2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

遺産相続相談スレッド その12

1 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 14:47:49 ID:+3RVk1zF
遺産相続に関するトラブルに関する法律的な問題の相談のスレッドです。
法律に詳しい方からの答えが得られるかもしれませんが、 その答えが正しいとは限りません。

   ◆◆◆重要な問題は必ず弁護士等の専門家にご相談ください◆◆◆

前スレ:
遺産相続相談スレッド その11
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1111323250/


▼━親族関係の表記はわかりやすく ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 相談の際、特に相続人の呼称が混乱しないように説明すると的確なアドバイスが受けられる
可能性が高くなります。

○ 自分、私、兄弟、母、祖父 × 叔父、妾、△□の女、等

叔父(父の弟、以後A)等と出来ればベスト。

▼━詳しいご相談は弁護士等専門家に! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料法律相談は、市役所などの自治体などで定期的に開催しています。市役所などの窓口で日
程をお聞きになるか、各地の弁護士会・司法書士会に電話して相談してみてください。

 日弁連のサイトより  法律相談窓口ご案内「法律相談:困ったときは・・・・」
 :http://www.nichibenren.or.jp/jp/soudan/komatta/madoguchi.html


2 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 14:48:25 ID:RwgPL0Aq
「にくちゃんねる」でhtml形式の過去ログを読む事もできます。
http://makimo.to/2ch/index.html


3 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 15:28:20 ID:wN2GS3to
分割協議中で、アパート付不動産が共同相続人によって共有状態にある時、 その一人
である、この不動産の自用部分に居住中の相続希望者が、近々必要になる修繕費用は
分割する総額から控除出来ると言っております。

そこで、具体的な修繕箇所と費用の見積を明らかにする様、他の相続人に言われても、
彼は金額のみは見せても、根拠は示しません。

この修繕費用は、分割のための総額から控除するものなのでしょうか?
また、この様な状態で提示されている修繕費を負債とみなせるのでしょうか?
(相続税はかかりません)

4 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 18:55:18 ID:rEVW6OV2
まるち

5 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 20:50:42 ID:IRYFLzlp
またあんたか・・・

6 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 21:15:10 ID:UxuDSo8M
>>3
回答済みですよね。よくご存知のはずで。

7 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 21:26:28 ID:hJPLwGem
親の借金で遺産放棄したとき親戚、おじやおば、いとこ達、その子供・・・
皆にちゃんと放棄するように伝えるべきですよね?あと皆放棄した場合
その借金は誰も払わなくなるんですか?

8 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 21:28:19 ID:WE2vvboM
この前、一回も見たこと無い親戚がかしこまった格好をしてうちに来ました。
そして、その親戚が漏れの親と話しているのを二階でこっそり聞き耳を立てて聞いていました。

それによると、こうです。
「6000万の土地に1億2000万のアパートを建てる。一ヶ月の家賃収入が78万になるはず。
私には夫もいないし子供もいないから、私が死んだらあなた(わたくしの母親)の子供に継がせようかしら」
とのことでした。
その親戚と私の母親の関係はいとこです。
ということは、俺とその親戚は5親等と言うことになるんですが、
実際に相続することになったらどれくらいの税金を払うことになるのでしょうか??
5親等だとほとんどもらえませんか?

たぶん遺言による相続だと思いますが、
相続のあたりに詳しい方がいらっしゃったら教えてくださいませ。
実際今からだと恐らく相続まで30年くらいあるでしょうから、うわものの価値はほとんど0になると思うんです・・・
税金は安くすむのでしょうか?
それともこの遺産は全然当てにできませんか?

9 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 21:42:43 ID:6RgBIN09
>>8
その情報じゃなんともワカンネ。
その時にまた相談においで。

10 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 23:21:42 ID:wN2GS3to
>>3
>この場合の修繕費用は、相続時に総額から控除するのは妥当なのでしょうか?
>また、この様な状態で提示されている修繕費を負債とみなせるのでしょうか?

以上の点の正誤は、不明のままなので、出来たらお教え頂くと助かります。

11 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 00:30:21 ID:0Rt2oN6d
>10
相続税計算時の評価の話しなら、建物の評価額は
固定資産税評価額で決まるから、相続後に修繕しようが、
逆に相続直前に修繕しようが、評価額は変わらない。
もちろん、その費用を負債として相続税の申告をすることはできない。

遺産分割時の計算のことなら、話し合いで決めてチョとしか言えないが、
修繕費分を負債として遺産から控除するのではなく、修繕前のその部屋
の評価額を決めるときに、修繕することも考慮して低く抑えることになる。

12 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 02:41:17 ID:8PrFSoms
初めて書き込みさせていただきます。
30年前に父が亡くなり(母はその2年前に病死)、兄弟4人が父の財産を相続することになりました。
遺産は会社の資産に、本社工場兼自宅の400坪の土地と、支社工場1000坪、それに兄名義の住宅
地100坪を残しました。当時、兄は副社長という立場でしたが、遺産相続の話し合いの中で兄は「山
田家(仮名)の発展の為には資産がバラバラになってしまっはダメだ。親父の意志を継いで事業を盛り
上げていくためには一つでなければならない。」と言い、私(次男)を含め他の3人はわずかずつの預
貯金以外の財産を兄に託しました。
ところが、兄は大阪の一等地のビジネス街に本社事務所を借り、事務員の女の子を雇って、仕事もせず
に一日中過ごし、工場の仕事も父が過去に売った機械の修理だけとういう有り様で、当時50人以上い
た工員さんも現在2人。本社工場兼自宅は売り払われ、今では工場だけ(ほとんど人の出入りもない)
になってしまっています。
兄に全財産を託したことを後悔しましたが、もう過去のこととして忘れるようにしてきました。
ところが、最近、設計事務所を自営している弟(三男)が不渡りを食らわされ、兄に相談に行くと兄は
「自分には関係ない、事業に失敗したら自分の責任で首でも吊るしかない。」と言ったというのです。
山田家の為といって全財産を相続しておきながら、今まで文句も言わず兄の贅沢三昧を見ていた兄弟が
本当に困った時、初めて相談に行って言われた言葉がこれではあんまりです。
遺産の問題は時効になってしまうとは思うのですが、兄は兄弟3人を欺くためだけに事業を継続してい
るフリを30年間も続け、父の残した財産を食いつぶし贅沢三昧な生活を続けていただけなのです。
このような場合、兄の行為を詐欺として相続の無効を訴えることは可能なのでしょうか。よろしく、
お願いいたします。

13 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 03:24:19 ID:BREieQTU
無理

14 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 04:05:59 ID:I+O2NC3X
>>11
>遺産分割時の計算のことなら、話し合いで決めてチョとしか言えないが、
>修繕費分を負債として遺産から控除するのではなく、修繕前のその部屋
>の評価額を決めるときに、修繕することも考慮して低く抑えることになる。

お返事有り難うございます。基本的に、後者の遺産分割時の計算のことです。
最後の『評価額を決めるときに、修繕する事も考慮して低く抑える』という所については、
(原則は、協議に依る合意があれば何でも良いのでしょうが)この修繕の費用はある程度、
明確にした方が、正確な評価が出来ますよね。普通はどうする事が多いのでしょうか?
いろいろなのでしょうか。


15 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 04:23:37 ID:0Rt2oN6d
>14
激しくもめてるなら、普通は修繕など考慮せずに相続時の時価を事務的に計算する。
本当に修繕が必要で、それでは可哀想だなと他の相続人が思えるなら、
修繕費まで考慮して分割すればいい。

16 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 04:39:25 ID:I+O2NC3X
>>15
よくわかりました。
つまり、負債とは言えないから、この修繕費を全員分担とすべき権利も義務もない。
しかし、必要十全と思える妥当な明確な費用の明示があれば、常識的には、収益財産
のアパートの相続人が相続分に応じた基本的に分担し、その他の相続人の分担は自由
意志に任せる、などとしておけば良さそうですね。

17 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 06:32:29 ID:I+O2NC3X
後一点。
相続財産の評価に必要な様々の基本的な書類のコピーは、相続人であれば、
持っている権利はありますか?

18 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 14:09:30 ID:cK08wFOD
好きにしろよ

19 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 17:49:35 ID:kWT3oWkt
65歳の叔母の切実な悩みなのです。今は姉(80歳)と二人暮らしです。

本人には配偶者も子供もいないのですが、預金等不動産以外の遺産がかなりあります。

自分が急死したり痴呆になってしまった場合に
実の兄弟に分けると同時に、私(甥)にも分けてあげたい。と言っているのですが
遺言を残すか、弁護士にでも頼まないと安心できないらしいのです。
(本人は末っ子なので、分ける兄弟は先に亡くなっている可能性は高)

私に一任したらしいのですが、私は専門家ではありません。
こういう場合はどうやるのがベストな方法なのでしょうか?

専門家に任せず、本人が遺言書(?)みたいな書類で残し、
それが法的効力を持てれば一番のようです。

20 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 18:06:11 ID:7qIDR0YO
専門家に遺言作成を依頼するに決まってんだろうが、、、馬鹿じゃないのか、おまえ?



21 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 18:13:53 ID:G/cbRGL9
>>20
まぁ待て。
リアル厨かもしれないだろ。

>>19
公正証書で遺言書を作れ。

22 :19:2005/06/06(月) 18:23:52 ID:kWT3oWkt
>>21
> 公正証書で遺言書を作れ。

ありがとうございます。これで判りました。

23 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 22:29:53 ID:RAECv7+t
我が家の深刻な悩みです。法律に詳しい方教えてください。
祖父(H12年死亡)
祖母(現在78歳)

子供娘2人
長女(私の伯母)
次女(私の母)

祖父が寝たきりになって死ぬ間での間、すべて介護は次女である私の母が面倒をみ、今も祖母の面倒は私の母がみています。
長女の伯母は祖父が具合が悪くなってからつい最近までの10年間、祖父祖母には会っていません。祖父のお葬式にも来ませんでした。
その為祖母は祖父の遺産である家と土地を今、売って祖母半分、残りは娘に4分の1ずつ分け祖母の分は次女である私の母に渡したいと考えています。

24 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 22:37:06 ID:RAECv7+t
しかし伯母は家と土地を売ることを承諾しません。
では祖母が遺言を書き、次女である私の母に全てを〜と書くようにと考えていたのですが、家と土地の名義は書き換えをしていないので今だに死んだ祖父の名義になっています。
その場合は祖母が遺言を書いてもだめでしょうか?
名義の書き換えも伯母の承諾・印鑑が必要みたいで…
一体どういう方法をとればいいでしょうか?
祖母の意向としては今、家と土地を処分して法律通り3人でわける。
または自分の死後、次女に全ていくようにしたいとの事です。

25 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 23:58:20 ID:3yVAxSJq
>>23
現在土地建物は3名の遺産共有状態です。
手続として
家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをする。
手続きは簡単です。家庭裁判所で教えてくれます。

登記上の名義は対抗要件でしかありませんので、現在の時点で遺言を書いてもOKですよ。


26 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 00:03:21 ID:7eZwcfRw
>>17
>相続財産の評価に必要な様々の基本的な書類のコピーは、相続人であれば、 持って
いる権利はありますか?

この場合の逆の立場で、財産に関わる資料詳細を相続人に見せたくない、または、
その写しを渡したくないので、渡さないというのは特に違法ではないですか?

27 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 00:45:43 ID:OvfCE3bk
>>25
ありがとうございます。
法律詳しいんですね!
家庭裁判所への申し立てというのは費用はどのくらいかかるのでしょうか?
また、祖母が次女である母にすべて相続させると遺言書に書けば、名義は祖父でもそうなるんですね?
それから対抗要件とはなんでしょうか?
無知ですいません。

28 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:00:17 ID:ya0dlr3A
ってかこれからごちゃごちゃ言われない為にも弁護士に相談して
叔母が文句をつけてきた場合に対抗できるようにしないといいようにやられる

29 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:09:47 ID:8/VDWc0q
普通、遺産は、土地と家以外にも、預貯金とかあるでしょう。
調停のためには、祖父の遺産目録を作らないと。

30 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 01:11:28 ID:P9dZJ5PE
>>24
伯母の持分4分の1は、基本的には祖父の死亡時点以降はどうにもならない。
共有者が売りたくないと言っている以上、処分を望む場合は競売になる。
祖母の持分2分の1は祖母の意思で承継させることができる。
現時点で法定相続分による相続登記を行うことは伯母の意思にかかわらず可能。

31 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:16:55 ID:OvfCE3bk
>>23です
祖父の遺産は土地と家だけです。預貯金などはありません。
あるのは祖父名義の家と土地。今、わずかですが祖母が年金を貯めている預金だけです。

32 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:24:11 ID:OvfCE3bk
>>30にせべんごしさん
ありがとうございます。
法定相続分による相続登記とはどういうことでしょうか?
私、馬鹿なのでなんとなーくしかわからないんです。ごめんなさい。

33 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 01:32:56 ID:P9dZJ5PE
>>32
登記法上、法定相続分による相続登記は、
相続人のうちの一人からの単独申請で行うことができる。
遺産が不動産しかなく、かつ寄与分、特別受益などもわずかで
本人が法定相続分でいいのであれば、
調停などをせずとも自分の望む権利関係を表示することができる。
その後に祖母分を承継すれば、はれて母が4分の3、伯母が4分の1となる。
これを打ち破るためには、伯母からの遺産分割調停になるが、
大きな成果を得る見込みは少ないだろうから、それに踏み切るにはかなりのエネルギーが要る。
つまり伯母の現状追認が期待できる。
不動産の権利関係について争いがあるからと言って、
何でも遺産分割調停に持ち込むのは大きな誤りだと思う。

34 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:49:30 ID:OvfCE3bk
にせべんごしさん、わかりやすい説明ありがとうございます。私は法律関係の用語に詳しくないので助かりました。
にせべんごしさんのアドバイスですすめて行きたいと思います。本当にありがとうございます。
伯母にはとても困っています。祖父が亡くなる前、伯母は同居するための新しい家を建てるといい、祖父から現金二千万もらっています。でも結局、建てた家には祖父母は住まわせず、それ以来、葬儀にも来ない10年以上絶縁状態です。
それが祖母が今少し具合が悪い状態だと知って、土地家の処分は祖母が死ぬまでは承諾しないと言ってきたのです。

35 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:52:14 ID:OvfCE3bk
なんだか愚痴になっちゃってすみません。
それにしても、にせべんごしさんはにせ、ではなくて本当の弁護士さん?
他のみなさんも法律に携わるお仕事されてるんですか?
いろいろありがとうございます。

36 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 01:52:40 ID:3oDO42g0
>>33
にせべんちゃん、持ち分の確認。
現時点で、祖母2分の1、母4分の1だよね。
で、祖母の2分の1を母に渡すって趣旨だと思うけど、遺留分があるので、
母4分の3にならなくない?
母8分の5、伯母8分の3になる様な気がするけど。
まあ、祖母に預貯金があって、そっちを遺留分に当てられるのなら問題ないと思うけど。

37 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 01:55:33 ID:P9dZJ5PE
>>34
そういう事情があるなら、審判も見越して分割調停を申し立てるべきだと思う。
伯母の家の名義が誰のものとなっているかにも関わるが、現金2000万円の移転を立証できれば、
生前贈与による特別受益の主張によって、伯母の相続分を大幅に減殺させることができると思う。

38 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 02:01:48 ID:P9dZJ5PE
>>36
遺留分減殺請求を主張されればそのとおり。
その主張をとめることは原則的にはできない。
廃除などではなくそれを止めさせる方法もないわけではないが、
書き込みはしない。

39 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 02:06:42 ID:3oDO42g0
>>34
そう言う事は最初に書きなさいな。
37の通り、分割調停して持ち分を確定させた方が吉。
その時は、さっさと登記も済ませときなされ。

>>38
だよね。
なんか、後出しで大事な話が出てきたから、祖父の相続分の分割調停の方がよさげな
話に見えてきたけど。
ないわけ無いって話は、ぎりぎりな話?
全く適法って話なら、また今度、機会があったら披露してね。

40 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 02:12:57 ID:OvfCE3bk
すみませんでした。生前の事なのでそんなに大事な事だとは思わなかったんです。でも母も祖母から2年前1700万ほど現金でもらっています。このお金は今の祖父名義で祖母と私の両親が住んでいる家は古いため、新しくどこかに家をたてるかマンションを買うための資金です。

41 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 02:15:27 ID:P9dZJ5PE
>>39
確かに。試験的にでも調停申立をするべきだと感じる。

遺留分減殺を防ぐ方法は全くの適法。
ただ、コロンブスの卵と言える位
あまりにも容易な方法すぎてモラルハザードを招く可能性がある。


42 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 02:20:15 ID:3oDO42g0
>>40
いっぺんに書きなされ。
じゃあ、あなたの母も貰ってるのなら、分割調停であなたの母と伯母の貰う分を
減らして、祖母にたくさん貰って貰う。
で、祖母に遺言状を書いて貰う事にすればよろしい。

>>41
らじゃ。
なら、2ちゃんねるで書かない方が良いね。

43 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 02:25:23 ID:OvfCE3bk
すみませんでした(>_<)
>>42、母がもらったのは祖母から、伯母がもらったのは祖父からですが、それで大丈夫ですか?

