無しさん:2005/05/09(月) 00:30:58 ID:FkCmMayE
>>391
要するに「○○するのを差し止める」権利だって事みたいだけどね

複製権なら、複製するのを差し止める
録画権なら、録画するのを差し止める
翻案権なら、翻案するのを差し止める

394 :無責任な名無しさん:2005/05/09(月) 06:47:38 ID:RAx6gsGA
>>392
dクス
著作権法21条には確かに「複製する権利を占有する」とあるね。独占排他権。
しかし、著作権法26条の2第1項柱書には「譲渡により公衆にしようする権利を占有
する」とあるので、この「譲渡」を「実行」に読むの?
特許法だったら「使用する権利」とあるのでそれを「実行」とよめるけど、この点が
不明。
考えてみたら、プログラムは鑑賞・視聴と目的とするも、それを「実行」しなければ
具現化しないので、「実行」も「著作権に含まれる権利」に入れるべきなのかな…

>>393
「○○を差し止める権利」とは面白い!
著作権法は権利の種類が多く、それに差止めとみなし侵害の規定が複雑に入り混じって
とにかく複雑で難しい。
自分の頭が悪いのか、立法上の矛盾なのか、よくわからん点が多い。

395 :無責任な名無しさん:2005/05/09(月) 07:46:43 ID:RAx6gsGA
「使用する権利」を「実施する権利」に訂正。
「使用」は「実施」に含まれる。

396 :無責任な名無しさん:2005/05/09(月) 22:22:42 ID:+ZgMu1DW
>>394
色々な意味で物議を呼んでいる文化庁著作権課課長の講義録
http://web.archive.org/web/20041010033640/http://uno.law.seikei.ac.jp/~kfjsrc/0302.pdf

少々ぶっちゃけすぎてるような気もするが

397 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 05:50:28 ID:CEWtATMu
>>396
立法者の「本音」が読めて、大変貴重な資料でした。dクス。
フェア・ユースなんて不要で、私権を拡大していくようですね。
文化庁の歪んだ妄想でした。

398 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 07:49:06 ID:gI5Xdfvd
>>397
フェア・ユースに関しては↓の12Pから15Pに書いてあるね
http://web.archive.org/web/20041010033640/http://uno.law.seikei.ac.jp/~kfjsrc/0304.pdf

読めば分かるけど、不要とは言ってないよ。「どう考えますか?」って言ってるだけ。

399 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 08:48:31 ID:CEWtATMu
>>398
読んだけどやっぱり、「公共の利益」という条件設定より、「私権」・「財産権」を
強調しているように取れる。他の産業財産権法の中での位置付けも弱いし、やたら
コンテンツ産業の規模を喧伝する。経済産業省の貶すことも良い印象ではない。

例えば、HDD音楽プレーヤの私的録音録画補償金に関しても、経済産業省はネガティブ
なのに、文化庁はポジティブ。

製造産業と音楽映像産業と、支持団体が違うのが大きな理由だけど、一般利用者にとっては
経済産業省の意見が好ましい。

思うに、文化庁が産業経済政策に手を出すべきではなく、文化教育政策を誠実に実行
すべきだ。かの冊子は著作権中心主義が酷すぎる。




400 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 14:10:36 ID:tXi/3M+6
アメリカでフェアユースが認められてるといっても、法律に書いてあるのはその目的が、

  for purposes such as criticism, comment, news reporting, teaching
  (including multiple copies for classroom use), scholarship, or research

の場合でしかないんだよね。

それを、司法がかなり拡大解釈してる。

日本の最近の判例のような解釈だと、例えば家庭での利用がfor purposes such asだと
認められることはないだろうね。


401 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 17:11:18 ID:eFBBC1T5
特許掲載広報とか出願公開広報ってどこで手に入れるん?
あと広報に出願人の住所とかって乗るんかね
例えば広報掲載されたもんに熱烈に実施を希望したい物がある場合とかって連絡先わかるんですか?

402 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 20:54:37 ID:9bODw9V+
>>401
とりあえず特許電子図書館
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

403 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 22:20:19 ID:WALVvCh1
>>399
その経済産業省は、レコード輸入権には積極的だったんだよね
音楽映像産業が金の成る木だとわかったみたいで、経産省の意識も少しずつかわっているみたい

404 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 23:10:02 ID:CEWtATMu
>>403
俺は経産省も特許庁も文化庁も嫌いなの。その点の誤解が無いよう。
独立行政法人はもっと嫌い。天下りしている理事が暴れているから。

405 :無責任な名無しさん:2005/05/10(火) 23:12:11 ID:WALVvCh1
>>404
経産省の意見が好ましいと書いておいて「嫌いなの」もないと思うけど
誤解せざるを得ないなぁ

406 :無責任な名無しさん:2005/05/11(水) 00:47:41 ID:F1BOkPGS
>>402
さんきゅ。
任意で登録してる人の連絡先はわかるみたいね。

それにしても使いにくいページだ・・・

407 :喉元に短剣:2005/05/11(水) 01:25:17 ID:WwA/eHYo
>405 意見内容に対する好みと意見者に対する好みとは、違っていても
構わないかと。
 むしろ、坊主憎けりゃ袈裟まで的思考は、賢い人のすることではなかろう。

408 :無責任な名無しさん:2005/05/11(水) 06:44:31 ID:ZcCf3TSC
特許に関してはアフォな話が多すぎるから、仕方が無いだろ。

409 :無責任な名無しさん:2005/05/11(水) 22:59:35 ID:AyhcBeSS
ところで、特許の審査員による引用って何の目的で行われているの?

410 :喉元に短剣:2005/05/12(木) 02:12:01 ID:DAhTlv2C
>409 特許の審査員による引用とは?

411 :無責任な名無しさん:2005/05/12(木) 06:39:08 ID:pLKqCli4
Patents Cited by Examinerってあるじゃないですか。
あれ。
何の目的で引用されているのですか?


412 :無責任な名無しさん:2005/05/12(木) 10:39:24 ID:fnMOVB2w
【中国】王毅駐日大使「知的財産権侵害に刑事処分創設へ」【05/12】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1115855701/

中国の王毅駐日大使は11日の講演で、中国政府が海賊版など国内の知的財産権違反に対し、
近く新たに刑事処分を創設するとの見通しを明らかにした。中国はこれまで、
違反行為への罰則を行政処分に限定しており、刑事処分創設が懸案となっていた。
大使は「刑事罰を設ける方向に進んでいる。恐らく時間の問題だ」と力説した。
中国では昨年末にゲーム機周辺機器の大規模な模造メーカーが摘発されるなど取り締まり強化が進んでいるが、
米国などには不満が強い。王毅大使の発言はそうした地合いに配慮したものと見られる。
大使は「政府は最近、大変な力で違反行為への取り締まりを強化している」とも述べ、
中国内の摘発強化を引き続き進めることも強調した。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050511AT2M1101H11052005.html
【知的財産】米、知的財産権侵害で中国を「優先監視国」に指定[04/30]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1114821788/
【知財】中国産模倣品差し止めが倍増、首位の韓国に迫る【04/16】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1113661208/


413 :無責任な名無しさん:2005/05/12(木) 18:30:39 ID:+FkRX+t+
商標登録の質問です
例えば
○○TV と ○○テレビ この両方を出願したい場合です。
こういう場合は、「標準文字」で出願の場合も
英語とカタカナ両方を併記して同時に出願は出来ないのでしょうか?

やはり、別々に出願しなければならないのでしょうか?

414 :無責任な名無しさん:2005/05/12(木) 20:51:39 ID:AAG7Codo
質問があります

美術品を写真撮影してその画像を仕様しての
販売は著作権もしくはなにかの犯罪になるのでしょうか?
また図鑑などに掲載されてる他人が撮影した美術品を掲載した
販売物は何かの犯罪になるのでしょうか?

415 :喉元に短剣:2005/05/12(木) 22:32:46 ID:DAhTlv2C
>411 ごめん。不勉強なのでわかんない…。

416 :喉元に短剣:2005/05/13(金) 02:26:56 ID:0VCBo6JN
 著作権法に関する質問は、こちらへどうぞ。

417 :無責任な名無しさん:2005/05/13(金) 02:38:07 ID:McU+QDTR
米で逆方向の著作権法改正法案
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1115868325/

418 :無責任な名無しさん:2005/05/13(金) 14:53:00 ID:ZR2UmYez
マイクロソフトと東芝、特許の相互利用で包括契約
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050513AT1D1300T13052005.html
http://www.asahi.com/business/update/0513/084.html

【産業】東芝とマイクロソフト、特許融通で包括提携 [5/13]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1115960091/


419 :無責任な名無しさん:2005/05/14(土) 18:34:23 ID:Om05r0HI
「二十四の瞳」を商標登録 業者が取得、地元は反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050514-00000065-kyodo-soci

420 :無責任な名無しさん:2005/05/15(日) 02:34:39 ID:107SiLJp
>>417
DMCAはアメリカ版文化大革命だからな。
知財の使用を禁止することで文化を衰退させるための法律だから。

421 :無責任な名無しさん:2005/05/15(日) 06:17:03 ID:7QKJbGcy
アメリカって、著作権が切れそうになるたびに、20年30年と権利期間を延ばす法改正をさせる強欲企業が支配している国のことかい?


422 :無責任な名無しさん:2005/05/15(日) 13:27:07 ID:107SiLJp
>>421
「著作権が・・」じゃなく「ミッキーマウスの著作権が・・」だな。
日本で言うと黒澤。

423 :無責任な名無しさん:2005/05/16(月) 00:38:44 ID:9gRm4Iia
 すいません ちょっと教えてください。
特実でも意匠でもいいんですが、(さすがに商標は関係ないと思うので)
ここでは特許とします。
特許の「出願」って「法律行為」ですか?

なにを聞きたいのかというと、
未成年や成年被後見人や被保佐人でも自分ひとりで出願できるんですか?

発明が「事実行為」なのは分かるんですよ。
吉藤読んでると、生後5歳8ヶ月の小児が実新を出願して認められたって審決例があるそうなんで。

でも(これには詳しく書いてなかったんですが)「発明」は事実行為であっても、その「発明:は結局、
「出願」という行為をしないと、独占排他権は付与されないじゃないですか

 じゃ、「出願」は法律行為なのかな?と疑問に思ってしまって。

よく、巷には「ひとりでできる特許出願」みたいな本が出回ってますよね?
でも、あの手の本には「未成年や成年被後見人や被保佐人は出願できませんよ」って書いてないんですよ。

別に庁への出願だけに限らないと思うんですが、役所、もっと広く言えば行政府に何かの権利を主張する
ために書類を提出するのは法律行為のような気もするんです。

 たとえば、未成年や成年被後見人や被保佐人は結婚するための婚姻届や離婚するための離婚届は
勝手には提出できませんよね?未成年なら親権者の同意、成年被後見人や被保佐人だったら成年後見人や
保佐人の同意が必要ですよね?
 なぜなら結婚や離婚は法律行為だからですよね?

 じゃ、たとえば、未成年が特許出願するときには親権者の同意が必要なのか?と考えると、???
ちょっとそれは聞いたことがないなぁと思って。(成年被後見人や被保佐人の場合はまるで想像つきません)

 どなたかわかるかたいらっしゃいますか?

424 :無責任な名無しさん:2005/05/16(月) 08:31:00 ID:awacrEOQ
>>423
7条1項
未成年者及び成年被後見人は、法定代理人によらなければ、手続をすることができない。ただし、未成年者が独立して法律行為をすることができるときは、この限りでない。

7条2項
被保佐人が手続をするには、保佐人の同意を得なければならない。

ちなみに「手続」とは「特許出願、請求その他特許に関する手続」のこと(3条2項)。

425 :無責任な名無しさん:2005/05/16(月) 08:56:19 ID:fi/VVFbD
商標の出願の書類の書き方について教えていただけないでしょうか。
先週、弁理士さんにイメージでの出願の仕方聞いて書類も完成しましたが、
やっぱり標準文字で出願しようと思いました。
また相談しにいくのも費用など大変なのでよろしくお願いします。

例えば、「blue sky」ということで実際に使いたいとします。
書類には「blue sky」or「bluesky」どちらで記載したらよいでしょうか。
スペースを空けるか空けないかなんですが。
いろいろ記載例を見てますがどうも判断が着きません。
スペースあるのは見たことは無いです。
よろしくお願いします。







426 :425:2005/05/16(月) 15:59:11 ID:fi/VVFbD
解決できました。
ありがとうございました。

427 :無責任な名無しさん:2005/05/16(月) 23:52:34 ID:WgrHSuHQ
>>426
ちゃんと、先行登録商標の調査をやったかい?
商標出願は、調査が命だよ。
漏れてると、あとで地獄を見るよ。


428 :425:2005/05/17(火) 05:08:25 ID:6+Lq4x/E
>>427
お返事ありがとうございます。
弁理士さんが目の前で、先行登録商標の調査はしていただきました。
分類や記述も大丈夫だと思います。

429 :教えてください。:2005/05/17(火) 11:46:21 ID:CzmAepYP
教えてください。
私は、10年程前に私が製造している玩具の部品の特許を出願しました。
この特許は結果的に進歩性が無いとの事で拒絶されましたが、
この私の特許明細書や図面をコピーしてAと言う人間が無断で勝手に
この玩具の部品を意匠出願して登録されてしまいました。
この意匠権を盾に、Aは韓国の会社B社にこの部品を安く製造させて日本
国内に輸入し、私の製造している玩具のコピーを製造し、安売りしていたも
のです。(韓国のB社は、この部品の韓国内製造権利を自社で有しています)
当然の事ながら、私の製造する玩具の売上が激減したために、私はAに
対して製造販売の差し止め裁判を提訴しました。

裁判の結果、Aの意匠権は私が譲渡を受けて取得する事になり、私がAに
実施権全部の通常実施権を許諾する形で特許庁にも登録しました。

相変わらず、B社とAの取引関係は今も継続しておりますが、私もこの部品を
韓国のB社から輸入した方が原価が低く抑えられるためにB社との取引を
私が希望したところ、B社はAの承諾があれば取引しても良いとの回答なの
ですが、Aはこの取引を承諾してくれません。
私がこの部品の意匠権を有しておりますから、通常実施権者であるAからの
承諾は要しないと思いますが、この点について、どうなるのか教えてください。
よろしくお願いします。




430 :無責任な名無しさん:2005/05/17(火) 12:06:04 ID:0xqNC3ev
意匠権の問題ではないと思います
BがAと独占供給契約を締結していればBはAの承諾なしに
あなたに対し当該製品を供給することはできないでしょう

431 :教えてください。:2005/05/17(火) 20:49:45 ID:O1Uf2tsg
>>430 B社がAと独占供給契約は締結しておりません。また、
B社は、私やAの許諾なしに、日本国内の数社に本件パーツを
輸出しておりましたから、この件に関しては違法である旨の警告書を
B社に送っております。
B社はその腹いせに?取引をしないと言っている可能性もありますが、
このような状況の場合、どのようにしたら一番良い解決になるのか・・・・
何か方法はないでしょうか。    ご教授ください。

432 :無責任な名無しさん:2005/05/17(火) 21:12:40 ID:U1yaGwO/
中国人産業スパイ 欧州暗躍
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050513/mng_____kok_____003.shtml

九日にはスウェーデンで中国人科学者が特許申請前の発明情報を盗もうとしたことが発覚した。


433 :無責任な名無しさん:2005/05/17(火) 23:01:06 ID:jRb/gAdV
>>431
とりあえず、何故、A社の承諾が必要なのか
その理由をB社に聞くべきでしょう。


434 :教えてください:2005/05/17(火) 23:36:09 ID:V4IjwmpD
>>433 B社にこの件も聞きましたら、以前よりA社から大量に
買ってもらっているからと言う事で、いわゆる義理があると言う事です。
しかし、私としては、A社の買い付けは不法行為によるものであった事を
B社に説明しましたが、なかなか聞き入れてもらえません・・・・
事の良し悪しよりも、やはり今までの実績が物を言う様ですね〜


435 : :2005/05/18(水) 00:55:59 ID:9no3Kpr6
それは知財の問題ではなくB社の自由だね

436 :無責任な名無しさん:2005/05/18(水) 04:17:50 ID:b4pnzxyT
「役立つ!著作権セミナー」
http://rightnow.zeikei.jp/

437 :無責任な名無しさん:2005/05/18(水) 13:14:19 ID:YsoiWTpd
【国際】中国の偽造品は対GDP8% 知的財産保護 当局は口だけ 米公聴会報告 [5/18]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1116389299/

438 :教えてください :2005/05/18(水) 16:59:29 ID:Ug3Ydt9K
特許法と種苗法の関係がいまいちわからないのです。
植物の新品種を開発した場合どうなるのでしょうか?

439 : :2005/05/18(水) 17:40:00 ID:g6H9XROi
>>434
>私やAの許諾なしに、日本国内の数社に本件パーツを輸出しておりましたから、この件に関しては違法である旨の警告書を
B社に送っております。

あなたは韓国での意匠権を持っているのか?
持っていないなら、A社は日本の意匠権の通常実施権があるだろ。
他の日本国内の数社の輸入行為は間接侵害であったとしても。

>A社の買い付けは不法行為によるものであった事をB社に説明しましたが、
何故不法行為なのか?

少なくともA社相手の輸出は、知財の問題ではなくB社の自由だね
それ以外の通常実施権を持っていない相手に対しては、B社ではなく、輸入した各社に対して意匠権の間接侵害に基づき警告なり訴訟なりをするべきこと。


440 :教えてください:2005/05/19(木) 00:03:20 ID:R+Ybpawl
>>439 ご説明ありがとうございます。
輸出と輸入の関係で、部分的に自分の認識が間違っていたようです。
もう一つお聞きしますが、このA社は、実施権を有しない日本国内の取引先
数社に対し、韓国のB社からの輸入商品の直送を許諾していました。
これらの行為(許諾)は、A社の権利外で違法であると思いますが、
如何でしょうか?この点もご教授ください。


441 : :2005/05/19(木) 02:15:29 ID:Ej0HItr1
あのなあ、A社に「実施権全部の通常実施権を許諾」したんでしょ。
日本国内の取引先数社に対し、A社が韓国のB社からの輸入商品の直送を許諾していたのだから、A社の通常実施権に再許諾権が含まれるかどうかは文面から不明だが、
販売先に便宜上直送するとかなら当然合法

合法の相手を違法といったり警告したりあなたの方が違法になりかねないよ
ご説明、ご教授じゃなくて、あやふや、デタラメな知識しかないのに警告だのなんだの危ない対処をしているあなたに警告してるようなもんですよ


442 :教えてください。:2005/05/19(木) 11:18:17 ID:mrHNvHPV
>>441 言葉不足がありましたが、A社に再実施権は許諾していませんから、
このA社が直接関与しない直送行為は違法だと思い警告書を出したものです。
また何かありましたらよろしくお願いします。


443 : :2005/05/19(木) 11:22:39 ID:YNbZVoO6
A社が国内の数社に販売しただけなら再許諾権がなくても合法

444 :無責任な名無しさん:2005/05/20(金) 12:03:52 ID:3jBn/E1J
文面チェックせずA41枚スキャンして1,900円のお会計。
工業所有権電子情報化センターで働いてみたい。

445 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 10:09:14 ID:AXW+U9ux
しかしなんだなあ。
知的財産権(特実意商)がらみの契約を弁護士にまかせるのは危険だなあ。
彼らは、知的財産権法を勉強してないからなあ。
弁理士の目から見るとトンチンカンな内容の契約も多々ある。


446 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 10:23:37 ID:u2jQrAEg
漏れ、弁理士なんて言葉は今日初めて知ったぞ。
そういや、ソフトウェアの使用許諾では、
著作権法を丸写ししただけ、なんて事が珍しくないよな。

それはこれが原因だったのか・・・知らんかったよ。


447 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 10:40:53 ID:AXW+U9ux
そうだよなあ。知られざる資格だもんなあ。
一応、100年以上前からある資格なんだが。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~patent/shikiten.htm


448 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 13:24:36 ID:qsVEaDXo
弁理士と書いてあるにもかかわらず、
弁護士と読む人もいたり・・・


449 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 18:49:14 ID:AXW+U9ux
新字体で、同じ「弁」にしてしまったのが大問題。
本来
辨理士
辯護士
と書く。今でも、名刺に辨理士、辯護士と刷ってる弁理士、弁護士は少なくない。

ちなみに、辨と辯は、全く意味が異なる。

[辨] @ よりわける。見わける。「弁別」 A 明らかに考える。わきまえる。「弁証・弁理」 B 用にあてる。役に立たせる。

[辯] @ 言い開きをする。言い争う。「弁護・弁難・弁論・弁明・弁解・弁駁(べんばく)・陳弁・答弁」 A 造・名話しぶり。話。
「大臣就任の弁」「弁が立つ」「懸河の弁をふるう」「弁士・弁口・弁舌・雄弁・多弁・訥弁(とつべん)・駄弁・詭弁(きべん)・能弁・熱弁・通弁」


450 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 22:13:43 ID:KQiqxMMB
ちょっとした発明をして弁理士協会の無料相談に行き、
弁理士さんに相談したところ、「面白そう、とれるんじゃない?」
といわれました。で、どうやって取るのかと相談したら
「事務所が確実だけど高いから自分で出願する手もあるよ」
といわれました。特許って素人が書いて通るほど簡単なのでしょうか?

一応、事務所依頼も検討し、各段階での見積もり取りましたが、
特許査定(審決)のところで「謝金 6万+請求項×3千円」と
書いてありました。謝金って何ですか?弁理士に対する謝礼金のことですか?
マンション借りるときの礼金みたいに、この業界では慣例の事なのでしょか?
どなたか詳しい方是非お教えください。


451 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 22:24:19 ID:RhE7jE7a
ちょっと質問なんですが、自分で買ったもしくはレンタルしたCDをPCにmp3として保存したとするじゃないですか。
で、このmp3ファイルをネットを介して友人や家族にあげるのは違法ですか?
また、CD-Rに焼いて友人や家族にあげるのは違法ですか?

詳しい方お願いします。

452 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 22:34:13 ID:RhE7jE7a
あと、ネトラジで勝手に音楽を流すのも違法でしょうか?
一緒によろしくお願いします。

453 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 22:52:32 ID:go80SKdX
>451 >452
http://www.google.co.jp/

454 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 23:20:00 ID:/kGt3uLE
>>450
発明が超すごければ素人が見よう見まねで書いても特許になると思う。
微妙な発明なら、プロに頼んだほうが、拒絶くらった場合の対応とかも含めて成功率は上がるけど。

あと、素人が書くと、特許になった後で活用しづらい明細書になりやすい。
(侵害品の特定が難しい表現だったり、特許無効審判を起こされやすかったり)

謝金というのは成功報酬だと思うけど。
無事特許になったらこんだけもらいますよ、って話じゃないの。たぶん。
慣例かどうかは知らない。あっちこっちの事務所に見積もりだけ聞いてみれば?

455 :無責任な名無しさん:2005/05/22(日) 23:26:32 ID:ghhsAk9i
>>451
家族は問題ないと思う。
友人は法律的にはやや問題かもしれないなぁ。現実的には見逃されると思うけど。

ネットを介するというのも、添付ファイルの形か、
アップロードするかで意味合いがかわってくる。


>>452
公衆送信権に抵触するかと

456 :無責任な名無しさん:2005/05/23(月) 01:46:05 ID:tt0FiRVF
いま弁護士を目指しています。
私は昔から本や音楽やテレビやゲームなどが好きで、著作権に興味が
あるのですが、著作権を専門にした弁護士って将来性はあるのでしょうか。
意匠、商標にもまあまあ興味はありますが、特許にはそんなに興味は
ありません(文系ですし、弁理士との競争も厳しそうですし)。
特許を軸にして知財分野で活躍している弁護士はいらっしゃいますが、
著作権を軸にした場合だと、将来の見通しとしてはどのようなものに
なるのでしょうか。

457 :無責任な名無しさん:2005/05/23(月) 06:40:12 ID:pSZzk/A3
>>456
将来性まではわかんないけど、
出願・登録(中間処理)等の機会がないだけ、
採算性の面では単純に不利なんじゃね?

458 :BENGOee ◆qtcDIIgo6k :2005/05/23(月) 13:22:25 ID:7m6iZx8V
弁護士目指して、貧乏生活しています。
弁護士になって、特許関係の仕事している人って
結構おおいんですか?




459 :無責任な名無しさん:2005/05/23(月) 16:46:19 ID:4WkSpFYg
>>458
知財関係の訴訟などは年間千件もないそうです。

460 :無責任な名無しさん:2005/05/23(月) 18:54:33 ID:4aJeZsY2
質問させていただきます。
商標登録されているロゴやマークを、個人非営利のサイトで使用した場合、
商標権の侵害になるのでしょうか。なにかしらこられの商標を用いて商品や
サービスを提供しているわけでもなく、また登録元にも損害を与えていない
場合にです。
(とりあえず与えてないはず、なのでここでは与えていないとしてください。)

突然ではありますがよろしくお願いします。

461 :無責任な名無しさん:2005/05/24(火) 19:07:21 ID:rXoRG5j5
日亜青色発光ダイオード事件に新事実発覚です。
この出願期日と適用された法律との関係をごらん下さい。大問題ですよ。

平成3年3月8日 最高裁リパーゼ判決
平成5年6月17日 特許第2918139号(窒化ガリウム系化合物半導体発光素子)出願
平成6年12月14日 改正特許法交付(70条第2項む改正施行は平成7年7月1日)
で、判決文は、
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/0/0E07F5345132165B49256A9200277094/?OpenDocument
特許出願後に改正された事後法(特許法第70条の第2項)を適用しちゃって技術範囲の判断が行われて
います。

ここで、70条第2項改正の趣旨(特許庁)を読んでみましょう。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/pdf/h6_kaisei/h6_kaisei_4.pdf
リパーゼ判決も参考にして下さい。
http://patent.site.ne.jp/jd/lib/sp/910308.htm

このようなタイミングでなされた出願に対して70条第2項を適用するのは、出願人にとってあまりにも
アンフェアじゃないでしょうかね。特許出願というものは、一旦出願しちゃったら後からほとんど補正
できないものなんです。後からできた法律で技術範囲の解釈をコロコロ変えられたらたまらないでしょう。
侵害判断後の権利行使にその事件発生時の法律が適用されるのは自然ですが、技術範囲の判断
ならば、出願時点の法律が適用されなければなりません。
ちなみに技術範囲の判断にかかわる「審決取り消し訴訟」の場合は、出願時点の法律が適用されて
います。これはあたりまえのことです。そこから準用してみると・・大問題ですよね!

462 :無責任な名無しさん:2005/05/24(火) 20:15:33 ID:LwwyfoNr
特許が詳しそうなおまいらに質問です

あるアイデアを思いつきました。形状と機能性に関するものです。
例として、こういう発明だとします。

「ゴルフのパターのシャフト部分を極端に長くして、その上部に振り子をくっ付けたもの」

こういうのは特許でとるべきでしょうか?実用新案でしょうか?

463 :無責任な名無しさん:2005/05/24(火) 20:31:18 ID:2kMT1yaX
>>462
権利とった後どう使いたいかによる。

単に見せびらかして威張りたいなら実用新案。
ベンチャーとかに使いたいなら特許。

464 :喉元に短剣:2005/05/24(火) 22:01:06 ID:60Yayvjs
>460 なる場合がある。

465 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 00:03:29 ID:zG2ozsdH
>>463
どうもです。
効果はあると思うので、がんばって特許で行こうと思います。
まずは、同様の発明がないか特許庁HPで調べてみます。
ありがとんございました

466 : :2005/05/25(水) 01:01:07 ID:zx8sHvDN
>>461
>出願期日と適用された法律

出願を特許にするかどうかの話でもないし、侵害訴訟でもないし
無知だな

467 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 01:39:44 ID:7hiGh+en
>>466
言ってることが意味不明だよ。せめてこのくらいの言い訳言えないのか?
http://www.nisjp.com/cgi-bin/imTRBBS/im_trbbs.cgi?uid=patent&df=5973.log&prm=TAN&pg=1&no=5821#5821
本当は特許法のこと、何も知らないんだろ?

468 :事務所の回し者:2005/05/25(水) 07:32:07 ID:ep1FjCOM
>>465
侵害訴訟で賠償金ふんだくるとか考えるなら
プロの弁理士に頼まないと強い明細書できないと思われ

469 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 07:50:45 ID:sLjnVC44
>>456
実務はできないだろうが、知財紛争に関して法廷に立ったり。
あとビジネス寄りの人だと知財ファンドとか研究してたりとまぁ改革チックな時期にある分、新しい仕組みを構成する上で弁護士の力はかかせない

470 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 08:07:31 ID:sLjnVC44
>>462
かぶりそうな怪しい先行技術があったら実案で取ってさっさと権利ごと売却。
新しいモンで需要がありそうなら、特許で出願だけしといて会社回って好感触なら審査請求。



471 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 08:32:19 ID:7hiGh+en
>>461
三村裁判官の言い訳を聞きたいんだが,だれか三村裁判官になり代わって答えてみてくれ
いい勉強になるだろう

472 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 17:40:01 ID:sLjnVC44
>>471
「文句があるなら控訴してください」

473 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 18:16:34 ID:I2CHEHVm
>>472
想定問題だ。逃げるな。

474 :無責任な名無しさん:2005/05/25(水) 21:30:17 ID:sLjnVC44
>>473
いや・・・・言われたとうり三村君になり代わって答えたんですけど

475 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 00:25:16 ID:PUi7BM4D
>>474
そういうずるいやつなのか?三ちゃんて?

476 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 00:52:28 ID:7v6b150n
>>475
地裁の判決の瑕疵から逃げるために高裁がある

477 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 00:57:53 ID:7v6b150n
そんな事より聞いてくださいよ。
本読んでたら知財管理会社がライセンス契約、出願等行うと弁理士方に抵触する恐れがあると書いてあるんだが。
何条に触るんですかね?弁理士法なんて一個判例見た事あるだけでまったく触れたことないんでわかんねんですけど
また知財管理会社の定義とは?
今ちと、ある試みをしようと思っておって知財管理会社ではないが、言われればそうでないとは言い切れない気がしてきたので不安なのだが。


478 : :2005/05/26(木) 01:57:23 ID:CMTPLux3
75条

479 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 02:51:54 ID:7v6b150n
>>478
ここにある特許業務法人とはいわゆる特許事務所に限られるんですか?
知財管理会社も普通に考えれば特許法人業務な気がしますが、特定の特殊法人はダメと言いたいのか?
また知財管理株式会社の類が弁理士を構成員とする部署を作り、他人の出願、契約を報酬を得て行う場合もコレに抵触?

ちなみに弁護士の人が書いた「知的財産ファイナンス」p233


なんだか一般人でも出願できるのにこんな条文があること自体ナンセンスな感じですけど・・・

480 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 07:14:13 ID:0BjnmFkA
>>476
法律の適用にかかわる事項は当事者の主張を待たず、裁判官の専決に委ねられるんだろ?
法改正の期日を精査せずに法律を適用したら明らかに裁判官の瑕疵だな。
当事者の主張の良し悪しは関係ない。主張があったという事実だけで良い。

481 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 08:25:47 ID:0BjnmFkA
三村裁判官、日亜化学に土下座して誤れ。
もっとも、こんな>>461ことに気付かなかった当事者の弁論もアレだがな。
今回ばっかりは弁論のせいにはできない。裁判官の職務怠慢が明らか。

482 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 08:42:59 ID:1FneklYc
>>477-479
・知財管理会社や特許事務所だからといって特許業務法人だとは限らない。(ふつう弁理士以外の社員・所員がいる)
・一般人は「出願」はできるが、「出願の代理」はできない。訴訟はできても訴訟の代理人になれないのとおんなじ。




483 :ID:0BjnmFkA:2005/05/26(木) 13:50:15 ID:aQ7bV7pG
Blogを見てもらいましょうか。
http://spaces.msn.com/members/neotesla/Blog/cns!1pXy4eBBqqVmNJezwUwyGpFg!109.entry
反論がありましたらコメントお待ちしております。

484 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 14:17:36 ID:LSGRmozS
>>483
出願時点の法律に規定されてたならともかく、
規定されてなかったのだから、法律の適用を誤ったとは言えないじゃん。


485 :ID:0BjnmFkA:2005/05/26(木) 14:45:10 ID:aQ7bV7pG
>>484
第一条に規定されたとおりに判断しなけりゃいけないでしょう。直前に最高裁判決もあるんだし,
それ参考にすれば?
学説を参照して反論しない限り,あなたの言い分には根拠ないよ。

486 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 14:57:24 ID:LSGRmozS
>>485

>直前に最高裁判決もあるんだし, それ参考にすれば

参考にすればいいんじゃない?
別に最高裁の判決と違背した判断をしろとは言ってないし、
法改正によって70条第2項と違背する規定があったわけじゃないし。
特に大問題でも何でもないよ。なに大騒ぎしてんの?