44 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 02:31:58 ID:3oDO42g0
>>43
あ、ごめん。
読み間違ってた。どっちもじーちゃんから貰ったと勘違いした。
祖父の相続財産の分割調停で、現時点での伯母の持ち分を減らしておく。
で、祖母からの相続分は、遺言状を書いて貰って遺留分だけ伯母に渡るようにする。
ってとこかな。

45 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 02:44:42 ID:OvfCE3bk
>>44さん、にせべんごしさん、本当にありがとうございます。
見ず知らずの私の家の問題に親身にアドバイスくださってありがとうございます。
何か御礼がしたいくらいですが、無理ですよね…

46 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 05:28:14 ID:mJ9sy8ub
中越地震の寄付でもしとけ

47 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 06:46:17 ID:KUvr/3vB
大胆に推理すると、祖母からの2年前1700万ほどの現金は、
祖父の遺産を遺産分割を経ないで、勝手に処分したとか
いうことはないのかな。
相続人全員の実印が必要な土地と家だけが、手を付けられずに
残ったのだとしたら、調停に持ち込むと、どういう扱いに
なるのだろう。

48 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 17:03:06 ID:DeaRQJbp
よろしくお願いします。

私達夫婦には子供がおらず、もし夫に先立たれ、私が後からと言うことになったら
その時持っている財産などは全て旦那の妹の息子(甥っ子)に譲ろうと思ってます。
私には兄がいますがずっと心身ともに虐待を受けていたので
そんな人間にびた一文でも渡したくないし、
また私には腹違いの兄弟がいるのですが、これも母との婚姻中に
父の不貞行為によって出来た子供なので、子供に罪はありませんが
やはりこの兄弟にも一銭も渡したくありません。
遺言状にそのように書いて正式なものとして遺すつもりですが
果たして遺言状だけで本当に効果はあるのでしょうか?
もちろん弁護士に後見人として任せるつもりですが
他に何かやっておくことはありますか?

49 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 17:54:39 ID:P9dZJ5PE
>>48
ありません。

50 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 18:10:55 ID:zBEmkf8z
はじめまして。
3月25日の午前中(深夜)に母が亡くなりました。
(父はすでに他界しております)
葬儀屋さんのアドバイスで、今週のうちに貯金をおろしておいたほうがいい、
と言われたので、3万円程おろし、葬儀の費用にあてました。

今まで母が住んでいた住居をかたずけ、退去届けも提出し終えたのですが、
母が生前ローンを組んで購入した、20万のミシンがでてきてあせりました。
そのため、相続放棄というのを、明日裁判所で手続きしたいと思うのですが、
相続放棄が成立(?)した場合、母の貯金から下ろした3万円は返済しないと
いけなくなるのでしょうか?

せこい質問で申し訳ないのですが、お答え頂けると幸いです。

51 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 18:41:18 ID:S4bqQhrg
あきれるな・・・故人がした20万ぐらいの借金ぐらい清算しろ┐(-。ー;)┌
形見と思えるぐらいの器量はないのか?
3万パクって喜んでる乞食は逝ってヨシ(゚∀゚)

52 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 18:46:56 ID:LfppUw8/
>>50
葬儀の費用ならば問題なし。
領収書をちゃんととっておくように。

53 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 18:48:09 ID:Yq07EE76
>>50
遺産は貯金3万しか無かったのか?

54 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 19:37:41 ID:bFRIur8U
>>50
あなたが相続放棄すれば
他の相続人あるいは次順位相続人に債務が行くことをお忘れなく。
誰か専門家には相談したのか?
20万円で相続放棄なんて普通じゃ考えられんぞ。

55 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 19:38:47 ID:ya0dlr3A
債務だけ無くせると思ってるんじゃないの

56 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 20:14:09 ID:gK5QzLye
そんな馬鹿な大人はいな(ry

57 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 20:30:57 ID:Yq07EE76
3万で葬式出すぐらいだからリアル貧乏なのかも

58 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 20:33:47 ID:3lr65gdk
3万で出せる葬式が知りたい。
火葬だけ?

59 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 20:39:25 ID:gK5QzLye
散骨でも10万強かかるからなぁ。
>>58が言うように葬式出してないんじゃない?

折れは「葬式イラネ」って思ってるほうだから、おかしいとも思わないが。

60 :50:2005/06/07(火) 21:55:52 ID:qxk8s/Gl
皆さんレスありがとうございます
今まで母が借りていた県営団地を退去する際に、壁紙全面張り替えや畳替え等に
かかったお金と、母の葬式代…etcに、自分の貯金を使い果たしてしまったので、
ミシン代+3万(ほんとセコいですね…)がすごく重く感じていたのです。
決して払えない金額では無いので、もうちょっと考えてみることにします
スレ汚し失礼しました。

61 :25:2005/06/07(火) 23:20:26 ID:qm/0mJvn
>>27
家裁の申立ての費用は1,200円です。
祖母の持分は祖父名義の土地建物の1/2ですから、遺言があれば
その分は貴方のお母さんの持分となります。
遺言も必要ですが、その前に遺産分割調停で土地建物の伯母の持分1/4の
処理を急ぐべきでしょう

62 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 23:43:26 ID:ya0dlr3A
>>60
つか母親の貯金が3万?

63 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 23:46:42 ID:LfppUw8/
>>62
自慢じゃないが、ウチの祖母の貯金、今、全部で3万くらいだよ。
年金生活者だとそんなもんという事も十分ありえますよ。

64 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 23:51:13 ID:85qbAa/i
狂気の法案を拉致問題の安部晋三先生と阻止しよう!!【■■2ちゃんねるが消滅します】

とんでもない言論弾圧法案=「人権擁護法」が国会に提出されようとしています!!!
この法案の真の狙いは@政治的には、在日参政権反対の自民右派の消滅であり、
A社会的には、2ちゃんねるをはじめとしたネット世界の一般人の小うるさい言論の圧殺です。
民族(朝鮮・中国・韓国)/ 同和 /信条(宗教・層化・赤化)他に関する一切の差別的発言を禁じるという狂気の法律です。
一刻も早く、防戦する安部先生達に、日本国民の怒涛の援護射撃をお願い致します!!!
※※以下4つともアドレス中に★をはさんであります、★を消去の上、どうか必ずご覧下さい!!※※
http://zinkenvip.fc2web.co★m/
http://blog.livedoor.jp/no_gest★apo/
↑↑【凶悪仰天法案の問題点&背景の全て】
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goik★en.html
↑↑【首相官邸ご意見フォーム】イメージと違って、ここは非常に効果ありです!
全部読んでくれます、投稿テーマで返事が変わります!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/mey★asu-entry.cgi
↑↑【自民党目安箱】事態は急を告げています。文章は簡単でいいので、
国民の「人権擁護法」への反対意思を、とにかく 1 秒 も 早 く 党本部に伝えて下さい!

65 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 23:52:56 ID:ya0dlr3A
>>63
3万ぐらいなら口座ロックに対して過敏だったのはなんでかなーと思って

66 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 23:57:15 ID:O4x1Ihra
>>65
アドバイスしたのは葬儀屋らしいから
勝手な憶測がはたらいたのでは?



67 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 00:28:01 ID:9c1fR74y
>>61さん、アドバイスありがとうございます。
法律って難しいですね。
私なんて用語の意味もよくわからないくらいです。だから理解するのに時間がかかり難しいです(>_<)
遺産分割調停で叔母の4分の一を処理 とは結果、どういうことですか?
せっかくみなさんアドバイス下さっているのにすぐ理解できなくてごめんなさい。

68 :61:2005/06/08(水) 00:47:28 ID:5wB16m2I
>>67
土地建物を1/4切り離す(現物分割)これは無理なので
土地建物の時価評価額の1/4を金銭に換算して伯母に渡す。
土地建物を売却して1/4を伯母に渡す。
どちらか。

法律は冷たいです。祖父の葬儀に来なくても法定相続分1/4
納得いかないですね。頑張ってください。


69 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:16:32 ID:9c1fR74y
わかりやすい説明ありがとうございます。
そのどちらかは双方の考えのもと、調停員が決定するのですか?
私たちは家土地を処分して叔母に4分の一を現金で渡したいのですが、伯母は家と土地は残しておきたいそうです。ですが残した場合、4分の一の現金を渡す能力は今は両親、祖母ともありません。

70 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 01:54:28 ID:wXFSBWoZ
>>69
伯母がどうしてもその土地を残したいというのであれば、
>土地建物の時価評価額の1/4を金銭に換算して伯母に渡す。
これの反対で、伯母に3/4の金額を支払ってもらい、
土地は伯母の自由にさせたら?

71 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:20:36 ID:SbCYvk3P
相続財産の権利書、通帳、登記書類、測量図、諸々の資料のコピーを、希望する相続人に
渡さなくてもいいものなのですか。
現在、相続財産の評価のための協議中ですが、希望してもコピーとらせてくれないのです。

72 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 02:30:17 ID:bIwhw+sG
>>71
コピーが貰えないのであれば、協議に参加しない。って言えば?

73 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 04:16:55 ID:uslpSM9s
大金かかってる話なのに弁護士相談の金をケチろうとするのがわからない

74 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 07:52:13 ID:7a67KrNx
土地の使用貸借の契約を結ぶとき、契約書のようなものを書くのでしょうか?
そのさい、使用目的も明記するのでしょうか?
その使用目的に沿って使用している場合、貸主が返却を迫ってきて裁判になっても返さずに済むでしょうか?

親が僕に僕の名義で家を建ててくれるそうです。
金も結構出してくれ、親の土地を使用貸借で借りて、足りない分は僕の名義でローンを組んで。
ただ、親と同居で将来介護が必要になったとき面倒見る条件で。
僕は長男で2人の弟がいるのですが、そのうちの一人はすでに
同じくらいの金を貰って、確認はしてませんがおそらく居住を使用目的とした使用貸借で土地を借りて、
足りない分をローンを組んで家を建ててます。
もう一人の弟もおそらく同じ感じで立ててもらえるでしょう。

僕としては、僕だけ、使用目的に同居介護が含まれるのは避けたいのですが、
契約を結ぶ時点で、使用目的を居住のみにできてれば、その後
同居、介護していないから返せといわれても返さずに済むでしょうか?

75 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 09:13:37 ID:wXFSBWoZ
>>74
法律というより、信義則の問題。
同居や介護が嫌なら、親の援助なしに自力で家を建てなさい。

76 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 09:32:23 ID:jSqK0W/Z
>>74
使用貸借は貸主が返せといったら返さなくてはならない。
借地借家法の適用はない。
無償で強い法的保護を受けられるのは地上権。

使用貸借で同居や介護を避けるには特別に契約条項を設ける必要があるでしょう。
そうすれば返却を迫られたとき損害賠償を請求することは可能でしょう。
まあ、そこまでしたら親は泣くだろうな。

77 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 11:37:32 ID:7a67KrNx
>>76 ありがとうございます。

>使用貸借で同居や介護を避けるには特別に契約条項を設ける必要があるでしょう。
そうすれば返却を迫られたとき損害賠償を請求することは可能でしょう。


損害賠償は請求できるけどやはりかえさなくてはならないということでしょうか?
この損害賠償とは家を建てるのにかかった費用、更地に戻す費用、引越し代といったとこでしょうか?
家を建てるのにかかった費用のうち親から貰った分も請求できるでしょうか?
親が援助してくれるお金は既に僕の名義になってます。
僕は親元で農業をしていてその給料が貯金されてる形となってるようで、形としては贈与ではありません。
親と争った場合、実質贈与だったと言われても、つまりもともと僕の金ではないと言われたら請求の対象にはならないでしょうか?