487 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 15:07:11 ID:aQ7bV7pG
>>486
じゃ,日亜対住友商事の事件の判決は請求項のとおり,侵害として判断されて
いいわけだな。
だいたいこの判決文の思考方法はおかしい。理由の途中で勝手に請求範囲は
ダブルヘテロと決め付けて,ダブルヘテロの場合の作用・効果と矛盾しないから
ダブルヘテロに限定すると来てやがる。
シングルヘテロでも作用・効果と矛盾しないわけだが,そういう検討は,「その余を
判断するまでもなく」で逃げちゃってる。
検討すると,シングルでもいいことになっちゃうからな。事実隠蔽だよ。

488 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 17:00:42 ID:pwOEFHfh
星の王子様戦争が起こっているようですが、著作権がきれた作品を商品化する場合、
(たとえば、星の王子様ぬいぐるみを作る等)には、著作権以外に商標等も絡んでくるのでしょうか?

489 :無責任な名無しさん:2005/05/26(木) 18:41:53 ID:VvpTTB7M

このたび、当ホームページ内に市民の皆さまからの著作権や特許・商標権などに関するご相談に応じるために知的財産相談室を開設いたしました。

http://www.osaka-gyoseishoshi.or.jp/copyright/index.html

490 :喉元に短剣:2005/05/27(金) 01:38:33 ID:AQkI97fH
>488 厳密に書き直せ。

491 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 10:47:02 ID:OZhk30oV
>>490
失礼しました。

著作権の切れた作品を題材にした商品の販売と言うのは自由に行えるものなのでしょうか。

たとえば現在、角川以外にも各出版社から星の王子様の訳本が多数出版される状況ですが、
これに乗じて他社、たとえば食品会社が星の王子様ソーセージをだしたり、あるいは文具メーカーが
星の王子様ノートを出す、といった場合。

あるいは、著作権以外の権利、たとえば商標に関わる物などにより規制されうるのでしょうか?

分かりにくくて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

492 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 15:50:27 ID:3y9MTghl
>>484
> 出願時点の法律に規定されてたならともかく、
> 規定されてなかったのだから、法律の適用を誤ったとは言えないじゃん。
おいおい,
出願時に規定されてない法律(第2項)を,規定前の出願に適用しちゃったんだぜ。

493 :■■■■■:2005/05/27(金) 15:53:59 ID:9F8aOEFi
アダルトサイトでのアダルト画像での質問何ですが!よくアダルト画像をCDやDVDやminiSDに大量に収録して安く売るサイトが、ありますが!
著作権とか無修正は勿論、駄目なのはわかりますが。
海外サイトの画像を集めてCDやDVDに落として売ってるサイトがありました。
モザイクがチャント入ってればCDやDVDに収録して売って良い物なんですか?
犯罪にならないんですか? 著作権等は無しで、
モザイクがチャント入ってる海外のアダルト画像をCDやDVD等に収録して売ると犯罪になるか、ならないかを教えて下さい?
犯罪になる場合も、ならない場合も詳しく理由も教えて下さい、お願いします。

494 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 16:21:13 ID:FLdWIn+c
>>492
>出願時に規定されてない法律(第2項)を,規定前の出願に適用しちゃったんだぜ。

だから、『第2項に反する規定がなかった』 からいいんだろ?

曖昧な判断基準を裁判所が正しただけだろ?

なにが問題なんだよ。

495 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 16:59:45 ID:3y9MTghl
>>494
第2項がなかったんだから第2項を適用しちゃだめに決まってるじゃないか。
なに言ってんだか。
第1項だけなら,直前の最高裁判決にしたがってそのまま解釈だろ。
つまり,最高裁判決に反する解釈なわけだろ。
そういう言い訳の前に第2項は特例なのだから安易に適用してはならない。
改正前ならなおさら文言外解釈は許されない状況だろうに。

496 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 18:14:51 ID:FLdWIn+c
>>495
直前の最高裁判決?

既に複数の最高裁判決があって、

  最高裁判決でも割れていた

ってこと、知っての発言か?

ほう、大法廷判決で判例変更でもあったのかい?

497 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 18:27:11 ID:FLdWIn+c
よく考えたら、この事案、リパーゼ判決と全く関係ないじゃん。
うっかり騙されるところだったよ。

70条2項は疑義の余地をなくすための規定に過ぎないんだし。



498 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 19:15:17 ID:0fk5Iq9K
>>493
単に、海外作品の著作権管理団体が無いだけ。著作権自体は存在する。
まあ、わざわざ口出ししてくるとは思えんけどな。親告罪だし。


499 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 19:24:40 ID:3y9MTghl
>>496
何で全く関係ないんだよ。とにかく請求項の文言どおり解釈しない最近の傾向を正当化
していいてもんじゃない。

500 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 19:41:57 ID:Hb0d81GP
>>497
今頃気付いたのかよ!
そうだよ。関係ないね。

リパーゼ事件を出してくるところからして、
「全く分かってない」ってことを自明しちゃってる。

>>483が痛いな・・・

501 :■■■:2005/05/27(金) 20:32:56 ID:9F8aOEFi
>493です
>498さんレスどうもです

では、私が見つけた、アダルトサイトの
海外サイトからアダルト画像を収集して
モザイク入れて局部を見えないようにしてCDやDVDに収集して売っている行為は
”猥褻とが販売”
とかって罪にならないんでしょうか?

502 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 21:19:35 ID:yakEE1f7
>>501
それは知的財産関連の法律とは別問題。
猥褻物陳列罪や児童ポルノ法とか、その辺の問題かと。

少なくとも著作権法に関しては、警察に被害届が出ない限り、
犯罪になる事は無い。まあ外国の性風俗が著作権にうるさい
という話は、さすがに聞かないけどな。ちなみにこの点に
関しては、ディズニーとかはやたらとウルサイ。


503 :無責任な名無しさん:2005/05/27(金) 21:38:18 ID:8ay+WtBm
>>500
うそばっか・・・

504 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 03:07:25 ID:vGTikoXY
>>500
牧野のヨタ本の受け売りじゃないだろうなw

505 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 10:58:36 ID:vGTikoXY
>>497
リパーゼ判決と関係ないわけがない。
牧野のヨタ本ばかり読んでないで,特許庁サイトの特許法第70条第2項改正の趣旨読め。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/pdf/h6_kaisei/h6_kaisei_4.pdf
「技術範囲の判断に関しては詳細な説明の実施例に限定して解釈することや・・・を容認
するものではない」としている。
牧野の電波塔が言っているとはこれと矛盾している。牧野を法曹界から削除するだけでも
知財関係問題は相当落ち着くと思われる。


506 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 11:27:02 ID:RelzdEiV
>>505
いいか、ヒントをお前にやる

出願中の請求の範囲の解釈と権利化後の請求の範囲の解釈は


               違うぞ




507 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 11:43:41 ID:hCLaIR7T
>>506
根拠きぼんぬ

508 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 12:35:39 ID:vGTikoXY
>>506
アフォくさ。それがオマイの根拠だったのかw
だから牧野ヨタ本読むなって言ってるのに・・・
特許審査と侵害判断で技術範囲の解釈が異なっていいわけがない。
侵害判断後の法律の適用で異なっていてもかまわないがな。
ほとんどのヨタ本の論理はその二つをごっちゃにしている。

509 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 12:50:18 ID:vGTikoXY
×侵害判断後の法律の適用
○技術範囲解釈後のイ号物件との相否の判断

技術範囲の解釈にまで立ち入る牧野電波はおかしいわけで、技術範囲の解釈は特許庁
の専管として、特許庁の判断に同期させなければならない。

510 :無責任な名無しさん:2005/05/28(土) 13:40:26 ID:RelzdEiV
>>508
牧野本読んでいってるわけじゃないんだけどな。
君は知的財産権侵害要論でもよんで少しは学習したらいいんじゃないか?
少なくともそこんところの知識がないと議論が発展しないんで。

リパーゼ事件の最高裁判決が権利化後の請求の範囲の解釈に影響を及ぼさないように確認的に
規定されたのが70条2項だろ?

>「技術範囲の判断に関しては詳細な説明の実施例に限定して解釈することや・・・を容認 
>するものではない」

そんなのあたり前だよ。だれもそんなことを議論してない。
だからこそ70条2項には「用語の意義」とあえて規定されているんだろ?

で、今回の事案の>>461では
「特許出願後に改正された事後法(特許法第70条の第2項)を適用しちゃって技術範囲の判断が行われています。 」

ってことを主張しているんだろう?

70条2項は確認規定にすぎず、70条2項の規定のよる解釈は当然以前からされていたものである。
だから、別に70条2項の法制化の前後を問わず70条2項を適用できる。これで何か間違っているか?

それと、直接関係ない話だけど、
「シングルへテロも同じ作用効果を奏する」ということが「発明の詳細の説明」に充分に開示されてない
のが問題だったんだよ。 包括的な説明があれば話は違っていただろうけど。
だから、「シングルへテロも同じ作用効果を奏する」ということが「発明の詳細の説明」に充分に開示されてない
以上、それを含む書き方をする「特許請求の範囲」の特許は 無効理由を内在する特許だろ。

これがもし今係争されたら、無効理由を含むとして当然のように権利行使は制限されるだろうな。

結論的には今も昔も同じだけど。

511 :喉元に短剣:2005/05/28(土) 23:11:44 ID:ZspVU2W6
 著作権法総合スレッドを見てたら、学歴を気にする名無しがいてプチ驚き…
 なんのために名無しでいるのだろうか?

512 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 01:07:17 ID:Vfp27h0A
>>510
シングルヘテロ(或いはその他)に対して技術範囲であることを主張するのは無効理由を含むと言うんだろ。
それでは特許法何条における無効理由か言ってごらん。仮に,ダブルへテロ以外は実現性不能であるとする
無効理由だとしたら、実現不能であることを証明が必要だ。判決文はそのような背景を想定して理由を述べて
いる。
しかしながらこの場合、クリー社の製品が(明確な)ダブルへテロでなくても容易に実現できてしまっているの
だから、それをもって上記の無効理由(実現不能)は否定されるな。だから、判決文は矛盾しているんだよ。
オマイが次の手段として無効理由を持ち出すとすれば記載不備だろ。

513 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 01:30:29 ID:Vfp27h0A
>>510
とりあえず,どんな無効理由なのか答えてみろ。

言っておくが,この判決は技術的本旨のすり替えが行われている。
判決文では技術的本旨を「ダブルへテロか否か」としているが,明細書の技術範囲
を精査すれば,「発光層にp型ドーパントのZnとn型ドーパントのSiとを共にドープし
n型とすることによって,発光層の電子キャリア濃度を調節して,発光素子の発光
出力を向上させる」ことであることは間違いない。
その点,この判決は技術的趣旨(本旨)の認定を誤っているからな。
三村裁判官がわからなくて誤ったのか,わざと誤ったのかはわからん。
しかし,三村裁判官とてバカではないのだから,わざと事実認定を間違えて判決文
を書きやすくしたんだろう。

確認のため繰り返すが,技術的本旨は,
1.「ダブルへテロか否か」
2.「発光層にp型ドーパントのZnとn型ドーパントのSiとを共にドープしn型とする
ことによって,発光層の電子キャリア濃度を調節して,発光素子の発光出力を
向上させる」
なのか,精査して答えてみよ。

514 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 10:41:13 ID:H55/DGP4
>>512-513

>とりあえず,どんな無効理由なのか答えてみろ。 

普通に36条6項1号違反だろ。



515 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 11:50:36 ID:Vfp27h0A
>>514
やっぱりそう来るな。予想通り。
>1.特許を受けようとする発明が発明の詳細な説明に記載したものであること。
しかし,これは「ダブル・ヘテロ」が技術的本旨とされた前提のもとで,芋づる式に出てきた
中の無効理由(36条違反)であって,技術的本旨を誤る(スリ替える)からそうなる。
普通の特許明細書は,技術的本旨にしたがって記述されるものだ。
だから,技術的本旨に関する記載には普通は不備がない。仮に不備があればそもそも
特許査定されないからだ。あたりまえだが。
しかし,侵害訴訟でこうやって技術的本旨の誤り(スリ替え)が起きると,もともと技術的
本旨でもないことは,それほど綿密に書かれていないものなんだから(あたりまあえだが)
無効理由があるように見えてあたりまえのことだ。

そもそも「ダブルへテロ」は技術的本旨でないのだから,
1.「シングルへテロも同じ作用効果を奏する」ということが「発明の詳細の説明」に充分に
開示されてない
とか,
2.包括的な説明があれば話は違っていただろうけど。
とか,
なんてものは最初からどちらでもいいことなのだ。だいたい,この手の真実隠蔽型判決
には共通した特長として,技術的本旨の取り違い(スリ替え)があるな。

ちなみに,ダブルへテロでそのような作用・効果が生じることは公知だ。
特許の技術的本旨であるはずがない。置き換え可能などうでもいい事項だ。

516 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 12:09:51 ID:H55/DGP4
>>515
>技術的本旨に関する記載には普通は不備がない。仮に不備があればそもそも 
>特許査定されないからだ。あたりまえだが。 

不備があっても審査官の看過で特許される場合もあるけどな。
そういうときに限って訴訟で争われることになる。あたりまえだが。

>そもそも「ダブルへテロ」は技術的本旨でないのだから, 

それはあなたの勝手な思い込みでしょう。
いくらそう思っても当業者たる第三者がそう思わなければそんないわけは通らないね。
少なくとも自分はそう思わなかったし。

>ダブルへテロでそのような作用・効果が生じることは公知だ
だとしたら、更に技術的範囲は狭くなるね。


517 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 12:23:50 ID:Vfp27h0A
>>516
>>ダブルへテロでそのような作用・効果が生じることは公知だ
>だとしたら、更に技術的範囲は狭くなるね。
ダブルヘテロ以外でも、明細書に書かれた作用/効果は全く変わらず、置き換え可能である
ことは精査しているかどうか判決文嫁。
「その余は検討するまでもなく」で、最も重要な検証から逃げちまっている。真実隠蔽型判決
であることは明らかだろ。

>>そもそも「ダブルへテロ」は技術的本旨でないのだから,
>それはあなたの勝手な思い込みでしょう。
>いくらそう思っても当業者たる第三者がそう思わなければそんないわけは通らないね。
>少なくとも自分はそう思わなかったし。
それはあなたが「当業者」でないからだろう。ダブルヘテロが同様の作用/効果を目的と
していることは、赤色発光ダイオードの頃から常識だ。
素直に技術的本旨は別のところにあると認めなさい。そこから真実が見えて来るから。

>>技術的本旨に関する記載には普通は不備がない。仮に不備があればそもそも
>>特許査定されないからだ。あたりまえだが。
>不備があっても審査官の看過で特許される場合もあるけどな。
>そういうときに限って訴訟で争われることになる。あたりまえだが。
そんなこと、この事件で争ってるのか?争点をずらすのはやめないさい。

518 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 12:28:48 ID:Vfp27h0A
>不備があっても審査官の看過で特許される場合もあるけどな。
それは審決取り消し訴訟で争え!侵害訴訟で取り扱う問題ではない。

519 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 12:48:10 ID:qrN1kPXi
会社を退職するにあたり、私を含む社員数名の連名で出願した特許(審査請求はまだ行っていない)の権利や
対価を放棄するという、非常に不公平な書類にサインを求められたので、そのような不公平な書類にサイン
しなくてはならない法的な根拠を示して頂ければサインすると答えたのですが、結局、議論は平行線のまま
退職することになりました。
会社側からは、今後、この特許を審査請求するにあたり、発明者に名を連ねている私に連絡を取る必要が
生じることもあるが、もし、何らかの理由で連絡が取れずに、その結果、特許申請が出来なかったり
して、会社に被害が生じた場合には、法的措置を取るかもしれないと言われました。
私は、どうすべきでしょうか?

520 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 14:08:16 ID:Vfp27h0A
>>516
>>そもそも「ダブルへテロ」は技術的本旨でないのだから,
>それはあなたの勝手な思い込みでしょう。
>いくらそう思っても当業者たる第三者がそう思わなければそんないわけは通らないね。

さて,件のダブルヘテロ(公知)「も」技術的本旨であると仮定しよう。公知技術との組み
合わせに全く新規性が認められないわけではないが,その場合には,ダブルヘテロ(公
知)と本件特許技術の他の要件と組み合わされることによって,当業者(その発明の属
する技術の分野における通常の知識を有する者)が容易には予想し得なかった作用と
効果が認められなければならない。そういう,新たな作用と効果が明細書のどこに書い
てある?書いてない以上,技術的本旨とは認められない。
少しは特許審査実務というのもを勉強したらどうだ?

521 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 19:09:04 ID:Xo/V+Vx8
>>511
頭悪い言動を繰り返すあらしを学歴コンプレックスで釣ってみたら、思ったとおり釣れた。
そんだけのこと。

発端となった他の奴の質問へのあんたのレスが的外れだったからといって、変にからまないように。

522 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 20:13:43 ID:SafK92pu
>>521
そう?

あのスレをの流れ見る限り、
  
  君の方が釣られた

と見るのが妥当そうだよ。

相手は君を釣るだけために極端なこと言って煽っただけなのに
君がその罠にまんまとひっかっかって、一人で証明しろとか騒いでいる。


相手は君の言った学歴ネタにも創価ネタにも食いついてこなかったしね。

今回は相手が一枚上手だったようだね。


523 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 20:29:30 ID:Xo/V+Vx8
>>522
おまえ、学歴ネタがどうこう言ってるようだが、「厨」の意味わかってないだろ。

>>511は知らなかったのか気にもとめなかったのか知らんが、おまえら(というか、
おまえかな)、かなり痛いぞ。


524 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 20:38:27 ID:SafK92pu
>>523
どういう意味で『厨』を使っているかは分からないけど、
あのスレ普通に読んでてね、

典型的なエサに君が釣られまくっているってのだけは分かった。

最後に「雑魚一匹つった」って宣言するのはなんか、
典型的な厨だな〜って思っちゃったわけ。

そんなにかっかして相手を挑発するから逆に釣られちゃうんだよ。




525 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 20:47:58 ID:Xo/V+Vx8
>>524
>どういう意味で『厨』を使っているかは分からないけど、
なに、すっとぼけてるのかな?

>あのスレ普通に読んでてね、
普通に読んで「厨」の意味は?

>典型的な厨だな〜って思っちゃったわけ。
そこまで言っちゃったら「厨の意味が中学生の中、つまり学歴ネタだということとは知りませんでし
た、ごめんなさい、許してください」と弁明する逃げ道も自ら塞いじゃったね。

あとは、せいぜいファビョれ。恥の上塗りにしかならんが。

526 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:02:58 ID:SafK92pu
>>525
いや、別にケンカを売ってるわけじゃないんだ。
君が言う『厨』に特別な意味があるのかなぁって思って。

2ちゃんで言う「厨」という意味だったら知ってる。
別に中坊という学歴の点を強調した意味ではなく、
厨房=厨=ガキという意味で使ってる。

厨が釣られてしまって、あがいているようにしか見えないんだ。
騒げば騒ぐほど、網が絡まっていってるような気がしてね。






527 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:09:03 ID:Xo/V+Vx8
>>526
>厨房=厨=ガキという意味で使ってる。
ほほう。
それで、その意味だと、法曹界における法科大学院生の位置づけと、どう違うのかな?(w

頭冷やしてからレスしたほうがいいよ。

528 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:19:01 ID:SafK92pu
>>527
自分は、どっちが正しいか、なんてのは分からないけど、

相手が用意した罠にまんまとひっかかった方を、『厨』として見ている。
頭は良いけど、行動が幼稚って言う人っているでしょう?

だから、あのスレで、分かり易い罠に不用意にも引っかかっちゃっている厨を見ると、
あーぁ、相手にうまく踊らされちゃってるなぁって思うんだ。





529 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:21:42 ID:Xo/V+Vx8
>>528
>自分は、どっちが正しいか、なんてのは分からないけど、
あなたには、善意大三郎の称号を与えます。

530 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:22:02 ID:SafK92pu
おそらくだけど、相手は、厨を散々踊らせたら放置プレイすると思うよ。
そうやって厨の反応を見て楽しんでいると思うんだ。
もうその段階かもしれないけど。

531 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:29:36 ID:Xo/V+Vx8
>>530
さすが、創価のDQN法科大学院生君は、違うなー。

普通は、釣った相手から散々愚かな発言を引き出すことを楽しんだ上で、次にその明らかな
矛盾点をついて、何の根拠も出せないみじめな反発ぶりを楽しむんだよ。

今はその段階。

そうそう、>>529の「称号を」は「称号も」に訂正しとく。

532 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 21:34:21 ID:SafK92pu
>>530
そうですか。残念です。
自分は直接関係ないんで、もう消えます。
あくまでも自分の意見は推測なので、気にしないでくださいね。
このスレの人もこんな会話でスレを潰しちゃうと困るでしょうから。
では。

533 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 23:06:05 ID:M4BQ0Q9h
みなさん、こんばんは。
519ですけれど、どなたかアドバイスをお願いします。
よろしく。

534 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 23:40:46 ID:/0gg23ue
>>519 >>533
あなたは「発明者」なのか「出願人」なのかどっち?
「発明者」ならたぶん連絡来ないと思う。特許を受ける権利はすでに会社のもの。
「出願人」だとちょっとめんどくさいね。

535 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 00:53:31 ID:w/OxHuCi
>>533
雰囲気から職務発明として話すけど
条文上、法人は発明環境を提供したとうの施設費用などの貢献を鑑み、その発明に対して無償の通常実施権を有するもので権利が原始的に法人に帰属することはない。
なのでその会社の行動は勘違いもいいとこ。
まだ会社が出願してないなら、あなた方が出願して権利化してよいでしょう。
会社がもう出願してたとしたら弁護士に相談の上、和解して譲ってもらいましょう。
どちらにしろ会社に無償の通常実施権はあります。

諸事情で条件は変わりますが、普通はこんな話だと思います。

536 :535:2005/05/30(月) 01:04:15 ID:w/OxHuCi
ああ、もう出願してんのか。
「対価を放棄する」という文言を見るに、契約で特許を受ける権利を原始的に帰属させる旨の契約はなされていたようだね。
しかし、条文上明確だが、勤務規則、契約等により専用実施権、特許を受ける権利を使用者に帰属させた場合、従業者は相当の対価を受ける権利を有する。
なので、例えその後退職したとしても対価請求権はあります。
恐らく会社側と紛争があったのでしょうが相当頭の弱い会社だと思いますので専門家を通さずに話を進めるのはお勧めしません。

537 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 01:11:55 ID:2lm4WHG5
>>519
こういう事件待ってたんですよね。ぜひとも裁判にして判例を作って下さい。
前半:
理不尽な会社側の要求なら、たとえ契約書にサインをしたとしても、「民法第90条 [公序良俗違反〕
公ノ秩序又ハ善良ノ風俗ニ反スル事項ヲ目的トスル法律行為ハ無効トス」、或いは、「第96条〔詐欺
と強迫による意思表示〕詐欺又ハ強迫ニ因ル意思表示ハ之ヲ取消スコトヲ得或人ニ対スル意思
表示ニ付キ第三者カ詐欺ヲ行ヒタル場合ニ於テハ相手方カ其事実ヲ知リタルトキニ限リ其意思表示
ヲ取消スコトヲ得」、を使って契約を無効にできます。
ただし、「脅迫」の状況を保全する証拠はしっかりと残しておいて下さい。例えばE-MAILで「相談」の
名目でやりとりしてから、最後に内容証明で確認してとどめを刺すというやり方もあります。(過激過ぎ
ますが)
後半:
米国や中国に出願する際に発明者のサインが必要ですので問題になるでしょうね。サインを拒否
すれば賠償問題になりますので、サインすることを前提に条件交渉をすればよろしいのではない
ですか。優先権出願の都合もありますので一年以内に型をつけなければなりませんね。
弁護士や会社に影響力のある仲介者のもとできちっと話し合いをした方がいいですね。

538 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 01:15:00 ID:zNcYGjJa
♪ご招待〜リアルキチガイはコチラ〜
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1117013754/l50 (2日で1000!)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1117175370/l50
今、社会世評板でもっともアツいクソスレ。「高卒は知的障害者。」
凄まじきキチガイ大卒たちが、昼夜を問わず暴れまくる!
なんでもかんでも学歴と結びつけて書きまくるDQNぶり。
彼らの正体は、今流行のヒキオタニート。厨房も敵わぬ屁理屈に
あなたは果たして勝てるのか?(゜_゜;)反論者は全て低学歴と
みなす彼ら独特の訂正不可能な妄想は今日も健在!
★キチガイ例★425 :名無しさんの主張 :2005/05/26(木) 23:28:04
オマエのアタマではこのスレの内容など理解できまい。
なぜならば…知性と教養のある者のみに書き込みが許された
栄光のシリーズスレ『高卒は知的障害者』。
今迄このスレにローカルルールを破って書き込まんとする
知障のキチガイ高卒が蛆虫の如く沸き出て後を絶たなかったが、
相当数の知障高卒の排除と殲滅はどうやら実現できたようだ。
残るは残党の粘着真性キチガイ知障高卒だけだがもうムシの息、
もはや時間の問題だろう。そして記念すべきPART 100を迎えるまでには
このスレは、本題を顧みて大卒等のまともな一般人だけで
犯罪者及び犯罪者予備軍でもある知障高卒の
今後の処遇について真摯に討論したいと考えるものである。
我が国の栄光の未来のために、一日も早く、社会の害悪高卒を一般社会から排除・隔離し、
平和で健全で知性的な社会を取り戻すことこそが、
我々大卒など善良な一般人の務でもあり使命でもあろう。


539 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 01:16:54 ID:w/OxHuCi
>>537
ここらへんの問題は判例もいっぱいあるんじゃない?
弁理士になる過程で最初の方に必ず目にする感じだが

540 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 09:05:10 ID:2lm4WHG5
>>517
この事件ね。
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/0/0E07F5345132165B49256A9200277094/?OpenDocument
特許第2918139号
【特許請求の範囲】
【請求項1】 n型Ga1-YAlYN(0<Y<1)層とp型Ga1-ZAlZN(0<Z<1)層との間に,n型ドーパントと
p型ドーパントとがドープされたn型Ga1-XAlXN(0≦X<1,X<Y,X<Z)層を発光層として具備することを特徴とする窒化ガリウム系化合物半導体発光素子。
【請求項2】 前記n型Ga1-XAlXN層の電子キャリア濃度は1×1017/cm3〜1×1022/cm3の範囲にあることを特徴とする請求項1に記載の窒化ガリウム系化合物半導体発光素子。
【請求項3】 前記p型Ga1-ZAlZNの上に,さらにコンタクト層としてp型GaN層が積層されていることを特徴とする請求項1に記載の窒化ガリウム系化合物半導体発光素子。
【請求項4】 前記p型Ga1-ZAlZNおよび/または前記p型GaN層は400℃以上でアニーリングされて抵抗率100Ω・cm以下に調整されていることを特徴とする請求項1または請求項3に記載の窒化ガリウム系化合物半導体発光素子。
【請求項5】 前記n型Ga1-YAlYN層はn型GaN層の上に積層されていることを特徴とする請求項1に記載の窒化ガリウム系化合物半導体発光素子。

そのような技術的本旨のスリ替えが明らかなら,仮に請求項が第6項まであって,「結晶層構造をダブルヘテロ構造とした請求項1ないし6の窒化ガリウム系化合物半導体発光素子。」と一言書いてあったら,救われたな。
請求項6の成立/不成立いかんにかかわらず,ダブルヘテロ構造は請求項1ないし5とは異なる発明と見なされるからな。成立すればそれで良し,成立しなければ技術的本旨でないことの証だ。

541 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 14:19:30 ID:baJHdLNO
特許侵害訴訟においていまどき流行りの手法は,特許法70条の第2項を使って特許の技術的本旨の
認定をすり替え,技術範囲を限定したり無効理由に持っていったりするというものなんだな。
今後,こういう知財事件が起きたらそこんとこに注目して分析することにする。

542 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 20:24:24 ID:2lm4WHG5
>>520
判決文:
>しかし,本件明細書においては,前記(2) 認定のとおり,発光出力を向上させるという
>作用効果に関し,p型ドーパントとn型ドーパントをドープしたn型GaN層を発光層とした
>ことのみならず,ダブルへテロ構造としたことと併せて渾然一体に記載されており

従来技術と本件技術を「渾然一体に記載」しただけで,組み合わせによる新たな作用/
効果がアリと判断するのか?!この裁判官は!
俺が特許審査官だったらそんなことで組み合わせの特許を認めることはあり得ん。
ツッコミどころ満載だなぁ。

543 :無責任な名無しさん:2005/06/01(水) 13:30:04 ID:fTJtpEdi
特許電子図書館の商標検索をイジっていたら、
同じ単語で、商品区分もカブっている商標を見かけました。

こういうのって普通にあることなんですか?
素人考えかもしれませんが、意味なくない?って思うんですけど。

544 :誰かアドバイスを・・・:2005/06/01(水) 14:29:31 ID:JwW/1Obm
以前に個人の商店を経営していたAですが、ある人気商品の
商品名「k」を商標登録しました。
登録してから5年後にはこの商品が有名になりまして、
取引上の関係から個人商店を有限会社にしまして商売を継続
しておりました。(商売の内容も変えずに代表もAになっています)

ところが最近になり、悪質な業者が、この登録商標「k]を
勝手に使って偽商品を大量に販売している事が判りました。
悪質業者に警告書を数回送ったのですが聞き入れてもらえないために、
この業者に対してAが損害賠償請求の裁判を提訴したのです。
ところが、提訴してからの問題点が浮上しました。

この商標「k]の商標権者はA個人なのですが、現在は有限会社
になっている為に、損害賠償の原告請求人は有限会社になるのが
普通だと思いますが、商標権者はA個人名義のままになっております。
従いまして、請求人はAと有限会社の両名の訴状になっていますが、
裁判所では原告はいずれか一方にしなさいとの事です。
この場合、有限会社に法人成りした場合でも個人のAによる損害賠償
の請求は可能なのでしょうか?(裁判は和解で解決の予定です)
A個人のままで経営していれば、この裁判も何ら問題はなかったのですが・・・・
このような場合は、どのような方法がよろしいのかアドバイスをお願いします。



545 :無責任な名無しさん:2005/06/01(水) 14:51:44 ID:OyDqVYPP
>>544
個人でも法人でも結論は同じ。

原告をA個人にしたときでも
会社の利益を個人が損害賠償できうるのか、という問題があるが、

当該法人と個人に実質的に独占使用権の許諾があったものと評価される限り、
両者とも請求適格を有する。

ただし、裁判所としては請求人が法人と個人が別個に訴訟適格を有するので
そのままだと、損害賠償金の割り当てを裁判所が決めないといけない。

個人事業者が法人成りした場合のように、法人と経営者が実質的に同じなのに
裁判所が別個にその配分を決める作業を強いられるのは、審理経済的に不毛である。

だからきっと、
裁判所はとっちか一方に統一しなさいといったと思うよ。


個人も法人が受けた損害賠償を

法人成りした会社との間で実質的に独占使用権が会ったものと評価できる限り
損害賠償

546 :無責任な名無しさん:2005/06/01(水) 14:53:34 ID:OyDqVYPP
>個人も法人が受けた損害賠償を

>法人成りした会社との間で実質的に独占使用権が会ったものと評価できる限り
>損害賠償

書きかけで間違って送信してしまったので、この部分は無視して下さい。

547 :誰かアドバイスを・・・:2005/06/01(水) 22:20:36 ID:JwW/1Obm
>>545 早速のアドバイスありがとうございます。
自分が迷っていましたのは、会社が独占使用権を有している場合でも
損害賠償請求権を認めるべきとの判断と、通常使用権であるから認め
ないとの判断が半々である旨の書籍を見たものですから、困って
おりました。
貴方様のご意見と、私の希望的な法判断が一致しておりますので、
このアドバイスを受けて先に進みたいと思います。
また何かありましたらよろしくお願いします。

548 :ピンチな大学生:2005/06/02(木) 18:26:34 ID:xkx2kjoL
明日までの課題です! A君とB君、そしてCさんの三人で、クリスマス・ケーキ1個
を切り分けることになった。さてどのようにわけるべきであるか。仲裁裁判権として最も妥当な調停案を提示
しなさい。さまざまな案を提示しながら、理由を付して、最も妥当なものを提示すること。
助けてくださ-い


549 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 18:37:42 ID:STd6xmen
>>548
マルチ乙。スレ違い。

550 :ピンチな大学生:2005/06/02(木) 18:42:00 ID:xkx2kjoL
すいません…。でもここしか頼るところなくて。なんかいい案があるなら教えてください☆

551 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 03:10:13 ID:TXr6+rHu
>>548
そんなの簡単じゃん

予め、ケーキには半径分、カットしておく

まず三人でくじを引く。仮にAくんが当たったとしようか。
Bくん、Cくんがそれぞれ入刀する。そしてAくんが好きな所を選ぶわけだ。

552 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 06:12:25 ID:mnVlgE5a
質問です。
他人の作ったFLASHをダウンロードして、自分のホームページで
公開することは違法なのでしょうか?
非営利目的であれば可能なのでしょうか?
分かる人教えてください。

553 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 06:53:23 ID:cFalFuVS
公衆送信権で検索


554 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 07:40:19 ID:mnVlgE5a
>>553
つまり、駄目だと言うことですか?
あとよく分からないのですが、自分のホームページから
他人のホームページのFLASHに(勝手に)リンクするだけでも
公衆送信権を侵害していることになるのですか?