78 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 13:19:55 ID:cpxThlmx
頭悪

79 :61:2005/06/08(水) 13:29:50 ID:3FIDu/4s
>>69
70の人が言っているように
伯母に土地建物を取得させて3/4を支払わせればいいと思います。
調停というのは、強制じゃありません。
双方が調停案に同意しなければ不調となります。
不調になった場合は審判へ移行します。これは裁判の判決のようなものですから。
双方の意見を聞いたうえで裁判官が判断をすることになります。

80 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 15:57:26 ID:aoy33Ijh
親の土地に親の銭で家を建て、
損害賠償とほざく馬鹿
生きてる価値ねえな

81 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 18:23:23 ID:7a67KrNx
>>80 皆さんそう思うようです。
でも僕としては、
http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/totisiyo.html
のような事態になるのを避けたいのです。
このようなことになった場合のことを考えると、2人の弟も同じ援助を受けておきながら、
自分だけ、介護同居の義務を引き受けるのはあまりにも理不尽だと思いまして。
今、その条件を飲むことを決めるのも自分。
後で、ほんとは弟と同じが良かったと言っても、不平等さを解っていながら決めたのは自分。
そんな条件なら要らないと言って断って、俺だけもらえなかったと訴えても、要らないといったのも自分。
だから僕はあくまで居住のみを目的とした使用貸借を結べないか、それができたとして有効なのか?と思ってるのです。
そんなに酷い考えだとは思いません。
ただ弟と同じ条件で援助してくれと思ってるだけです。


82 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 19:16:38 ID:zlBCd83c
>> ただ弟と同じ条件で援助してくれと思ってるだけです。

違うね。お前が思っているのは、
「俺だけに介護の義務を負わせるな」だろ


83 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 19:23:10 ID:7a67KrNx
>>82 全くその通りです。
違うことを言ってるような表現をしたつもりはないんですが。
文章が下手なのは申し訳ないです。


84 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 19:39:34 ID:t+yx/s68
>>81
契約は相手があるものだからね。
長男だから親を看る、という「常識」にあなたの親も期待してるのでしょう。
契約は契約条項だけでなく、契約の本旨というものが重要ですが、
仮に契約条項に介護や同居について記さなくても、あなたの親は契約の本旨として、
長男のあなたに介護同居してもらうということを考えて契約するのではないでしょうか。
居住のみで同居はしないというなら、当然親がそのことに同意することが必要でしょう。
介護については契約で排除するのは無理でしょう、たぶん。

85 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 20:23:37 ID:7a67KrNx
>>84 ありがとうございます。ほんとにありがとう。

>契約は契約条項だけでなく、契約の本旨というものが重要ですが、
仮に契約条項に介護や同居について記さなくても、あなたの親は契約の本旨として、
長男のあなたに介護同居してもらうということを考えて契約するのではないでしょうか。

凄まじく微妙ですね。
契約時の条件は後から本旨によっていくらでも覆せるかのように読めないこともなくてよくわかりません。
>居住のみで同居はしないというなら、当然親がそのことに同意することが必要でしょう。
これは契約時に親が同意してれば大丈夫と言うことでしょうか?その後親の気が変わったとしても。
>介護については契約で排除するのは無理でしょう、たぶん。
これは(介護は)僕だけにかかってくるものなのでしょうか?
それとも兄弟3人に同等に義務がある、つまり、
それを理由に僕だけ使用貸借契約の打ち切りを一方的に言われる筋合いはないと思っていいのでしょうか?

86 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 21:48:53 ID:SGyM3OTu
そうネガティブに考えるな。

>それを理由に僕だけ使用貸借契約の打ち切りを一方的に言われる筋合いはないと思っていいのでしょうか?

ではなく、親の介護・扶養は兄弟3人が平等に持っている。
いざとなったら、親に言うのではなく弟らと話し合え。

多分逃げるだろうけどな。<これを親に見せられるだろ。

87 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 22:35:45 ID:7a67KrNx
>>86 ありがとう。
ありがとうございます。
すみません。もう寝る直前で。いろいろ調べ考えます。
今日はもう頭が朦朧としていて。
大変有用でした。ありがとうございました。

88 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 22:47:26 ID:aOYJdPqR
初めて書き込みさせて頂きます。
<質問1>
(祖)母[A] 亡父[B] 母[C] 私[D] 妹[E] 弟[F] 私の実子[G]のような家族構成の場合で、Aが亡くなった場合の、相続人D E Fの法定相続分はどのように計算されるのでしょうか?

Aの実子はいない。Aの配偶者も死去。
Bは(Bが)幼少の頃にAの養子となった。Bは昨年死去。
D E F は全てBとCの実子。
Dは10年ほど前にAの養子となったため、DにとってAは祖母ではあるが母でもある。

<質問2>
DがAより先に死んだ場合の相続人 E F G の法定相続分は、どのように計算されるのでしょうか?

詳しい方よろしくお願い致します。

89 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 01:46:20 ID:vIKEaTsk
>>88
1 AにB、D以外の養子がいない場合、Dは、養子としての資格と、Bの代襲相
 続人としての資格を併有することになるが、登記先例は、それぞれの資格での相
 続権を認めている。したがって、D、E、Fの法定相続分は、
   D=1/2+1/6=2/3
   E=1/6
   F=1/6
 となる。
2 Dに配偶者とG以外の子がいない場合、1におけるDの相続分(2/3)が全
 てGの相続分となり、E、Fの相続分は1と変わらない。

90 :89:2005/06/09(木) 01:48:55 ID:vIKEaTsk
訂正します。
× 2 Dに配偶者とG以外の子がいない場合
○ 2 DにG以外の子がいない場合

91 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 08:50:44 ID:idPZBD+O
>>89
昨晩は寝てしまいまして、お礼が遅くなりましたが、回答ありがとうございました。

「Dは養子と代襲相続人の資格を併有する」とのことですので、GがAの養子となった場合で、DがAより先に死んだ場合には、
G=1/3 + 1/3 + 1/9 = 7/9
E=1/9
F=1/9
と考えればよいわけですね。


92 :88=91:2005/06/09(木) 09:13:32 ID:idPZBD+O
↑91
読み返してみて、自分が書いた内容が意味不明に思えたので補足します。

(DがAより先に死んだ場合のことを考えて)Gの法定相続を増やそうと思った場合には、GをAの養子にすればよさそうだ。
GがAの養子になれば、法定相続分は全体の 7/9 まで増やすことが出来そうだ。

ということで考えてみました。

93 :89:2005/06/09(木) 23:39:09 ID:vIKEaTsk
>>92
そういうことになりそうですね。
でも、いざそうなった場合、妹弟からは袋叩きかな?

94 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 21:03:27 ID:j0dtZz+n
相談にのってください。お願いします。
以前、弁護士をとおして遺産相続には関わらないと印鑑を押してます。
先日、遺産分割協議書が送られてきて、先方の態度の悪さに頭に来たので放置してました。
しばらくして、印鑑を押さないなら法的手段をとると言ってきました。
こちらは遺産は全く受け取れないし、受け取る気もありませんが、ただ誠意のない
態度に悲しく思ってます。法的手段を取られたら、お金など支払うのですか?
法律に詳しくないので困ってます。教えて頂けたら有り難いです。

95 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 21:08:45 ID:zeYTcvhq
>>94
あなたが判子を押さないと遺産分割協議はまとまりませんので
家庭裁判所に対し遺産分割調停の申立てをすることになります
裁判所から呼出状が来ます
調停がまとまらなければ家事審判・・となります
遺産を受け取る気がないなら遺産分割協議書に判子を押せば
手続は終了します
遺産を受け取る気があるなら調停に出て自分の権利を主張しましょう

96 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 21:22:02 ID:KZOy/R1H
>以前、弁護士をとおして遺産相続には関わらないと印鑑を押してます。

これは無効だな。

97 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 21:39:54 ID:j0dtZz+n
法的手段をとられたら、お金が必要になりますか?

98 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 21:47:10 ID:tNyYWUU+
うるせえな、さっさと押せよ ヴぉけ

99 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 22:13:44 ID:BHlhX0vw
>>97
手続費用の一部を負担させられる可能性はあります。
以前に関与しないと表明したこと以外に、
協議書に押印したくない理由が何かあるのでしょうか?

100 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 22:21:45 ID:j0dtZz+n
ご回答ありがとうございました。
押印したくないのは、ただ相手の馬鹿にしたような態度があったからです。
こちらも人間ですので素直に押せないのです。

101 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 22:44:28 ID:RbMQuGBm
しょうがねえだろ
馬鹿なんだから

102 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 22:45:50 ID:KZOy/R1H
>>100
一回法律相談へでも逝ってみ。
心配してここへ書き込むより、遥かにマシ。

103 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 22:48:11 ID:KZOy/R1H
>>101 のようなのは相手にしなくていいからな。
あまり感情的になるなよ。

104 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 22:49:44 ID:j0dtZz+n
はい。そうします。。色々とありがとうございました。

105 :無責任な名無しさん:2005/06/10(金) 23:02:52 ID:muJovl5D
>>94
>>こちらは遺産は全く受け取れないし、受け取る気もありませんが、
どうころがっても、害はほとんど無いのだから、調停から審判、さらに
強制執行まで持ち込むと今後のために、貴重な体験になるかも。

106 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 00:09:06 ID:MYdjp2TJ
おいおい無責任なコトいうなよ
無職でもなけりゃめちゃくちゃ面倒だぞ

107 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 01:19:30 ID:3/VwkN1W
>>105は無職引きこもりですが?

108 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 07:05:43 ID:pEwa/f/b
先月父親が亡くなりました。母親は痴呆で入院してます。
以前私たち一家が住んでた家がずーっと空き家になってます。
この家と土地の名義を母親にするか私にするかで相続する税金などは変わるんでしょうか?
土地建物の評価は数百万円くらいです。

109 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 07:18:40 ID:jAs1QMZu
>108
この場合、最低でも7000万までの遺産には相続税はかからない。
相続税は死人の上位5%にしかかからないから気にしなくていいだろう。

110 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 15:43:42 ID:y62msY0P
お願いします。
父が亡くなり相続が発生しました。
相続人は、母と僕と弟の3人です。
遺言書により、ほとんどの財産は母が相続することになり、僕と弟にかかわる
ところは、自宅土地家屋を売却の上、母に2/3、僕と弟に1/6ずつ分けるという
ところだけです(ここでも母が優遇されています)。
自宅家屋には、母と弟が在住していて、僕は別居しています。
相続が発生してから母は人が変わったように自己中になり、お前たちの
悪いようにはしないから、といいながら、自分の都合のいいように進めようと
するようになりました。
早く売って分けてやるからと、名義も変更も相続税の申告も、すべて母がひとりで
進めました。
さあ、いよいよ売却して相続だ、と思っていたら、それっきり母は連絡をしてこなくなりました。
相続の話を切り出すと、そのうち売って分けてやるから、と、まるで自分の財産を分けて
やるような口ぶりで、それさえも話題を避けるようになり、向こうからは一切連絡してこなくなりました。
こっちももめるのはいやなので、ずるずるしたまま1年たちました。
あまりもめたくはないのですが、母はもう家を売る気も無いようで、そのまま弟と住み続けてます。
相続税は払ってやるといってきましたが、あとあとで相続税をはらってやったんだから、と弱みを
握られるのがいやなので、一銭ももらってないのに相続税を払っています。
法律上は、どう解決できるでしょうか?

111 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 15:49:41 ID:ZsIvfKSL
Aさん、Bさん、Cさんがいたとします。
Aさんが生前に贈与を受けて遺留分の放棄をしても、
遺言書でBさん、Cさんに財産をあげると書いてなければ
Aさんにも相続の権利が出てくると思います。
ここで、生前贈与を受ければAさんは相続の放棄をしても構わないの
ですが、BさんとCさんからすれば、法律的に本当にAさんが相続の
権利を放棄できないのであればと躊躇しています。
お父さんに遺言書を書いてもらえればいい話なのですが、状態が
あまり良くなく書けない状態だそうです。
実際はBさんがお父さんの世話をしている状況で代理?という形なのですが
Aさんに相続権が完全に無くなるのであれば贈与証書に判を押すと言っている
状況です。何かいい方法は無いものでしょうか?



112 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 18:08:18 ID:UoDcjx75
>>110 ほんとに弁護士さんにちゃんと相談したほうがいいと思うよ。
それだけじゃなくて行動に移すべき。
素人の俺には、母親を殺して家に火をつけて行方をくらますしか思いつかんね。
他にいい方法があるだろうけど、それでも俺だったらそうしたいね。

113 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 18:47:33 ID:D6ZxvO3m
>>111
Aさんはなにか遺産分割には参加できない理由でもあるんだ?
相続権がなくなるかどうかは贈与が特別受益にあたるかどうかじゃないの。

114 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 18:55:15 ID:JAyN329O
>>110
お金が今必要で無いならば母親が亡くなるまで
そのままにしておけばいいんじゃないの?
今、解決したいならば調停でもなんでもすりゃ良い。

115 :777:2005/06/11(土) 22:38:42 ID:40cIyFnk
質問です。色々調べてみたのですが、見つける事が出来ませんでしたので、
宜しくお願いします。
売買代金の売掛金がある本人が亡くなってしまったので、遺族に請求したい
のですが、手紙の記載方法が分からなく困っています。
手紙の初めの部分だけでも、教えて頂けませんか。
御指導宜しくお願いします。

116 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 23:07:32 ID:+CuJaUzB
>>115
請求書
私は、故○○殿に対し後記債権を有していますが、○○殿が死亡されたため、貴殿
らが上記債務を相続されました。
ついては、本書面到達後○日以内に、金○○円を私までお支払いくださるよう本書
面をもって請求いたします。


ってな具合かな。上の文面は、内容証明用だけど、通常は、冒頭でお悔やみの言葉
を入れることになるでしょうね。

117 :777:2005/06/11(土) 23:17:27 ID:40cIyFnk
>>116さん
御親切に回答ありがとうございます。感謝します。
冒頭のお悔やみの言葉お分かりでしょうか? 
相手に失礼にならないように請求したいものですから。
誠にお手数お掛けしますが、宜しくお願いします。
無知なもので御指導宜しくお願いします。
ありがとうございました。


118 :777:2005/06/11(土) 23:19:45 ID:40cIyFnk
>>116さん
777です。請求する自体が失礼かもしれませんが、
ほとんど代金頂いていませんので、請求せざるを得ないのです。

119 :777:2005/06/11(土) 23:23:50 ID:40cIyFnk
>>116さん
お悔やみの言葉は調べれますね。自分で検索してみます。
御指導ありがとうございました。
失礼します。

120 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 01:52:03 ID:yvz3MJtm
>>110
土地家屋の名義が変更されたということから推理すると、
>>110さんが母親に実印を預け、その実印を使って、
>>110さんの相続放棄の手続きがされた可能性がある。
手遅れかも。

121 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 02:37:19 ID:2SX3SuKL
請求書にわざわざお悔やみなんぞいらんだろ。普通に請求書出せば十分

122 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 02:49:23 ID:L864xKPY
>>110
>>120 の可能性も高いので、今後の会話は録音すること。

123 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 03:50:27 ID:9RhMZJS8
な〜に言っちゃってんだか

124 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 11:07:09 ID:Addhy2y7
家屋の相続のことについてお願いします。
会社経営者の父が急死し、会社に多額の債務が発生していることがわかりました。
会社は現在父の弟の娘婿が引き継いでいます。
実家が「事務所兼自宅」で登録されているのですが、万が一倒産の場合に
債権者にすべて持っていかれるのを防ぐために、会社事務所部分
(一部屋で、居住区間とは鍵で仕切れるようになっています。)のみを
私が買い取り、居住区間は普通に相続するという方法は可能でしょうか。






125 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 11:42:37 ID:NrO8Akt0
あほか

126 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 11:57:08 ID:rBkvmWTT
>>124
鍵で仕切れるとかそういう問題ではなく、誰の名義かの問題。
会社名義ならアウト。
故人名義でも父が会社の債務の連帯保証をしているなら
相続放棄をしなければならないのでアウト。

127 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:05:31 ID:75Rrgvdo
母の祖父が死ぬ前に書いた遺書を祖母が破って捨てたと言っています。
その遺書を見ているのは僕と母と父と祖母の身内だけです。ちゃんと祖父の直筆で印鑑も押してありました。
まさか破るとは思ってもいなかったので弁護士に預けてませんでした

さらに祖母は祖父が闘病中「全財産祖母にやる」と言っていたからあんなもの(遺書)無効だと言っています。しかし祖父がそのように言っていたのを聞いたのは祖母しかいませんし言っていたとも思えません。

こんな事許されるんでしょうか?遺書を破るのは罪になりませんか?遺書があったと言う確実な証拠は無いのですが。
何卒アドバイスをよろしくお願いします

128 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:13:38 ID:rBkvmWTT
>>127
遺書と遺言は別なんだが。
破ったのが遺言ならば相続欠格事由に当たりますが、
あなたの母が祖母(母の母?)とこじれてもいいので戦いたいか次第。

129 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:19:12 ID:75Rrgvdo
遺書と遺言とはどう違うのでしょうか?

130 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:22:47 ID:rBkvmWTT
遺言ってのは厳格に要式が定まっていて、これに当てはまらないと
法的効力が生じない。
たとえば自筆なら、下記の要件をひとつでも充たしていないと駄目。

第968条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、
日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、
これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に
印を押さなければ、その効力を生じない。

131 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:27:18 ID:dHuwusUq
>>126
回答ありがとうございます。
現在身障者認定を受けている母の帰る家がなくなってしまうと可哀想なので相談させていただきました。
では、会社名義の場合、会社から土地家屋丸ごと買い取りで私の個人財産にするというのは
可能でしょうか。

また、個人名義の場合は、居住権を主張すればすぐに立ち退きをしなくてもよいということを聞きましたが、
これは本当ですか?


132 :131:2005/06/12(日) 12:29:37 ID:dHuwusUq
何か変な文になってしまいました。
「個人名義の場合は、」を削除します。

133 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:31:26 ID:75Rrgvdo
なるほど…
ならあれは日付も印も押してあったし遺言と言えそうです。
ただそれを見たのが身内だけなのですが、身内の証言でも有効になりますか?

134 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:32:19 ID:QuxBr0zU
>>131
おそらく建物には抵当権が設定されているから、
借金付の家を購入することになるよ。

135 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:35:35 ID:rBkvmWTT
>>131
>では、会社名義の場合、会社から土地家屋丸ごと買い取りで私の個人財産にするというのは
>可能でしょうか。
すでに倒産寸前なら、債権者取消をくらう可能性がある。
会社がまだ数年は持ちこたえるならば、あなたが正当な時価で買い取るのは
OKでしょう。

>また、個人名義の場合は、居住権を主張すればすぐに立ち退きをしなくてもよいということを聞きましたが、
>これは本当ですか?
競売にかけられて落札されたら無理。

136 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:37:22 ID:rBkvmWTT
>>133
身内の証言でも認めてもらえるかもしれないし、
そうでないかもしれない。
ただし、身内同士のどろどろの戦いを、数年覚悟しなければならないが
あなたの母は戦う気があるの?

137 :131:2005/06/12(日) 12:46:15 ID:dHuwusUq
>>134さん、>>135さん
回答ありがとうございます。
自分としては、
1. 買取額をそのまま負債の補填に充ててもらい、会社の負担を少しでも減らし、
  かつ自宅の抵当権を抹消する(田舎なので時価もたいしたものではないでしょうから、
  都心にマンションを買うよりコストがかからないのではないかと思います)。
2. 母が将来生活に不安を感じないようにしたい。
という考えです。

思い違いがあればご指摘ください。



138 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:48:56 ID:QuxBr0zU
>>137
自宅の抵当権を抹消するには、会社の借金を全て返済する必要があるのだが。

139 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:51:39 ID:rBkvmWTT
>>138
ん?抵当権者の被担保債権額の返済でOKだろ。
まあ、抵当権者が同意してくれるかは不明だが。
どちらにしても、会社の借金の詳細、父の借金の詳細、
登記簿謄本の調査が先。

140 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 12:52:49 ID:75Rrgvdo
>136さんいろいろ回答ありがとうございました

もう母と祖母の間の溝は修復できないほど深くなってしまっているのでドロドロした戦いをせざるを得ないと思いまが、頑張ります


141 :131:2005/06/12(日) 13:11:22 ID:dHuwusUq
>>138-139さん
回答ありがとうございます。

>>139さん
ということは、自宅の抵当権者が1人と仮定した場合、個人買取をしなくても、その抵当権者の
被担保負債額を完済すれば倒産の際も自宅の競売は防げるということでしょうか(
現実にはモザイク状になっている予感がしますが。。)。




142 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 14:22:06 ID:rBkvmWTT
>>141
>被担保負債額を完済すれば倒産の際も自宅の競売は防げるということでしょうか
会社名義なら抵当権は抹消されたとしても、強制的に売却され、
一般債権者への配当にまわされる。
何も分からないうちに、ここでうだうだ聞くのではなく、事実関係を調べてから来い。

143 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 22:00:31 ID:V/PB+OtS
お願いします。
父親が事故病気で死んで、その保険金の受取人が母親になって居た場合、
その保険金は、父親の遺産分配の対象になりますか?

144 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 22:02:59 ID:L864xKPY
ならない

145 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 22:04:16 ID:V/PB+OtS
どうも>>144
ということは、それ以外のものを母と子供で分けるわけですね。
初歩的な質問だとは思いますが。

146 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 22:55:15 ID:fTIGe3k7
>>145
基本的にそうですよ。

147 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 23:01:10 ID:nbKwY0S1
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番まともではないだろうか?
日本が右傾化しないように社説で繰り返し述べている。
はき違えた愛国心を煽るようなマスコミを信じてはいけない。
売れさえすればいいという軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で懲りたであろう。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが朝日新聞である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?


148 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 23:45:20 ID:p82AwhwP
>>143
母の特別受益とみなされる
可能性もあるよ

149 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 04:11:36 ID:y4LESyrc
教えてください。
亡母は5人姉弟の長女です。
祖父と祖母は健在です(90歳代)。
亡母だけが先妻の子なので祖母の実子ではありません。
・・・なので母が生前から、祖父が亡くなった場合、祖母は亡母には祖父の遺産は分けたくなかったようです。
亡母が受け取る権利のある分は、私が受け取ることができるんですよね?

祖母と4人の妹弟(叔母・叔父たち)だけで相続の手続きを進めるのは必至です。
祖父は遺言書も書かされているようです。
私が何のアクションも起こさなければ、上記の5人で手続きを終えてしまえるのでしょうか?
祖父が亡くなった場合、私がしなければならないことを教えて下さい。
宜しくお願い致します。


150 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 05:21:01 ID:V4SYHThD
祖父の相続に関して、相続の権利はある。
遺言書を書かされるのは、本人が納得していれば大きなお世話。
現実に相続が発生したら、あなたが分割協議に参加しなければその協議は成立しない。


151 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 06:36:46 ID:pTdu+bby
>>149
祖父の遺言があれば、取り敢えずはそれで決まり。
手続きも進められる。
遺留分が侵害されていれば、遺留分減殺請求を行なうことができる。

152 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 09:01:08 ID:pogt+LN9
不動産評価が面倒なので、簡単にしたいのですが、将来、売った場合の収入をその時点で、
再分配する事を考えています。
ただし、売る前にその相続人が修繕をすると不動産価値が上昇すると思いますが、この後に
売った場合に、修繕費分を売って得た金額から差し引いた額と、今回の相続評価との差額を
再分配になります。ただ、このようにするには、この不動産を今回相続する人に約束して貰
う事はどういう風な形にすれば、確かな者になるでしょうか?

153 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 09:53:58 ID:tG9Suab6
よろしくお願いします。
父が亡くなり、建物を相続したのですが、父は生まれが中国で、
母との結婚により日本に帰化しました。帰化前の戸籍はなぜか無国籍
となっています。
登記をするにあたっての「父の生まれてから現在までの戸籍」なんですが、
帰化前の戸籍が取れません。(現在中国に親戚等はいない)
法務局、大使館、役所等に聞いても「わからない、自分でどうにかしろ」との事。
父は80代後半で、昔の中国には戸籍制度もなかったと聞きました。
帰化申請が通ったからにはあるとは思うのですが、
どうせれば帰化前の戸籍が取れるのでしょうか?


154 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 10:08:33 ID:yG1sRWQ/
その戸籍ってどうしても必要なの?

155 :153:2005/06/13(月) 10:33:50 ID:tG9Suab6
>>154
相続登記をするには被相続人の生まれてから死ぬまでの戸籍が必要だと
言われました。
法務局の人に「帰化してるのでそれ以前のものは取れません」
と言ったのですが、「それでは登記できない」と言われました。
もうどうすればいいのか。。

156 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 10:51:35 ID:hNJymh7I
>>153
司法書士にお願いするのがいいと思います

157 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 10:54:03 ID:3JKIfmnA
>>155
中国語ができる人でもあれば、現地の役所にでも問い合わせてもらえば
何とかなるかもしれんが。
中国大使館でもわからないんじゃ、どうしたらいいかわかんないよね。
戸籍がとれない旨の領事の証明でも貰って、相続人全員で「他に相続人が
いないことの証明」出すぐらいではだめなのかな。

158 :153:2005/06/13(月) 11:05:01 ID:tG9Suab6
>>156
やはり司法書士にお願いするしかないですかね。。
>>157
戸籍が取れないという証明を下さい、と大使館に言ったところ、
それは中国まで行ってください、と言われました。。

とりあえず司法書士に相談してみようと思います。


159 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 12:07:11 ID:Qc4S/CvN
兄弟ABCが相続により、
甲土地はA、B、C共有(持分3分の2、6分の1、6分の1)、甲土地上の乙建物はB所有となりました。
土地について利用権についてまだ賃貸借契約など結んでいないのですが、
その場合A、CはBになんらかの利用金を請求できますか?
もしBがそれを払わない場合、Aは単独で土地の明け渡し請求ができますか?
賃貸借契約を締結し、Bが地代を払わない場合、Aは単独で契約を解除できますか?

160 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 12:19:42 ID:1S7OdL5r
相続の問題じゃないやん

161 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 12:26:46 ID:Ymtf08st
生前の贈与があったかどうかってどうやって調べるのでしょうか?
口裏合わせられたらどうにもならないことなんでしょうか?

僕の母方の祖父が僕の弟に家を建てる費用として1000万贈与したと聞いていたのですが、
母の兄弟がかなり怒ったので返した。(だから父ちゃんと母ちゃん金がないみたいなこともちょろっと)
証拠(?)として1000万の定期の出し入れが記入されてる通帳見せられたんですけど。



162 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 12:38:25 ID:+tZG+sYD
>>149
祖父の財産の処分は最終的には本人が決める
お前にはその権利はない

お前は祖父に何か貢献したのか?
金だけ要求するなんて虫が良すぎるぞ

163 :159:2005/06/13(月) 12:48:09 ID:Qc4S/CvN
すいません。159を他へ移します。

164 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 12:53:13 ID:1S7OdL5r
>>162
後段は関係ないやん。
アフォが。

>>149
代襲相続でも遺留分を主張できる

165 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 13:23:14 ID:yG1sRWQ/
>>161
それでつじつまがあってるなら
そういう事じゃん

166 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 14:58:58 ID:aXtPA8oI
>>164
お前は親の面倒やら祖父の面倒やら全部他の人にやらせて
死んだとたん権利だけ主張か?
お前のような人間の存在が遺産争いを増加させる

167 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 15:10:26 ID:yG1sRWQ/
そのためにも
死ぬ前に公正証書で遺言を残してあげるべきだよね。
考えがかわったら書き換えればいいんだし

168 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 15:55:04 ID:2WPXSJ7X
>>166
自分の価値観を押し付け、他人の正当な権利を認めない。
お前のような人間の存在が遺産争いを増加させる。

169 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 17:13:46 ID:MKZbTCeL
166と168
んー
166の言い方も問題あるが
166に分があるかな

168は自分が苦労して親の面倒見たのに
親が死んだとたんそれまで寄り付かなかったヤツが現れ
権利主張されたら素直に応じるのかな

170 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 17:30:49 ID:ZNg6xGn+
去年父親が死んだけど
兄と兄嫁が父親の世話をしてたから
俺は「いらない」って言ったよ
そしたら預金の3分の1を貰った(土地建物は兄)

もし俺が法律どおりに主張していたら裁判だったかも
兄や兄嫁にも父親の世話をしてもらったことも感謝してるし
別に争ってまで半分欲しいとは思わない
お金は自分で稼ぐものだよ
兄とも仲良くしてるし、よかったと思ってる
168さんが悪いわけじゃないだろうが
権利だけ主張する人がいるから遺産争いがあるんだろうね

171 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 19:12:02 ID:+O4QHxKU
遺産争いを種に飯を食ってる訳だが、、、

172 :143:2005/06/13(月) 20:14:05 ID:pSobgsXc
済みません、もう少し聞きたいのですが(元質問は>>143です)
父が交通事故で死んだ場合、相手から貰った交通事故の保険金は、遺産相続の対象になりますか?
その父親には勿論、妻、子供がいます。

173 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 20:25:15 ID:FpGfpdLy
ウザ

174 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 20:28:49 ID:pSobgsXc
済まん。
事故の保険金て、対象は当の父親とか、その家族に対して、ということはないよね。
知り合いのことなんではっきりしない面もあるんですが、普通その配偶者ですよね?

175 :164:2005/06/13(月) 23:28:44 ID:1S7OdL5r
>>166
その程度の読みなら、そう思うだろうな。

折れのような人間とお前のような人間の"双方"が居るから争いは起こるんだよ。
増減は大した問題じゃない。

176 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 23:29:18 ID:1S7OdL5r
>>174
受取人による

177 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 00:21:19 ID:80+WCgFz
>>166
わちきの数少ない経験から察するのは不適当だが、
そういう時、一見体裁の良い事を言っている立場の者も、
実際にはそこまでの貢献をしていたかと言えば、これは
これで議論の余地はある。遠くにはなれていた者も、何も
していないと言っても、被相続人の心が無くなっていると
も言い切ることも容易な事ではない。
だから、ちょっと実情の推測、判断が難しい場合の基本は、
法定分に大旨あう代償相続をする(分割払い含め)のが良
い様に思う。

178 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 00:33:04 ID:HiO29I9v
多分175とか177は親の世話とかしたことないはず

他の兄弟に親の世話をさせて
亡くなったら「法定相続分よこせ」
って言うんだろ

これじゃ家庭裁判所は忙しいはずだ

179 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 00:42:05 ID:80+WCgFz

177ですが、親の世話をしている最中ですが、だからこそ、そう思ったのです。
まあ、親の心子知らずと言いますしね。親にもよりますが、親は世話したから
だけでは、判断しないですよ。

180 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 00:51:08 ID:80+WCgFz
家裁行きが多いというのは、私が親の世話をした、とか、この子に世話をして貰った、とか
いう親子の依存関係がちょっと強いせいではないかと思う。本当に世話した者は、こういう事
は言わず、少ない者でも公平に分けようとしますから。
一方、世話を実質的にしなかった者にも、世話したものへの配慮が足りないのも事実。
ただ問題が起きるのは恐らく、世話をした者が、それを頑に主張しすぎ、更に分与も
極度に自分の分多くする様に画策しはじめる姿がある場合でしょう。つまり、お互い様。

181 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 00:56:39 ID:80+WCgFz
つまり、相続という様なものでは、自分に有利な条件は自分から主張しない方が賢明。
又自分に不利な条件は、認めるのが誠実。この場合、どちらが難しいかといえば、後者
でしょう。前者はそのままで認められた状態なのに、後者はそれが無いのに更に捨てるのだから。
でも、こういう関係があればもめません。。

182 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 00:57:48 ID:80+WCgFz
こういう場合にこそ、法定分という基準が最もうまく自主的に機能するでしょう。

183 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 08:29:04 ID:xh5sniTr
>>180
>本当に世話した者は、こういう事
は言わず、少ない者でも公平に分けようとしますから。

こんな神のような人間はいるのか?