555 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 07:48:39 ID:uEa+kLg0
>>554
ならない。

556 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 07:53:57 ID:mnVlgE5a
>>555
リンクするぐらいだったら違法にはならないけど、
他人のFLASHを勝手にダウンして公開したら
違法だということですか?

557 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 08:18:41 ID:cFalFuVS
http://steuben.hp.infoseek.co.jp/private/link.html

558 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 09:05:20 ID:hd6m0DCR
>>557
何を大上段に構えているんだ?リンクに許可を求めるのは単なる紳士協定のうちだろう。
著作権法とは関係ない。
リンクに複製行為はあるか?:ない
著作者人格権上の問題はないか?:ない。むしろ出典の明示であって積極的な合法性を有する。
批判のリンクは?:別の法律で争ってくれ。著作権法ではない。

559 :556:2005/06/03(金) 10:16:21 ID:mnVlgE5a
ありがとうございます、リンクについては凡そ分かりました。

他人のFLASHをダウン(コピー)して、自分のホームページで
公開することは、許可を取らなければできないことなのでしょうか?
出典を明示しても違法となるのでしょうか?

560 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 10:30:16 ID:YUSywzrQ
祭り中。

【遺体写真無断うp】放尿アフォ医師祭【放射能垂れ流し】8
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1117759364/

・オペ後の患者写真、遺体解剖写真をHPに無断掲載
・放射性物質トリチウムを川へ垂れ流し  ※近所の人は注意を
・飲酒運転告白
・各地の温泉で浴槽へ度重なる放尿


現在あわててHPの写真削除中!でももう遅い・・・・
ttp://www4.osk.3web.ne.jp/%7Eciaociao/top.htm

まとめ
ttp://www.geocities.jp/carupaccio2005/


561 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 14:27:28 ID:kPFwJOLJ
>>559
それって普通に複製だろう。自分で「ダウン(コピー)」って書いてるじゃないか。
そして、「公開」ってことは公衆送信だろう。持ち主の許可もらうしかないな。
さもなければサムネールにして,そこからリンク貼るぐらいだったら引用として許して
あげる。

562 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 15:31:09 ID:mnVlgE5a
>>561
当サイトはリンクフリー&コピーフリーって書いてあるサイトがあるんですが、
そのページにあるFLASHはコピーして公開しても良いって解釈しても良いんですかね?
それとも許されるのはコピーのみで、公開は違法なのでしょうか。

563 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 17:15:52 ID:kPFwJOLJ
>>562
おそらく画像や文章だけのつもりでそう言っているのだろうから、やはり作者に聞かないとね。
まあ、そういう性格の作者だからOKって言ってくれる確率は高いと思うけど。
原則として、思惑の違い>契約不成立、だから、リンクフリーと言っても本当に全てOKなのか
聞かないとわからないね。

564 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 17:42:13 ID:Z0l/zMKA
>>562
いいよ。
>それとも許されるのはコピーのみで、公開は違法なのでしょうか。
黙示の許諾。
「フリー」って言葉は、その程度には重い。

565 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 19:14:55 ID:hd6m0DCR
>>561
許すって、おまいが許すもなにもないもんだw
おまいは文部科学省か。
引用だったら許諾なくOKだがね。

566 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 19:30:23 ID:FYIxisMn
>>564

2ちゃんのように使われても文句言えないような背景があるのであればともかく、
この場合は自分のサイトで自己作品を公開している。
また、「著作権フリー」と包括的に著作権を放棄しているのであればともかく、
「リンクフリー&コピーフリー」という文言があるのだから、
それ以外の利用は著作権者の許諾を得ないといけない。

『黙示の許諾』という考え方は、公開したら最後全ての著作権を放棄させる
理論ではないからね。


567 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 19:43:48 ID:Z0l/zMKA
>>566
文化庁の「コピーOK」マークが、なぜか無料なら配布(頒布だ)もOKという例からして、
利用形態からして公衆送信OK。


568 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 19:56:06 ID:FYIxisMn
>>567
そりゃ、単なる文化庁が作ったマークの説明だろ。


569 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 00:10:07 ID:aNVhytVr
>>562
564と同じ意見だけど一点、ファイルのURLがそのサイト管理者の
サーバ内にあるかどうかは再配布前に確認した方が良い。

>>566
ダウンロードしてローカルにコピーし私的利用するのは初めから合法なのだから
コピーフリーと敢えて書いてあるのには別の意図があると考えられる。
自分は他サーバへのコピー(送信可能化)とかも意図した範囲内と思ったんだがどうか?

570 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 00:30:11 ID:QnW1GGFq
>>569
善解するとそういう解釈もありうるけど、中途半端に明示している以上は、
法的にはやはり、本人の意思を確認しないといけないと思うよ。
法は不測の不利益を権利者に及ぼすことまでを許容していないからね。


571 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 12:27:56 ID:eRnuvypl
>>568
いや、黙示の許諾の例だろ。コピーしていい以上配布もいいということ。同様に、ネット上の素
材なら、コピーしていい以上公衆送信もいい。

しかし、文化庁のこのマーク、よく考えてみるとひどいな。

「コピーOK」としか書いてないマークが「無料配布OK」なら、なぜ「有料配布OK」じゃないんだ?

「学校教育OK」が非営利なのはいいとしても、「障害者OK」は素直に読むと「あらゆる非営利
利用を認める」じゃなくて「あらゆる利用を認める」としか考えようがない。37条は「非営利」な
んて要件ないしな。

いずれの場合も38条の類推から「非営利」の意味が実は「実費であっても入場料とったら駄
目」だとか言い出す奴もいそうだ。

「コピーOK」の場合は無料なら営利目的でもいいと書いてあるが、逆に、非営利実費の有料
は駄目ってことだろうし。なんでコピーと学校教育・障害者には制約にズレがあるんだろう?

マークの意図をいちいち権利者に確認しなきゃいけないようじゃ、マークの存在意義がない。

完全自由ならともかく、中途半端な制約がついたマークは有害無益だと思う。


572 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 12:45:30 ID:eRnuvypl
>>570
営利目的利用を考えてる企業から正式に相談を受けた弁護士なら、そう答えるだ
ろうな。

逆に「コピーフリーと書いておいたページの素材を他人のページで勝手に使われ
ました。訴えて勝ち目ありますか?」という相談だとどうだ?

573 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 12:53:30 ID:aNVhytVr
>>571
そういう指摘は以前からあった。


574 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 13:25:45 ID:/6G8JFyh
>>571-572

>いや、黙示の許諾の例だろ。
 
というのは、何らかの法的根拠がありますか? 
何も根拠を示すことなく自己主張するというのは法律板ではタブーですよ。
そこのところの説明を強く希望します。

文化庁は、いつから独自で法的判断を下せるようになったのですか?
あくまでも文化庁は、条文や裁判所の判例の運用を国民に働きかける行政機関に過ぎないでしょう?

多分、文化庁の「コピーOK」マークってのは、下の奴だと思いますけど、
http://www.bunka.go.jp/jiyuriyo/panhu1.html

いままで、不明瞭な「著作権帰属の記載」のサイトが多かったからこそ、
一般人はどのような形態で利用したらいいのか分からなくて、利用を躊躇していた環境があった。
これでは、文化の発達に寄与しようとする文化行政が有効に図れない。
だからこそ、文化庁は一定のマークを定めて、それぞれのマークの有する意味を定義して
一定範囲の利用行為を促進させようとしたんです。

だから、このマークをつけた自分のサイトで著作物を公表する人は、そのマークの範囲の利用を
甘受しないといけないし、
逆に、利用する人はその文化庁の定める範囲なら安心して利用できる。

そういう文化行政の一環に過ぎないのですよ。このマークは。


それと、なにか勘違いしていらっしゃるようですが、
文化庁は、個人間の著作物の利用を図るための手段を提供しただけであって、ただの行政上のサービスです。
だから、それを使うも良し、使わぬも良し、更に権利行使の制限を付加するも良し、というだけのものなんですよ。

575 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 14:29:05 ID:eRnuvypl
>>574
>というのは、何らかの法的根拠がありますか?
「許諾」なら著作権法にいくらでも書いてあるが、「黙示の許諾」があるかどうかは事実認定の問題な
ので、法的根拠を求めるほうがおかしい。 

>文化庁は、いつから独自で法的判断を下せるようになったのですか?
>あくまでも文化庁は、条文や裁判所の判例の運用を国民に働きかける行政機関に過ぎないでしょう?
行政機関が法的判断なしに行動していいと思ってるのか?

>いままで、不明瞭な「著作権帰属の記載」のサイトが多かったからこそ、
>一般人はどのような形態で利用したらいいのか分からなくて、利用を躊躇していた環境があった。
「コピーフリー」で何も困らない。

>だから、このマークをつけた自分のサイトで著作物を公表する人は、そのマークの範囲の利用を
>甘受しないといけないし、
>逆に、利用する人はその文化庁の定める範囲なら安心して利用できる。
その範囲が全く不明瞭だと、例をあげて懇切丁寧に説明したのが、571。
573によれば、以前から指摘があったそうだな。

それに対してお前は文化庁のお題目を繰り返すのみ。自己主張にすらなってないぞ。

576 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 15:03:18 ID:/6G8JFyh
>>575
>>というのは、何らかの法的根拠がありますか? 
>「許諾」なら著作権法にいくらでも書いてあるが、「黙示の許諾」があるかどうかは事実認定の問題な 
>ので、法的根拠を求めるほうがおかしい。  

法的根拠がないのに、『>>574 いや、黙示の許諾の例だろ 』とあなたは主張しています。
あなたの発言は、明らかに矛盾していますよ。

>>文化庁は、いつから独自で法的判断を下せるようになったのですか? 
>>あくまでも文化庁は、条文や裁判所の判例の運用を国民に働きかける行政機関に過ぎないでしょう? 
> 行政機関が法的判断なしに行動していいと思ってるのか?

行政機関が法的判断なしに行動していけませんね。法律や判例の制限内で行動しなくてはいけません。
ここでいっているのは、「法律や判例上の権原なしに行政機関が法的判断の主体にはなりえない」
ということを言っているのですよ。 そこのところは理解できましたか?








577 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 15:04:48 ID:/6G8JFyh
>いままで、不明瞭な「著作権帰属の記載」のサイトが多かったからこそ、 
>一般人はどのような形態で利用したらいいのか分からなくて、利用を躊躇していた環境があった。 
>「コピーフリー」で何も困らない。 

あなたが困ると思うか否かは関係ないんですよ。
そういうおそれがあるからこそ、そうならないように文化庁はこのような行政サービスを提供した、
というのが現状なのですから。

>>だから、このマークをつけた自分のサイトで著作物を公表する人は、そのマークの範囲の利用を 
>>甘受しないといけないし、 
>>逆に、利用する人はその文化庁の定める範囲なら安心して利用できる。 
>その範囲が全く不明瞭だと、例をあげて懇切丁寧に説明したのが、571。 

全く不明瞭ではわけではないでしょう。
http://www.bunka.go.jp/jiyuriyo/index.htmlにてちゃんとマークの意味を説明しているのですから。
それを理解した上で、このマークを利用するか否かは、各個人の自由に任せているのですから。

>573によれば、以前から指摘があったそうだな。 
指摘があったとしても、別にこの議論には関係ないです。

>それに対してお前は文化庁のお題目を繰り返すのみ。自己主張にすらなってないぞ。 

自己主張すらなっていないのは、あなたでしょう?実際に根拠を全く出していないのですから。

もう一度話を戻します。

文化庁のマークは文化庁の、『黙示の許諾の例』ですか?

ここのところ以外は、最初の指摘と関係ないので、反論はいりません。

578 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 15:46:25 ID:eRnuvypl
>>576
おまえ、もういいよ。



579 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 16:32:20 ID:k3EKzVHa
>>577

あなたの相手は、
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1113306447/
で脳内フェアユース論を主張したが、
「黙示の許諾」を主張する論者に


      論破されたフェアユース厨。



論破された原因の「黙示の許諾」という考えを、他のスレで早速使ってみたかったんだろうな。
まるで、与えられたオモチャを説明書を見ずにすぐ使いたがる幼稚園児のようだ。


あそこのスレ見ると分かるけど、あそこの442にフェアユース厨の特徴がよく出ている。

こいつは表面上の知識しかない素人で、ネット検索で得た知識だけで主張しているから、
分かってる人間がピンポイントで突っ込むと、
反論できなくなって『話をそらし』、罵倒して逃げ出すという『幼稚園児』。


よくぞ、あなたは引っかからずに話を戻しましたね。

580 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 16:44:23 ID:eRnuvypl
やっぱりお前か。

放置で正解だった。


581 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 16:58:33 ID:k3EKzVHa
>>580

>やっぱりお前か。 
また妄想だよ。(w

>>579は俺だけど、お前が議論していた相手は俺じゃない。

俺は途中から見ただけだから議論には参加しないけど、
  
    お前の逃げ惑う姿をしっかり見守ってるぞ。



このスレの連中がお前に対してどういう反応をするかをな。

582 :576:2005/06/04(土) 19:24:52 ID:TIH3ZbUw
>>578

これはどういう意味ですか?
反論できなくて『降参』という意味ですか?
それとも他人に煽られて、単に反論したくないだけですか?

個人的には、あなたが誰であろうと、正々堂々と反論すれば
このスレで歓迎されると思っていますよ。

もう一度質問します。 

文化庁のマークは文化庁の、『黙示の許諾の例』ですか? 

ここのところ以外は、最初の指摘と関係ないので、反論はいりません。 

583 :576:2005/06/04(土) 20:30:37 ID:TIH3ZbUw
なにがおかしいのか理解できるように
一連の流れを整理しますね。

あなたの主張
…文化庁の「コピーOK」マークが、なぜか無料なら配布(頒布だ)もOKという例からして、 
 利用形態からして公衆送信OK。 

ID:FYIxisMnさんの指摘
…そりゃ、単なる文化庁が作ったマークの説明だろ。

あなたの主張
…文化庁の「コピーOK」マークは『黙示の許諾の例』

私の指摘
…法的根拠はありますか?

あなたの主張…
「事実認定の問題なので、法的根拠を求めるほうがおかしい。」

私の指摘
…法的根拠がなく、事実認定の問題 だとすると、
 文化庁の「コピーOK」マークは『黙示の許諾の例』 というのは矛盾してた発言である。

584 :ゲーム作者:2005/06/04(土) 23:21:08 ID:wBskuN5B
コンピュータ・ゲーム以外のゲーム(例えば、オセロ、モノポリー、UNOなど)のルールを法的に保護し、模倣を防いだりすることはできますか?また、その手段としては何がありますか?
自分なりに調べた結果なのですが。
著作権について調べたら、(a)ゲームのルールは著作権の対象ではないが、ルールの説明書は対象になる、とありました。また、特許について調べたら、(b)ゲームのルールは使い方や人為的取り決めであるから、特許は認められない、とありました。
しかし、これは米国での場合ですが、Magic the gatheringというゲームに対して特許が認められたという例がありました。


585 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 01:08:13 ID:MAcvug2t
>>583
すみません、ちょっとわからなかったので質問です。

  法的根拠がなく、事実認定の問題 である。

          ↓とすると 

  文化庁の「コピーOK」マークは『黙示の許諾の例』 というのは矛盾。


の関係が良く分からないんで、分かりやすく教えてください。



586 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 07:20:38 ID:QE5Hj50d
>>585
コピーOKマークが黙示の許諾かどうかは裁判所が判断することだからわからんとか、
そういうたぐいのでたらめじゃないのかねー。

既知外の考えだから、もっとぶっとんでるかもしれんが。

587 :583:2005/06/05(日) 12:16:50 ID:5n3SplXf
>>585
事実認定というのは、
法の適用のために必要な事実を選び出し、確定する作業のことです。

今回の場合は
『黙示の許諾』と評価できる事実を選び出し、確定することを意味します。

とすると、事実認定が必要である以上、
文化庁の「コピーOK」マークが、黙示の許諾の『例』と言えるためには、
一定の事例において『黙示の許諾』と評価できる事実を選び出し、確定する作業が
なくてはいけません。
しかし実際は、文化庁のHPではそのようなことは一切言及していません。

こういう意味で、>>571>>575とは矛盾する発言であるわけです。







588 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 12:52:55 ID:5n3SplXf
>>586
>コピーOKマークが黙示の許諾かどうかは裁判所が判断することだからわからんとか

そんなレベルの低いことを言っているのではありませんよ。

コピーOKマークが黙示の許諾かどうかを裁判所が判断する『以前の問題』です。

既に言及しているはずですが、
文化庁が司法判断を必要とする『黙示の許諾の例』を、独自に示すことはできません。
この段階であなたの言っていることは既におかしいのですけど、

あなたが「事実認定」の問題であることを、反論の理由として主張してきたので
その発言自体が、あなたの発言内で矛盾する、と>>587で指摘したまでです。

これで、「どこがおかしいのか」理解できたと思いますので、
不必要な煽りなどせずに、あなた自分した発言について弁明していただけますか?