184 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 08:32:02 ID:xh5sniTr
親の世話をしてるヤツが
法定相続分を主張する

なんかありえないな

親の世話をしてる最中
なんて嘘はヤメな

185 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 10:56:22 ID:VSvPWTDB
ってか、>>166のような

「世話をしたから俺が全部貰う」
も、他の
「(世話をしていないのに)法定相続分をよこせ」
もまったく同じジャン。

なんで気づかないの?

186 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 16:45:12 ID:W8+zzoLV
「遺産相続に関するトラブルに関する法律的な問題の相談のスレッドです」
                       ~~~~~~~~~~~~~~

187 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 21:06:31 ID:kuv7deAw
初の書き込みさせて頂きます。

A氏(男)は韓国籍でT市に居住しておりB市に土地を所有。
今年死亡し、戸籍から追うと韓国籍の母・妻・子が存在しています。

相続に関してですが、どの様に行うのが妥当なのでしょうか?


188 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 21:32:37 ID:iH3483lZ
>>187
韓国の弁護士さんに頼んでください。

189 :お聞きしたいのですが:2005/06/14(火) 21:32:56 ID:4hY/tcn1
先日父が他界しまして、母が父の定期預金を解約しようとしたところ、某り○な銀行から、内容証明付の書類が送付され知りもしない女性の不払い金と相殺し残額をお支払いします。
との事でした。
その証拠となる書類等は、個人情報保護法に抵触する恐れがあるとの事で全く開示せずにです。
確かに父は遊び人でしたから、女の一人や二人はいたとは思いますが、それとこの件は全く関係がないと思います。
どなたか良きアドバイスをお願い致します。

190 :187:2005/06/14(火) 21:34:03 ID:kuv7deAw
>>187
韓国大使館に土地の所有が、いってしまうのでしょうか

191 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 21:37:04 ID:iH3483lZ
>>189
それだけ大きい組織と対抗するには個人では無理があります。
弁護士さんと相談してください。

>>190
韓国の法律見てください。

192 :187:2005/06/14(火) 21:37:42 ID:kuv7deAw
>>188
難しい問題ですね

193 :187:2005/06/14(火) 21:47:21 ID:kuv7deAw
>>191
大韓民国法をちょっと見てみます

194 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:10:24 ID:RQrNQfKR
これが韓国の反日洗脳教育の実態だ !
1 :番組の途中ですが名無しです :2005/06/14(火) 19:06:04 ID:KviaFRt20 ?
http://up.nm78.com/data/up110326.jpg
http://up.nm78.com/data/up110327.jpg
http://up.nm78.com/data/up110328.jpg
http://up.nm78.com/data/up110330.jpg

餓鬼の頃からキチガイ民族


195 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:18:20 ID:XlZ2r2El
>>189
相殺する理由があるんだろうが
それだけの話だ

196 :お聞きしたいのですが:2005/06/14(火) 22:33:24 ID:4hY/tcn1
195
それは、合法ということですか?
でも、そうだとしたら、何の証拠も無く
いくらでも話をデッチ上げる事が可能になるのでは?


197 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:41:31 ID:bxNW0GiA
こんばんは。教えて頂きたくお願い申し上げます。

夫の母が亡くなり、先日初七日を終えました。喪主と施主は夫です。
夫は三男ですが、上二人の兄はいろいろな事情により、隣市にそれぞれの家族と在住で、
夫の母、夫、私、子供2人が同居、戸籍は母と夫の二世帯にしています。

2年ほど前に、夫の母から遺言状を預かりました。
こんな大切な物を嫁である私が預かれないと申しましたが、
夫の母は「誰にも言わないで、あなたが大事に持っていて」と
何度も私に頭を下げ、夫にも話さないままに現在まで保管しておりました。

内容は、「遺言状。○○○(夫母の氏名)は、三男○○(夫の氏名)に次の財産を与えることとする。
○○(自宅住所)、○○(夫母の氏名)、日付、夫母の実印」になっています。

メモ用紙に書かれており、そのまま渡されましたので、封筒に入れて封をせずに
保管しておりましたが、初七日が終わり、少し落ち着いたところで、知り合いの税理士さんに
遺言状の扱いを相談したところ、「ご仏壇にあるとお母様から聞いておりました。その後お嫁さんに預けられたのですね。
とりあえず糊付けで封をして下さい」と言われ、
「改竄になりませんか?」と聞きましたら、「まぁ大丈夫でしょう」との事でした。

お伺いしたいのは、通夜前に夫の兄達が家捜しをして「遺言はなさそうだな」と話していたときに、
私が預かっている事を話さなかった事が、隠匿になるか、
税理士さんは仏壇にあると聞いていたのに、私が自分の鏡台で預かっていたこと、
糊付け封をしたのがごく最近であること、
「次の財産」が自宅住所のみで土地も家も指していないことが、何か問題にならないでしょうか、の4点です。

夫にはまだ話しておりません。よろしくお願いいたします。



198 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:41:51 ID:UHjlFSV0
>>196
証拠があって、裁判やっても負けないと思ってるからこそ
銀行はそういう手段にでているのだろうよ。
証拠を確認したければ、裁判すればいい。

199 :197:2005/06/14(火) 22:44:35 ID:bxNW0GiA
すみません、遺言状の日付は、現在より4年前の夫の母の誕生日です。




200 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:46:16 ID:iH3483lZ
>>197
>「次の財産」が自宅住所のみで土地も家も指していないことが、
>何か問題にならないでしょうか、の4点です。

長男・次男が何も言わなければ問題にならないでしょう。
逆に例えその遺言が公正証書でちゃんと書かれていても、
長男・次男が何か言えば問題になります。
答えになっていないみたいだけど、相手次第という事です。
早く親族会議を開いて遺言の存在を明らかにしましょう。
それと解っているだろうけど、遺言書は開封せずに裁判所に持っていきましょう。

201 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:47:12 ID:kA4wUiLJ
狂気の法案を拉致問題の安部晋三先生と阻止しよう!!【■■2ちゃんねるが消滅します】

とんでもない言論弾圧法案=「人権擁護法」が国会に提出されようとしています!!!
この法案の真の狙いは、
@社会的には、2ちゃん/ブログをはじめとしたネット世界の一般人の小うるさい言論の圧殺であり、
A政治的には、拉致問題強硬派&在日参政権反対の自民右派の消滅です。
民族(朝鮮・中国・韓国)/ 同和 /信条(宗教・層化・赤化)他に関する一切の差別的発言を禁じるという狂気の法律です。

この法律の前例の無い21:12 05/06/14恐ろしい特徴は、特定人に関する言動は当然、不特定多数の集団に関する一般的発言
(朝鮮人は〜〜と書くこと)までも圧殺しようとする点にあります。
◆違反者には、無令状捜索・差押、出頭要求、矯正教育が待っており、それを拒否すると、
さらに罰金30万&氏名・住所などの全国晒し上げを食らう(61条)という仰天内容です。

一刻も早く、防戦する安部先生達に、日本国民の怒涛の援護射撃をお願い致します!!!
※※以下5つともアドレス中に★をはさんであります、★を消去の上、どうか必ずご覧下さい!!※※ 
http://zinkenvip.fc2web.co★m/
http://blog.livedoor.jp/no_gest★apo/
http://blog.livedoor.jp/monste★r_00/
↑↑【凶悪法案の問題点&背景の全て】
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goik★en.html
↑↑【首相官邸ご意見フォーム】イメージと違って、ここは非常に効果ありです!
全部読んでくれます、投稿テーマで返事が変わります!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/mey★asu-entry.cgi
↑↑【自民党目安箱】事態は急を告げています。文章は簡単でいいので、国民の「人権擁護法」への反対意思を、
とにかく 1 秒 も 早 く 党本部に伝えて下さい!
■□■人権擁護法ストップin日比谷公会堂 6/19(日)12:30〜16:00超大物国会議員登場・皆さん大挙してご参加を■□■

202 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 22:48:54 ID:VSvPWTDB
封をしていなかったことがバレたら揉めるだろうな・・・

203 :197:2005/06/14(火) 22:52:48 ID:bxNW0GiA
>>200 有難うございます。

重ねて申し訳ありません。
「次の財産」が住所のみになっていますが、それが土地なのか家なのか判りかねています。
税理士さんは「調べて連絡します」で2日経っていて、母がいなくなったことと
もしかしたら私達が現在の住居を離れなければならないことが起こるのではと、不安です。




204 :197:2005/06/14(火) 22:54:32 ID:bxNW0GiA
>>202 では今からでも再度、預かった状態に戻した方が良いでしょうか?
税理士さんには、封をした報告はしていません。



205 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 23:05:38 ID:iH3483lZ
>>203
>もしかしたら私達が現在の住居を離れなければならないことが起こるのではと、不安です。

それは無いでしょ。長男・次男にいくらかのお金を渡せば済む話だから。
それと内容の判断は裁判官がするものだから、なるようにしかならないです。
封はしようが・しまいがあんまり関係無いです。

206 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 23:48:32 ID:TLH+4TcE
>>205
>それは無いでしょ。長男・次男にいくらかのお金を渡せば済む話だから

そうとは言いきれんだろう。不動産の価値と質問者の資力次第では・・

しかし、三男なのに同居してたんだろ?
遺言でも書いてもらわなきゃ今住んでる家を
売らなきゃいけないかも知れない状況
日本人は人に感謝する気持ちを取戻さなきゃ・・

とりあえず遺言があると兄たちも面白くないはずだから
遺言がないという前提で話をして、兄たちがえげつないこと言ってきたら
水戸黄門の印籠みたく遺言を出せば



207 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 00:16:48 ID:tXgwfzPV
なんかインチキな事いってるなぁ
後だしなんてしたらどんどん遺言の真偽性が疑われるし

208 :197:2005/06/15(水) 00:35:09 ID:C4PHzcgC

明日の朝に税理士さんに連絡をして、するべき行動を聞いてみます。
うちは夫の母名義の土地に、夫名義の家で同居です。
土地は350坪、納税での評価は9,550万円になっています。
母の資産は他に、郵便貯金・銀行預金・年金で、今は凍結されています。
夫の祖父からの代の小売店を夫が継いでおり、母は夫の連帯保証人でした。

兄嫁たちは母の部屋で着物や貴金属類を「これは前から約束してたからね!」と
既に持ち出しています。
もしかしたら土地を売って、母の財産を均等に分けてでも、彼らとは縁を切った方が良いかもしれませんね。
今より小さい家でも、子供達の学区が変わらず、静かに楽しい生活が大切です。

ありがとうございました。








209 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 00:51:30 ID:aknXMxzf
>>208
親の面倒は三男任せ
死んだとたん権利主張
やれやれまた遺産争いか
この国は狂ってるよ


210 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 03:16:55 ID:1skDOrZ/
>>208
全く、おかしな家族関係が増えていますね。ただ、これを許しているのは、法律家達である事も
肝に銘ずべきです。しっかりしろ。

211 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 03:30:27 ID:XVlu2UEg
はじめまして。私は株式会社の株主兼役員をしています。
オーナーは私の祖父でしたが先般なくなりました。祖父は会社の株式の40%を持っていました。
相続人は3人です。私と会社の社長をしている叔父A、会社とは関係の無い叔父Bです。

それで相続が始まったのですが、現在の社長が私の叔父ですが、欲深くなってしまい、被相続人の全財産をよこせ!と
大騒ぎをし、遺産分割がままならなくなりました。
叔父の会社の株式の持分は30%、私の持分も30%です。
そろそろ会社の決算期になり、株主総会を開催しなければなりませんが、遺産分割が終わっていないと、被相続人の株式の持分が
なければ、開催に必要な過半数を超えることができないのです。

このようなケースではとりあえず、法定相続分で遺産分割をしたと仮定して、開催してもよいのでしょうか?

叔父は商法など全く経営について理解していないので、適当にやればいいんだ!とわめき散らしています。
しかし、何かあった場合は大変なことになりかねないと思うので大変心配しています。


もし、法定相続分での分割をしたと仮定することが許されるとしても、出席者の数によってはやはり過半数を満たすことが
できずに開催ができないような気がするのですが・・・




212 :末っ子:2005/06/15(水) 03:30:41 ID:FS/6NnFy
父親が55で先月死去。築18年の自宅、保険金、退職金が財産だと思います。
一方、負債は長男の保証人となっている自動車5台分のローンです。

長男は失踪し行方不明、ローンは保証人である父が払っていました。

遺産を相続した場合、私は保証人の契約も何もしていませんが、支払う義務が生じますか?

全く法律に詳しい人間が周りにおらず右往左往しております…

213 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 03:50:33 ID:qpM1IdDr
>>212
あなたは父の子の一人だよね?
すると、遺産を相続した場合、私は保証人としての義務も相続します。


214 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 06:15:19 ID:lB2asMTr
>>211
なんつうか商法の問題だよね。
通常、株主総会は取締役会の決議を経て代表取締役が召集する物ですので
株主総会の開催に問題があるとは思われませんが。
それに君と叔父で60%なら通常の決議も問題なかろ?

あと株式を相続によって共有してるときには商法第203条2項にあるように
権利行使者を決めてその旨を会社に通知すれば権利行使者はその株式の
株主権を行使できます。

215 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 11:32:25 ID:lvyULVEc
揉めてる相続人同士で株主なのに、権利行使者が決まるとは思えんがのお

216 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 14:41:49 ID:faNEtUku
        父 母
          l
     姉       弟 
  子1 子2   子3 子4

とあった場合で、子1,2,4は普通に結婚してできた子供で、子2は姉弟間で出来た子供だったとします。
子2は、姉と弟から普通に結婚してできた子供(子1,3,4)と同等に、遺産を相続する権利がありますか?
それとも子2には姉から相続をする権利しかないんですか?その場合子1と同等の権利ですか?
子2の父親が死んだ場合は、子2は子1と同等に父の遺産を相続する権利があるんですか?

217 :216:2005/06/15(水) 14:46:05 ID:faNEtUku
文章が少し分かりにくいでしょうか、、質問を少しまとめると、

1、姉が死んだ時、子2は子1と同等に遺産を相続する権利があるか?
2、弟が死んだ時、子2は子3、4と同等に遺産を相続する権利があるか?
3、姉の配偶者が死んだ時、子2は子1と同等に姉の配偶者の遺産を相続する権利があるか?

です。

218 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 14:46:18 ID:bqdwKw6v
近親相姦?
戸籍上はどうなってるの?