589 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 16:09:43 ID:PsfPK5Xa
>>586
>既知外の考えだから、もっとぶっとんでるかもしれんが。
ぶっとんでたね。

590 :581:2005/06/05(日) 16:50:02 ID:ehJsQXXf
>>589

ぷ。自作自演乙。

お前はsageないで書き込むから、すぐお前の書き込みが分かるんだよ。


相手はお前ごときに筋を通して説明したのだから、
それに対して正々堂々と反論しろよ。
それとも相手の言ってることを論理的に反論できないのか?


自己の発言の正当性を一つも証明できないで
勝手な理屈で自己主張し、相手を非難するだけなんて、
隣の国となんだか似てるな。(w

まさか、おまえ・・・

591 :585:2005/06/06(月) 00:12:39 ID:seKJnmym
>>587

なるほど。
本人が「事実認定の問題」と言っているのに、
何の事実認定の設定無しに説明してあるだけの「コピーOKマークを」
「黙示の許諾例」であると本人が断言しているのは確かに矛盾していますね。
よく分かりました。

あと老婆心ながら、相手は他のスレを追い出された池沼らしいですので、
無視した方がいいですよ。

592 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 10:34:55 ID:K4p3mua9
あげ

593 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 11:25:31 ID:HQFw2cKW
ところで、おまえら、YAHOOのID持ってるか?


594 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 14:24:27 ID:Q0SQRXOQ
>>584
まず、著作権は忘れなさい。ほとんど関係なし。

ゲームのルールは特許にならない。
逆に言うと、ゲームのルールで特許とっても無駄。
ルールの一部に著しい進歩性があればその部分で特許を取れる可能性がないとはいえないが。

結局、ルールの一部の名称に商標権とるとかしかないのかなー。

595 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 14:36:14 ID:HQFw2cKW
>>594
>まず、著作権は忘れなさい。ほとんど関係なし。

>ゲームのルールは特許にならない。
>逆に言うと、ゲームのルールで特許とっても無駄。

>ルールの一部に著しい進歩性があればその部分で特許を取れる可能性がないとはいえないが。

可能性はないよ。正直言って、ゼロ。
なぜなら、自然法則を利用していないから。 進歩性以前の問題。

>結局、ルールの一部の名称に商標権とるとかしかないのかなー。

商標権とってどうするの? たとえ、商標権を取ったとしても
そのルールの使用につき商標権は行使できないよ。

596 :ゲーム作者 ◆5aGq129Ll6 :2005/06/07(火) 17:35:53 ID:6Ui8wftP
お返事ありがとうございます。

つまり、ゲームのルールが模倣されるのを防ぐことはできない、ということですか?

そうなると、例えば、「UNOのルールと完全同一のルールを持つゲームでも、商品名・デザイン・特定のルール用語などが違っていれば、UNO側は対処できない」ということでしょうか?

597 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 18:20:19 ID:rmVB7/NN
トランプでもUNOと似たような事はできるし、そうした内容の
トランプゲームのルール本が出る事を差し止める事も出来ない。


598 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 22:06:26 ID:pJ+JRyao
>>596
ルールを含んだゲーム自体は保護対象だから
同一ルールを含むゲームなら侵害になるでしょう

599 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 22:53:01 ID:DSj4HG9P
>>598

>ルールを含んだゲーム自体は保護対象

ココがよく分からない。

600 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 23:26:24 ID:NzyzeXvi
 え?
 著作権忘れなさい?

 あーそうなんだ。著作権は関係ないんだ。
 いや、いやみじゃなくて、ほんとにそうなんだーって思って。

 「ときめきメモリアル事件」は同一性保持権の侵害だって話で落ち着いたからさ。
 似てる話かなぁーと思ってた。

 あれでしょ?詳しくないけど、ときめきメモリアルって名前のゲームのストーリーを
 自在に変更できるメモリーカードは、著作権の同一性保持権の侵害だって
 判決があったじゃないですか。

 ゲームのルールもそれとおんなじかなーと思ってROMってたから・・・
 まぁ、ゲームのルールは著作物じゃないところがネックかなぁ・・くらいに思ってた。

 じゃあ、著作権は忘れるとして・・
 ゲームのルールは、つまりあれだ。アルゴリズムだ。
 じゃぁアルゴリズムを保護してくれる法律を探せばいいんだ。

 ・・・やっぱ特許権なんじゃないの?プログラムも物の発明として保護される時代なんだし?

 ・・もしかして、話をループさせてしまったかな? もしそうなら 正直スマンかったm(__)m

601 :598:2005/06/07(火) 23:43:30 ID:pJ+JRyao
>>599
ゲームそのもの(道具orその使用方法)なら特許の保護対象になる。(著作権はよく知らんけどたぶんダメでしょう)
ので、たとえば「〜〜のルールに従って使用される遊具」みたいな特許とれば
類似のゲームは抑えられるんじゃないの?

602 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 00:13:20 ID:EM+IPBC6
>>601
そのクレームじゃ無理

603 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 00:17:25 ID:EM+IPBC6
>>600
だから、特許発明の要件として自然法則を利用してないと駄目なんだって。
すまんけど、このスレは本当に分かる人以外は回答しないで欲しい。

プログラムもモノの概念だけど、それ単体では自然法則を利用していないから
特許の対象とはならないの。

604 :598=601:2005/06/08(水) 00:56:35 ID:MjFPkBsX
>>602
特許性がどこで出るかはゲーム(とルール)の内容次第でしょ。

>>603
プログラムは審査基準で特許対象になってるけど…そういう意味じゃないのかね?

605 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:06:35 ID:MjFPkBsX
訂正

審査基準以前に特許法で特許の対象になってるな<プログラム

606 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:10:59 ID:EM+IPBC6
>>604

 >>602 
 >特許性がどこで出るかはゲーム(とルール)の内容次第でしょ。 
 ココが既におかしい。


 >>603 
 >プログラムは審査基準で特許対象になってるけど…そういう意味じゃないのかね? 
 どこに書いてあるのか教えていただけますか?

607 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:11:45 ID:EM+IPBC6
>>605
何条に書いてある?

608 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:23:54 ID:MjFPkBsX
>>607
2条。

第二条  この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。
2  この法律で「特許発明」とは、特許を受けている発明をいう。
3  この法律で発明について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。
一  物(プログラム等を含む。以下同じ。)の発明にあつては、[以下略]
二  [略]
三  [略]
4  この法律で「プログラム等」とは、[以下略]

609 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:25:03 ID:EM+IPBC6
ちょっと、説明の仕方が悪かったな。

発明全体として自然法則を利用することを条件として、プログラムに発明の保護を与えている
のであって、単にプログラムだけでは特許の対象とならない。
といったほうが正しい表現だったな。

ちなみに、いくらプログラミングしようとも、ゲームのルールは保護されない。


610 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:29:00 ID:EM+IPBC6
理解できた?
>>603の前段と後段は別々のこといってるんじゃないから。
くっつけて理解してね。


611 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:40:47 ID:MjFPkBsX
>>610
理解できない。

プログラムがコンピュータに特定の機能を実行させるものであれば、即ち自然法則を利用するものであり、よって発明となるんでは。

根拠: 特許・実用新案審査基準 第VII部 第1章 1.1.1 (2)(b)
「コンピュータが果たす複数の機能を特定する「プログラム」は、「物の発明」として請求項に記載することができる。」

もちろん特許査定を得るためにはその他の特許要件(進歩性等)が必要だけれど。

「ゲームのルールだからダメ」という拒絶理由の根拠条文は?
たぶん29条1項柱書だと思うけど、プログラムという形になっている時点でクリアされるんでは。

612 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:42:17 ID:EM+IPBC6
>>611
では、どのような点で自然法則を利用してるの?

613 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:49:30 ID:MjFPkBsX
>>612
回答(1)特許庁に聞いてください。特許法と審査基準でOKと言ってるんだから。
回答(2)個人的推測ではあるけど、プログラムの実行には電気信号の変換とかが必須だろうから、そのへんで使用されると解釈されてるのでは。

614 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:55:15 ID:EM+IPBC6
>>613
特許法も審査基準も言ってないでしょう、勝手な解釈はいけませんよ。

なんどもいうけど、発明全体で自然法則を利用してないと駄目なんだよ。

簡単な例を言うと、

たとえば、一定の温度に反応するセンサーがあるとするよね。
(ココの段階で自然法則を利用している)
で、一定の温度に応じてあらかじめ組み込んでおいたプログラムが動作し、
おいしいご飯が炊けるっていうような発明なんかがその例。

プログラムが動作するだけじゃ、なんの自然法則も利用してはいないんだよ。

615 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:56:55 ID:xAlD5G39
素人発言かもしれんが、プログラムの特許は、ハードウェアが絡んでくるようなネタ以外は、
基本的には認められないのでは?ワープロ絡みのネタは、プリンタを仲介するから、
特許として認められてるだけの話でないかと。


616 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:03:44 ID:MjFPkBsX
>>614
(1)特許法2条1項「この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう」
(2)前述の審査基準「コンピュータが果たす複数の機能を特定する「プログラム」は、「物の発明」として請求項に記載することができる」

(1)を(2)に代入すると
「コンピュータが果たす複数の機能を特定する「プログラム」は、「物の自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」として請求項に記載することができる」

こーいうのはダメかね?

>>615
ハードウエアと絡まないとダメだから、審査基準でも「コンピュータが果たす複数の機能を特定する」という限定がついてる。

617 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:10:50 ID:xAlD5G39
つまり単純に考えると、CG作成ツールでマウスの右クリック
にスポイト機能を割り振る事で特許を取る事は、昔なら可能
だったわけだな。今は無理だけど。


618 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:12:47 ID:EM+IPBC6
>>616
これって、どっからひっぱってきたのか知らないけど、

プログラムは、「物の発明」として請求項に記載できるって言ってるだけでしょう?

あくまでも、請求項の書き方の説明でしょう?


619 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:13:09 ID:EM+IPBC6
>>617
無視も今でも無理

620 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:14:07 ID:EM+IPBC6
>>619
訂正
プログラムの仕方によってはありかも

621 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:16:26 ID:MjFPkBsX
>>618
請求項にそういう書き方をすれば、「発明」として認められる。
という解釈をしとります。

622 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:18:05 ID:EM+IPBC6
>>621
あっそう。
じゃぁ、つける薬ないね。

623 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 07:46:07 ID:wSOfZ5zq
>>617
請求項目に含まれないアイデアが一つでも混じれば
特許が無効になるからほとんど無意味かと。例えば、
マウスの右クリックに割り振る機能を色々と変更で
きるCG作成ソフトがあり、右クリックに割り振れる
機能の一つがスポイト機能であるならば、
その特許には引っ掛からない。


624 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 08:34:22 ID:MjFPkBsX
>>623
先願の特許が無効になるんじゃなく、後願の特許が成立する可能性が出てくる、というだけでは?

- 先願「右クリックにスポイト機能を割り振る」
- 後願「右クリックにスポイト機能を含む色々な機能を割り振る」

の場合、先願・後願ともに特許が成立する可能性がある。
が、後願の発明を実施しようとすると先願の発明を実施することになる(利用関係)ので、後願の特許権者といえど後願発明の実施はできない。

72条
「特許権者…は、その特許発明がその特許出願の日前の出願に係る他人の特許発明…を利用するものであるとき…は、業としてその特許発明の実施をすることができない」


625 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 10:15:17 ID:OYNUNBJL
う〜ん、特許無効の条件がよく分からない・・・

「右クリックにスポイト機能を機能を割り振る」特許が出ていた場合、
「右クリックにスポイト機能を割り振る」製品を出した場合でも、
特許で出されているスポイト機能とは別の方法でスポイト機能を
実装していた場合は、特許無効だから問題ないんだよね?


626 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 16:32:59 ID:laviH3CS
>>625 内容が完全に重なればOUT。
どっかが重ならない独自の方法を用いればセーフ。

>>623 の場合は、スポイト機能を選択している場合に
内容が完全に重なるからOUT。

特許の構文に、右クリックについて標記してないなら、
右クリックで実装すればセーフ。まあでも普通は、
右クリックと書かずに入力機器による入力と書いておく罠。


627 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 17:38:59 ID:bxnkYLcg
>>626
間違えた。
×>右
○>左


628 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 19:32:27 ID:MjFPkBsX
ふつう「特許無効」というと特許そのものが消滅する状態を意味するから、
「特許権を侵害しない」とか「特許権の範囲外」とかいう表現を使ったほうが誤解が少なくなるよ

629 :匿名希望:2005/06/08(水) 22:15:45 ID:UADpe6XJ
どなたか。お力をお貸し下さい。
私は個人でネットショッピングサイトを作り、自動車部品を輸入し販売をしているのですが、
今日(6月8日)にある方より、電話があり。私が販売している商品は特許をとっており、
販売しないようにとのことでした。

私は今日の電話で初めて、その事を知り、先ほどサイトで販売している指摘された商品を
削除しました。このように、知らずに販売をしていた場合、損害賠償等の請求は受けるものなのでしょうか?

特許がとられていることは確認しました。すると、当方で販売している商品と同じ仕組みのものでした。
ただ、この商品は私は、カナダにあるネットショップより、個人として購入し、その商品を販売していただけです。
この商品はアメリカ、カナダなどの自動車用品のネットショップではよく販売されております。
製造元はどうも中国で作られているようで、カナダの当方が購入しているショップも中国より輸入し、販売
しているようです。

私の考えでは当方ではその商品を製造しているわけではないので、本来ならば製造元にクレームがいくと
思うのですが。。。製造元は中国の会社であり、特許に関する法律等も違うと思いますが。。。

なおこの商品の特許が受理されたのは、今年の6月4日と特許庁のページに記載されていました。
ではよろしくお願いいたします。

何か記載漏れ、お答えにあたっての不明点がございましたら、ご指摘ください。

630 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 00:02:59 ID:wLYpYLBc
>>629

> 私は今日の電話で初めて、その事を知り、先ほどサイトで販売している指摘された商品を
> 削除しました。このように、知らずに販売をしていた場合、損害賠償等の請求は受けるものなのでしょうか?

受ける。
侵害側が「相当の注意をしていた」と証明できない限り、特許の存在を知らなかったとしても、それは侵害側の過失となる。(103条)
販売開始前に念入りに特許サーチやって、その結果を残してでもいない限り苦しいでしょう。

> ただ、この商品は私は、カナダにあるネットショップより、個人として購入し、その商品を販売していただけです。

「輸入」も「譲渡」(販売含む)も特許の実施の一形態(2条3項1号)なので、侵害が成立する。

> 私の考えでは当方ではその商品を製造しているわけではないので、本来ならば製造元にクレームがいくと
> 思うのですが。。。製造元は中国の会社であり、特許に関する法律等も違うと思いますが。。。

原則的に侵害行為は独立。
流通経路で、ある一点(たとえば製造元)で侵害があったからといって、別の点(たとえば輸入)が免罪となるわけではない。

> なおこの商品の特許が受理されたのは、今年の6月4日と特許庁のページに記載されていました。

特許が受理って、「特許権の設定の登録がされた」という意味かな?
そうであれば、6月4日より前には特許権侵害は成立しないので、販売をすぐやめるなら賠償請求もされずに済みそうな気が。


でも該当商品がホントに特許権を侵害してるかどうか、念のためプロにみてもらったほうが良さそうな気が。


631 :匿名希望:2005/06/09(木) 00:10:42 ID:tRUK9D0D
>>630
ご丁寧なご回答ありがとうございます。

>特許が受理って、「特許権の設定の登録がされた」という意味かな?

出願日は平成15年11月5日になっており、公開日は平成17年6月2日
になっています。

>そうであれば、6月4日より前には特許権侵害は成立しないので、販売をすぐやめるなら賠償請求もされずに済みそうな気が。

これは相手の主観により、変わるものでしょうか?

632 :匿名希望:2005/06/09(木) 00:15:13 ID:tRUK9D0D
>>630
> なおこの商品の特許が受理されたのは、今年の6月4日と特許庁のページに記載されていました。
6月2日の間違えでした。


633 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 00:36:20 ID:wLYpYLBc
>>631
「公開日」ってことは、出願されてるけど、特許が成立するかどうかの審査はまだされてない状態だね。

特許がまだ成立してないので、厳密には「特許権侵害に対する損害賠償」でなく、特許権成立までのつなぎ的な「補償金請求」の対象になる。
補償金請求権は警告後の行為に対してしか発生しないので、警告後すぐに侵害行為をやめたのであれば大丈夫。(65条)

その自転車の輸入を出願日以前にやってれば特許を潰せる可能性があるけど、そこまではやりすぎかな。

634 :匿名希望:2005/06/09(木) 00:54:43 ID:tRUK9D0D
>>633
ご回答ありがとうございます。
相手側は電話では特許が取っている商品との言い方をしましたが
これはうそなのですね。

>「公開日」ってことは、出願されてるけど、特許が成立するかどうかの審査はまだされてない状態だね

相手が言っている特許番号?はAで始まっています。
特許電子図書館の特許・実用新案公報DB のページを見ると
文献種別は特許公開: A になっていますが、この記載でわかるのですね。

>補償金請求権は警告後の行為に対してしか発生しないので、警告後すぐに侵害行為をやめたのであれば大丈夫。(65条)

これを読んで安心いたしました。ありがとうございました。

635 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 08:39:00 ID:wLYpYLBc
> 相手側は電話では特許が取っている商品との言い方をしましたが

特許が成立してるなら、数字のみ7桁の特許番号が与えられるから、そっちを教えてくるはず。
特開2005-xxxxxxっていう年+ハイフン+数字6桁の番号は単に「出願」の公開。



636 :匿名希望:2005/06/09(木) 09:37:48 ID:L6iiGR/2
>>635
おはようございます。ご丁寧なご回答ありがとうございます。
大変、勉強になりました。

今日、相手に電話してこの点を指摘してみます。
本当にありがとうございました。

637 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 10:31:30 ID:E85pEkY+
>>631
>出願日は平成15年11月5日になっており、公開日は平成17年6月2日
>になっています。
で、いつから輸入してるの?
というか、その商品、いつごろから日本国内に存在してる?

特許が成立しちゃうと裁判が必要だけど、いまなら簡単に潰せるぞ。

638 :匿名希望:2005/06/09(木) 13:23:08 ID:L6iiGR/2
>>637
ご回答ありがとうございます。

>で、いつから輸入してるの?

約半年前からです。この商品は1年ほど前から日本国内にて流通しています。
もちろん、私以外にも輸入販売している人がいます。

今日、相手に電話したのですが、2-3日後には特許が成立する予定と強気でした。
こちらが、販売をやめると伝えたので、損害賠償等の請求はしないとの事です。

しかし、もし販売しているのを見つけたら、過去の販売分(警告前)を含めて請求をすると
言われました。

警告についての定義とは何でしょうか?内容証明での警告は受けておらず
電話での警告を受けました。これは効力があるものでしょうか?
弁理士の方に無料相談でお聞きすると、内容証明での警告でないと無効と
言われました。

>特許が成立しちゃうと裁判が必要だけど、いまなら簡単に潰せるぞ。

詳しく教えてくださいますか?

639 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 13:54:49 ID:lBmylCDa
>>638
弁理士に聞いたんだったら、その人にもう一度聞けばいいと思う。

書面ってのは、特許出願に係る発明の内容を記載した書面のこと。(特許法65条)

悪意でも補償金請求権は発生するけど、権利行使の際には権利者が悪意の立証をしないといけない。
もし、電話などで言質を取られていた場合は、ちょっとややこしいことになる。

でも警告前の実施に対しては、補償金請求権の行使はできない。


640 :匿名希望:2005/06/09(木) 15:56:33 ID:L6iiGR/2
>>639
ご回答ありがとうございます。

>でも警告前の実施に対しては、補償金請求権の行使はできない。

私もこの旨を伝えたのですが、相手は弁護士にも頼んでいるので、
補償金請求はしますと言っていました。おたくがどう解釈してもらっても
いいですと、かなり強気でした。やはり、はったりみたいですね。

1つ納得できないのですが、例えば家電メーカーが特許権を侵害していると、
訴えられて特許料を支払うとしますよね、そのメーカーから購入した、
家電販売卸業者、家電販売店、それぞれに特許料の請求を特許権保持者は請求できるのですか?

>>630様がお答えくださった、■原則的に侵害行為は独立■
だとすると、商品の流通経路上のすべての業者に特許料の支払い義務がでてきますよね。

こんなにも特許保持者は優遇されているものなのでしょうか?







641 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 16:58:46 ID:lBmylCDa
>>640

>だとすると、商品の流通経路上のすべての業者に特許料の支払い義務がでてきますよね。
>こんなにも特許保持者は優遇されているものなのでしょうか?

これ見るとよく分かるよ。
http://www.hanketsu.jiii.or.jp/hanketsu/jsp/hatumeisi/news/199505news.html

642 :匿名希望:2005/06/09(木) 19:30:17 ID:L6iiGR/2
>>641

とても参考になりました、ありがとうございました。

643 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 22:37:08 ID:Fu3cJGEL
すいませんが一つ教えてください。

自分のブログの中で、本の中身を抜粋しているんですが、今日その本の最後をみたら
次のようなことが書いてありました。

「本書の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法上での
例外を除き、禁じられています。本書からの複写を希望される場合は、日本複写権
センター(03−3401−2382)にご連絡ください。」

やっぱりブログに本の中身を打ち込んだら著作権法違犯になってしまうのでしょうか?
本は国際条約集というもので、色々な国際条約が載っている本です。

お手数ですがよろしくお願いします。

644 :名無し検定1級さん:2005/06/09(木) 22:48:17 ID:gZtxvXa3
>>643

>「本書の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法上での
>例外を除き、禁じられています。本書からの複写を希望される場合は、日本複写権
>センター(03−3401−2382)にご連絡ください。」

>やっぱりブログに本の中身を打ち込んだら著作権法違犯になってしまうのでしょうか?

一般的にはその通り、著作権侵害となってしまいます。

>本は国際条約集というもので、色々な国際条約が載っている本です。

しかし、国際条約集とのことなので、
条約の条文のみを抜き出してブログに掲載するならば、著作権侵害となりません。

しかし、筆者によって独自に書かれた条約の解説部分をブログに掲載したり、
筆者独自の視点から条約を分類して並べている場合に、その全部(編集著作物)を
そっくりそのまま掲載することは、やはり著作権の侵害となります。

645 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 23:01:24 ID:Fu3cJGEL
>>644
今じぶんでもグーグルで検索していたところ、さっそくのご教授ありがとうございました。

私が引用しているのは条文だけです。筆者オリジナルな部分は、巻頭にある「はしがき」と、
「巻末にある条約の当事国表」ぐらいですが、そこは引用せず、あくまで条文だけです。

また、条約の並びは五十音順ですので、筆者独自というわけではなさそうです。

すばやいご教授ありがとうございました。著作権法違犯でなくてほっとしました。
でも、どうして、「本書の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法上での
>例外を除き、禁じられています。」などとかいてあるんでしょうか。

ちなみにブログの中で重要と思われる文言を赤くして、それに対して自分のコメントを青文字で
付け加えてます。
電突隊のための法令集  http://blog.goo.ne.jp/dentotsu/



646 :名無し検定1級さん:2005/06/09(木) 23:50:51 ID:gZtxvXa3
>>645
一つだけ書き忘れていたことがあります。
国際条約は原文が外国語である場合が多いので、日本語に翻訳されていたとすると、
その翻訳が著者オリジナルである場合には注意が必要です(たぶん大丈夫だと思いますが)。

>でも、どうして、「本書の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法上での
>例外を除き、禁じられています。」などとかいてあるんでしょうか。

中身に関係なく、共通的に書いてあるだけだと思います。



647 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 00:17:14 ID:mHGBIjJ0
>>646
どうもありがとうございます。ご指摘の件、いま本を確認したところ、
編集代表や発行者の氏名はありましたが、著者はありませんでした。
著者がいないので、たぶん大丈夫なような気がします。

でも、HPに記載されている文章はコピーしたら駄目なんでしょうね。
戦後日本政治・国際関係データベース http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/
というHPにある日米行政協定を引用したいのですが(本になかったので)、
文字などを変更しているようなので、駄目なんでしょうね・・・・・・・・・・
独立行政法人日本学術振興会からの補助金で東京大学の田中明彦先生が
運営しているHPだそうです。

みんなどこから情報仕入れて書いてるんでしょう。うらやましい・・・・・・・・・・・

648 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 00:44:43 ID:mHGBIjJ0
よくよく考えてみたら、先生オリジナルの翻訳というわけではないようなので、
大丈夫なような気がしてきました。

649 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 00:50:02 ID:AQBQms/c
>>648
よくよく考えてでてきた、大丈夫だという根拠がわからないが、
そのサイトから引用したいなら、
下にメアドが載ってるのだから、一度打診するべき。

650 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 00:56:08 ID:a07oF9dq
質問があります。
漫画や映画のロゴやイラストをプリンターでシールに印刷し、それをバイクに貼り付けるのは著作権に反しますか?


651 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 02:05:51 ID:mHGBIjJ0
>>649
http://www.law.co.jp/okamura/faq/cybfaq01.htm#著作物の引用と転載
に普通の著作物でも引用できると書いてあったので・・・・・

でも一応打診してみます。ご指摘ありがとうございました。

652 :喉元に短剣:2005/06/10(金) 02:11:25 ID:1SPLvnXY
>650 著作権に反するとは?

653 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 08:25:07 ID:GFrO7CFy
著作権侵害になりますか、ってことだろ

654 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 11:38:15 ID:M9O1c6i7
>>650 自分で使う分には無問題

655 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 12:48:48 ID:ZX5qTZbb
質問です。
百マス計算とか、速読術とか、記憶術や暗記術とかいった技術?にも
著作権のような物はあるのでしょうか?

例えば百マス計算の練習ドリル作ったりする事や
速読術の練習帳、記憶術、暗記術を応用した暗記帳みたいなものを出版すると
法に触れたり問題はあるのでしょうか?

656 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 19:14:03 ID:3Db+8xdY
アニメやゲームのパクリはダメなんですか?
パロディはいいんですか?
パクリとパロディの違いは?

657 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 00:22:57 ID:3vH8BKl/
>>655
著作が保護する著作物は、思想又は感情を創作的に表現したものであって、
文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもののことです。

技術等は特許権の対象になります。


658 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 00:33:55 ID:3vH8BKl/
>>656
パクリもパロディも定義が明らかでないのでわかりません。

一般に、明らかに同一のものを使用した場合は複製権、
同一とは違うけれど、元ネタがはっきりわかるものは同一性保持権
の侵害になる可能性があります。
共に権利者の許諾が必要です。

ちなみに親告罪となってます。



659 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 00:59:48 ID:9g0krx+T
技術やノウハウには著作権がないと聞いた様な気がするが気のせいかな。
そーするとやっぱりフリーウエアの百マス計算の問題作成ソフトなんかは違法になるのかな?
〇〇収納術に便利な収納用品とか、
視力訓練用の眼鏡とか、
ンーと、手品のタネとか
あと大正琴用の楽譜みたいなのとか、
その他諸々の応用品も駄目ってことですか。



660 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 01:31:32 ID:Ix4qZWzO
>>654
ttp://www.ntv.co.jp/horitsu/20030420/10-a.html
↑によると、「複製権の侵害」になると書かれているんですが、どうなんでしょうか?

661 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 08:18:26 ID:wXw7bigZ
>>659
> 技術やノウハウには著作権がないと聞いた様な気がするが気のせいかな。

657氏は著作権で保護されない(特許で保護される)って言ってるでしょ。
それと、「百ます計算」は登録商標だから、模倣品は名前を変えてる。
「百ますドリル」とか。

662 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 09:48:27 ID:MHJPkbxS
>>657>>661
なるほど。
著作権は無いけど特許や商標登録で保護する訳ですね.

もちろんその本自体には著作権があるでしょうから、
本の内容を写さないようにして
うまく応用すればOKってことですね.

663 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 11:00:44 ID:vdCwkpTP
>>660

>650
>漫画や映画のロゴやイラストをプリンターでシールに印刷し、
>それをバイクに貼り付けるのは著作権に反しますか?

 >>654じゃないけど、著作物を私的使用する場合には複製権の問題はありません。
しかし、ロゴやイラストが大きいなどの目立つものであり、公衆に表示する性質が
ある場合は公表権の問題となる場合があります。
 またこのような場合、例えば車に大きくアンマンマソの絵を表示する場合は、私的使用と
みなされないかもしれません。
 すると、複製権の問題にもなります。

>>654氏は、家庭用プリンタで印刷するシールとは、小さなものでありバイクに表示しても
目立たないため私的使用と判断してのことだと思います。



664 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 11:04:51 ID:vdCwkpTP
>>663
>著作物を私的使用する場合には複製権の問題はありません。
今回の話です。例外もあるのでそのまま解釈しないでください。

665 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 04:29:08 ID:ZJ/vakcP
>>659
技術やノウハウに著作権は無いが、
技術やノウハウの設計図や仕様書、手順書には著作権がある。
著作権はアイデアを守る法律ではなく、表現を守る法律。


666 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 08:35:07 ID:VxJs+uc2
質問です。

並行輸入を認めるとはっきり書いている条文はないんですか?
二次流通としては、古物や質屋と同じだと思うのですが。



667 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 10:56:08 ID:uhxcSd6B
>>666
>並行輸入を認めるとはっきり書いている条文はないんですか?
まず何の話よ。

基本的に産業財産権法は、権利者の権利を記したものであって、
無権利者の保護を記したものではないし、
国際的用尽について、最高裁は国内の用尽説を単純に適用できない
と言っているし、
現実的に、世界では平行輸入は国家間の問題として処理されてる。



668 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 11:25:19 ID:EdQuk6mv
先発明主義から先願主義への歴史的転換なるか,
米国下院に特許法改正案が提出される
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050613/105710/

複数の同じ発明がある場合,たとえ出願日が遅くとも,
発明した日が早ければ特許権が優先的に与えられる。
これが,世界で唯一,米国のみが採ってきた特許制度「先発明主義」である。
この制度の廃止を目的とする特許法改正案が,米国下院に提出された。

この改正案の大きな柱は2つある。1つは,従来の先発明主義から,
特許の出願日が早い発明者に特許権を与える「先願主義」に移行すること。
もう1つは,訴訟などの煩雑な手続きなしで,成立済みの特許に対する
異議申し立てが可能になったことだ。

 ただし,先発明主義を大企業との特許紛争の有力な対抗策としてきた
中小企業や個人発明家などは,この法案に猛反発を示すことが予想される。

669 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 12:45:51 ID:Wg7cB9PQ
第二ラウンド開始でつか。
で、オマイラはどっちのコーナーよ。

俺は個人発明家好きだな。よって先発明。

670 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 13:08:11 ID:BBsmrpBs
大企業が権力を持てば貧富の格差が広がるだけなんで、漏れも先発明。


671 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 16:49:33 ID:+Oxgk68V
One yearルールと公開公報で決着付いたんでなかったのか。


672 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 16:28:14 ID:qIsfO5+L
音楽に関して素朴な疑問を感じました。
詳しい方に是非お聞きしたいです。

例えば、ある楽曲のCDを購入して楽しんでいます
その後、同じ楽曲のSACDが発売されたので購入を検討しますが
「何かを二重に負担することになる」ような気がして購入に抵抗を感じました

この場合
楽曲の使用許諾権費用を負担していることにはならないのでしょうか?
もし、そうなるのなら、同一個人で同一の楽曲を楽しむために使用許諾権を
複数負担することに意味があるとは思えません。

もちろん、われわれ最終購入者はパッケージメディアとしてのCDやSACDを
購入しているのであって権利保有者と直接対価のやり取りをしているわけでは
ありませんし、
CDをSACD化するときに、リミックスしたり、2チャンネルステレオを5.1チャンネルサラウンドにしたり
とコンテンツ内容が変更されていることも承知しています。

しかしながら、
「同一の楽曲そのもの」を個人で楽しむための対価は二重払いのような気がしてなりません。
パッケージメディアの価格には物理メディアとしての光ディスク代や編集代、プレス代、宣伝代、流通代など
も当然含まれており
「同一の楽曲そのもの」を個人で楽しむための対価
は全体からみればものすごく小さい割合かもしれませんが
これは負担せざるをえない費用なのでしょうか?


673 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 16:31:41 ID:qIsfO5+L
>672

追加訂正)

この場合
楽曲の使用許諾権費用を 二重に 負担していることにはならないのでしょうか?

674 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 22:26:14 ID:6MvEViF4
>>672
わざわざCD持ってるにSACDを買うってことは、そこに何らかの価値(創作)を認めたんじゃないの?