父ってのは、その図の最上位の父?<これだと祖父になるけど

219 :216:2005/06/15(水) 14:50:49 ID:faNEtUku
分かりにくくてすみません、近親相姦という状況です。
図の父母は子から見て祖父母になります。>>216の父というのは
姉の配偶者の事です。

戸籍上は姉とその配偶者と子1子2、
弟とその配偶者と子3子4
となっているとします。

220 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 15:00:19 ID:bqdwKw6v
1.ある
2.ない
3.ある

221 :216:2005/06/15(水) 15:07:32 ID:faNEtUku
>>220
要するに戸籍上の父と母の相続の権利があるということですか?
養子とかでも戸籍がちゃんと入っていれば相続の権利は実の子と同じですか?

質問2の場合なんですが、同等でなくとも少しはあったりするんですか?

222 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 22:54:51 ID:LKYZJ8rh
法律はあくまで戸籍上を優先するんじゃないの。
戸籍にないけど父だというなら裁判なりでやるしかないと思うけど、
近親相姦なんて公序良俗に違反するんじゃ。。。
そんなので認めて戸籍に載せた例なんてあるの?
こっちが聞きたいくらいなんだけど。

223 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 23:33:53 ID:WSJmp6om
>221
子2が姉の婚姻中に生まれている場合、
姉の夫が子2の嫡出を否認していなければ、
法律上、子2は普通の姉夫婦の子ども。

弟との親子関係はないから少しも相続できない。
弟が認知するようなこともできない。
どうしても、弟の遺産を相続したいのなら、
弟の養子になることは可能。

224 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 03:59:46 ID:0xBHox17
>>222
載せなかったら、戸籍制度の意味なし。

225 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 05:34:22 ID:Z86KWPrq
「コイツは、近親相姦で生まれた子供です」って記載するのが戸籍制度か

226 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 09:01:59 ID:AdoXiN6t
>>225
日本国民の親族法上の身分関係を登録して公証する。これが日本の戸籍制度。
親子という身分関係が存在するのに、
その身分関係を記載しなかったり、虚偽の記載をすれば、戸籍制度の意味がない。
そういうことです。

227 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 09:12:15 ID:l+hIW1Ww
戸籍は遺伝子の父ではなく、母の夫の実子として登録してるんだろ。

228 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 09:55:07 ID:jkEsT5Q6
>>225
認知しなければ記載されない。
また、姉と弟の子として戸籍に乗せるには裁判所の審判が必要。

229 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 16:19:41 ID:CyiD5y6Y
>>227の状態なら、相続問題は何もないように思えるのだが。

230 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 16:28:21 ID:l+hIW1Ww
何も問題ないよ。
真実を明らかにすることが、常に正しいとは限らない。

231 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 19:37:37 ID:E/AY7yk1
共働き子無し夫婦です。
私は1人っ子で両親健在、夫には姉(独身)がいて両親健在です。

夫が亡くなった場合、遺産は私と「夫の姉」と「夫の両親」に行くようですね。
遺言があれば「夫の姉」だけは排除できるようですが。

この場合、夫名義の貯金だけではなく、
私名義の不動産と貯金も「結婚後の収入は夫婦2人のもの」という考えかたから
夫の両親に取られてしまうものなのでしょうか。
例えばマンションを全額私の給料を貯めたお金で購入しても、
旦那死亡時は義両親に分配しなくてはならないのでしょうか?

232 :231:2005/06/16(木) 19:42:00 ID:E/AY7yk1
もしも夫死亡時に、私名義の自宅や貯金も分配しなくてはならないと
したら、共働きとはいえ働き手が1人減って苦しい生活が益々苦しく
なってしまいますよね。
路頭に迷わない為にはどのように対策をすれば良いのでしょうか。
子供がいれば一番良いのでしょうが望めないので・・・。

233 :216:2005/06/16(木) 19:50:48 ID:DYuRHkzw
実際の話ではなくもしそうだったらと仮定して色々と思ってみただけですので。。
皆様ありがとうございましたm(__)m

234 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 20:01:42 ID:s5p6rJx0
>>231
余程の事情が無ければ、あんた名義の財産は、あんたの家系にしか行かない

235 :231:2005/06/16(木) 20:08:16 ID:E/AY7yk1
>>234
ありがとうございます。
すると、生活費や消耗品はなるべく夫の給料から出して、
不動産や貯金にはなるべく妻の給料から負担するようにすると、
夫の万一の場合も路頭に迷いにくくなるのでしょうか?

236 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 20:20:44 ID:8E/Ulcvn
>>235 死んだときのこと考えるのもいいけど、
まず夫婦2人が共に幸せに生きてくこと考えたほうがいいんじゃないの?
生活費も消耗品も不動産も貯金も折半で。あるいは収入に応じて。
ここに相談に来てる立場の俺が言うのもなんだが。
現時点で既にだんなさんが嫌いなの?

237 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 20:23:08 ID:8E/Ulcvn
>>235 ていうか万一のとき夫は路頭に迷っても良いと?

238 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 21:26:33 ID:wOs6moH/
サイト名 「SEXY GIRL」
HPアドレス http://i-bbs7.net/?200

↑超悪質ワンクリサイトです。
顔写真をクリックするだけで、強制入会扱いみたいです。w
90日間 49800円 365日間 190000円みたいです。
何故か、3日以内に金を払わないと訴訟を起こすみたいです。
延滞金、その他諸々、もっともらしい名目の金を取るみたいです。
IPアドレス、リモートホスト、個人識別番号なるものを表示し、
善良なる日本国民を陥れ、脅迫まがいのやり方で
金を巻き上げようとしているアホ野郎サイトです。
こんな意地汚い憎きアホをのさばらせて置いてはいけません。

2ch住民の一騎当千の力で徹底的に制裁を加えようでは
ありませんか。
人をビビらせて金を巻き上げるようなクソ野郎を
生かしておくわけには行きません。

「2ch住人の皆様の獅子奮迅たるご活躍をお願い致します。」

※ちなみに単なるアホの脅しサイトなのでタダで思う存分、
見てやって下さいw見まくっても大丈夫です。

239 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 21:29:03 ID:TTabwerA
俺も一度相談にきてから、このスレを見ているのだが、
>>231みたいな女と結婚したら最後だな。>>231の夫はかわいそう。

240 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 21:31:29 ID:TTabwerA
>>233
ここのスレは本当に悩んでいる人がいるんだから、遊びで質問するなよ。

241 :231:2005/06/17(金) 08:56:35 ID:AzOnLob1
夫のことは好きですが、彼の両親は大嫌いなのです。
金にうるさいタイプですし、既に私達夫婦から金銭を搾取しようとした前科が
あるので、警戒するに越したことはない状況なのです。
相手が普通の常識人ならこんな相談していません。

彼が路頭に迷ってもいいのかという質問ですが、仮に私が先に死亡しても、
私の両親は絶対「相続分よこせ」とは言わないタイプなので、
(実際、祖母死亡時に強欲な兄と関わるのがめんどくさくて放棄してた)
夫が路頭に迷うことはありませんよ。

242 :239:2005/06/17(金) 10:42:49 ID:ISmPY5mp
>>241
あなたの主張しか聞いてないから、夫の両親が悪者に見えるんだけど、
他人の家の事情までは知らん。
夫とそういう理由を言って話し合えば?家の財産のほとんどを自分名義にしてくれって。
「(夫の)両親が嫌い」といった時点で、普通は警戒されるだろうけど。
夫から「自分の両親が嫌い」と言われたら、どう思うか考えたほうがいいよ。

243 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 11:07:59 ID:aSuuKS09
>>231の場合全額妻が相続するんじゃないの?
遺留分は妻と子だけ主張できるんだと思ってたけど。
>>231>>241で述べてるようなことはよくわかるよ。
そういう親のもとで育った夫なんだから
>生活費や消耗品はなるべく夫の給料から出して、
不動産や貯金にはなるべく妻の給料から負担するように
って言われたら>>231のこともやっぱり訝しがるんじゃないの?
旦那さんが親と姉も相続できるようにしたいって言ってるの?


244 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 11:13:26 ID:U8Ztzg5S
>>243
>>231の場合全額妻が相続するんじゃないの?

妻と両親または妻と兄弟が相続する。

>遺留分は妻と子だけ主張できるんだと思ってたけど。
両親にも遺留分はある。




245 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 11:39:49 ID:WlS7VdkN
補足すると、夫の親が生きていれば夫の姉に法定相続分はない。

それにしても、子供が今も将来もいない共働き夫婦の片方が
先立ったからって、残されたほうが配偶者の財産を独占しなければ
路頭に迷うほど困るもんかなあ(231は不動産購入代金のかなりを
自分の稼ぎから出せるらしいので高収入と推測)。
両親の遺留分なんて2人合わせてたった1/6だし。
すでに重いローンの物件を購入した後ならここでの相談は手遅れか。

246 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 11:48:07 ID:G5bb7VJU
おまえら、二子山親方の相続について語れ

247 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 11:53:13 ID:eY3vLvp3
>>246
スレ違い

248 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 15:16:52 ID:l3RaBdr6
>>245

というか。。。
現金等の可分な財産と、単一の不動産の様な分割困難な財産の大旨の評価額の
比率が問題でしょう。前者が、遺留分に足りるのなら、現金で分割すれば、路
頭に迷わないし(家に住む事は可能)、足りなくても、ある程度総額が小さけ
れば、現金で分割払いしてしまえば済むでしょう。余程の不動産評価でない限り。。。


249 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 17:29:56 ID:AzOnLob1
2人合わせて1/6が遺留分なのですね。知らなかったです。
でも仮に6000万の家があったら1000万か・・・。
(もちろん評価額はもっと安いだろうけど)

その家が共働きだからこそ買えた家(旦那だけでは絶対買えない)であっても、
数百万〜1000万以上も義両親にとられてしまうのでしょうか?
6000万のうちの半額の3000万の1/6ならまだ納得できますが・・・。

250 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 20:28:39 ID:WlS7VdkN
夫婦が各自の財産を出し合って買う家なら、もちろん共同名義にするだろう。
各自の出資と見合わない持分比率にすると、税務署から物言いが付く可能性があるが。
そのうち夫の持分だけが夫の財産になり、妻の持分は夫の遺産に算入されない。

251 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 20:59:57 ID:JqlG/Yec
父が亡くなりました。
母とは離婚しており、病院では別の女性が付き添ってくれていました。
兄と私には長年にわたる確執が有り、会話もありません。
私は家業を継ぎ、今後も不惜身命の覚悟です。
兄も同じ業界でしたが、今は抜けて、ちゃんこ屋をしています。

兄から、家業にかかわる財産の配分要求されています。
一部財産については、兄が勝手に持ち出しています。
もちろん、法定相続分や遺留分があることは理解していますが、
家業に供されている財産がほとんどで、とても理解できません。
最近は、離婚した母や家政婦、取材記者、愛人の母、あげくには、
みのまで口を挟むようになり、とても困っています。

テレビに出演し、正々堂々と話をしようじゃないかと投げかけているのですが、
一向に進展が見られません。

どうすれば、解決に向かうでしょうか?

252 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 21:18:50 ID:eY3vLvp3
そんな文章考えるより、まずその釣りが面白いか否かを考えろよ。
アフォか。

253 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 23:47:57 ID:GZ13td4F
少しは面白い釣られ方考えてよ。

254 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 23:56:01 ID:sZXQ8KGp
>>252
全くセンスねえな 
モテねえぞ

255 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 00:02:35 ID:NC+GE2DU
テレビで堂々と、日本中でやったら皆迷惑でしょ。裁判所か、家でどうぞ。
家業に供されたからって、そんな理由で、相手の分割の権利まで変えられないでしょ。

256 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 01:19:10 ID:ctI0v+H/
でも、法定相続分以前に「諸事情を総合的に勘案して分割しろ」ってありますよね?

257 :1/2:2005/06/18(土) 05:38:09 ID:4srGyMFY
はじめまして。
遺産相続でトラブルになりまして皆さんのお知恵をお借りしたく書き込みさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

私は2人兄妹の妹で、結婚して嫁ぎましたが現在夫に先立たれ一人で暮らしております。子供はおりません。
母は私たちが幼少時に亡くなっており、残された父が数年前に亡くなり今回の相続になりました。
生前父は、兄家族と同居しており兄家族は父の財産である土地と建物に住んでおりました。
兄は話し合いの席で父の財産はこの不動産だけであり長男である自分がすべて相続すると申しましたが、
話し合いの結果いくらかの現金を私に支払うという形でまとまりその不動産は兄名義に登記されました。
私は兄を信用していましたし、そのような事に詳しくないため仕方がないと思い諦めておりました。
ところが最近、現在の法律では兄弟は財産を平等に分けるという事と、
父の財産はその不動産だけでなく貯金もいくらかあったという事が分かりました。
調べましたところ、兄が私に支払った現金は法定相続分にはとうてい足りないということも分かりました。
兄にそんなことをされていたと分かり、ショックを受けております。
兄にその旨伝えましたところ「もう済んだことだし父と同居していたのだからこれくらい当然だ」と取り合ってもらえませんでした。

長くなってしまいましたので、分けて書き込みます。

258 :2/2:2005/06/18(土) 05:38:26 ID:4srGyMFY
上のつづきです。

このような状況でお聞きしたいのですが、本などで調べましたら
遺言書を隠匿した相続人は相続権が無くなると書いてあったのですが、
相続財産を隠匿した相続人にはこれは適用されないのでしょうか?
また、このようなことをした兄に何らかのペナルティは与えられないのでしょうか?
その預金は定期預金なのですが、全額父の死後しばらくしてから(おそらく満期まで待ったのだと思われます)
引き出されており、私の同意無くおろせたと言うことは亡くなっている父の実印を使って
委任状等を作ったのだと思います。(本人確認無しで引き出すことはできないそうなので)
また、これ以外にも財産があるかどうかという事は調べられないのでしょうか?
遺言書は無かったそうですし、生前父から財産の分け方等についても特に話はありませんでした。
父は大きな病気などもせず、大変な介護等もありませんでした。

どうか、よろしくお願いいたします。


259 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:15:35 ID:NC+GE2DU
上記隠匿事実はどうやって判ったのでしょうか?

260 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:21:50 ID:NC+GE2DU
>法定相続分以前に「諸事情を総合的に勘案して分割しろ」ってありますよね?
そりゃそうだけど、その協議や考慮をどうやってやるかは制限があるでしょ。
公平さというのはそのやり方には適応されないとね。ただし、それが保証されない状況に
なってしまった場合は、自由に常識的に判断して申し立てれば良いでしょ。
テレビで一方が話すというのは異常な状況だね。普通は、こうなってしまうと裁判所かな。



261 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:28:11 ID:NC+GE2DU
ただ彼らのこれまでのおかれて来た状況の通常と異なる生活形態と家族関係を
考慮すれば、もうちょっと自分たちの自助努力も必要かもね。
ただし、協会の責任は問われるべきかもね。裏からの演出や介入で壊された部
分もありそうだからね。一方的とまでは言えないが、無視の出来ない、一種の
被害を受けているとしか見えない。。総合的と言えば、彼らの自由意志がどこ
まで反映できたかという所もある。また親自身の責任もある感じ。

262 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:32:03 ID:NC+GE2DU
ただ彼らのこれまでのおかれて来た状況の通常と異なる生活形態と家族関係を
考慮すれば、もうちょっと自分たちの文面でのやりとりとかでの自助努力も必
要かもね。

ただし、協会の責任は問われるべきかもね。裏からの演出や介入で壊された部
分もあるし、それ以前に予めどこまで判ってそういう世界に入ったか(未成年で)
もあり、親自身の通知して自由選択を保護する責任もある感じで、これも無視の
出来ないのは。


263 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:32:30 ID:NC+GE2DU
ばいばい

264 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 09:15:55 ID:gJLHblt+
>>258
>その預金は定期預金なのですが、全額父の死後しばらくしてから(おそらく満期まで待ったのだと思われます)
>引き出されており、私の同意無くおろせたと言うことは亡くなっている父の実印を使って
>委任状等を作ったのだと思います。(本人確認無しで引き出すことはできないそうなので)

そもそも、これって犯罪じゃないの?

265 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 09:20:41 ID:ng27rmpK
私文書偽造。

266 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 12:31:50 ID:Xry7U1T8
実印押して委任状を勝手に作成したって、、、
印鑑証明書付けなくて銀行は受け付けたのかな?
死んだ後なら、印鑑証明書は発行されねえだろうに

267 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 12:47:08 ID:bbNJ8IaU
遺言書を偽造したんじゃないかな。

268 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 13:15:59 ID:d05NMWbB
先日、離婚した父親が亡くなったとの知らせがありました。
事情は詳しくわからないのですが、父には多額の借金があるようで、
支払いのために印鑑証明を4通ほど早急に送ってもらいたいと連絡がありました。
銀行の解約に一通と生命保険に一通いるそうで、残りの2通については不明です。

生命保険については、証書を私に渡したと聞いていると言われましたが、
そんなものを渡された覚えもありませんし、もう10年近く父とは会っていません。
相手の傾向から考えて、本当にあるのかさえ疑わしいです。

財産放棄してもらいたいとも言われましたが、
離婚して戸籍が別の場合も財産放棄しなければ、親の借金は子に及ぶのでしょうか?

269 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 13:32:09 ID:XAxqB4iN
在日の方の遺産は在日の配偶者及び子供たちに相続されるのですか?

270 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 13:32:57 ID:kp/PpDxc
>>268
>財産放棄してもらいたいとも言われましたが、
>離婚して戸籍が別の場合も財産放棄しなければ、親の借金は子に及ぶのでしょうか?

当然、子供ですから何もしなければ相続します。

271 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 13:40:09 ID:W1n6vaFh
>269
日本人の配偶者や帰化した子どもにも相続されるでしょ。

272 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 15:42:57 ID:gj7CmT3W
>>253-254
馬鹿ども必死だな(プ

>>257
その相続のときに何か渡した?

259の言う、事実を知った経緯は?

273 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 16:38:42 ID:fXHpsjA1
>>267
簡単に言うなよ

274 :259:2005/06/18(土) 18:34:59 ID:NC+GE2DU
ともかくも、一応普通は、遺産分割協議書または遺産分割証明書というやつを作りまして、
実印押さなきゃ分割は終りませんね、正式には。
で、>>257 読むと、ここまで行っちゃてる感じもしますが、はっきりはしません。
どうでしょうか?
何か委任状みたいなもの、同意書みたいなものに、三文判でも署名捺印しましたかは、
気になりますね。



275 :259:2005/06/18(土) 18:41:57 ID:NC+GE2DU
つまり、そういうものによって、ある程度、法的に一旦処理が済んでしまうと、
合意した事となって、後は裁判とかそういった話しで解決する事になるでしょう。
だから、遺産分割協議書の中に、相続の事後になって、新たに判明した相続財産が
出た場合の対応を条項(別途協議するとか)を合意して含める事も重要なんですよね。
もし、協議書に至ってない場合の方法は、代償分割で現金を分納してもらう様にする
のが良いでしょうが、この場合もあまり感情的に相手を追いつめない方が得策です。
ただ毅然と淡々と、文面等で議論するようにしても良いかもしれないですね。
専門の人(弁護士)を間に入れても良いでしょう。


276 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 20:43:34 ID:QrlQAFH0
遺産を代償分割するときに、相応の現金が即用意できない場合、
長期分割で支払うことは可能でしょうか?

277 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 20:47:39 ID:kp/PpDxc
>>276
相手次第です。

278 :276:2005/06/18(土) 20:50:04 ID:QrlQAFH0
>>277 相手が拒否したら出来ないということですね。
その場合は自宅を売却して、即支払うことになりますか?

279 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 23:00:32 ID:sp2e9Lax
>278
自宅(相続財産?)を担保にしてお金借りるのもあり。

280 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 00:16:29 ID:V9lehHsT
>>258
2分の1って簡単に言うけど
同居して親の世話してたのは兄なんだろ?
そういうことは評価しないの?



281 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 00:18:18 ID:Sld6f4Ao
>>280
そういう「評価」が欲しければ、遺言を書いて貰うべし。

282 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 02:44:08 ID:6YGRgS+C
死んだ人間の預金が銀行からおろせた事を不思議に思ってる人が多いが
実際には死亡確認は営業やなんかが確認しているだけなので
ロックされない事なんてザラです。

283 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 05:01:06 ID:sd0UiiKf
馬鹿だねえ。それを承知の上での話だろうに。

284 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 09:09:10 ID:Th0cU6mU
>>282
承知しています。ただ、こういう事を平気で確信犯で行っている場合、たちが悪いのは、
後に判明して、注意したり抗議しても、知らなかったとうそぶかれると、それまでですよね。
何とか対抗策は無いのかな。
次回繰返したら、何か相手の相続に関しての言動を規制する様、できないかな。
むずかしいかな。


285 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 10:08:43 ID:qnoOoILH
>>282
ワラワス

286 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 10:18:32 ID:Th0cU6mU
被相続人名義の動産の口座の管理者の銀行や郵便局などには一度一人の相続人から
通知すれば(単独での代表による行動含め)ストップし、全員合意の協議書完成まで
タッチできなくし、また、もし問題行為があった場合の賠償責任を一部銀行に負わせ、
管理を強化する。また、それを引き出し等不正行為を行った相続人等に求償できるなど。
どうかな。

287 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 16:42:45 ID:7oM1Omce
遺産相続の場合、箪笥貯金(現金)はどうなるのでしょうか。
箪笥貯金の存在を知っている者(妻や子)がポッケに入れてしまえば
OKなのでしょうか?
それとも国とか公共機関とかが過去のデータを引っ張り出したりして
何が何でも意地でも調べ上げて、
その他相続人に分配しようとするのでしょうか?

288 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 16:58:46 ID:37gUk5gR
よろしくお願いします。
お分かりの方いれば教えてください。

先日母が死亡し母の不動産を長男である私が相続することになりました。
もともと私の父が死亡した時に不動産を母と2分の1ずつ共有していたので
今回、母からの相続が済めば100%私の持分になります。
登記申請を自分でやっているのですがわからないのが
不動産の表示箇所の書き方なんですが、登記簿のとおり
不動産の所在、地番、地目、地積、価格と書いたあとに
「上記の2分の1」とでも書けばいいのでしょうか?
それはそれぞれ土地と建物同じように2分の1と
かけばよろしいですか?
お分かりの方よろしくお願いいたします。

289 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 19:47:27 ID:Th0cU6mU
>>289
分割についての裁判になると、内容によってはそういう感じでしょう。
ただし、相続税についてなら、これはもし判ると面倒な事になりますね。
親族から責められ、世間からも責められ、国からも責められ、分割後だと親族から
裁判起こされる可能性も高いですね。

290 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 19:50:17 ID:Th0cU6mU
上記は、>>287
まあおかしな事は考えない方が身のためです。人生、先の人間関係が予想以上に
重要ですから。特に親族は。心の面でハードになります。

291 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 22:38:54 ID:JjZK/nly
>>288
法務局で聞けば?
今は法務局も親切になってある程度教えてくれるようになったみたい
だよ。
1から10まで最初からっていうのなら素直に司法書士に頼んだら…
って思うけど。
とりあえずわかるところだけでも記入していってわからないところだけ
聞くとかさ。


292 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 22:39:15 ID:xPvE3Oc7
遺産相続を放棄しようと考えている者のですが、
その場合、家庭裁判所に送付しなければならない
相続放棄申述書の「相続財産の概略」という
記入欄は、きちんと財産調査したうえでの正確な数字で
なければ家庭裁判所を通過しないのでしょうか?
お分かりの方よろしくお願いいたします。

293 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 23:02:17 ID:n71LEB3y
概略

294 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 23:25:50 ID:SeLGlU4g
遺産相続に関わる節税に関する質問です。
詳しい方よろしければご教授お願いいたします。
家族構成は
亡祖父(A), 祖母(B), 父(C), 母(D), 父の妹(E), 私(F), 妹(G), Fの妻(H), FHの子(I) です。
関係あるかないかわかりませんが、Gには旦那と子が一人います。
また、Eにも旦那と子が3人います。
過去の経緯としては、A死亡時にB5,C4,E1のような割合で遺産相続をしています。
現時点でBには評価額1億円程度の土地資産があるとします。
B死亡時には(法で許される範囲内で)遺産全てをCが相続する予定をしています。
ここで、節税効果を狙ってAFにて養子縁組をし、基本控除額を積み増すとともに、
(法で許される範囲内で)Bの遺産全てをCをとばしてFが相続することで相続税の支払いを一代分省略しようとしています。
上記のようなことを「周りのみんな(多くは百姓)もやっているから」とACより提案されたのですが、
このやり方は本当に合理的なのでしょうか?
デメリットがあるとすれば何があるでしょう?
他にもっと良いやり方はないでしょうか?
仮にGもAの養女としても基本控除額は積み増しできないと言うのは事実でしょうか?
参考までに親族間では財産全てを長男が相続するという考えで基本合意しています。
以上よろしくお願いします。

295 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 23:36:16 ID:Th0cU6mU
一億の財産のうちのどの程度の現金があるかで話しが変るでしょ。考え方が。。。
一億程度であれば、それほど莫大な税ではないのに、、、。
ここまで、して対策するのは、なんとも。。。驚きますね。

296 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 00:07:56 ID:9YyAEmJN
>>292
わからないときは「不明」と記入すればOK。
申述書の注意書きに書いてあるだろ?

297 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 01:49:50 ID:S3ncTmxi
>>294
ぐぐれ
1、小規模宅地等の減額 相続税
2、2割加算 相続税
3、法定相続人の数 相続税 実子



298 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 02:19:52 ID:Q7Dl/XFE
ついでに、ぐぐっとけ
4、不当減少養子 相続税


299 :294:2005/06/20(月) 06:26:48 ID:3FS9i+w1
>>295,297,298
ありがとうございます。
とりあえずぐぐります。
ちなみに資産のほとんどが土地で宅地は400平米、市街化区域内の田畑(耕作実績あり)が1
500平米といったところ。です。


300 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 06:29:24 ID:rajv49r1
>>286
今でもそうなる
>問題行為があった場合
お金がおろせた場合という事なら
おろした履歴は残っているし相続人ならだれでも取れるので
おろした人に請求する

301 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 13:45:58 ID:ZQn3EXzy
>>300
一部そうなのは分ります。
ただ、銀行に何かの管理上の確認の義務について、罰則無いでしょ?
相続人全員に、直接、合意の有無等の意志表示の確認くらいしても良い筈です。
信販会社だって、契約時に身元確認するでしょ。

302 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 14:18:53 ID:SVXIt1K1
そら死んだことを解ってればそれも出来るが・・・・

303 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 14:21:21 ID:ZQn3EXzy
>>302
もちろんそういう前提です。

304 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 14:32:02 ID:rajv49r1
>>301
だから相続人全員の証明と合意文書が必要じゃん
戸籍謄本+印鑑証明があれば十分でしょ。
そもそも本人確認っていっても書類を持ってきた人間から
相続人の連絡先を聞くしかないわけだからいくらでも偽者を用意出来る

305 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 14:37:53 ID:rajv49r1
もっと簡単な事いってしまえば遺言偽造すりゃ
合意文書や確認そのものが必要無いわけでさ。
誰かが偽造してやった&その人と今後縁が切れても良い
と言うならむしろ好都合じゃないの?
偽造しましたよねって優位に立てるし

306 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 16:58:52 ID:ZQn3EXzy
違うでしょ。電話確認や一定時間後に郵送で本人への確認了承の通知を送るべきでしょ。
連絡先に、確認の電話一本掛けずに、了承してしまう管理の甘さを行っているのですが。
連絡先まで偽造し無権代理した場合は、明らかに犯罪行為になるでしょう。
そういうチェックがなぜ無いのが現状でしょ。
こういう行為の未然防止のために、もう少し工夫が必要だと思いませんか?

307 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 17:41:45 ID:ZQn3EXzy
日本語変で済みません。

308 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 18:29:24 ID:rajv49r1
連絡先って何処よw

309 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 20:45:44 ID:gyMbVTXc
くだらねえ
いいかげんにしろ

310 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 20:46:22 ID:SVXIt1K1
>>306
とりあえず他でやれ

311 :292:2005/06/20(月) 22:24:48 ID:7Uv7ZYeC
>>296
ありがとうございます。

312 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 23:13:04 ID:ZQn3EXzy
この程度の事は理解できないのは実にくだらないレベルですね。

利用者が法律を知らなくとも、正しく利用してなくとも、業務上
管理する立場の者は、それを適切に可能な範囲までは得られた情
報により調査し(連絡先への同人物への意志確認)、偽なら偽でも
その事実を掴む責任があるでしょ。
そういう事がないと、積極的管理能力もないという事になります。
こういう現状で良いかと言う、ただそれだけの事です。

313 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 23:21:42 ID:LFcGMs+B
その前に自分の身内に
そんな奴がいる事に対しての反省は?
実に程度の低い一族ですね

314 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 23:30:57 ID:MreI9oeX
>>313
ほっといてやれよ。
ここで憂いを嘆くような無駄なことしかできない奴なんだから。
>連絡先への同人物への意志確認
小学生の作文レベルだよ。

315 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 23:41:33 ID:QhctzBa/
>>積極的管理能力もないという事になります。

積極的管理「責任」は銀行にはありません。


316 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 01:38:55 ID:IFr2NAe4
私は関東に住んでいる既婚者女です。
家族構成 父、母(父とは離婚済み)、
姉(親権は母)、私(親権は母)、弟(親権は父)

3年前弟が離婚し、弟の別れた嫁と仲が良かった私は
これを期に弟、母、姉と疎遠になりました。

母が自分が所有していた株を売ったので
手元に入った現金を子供3人に分けたいと
申し出てきました。

実家とはもうかかわり合いを持ちたくないので
受け取りたくないのですが、
今回、またその後(母の死後の遺産も含む)
こういった話が出てきたときに
書面で放棄する方法を教えていただきたいのですが。

317 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 02:18:01 ID:wJc2kEaP
生前贈与なら諾成だから、あなたが「いらない」と言えばそれで済む話。
そんな話すら持ちかけてくれるなということなら、書面どうこうではなく、
「あなた達とは縁を切るんだ」と明確に相手に伝えればいい。
法的な手続きなどない。
相続での遺産については、母の死後3か月以内に家庭裁判所で
相続放棄の手続きすればいい。
ただし、生前に相続放棄の手続きはできない。
生前の遺留分放棄の手続きはあるが、
「家族と縁を切りたいから」で家庭裁判所が認めるとは思えない。

318 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 04:07:34 ID:24kiyFHQ
>> 手元に入った現金を子供3人に分けたいと申し出てきました。

俺にくれ。もしくは、中越・福岡に寄付しろ

319 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 06:01:59 ID:3VDrzlL7
>積極的管理「責任」は銀行にはありません

でしょ。その点を、直すべきと思いますね。
積極的管理とまで行かなくても、確認の義務と責任を一部負わせるべきと思います。
レベルの低い一族?という事で不要との事ですが、そういう者も少なくないのでこう
いう(遺産の勝手な引き出し)問題が起きるのだと思います。

320 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 06:05:15 ID:nDA3Zxrf
筋違い
責任には、適切な範囲と限度があるんだよ
何でもかんでも「被害者だ!」では、道理にならない

321 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 06:45:17 ID:3VDrzlL7
現状の対応として、相続人の一人であれば、被相続人の生前から現在に至るまでの
口座利用明細表は、他相続人や被相続人住所の相続人に無通知で、発行してもらえ
るのでしょうか?