675 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 01:29:56 ID:hvj8MTXI
権利を買っているのか、物を買っているのか、
難しいよね。

676 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 02:46:04 ID:XkiG2eBS
>674
SACDはご存知のとおりCDに比べ時間当たりの情報量が増えていますので
より良い音質で楽曲を楽しめるところに価値を感じています。

例えば、若くして亡くなった尾崎豊の楽曲をCDにて楽しんでいるとします。
そこへ今般、彼のSACDが発売となったとします。
新たに価値(創作)が加わったと思われるのは
SACDというCDとは異なるメヂィアフォーマットへの対応です。
レコード会社は残っていたマスターテープを再編集しSACDを製造します。
つまり、新たに価値が加わったのは編集/製造過程に於ける「何か」です。
尾崎豊が作詞作曲した(価値を創造した)楽曲には何の変化も無いはずです。

SACD化に際しレコード会社が行った再編集/製造過程に対する対価を
支払うことはやぶさかではありません。
しかし、価値が変動していない楽曲を楽しむ対価はCDにて支払済みのはずです。
SACD購入により追加で複数分支払わざるを得ない状況となります。
SACDにて尾崎豊を楽しもうと思ったら他に選択の余地はありません。
繰り返しになりますが、同一個人で同一の楽曲を楽しむために使用許諾権(?)を
複数分負担することに意味があるとは思えません。


つづく


677 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 02:48:40 ID:XkiG2eBS
つづき

>675
確かにややこしいですね。

権利としてであれ物としてであれ
せめて、尾崎豊の楽曲への対価(著作権使用料?)分と
SACD化で新たに追加された価値(これも著作権??)への対価分
とを分解することは出来ないのでしょうか?

そして、新たに加わった価値相当分のみを負担する仕組みはないものでしょうか?

モデルとしはコンピュータソフトのバージョンアップのイメージです。
旧バージョン(cd)の正規ユーザなら、新規購入より有利な条件で
新バージョン(SACD)の入手が可能になるような。。。
なんなら旧バージョン(CD)を返却することもいといません。

コンピュータソフトで可能であるにもかかわらず
音楽ソフトではバージョンアップなど聞いたこともありません。
何が障害となっているのでしょうか?

678 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 05:34:25 ID:jxlx/ce3
>>667
大体、日本ではゲーム業界や出版業界が国内消尽ですら
「絶対悪であり断固否定すべきだ」と公言して憚らん状態ですから!

679 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 00:01:05 ID:FmdbDRqm
>>677
著作権は、著作物に関連した権利を定めてるだけであって、
具体的な商取引の態様まで定めてないから。


680 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 02:18:27 ID:Fn7dm6Ne
>>678
当然だろ。国内には企業の立場で語るマスゴミは多いけれども、
本当の意味で読者の立場で書いてるマスコミは少ないからな。
あと、日本のゲーム業界は基本的に、マスゴミと仲が良いしな。


681 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 18:41:52 ID:hpwMbAVO
2社が特許のクロスライセンスする時って、ロイヤルティーの支払いは普通どういう契約をしてるの?
1.お互いに相手の特許に対するロイヤルティーをそれぞれ計算して支払う
2.1.と同じ計算をするけど差額分だけを片方が支払う
3.AがBに○%支払うみたいに一方がロイヤルティを支払う

682 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 19:11:09 ID:v/AAhYl3
http://www.h4.dion.ne.jp/~mist/top2.html

ここのアイコンは著作権法違反だと思うのですが
どうでしょう?

683 :676 & 677:2005/06/18(土) 23:15:50 ID:w5R129Ia
>679
ご指摘のとおりでした。
ビジネスモデル(商取引)に関しては
話が飛躍しすぎでした。

結局、何枚買おうと毎回課金されるのが現状な訳ですが
これは権利の過剰行使にはならないのでしょうか?

ちなみに、音楽ソフトにおける著作権料は
CD価格の 5〜10%程度が相場である
と何かの記事にありましたが
その 5〜10% の部分がやはり二重払いのような気がしてなりません。

684 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 01:21:02 ID:PXAXtb6n
>>683
> 結局、何枚買おうと毎回課金されるのが現状な訳ですが
> これは権利の過剰行使にはならないのでしょうか?

著作権(財産権)の基本が複製権である以上、ならない

685 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 01:25:24 ID:PXAXtb6n
>>676
二重払いしているとも言えるかもね。

ただ、二重払いしなきゃならないのは誰に問題があるかを考えると、レコード会社だよ。
あなたも言ってるように、マスターテープ自体は変わらないわけで、CDの音も、SACDの音もレコード会社の産物。

SACDは新たに価値を追加した訳じゃなく、マスターテープに近づけているに過ぎないのに
なぜレコード会社にお金を払うのを許容できるのか、そこがちと分からない。


686 :682:2005/06/19(日) 01:32:50 ID:qz4/++D2
http://mbspro8.uic.to/user/gacpdc.html

687 :喉元に短剣:2005/06/19(日) 02:39:14 ID:V+B+knyD
>681 1、2、3の違いが不明確。


688 :676 & 677:2005/06/19(日) 02:52:07 ID:Dm3qYgEc
>684 さん
コメント有難うございます。
著作権を行使する側としては複製された数だけ徴収する権利があるわけですね。

そもそも、ただの音楽好きで法律知識の無い小生の
素朴な疑問を皆さんに聞いて頂けただけで気持ちが随分すっきりしましたし
>685 さん のように小生に近い意見をお持ちの方もいらっしゃることも判りました。
あとは、自分で勉強してみます。


SACDだけでなく今後次世代メディア(Blu-ray とか HD DVD)が登場すると
そのファーマットで楽曲を楽しみたい場合、その都度、課金されると思うと
購入に対し気持ちが前向きになかなかならないかもしれません。
少なくとも、小生は「当分CDでいいや」と改めて思いました。

楽曲のネット配信も立ち上がりつつあり
ITを利用した課金システムの精緻化は益々進みそうですが
課金される側はそれに従属するしかないのでしょうか。





689 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 08:56:44 ID:/KUoljeE
>>683
>これは権利の過剰行使にはならないのでしょうか?
何をいまさら

690 :681:2005/06/19(日) 10:34:06 ID:4qOW9UnX
>>687
わからないのならコメントしないで下さい

どなたかわかる方いませんか?

691 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 10:46:49 ID:dO19v+Ky
>楽曲のネット配信も立ち上がりつつあり
>ITを利用した課金システムの精緻化は益々進みそうですが
>課金される側はそれに従属するしかないのでしょうか。

使わなけりゃ良い。そうすりゃ従属せずに済む。

692 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 10:54:10 ID:dO19v+Ky
>>690
事務作業が面倒だから、普通はロイヤリティをお互いが払わない
ようにしている。つまり、特許を持ち合ってる者同士がお互いに
許可だけをもらって、自由に用いているわけ。


693 :681:2005/06/19(日) 11:10:42 ID:4qOW9UnX
>>692
ありがとう。
多くのクロスライセンスはそうなんでしょう。
ソニー、サムスンの様な場合はどうなんでしょう?

694 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 13:21:56 ID:0TPCd+/v
>>690
普通ってなによ。
クロスライセンスを定める条文なんてないし。

もっと詳しく状況を書け。
ただ、動かすんなら差額だけでいいだろう。

695 :喉元に短剣:2005/06/21(火) 02:01:04 ID:m7A8EWjN
 次の質問どうぞ。

696 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 08:41:38 ID:5g2mcslq
手品の種に著作権はありますか?

697 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 08:51:35 ID:Nhp5WmUq
>>696
無いと考えて良いと思います。
ただし、それを解説した文章や図面は著作物といえます。
また、特別な道具やその他の技術が使われるならば、
特許権や実用新案権による保護対象になりそうです。

698 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:38:28 ID:TUfo7+9M
うp厨の心の中
      ↓

                   / ヾ
                  ゝイ丿
                   / /
                  / /
                 / /
        ∧ ∧     / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    (;´Д`)、   / /< うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!
      /     ヽ、 / /   \________________________
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ \
        |  |   \ \
        |  )    |  )
        / /     / /
       / /       ∪
       ∪





神気取りかよ! 先走り汁出してんじゃねーよ!!
あははははははははははははははははははははははははは!!!!!!!!!

699 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 11:28:14 ID:YBNpxS3c
著名人の写真合成(いわゆる、アイコラ = アイドル・コラージュ)は
何を侵害しているのでしょうか?
また、ネット上に存在するその手の画像を集め個人で楽しむと
何かの罪に問われますか?

700 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 11:48:25 ID:Mw1uWaA5
>アイコラ

肖像権。
あと、コラージュの内容によっては名誉棄損になる可能性もある。

>ネット上に存在するその手の画像を集め個人で楽しむ

収集する分には問題ないかもしれないが、
配布すると著作権法に引っ掛かる可能性がある。


701 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 11:58:51 ID:Mw1uWaA5
>>700
名誉棄損ではなく、侮辱罪だな。


702 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 12:03:34 ID:5g2mcslq
>>701
名誉毀損と侮辱罪はどうちがいますか?

703 :喉元に短剣:2005/06/21(火) 12:53:40 ID:m7A8EWjN
>696 種の概念が不明確。
 仕掛けが施された物件?
 観客を上手に欺くための演技?

704 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 16:33:49 ID:5g2mcslq
種の概念と言われると困る…。
でも確かにそれが確定しないと判定出来ませんよね。

では、例えばプロレスの技とかはどうでしょう?
4の字固めとか、卍固めとか、腕ひし逆十字とか…
そういう感じで今迄に無い技を考えた場合著作権とかあるのかなーと。

うーん、プロレスも疎いのでいいたとえじゃないかも…。orz

なんつーか、技みたいな物、
この技は俺が考えたんだからまねするなー!みたいな。
けん玉の技とか、ヨーヨーの技とか。
あれも一種の自己表現かなと(w

705 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 18:10:36 ID:5nyZEEIy
>703
質問者に喧嘩腰で問い詰めたくたって。。。
質問者より専門知識が優っている自覚があれば
多少はくみとってあげてもいいのでは。

706 :喉元に短剣:2005/06/21(火) 19:09:54 ID:m7A8EWjN
 携帯からの書き込みゆえに可能な限り短文にしている。
 すばやくキータッチできないのよ‥

707 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 21:07:07 ID:tSYfZak5
>>703ってかなり親切な問い返しに見えるんだが
これって一般的には喧嘩腰と受け取られるの?

708 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 00:03:16 ID:PpWQ5cMb
名無しが名無しに敬語使っても意味無いだろ。
匿名掲示板で言い回しを重視する意味がわからん。
しかも必要な情報を聞いてるだけじゃん。

709 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 05:43:05 ID:6j/4Vw2M
あの、いきなりなんですが昭和三十七年の法改正のとき
なぜ、宮沢賢治や梶井基次郎の著作権が切れないように
保護期間を延長したの?

710 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 10:59:02 ID:cFVa609+
うp厨の心の中
      ↓

                   / ヾ
                  ゝイ丿
                   / /
                  / /
                 / /
        ∧ ∧     / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    (;´Д`)、   / /< うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!
      /     ヽ、 / /   \________________________
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ \
        |  |   \ \
        |  )    |  )
        / /     / /
       / /       ∪
       ∪





神気取りかよ! 先走り汁出してんじゃねーよ!!
あははははははははははははははははははははははははは!!!!!!!!!

711 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 11:16:57 ID:IZMa7JS2
>>688
遅レスだから、まだ居るかどうかわからんが・・・

CDであろうが、SACDであろうが著作権使用料はCD購入者が
払っているわけではない。 形式上はね。

著作権料を支払っているのは楽曲を複製(CD作成)している
レコード会社。

まぁレコード会社はコストとして著作権料を価格に転嫁して販売してる
わけだけど、これは購入者が著作権使用料を支払ってるとは言わない。

購入者がそのCDを複製(私的複製などを除く)したりする場合に、初めて
著作権使用料の支払い義務が生じる。

ネット配信の場合は、購入者が複製行為を行うことになるから、CDの購入
とは少し違ってくるけどな。


712 :こんなんありました:2005/06/22(水) 14:42:06 ID:g/4PzGju

特開2002-341562
【請求項4】 溶媒除去剤が....
(この請求項には効果が大きい材料を挙げたいと思います 。
とりあえず、左記のようにしましたが、他に効果的に使用
できるものがあれば教えて下さい。)

この恥在部 大丈夫?


713 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 14:45:25 ID:iy/CdnNh
>>712
よくありますよ。
そういった出願を集めたサイトを見たことがあります。

714 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 17:32:53 ID:LSM4ilh3
うp厨の心の中
      ↓

                   / ヾ
                  ゝイ丿
                   / /
                  / /
                 / /
        ∧ ∧     / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    (;´Д`)、   / /< うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!
      /     ヽ、 / /   \________________________
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ \
        |  |   \ \
        |  )    |  )
        / /     / /
       / /       ∪
       ∪





神気取りかよ! 先走り汁出してんじゃねーよ!!
あははははははははははははははははははははははははは!!!!!!!!!




715 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 17:35:41 ID:LSM4ilh3
うp厨の心の中
      ↓

                   / ヾ
                  ゝイ丿
                   / /
                  / /
                 / /
        ∧ ∧     / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    (;´Д`)、   / /< うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!うpしたい!
      /     ヽ、 / /   \________________________
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ \
        |  |   \ \
        |  )    |  )
        / /     / /
       / /       ∪
       ∪





神気取りかよ! 先走り汁出してんじゃねーよ!!
あははははははははははははははははははははははははは!!!!!!!!!




716 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 19:23:40 ID:qjA09VmN
>>713 ここですね。
ttp://b-files.hp.infoseek.co.jp/a_files.html

「思います」で検索すれば探せるのかな?と思ってやってみたんですけど、
別の意味でやばいやつばっかりですね。

717 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 00:42:45 ID:0bF6iEve
>>712
電子図書館重いので未確認なんだけど、
これって代理人付いてるの?
もし付いてたら、
知財部より代理人の恥だと思うんだけど、
最近はクレームもチェックしないで出願してる
事務所があるってことだろうか。

ある意味特許はいいけど、意匠でやったら致命的だね。

718 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 04:11:49 ID:zP3ztOzH
>>711
まだ、いました。コメント有難うございます。
間接的にコスト負担をしていることは理解しました。

クラシック等でたまにめちゃくちゃ安い価格設定がなされることがありますが
著作権が切れているから、そのコスト分が価格に転嫁されないのでしょう。

でも、やっぱり、
著作権が生きている同一の楽曲を2度、3度と購入するとき
余分な「何か」を負担しているようなもやもや感は残ります。

JASRACなる管理団体の著作料金徴収/分配システムに
課題がいろいろあることも最近、この板でしりました。


719 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 09:08:56 ID:lnDuibJm
>>718
全く板違いだが、、、
価格と著作権は切り離して考えるべき。
CDの製造費なんてたかが知れてる。CD−Rの販売価格を見ればわかる。
著作権料なんて、せいぜい10%か20%。
一番コストがかかるのは、CDの制作費。ようはスタジオ代です。
クラシックなどの過去の曲はマスターを使いまわしなので安く作れます。

720 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 09:59:01 ID:MJ4McBc4
>>718
同一楽曲を2度、3度購入するたびに著作権使用料を負担しなくて
いいとなると、アーティストはCDが売れても収入が増えず、儲かるのは
レコード会社だけってことになるわけだが・・・

721 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 10:02:43 ID:LGmevZ3Y
>>719
だな。

CDが高いのは著作権使用料が高いせいではなくて、他のコストや
利益分の上乗せのせい。

722 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 20:24:23 ID:LuN/FTtn
age


723 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 21:24:00 ID:QTn8Gvh6
フリーウェアを使っていたら、そのフリーウェア自体に特許に違反している部分があった。
この場合、それを使用し続けることに問題はありますか。

724 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 21:36:32 ID:nmQ7FoVK
>>723
個人的な使用なら、使用に関しては法上の問題はない。
ただしフリーウエアの配布が違法なので、配布に関して差止請求を喰らう可能性はある。

725 :喉元に短剣:2005/06/23(木) 21:46:59 ID:OsYeB0+i
 次の質問どうぞ。

726 :723:2005/06/23(木) 22:00:04 ID:4ZjNhpNe
>>724
即レスありがとう。イリーガルじゃないみたいなんで安心しました。

ちなみに開発元はソースコードのみ公表、バイナリを配布してるのは
ヨーロッパ(ソフトウェア特許のしくみが違うらしい)の有志だそうです。

>>725
お礼ぐらい言わせてよ。

727 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 22:48:36 ID:IMhfWWXj
質問です
あるアイデア商品を考えたのですが
現在の技術で実現化できるか分からないので
似たような商品を製造しているメーカーに
問い合わせ&アイデアの売り込みをしようと思っています

この時、アイデアだけを盗用されないようにするにはどうしたら良いでしょうか?

つまり、このアイデアは私が考えたのだ、と主張出来るようにする為にはどうしたら良いでしょうか?と言う事です

728 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 08:44:11 ID:uf7ZS4IU
>>725
>>704

729 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 10:03:36 ID:erXqIOBA
>>727
事前に特許出願などして下さい。


272 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)