322 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 08:10:15 ID:3FYY4W8x
まずは、企んでいる内容を書け

323 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 08:44:39 ID:49511MPt
今までの話を総合すると相続人がお金をおろした
気がする
という噂を聞いた
程度で何の証拠もないみたいね

324 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:16:10 ID:3VDrzlL7
だって、証拠なんて手に入らないでしょう現状では。
証拠を確実に各共同相続人が、独自に監視できないとしたら、
金融機関も管理しないとしたら、どうすればよいのですか?
相続人の信頼関係だけですか?


325 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:19:19 ID:IfWvD/tY
死亡を知っていながら凍結されなかった口座のことを心配しているはずなのに
凍結を解除する方法を必死で書いてるから、わけがわからない。
しかも解除する方法としては、現行の戸籍謄本+全員の署名と印鑑証明のほうが
自己申告リストへの電話連絡よりはるかにいいのに・・・
>304に対する>306 とかわけわかんない。

326 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:24:21 ID:2nW7zScA
演説なら他でやってくれ

327 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:33:13 ID:pkrX0aJq
以下スルー

328 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:40:05 ID:3VDrzlL7
二種類が混ざってますね。
一つは、おっしゃる死亡を知っていながら凍結されなかった口座の事。
一つは、凍結中の口座の偽造申告による解除の事。
どちらも問題です。
で、前者は、各共同相続人が個々に金融機関に当って、確認が出来ますね。
また死亡時、前後の利用明細が発行してもらえますね。ただし、お金の引き
出しはされ無いです。
一方、後者では、引き出しが可能になり、損害が発生しえます。
私が述べているのは、後者の管理についての話しです。

329 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:42:03 ID:3VDrzlL7
そして後者では、戸籍謄本+印鑑証明である確認先に、解除前に個別に確認がされていますか?

330 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 13:39:23 ID:iPS9NS7g
初めて質問をします。
凍結中の口座の偽造申告による解除の事で、質問があります。
父名義の預金を銀行に凍結してもらっています。
従姉が通帳と印鑑を持っています。
銀行側は、父名義なので私の謄本と印鑑証明がなければ引き出しできないと
言っています。
従姉は地方の名士なので、銀行が約束を守らず従姉に便宜を払う心配は
ありますか?
銀行には1年に1回位は確認した法が良いですか?
よろしくお願いいたします。

331 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 17:10:54 ID:nyzD78e2
>>330
年に1回って・・・。いつまで凍結するつもりじゃ。さっさと相続の手続きを進めたら?

332 :330:2005/06/21(火) 17:38:09 ID:iPS9NS7g
>>331
父の実家が遠いこと、話がまとまらない、従姉に書類を渡すだけの信頼がない
のというのが理由です。
私が書類を持って遠方へ出向くので、現地に着いてから従姉にドタキャン
されるのでは?という不安もあります。
それで当分はそのままにしておこうと思っています。
父名義の預金も従姉が解約しようとしたら銀行に相続人でなければダメと
言われ、仕方なく書類をくれと泣きをいれてきて初めて知りました。
故に従姉との信頼関係はありません。

333 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 19:13:21 ID:3VDrzlL7
>>332
ご同情申し上げます。全く難しい事ですね。
現状では、地元の名士というだけで解除できるかと言われれば無理でしょうが、
地方や金融機関の成り立ち等も考えると、必ずしも大丈夫とはいえないとも思います。
その金融機関に、相続人として、解除の際には、事前の連絡の上、あなたの承諾を確認
して貰える様に書面等でお願いできると良いのですが。
私も、状況は違いますが、相続人親族間で信頼の問題が不安定な状況で、金融機関との
やりとりを目の当たりで見て、対応に不審を抱いた経験はあります。親族の信頼だけで
は結局信用も尊重もされず、金融機関との元々の繋がりのある者が優先的に尊重される
(お客様として)現実はあります。
何か対策があると良いですね。専門の方々。お願いします。

334 :330 332:2005/06/21(火) 19:39:57 ID:iPS9NS7g
>>333
ありがとうございます。
支店に問い合わせをしたら、「早く書類を送ってください。」
残高証明を欲しいと頼むと書類を持って来店しろ
(郵送はできない。)でした。
本店に文句を言って、何とか郵送してもらいました。
支店長も本店から注意された直後は殊勝で、従姉が相続人の許可を
得ているから解約しろと言ったことを教えてくれました。
でも、従姉から叱られたのか居留守を使うようになりました。
やはり、こまめに本店に電話をしてチェックするのがよいですね。

335 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:43:21 ID:J8+wXU7E
アフォか。
とっとと調停でもしたら?

336 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 22:12:52 ID:mcau00Hj
まったく、巻き込まれる銀行もいい迷惑だな
一定期間過ぎたら、さっさと供託でもできるようにならねえかな

337 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 22:58:38 ID:2nW7zScA
だいたい、従姉に相続権無いだろ。

338 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 23:05:49 ID:3VDrzlL7
みなさん、実際は法的な権利だけで相続が進むとは限りませんよ。
アホ呼ばわりは、自由ですが、混沌とした現実にも目を向けるべきです。
マニュアルのパターンを外れた者は、その人のせい、では語れない様な
理不尽な目に合っていて見過ごされるべきでない立場の人もいますよ。

339 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 23:17:43 ID:3VDrzlL7
>>334
>やはり、こまめに本店に電話をしてチェックするのがよいですね。
そうですね。金融機関の特定が済んでいるのですから、気になった時に
連絡がとれる様になっておくのは良い事ですね。こういうケースの相続は
一、二年で片付かず、数年に渡る話し合いや休眠状態があったりするものです。
傍目では、早く済ませたら、とか、家裁に行ったらとか言えますが、相続以外
の人間関係等もあって簡単ではない事もありますね。関係者の人間性や人格に
まで気持ちが廻る事もありますが、それは、棚上げして焦らずに、冷静に、信
じて、かつ建設的提案を積み上げる事しかないと思います。


340 :316:2005/06/21(火) 23:25:42 ID:IFr2NAe4
>>317
ありがとうございました。
今日県の法律相談所に逝っていろいろ聞いてきました。
おおよそ317さんの書いていたとおりでした。

母にはもう一切関わらないという旨をはっきり本人に告げて、
遺言状を書くんだったら権利を放棄するから
私の名前をはずすようにと言いました。
ここまで言えば勝手に振り込んでくることはないと思います。

母が生前の間は、強気に出ればいいだけの話だったんですね。
ありがとうございました。

341 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 03:42:21 ID:AC9+g3Hp
家族よりも弟の別れた嫁を尊重する経緯が知りたい

342 :1/3:2005/06/22(水) 05:19:37 ID:MybvlASZ
257と258に書き込んだ者です。
みなさんご返答いただきありがとうございます。
自宅にパソコンが無いのでお返事が遅くなってしまいました。申し訳ございません。

金融機関の確認の義務についていろいろお話が出ているようですが、同じようなお話は結構あるのですね。
私が調査して頂いた金融機関では、除籍謄本などの提示を求められ相続人であることの確認をされました。

>>259 >>272 >>274
預金の隠匿を知ったのは、兄に不信感を持ったので金融機関に相続人である証明をして調査して頂き分かりました。
兄に渡した書類は、兄が作成した不動産についての遺産分割協議書に実印を押したものと印鑑証明と戸籍謄本だけだったと記憶しています。

一回で何文字位書き込めるのか分からないのですが、長くなってしまいそうなので分けて書き込みます。

343 :2/3:2005/06/22(水) 05:19:50 ID:MybvlASZ
上の続きです

>>264 >>265 >>266 >>267 >>273
「亡くなっている父の実印を使って委任状等を作ったのだと思います。」
というのは、金融機関の確認がちゃんとされているという前提での素人考えの予想です。
金融機関に本人が出向いて定期預金を引き出す時でも、本人確認をされると聞いていましたので。

>>280 >>281
父は経済的には兄の世話にはなっておりませんでした。
ずっと健康でしたので兄家族に負担がかかったとしても、亡くなる1〜2年位だと思います。
このことに対しては、数十年間自分で地代、家賃、税金を支払わずに済んだ事、そして家を建てたり購入しないで済んだ事等を考えると充分ではないかと思っているのですが・・・

申し訳ありません、もう一つ続けさせてください。


344 :3/3:2005/06/22(水) 05:20:11 ID:MybvlASZ
>>275
不動産に関しての遺産分割は遺産分割協議書に実印を押してしまってる以上、完了してしまっていますよね?
258で書いたような相続財産を故意に隠していたようなケースの場合には、遺言書を隠匿していた相続人に対する相続欠格のようなものは適用されないのでしょうか?
もし主張できるのであれば、先の不動産に関しての遺産分割を無効にして私が一旦相続し、その上で兄ときちんと分け直したいのですが。(この場合は贈与になってしまうのかもしれませんが)
一度終了した遺産分割は、基本的にやり直すことはできないと市販の本には書いてあったのですが。

また、このような事をした兄に対しての法的なペナルティーというのは何かないのでしょうか?

長々と申し訳ありません。どうかよろしくお願いいたします。


345 :334:2005/06/22(水) 07:24:31 ID:77E76IjV
>>337
>だいたい、従姉に相続権無いだろ。
従姉が言うには祖父が父の3年前に亡くなっており、その遺産が父名義の
通帳になっているということです。
>>339
ありがとうございます。
冷静にあせらずに頑張ります。

346 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 09:49:07 ID:YpHvR/zS
>>345
ならあんたのやることは、調停でもして相手にその預金が祖父のものだと証明させることだろ。

祖父の相続も終わってないのか?
トンでもない一族だなw

347 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 10:37:21 ID:YbEqS52+
>>344
違法行為、法的逸脱、と言った事は実は日常茶飯事に起きています。
ただ訴えるかどうかは、又別という事です。相続でも同じです。
あばたが訴える方が良い、納得も行く、その後の関係も含め、社会的
に法的に、訴え罰を求めたものとして責任ある身じまいをとれるなら
そうすれば良いでしょう。ただ、実際にはこういう親族間での裁判で
の事後は、簡単でなくなるのも多いでしょう。
そういうのを目の当たりにすると、とんでもない一族がまた現れたと
法曹関係者の心には冷たいがっかりした感情も出てしまうのでしょう。
一種の先入観と諦めでしょうか。
さて、ともかく法的ペナルティーを課す事は親族のみでは出来ません。
家裁に申し立てしなくては出来ません。

348 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 11:33:10 ID:IfLXAbsY
この春に死んだじいさんが、俺宛の遺言状を作って弁護士に預けてたらしい。
全財産を俺に、俺が死んでたらその嫁か子に、それも死んでたら国に、
ていう文面なんだけど、親も親戚もベタベタしてきて気持ち悪い。
自分はまだ一人身ですが、出来たら全部どこかに寄付したい。
どうしたらいいか教えてください。






349 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 11:53:49 ID:YpHvR/zS
折れにくれw

350 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 12:11:50 ID:KG27C+L0
>>348
寄付したらいい。遺言がある以上あなたのものですよ。
あ、遺留分があるからその分は差し引かないとだめか。

351 :348:2005/06/22(水) 12:53:26 ID:IfLXAbsY
じゃあ遺留分を引いて、国に寄付することにします。

じいさんは確かに偏屈でやかましい年寄りだけど、
顔を見せるだけで料理取ってくれたり小遣いくれようとしたり、
子供は次男親父と早世した長男嫁と子供と長女がいるけど、
口うるさいのが嫌で避けてたようなんだよね。
親の世代ではいろいろあったようで。でも自分は孫だから、関係ないしね。

墓は親父とお袋が守るんだろうな。俺の代になったら永題供養を頼みます。
ありがとうございました。

352 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 21:55:12 ID:9m+iXdVT
遺言つっても法定相続人(?素人なんですまん)が全て各々の遺留分を主張したら
結局、自分の遺留分しか残らないんじゃないの?

353 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 22:03:12 ID:QiLH5/cz
調停にて解決できなくて裁判を起こす場合2週間以内に申し出をしないと
いけないようですがその2週間の間に弁護士も決定しておかないと
だめなのでしょうか?


354 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 22:22:48 ID:97x6txKJ
>>353
時間さえあれば弁護士頼まなくてもできるよ

弁護士を選任するのに期限はない

355 :にせべんごし@:2005/06/22(水) 22:50:53 ID:2EiqhtYs
>>353
それは、民事調停で収めた印紙を生かす場合な。。

356 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 22:53:36 ID:rcu0xpOw
>>352
遺産の半分は残るよ。

357 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 12:36:05 ID:/uPEmjSs
質問です

数年前親が死んだ時、マンション(被相続人名義)の相続登記をしましたが
生前、マンションにはローンを組んだ銀行の抵当権が設定されており、
ローン支払額の中に債務者(=被相続人)の生命保険料が入っていました。
親死亡と同時に保険金がおり、債務弁済がなされました。

で、すったもんだして相続登記(所有権移転)をやって謄本を取ったら、
自分がやったはずのない抵当権抹消登記がされていました。

この抹消登記は誰がやってくれたのでしょう?また登録免許税1000円は
誰が払ってくれたのでしょうか?




358 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 13:06:57 ID:ILXcep4q
ここに書き込む前に、TELするところがあるだろうが。

359 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 13:12:37 ID:gVslijLV
>>357
ここで、登記したのでもないのに、ここで訊いて分ると思いますか?


360 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 14:58:56 ID:97Ajcdl1
>>357
銀行

361 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 14:59:44 ID:yyoFnCcP
>>357の登記をした香具師は出てきてやれよ。

362 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 15:09:13 ID:BBdscOBa
は〜い。
こっそりやっちゃいました。
へへ

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)